『ゼンハイザー社の職人魂を強く感じることが出来る逸品』 ゼンハイザー HD800 とんかつサンドさんのレビュー・評価

2009年 5月12日 登録

HD800

56mmのリング状トランスデューサーを搭載したハイエンドヘッドホン

HD800 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:6Hz〜51kHz HD800のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HD800の価格比較
  • HD800の店頭購入
  • HD800のスペック・仕様
  • HD800のレビュー
  • HD800のクチコミ
  • HD800の画像・動画
  • HD800のピックアップリスト
  • HD800のオークション

HD800ゼンハイザー

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2009年 5月12日

  • HD800の価格比較
  • HD800の店頭購入
  • HD800のスペック・仕様
  • HD800のレビュー
  • HD800のクチコミ
  • HD800の画像・動画
  • HD800のピックアップリスト
  • HD800のオークション

『ゼンハイザー社の職人魂を強く感じることが出来る逸品』 とんかつサンドさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

HD800のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:73件
  • 累計支持数:660人
  • ファン数:26人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
114件
フラッシュ・ストロボ
2件
32件
コーヒーメーカー
3件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
ゼンハイザー社の職人魂を強く感じることが出来る逸品

   

   

今回の試聴環境は、自作PCにSound Blaster X-Fi Titanium HDというサウンドカードのヘッドホンアンプ出力端子にHD800を接続させています。
ちなみにHD800はこのレビュー時点において、既に80h以上のエージングを済ませてあり、同時にオーディオテクニカのATH-W1000XやATH-W5000と頻繁に取り替えながらの比較をした上でのレビューとなります。


さて、実際に様々なジャンルの音楽を徹底的に聴いてみました。
このレビューを書いている時点でおよそ30時間ほど聴き込んだでしょうか?
今のところはまだファーストインプレッションの域を脱していないと思いますが、その感想としては、、、。

うぅ〜〜〜〜ん、、、、、、やられました、、、。
ヘッドホンでここまでの音の表現ができるとは正直驚き以外の何ものでもありません。
実を言うと、全くエージングを施していない開梱一発目の試聴から思いっきりぶっ飛びました。

多くのレビュアーさん達が言う「比類なき広い音場」についてですが、「なるほど、こういう事だったのか、、。」という、目から鱗が落ちる思いでした。
実は僕自身、この「広い音場」という表現に対し、ある懸念を抱いていました。
それは、広い音場であるが故に音の芯が遠くなってしまい、一音、一音の線が細い出音になってしまうのではないか?というものでした。
しかし、このHD800の広い音場とはそういうことではなく、楽器の一つ一つが発する音の面積が広いということでした。
つまり、音そのものの厚みや解像感、重量感は高いレベルを維持したまま、尚且つ広い音場をも実現させていました。

一つの音質そのものに関しても、しっかりと実の詰まった剛性感あるものになっています。
低域から高域までの全域にわたり、丁寧に磨きこまれた宝石のように輪郭のはっきりとした解像感の高い出音です。

低音の量も十分で、とても上質なものです。
決して飽和したりボワつくことはなく、硬く弾むようなレスポンスの良い出方をしています。

中域の厚みも申し分ありません。
広い音場と厚みのある中域というものはなかなか両立が難しいものですが、このHD800はそれを高いレベルで見事に実現させています。

高域に関してはエージング未実施時には若干耳に刺さるようにも感じられましたが、その点に関してはエージングを勧めていくことで解消されました。
決して篭ることはなく、実に明瞭で伸びやかな高域となっています。

解像感に関しては、かつて経験したことが無いほど見事なまでの解像感になっており、その凄さはオーディオテクニカのATH-W5000を大きく上回っています。
しかも、一音一音があり得ないほど丁寧な出音になっており、かなりごちゃごちゃした楽曲でも、一つ一つの音をつぶすことなく綺麗に出力しています。
もはや、ある特定の楽器の「○○な音が・・」というレベルではなく、全ての音が実にリアルに生々しく再現されている印象ですね。

