『新型CBR250RR 速い。乗りやすい。申し分なし!』 スウイッシュさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CBR250RRのレビューを書く

スウイッシュさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:581人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
10件
299件
バイク用ヘルメット
2件
1件
バイク用マフラー
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5
新型CBR250RR 速い。乗りやすい。申し分なし!

YZF-R3からの乗り換えなんで,ついつい頭の中でR3と比較しちゃってます。ご容赦ください。

【デザイン】
 デザインはマイナーチェンジ後もほとんど変わらない。同じマイナーチェンジでもフロントのデザインをガラッと変えたYZF-R25とは対照的。デザインの完成度に対するホンダの自信の表れか? 他のどれとも違うデザインは一目でCBR250RRと分かるもの。メータ周りやネジの一本一本まで,ほんと質感が高いんだよね。デザイン的には秀逸の一言。ノーマルマフラーのこったデザインも好きだったんだけど,つい出来心でモリワキのアノダイズドチタンに換えちゃいました。新型からフレームが赤になって意外と派手な白のCBR250RRには,合ってると思うんだけど,どうでしょう?

【エンジン性能】
 お金のかかってるエンジンだけあって,とっても高性能。エンジンからのノイズが少ないのは,エンジン効率のよさからくるものか?YZF-R3はエンジン音が大きかったんだけど,CBR250RRはエンジンそのものよりも吸気音がよりスポーティー。最近,付け換えたモリワキのマフラーはCBR250RRの吸気音との相性がすこぶるよくって気持ちいい。電子制御スロットルのおかげかエンジンのつきも,とってもいいみたい。クラッチもずいぶん軽くなったらしいけど,クイックシフターのおかげで,そこまで使わなくてもすむんだよね。クラッチレバーをわざわざ換えなくてもよさそうだ。おかげで,シフトチェンジもむちゃ楽しい。エンジンはマイナーチェンジ前より3馬力アップで確実に最高速性能が上がってる。低速域から高速域まで全域でトルクフルなのもマイナーチェンジの恩恵か?文句のつけようのない,いいエンジンだ。

【走行性能】
 安定感が速さにつながってる。一般道でも他車とのコーナリングスピードの違いは実感できる。コーナーでのスピードがYZF-R3より格段に速いって言ったら,言い過ぎか? でも,あながちって感じ。純正タイヤは同じ銘柄,サイズだから,サスやシャーシ性能の違いかもしれない。安心感が半端ないんだよね。アシストスリッパークラッチだから,間違って低いギアに入れちゃっても,後輪が暴れ出すこともない。車体は軽いけど,風の強い日の横風なんかも全然平気。R3じゃ「やばい」って感じてアクセル緩めそうな横風でも,平気だったりする。まあ,普通に走ってる分にはあんまり関係ないから,そのへんに価値を感じる人にしか意味はないんだけど・・・

【乗り心地】
 フロントの倒立サスは,もはや当たり前だけど,リアもこれまた,見るからにお金がかかってそうなリンク式のサスペンションで,現行250では一番いい足回り。そのおかげか「走り」に振ったモデルの割には不快な突き上げとかはあんまり感じない。人によっては振動がって人もいるようだけど,自分は全然気にならない。むしろR3より振動少ない?って感じるくらい。まあ,前傾は現行250の中で一番きつめだから,その辺は覚悟して乗ったほうがいいかもだけど,この辺は走行性能と引き換えなので,そこんとこ納得さえすれば「買い」じゃないでしょうか。乗った感じもニーグリップなんか違和感なし。とっても乗りやすい,いいバイクです。

【取り回し】
 2気筒250のメリットは,車体の「軽さ」と「スリムさ」なので,取り回しに関しては文句なし。シート高はR3より若干高いけど,スリムな車体と相まって,足つきはたいして変わらない。取り回しに不満が出ることはないだろう。

【燃費】
 燃費,気にしてないんで,あんまり分かんないんだけど,慣らし運転7000しばりでリッター30kmってところ。特筆するほどいいって訳じゃないけど,これだけハイパワーなエンジンを積んでる割には,わりと優秀。回して乗ってもそうそう燃費が落ちたって感じがしないから,燃費性能はいいほうなんじゃないでしょうか?

