NW-ZX507 [64GB] レビュー・評価

2019年11月 2日 発売

NW-ZX507 [64GB]

  • DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」採用のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー。
  • AI技術が再生中の楽曲をリアルタイムで解析し、最適にハイレゾ級の高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。
  • 左右の音を完全に分離するバランス出力に対応しノイズの少ない繊細なサウンドを再現。接続安定性の高い4.4mmのヘッドホンジャック(5極)を採用。
NW-ZX507 [64GB] 製品画像

拡大

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック] NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]
最安価格(税込):

¥69,980 ブラック[ブラック]

(前週比:+5,000円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥78,012 ブラック[ブラック]

ノジマオンライン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥69,980¥94,330 (41店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥69,980 〜 ¥78,012 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 再生時間:20時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth NW-ZX507 [64GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • NW-ZX507 [64GB]の価格比較
  • NW-ZX507 [64GB]の店頭購入
  • NW-ZX507 [64GB]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 [64GB]の純正オプション
  • NW-ZX507 [64GB]のレビュー
  • NW-ZX507 [64GB]のクチコミ
  • NW-ZX507 [64GB]の画像・動画
  • NW-ZX507 [64GB]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 [64GB]のオークション

NW-ZX507 [64GB]SONY

最安価格(税込):¥69,980 [ブラック] (前週比:+5,000円↑) 発売日:2019年11月 2日

  • NW-ZX507 [64GB]の価格比較
  • NW-ZX507 [64GB]の店頭購入
  • NW-ZX507 [64GB]のスペック・仕様
  • NW-ZX507 [64GB]の純正オプション
  • NW-ZX507 [64GB]のレビュー
  • NW-ZX507 [64GB]のクチコミ
  • NW-ZX507 [64GB]の画像・動画
  • NW-ZX507 [64GB]のピックアップリスト
  • NW-ZX507 [64GB]のオークション

NW-ZX507 [64GB] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.99
(カテゴリ平均:4.25
レビュー投稿数:27人 (プロ:2人 試用:2人)
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.43 4.37 13位
携帯性 軽さ・コンパクトさ 4.67 4.36 8位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 2.49 3.91 25位
音質 音質のよさ 4.39 4.23 18位
操作性 操作性のよさ 3.92 3.78 11位
付属ソフト 付属ソフトは使いやすいか 2.95 3.37 11位
拡張性 対応オプション・アクセサリなどの充実度 3.75 3.57 12位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-ZX507 [64GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:102件
  • 累計支持数:625人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
13件
34件
Bluetoothスピーカー
6件
3件
スマートフォン
7件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
バッテリ2
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性4

以前はバランス接続でZX300とXELENTOを使って接続していたのですが、ノイズキャンセリングヘッドホンを使うことのほうが多く、気づくとXELENTOを紛失し行方不明になりましたがさほど困らなかったので、アンバランス出力した際にノイズキャンセリングヘッドホンからいい音が聞こえるようにしたいと思っていました。
前のZX300はバランス接続はいい音でしたが、アンバランス出力は凡庸で、某量販店でZX507と比べたら明らかに劣りました。
バランス接続の有線イヤホンは静かなところでしか使えない場合が多く、ノイズキャンセリングヘッドホンの音質をよくしたいと思っていました。
今回はAndroidとなりバッテリー性能が著しく落ちましたが、3時間の外出で80%程度(ほとんどAACファイル再生時)と許容範囲内だったので、寧ろストリーミングの音楽が流せることに買ってから高い利便性を感じました。ダウンロードしておけばテザリングしなくてもサブスクリプションの音楽が聴けて気に入っています。電池の問題は、遠くに外出するときはモバイルバッテリー必須ですね。ここはトレードオフでしょう。
肝心の音質は、WH-1000XM3やWI-1000XM2でアンバランス出力で接続してみると、低音の量感や奥行が確実に伸びて躍動感がある音になりました。バランス接続は以前の環境がそろえられないためXBA-N3BPの普通のケーブルで再生しましたがバランス接続ですごくよくなったイメージはそこまでないイメージです。
有線のイヤホン沼の世界はお金をかけたらきりがないし紛失したら怖いということと、ノイズキャンセリングヘッドホンのほうが、周囲の騒音を気にしないでシームレスで使えることから、基本的にアンバランス出力、たまにバランス接続で今後つなごうと思います。
今後はバッテリー容量を増やしたり電力性能がいいSoCを使ってSONYさんも精進してほしいです。