Sound Blaster X-Fi Titanium HDというサウンドカードと、HD800との組み合わせに関しても見事なまでに良くマッチしています。
その表現能力は万能で、どんな音楽ジャンルも見事なまでの表現力を見せ付けてくれます。

但し、iPodなどのポータブルプレーヤーに直挿しした場合、このヘッドホンが300Ωというハイインピーダンスな設計になっていることから正常な音質では出力されません。
一応、何とか音量こそ必要十分な量は確保出来てはいるものの、やはり電圧不足によるものと思われる音の痩せと若干の歪みが感じられます。
ですから、このHD800を使用する場合は最低限でもヘッドホンアンプを用意する必要があります。

装着感は実に軽やかで、大きく口を開けたイヤパッドと大きなハウジングにより、耳回り全体がすっぽりと覆われます。
耳そのものがイヤパッド内のどこにも干渉しないので、長時間の装着でも耳が痛くなるようなことはありません。
ただ、側圧はやや低めなので、真上や真下に顔を向けるとヘッドホンがズリ落ちそうになります。

また、このHD800は開放型という製品の性質上、どうしても外部に音漏れが生じてしまうのですが、その漏れ方が半端ではないです(苦笑)
ハウジング外側の元も目に見える位置にドライバーユニットが位置しているため、かなり盛大に音が漏れます。
そのため、同室に自分以外の誰かがいる場合は気をつける必要があると思います。

【最後に】
無駄な小細工や誤魔化しを好まないドイツの職人が本気で完成させたこのゼンハイザーHD800。
その実力は凄まじいほどの完成度です。

以前、僕はW1000Xのレビューの中でW1000Xに対し「完璧」という評価を下したのですが、W1000Xが「完璧」であるならば、このHD800は正に「奇跡」の領域です。

日本のメーカーや海外メーカーを問わず、音質とは無関係な部分に高額な素材や装飾を施すことでグレードや価格を上げていくといった製品が存在する一方、HD800は完全にこれらとは対極に位置する製品であり、目には見えない本質的な部分に惜しむことなくコストが掛けられているということが、実際にHD800を使ってみることで誰もが身をもって実感し、強く理解することができると思います。

尚、更に詳しいレビューを下記にまとめました。
http://tonkatsu.boo.jp/hd800/hd800.html

主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
オーディオ

参考になった38人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
ゼンハイザー社の職人魂を強く感じることが出来る逸品

撮影:とんかつサンド

豪華なハードケース付き

ケーブルは着脱式

ダストプロテクションは摘んで外せます

オーテクのウッドモデル2兄弟とHD800

今回の試聴環境は、自作PCにSound Blaster X-Fi Titanium HDというサウンドカードのヘッドホンアンプ出力端子にHD800を接続させています。
ちなみにHD800はこのレビュー時点において、既に80h以上のエージングを済ませてあり、同時にオーディオテクニカのATH-W1000XやATH-W5000と頻繁に取り替えながらの比較をした上でのレビューとなります。


さて、実際に様々なジャンルの音楽を徹底的に聴いてみました。
このレビューを書いている時点でおよそ30時間ほど聴き込んだでしょうか?
今のところはまだファーストインプレッションの域を脱していないと思いますが、その感想としては、、、。

うぅ〜〜〜〜ん、、、、、、やられました、、、。
ヘッドホンでここまでの音の表現ができるとは正直驚き以外の何ものでもありません。
実を言うと、全くエージングを施していない開梱一発目の試聴から思いっきりぶっ飛びました。

多くのレビュアーさん達が言う「比類なき広い音場」についてですが、「なるほど、こういう事だったのか、、。」という、目から鱗が落ちる思いでした。
実は僕自身、この「広い音場」という表現に対し、ある懸念を抱いていました。
それは、広い音場であるが故に音の芯が遠くなってしまい、一音、一音の線が細い出音になってしまうのではないか?というものでした。
しかし、このHD800の広い音場とはそういうことではなく、楽器の一つ一つが発する音の面積が広いということでした。
つまり、音そのものの厚みや解像感、重量感は高いレベルを維持したまま、尚且つ広い音場をも実現させていました。

