『低価格ながら高機能、改造でより高音質に』 ASUS Xonar Essence STX fautedemieuxさんのレビュー・評価

2009年 7月 2日 登録

Xonar Essence STX

S/N比-124dbを実現したPCI Express×1接続対応サウンドカード

Xonar Essence STX 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:内蔵 インターフェース:PCI Express 出力サンプリングレート:24bit/192kHz 入力サンプリングレート:24bit/192kHz Xonar Essence STXのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Xonar Essence STXの価格比較
  • Xonar Essence STXの店頭購入
  • Xonar Essence STXのスペック・仕様
  • Xonar Essence STXのレビュー
  • Xonar Essence STXのクチコミ
  • Xonar Essence STXの画像・動画
  • Xonar Essence STXのピックアップリスト
  • Xonar Essence STXのオークション

Xonar Essence STXASUS

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2009年 7月 2日

  • Xonar Essence STXの価格比較
  • Xonar Essence STXの店頭購入
  • Xonar Essence STXのスペック・仕様
  • Xonar Essence STXのレビュー
  • Xonar Essence STXのクチコミ
  • Xonar Essence STXの画像・動画
  • Xonar Essence STXのピックアップリスト
  • Xonar Essence STXのオークション

『低価格ながら高機能、改造でより高音質に』 fautedemieuxさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xonar Essence STXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
デジタルカメラ
0件
1件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性3
音質5
機能性4
入出力端子4
付属ソフト2
低価格ながら高機能、改造でより高音質に

【総評】
2013年8月の購入です。高機能のわりに、1万2千円程度と安かった。
当時 8年ぶりに新調したデスクトップ機のためにサウンドカードを探していました。

主な選定のポイントですが、
 ・DAC部のオペアンプを簡単に交換して遊べる。
 ・DACチップが PCM1792Aで、この価格帯では最高クラスの性能。
 ・TPA6120A2の高性能ヘッドホンアンプまで付いている。
 ・ADCのひずみが非常に小さいとの過去レビューがあった。
  (当方の環境では未だに 1桁高い値しか再現できていません)


【音質】
購入当初の、改造していない状態で一度確認したところ、
RCA出力・ヘッドホン出力ともに価格相応に満足できる、元気のある音でした。
(PC電源は 1100Wクラス、ヘッドホンは Sony MDR-CD900ST使用)


 <経過>
オペアンプは AD8620, LT1469, LT1364などデュアル型を中心にいろいろ試して、
最終的には I/V段が LME49880、差動合成段が OPA2211で落ち着いています。
同じ改造例はないようですが、個人的に最も心地よく聴ける組み合わせでした。
発熱は多めながら、2年間使用しても特に過熱による問題は起こっていません。

2週間後にはオペアンプ交換では飽き足らず、基板上のアルミ電解コンの一部
(RCA出力のDCカット・オペアンプ用電源・ヘッドホンアンプ用電源の3箇所)を
高性能のタンタル電解コンに交換して、容量も当初の 3倍まで増やしています。
(タンタル電解だと容量体積比が大きく小型で、かつ低損失の品種が多い)
欠点としては流通量が少なく、非常に高価格(元のアルミ電解の100倍程度)で、
逆電圧にも弱く、故障時は短絡モードのため選定や使い方に注意がいります。
(後段のアンプ・スピーカーを飛ばしたり、最悪は火災のおそれもあります)


 <結果>
オペアンプ1個の交換でもころころと音が変わる様は試していて楽しいものです。
個人的に一番効いた改造は、RCA出力のDCカット用コンデンサの交換でした。
金色スリーブのアルミ電解 → タンタル電解の高性能品(パラ接続)への換装で、
アンプ交換で1枚ずつはがしてきた音のヴェールが、10枚は一気に剥がれた感じ。
当初の力強い音はそのまま、音場が近づいて、鮮明かつ緻密になっています。

これでPCM1792の音がようやく見えてきましたが、限界も感じ始めました。
アナログ回路用に +/-12Vを生成するスイッチング電源のノイズの所為なのか、
数十万円クラスの機材との比較では、ギラギラした雑な雰囲気が感じられます。
音に滑らかさが足りなくて、長時間聴いていると飽きて疲れる感じです。

海外では外部から電源供給する改造をやっている人もいて、妙に納得しました。
あとは、DAC用クロック源のジッタも気になる点です(殆どは電源ノイズ由来?)
何れにしても大がかりになるため、個人的にはそこまで追求していません。


 <近況>
差動合成段にある 2700pFの白いフィルムコン4個を、私の知る限り低損失の
ポリプロピレン型としては最高性能の Vishay BC MKPシリーズに換装して、
また大きな改善がありました。(この点では WIMAは昔から良くないですね)
音の細部までよく表現しながら、聴き疲れしにくくなったと思います。

ヘッドホンアンプTPA6120A2の電源端子付近に付いている1005のチップコンに
温度補償型の 10nF積層セラミックをパラ接続して、こちらも相当効きました。
(もう一桁大きな容量が良かったのですが、スペースが狭すぎるため仕方なく)
何れも非オーディオ用途で安価な部品ながら、予想外の効果がありました。


【安定性】
ドライバのバージョンにより出力切り替えのポップノイズが出たり出なかったり。
Windows 7環境にて、OSハングアップなど重大な欠陥には遭遇していません。


【機能性】
【入出力端子】
【付属ソフト】
当時の購入価格から考えれば、問題ないレベルと思います。

徐々に値上がりして、一気に倍額の Essence STX IIまで出たようですが、
こちらは微妙ですね。TCXOとかあるけどジッタ特性には関係しないので。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Xonar Essence STX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
PCオーディオ、オ(カル)トの世界の入口に。  5 2018年4月2日 22:36
玄人志向のCMI8787-HG2PCIからの乗り換えです。  4 2017年11月21日 19:53
最も満足できる高音質  5 2017年4月1日 14:11
プリメインアンプとつなげて聞いた感想  5 2016年4月23日 21:46
低価格ながら高機能、改造でより高音質に  4 2015年10月31日 13:34
ニプロンやばい  5 2015年5月18日 18:19
買ってよかった  4 2015年1月28日 01:27
肝はヘッドホンアンプ  5 2014年4月18日 14:05
音質、機能ともに優秀なサウンドカード  5 2013年12月17日 05:30
可もなく不可もなし  3 2013年10月19日 12:23

Xonar Essence STXのレビューを見る(レビュアー数:43人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xonar Essence STXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Xonar Essence STX
ASUS

Xonar Essence STX

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2009年 7月 2日

Xonar Essence STXをお気に入り製品に追加する <195

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[サウンドカード・ユニット]

サウンドカード・ユニットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(サウンドカード・ユニット)

ご注意