【再レビュー】
MUC-M12NB1を再度購入し、XBA-N3と合わせて聞いたところ、バランス側で聞いた場合の音質も良くなっていると感じました。やはりコンデンサを刷新したからでしょうか。
バランス接続でもXBA-N3BP付属ケーブルではポテンシャルを発揮できないことが改めて分かった。
4万円以上の高額なリケーブルは不要と考えるが、ある程度ケーブルもマシなものにしないとバランス接続の威力が発揮できないと感じた。

参考になった7人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

野村ケンジさん

  • レビュー投稿数:82件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度4
デザイン4
携帯性5
バッテリ3
音質4
操作性3
付属ソフト4
拡張性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

基本デザインはZX300を踏襲しつつ扱いやすくなった外観のZX507

付属品はUSB Type Cケーブルと各部の蓋(シリコン製と思われる)

付属ケース

専用プレーヤーはZX300〜デザインが踏襲されているため既存ユーザーも扱いやすい

ファイル形式によってデザインが変わるカセットテープの画面を表示させることも可能

USB Type C端子は横側に配置される。microSDカードはトレイ式となった

レビュー仕事で何回か製品試聴を行ったのち、製品を購入してのレビューです。エージングは100時間ほど行いました。ZX300も所有していますので、そちらとの比較も行っています。また、イヤホンはAcoustune「HS1670SS」やJVC「SOLIDEGE 01 inner (HA-FD01)」など、リファレンスとして普段から活用している製品で確認しました。

【デザイン】
一見するとZX300とあまり変わらないデザインに見えますが、底部が丸められて持ちやすくなっていたり、ボタン類がボディと同じカーブになっていてよりスマートに見えたりと、随所にグレードアップした様子が窺えます。背面のデザイン変更(ゴム素材ぽくなった)は、好みが分かれるかもしれません。総じて、ほぼ同じサイズとは思えない隅々までデザインされた印象の製品になりました。

【携帯性】
ZX300から変わらない、手に馴染む絶妙なサイズ感がとても好印象です。ポケットに入れても違和感ないので、持ち運びの際に戸惑うことは全くありません。

【バッテリ】
メーカー公表値はFLAC(192kHz/24bit)ファイルのバランス出力再生時で約15時間と、DAPとしては充分な数値を持っていますが、Android OSによるものか、実際には10時間はなんとか越えられるといった程度です。それでも他社DAPに比べれば充分なロングライフといえますが、いかんせん先代に当たるZX300が同条件で丸1日近く再生できたため、その差は感じてしまいます。何よりも、Android OSだからと電源を入れっぱなしにしておくと3日と保ちませんので、こまめな電源オフが必要となります。このあたりの不満は、ZX300ユーザー、A50シリーズユーザー特有のものかもしれません。

【音質】
試聴機を借りたときの印象と、他メーカーが実際にZX507を購入して(自社製品を)デモしていた時の印象とがかなり違っているように感じたため、実際に購入してみたところ、やはり、新品時にはややナローな、ややつるっとした(艶やかなんだけど解像感の低い)音になっていることを確認。その後、100時間ほどエージングしたところ、メーカー(ソニーの)サンプル機と同じ印象になりました。電源廻りのコンデンサに、エージングが必要だったのかもしれません。
なお、ZX300に対しては表現が丁寧になったように感じます。あと、3.5mmアンバランス出力に関しては、圧倒的に音質が向上しています。おかげで、試聴の際はかなり使い勝手が良くなりました(イヤホンの試聴機はだいたい3.5mm端子なので)。

【操作性】
タッチパネル操作かつAndroid OSであることに加えて、専用プレーヤーのメニュー画面がオリジナルOSだったZX300のプレーヤーと近い操作感を保ってくれているため、ウォークマンユーザーとしてはとても分かりやすく、とても扱いやすいです。ただし、本体がコンパクトなため、やや操作しづらい場合もありました。思い切ってもっと大きな(縦に長い)液晶パネルを採用すると、操作性が向上するかもしれません。そのかわり、価格がずいぶん高くなってしまうかもしれませんが。