【価格】
 デビュー当初は,とにかく「高い」ってイメージだったけど,今となってはそこまで「高い」とは感じなくなってきた。他も高くなってきたし,カワサキの4気筒の登場が大きかったのかもしれない。CBR250RRも現行モデルでは40馬力越え。アシストスリッパークラッチが装備され,クイックシフターが装着可能になったけど,モデルチェンジ前から価格据え置き。性能考えたら決して高くない。4気筒が破格の安値ってことで,割高だって思われがちなようだけど,装備を考えたら十分,安いのでは?って思う。

【総評】
 個人的にはコロナの影響でめっきり遠出しなくなっちゃって,近場で乗ることが増えてきた。そんな事情に,こいつはピッタリの一台だ。スポーティーな音だって,とっても気に入ってる。モリワキ入れたおかげで,その辺もさらによくなった。前車がR3だったんで,どうしても比較しがちなんだけど,CBR250RRは排気量は下だけど,一クラス上と性能的に全く引けをとらないところがやっぱりすごい。それくらい新型は優秀ってこと。申し分無し。まあ,「言うこと無し」なんて言ってたらレビューにはならないんだけど・・・

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった51人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5
新型CBR250RRにモリワキのマフラー付けてみた

 最後までノーマルで乗るって決意して買ったんだけど,1ヶ月もたたないうちにいじりたくなっちゃって,モリワキのスリップオンマフラー付けちゃったんで,モリワキのマフラーのインプレを含めてアップします。

【デザイン】
 CBR250RRとしては,グランプリレッドもホンダらしくて,いいんだろうけど,自分が選んだのはパールグレアホワイト。2020年式からフレームが赤に塗られてて,ひときは目をひくカラーリングだ。CBR250RRのデザインって,ガンダムみたいって,誰かが言っていたみたいだけど,今回のパールグレアホワイトはまさにそれっぽい。赤のデカールの使い方も歌舞伎の隈取りみたいで,まさに「ジャパン!」って感じ。
新型のCBR250RRに対応するスリップオンマフラーがまだまだ少なくて,僕が買ったときはモリワキだけだったから,とりあえずモリワキのアノダイズドチタン(ANO)カラーを選択。ネット上でも新型にアノダイズドチタンの取り合わせは見つからなかったら,結構,冒険だったんだけど,合わせてみたら意外とよく合うみたい。いい感じにはまったと思うんだけど,どうでしょう。

【エンジン性能】
 新型CBR250RRは3PSアップされ,従来型よりパワフルになっているらしいけど,出力特性がフラットなせいなのか気難しさはみじんも感じない。扱い安くて乗りやすい,とってもいいエンジンだ。スロットルバイワイヤーの効果はよく分かんないんだけど,他のバイクと比べたときのレスポンスの良さやエンジンの粘り強さはエンジン特性だけでなく,電子制御されていることも大きいのだろうから,体感できないところで,たくさんその恩恵を受けているんだろう。
 今回,付けたのはスリップオンマフラーだから,劇的に性能が上るってことも無いんだろうけど,重量的には純正から約3kgの軽量化になるらしい。もともとCBR250RRって吸気音がスポーティーで,低回転域では排気音より目立ってたんだけど,モリワキのマフラーは吸気音とのマッチングがよくて心地よい。ほどよく吸気音と排気音が聞こえてくる感じで気持ちいいんだよね。主張しすぎないいいマフラーだ。

【走行性能】
 走りを意識したモデルだけあってライバルよりも,いい足回りがついてるらしい,倒立フォークは当然だけど,アルミ製のスイングアームに,コストのかかったリンク式のサスペンション等,250としては贅沢な足回りで,これで悪いわけがない。軽くてスリムな2気筒だから,タイトなコーナーや峠道では,ほんとよく曲がる。この前に乗ってたYZF-R3のコーナリングは体感上,速く感じたけど,CBR250RRのコーナリングは,実際,速い。安定感が違うんだよね。ただし,いくら馬力アップしたとはいえ,250ccの2気筒だから最高速性能では,馬力が上の4気筒のライバルにはかなわない。ただ,新型は最高速性能もアップしてるから,モデルチェンジ前の旧型よりは明らかに速い。高速道路で大型についていくときも,そこそこはついて行ける。3PSアップは伊達じゃない。

