WF-1000XM3 レビュー・評価

2019年 7月13日 発売

WF-1000XM3

  • ノイズキャンセリング性能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。飛行機のエンジン音などの低音から人の声などの中高音まで幅広い帯域のノイズを低減する。
  • CD音源、MP3などの圧縮音源、音楽や動画などの配信サービスもハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術DSEE HXを搭載。
  • 本体のみで6時間、付属のケースで3回分充電すれば合計24時間の音楽再生が可能。10分の充電で90分再生可能な急速充電にも対応している。
WF-1000XM3 製品画像

拡大

WF-1000XM3 (B) [ブラック] WF-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥23,469 ブラック[ブラック]

(前週比:-31円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥23,800 プラチナシルバー[プラチナシルバー]

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥23,469¥29,800 (71店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥23,470 〜 ¥28,400 (全国746店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 WF-1000XM3のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • WF-1000XM3の価格比較
  • WF-1000XM3の店頭購入
  • WF-1000XM3のスペック・仕様
  • WF-1000XM3のレビュー
  • WF-1000XM3のクチコミ
  • WF-1000XM3の画像・動画
  • WF-1000XM3のピックアップリスト
  • WF-1000XM3のオークション

WF-1000XM3SONY

最安価格(税込):¥23,469 [ブラック] (前週比:-31円↓) 発売日:2019年 7月13日

  • WF-1000XM3の価格比較
  • WF-1000XM3の店頭購入
  • WF-1000XM3のスペック・仕様
  • WF-1000XM3のレビュー
  • WF-1000XM3のクチコミ
  • WF-1000XM3の画像・動画
  • WF-1000XM3のピックアップリスト
  • WF-1000XM3のオークション

満足度:4.20
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:194人 (プロ:1人 モニタ:10人 試用:4人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.44 4.16 127位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.36 4.15 145位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.18 4.14 188位
フィット感 装着したときのフィット感など 3.79 4.08 294位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.28 3.81 75位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.31 3.77 82位
携帯性 コンパクトさ 3.84 3.78 227位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

WF-1000XM3のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
モニタレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な用途:ラジオ」で絞込んだ結果 (絞込み解除

耀騎さん

  • レビュー投稿数:109件
  • 累計支持数:465人
  • ファン数:61人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機本体
9件
3778件
PSP ソフト
29件
913件
自動車(本体)
1件
644件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性5

スマホの買い替えに併せて購入。かなり前にMDR-NC32NXが断線(?)して止めて以来久々のノイズキャンセルホンであり、自分用に選んだものとしては初の無線イヤホンとなります。
使い始めてから5ヶ月。PlayStationVitaともペアリングしましたが肝心のソフトが伴わず、テレビを使えない状況で録画番組を視聴することも減りましたので、専ら電車移動のスマホばかりになってしまいました。


【デザイン】良
銅色のロゴを除けば特に目立つ虚飾はないはずですが、如何にもSONYっぽく見えます。
私は特に考えずブラックを選んでしまいましたがプラチナシルバーでも好かったかも。或いはもっと色バリエーションがあると嬉しかったかも知れません。


【音質】嬉
音域ごとに評価できるほど優れた感性を持ち合わせていないので、項目をひとつにまとめさせていただきます。
まずWF-1000XM3は私が無線イヤホンに抱いていた懸念をアッサリと払拭してくれちゃいました。従前愛用してた有線イヤホンと較べて音域・出力とも不満なくコーラスやセリフも明瞭ですし、広がりや定位感も充分です。
好みの音質を求めたかったら専用アプリ「Headphones Connect(HPC)」に±10段階のイコライザーや重低音増強が備わってますが、迂闊に弄るくらいならプリセットで充分ですね。ちなみに私は感覚がボケてるようで、無調整でも(←の方が?)滑らかで好く聞こえちゃいますw
なお無線ということで気懸りな遅延ですが、私が視聴した映像作品に限っては、皆無ではないものの然ほど違和感を覚えないレベルに収まってます。


【フィット感】凄
開梱したら本体に装着されてたものを含め6+1組ものイヤーピースが同封されていて面食らいます。←私の場合2番目に試したイヤーピースがピッタリだったので免れましたが、アレ全部試してたら嫌になってたかも;←なお付属品で合わない方は、社外品からも選べますのでご安心(?)を。
最初のがアッサリ外れてくれたので不安でしたが、現在はむしろ意外としっかり私の耳に吸い付いてくれていて、駅の階段を駆けるくらいじゃ外れません(←本格的なジョギングや激しいダンス・フィットネスは試してません)。