【付属ソフト】
Android 9.0を搭載し、Google playストアにも対応しているため、ストリーミングサービスなど様々なアプリが活用できるのは嬉しいかぎり。ただし、Amazon Musicアプリなどは、ハイレゾ音源がダウンコンバートされてしまうことが確認されているため、このあたりは

【拡張性】
これまでのウォークマン端子からUSB Type C端子へと変更されたのは大歓迎です。また、USB Audio機能、USB DAC機能の両方を持ち合わせていますので、ポータブルDACと接続したりPCと接続してサウンドだ楽しんだりと、様々な使い方が可能となっています。強いていえば、本体左サイドにUSB Type C端子が配置されているのが、やや使いづらいところです。

【総評】
Android OSの採用+Google playストア対応で様々なアプリが活用できること、USB Type C端子への変更、Bluetooth接続のAACコーデックへの対応、より洗練された本体デザイン、3.5mmヘッドホン出力の大幅な音質向上など、喜ばしいことが多々あるモデルです。いっぽうで、Android OS特有のデメリット、バッテリー持続時間問題やBluetoothイヤホン接続時の反応の鈍さなど、いくつかの問題も感じました。しかしながら、先日のアップデートによって電源オフタイマーが追加されましたし、今後はストリーミングアプリへのネイティブ再生対応などもスタートしていくでしょうから、進化するウォークマンとして、これまでとは違った魅力を持ち合わせているのも確かです。
そのあたりが気に入ればオススメですし、それほど魅力に感じないという人、得にZX300をとてつもなく気に入っている人などは、無理に買い換えしなくても良いのではと思っています。
逆に、初めてハイレゾ対応ウォークマンを購入する人や、Aシリーズからアップデートしたい人は、試聴してみることをオススメします。Androidスマートフォンに慣れている人だったら、かえってZX507の方が使い易いかもしれませんので。
ちなみに、ZX300とZX507とでは、音色傾向が多少異なっています。ZX300はやや粗さが感じられるもののメリハリのしっかりした音で、音色傾向は比較的ニュートラルな印象となっていますが、ZX507は表現の粗さがなくなって聴きやすい音になり、細かい表現もしっかり伝わってきますが、音色傾向にややクセがあって、随分変わった印象の音に感じられてしまいます。このあたり、コンデンサなどのパーツのエージング不足に由来するものかもしれない、と思って100時間ほどエージングを行いましたが、たしかに変化はあったものの、音色傾向的なクセは少し残っています。このあたりは、さらに使い続けてみないと分からないのが正直なところです。
しかし、個人的には(ZX300に対して)3.5mmヘッドホン出力の大幅な音質向上が大きなメリットとなるため、ZX507は積極的に活用したいと思います。

比較製品
SONY > NW-ZX300 [64GB]

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:72件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度4
デザイン3
携帯性5
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ゴム張りの背面は傷が付きやすそうで不安です

USB Type-C端子が搭載されたことが購入を大きく後押ししました

4コアなので処理速度は低め。でも使っていてもっさり感はありません

個人的に購入した製品でレビューします

【デザイン】
金属の筐体、端子回りの質感、ボタンのシンプルさなどはよいのですが、ゴム張りの背面に安っぽさを感じます。すぐに傷が入りそうな不安感がありますね。

【携帯性】
約57.3×121.8×14.8mmのサイズには文句なし。ズボンの前ポケットにも入れられるサイズです。大きさのわりには約164gと重量感がありますが、必然性があるのであればもっと重くてもいいぐらいです。

【バッテリ】
再生するファイルのコーデック、接続方式によってバッテリー駆動時間は約8.5〜20時間とかなり幅がありますが、個人的には不満はありません。端子がUSB Type-Cになって手軽に充電できるようになったので不便は感じていませんね。

【音質】
イヤフォンは「SHURE SE535」、バランス接続端子対応ヘッドホンケーブルは「MUC-M12SB1」を使っています。「NW-ZX300」から乗り換えましたが、正直交互に聴いてみても明確な差は感じられません。端末内の音楽を聴くだけなら、NW-ZX300のままでよかったですね。ただ「Amazon Music HD」でハイレゾ音楽を聴いてみて、やはり買い換えてよかったなと感じました。アプリの仕様上、音源本来の音質で再生されていませんが、それでもいま自宅にある機材のなかで最もよい音でストリーミング音楽を堪能できます。さらなる高音質でハイレゾ音楽を楽しめるように、ソフトウェアがアップデートされることに期待したいところです。