【乗り心地】
 高速走行向けの前傾ポジションは,そこそこの我慢も必要だけど,普段乗り程度なら,なんてこと無いだろう。さすがにロングツーリングは少々きついだろうから,ツーリングメインの人はYZF-R3あたりがいいかもしれない。基本,サスペンションの性能はいいから乗り心地も悪くない。これ以上の乗り心地を求めるなら,GSX250Rあたりに乗ることを薦める。

【取り回し】
 取り回しにおいて最大の武器になるのは「軽さ」なので,CBR250RRの「軽さ」で取り回しが悪いわけはない。シート高さは低くもなく高くもなくって感じだけど,ライバルよりも車体がスリムなので足つきで悩むこともなさそうだ。もともとバランスがいいバイクなので,低速でのUターンなんかも,比較的,簡単にできる感じ。グラッときても,この軽さなら余裕で支えられるだろうし,立ちゴケの心配もいらないかな? 総じて取り回しは良好です。

【燃費】
 燃費,気にして乗ってるわけじゃなかったんで,あんまり分かんないんだけど,慣らし運転7000回転しばりでリッター30kmってところだったっけ? 特筆するほどいいって訳じゃないけど,これだけハイパワーなエンジンを積んでる割には優秀だと思う。回して乗ってもそうそう燃費が落ちたって感じがしないから,燃費はいい方なんじゃないでしょうか?

【価格】
 高いって言われているバイクだけあって決して安くはないんだけど,装備内容,質感,走りのフィールなんかを考えると安い買い物かもって思わせるだけのものがあるじゃないかな。実際自分で買ってみていたら,いちいち質感が高いんだよね。250も値段が上がってきたからとびきり高いって感じもしなくなってきたよね。個人的にはもっと手頃な価格帯のバイクに頑張って欲しいけど,こいつはこいつでありだと思います。

【総評】
 この前,バイク屋の店長さんと話ししていたら,ライバルのZX25Rは大型からの乗り換えが多いとか。カワサキ乗りの人もニンジャ250から乗り換える人は少ないらしい。2気筒には2気筒の良さがあって,それって別物なんですよね。それはさておき,CBR250RRは,2気筒のよさがわかる人にとっては最高の一台だと思います。軽くて速くてよく走る。高速,乗ってロングツーリングって人には違うのを薦めますが,街乗りや峠で走りたい人には最高です。コロナのせいでめっきりロングツーリング行かなくなっちゃったし,近場で楽しむにはこいつが最高って感じ。一度は所有してみる価値のある一台だと僕は思うんだけど,どうでしょう?
 マフラーに関してはアクラボビッチのスリップオンも公認おりたみたいなんで,選択肢はまだまだ増えそう。モリワキもよかったんで参考までに・・・。

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった6

満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5
新型CBR250RR 意外に扱い易いいいバイク!

 

 

 YZF-R3からの乗り換えです。GSX250Rも乗ってたんで,乗り味の違いなんかも含めてレビューします。

【デザイン】
 走りに振ったモデルだけあって車体自体はとってもコンパクト。下まで完全に覆ったこった形状のカウルは近くで見ると質感が高くって,全く手抜き無しって感じ。これまた,こった造型のメーターと,電子制御スロットルが採用されてるおかげで,メーター周りに関してもライバルより明らかに質感が高い。アルミのスイングアームやしっかり肉抜きされたゴールドのホイールなど,足回りの質感も十分,満足のいく仕上がりだ。二本出しの純正マフラーもデビュー当時はあんまり好きじゃなかったんだけど,改めてみるととってもカッコいい。いいバイクです。

【エンジン性能】
 走りを追求したモデルの割には,低速域から扱い易いエンジンだ。低速域の扱い易さはSOHCのGSX250Rなみ。そのくせ,14000回転の高回転までパワフルによく回る。それでいて,どの回転域でも扱い易い。高回転の動力性能は一クラス上のYZF-R3と同等って印象です。モデルチェンジ前だったらYZF-R3に負けてたかもだけど,新型のCBR250RRはスムーズで扱い易いんだけど,とってもパワフルで,一クラス上のバイクにもパワー感でも負けてないって印象だ。それでいて回転フィールが上質で,エンジン本体からのメカニカルノイズはほんと小さい。そのくせ吸気音は迫力があるいい音って感じで,エンジン自体もよく作り込まれてるって感じた。いい部品使ってるんだろうなって思えるエンジンフィールだ。

