Xonar Essence STX レビュー・評価

2009年 7月 2日 登録

Xonar Essence STX

S/N比-124dbを実現したPCI Express×1接続対応サウンドカード

Xonar Essence STX 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:内蔵 インターフェース:PCI Express 出力サンプリングレート:24bit/192kHz 入力サンプリングレート:24bit/192kHz Xonar Essence STXのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Xonar Essence STXの価格比較
  • Xonar Essence STXの店頭購入
  • Xonar Essence STXのスペック・仕様
  • Xonar Essence STXのレビュー
  • Xonar Essence STXのクチコミ
  • Xonar Essence STXの画像・動画
  • Xonar Essence STXのピックアップリスト
  • Xonar Essence STXのオークション

Xonar Essence STXASUS

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2009年 7月 2日

  • Xonar Essence STXの価格比較
  • Xonar Essence STXの店頭購入
  • Xonar Essence STXのスペック・仕様
  • Xonar Essence STXのレビュー
  • Xonar Essence STXのクチコミ
  • Xonar Essence STXの画像・動画
  • Xonar Essence STXのピックアップリスト
  • Xonar Essence STXのオークション

Xonar Essence STX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.58
(カテゴリ平均:4.20
レビュー投稿数:43人 
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.68 4.25 -位
音質 音質のよさ 4.53 4.34 -位
機能性 機能の豊富さ 4.25 3.91 -位
入出力端子 入出力端子の豊富さ 4.29 3.94 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.75 3.44 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xonar Essence STXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:コスト重視」で絞込んだ結果 (絞込み解除

tenm555さん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:75人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マウス
8件
0件
レンズフィルター
7件
0件
PCスピーカー
5件
0件
もっと見る
満足度4
安定性1
音質3
機能性3
入出力端子4
付属ソフト無評価

【安定性】
悪いです。
ASIOドライバーで、動かしていて、
他の音が出るタイミングで、突然音が出なくなることが、度々あります。
(ASIO使用中は、実際他の音はでませんが)

なので、オンボードのサウンドデバイスも有効にしています。

【音質】
デジタル出力しか、使用していないので、不明です。

【機能性】
ASIOが使えるので、いいと思います。

【入出力端子】
デジタルとアナログ両方あるので、いいです。

【付属ソフト】
ついていません。

【総評】
安定性があれば、いいと思います。
ASIOで、192kHz出力できるので、満足はしています。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

fautedemieuxさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
デジタルカメラ
0件
1件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性3
音質5
機能性4
入出力端子4
付属ソフト2

【総評】
2013年8月の購入です。高機能のわりに、1万2千円程度と安かった。
当時 8年ぶりに新調したデスクトップ機のためにサウンドカードを探していました。

主な選定のポイントですが、
 ・DAC部のオペアンプを簡単に交換して遊べる。
 ・DACチップが PCM1792Aで、この価格帯では最高クラスの性能。
 ・TPA6120A2の高性能ヘッドホンアンプまで付いている。
 ・ADCのひずみが非常に小さいとの過去レビューがあった。
  (当方の環境では未だに 1桁高い値しか再現できていません)


【音質】
購入当初の、改造していない状態で一度確認したところ、
RCA出力・ヘッドホン出力ともに価格相応に満足できる、元気のある音でした。
(PC電源は 1100Wクラス、ヘッドホンは Sony MDR-CD900ST使用)


 <経過>
オペアンプは AD8620, LT1469, LT1364などデュアル型を中心にいろいろ試して、
最終的には I/V段が LME49880、差動合成段が OPA2211で落ち着いています。
同じ改造例はないようですが、個人的に最も心地よく聴ける組み合わせでした。
発熱は多めながら、2年間使用しても特に過熱による問題は起こっていません。

2週間後にはオペアンプ交換では飽き足らず、基板上のアルミ電解コンの一部
(RCA出力のDCカット・オペアンプ用電源・ヘッドホンアンプ用電源の3箇所)を
高性能のタンタル電解コンに交換して、容量も当初の 3倍まで増やしています。
(タンタル電解だと容量体積比が大きく小型で、かつ低損失の品種が多い)
欠点としては流通量が少なく、非常に高価格(元のアルミ電解の100倍程度)で、
逆電圧にも弱く、故障時は短絡モードのため選定や使い方に注意がいります。
(後段のアンプ・スピーカーを飛ばしたり、最悪は火災のおそれもあります)


