『アレルゲンやウイルス等を「除去」できるのはダイキンだけ。』 ダイキン MCK70W Risa@Hさんのレビュー・評価

2019年 9月 発売

MCK70W

  • 「ツインストリーマ」と「TAFU フィルター」を搭載した空気清浄機。従来機に比べ2倍のストリーマユニットを搭載し、汚れ・臭いに2倍の分解力を発揮。
  • 10年交換不要で集塵能力が持続する「TAFU フィルター」を採用し、汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくい。0.3μmの微小な粒子を99.97%除去する。
  • センサーがPM2.5・ホコリ・臭いをトリプルで検知し素早くパワフルに吸引。加湿量650mL/時、高めの湿度に自動でキープする「のど・はだ運転」を搭載。
MCK70W 製品画像

拡大

MCK70W-W [ホワイト] MCK70W-T [ビターブラウン]
最安価格(税込):

¥44,836 ビターブラウン[ビターブラウン]

(前週比:-3,364円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥44,836 ビターブラウン[ビターブラウン]

コジマネット

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥44,836〜¥65,000 (15店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥57,800 〜 ¥57,800 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:加湿空気清浄機 フィルター種類:TAFU 最大適用床面積:31畳 フィルター寿命:10年 PM2.5対応:○ MCK70Wのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MCK70Wの価格比較
  • MCK70Wの店頭購入
  • MCK70Wのスペック・仕様
  • MCK70Wの純正オプション
  • MCK70Wのレビュー
  • MCK70Wのクチコミ
  • MCK70Wの画像・動画
  • MCK70Wのピックアップリスト
  • MCK70Wのオークション

MCK70Wダイキン

最安価格(税込):¥44,836 [ビターブラウン] (前週比:-3,364円↓) 発売日:2019年 9月

  • MCK70Wの価格比較
  • MCK70Wの店頭購入
  • MCK70Wのスペック・仕様
  • MCK70Wの純正オプション
  • MCK70Wのレビュー
  • MCK70Wのクチコミ
  • MCK70Wの画像・動画
  • MCK70Wのピックアップリスト
  • MCK70Wのオークション

『アレルゲンやウイルス等を「除去」できるのはダイキンだけ。』 Risa@Hさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MCK70Wのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:656人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
7件
16件
エアコン・クーラー
3件
9件
空気清浄機
6件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
清浄能力5
脱臭能力5
静音性5
サイズ5
アレルゲンやウイルス等を「除去」できるのはダイキンだけ。

毎年花粉の時季になるとパナソニックのナノイーXのエアコンを稼働した部屋では、鼻水、眼の痒み、耳の痛み等のアレルギー症状が止まらないのに、ダイキン製のエアコンが稼働した部屋では「ピタッ」と止まるのが不思議で色々調べたら、ダイキン製エアコンの「ストリーマ運転」をしているエアコンが稼働している部屋が効果がある事が分かりました。

人によって反応するアレルゲンや有害物質は異なりますが、我が家ではこの空気清浄機が稼働した部屋では花粉症や動物アレルギー、ハウスダストによるアレルギー症状が「ピタッ」と止まるばかりかインフルエンザにも罹患しなくなりました。

ダイキンの何が凄いかと言うと、例えばパナソニックのナノイーやシャープのプラズマクラスターは空気中に浮遊するハウスダストや花粉にイオンを放射し、フィルターで「キャッチ」しているのに対し、ダイキン製の空気清浄機は吸い込んだ全ての空気を「ストリーマ」という独自の技術で、高速電子が空気中の窒素や酸素と衝突・合体し、約10万℃の熱エネルギーに換算されるほどの分解力を持つ4種類の分解素を生成し、分解素が空気中のハウスダストや花粉、P.M2.5等の有害物質の表面にとりつき、空気中のハウスダストや花粉、P.M2.5等の有害物質を「キャッチ」し「分解」するだけでなく「除去」できるのはダイキンだけだという事でした。

この「ストリーマ」はダイキン製のほぼ全てのエアコンにも搭載されています。
各メーカーのハイエンドモデルも花粉、ハウスダストには効果はありますが、カビ、細菌、ウイルスを除去できる空気清浄機はダイキンのストリーマだけです。