【走行性能】
 軽いバイクだけあってハンドリングは軽快なんだけど,直進安定性に優れてて,安心して回していける感じ。峠道とか一般道では相当速くて扱い易いバイクです。高速道路でも十分速い。新型になってパワーが若干上げられた分,高速性能もYZF-R3と同等という印象。つきのいいエンジンと新型からオプションで選べるようになったクイックシフターのおかげで誰でもエンジン性能を引き出しやすいって感じです。SSタイプのバイクの割にはかなり寝かし込み易いバイクで,上手な人なら相当寝かせられそうな感じです。軽い車体と相まって楽しいバイクに仕上がってるって印象だ。

【乗り心地】
 高速走行向きの前傾ポジションは,普段の街乗りには多少我慢も必要かも。ツーリングじゃ首が痛くなりそう。最近,久しぶりに腰が痛くなっちゃったんだけど,もしかしたら,こいつのせいかもしれない。笑 でも,この手のバイクは前傾で乗らないとかっこ悪いから,このくらいの前傾のポジションになってた方がいいって思ってる。まあ,この程度の前傾ならツーリングもこいつで十分いけるんじゃないでしょうか。

【取り回し】
 身長170cmだけど,軽くて足つきべったりだから言うこと無し。これくらい軽かったらグラッときても余裕で自分で支えられる。取り回しに関しては全く不満無し。エンジン止めて押してるときは軽いがいいに決まってる。取り回しに関しては,この手のバイクの中ではトップクラスだと思う。

【燃費】
 慣らし運転7000回転しばりでリッター30kmってところ。特筆するほどいいって訳じゃないけど,これだけハイパワーなエンジン積んでる割には優秀だと思う。回して乗ってもそうそう燃費が落ちたって感じがしないから,燃費はいい方なんじゃないでしょうか?

【価格】
 高いって言われてるバイクだけあって決して安くはないんだけど,装備内容,質感,走りのフィールなんかを考えると安い買い物かもって思わせるだけのものがある。実際自分で買ってみていたら,いちいち質感が高いんだよね。僕がYZF-R3から乗り換えたのもその辺が気になったのも大きな理由のひとつです。最近,コストダウンのためによせあつめのバイクが多くなって,何なんだって思うことも多いけど,こいつは寄せ集めじゃなくて,いちから作り込んだバイクだって感じ。そんなことを考えると,ある意味,ほんとこのバイクって安いんじゃないでしょうか?

【総評】
 ライバルの「4気筒」の登場で,このレビューも需要ないかもって感じなんだけど,個人的にはこのクラスは「2気筒」がいいって思ってる。軽くて速いってのがこのクラスのメリットだから,それを考えると,CBR250RRはほんといいいバイクって思います。まあ,新型になってよくなったのもライバルが出たおかげなんだろうけど・・・。新型は,旧型に比べて3馬力アップなんだそうだけど,たった3馬力されど3馬力,3馬力の違いは数値以上に大きいかもしれません。そんな風に感じてます。普段,CB250R乗ってんだけど,ホンダさんが本気を出して作ってる感じがあって,どっちも気に入って乗ってます。ホンダさんのバイクってよく優等生過ぎて面白くないって言われるけど,あれて偏見だよね。最近,ホンダのバイクにまた乗り出して,そう感じてる

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった11

満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5
新型CBR250RRは「白」が最高!

【デザイン】
 白いカウルに赤いフレームの色使いがほんと絶妙。それまで興味が無かったのに,こいつを買っちゃったのはこの色使いにはまっちゃったから。赤いフレームもそうだけど,グラデーションのかかったデカールが,こいつの存在感をさらに引き立たせてるんだよね。
 このバイクの売りのスロットル・バイ・ワヤーの効果は,僕にはよく分かんないんだけど,ハンドル周りがスッキリしてて,こった反転表示のメータも相まって,このバイクの高級感を演出しているのは間違いない。

【エンジン性能】
 エンジン性能は期待通り。ホンダさんが本気で作り込んできただけのことはあるって感じた。低速のトルクが薄いって聞いてたけど,各ギアが受け持つ速度域が広いせいか,低速域ではYZF-R3より扱い易い。低速域の乗り味はSOHCのGSX250Rに近いかもしれない。パワーバンドが広いから下から上までずっと扱い易い。ほんと気持ちいいエンジンなんだよね。レッドゾーンが14000回転からだから,かなり上まで回るんだけど,おいしいところは10000回転あたり,YZF-R3とGSX250Rのいいとこ取りをしたようなエンジンと言ったらいいだろうか。エンジンの回転フィールもスムーズで1ランク上のエンジンのように感じられる。