 <結果>
オペアンプ1個の交換でもころころと音が変わる様は試していて楽しいものです。
個人的に一番効いた改造は、RCA出力のDCカット用コンデンサの交換でした。
金色スリーブのアルミ電解 → タンタル電解の高性能品(パラ接続)への換装で、
アンプ交換で1枚ずつはがしてきた音のヴェールが、10枚は一気に剥がれた感じ。
当初の力強い音はそのまま、音場が近づいて、鮮明かつ緻密になっています。

これでPCM1792の音がようやく見えてきましたが、限界も感じ始めました。
アナログ回路用に +/-12Vを生成するスイッチング電源のノイズの所為なのか、
数十万円クラスの機材との比較では、ギラギラした雑な雰囲気が感じられます。
音に滑らかさが足りなくて、長時間聴いていると飽きて疲れる感じです。

海外では外部から電源供給する改造をやっている人もいて、妙に納得しました。
あとは、DAC用クロック源のジッタも気になる点です(殆どは電源ノイズ由来?)
何れにしても大がかりになるため、個人的にはそこまで追求していません。


 <近況>
差動合成段にある 2700pFの白いフィルムコン4個を、私の知る限り低損失の
ポリプロピレン型としては最高性能の Vishay BC MKPシリーズに換装して、
また大きな改善がありました。(この点では WIMAは昔から良くないですね)
音の細部までよく表現しながら、聴き疲れしにくくなったと思います。

ヘッドホンアンプTPA6120A2の電源端子付近に付いている1005のチップコンに
温度補償型の 10nF積層セラミックをパラ接続して、こちらも相当効きました。
(もう一桁大きな容量が良かったのですが、スペースが狭すぎるため仕方なく)
何れも非オーディオ用途で安価な部品ながら、予想外の効果がありました。


【安定性】
ドライバのバージョンにより出力切り替えのポップノイズが出たり出なかったり。
Windows 7環境にて、OSハングアップなど重大な欠陥には遭遇していません。


【機能性】
【入出力端子】
【付属ソフト】
当時の購入価格から考えれば、問題ないレベルと思います。

徐々に値上がりして、一気に倍額の Essence STX IIまで出たようですが、
こちらは微妙ですね。TCXOとかあるけどジッタ特性には関係しないので。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Sonja Johnsonさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
ノートパソコン
0件
1件
Mac ノート(MacBook)
0件
1件
もっと見る
満足度4
安定性5
音質4
機能性3
入出力端子3
付属ソフト5

8月にSENNHEISER HD650と同時に購入(アンプやDACを別に持っていなかったため海外で評判の良かったこの機種を選びました)
DACチップに「Burr-Brown PCM 1792A」ヘッドホンアンプチップ「TI TPA6120A2」コンデンサー「ニチコン Fine Gold」
オペアンプには「LM4562NA」と「2114D」など、据え置き高級オーディオ機に使用されているものが使われてます。
音は低音がパワフルで芯のある音を聴かせてくれます。中〜高も綺麗に伸びてはいますが若干、分離が甘いです。
最近になりオペアンプを「OPA627BP」に交換したのですが低〜高まで透き通った音になり伸びもよくなります。
音の作りが変わるので人に(ヘッドホンの相性にも)よっては合わない人がいると思います。
※ヘッドホン出力としてのレビューになります

カードに1万5千、オペアンプに1万5千の出費ですがPCオーディオでここまでの音が聴けるなら
格式張ったオーディオ環境も高価な機器も自分には不要かなと感じました。
趣味の世界だし正解はありませんので一人のひとつの見解として捉えてください。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぴろしき99さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