■ストリーマ
https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=13936
http://n-faq.daikincc.com/faq/show/10642?site_domain=default
https://www.daikin-streamer.com/streamer/
https://dime.jp/genre/798039/


他社の空気清浄機の多く(ナノイーやプラズマクラスター)はイオンを空気中に放射し有害物質をHEPAフィルターで「キャッチ」はしてくれますが、(ナノイーは「分解」まで)、「除去」ができないのでHEPAフィルターに付着した有害物質が再放射されてしまいます。

一方ダイキンは約10万℃の熱エネルギーに換算されるほどの分解力を持つストリーマが分解素を発生させ、それを空気清浄機のフィルターなどに付着した菌やウイルス微粒子に照射することで、これらの菌などを分解し「除去」してくれるのが大きな違いです。


その分解力は、微細なニオイの原因菌レベルであれば分解でき、目に見えるほどのサイズの花粉でも、その芯を分解でき、ダイキンのストリーマ空気清浄機の場合、このストリーマを、内部の集じんフィルターに対して照射することで、フィルターを除菌し「除去」するという仕組みです。

■他メーカー同等製品との性能比較資料
https://www.e-trend.co.jp/special/daikin/mck70w/?utm_source=kakaku.com&utm_medium=bunner_64x64&utm_campaign=daikin

・シャープ、パナソニック空気清浄機:イオン放射(プラズマクラスター、ナノイーX)+HEPAフィルターで「キャッチ」※除去は不可。
・ダイキン空気清浄機:アクティブプラズマイオン放射+TAPUフィルターで「キャッチ」+ストリーマ照射で「分解」「除去」
※パナソニックのジアイーノ等の除菌脱臭機は除く。


加え、有害物質をキャッチするフィルターがこの機種はHEPAフィルターより撥水・撥油効果の高い素材を使用したフィルターで、汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくいTAFUフィルターを採用しており、HEPAフィルターより格段に劣化しにくいので、10年交換不要でランニングコストにも優れています。
10年後の能力と効果はHEPAフィルターは新品時の50%以下に対し、TAFUフィルターは能力と効果は72%以上と大きな差があります。

その他、家の中には、ウイルスや、カビの元になるカビ菌など病原菌やさまざまな有害物質が空気中に浮遊していますが、特に梅雨の時期に問題になるのは浮遊カビ菌で、こうした有害物質に対しても、ストリーマ空気清浄機であれば、その働きを抑制でき、室内のカビ問題も多くは解決してくれます。

ダイキン製の殆どのエアコンにも搭載されている「ストリーマ」をこの空気清浄機は2基搭載されており、その分強力で健康で清潔な空間を演出してくれ、我が家では特に花粉と黄砂の季節には特に大活躍してくれる必須アイテムで、リビングや各寝室に設置しています。
(キッチンは料理の匂いで匂いセンサーが敏感に働き、風量が大きくなります。)

エアーコントロールに至ってはやはり業務用エアコン世界シェア1位のダイキンの技術は頭ひとつ飛び抜けています。
以来、空気清浄機だけでなく、構造上設置不可な部屋を除き、我が家のエアコンも全てダイキン製の「うるさら」になりました。

設置場所
寝室・自室
主な用途
花粉症対策
ハウスダスト
ウィルス・カビ対策
消臭・脱臭

参考になった67人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
使いやすさ5
清浄能力5
脱臭能力5
静音性5
サイズ5
アレルゲンやウイルス等を「除去」できるのはダイキンだけ。

毎年花粉の時季になるとパナソニックのナノイーXのエアコンを稼働した部屋では、鼻水、眼の痒み、耳の痛み等のアレルギー症状が止まらないのに、ダイキン製のエアコンが稼働した部屋では「ピタッ」と止まるのが不思議で色々調べたら、ダイキン製エアコンの「ストリーマ運転」をしているエアコンが稼働している部屋が効果がある事が分かりました。

人によって反応するアレルゲンや有害物質は異なりますが、我が家ではこの空気清浄機が稼働した部屋では花粉症や動物アレルギー、ハウスダストによるアレルギー症状が「ピタッ」と止まるばかりかインフルエンザにも罹患しなくなりました。

