『音場感の素晴らしいヘッドホンです。』 ゼンハイザー HD800 KURO大好きさんのレビュー・評価

2009年 5月12日 登録

HD800

56mmのリング状トランスデューサーを搭載したハイエンドヘッドホン

HD800 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:6Hz〜51kHz HD800のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HD800の価格比較
  • HD800の店頭購入
  • HD800のスペック・仕様
  • HD800のレビュー
  • HD800のクチコミ
  • HD800の画像・動画
  • HD800のピックアップリスト
  • HD800のオークション

HD800ゼンハイザー

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2009年 5月12日

  • HD800の価格比較
  • HD800の店頭購入
  • HD800のスペック・仕様
  • HD800のレビュー
  • HD800のクチコミ
  • HD800の画像・動画
  • HD800のピックアップリスト
  • HD800のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

HD800のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:111件
  • 累計支持数:733人
  • ファン数:25人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
31件
1086件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
517件
ヘッドホンアンプ・DAC
9件
334件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
音場感の素晴らしいヘッドホンです。

【デザイン】
好みは別れると思いますが、高級ヘッドホンらしいデザインだと思っています。
個人的には評価が高いです。


【高音の音質】
特に特徴も無いですが文句はありません。


【低音の音質】
量感は少な目ですが、深く沈み込むので文句はありません。


【フィット感】
重量はともかく、装着感は快適の一言です。
長時間の装着にも耐えられる高級機に相応しい使い心地です。


【外音遮断性】
遮音性はハッキリ言って悪いですが、それを期待して購入する機種ではないので問題はありません。


【音漏れ防止】
音漏れはハッキリ言って盛大ですが、それを期待して購入する機種ではないので問題はありません。


【携帯性】
ケーブルが太くて長いので携帯性は悪いですが、ヘッドホン用としては品質に優れていると思います。
私の用途には合わないので、リケーブルしました。


【リケーブル】
HD800はバランス化がトレンドとなっており、リケーブルの種類が豊富ですが、とても高価なモデルが多いです。

私は小型のオーディオ機器やショートケーブルが好みであり、使用するのは3.5mnステレオミニ端子が多く6.3oの端子が標準装備であることに不便を感じていました。

このような条件に合うHD800用のケーブルは希少なので、今回はフルカスタマイズでオーダーしてケーブルを作成して頂きました。

線材はViaBlue「EPC-4」を用いて長さは使い勝手の良い1.5mとし、今後の発展性と汎用性の高さを考慮して、2.5mm4極バランス端子としました。
EPC-4は被膜が硬く使い勝手が悪いのですが、被膜を剥いで布膜ケーブルに交換して頂くことで、とても柔らかくしなやかなので使い勝手は良好です。
今のところは3.5mmアンバランス接続でのみ利用しているので、変換プラグで利用します。

期待通りに元のケーブルとは音色変化が小さく、HD800らしさを失わないケーブルです。
帯域の広さをそのままに低音の響きが改善した印象です。

細いケーブルなので断線リスクは有りそうですが、音質低下は全く感じられず、使い勝手が大幅に向上し、とても満足しています。

【総評】
HD600を愛用していてゼンハイザーとは長い付き合いですが、HD800は発売から5年経っての購入でした。
購入後、時間をかけて上流を整備して来たこともあり、再レビューさせて頂きました。

このヘッドホンの最大の特徴は、圧倒的な音場の広さと定位の良さです。
私はポータブルで音楽鑑賞する機会が多く、イヤホンの利用頻度が高いです。
ヘッドホンを聴くときにはイヤホンでは得られない特徴があることを重視しますが、このヘッドホンはその点においては文句無しのサウンドです。

大編成のクラシック音楽を鑑賞するときにはもちろんですが、ライブ収録のDVDを観るときにもこの音場感は欠かせません。
また、JAZZやPops系の音楽におきましても、けして相性は悪い訳でも無く、とてもクールなサウンドで聴けるのでHD600との使い分けが十分に可能です。

既に語りつくされていますが、このヘッドホンは上流次第で得られる音質が大きく化けます。

購入当初はDACにはnano iDSD、HPAにはnono iCANの環境で聴いていて、これはこれで十分に良い音であることに違いはありませんが、高音質の追及においては、道半ばという感じでした。

購入後しばらくして真空管式HPAのTRX-HD82を購入しまして、HD800との組み合わせでも適度な温かみのある音質が得られたことで、結果としてこのヘッドホンの魅力がさらに高まりました。

近所の販売店では、T1、HD700、W5000、K812、TH900のヘッドホン群とHDVD800、HDVD600、P-700u、U05、HD-DAC1のHPA群で自由な組み合わせによる比較試聴が可能なので、お気に入りの音質傾向を掴むことが出来ました。

他にもHA-1、DA-6/P-1u、Hugo、X-DU1/X-HA1、A8、HA-501、PureDAC、EPA-007などでHD800を試聴する機会がありましたが、アンプとの相性が重要であることを確認しました。

HDVD800はDACのクオリティが残念なので、高性能なDACにHDVD600のバランス接続が最適解のひとつだと思います。

しかしながら私の場合は設置スペースの都合から複合機を探していましたが、満足出来るモデルが見つかりませんでした。
そこでアナログアンプと組み合わせて使用することを視野に入れつつ、DAC性能に優れたHugoを選択しました。