【操作性】
Android搭載ウォークマンということで動作が遅くなることを心配していましたが、「W.ミュージック」を使っているかぎりはNW-ZX300と変わらないですね。4コアプロセッサーなのでそれほどパフォーマンスは高くありませんが、音楽プレーヤーとしては特に不満はありません。

【付属ソフト】
十分です。Android搭載ウォークマンなのですから、必要なアプリはPlayストアから入手できます。

【拡張性】
単体で使うので特に拡張性は必要ないです。アクセサリーとしては、個人的にはAシリーズの40周年記念モデルのようなケースがほしいですね。実は「NW-A100TPS」を買おうかと、ちょっと悩みました。

【総評】
音質はNW-ZX300で十分すぎるほど満足していましたが、ストリーミング音楽を再生できるようになったことと、端子がUSB Type-Cに変わったことからNW-ZX507に買い換えました。音源本来の音質で再生されていませんが、個人的には現在の音質でも十分満足。今後は相当気に入った音楽だけハイレゾ音源を購入して、ほかの音楽はAmazon MusicとYouTube Musicで聴くことになると思います。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Zだぜっとさん

  • レビュー投稿数:128件
  • 累計支持数:947人
  • ファン数:2人
満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質4
操作性4
付属ソフト2
拡張性4

【デザイン】
ZX300と違い、ボトム部が丸みを帯びて持ちやすくなりました。
フロストガラスから通常のガラスになり、保護フィルムが綺麗に貼れます。画面も大きくなったので良いです。
microSDカードがトレイ方式になったのもGood。
唯一気に入らないのは、USB Type-Cポートが側面にあることです。

【携帯性】
ZX300とほぼ同じサイズです。ミドルレンジDAPとしては特に小型軽量だと思います。

【バッテリ】
Android採用になったのでスタミナは短くなりましたが、長時間は聴かないので問題ありません。

【音質】
アンバランスの音質が向上しました。正直、ZX300のアンバランスは酷いクオリティだったので、改善してくれて良かったです。
アンバランスで聴く方は絶対にZX500を選びましょう。
音は厚みがあり、低域の安定感があります。全体的に解像度も高く、ハイエンドヘッドホンでなければ余裕でドライブできると思います。
バランスは試せていません。

【操作性】
Androidベースなので、Xperiaを使っている方なら違和感なく操作できます。
再生アプリはZX300のUIを引き継いでいるので使いやすいです。

【付属ソフト】
MusicCenterは使いづらい上にデザインも嫌いなので使っていません。MediaGoとXアプリを未だに使っています。
そもそも、ウォークマンに直接ファイルをD&Dできるので、FLACで取り込めばソフトの必要性は有りません。

【拡張性】
端子がUSB Type-Cなので楽です。microSDでストレージを拡張できるので便利です。
なにより、ストリーミングサービスを使えるのが最強の利点です。
ただ、DAC機能が使えなくなったのが不満です。ここだけは本当に残念。

【総評】
ストリーミング時代の決定版といえるDAPに仕上がっています。
迷ったらこれで間違いありません。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

K_63104さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
22件
レンズ
0件
7件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
バッテリ4
音質5
操作性3
付属ソフト3
拡張性4

2019.11.28 アップデートによる追記
--------------
パイオニアのXDP-300RにMDR-1AM2でバランス接続をしていました。
この組み合わせでも十分に満足していたのですが、やっぱりソニー謹製DAPは気になっており、
今回ZX507を購入しました。
エージングはおよそ110時間。
主にXDP-300Rとの比較

【音】
音の輪郭がハッキリし、分離が進み、音場は広い印象です。
音の響きは豊潤で弦の揺れやバスドラムの余韻などが感じられます。
低音側が若干強調されていますが、煩わしさはなくリッチな音響の味付けとなっています。
(※DSEE-HXなどの音響設定はせず、ソースダイレクトでの感想です。)