ダイキンの何が凄いかと言うと、例えばパナソニックのナノイーやシャープのプラズマクラスターは空気中に浮遊するハウスダストや花粉にイオンを放射し、フィルターで「キャッチ」しているのに対し、ダイキン製の空気清浄機は吸い込んだ全ての空気を「ストリーマ」という独自の技術で、高速電子が空気中の窒素や酸素と衝突・合体し、約10万℃の熱エネルギーに換算されるほどの分解力を持つ4種類の分解素を生成し、分解素が空気中のハウスダストや花粉、P.M2.5等の有害物質の表面にとりつき、空気中のハウスダストや花粉、P.M2.5等の有害物質を「キャッチ」し「分解」するだけでなく「除去」できるのはダイキンだけだという事でした。

この「ストリーマ」はダイキン製のほぼ全てのエアコンにも搭載されています。

他社の空気清浄機の多く(ナノイーやプラズマクラスター)はイオンを空気中に放射し有害物質をHEPAフィルターで「キャッチ」はしてくれますが、(ナノイーは「分解」まで)、「除去」ができないのでHEPAフィルターに付着した有害物質が再放射されてしまいます。

一方ダイキンは約10万℃の熱エネルギーに換算されるほどの分解力を持つストリーマが分解素を発生させ、それを空気清浄機のフィルターなどに付着した菌やウイルス微粒子に照射することで、これらの菌などを分解し「除去」してくれるのが大きな違いです。


その分解力は、微細なニオイの原因菌レベルであれば分解でき、目に見えるほどのサイズの花粉でも、その芯を分解でき、ダイキンのストリーマ空気清浄機の場合、このストリーマを、内部の集じんフィルターに対して照射することで、フィルターを除菌し「除去」するという仕組みです。

■他メーカー同等製品との性能比較資料
https://www.e-trend.co.jp/special/daikin/mck70w/?utm_source=kakaku.com&utm_medium=bunner_64x64&utm_campaign=daikin


加え、有害物質をキャッチするフィルターがこの機種はHEPAフィルターより撥水・撥油効果の高い素材を使用したフィルターで、汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくいTAFUフィルターを採用しており、HEPAフィルターより格段に劣化しにくいので、10年交換不要でランニングコストにも優れています。
10年後の能力と効果はHEPAフィルターは新品時の50%以下に対し、TAFUフィルターは能力と効果は72%以上と大きな差があります。

その他、家の中には、ウイルスや、カビの元になるカビ菌など病原菌やさまざまな有害物質が空気中に浮遊していますが、特に梅雨の時期に問題になるのは浮遊カビ菌で、こうした有害物質に対しても、ストリーマ空気清浄機であれば、その働きを抑制でき、室内のカビ問題も多くは解決してくれます。

ダイキン製の殆どのエアコンにも搭載されている「ストリーマ」をこの空気清浄機は2基搭載されており、その分強力で健康で清潔な空間を演出してくれ、我が家では特に花粉と黄砂の季節には特に大活躍してくれる必須アイテムで、リビングや各寝室に設置しています。
(キッチンは料理の匂いで匂いセンサーが敏感に働き、風量が大きくなります。)

エアーコントロールに至ってはやはり業務用エアコン世界シェア1位のダイキンの技術は頭ひとつ飛び抜けています。
以来、空気清浄機だけでなく、構造上設置不可な部屋を除き、我が家のエアコンも全てダイキン製の「うるさら」になりました。

設置場所
寝室・自室
主な用途
花粉症対策
ハウスダスト
ウィルス・カビ対策
消臭・脱臭

参考になった8

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
清浄能力5
脱臭能力5
静音性5
サイズ5
アレルゲンやウイルス等を「除去」できるのはダイキンだけ。

毎年花粉の時季になるとパナソニックのナノイーXのエアコンを稼働した部屋では、鼻水、眼の痒み、耳の痛み等のアレルギー症状が止まらないのに、ダイキン製のエアコンが稼働した部屋では「ピタッ」と止まるのが不思議で色々調べたら、ダイキン製エアコンの「ストリーマ運転」をしているエアコンが稼働している部屋が効果がある事が分かりました。

人によって反応するアレルゲンや有害物質は異なりますが、我が家ではこの空気清浄機が稼働した部屋では花粉症や動物アレルギー、ハウスダストによるアレルギー症状が「ピタッ」と止まるばかりかインフルエンザにも罹患しなくなりました。