Hugoは単体利用でも素晴らしい音質ですが、TRX-HD82の組み合わせでは解像度の高さと真空管アンプならではの音の響きの良さが感じられて、お気に入りな組み合わせでした。

その後ヘッドホンにEdition5を導入し、HD600をDMaaによるチューニングをした結果、HD800は他のモデルと比較すると音に深みや響きの良さが感じられず、淡白でつまらないサウンドであると感じられ、しばらくの間、あまり利用していませんでした。

昨年後半にアンデックスオーディオの真空管アンプ「HPA-WEVT25」を導入した結果、音質が改善されたことで、再び利用するようになりました。

このアンプは真空管アンプらしく滑らかな音色であり、音の響きが綺麗であることはもちろんですが、実在感のあるリアリティなサウンドであるのも特徴的です。
また解像度の高さも素晴らしく、そのサウンドは真空管アンプでイメージされるような緩さを感じさせません。

理由としては、Western ElectricのVT25という1940年代の出力管を使用していて、真空管全盛時代の貴重なヴィンテージ管でもあり、音の響きの良さは絶品です。

初段の真空管に松下製の6BL8、Rコアトランスのアナログ電源を用いることでさらに音質が改善しました。

アンプを変更することで、HD800でも潤いのあるサウンドが得られ、とても素晴らしいサウンドになりました。

上流を整備することで実力が底上げされて、さすがにゼンハイザーのハイエンドヘッドホンであると感じられる上級な音質に化けます。

もちろん音場の広さは他のヘッドホンを圧倒するので、今まで感じていた不満が解消されたことにより、今後も末永く愛用し続けて行ければと思います。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった17人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
音場感の素晴らしいヘッドホンです。

【デザイン】
好みは別れると思いますが、高級ヘッドホンらしいデザインだと思っています。
個人的には評価が高いです。

【高音の音質】
特に特徴も無いですが文句はありません。

【低音の音質】
量感は少な目ですが、深く沈み込むので文句はありません。

【フィット感】
重量はともかく、装着感は快適の一言です。
長時間の装着にも耐えられる高級機に相応しい使い心地です。

【外音遮断性】
遮音性はハッキリ言って悪いですが、それを期待して購入する機種ではないので問題はありません。

【音漏れ防止】
音漏れはハッキリ言って盛大ですが、それを期待して購入する機種ではないので問題はありません。

【携帯性】
ケーブルが太いので携帯性は悪いですが、初めから全く期待していませんので問題はありません。

【総評】
HD600を愛用していてゼンハイザーとは長い付き合いですが、HD800は昨年秋に発売から5年も経っての購入でした。
そろそろ音質も安定して来ましたので、レビューさせて頂きました。

このヘッドホンの最大の特徴は、圧倒的な音場の広さと定位の良さです。
私はポータブルでの音楽鑑賞が圧倒的に多くイヤホン派なので、ヘッドホンを聴くときにはイヤホンでは得られない特徴があることを重視しますが、このヘッドホンはその点においては文句無しです。

大編成のクラシックを鑑賞するときにはもちろんですが、ライブ収録のDVDを観るときにもこの音場感は欠かせません。
また、JAZZやPops系の音楽にもけして相性は悪くも無く、クールに聴けるのでHD600と使い分けが可能です。

既に語りつくされていますが、このヘッドホンは上流次第で得られる音質が大きく化けます。

現時点ではDACにはnano iDSD、HPAにはnono iCANまたはTRX-HD82の環境で聴いていて、これはこれで十分に良い音であることに違いはありませんが、高音質の追及においては、まだまだ道半ばというところです。

HD800は今までに様々な環境で試聴していますが、DACは高解像度なものをHPAは温かみのある音質のものを組み合わせることで、好みの音質が得られそうです。

先日、真空管式HPAのTRX-HD82を購入しまして、HD800との組み合わせでも適度な温かみのある音質が得られたことで、結果としてこのヘッドホンの魅力がさらに高まりました。
今後はより解像度の高い音質を目指して、高性能DACを搭載したHPAを検討中です。

近所のお店では、T1、HD700、W5000、K812、TH900のヘッドホン群とHDVD800、HDVD600、P-700u、U05、HD-DAC1のHPA群で自由な組み合わせによる比較試聴が可能なので、お気に入りの音質傾向を掴むことが出来ました。

他にもHA-1、DA-6/P-1u、Hugo、X-DU1/X-HA1、A8、HA-501、PureDAC、EPA-007などでHD800を試聴する機会がありましたが、相性が重要であることを確認しました。

HDVD800はDACのクオリティが残念なので、高性能なDACにHDVD600のバランス接続が最適解のひとつだと思います。
しかしながら設置スペースの都合から、個人的には複合機に関心があります。
DACとして最も好感が持てたのは、HugoとPureDACでしたが、PureDACは横幅が広いので現時点ではHugoを第一候補としています。

まだまだ音質向上の余地は大きいと思われ、今後が楽しみです。
HD600同様に長く使えるヘッドホンだと思います。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった10

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

HD800のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

HD800
ゼンハイザー

HD800

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2009年 5月12日

HD800をお気に入り製品に追加する <520

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意