DVDドライブ
0件
7件
サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト5

オペアンプ交換が出来て、ヘッドホンアンプ搭載の
サウンドカードを比較検討した結果、購入しました。

結論から言うと私はこれで十分、満足です。

ちなみにもっと高額な据え置きヘッドホンアンプも持って
ましたが、このサウンドカードで十分なので売却しました。

オペアンプは色々な物を買って交換しましたが
OPA627BPがあれば他のオペアンプは必要ないので
スパイラルからも抜け出せます。

大げさかもしれませんがOPA627BPを使用すると
サウンドカードとヘッドホンが別物に化けます。
他のオペアンプで聴く気が失せます。
(OPA627BP以外ですとMUSES02が良いです)

OPA627BPは非常に高コストですが、価格以上の働きをします。
思い切って買って良かったです。

サウンドカード自体は機能面・端子ともに
私には必要十分で採点が甘いですが全く不満がありません。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キリンの鳴き声?さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マウス
1件
0件
CPUクーラー
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト4

【安定性】 時々起動時にドライバーを見失って音が出ないことがありましたが、OS(Win7)のクリーンインストール後〜現在まで不具合ありません。

【音質】  オペアンプをMUSES8820×2、8920×1に変えたりしていますが、素の状態でも十分良いと思います。(以前、サウンドブラスターXtreamGamerを使用していましたが比べるまでもなく良いといえます)

【機能性】 不満なし。

【入出力端子】 十分です。

【付属ソフト】 XonarAudioCenterですがアナログ風な操作パネルで良い感じですが、直接数値を入力できるようにしてほしいかな。

【総評】 オペアンプも交換して遊べますし、ヘッドフォンも600Ωまで一応鳴らせるわけですので、内蔵型サウンドカードにこれ以上を望むのであれば、最低でもUSBDAC、HPA等外付けにしないと問題は解決されないように思います。私には限られた範囲(予算、スペース)で楽しめるとても良い製品です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

沖漬けさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
1件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
ノートパソコン
0件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質3
機能性2
入出力端子無評価
付属ソフト3

主に音楽鑑賞用でゲームといってもFallout3やOblivionしかやりませんでしたので、FPSにも強いSBではなくよりオーディオ向きの当製品を購入しました。
【安定性】
落ちることも無く安定しています。
【音質】
低音に迫力あるので映画鑑賞にはうってつけです。薬莢が地面に落ちる音が「キーン」と響いて心地良いです。
売りである音楽鑑賞ですが、残念なことに中音域が奥まって聞こえます。そのためか全体が曇った音に聞こえます。そのためイコライザの8k、16kを1mmほど高めに調整しました。
私の場合はオペアンプをMUSES01、MUSES02に交換することで満足のいく音を手に入れました。
【機能性】
DSPモードを使うと薄まった音色になるため使ってません。
【入出力端子】
ヘッドフォンのみの使用なので無評価です。
【付属ソフト】
音量調節はもっとやりやすくして欲しいですね。イコライザ共々数値を直接入力したいです。
【総評】
とても良い製品で満足しています。素人目ですがオーディオに対して色んな知識が付き、自分で創意工夫ができる良い製品だと思います。
この製品を買ったことで私は解像度の高い?もしくはクリアな音源が好きだと気づかされましたので、新しい趣味を発見できて嬉しいですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Mr.Gamerさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
0件
108件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
48件
CPU
0件
41件
もっと見る
満足度3
安定性5
音質3
機能性3
入出力端子3
付属ソフト4

まず私が今まで使ったサウンドカードを紹介します。
・Audiotrak PRODIGY 7.1 XT
・SB-XFT-PA
・SE-200PCI LTD
・SB-DM-PHD
・SB-XFT-HD