ダイキンの何が凄いかと言うと、例えばパナソニックのナノイーやシャープのプラズマクラスターは空気中に浮遊するハウスダストや花粉にイオンを放射し、フィルターで「キャッチ」しているのに対し、ダイキン製の空気清浄機は吸い込んだ全ての空気を「ストリーマ」という独自の技術で、高速電子が空気中の窒素や酸素と衝突・合体し、約10万℃の熱エネルギーに換算されるほどの分解力を持つ4種類の分解素を生成し、分解素が空気中のハウスダストや花粉、P.M2.5等の有害物質の表面にとりつき、空気中のハウスダストや花粉、P.M2.5等の有害物質を「キャッチ」し「分解」するだけでなく「除去」できるのはダイキンだけだという事でした。

この「ストリーマ」はダイキン製のほぼ全てのエアコンにも搭載されています。

他社の空気清浄機の多く(ナノイーやプラズマクラスター)はイオンを空気中に放射し有害物質をHEPAフィルターで「キャッチ」はしてくれますが、(ナノイーは「分解」まで)、「除去」ができないのでHEPAフィルターに付着した有害物質が再放射されてしまいます。

一方ダイキンは約10万℃の熱エネルギーに換算されるほどの分解力を持つストリーマが分解素を発生させ、それを空気清浄機のフィルターなどに付着した菌やウイルス微粒子に照射することで、これらの菌などを分解し「除去」してくれるのが大きな違いです。

その分解力は、微細なニオイの原因菌レベルであれば分解でき、目に見えるほどのサイズの花粉でも、その芯を分解でき、ダイキンのストリーマ空気清浄機の場合、このストリーマを、内部の集じんフィルターに対して照射することで、フィルターを除菌し「除去」するという仕組みです。

加え、有害物質をキャッチするフィルターがこの機種はHEPAフィルターより撥水・撥油効果の高い素材を使用したフィルターで、汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくいTAFUフィルターを採用しており、HEPAフィルターより格段に劣化しにくいので、10年交換不要でランニングコストにも優れています。
10年後の能力と効果はHEPAフィルターは新品時の50%以下に対し、TAFUフィルターは能力と効果は70%以上と大きな差があります。

その他、家の中には、ウイルスや、カビの元になるカビ菌などさまざまな有害物質が空気中に浮遊していますが、特に梅雨の時期に問題になるのは浮遊カビ菌で、こうした有害物質に対しても、ストリーマ空気清浄機であれば、その働きをかなり抑制でき、室内のカビ問題も多くは解決してくれます。

ダイキン製の殆どのエアコンにも搭載されている「ストリーマ」をこの空気清浄機は2基搭載されており、その分強力で健康で清潔な空間を演出してくれ、我が家では特に花粉と黄砂の季節には特に大活躍してくれる必須アイテムで、リビングや各寝室に設置しています。
(キッチンは料理の匂いで匂いセンサーが敏感に働き、風量が大きくなります。)

エアーコントロールに至ってはやはり業務用エアコン世界シェア1位のダイキンの技術は頭ひとつ飛び抜けています。
以来、空気清浄機だけでなく、構造上設置不可な部屋を除き、我が家のエアコンも全てダイキン製の「うるさら」になりました。

設置場所
寝室・自室
主な用途
花粉症対策
ハウスダスト
ウィルス・カビ対策
消臭・脱臭

参考になった13

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
清浄能力5
脱臭能力5
静音性4
サイズ5
アレルゲンやウイルス等を「除去」できるのはダイキンだけ。

毎年花粉の時季になるとパナソニックのナノイーXのエアコンを稼働した部屋では、鼻水、眼の痒み等のアレルギー症状が止まらないのに、ダイキン製のエアコンのある部屋ではピタッと止まるのが不思議で色々調べたら、ダイキン製エアコンのストリーマ運転をしているエアコンが稼働している部屋が効果がある事が分かりました。

人によって反応するアレルゲンや有害物質は異なりますが、我が家では花粉症や動物アレルギー、ハウスダストによるアアレルギー症状がピタッと止まるばかりかインフルエンザにも罹患しなくなりました。