【外音遮断性】嬉
むかし使ってたMDR-NC32NXからは色々と進化しています。
◯基本的な遮音性が大幅に高まった上でHPCの「アダプティブサウンドコントロール(ASC)」を設定しておけば、状況に応じて自動的に遮音具合を切替えてくれるようになってます。
◯遮音機能のONとOFFで音質に大差ありません。
◯遮音中のホワイトノイズが殆ど聞こえなくなくなってます。


【音漏れ防止】良
雑音を遮断されている恩恵で音量を上げる必要性が失せてることも影響してるはずですが、普段 私が聴取してるレベルの音量だと、静かな屋内で極至近距離から耳を澄まさないと聞こえません。実用上は全く問題にならないでしょう。


【操作性】惜⇒良
本来はない項目ですが、気になるので敢えて報告させていただきます。
無意識に触れてしまい易い箇所にほぼ直径のタッチセンサーがあり、正直なところ私はその機能が邪魔だったこともあって敢えて無反応にしていました。
なお昨11月末頃のアップデートで選択できる機能が増えたことで俄然存在意義を増したので、現在は積極的に使ってます。


【安定性】惜
こちらも本来はない項目です。
較べてないので他製品がどうなのか・送信側と受信側と或いは環境のどれが問題なのか判りませんが、状況によって寸断することがあります。具体的には、ターミナル駅の壁に囲まれたホームに下りた際や乗客同士が圧し合うほどの満員電車だと顕著です。
またASCの設定を弄ることで対処できますが、遮音レベルの切替えに際して音声案内を切ってても寸断します。理由は解りますし目指すところは非常に好いだけに、技術の進歩に期待したくなります。


【携帯性】嬉
個人的にはかなりの好印象です。
◯ネックハンガーが邪魔になり得たMDR-NC32NXとは較べるまでもなく、充分な音質を保ちながら有線タイプには「あるある」な断線や接点不良の不安から開放された!
◯私が試した限りですと、往先打合せ中のケース(後述)充電をはさんだ日帰り出張で終日充電を保ってくれました。
◯付属ケースがスグレモノ!
・簡易的なモバイルバッテリーとして、未使用中に本体を充電してくれます。
・構造が考えられていて、紛失はもちろん左右の取り違いまで抑止する。
・蓋縁にNFCチップが内蔵されていて、対応端末となら手軽にペアリングできる。
・本来の用途からは逸れますが、携帯端末で映像視聴する際の簡易スタンドになっちゃいますw


【総評】凄
このサイズで音質と遮音性そして稼働時間を高次元で並立できてるのは素直にスゴいですね。さすが「技術のSONY」です。
敢えて追記した【安定性】が惜しいところもSONYらしいwのですが、でもソレでも、私が購入前に抱いていた無線イヤホンのイメージはWF-1000XM3によって完全に覆されました。
おかげでBOSEやヤマハが今年投入しようとしてるという無線ノイズキャンセルホンと聴き較べてみたくなってしまいました;

比較製品
SONY > MDR-NC32NX
主な用途
音楽
映画
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

WindowsViscoさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

【デザイン】
本体が大きいが、ブラックを購入したので目立たない。
質感が高く、ゴールドのソニーロゴが高級感を演出する。

【高音の音質】
素の音質としてはそれ程目立たないが、DSEE HXやイコライザーをかけるとキラキラと輝く音。

【低音の音質】
こもらない歯切れの良い低音。ただ外で聴くには少し物足りない感じもある。こんなときXperia 1のDolby Atmosでダイナミックにすると迫力が増して素晴らしい。

【フィット感】
沢山のイヤーピースが付いて来るので色々試すべき。最初は今一つと思っていたが、トリプルコンフォートイヤーピースのLがピッタリだった。イヤーピースかフィットすると、どんなに激しく動いても外れないし、低音も出る。

【外音遮断性】
完全ワイヤレスの限界では無いかと思うほど凄い。アナログの時代からノイズキャンセルを愛用してきたが、流石の完成度。

【接続性】
Xperia 1にしてからどうもそれまで使っていたJBLやABIOTでは駅のホームでブチブチ切れる状態が普通だったが、これにしてからは音質優先にしてもほぼ切れない。珍しく切れても一瞬。