【走行性能】
 見かけで選んだとはいえ,走りの方も相当なもん。ハンドリングは軽快そのもので癖がなく思い通りに走れるって感じ。純正オープションのクイックシフターはほんと優秀。峠の下り坂なんか自分じゃここまでスムーズにシフトダウンできやしない。軽快なのに安定感もある感じで,軽いバイクにありがちな不安定さがほとんど無い。YZF-R3と同じタイヤのはずなんだけど,安心してねかしていけるんだよね。高速道路で横風とかYZF-R3だったらかなり怖い思いをしてたけど,同じ状況でも安心してスロットルを開けられるって感じ。総じて速く乗れてる?って感じなんだよね。

【乗り心地】
 高速走行向きの前傾ポジションは,普段の街乗りには多少我慢も必要かも。ツーリングじゃ首が痛くなりそうだけど,この手のバイクは前傾で乗らないとかっこ悪いから,このくらいの前傾のポジションになってた方がいいかもしれない。これは推測だから間違ってるかもだけど,あと5cmくらい着座位置が高かったら,もっといいかもって勝手に思ってる。

【取り回し】
 身長170cmだけど,軽くて足つきべったりだから言うこと無し。これくらい軽かったらグラッときても余裕で自分で支えられる。取り回しに関しては全く不満無し。

【燃費】
 慣らし運転7000回転しばりでリッター30kmってところ。特筆するほどいいって訳じゃないけど,これだけハイパワーなエンジン積んでる割には優秀だと思う。

【価格】
 高いって言われてるバイクだけあって決して安くはないんだけど,装備内容,質感,走りのフィールなんかを考えると安い買い物かもって思わせるだけのものがある。寄せ集めじゃなくて,いちから作り込んだバイクだってことを考えるとほんと安いんじゃないでしょうか?

【総評】
 今回,乗り換えて,細部の作り込みと質感の高さには,ほんと感心させられた。エンジンの作り込みひとつとっても吸気音まで計算されてて,きっちり作り込んでる感じ。ホンダが本気で作り込んだってだけのことはある。モード切替は,個人的にはどうでもなんだけど,クイックシフターはほんとにいい。僕みたいな下手くそでもけっこう速く走れそうに感じさせてくれる装備だと思う。この軽い車体にクイックシフターの取り合わせは最高です。是非,試してもらいたい装備なんだよね。普段,CB250R乗ってんだけどクイックシフターのまねしてシフトダンしてたらバイク乗るのがうまくなったような気がする。(まあ,気のせいなんだけどね 笑)

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった4

満足度5
デザイン5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格5
本気のホンダを感じさせる一台です!

 

 

 2019年型YZF-R3から新型CBR250RRへの乗り換えです。乗り味の違いなんか交えながらレビューします。

【デザイン】
 新型のCBR250RRはライバルを意識してか,従来型から3馬力アップの41馬力,クイックシフターのおかげで,ずいぶん速くなったらしい。でも,僕がこいつを選んだ一番の理由は新型の「白(パールグレーホワイト)」の実車を見てほれ込んだから。(ほんとはトリシティー300を買うつもりだったんだよね。ところが,行くとこ行くとこでこいつに会っちゃって,見れば見るほど欲しくなっちゃって,気がついたらハンコ押しちゃったって感じ 笑)
 世の中,カワサキの4気筒って人ばっかりみたいで,流行じゃないかもだけど,この「白」はほんと美しい。赤と白の色使いがほんと絶妙なんだよね。メーター周りも電子制御スロットルの採用やフルデジタルの反転液晶メーターの採用でスッキリしてる。ライバルにない高級感も魅力かもしれない。