ダイキンの何が凄いかと言うと、例えばパナソニックのナノイーやシャープのプラズマクラスターは空気中に浮遊するハウスダストや花粉にイオンを放射し、フィルターで「キャッチ」しているのに対し、ダイキン製の空気清浄機は吸い込んだ全ての空気を「ストリーマ」という独自の技術で、高速電子が空気中の窒素や酸素と衝突・合体し、約10万℃の熱エネルギーに換算されるほどの分解力を持つ4種類の分解素を生成し、分解素が空気中のハウスダストや花粉、P.M2.5等の有害物質の表面にとりつき、空気中のハウスダストや花粉、P.M2.5等の有害物質を「キャッチ」し「分解」するだけでなく「除去」できるのはダイキンだけだという事でした。

このストリーマはダイキン製の殆どのエアコンにも搭載されています。

他社の空気清浄機の多く(ナノイーやプラズマクラスター)はイオンを空気中に放射し有害物質をHEPAフィルターで「キャッチ」はしてくれますが、(ナノイーは「分解」まで)、「除去」ができないのでHEPAフィルターに付着した有害物質が最放射されてしまいます。

一方ダイキンは約10万℃の熱エネルギーに換算されるほどの分解力を持つストリーマが分解素を発生させ、それを空気清浄機のフィルターなどに付着した菌やウイルス微粒子に照射することで、これらの菌などを分解し「除去」してくれるのが大きな違いです。

その分解力は、微細なニオイの原因菌レベルであれば分解でき、目に見えるほどのサイズの花粉でも、その芯を分解でき、ダイキンのストリーマ空気清浄機の場合、このストリーマを、内部の集じんフィルターに対して照射することで、フィルターを除菌し「除去」するという仕組みです。

加え、有害物質をキャッチするフィルターがこの機種はHEPAフィルターより撥水・撥油効果の高い素材を使用したフィルターで、汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくいTAFUフィルターを採用しており、HEPAフィルターより格段に劣化しにくいので、10年交換不要でランニングコストにも優れています。

その他、家の中には、ウイルスや、カビの元になるカビ菌などさまざまな有害物質が空気中に浮遊していますが、特に梅雨の時期に問題になるのは浮遊カビ菌で、こうした有害物質に対しても、ストリーマ空気清浄機であれば、その働きをかなり抑制でき、室内のカビ問題も多くは解決してくれます。

ダイキン製の殆どのエアコンにも搭載されている「ストリーマ」をこの空気清浄機は2基搭載されており、その分強力で健康で清潔な空間を演出してくれ、我が家では特に花粉と黄砂の季節には特に大活躍してくれる必須アイテムで、リビングや各寝室に設置しています。
(キッチンは料理の匂いで匂いセンサーが敏感に働き、風量が大きくなります。)

エアーコントロールに至ってはやはり業務用エアコン世界シェア1位のダイキンの技術は頭ひとつ飛び抜けています。
以来、構造上設置不可な部屋を除き、我が家のエアコンも全てダイキン製の「うるさら」になりました。

設置場所
寝室・自室
主な用途
花粉症対策
ハウスダスト
ウィルス・カビ対策
消臭・脱臭

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「MCK70W」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
買い替えました。  5 2020年4月3日 21:47
とても快適になりました。  5 2020年3月30日 17:12
シャープ製から12年振りの買い替え  4 2020年3月18日 20:59
アレルゲンやウイルス等を「除去」できるのはダイキンだけ。  5 2020年3月5日 00:26
大変満足しています。  5 2020年2月28日 08:06
素晴らしい!  5 2020年2月8日 17:49
高いけど買って満足  5 2020年1月19日 22:38
追加購入  5 2019年12月12日 06:12

MCK70Wのレビューを見る(レビュアー数:8人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

MCK70Wのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MCK70W
ダイキン

MCK70W

最安価格(税込):¥44,836発売日:2019年 9月 価格.comの安さの理由は?

MCK70Wをお気に入り製品に追加する <419

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[空気清浄機]

空気清浄機の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(空気清浄機)

ご注意

MCK70Wの評価対象製品を選択してください。(全2件)

MCK70W-T [ビターブラウン] ビターブラウン

MCK70W-T [ビターブラウン]

MCK70W-T [ビターブラウン]のレビューを書く
MCK70W-W [ホワイト] ホワイト

MCK70W-W [ホワイト]

MCK70W-W [ホワイト]のレビューを書く

閉じる