【携帯性】
ケースは確かに少々大きいが携帯性が問題になる程では無い。このケースのお陰で20時間以上使えるのだから文句はなし。

【総評】
接続性が素晴らしい事からやはり同じソニーの製品との相性は抜群。またそれまで使っていたイヤホンでは良さが分からなかったDSEE HXとDolby Atmosの真価がフルに発揮され、音楽を聴くのが楽しくて仕方なくなる。
Xperia 1ユーザーなら絶対にお薦め。

主な用途
音楽
映画
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hicchomeさん

  • レビュー投稿数:59件
  • 累計支持数:245人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
88件
タブレットPC
3件
55件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
0件
28件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性2

【デザイン】
悪くはないと思います。
【高音の音質】
まあまあだが値段相応かと言えば微妙
【低音の音質】
まあまあだが値段相応ではない
【フィット感】
その人次第ですが、私にはイマイチ。
finalのEタイプのLLサイズに交換。
ちなみにケースに格納しにくくなりました。
(なんとか格納・充電はできる)
【外音遮断性】
ノイズキャンセリング機能は正直期待ハズレ。
気休め程度の効きで価格の納得感はゼロ、、、
と言いたいところだが、アンビエントモードの大げさなくらいの外音取り込みが私には非常に便利なのでそれだけ救い。
でも重ねて言うがノイズキャンセリングはショボい。
ノイズキャンセリングに期待して買うなら絶対やめたほうが良いですね。
【音漏れ防止】
音漏れはしない。
【携帯性】
本体もケースもデカい。なんとかならんのか。
【総評】
値段相応ではないのでオススメはしない。
半額くらいで買えるゼロオーディオのやつの方を勧める。

2019/11 AirPods Pro購入に伴いメルカリで売却しました。
さすがにリセールバリューは優秀です。
が、今はタイミングが悪いか?売り物多く値崩れ気味。
待てるなら少し落ち着いて相場再上昇を待つとか、ファームのバージョンアップに伴うノイキャン性能向上を期待するのもあり。

主な用途
音楽
映画
テレビ
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すぽじさん

  • レビュー投稿数:109件
  • 累計支持数:825人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
16件
0件
イヤホン・ヘッドホン
10件
0件
Nintendo Switch ソフト
9件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性3
   

   