ZX507の後にXDP-300Rで聴くと「こんなにドンシャリだったんだ・・・」と思いました。
メーカー推奨の200時間のエージングはまだですが、
音の響きが柔らかくなってきました。しっかりと分離されていますが、そのエッジが耳に刺さるような印象がなくなってきました。

【筐体】
XDP-300Rよりもスリムで小さいです。重さはあまり変わらない印象です。
ただ、そのせいでやはり液晶サイズは小ささを感じます。
角がとれて丸みのあるスタイルなので、手に持った時に手になじむ感じがいいです。
スーツの内ポケットやワイシャツの胸ポケットに入れてもアタリなどは気にしなくて済みそうです。
シルバーを購入しましたが、落ち着いたたたずまいはさすがSONYという感じです。

【UI・操作性】
UI自体はそんなに奇抜ではなくマニュアルを見なくても一通りは迷わず操作できます。
ただ液晶が小さく必要な情報がギュッと詰め込まれている感じがして画面が窮屈です。
XDP-300Rの画面の大きさが懐かしいですが、筐体のコンパクトさによるトレードオフなのでこれは仕方ないですね。

操作でここがいただけないな・・・と思う点
(1) プレイリストがZX507本体では作れない (※ZX300ではできたようなのにナゼ・・・)

(2) データベースの更新に時間が掛かる。XDP-300Rではバックグラウンドで更新できたのに
XZ507では更新中はその他の操作ができない。

(3) 曲を流して液晶を消した状態(いわゆるスリープ状態)から画面を復帰させたときに
表示のリフレッシュが行われず、スリープしたときに表示のままとなることが多い。
-->アップデートで解消されました。※リフレッシュに若干のもたつきはありますが…

(4) ハードウェアでの音量調整がボタンなのは面倒。XDP-300Rのダイヤルの方が楽だった。

○そのほか、「次のキューに追加」などができませんが、このあたりの操作性については、アンドロイドウォークマンなので、好みのプレイヤーを入れて、聴き方のスタイルに合せて再生アプリを変えています。

【まとめ】
XDP-300Rから買い替えてどれだけ満足できるのか?これに悩みZX300は見送りました。
今回のZX500はZX300からの音質向上も見られるとのことで思い切って購入しましたが、
音楽を聴いていて「音がいいなぁ」と曲に浸れることが多く、結果はとても満足しています。

ジャンル
ロック

参考になった9人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

わたわたちゃんちゃんさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
8件
スマートフォン
0件
10件
PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
バッテリ2
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性4

ZX300は2年所有していて申し分ない音質で満足していましたが、新しいものが出るとつい欲しくなるので買い替えました。

ZX300との比較です
音質についてはあまり違いを感じません。どちらも高レベルです。音質重視なら300で十分です。300はエージング中はとにかくひどい音でしたが、500は最初からいい音です。普通の人であればこれ以上の音質は求めないでしょう。300で完成形だと思います。
バッテリーは明らかに悪くなりました。とにかく減るのが早いです。アンドロイドだけの問題ではなさそうです。
側面のボタンが押しやすくなりました。
トーンコントロールがなくなったのが残念です。復活させてほしいです。
タイプCになってかなり便利です。
アンドロイドは取り敢えず使えますというレベルです。ネット接続できるのは便利です。
再生中画面が固まります。
早送り巻戻しの反応が少しよくなりました。

ストリーミングには興味がないので、買い替える必要性はなかったのですが満足しています。

追記
この機種はいろいろな面で当たり外れがありそうです。
曲の始めにプチ音がしたら不良品です。
交換してもらったらプチ音がなくなりました。

ジャンル
歌謡曲
ロック

参考になった15人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-ZX507 [64GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

NW-ZX507 [64GB]
SONY

NW-ZX507 [64GB]

最安価格(税込):¥69,980発売日:2019年11月 2日 価格.comの安さの理由は?

NW-ZX507 [64GB]をお気に入り製品に追加する <451

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意

NW-ZX507 [64GB]の評価対象製品を選択してください。(全2件)

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック] ブラック

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]

NW-ZX507 (B) [64GB ブラック]のレビューを書く
NW-ZX507 (S) [64GB シルバー] シルバー

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]

NW-ZX507 (S) [64GB シルバー]のレビューを書く

閉じる