【エンジン性能】
 YZF-R3と比べると,馬力で1馬力,トルクで4Nmダウンなんだけど,それを感じさせない運動性能は期待通り。ライバルの登場のせいだけど,ホンダさんが本気で作り込んできただけのことはあるって感じた。
 このCBR250RRは動力性能的には排気量が上のYZF-R3と遜色ない。CBR250RRは低速のトルクが薄いって聞いてたけど,各ギアが受け持つ速度域が広いせいか,低速域でも扱い易い。YZF-R3は確かにトルクは太いかもだけど高速域に振ってる分,低速域のギアチェンジが忙しいんだよね。CBR250RRの低速域の乗り味は低速トルクで定評があるGSX250Rに近い。ほんと扱い易い。レッドゾーンが14000回転からだからかなり上まで回るんだけど,10000回転も回せば十分って感じ。7000回転しばりの慣らし運転でも市街地走行では全く不足なし。ほんといいエンジンだ。特筆すべきはエンジンの回転フィール。ほんとスムーズなんで1ランク上のエンジンのように感じられる。上質なエンジンだって思った。

【走行性能】
 見かけで選んだとはいえ,走りの方も相当なもんです。ハンドリングは軽快そのもので癖がなく思い通りに走れるって感じ。純正オープションのクイックシフターはほんと優秀。峠の下り坂なんか自分じゃここまでスムーズにシフトダウンできないかもしれない。車重は新型から168kgになってるんだけど,走りは数値ほどの重さは感じない。軽快そのものだ。
 YZF-R3との大きな違いは直進安定性にあるかもしれない。軽いバイクにありがちな不安定さがほとんど無い。高速道路での横風とかでR3だったらかなり怖い思いをしてたけど,同じ状況でも安心してスロットルを開けられるって感じ。総じてR3よりも速く乗れてるような気がする。コーナリングでも安定しているのは変わんない。安心して倒し込める感じ。車体の剛性感が高いから?難しいことは分かんないけど,間違いなく高性能。

【乗り心地】
 高速走行向きの前傾ポジションは,普段の街乗りには多少我慢が必要かも。ツーリングでは首が痛くなりそうだけど,スピードが乗ったら乗っただけ楽になるポジションだとも言えそうだ。
 だいたい,この手のバイクは前傾で乗らないとかっこ悪いから,このくらいの前傾のポジションになってた方がいいよね。これは推測だから間違ってるかもだけど,あと5cmくらい下にセパハンついてたら,もっといいかもって勝手に思ってる。

【取り回し】
 身長170cmだけど,軽くて足つきべったりだから言うこと無し。これくらい軽かったらグラッときても自分で支えられる。取り回しに関しては全く不満無し。

【燃費】
 慣らし運転7000回転しばりでリッター30kmってところ。特筆するほどいいって訳じゃないけど,これだけハイパワーなエンジン積んでる割には優秀だと思う。

【価格】
 「高い」って言われてるバイクだけあって決して安くはないんだけど,装備内容,質感,走りのフィールなんか考えると安い買い物かもって思わせるだけのものがある。ライバルの4気筒が同価格帯だから相対的に高いって思われがちだけど,寄せ集めじゃなくて,いちから作り込んだバイクだってことを考えると「安い」って思う。でも,そんなこと思ってるのは僕だけかもしれない。

【総評】
 今回,乗り換えて,細部の作り込みと質感の高さには,ほんと感心させられた。エンジンの作り込みひとつとっても吸気音まで計算されてて,きっちり作り込んでる感じ。ホンダが本気で作り込んだってだけのことはある。評判のいいモード切替は,個人的にはどうでもだけど,クイックシフターはほんとにいい。僕みたいな下手くそでもけっこう速く走らせてくれそうに感じさせてくれる装備だと思う。この軽い車体にクイックシフターの取り合わせは最高です。是非,試してもらいたい装備だよね。峠道でこいつに勝てるバイクはそうそう無いんじゃないかって勝手に思ってる。
 メディア的には4気筒がいいて話になってるみたいだけど,普段使いの街乗り,峠道での走りの性能,ツーリングでの使い勝手,等々,トータルバランスを考えたら,この2気筒はとっても優秀です。音だってほんとスポーティーだしね。GSX250Rの扱いやすさとYZF-R25の軽快さと高速性能。いいところどりしたらCBR250RRになるって思ってもらったらいいかもしれない。そういう意味でほんと優等生なバイクです。

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「CBR250RR」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

CBR250RRのレビューを書く

この製品の価格帯を見る

CBR250RR
ホンダ

CBR250RR

新車価格帯:803000854700

CBR250RRをお気に入り製品に追加する <78

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意