既に所持しているAirPodsや他のフルワイヤレスイヤホンとの比較がメインです。
【デザイン】
丸いタッチセンサーとロゴが目立つのは正直あまり好みではありませんが、他社製品と雰囲気が異なるソニーらしいデザインが実現できていると思います。装着時はそれなりに厚みと大きさがあるため下に細長く伸びるAirPodsとは違う存在感があります。
【音質】
radikoなどの再生などがメインで音質はあまり重視していないため私には十分です。なのでAirPodsでも十分なくらいですが、比べて聴くとなんとなくこちらの方が良いような感じはします。
【フィット感】
イヤーピース以外の部分で支えているらしいものの、ちゃんと自分に合うサイズのイヤーピースを選ばないとだいぶ不安定になってすぐに落下します。また装着時は少し回転させつつ押し込むため、入れるだけで落ちずに済むAirPods等と比べると装着がやや手間でした。
もちろん合うものを選んでちゃんと装着できれば、階段の登り降りや長時間の屋外ウォーキングをしても一切落下しません。
【外音遮断性】
ノイズキャンセリングは完全な無音にはならなくても確実にある程度の効き目は感じられます。
例えば通行量が多い道路の近くにいると、車の出す低い音が大幅に低減されて高めのブレーキ音や走行音が少し残される感じです。私の感覚ではエンジン車でも電動車に近い様な静かさになるので、住宅街の道路で使うと後ろから来る車に寸前まで気付かない危険もあります。歩行中にノイズキャンセリング機能を使うのはまずやめた方が良いでしょう。
なお夏場の蝉や虫の鳴き声などの高めの音に関してはイヤーピースによる遮音性から大幅に変わる事はないと感じました。電車や飛行機、船に乗る機会が多い方や低めの音の騒音が気になる方にはかなり良いと思います。
また、よく指摘されている通りある程度の風が吹くと風切り音が気になるので、屋外で風が吹いている時に使うなら風切り音を低減するモードを使った方が良いでしょう。
【音漏れ防止】
ノイズキャンセリングを使用しつつ常識的な音量で使う場合はあまり問題ないと思います。外音取り込みの使用時も私の使う音量では問題ありませんでした。
【携帯性】
AirPodsと比べるとイヤホン本体、充電ケース共にだいぶ大きいです。ケースはともかくこのイヤホン本体のサイズと倍くらいの重さは装着時にかなり差を感じる部分です。もちろんAirPodsがこのジャンルで依然トップクラスのコンパクト志向で、こちらは高性能で高機能な方向なので比較は難しいですが。
これはAirPodsにも言えますが材質的にも頻繁に持ち出す性質的にも傷は避け難いため、ケースの傷が気になりそうな方は早めにカバーを装着した方が良いですね。
【総評】
既にフルワイヤレスイヤホンではAirPods等を持っていたものの、ノイズキャンセリング等に魅力を感じてこちらを購入しました。
ある程度の接続安定性、ノイズキャンセリング、外音取り込み、連続再生6時間以上、USB-C充電など、現在のフルワイヤレスイヤホンでトップクラスの最新機種なのは間違いないでしょう。あえて残念な点を言うと、装着の手間、本体とケースの大きさ、防水非対応という所ですね。あと機能的にはモード切り替え時の無音時間がもう少し短ければ良いなと思います。
基本的に大きな問題はなく十分良い製品だと思いましたが、在宅時に使用する場合は接続の速さ、横になっても気にならないコンパクトさ、装着感の相性などで、気軽に使いやすいAirPodsの方が私には好みでした。そのため私はノイズキャンセリングと外音取り込みが欲しい外出時にこちらをメインで使うようにしています。
ただAirPodsはiPhone等との接続がメインですし、合わない人にはこちらより合わなそうな製品でもあるため、Androidユーザーや性能や機能を優先する方には十分にオススメできます。

主な用途
音楽
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コマツデトックスさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
高音の音質4
低音の音質3
フィット感1
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性2

HAVITとAnkerのTWSを使用していたんですが、どうしてもノイズキャンセリング機能を使ってみたくて発売日に購入。

使ってみて気づいた点をいくつか。

まず、ケースがめちゃくちゃ汚れます。
鞄に入れて使っているのにケース内の四角い構造がわかるような感じで四角く汚れがついてきます。
アルコールティッシュで拭いても消しゴムで擦ってみても全く汚れが落ちません。
マットな質感はとても高級感があってデザインも素晴らしいだけに、この汚れやすさは正直がっかりです。
Amazonで非純正シリコン製のケースがあるので絶対につけたほうが良いと思います。

次に音関連。
風の強い時などは特に風切音がすごいです。せっかくのノイズキャンセリング機能も台無しです。
ノイズキャンセリングは期待したほどではないですが、機能をオンにするとフィットしたイヤーピースをつけたカナルイヤホンをつけている時ぐらいの遮音性があります。
音質自体は私はあんまり細かいことはわからないのですが、今まで使ってきたTWSと大差はないように思います。特別驚くような音質は感じませんでした。

装着感。
あまりよくないです。
各種レビューなどでは音質と共に装着感についても絶賛されてる方もいるので、単に私の耳の形と合う合わないという話なのかもしれませんが、HAVITの方が圧倒的に装着感がよく、1度も外れそうになることがありませんでした。
この商品はショルダーバックを体から外すときやパーカーなど脱ぐ時など、軽く触れてしまった時に落ちてしまいそうになることが結構あり、ホームで待っている時など気をつけないとぽろっと落ちてしまうことがあります。

最後にSONYのサポート。
これが1番頭にきています。
チャットサポート、電話サポートとたらい回しにされた挙句、何度も何度も同じ質問をされた結果故障扱い。発売して間もないですから初期不良の判断でもよいと思うんですが、修理するの一点張り。
私は某量販店で購入したんですが、この商品の修理は購入店に持ち込み、または秋葉原?のSONY修理センターでの持ち込みしか受付していないとのこと。
自宅から結構遠くのお店で買ったので本当に面倒です。なぜ商品の不具合で交通費を支払って修理をしてもらいに出向かないといけないんでしょう。購入店舗さんに非はありませんが、正直Amazonで買えばよかったなと後悔。おそらくAmazon判断で即交換してくれたでしょうから。
ちなみに私が修理依頼した理由は、iPhoneアプリ経由のファームウェアのアップデート、言語データ転送が全くできなくなるという事象。購入当初から言語転送できない症状はあったんですが、別に良いかと放置していたのが失敗でした。
おそらく症状に気がついていない方もいると思うので確認された方が良いですよ。