一つの音質そのものに関しても、しっかりと実の詰まった剛性感あるものになっています。
低域から高域までの全域にわたり、丁寧に磨きこまれた宝石のように輪郭のはっきりとした解像感の高い出音です。

低音の量も十分で、とても上質なものです。
決して飽和したりボワつくことはなく、硬く弾むようなレスポンスの良い出方をしています。

中域の厚みも申し分ありません。
広い音場と厚みのある中域というものはなかなか両立が難しいものですが、このHD800はそれを高いレベルで見事に実現させています。

高域に関してはエージング未実施時には若干耳に刺さるようにも感じられましたが、その点に関してはエージングを勧めていくことで解消されました。
決して篭ることはなく、実に明瞭で伸びやかな高域となっています。

解像感に関しては、かつて経験したことが無いほど見事なまでの解像感になっており、その凄さはオーディオテクニカのATH-W5000を大きく上回っています。
しかも、一音一音があり得ないほど丁寧な出音になっており、かなりごちゃごちゃした楽曲でも、一つ一つの音をつぶすことなく綺麗に出力しています。
もはや、ある特定の楽器の「○○な音が・・」というレベルではなく、全ての音が実にリアルに生々しく再現されている印象ですね。

Sound Blaster X-Fi Titanium HDというサウンドカードと、HD800との組み合わせに関しても見事なまでに良くマッチしています。
その表現能力は万能で、どんな音楽ジャンルも見事なまでの表現力を見せ付けてくれます。

但し、iPodなどのポータブルプレーヤーに直挿しした場合、このヘッドホンが300Ωというハイインピーダンスな設計になっていることから正常な音質では出力されません。
一応、何とか音量こそ必要十分な量は確保出来てはいるものの、やはり電圧不足によるものと思われる音の痩せと若干の歪みが感じられます。
ですから、このHD800を使用する場合は最低限でもヘッドホンアンプを用意する必要があります。

装着感は実に軽やかで、大きく口を開けたイヤパッドと大きなハウジングにより、耳回り全体がすっぽりと覆われます。
耳そのものがイヤパッド内のどこにも干渉しないので、長時間の装着でも耳が痛くなるようなことはありません。
ただ、側圧はやや低めなので、真上や真下に顔を向けるとヘッドホンがズリ落ちそうになります。

また、このHD800は開放型という製品の性質上、どうしても外部に音漏れが生じてしまうのですが、その漏れ方が半端ではないです(苦笑)
ハウジング外側の元も目に見える位置にドライバーユニットが位置しているため、かなり盛大に音が漏れます。
そのため、同室に自分以外の誰かがいる場合は気をつける必要があると思います。

【最後に】
無駄な小細工や誤魔化しを好まないドイツの職人が本気で完成させたこのゼンハイザーHD800。
その実力は凄まじいほどの完成度です。

以前、僕はW1000Xのレビューの中でW1000Xに対し「完璧」という評価を下したのですが、W1000Xが「完璧」であるならば、このHD800は正に「奇跡」の領域です。

日本のメーカーや海外メーカーを問わず、音質とは無関係な部分に高額な素材や装飾を施すことでグレードや価格を上げていくといった製品が存在する一方、HD800は完全にこれらとは対極に位置する製品であり、目には見えない本質的な部分に惜しむことなくコストが掛けられているということが、実際にHD800を使ってみることで誰もが身をもって実感し、強く理解することができると思います。

尚、更に詳しいレビューを下記にまとめました。
http://www.geocities.jp/syori59/hd800/hd800.html

主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
オーディオ

参考になった32

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

HD800のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

HD800
ゼンハイザー

HD800

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2009年 5月12日

HD800をお気に入り製品に追加する <514

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意