ヘッドフォンはATH-A900です。

※私はオーディオに関しては詳しくないので専門的なレビューはできません、漠然とした内容でのレビューとなりますがご了承下さい。

【安定性】
特に不具合等は無く動作しています
【音質】
うまく説明できませんが音楽鑑賞用として割り切ればそれなりに良いと思います。
私はヘッドフォンメインで使用していますが楽器個々の音がしっかり鮮明に聞こえます。他のカードに比べると中高音域が優れている感じがします。
初めて音楽を聞いた時の感想は、「何だこの乾いた感じの音は」という感じでしたが色々弄って調節して妥協ラインを見つけることができました。
【機能性】
DSPモードははっきり言って期待しない方がいいです。どのモードも安っぽい音にしかなりません。自分でイコライザやらを調整して好みの音を探すしかないと思います。
ミキサー関連は優れています。ステミキ、勿論使えます。MixとWaveがあってMixは自分の声をPC内部音と一緒に配信できます。WaveはPC内部の音だけ配信できます。
カラオケ機能等もあります。遅延は全くありませんでした。エコー機能は安っぽいエコーになります。
エフェクトもバリエーションがありますがどれもしょぼいです。

【総評】
最近配信が流行っていますがこのカードがあれば満足にできると思います。INもOUTもノイズはありません。自分の声をヘッドフォンから聞きながら配信等してる人はこれに変えれば良いと思います。
音楽鑑賞ではそれなりにこのカードの能力を発揮できると思います。しかしDSPモードはおもちゃ程度に考えておいた方がいいと思います。あくまで要調整前提です。

3Dゲームの為にこのカードの購入を考えている方いましたら絶対やめた方がいいです。定位?バーチャルヘッドフォン機能?全く役に立ちません。creativeが優秀すぎるのでしょうか?私はそう思います。

結局このカードは何なのか、と聞かれると私は配信用若しくは音楽鑑賞用と答えます。

専門家のレビューが載っている雑誌やネットの記事を見てもこのカードの評価は低いですね、買った後に気づきました。しかし価格.comでの評価は凄くいいですね。何故でしょう・・・

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

P・ザウバーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト無評価

Prodigy 192 VEを使用していたのですが、
OSをWindows7に移行する際にドライバが対応していない為に買い替えました。

使用OSはWindows7 pro 64bitです。
スピーカー:ONKYO GX70-AX
ヘッドホン:AUDIO-TECHNICA ATH-AD500

安定性:

導入はダウンロードしたファイルから簡単に終了。
この時点で余計なプログラムが追加されないのは好印象です。
ドライバの入れ替えも、アンインストール>インストールで問題なく終わります。

導入当初はGX機能を有効にするとSkypeでトラブルが発生しましたが、
最新のドライバを使用することで解消しました。
以前のボードではマイク入力に問題があってSkypeのマイク音量が足りず、
マイクアンプを導入してしのいでいましたが、
この製品では問題ない様です。(現在マイクアンプの出力は最低値)


音質:

以前より再生される情報量が増えた気がします。
低音部も以前より良く出ていますし、
その他に関しても隠れてしまっていた音が出ているように感じます。
通常設定だと、ヘッドホンの音に圧迫感が感じられましたが、
ドルビーヘッドホンのオプションを有効にすることで程よい距離感が出てきました。
この機能も仮想化する部屋の広さを選択できますので、
好みで変えると良いと思います。


機能性:

一通りのエフェクト機能、カラオケ機能(試していません)
Skype等の音声入力時に数種類のボイスチェンジャーをかけられる等、
現状で不満な部分はありません。


入出力端子:

スピーカーとヘッドホンで端子が別れていますので、
一々差し替えなくて済むのは助かっています。
切り替えは付属のコントロールパネルで簡単に変えられます。
ピンジャックが大型のものになっていますが、
付属品として、ノーマル>ミニの変換コネクタ・2ピン(赤白)>ミニ(メス)が
付いていますので、追加購入はマイクのノーマル>ミニだけで済みました。


付属ソフト:
使用しておりませんので無評価にします。


全体的な満足感、総合評価:

不具合に対するドライバ対応を期待してASUSのカードにしましたが、
いい形で期待に答えてくれたと思います。
最初から不具合が出ないに越したことはありませんが、ここは評価できるポイントだと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xonar Essence STXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Xonar Essence STX
ASUS

Xonar Essence STX

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2009年 7月 2日

Xonar Essence STXをお気に入り製品に追加する <195

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[サウンドカード・ユニット]

サウンドカード・ユニットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(サウンドカード・ユニット)

ご注意