『まるで 50年以上以前のバイクに乗ってるような感覚』 千円亭主ライダーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ボルティーのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
63件
ドライブレコーダー
0件
13件
バイク用プラグ
0件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
取り回し3
燃費無評価
価格5
まるで 50年以上以前のバイクに乗ってるような感覚

脱着はノーマルと同じく差し込んで

押してガチャン

とにかく不人気で安いのを探していたら これにいきあたり買いました。
アタマでっかちのタンクと ビジネススタイルのシートが半端なくダサいスタイル
ですが それと引き換えに12Lものガソリン容量と座布団みたいな座り心地で
実用性は抜群です。

エンジンはボルティの先祖とも言えるNZ250譲りの4バルブヘッドで、圧縮比も
9と低いのですが、ピストンや燃焼室形状ともに とても似ていて圧縮比の差が
どうしてなのか分かりません。
NZ250は33馬力で、こちらは20馬力と同じ空冷2エキゾストのシングルなのに
相当大きな差があります。

回してみたフィーリングは同じスズキの空冷シングルと比べてみると、全く回り
難くて、125が9000回す感覚で7000回転でしょうか、125と比べて2000RPMぐらい
回りが重いです。
MAX回転数は一瞬、9000まで回してしまったことがありましたが、実用的には
8000回転まで しかし4000以上の回りは苦しいので、トルクの厚い2000〜4000
の間を使いギアーチェンジして乗るのが合ってるエンジンキャラクターです。

ブレーキはフロントは普通ですが、リヤのドラムがあまり制動しないです。
車体の取り回しは車両重量125sからイメージするよりは ずっと重くて150sぐらい
有りそうな感覚です。
ズバッとした直進感が有る訳では無いのにヒラヒラ感も無く、スポーツバイクや
原Uスクーターのような軽快感の乏しい鈍重さがボルティの乗り味です。

性能全てにおいて限界値の低いバイクなので、これで峠を かっ飛ばしたり
ジムカーナ的な走りをしようなんて全く思わせませんが、高回転マルチバイク
のような気忙しさが無く、トロトロと静かに乗れるので疲労は少なくて済みそうです。
逆に良いところと言えば400tかと思うような下でのトルク感が有りアイドリング
付近で無造作にクラッチをつないでみてもエンストとは無縁です。

また、アベレ―ジ速度が100km位で流れてる道路では125tの空冷シングルと
同様に いっぱいいっぱいです。高速道路に入るのは避けた方が無難でしょう。

あと このボルティで不満を感じる部分が2つ程有って、そのひとつが おでん串の
ような速度メーターの針とダサいインスツルメーターパネルなので軽くリファイン
しました。
2つ目の不満は低すぎるシート位置で、この為座ると膝と踵が曲がり過ぎてしまい
足が苦しいです。 なので、今シート位置を上げようとシート台座を制作してる
最中です。

以上 血気盛んな飛ばし屋には向かない性能の低いバイクで それはまるで
50年以上前のバイクに乗ってるような錯覚を感じさせてくれるものですが
高性能バイクを乗り継いできて飛ばすのには疲れたようなベテランには箸休め
的にはいいかもしれません。

まだ乗り初めて数日なので、ツーリング等行ってから燃費等のデーターも追々
追加していきます。

-再レビュその1-

ボルティに乗ってみて一番の不満点だった低過ぎるシートでの乗車ポジション
の改善をしました。

結果は大成功! 足がラクで視界の位置が非常に高くてBMWの R1200GS
アドベンチャーのようです。
ハンドルも前に倣えのように腕を前方に出すのからカラダを支えるように下に
なりましたので これまたラクになりました。

加えて操縦性も安心感、安定感と共に格段に良くなりました。
これならR100ユーザーもR1200などBMWユーザーさんも乗ったら納得してくれる
んじゃないかな?!と思う程の感心のできです。

ノーマル状態だと☆3つの満足感から一気に☆5つの満足感になりましたので
面倒臭かったですが、大成功のリファインでした。

参考になった26人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
取り回し3
燃費無評価
価格5
まるで 50年以上以前のバイクに乗ってるような感覚

ビジネスシート

名は体を表す?

おでん串の ようなメーター針とダサいインスツルメーターパネルを軽くリファイン



とにかく不人気で安いのを探していたら これにいきあたり買いました。
アタマでっかちのタンクと ビジネススタイルのシートが半端なくダサいスタイル
ですが それと引き換えに12Lものガソリン容量と座布団みたいな座り心地で
実用性は抜群です。

エンジンはボルティの先祖とも言えるNZ250譲りの4バルブヘッドで、圧縮比も
9と低いのですが、ピストンや燃焼室形状ともに とても似ていて圧縮比の差が
どうしてなのか分かりません。
NZ250は33馬力で、こちらは20馬力と同じ空冷2エキゾストのシングルなのに
相当大きな差があります。

回してみたフィーリングは同じスズキの空冷シングルと比べてみると、全く回り
難くて、125が9000回す感覚で7000回転でしょうか、125と比べて2000RPMぐらい
回りが重いです。
MAX回転数は一瞬、9000まで回してしまったことがありましたが、実用的には
8000回転まで しかし4000以上の回りは苦しいので、トルクの厚い2000〜4000
の間を使いギアーチェンジして乗るのが合ってるエンジンキャラクターです。

ブレーキはフロントは普通ですが、リヤのドラムがあまり制動しないです。
車体の取り回しは車両重量125sからイメージするよりは ずっと重くて150sぐらい
有りそうな感覚です。
ズバッとした直進感が有る訳では無いのにヒラヒラ感も無く、スポーツバイクや
原Uスクーターのような軽快感の乏しい鈍重さがボルティの乗り味です。

性能全てにおいて限界値の低いバイクなので、これで峠を かっ飛ばしたり
ジムカーナ的な走りをしようなんて全く思わせませんが、高回転マルチバイク
のような気忙しさが無く、トロトロと静かに乗れるので疲労は少なくて済みそうです。
逆に良いところと言えば400tかと思うような下でのトルク感が有りアイドリング
付近で無造作にクラッチをつないでみてもエンストとは無縁です。

また、アベレ―ジ速度が100km位で流れてる道路では125tの空冷シングルと
同様に いっぱいいっぱいです。高速道路に入るのは避けた方が無難でしょう。

あと このボルティで不満を感じる部分が2つ程有って、そのひとつが おでん串の
ような速度メーターの針とダサいインスツルメーターパネルなので軽くリファイン
しました。
2つ目の不満は低すぎるシート位置で、この為座ると膝と踵が曲がり過ぎてしまい
足が苦しいです。 なので、今シート位置を上げようとシート台座を制作してる
最中です。

以上 血気盛んな飛ばし屋には向かない性能の低いバイクで それはまるで
50年以上前のバイクに乗ってるような錯覚を感じさせてくれるものですが
高性能バイクを乗り継いできて飛ばすのには疲れたようなベテランには箸休め
的にはいいかもしれません。

まだ乗り初めて数日なので、ツーリング等行ってから燃費等のデーターも追々
追加していきます。





参考になった3

 
 
 
 
 
 

「ボルティー」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
扱いやすいお手軽バイク。  5 2020年5月8日 15:49
まるで 50年以上以前のバイクに乗ってるような感覚  5 2018年11月16日 18:03
遅い・・・・  3 2013年6月9日 20:35
初めてのバイクでした。  5 2012年12月17日 20:06

ボルティーのレビューを見る(レビュアー数:4人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ボルティーのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ボルティー
スズキ

ボルティー

新車価格帯:

ボルティーをお気に入り製品に追加する <4

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意