とまぁいろいろ不満もありますが、良いところもいくつか。
・片方だけでも使える
・再生時間がそこそこ長い
・外音取り込み機能はレジで便利
・ノイズキャンセルはまぁまぁ

税込み20000円を切る価格くらいなら世間の高評価も納得しますが、あまりに評価が高すぎる気がします。
なので不満を中心にレビューしました。


2019/9/30追加
メーカーからの回答。
言語データの転送は対応していないとのこと。
バージョンアップはサーバが停止していたらしい。
どちらもサポートに電話した時にそう言って欲しかった。
預けて手元に戻るだけでトータル2週間くらいかかります。

主な用途
音楽
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった10人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

マイカルKさん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
6件
137件
スマートフォン
3件
140件
タブレットPC
3件
43件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止5
携帯性4

WF-SP700Nを下取りに出して買い替えです。(WH-1000XM3も持ってます)
片道1時間半程度の電車通勤で、メインはらじるらじるやYoutube視聴なので、音質よりはノイキャン重視です。
飛行機内はWHを有線で使用して機内コンテンツを楽しみますが、着陸が近づいてくるとWHはカバンにしまい込んでWFを使用し、スマホとBluetooth接続で使いますが、WFは「Bluetooth off」が無いので最後の最後はケースに収めざるを得ないのがちょっと残念です。
でも、圧倒的にWFの方が「解放感」があって、気軽です。
イヤーピースは「FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース 6個入り (S/M/Lサイズ)」を逆さ向きに取り付けています。夏柔らかすぎで冬はやや硬いのが不満ですが、遮音性や装着感は気に入っています。

【デザイン】 シルバーとはいえ、700Nのピンクにちょっと近い、暖かい色調のシルバーで、肌に合う色合いで気に入っています。
 ケースからの取り出しがもう少し簡単だと良いと思います。摘まみにくいんです。フタを開けると持ち上がる、とか。

【高音の音質】 きれいに出ています

【低音の音質】 少し弱い感じですが、イコライザーで上げてます

【フィット感】 ウレタン製のイヤーピースに付け替えてます。SP700Nの時もそうでしたが、私の右と左の耳の形状が違う気がしていて、なかなかしっくりしないのは仕方ないところ。

【外音遮断性】 ウレタンイヤーピースに負うところが大きい感じですが、ノイズキャンセル性能も優秀です。完全無音を求める人には向いていません。SP700Nでは車内アナウンスはそれなりに聞き取れていたのですが、WF-1000XM3の方は車内アナウンスは「なにか言っているな」程度になります。
WHと比較すれば、WHの方が静寂性は高いですが、両者求めるものが違うので、使い分けるしか無いでしょう。

【音漏れ防止】 もともとノイキャンを効かせて小音量で楽しむのが好きなので、漏れていないと思います

【携帯性】 ケースはいまひとつですね。上質すぎて、ケースのためのケースが必要。大きい。こういうケースこそワイヤレスチャージに対応させればよいと思います。ケースからイヤホンへの充電速度、ケース本体の充電速度はそこそこ早いと思います

【総評】 SP700Nの時と比べてスマホ本体の電池の減りが早い気がします。
Bluetooth offモードやパワーオフモードが無いのが残念ですが、それは慣れ、でしょう。
下取りを利用したとはいえ、もう少し安ければ、と思います(18000円、とか)。

主な用途
ラジオ
その他
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

oyikakasさん

  • レビュー投稿数:52件
  • 累計支持数:213人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
26件
163件
スマートフォン
5件
40件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
42件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

【デザイン】
良いです。
WF-1000Xは耳から飛び出てましたが、これはそんなこともなく、落ち着いたカラーなのも合わさり中々気に入ってます。

【音質】
特別良いわけではないですが、十分満足出来る音質です。イコライザやクリアバスでの調節もしっかりできるのも◎。
ただ、DSEEだけは電池が持たなくなる割に変わった感じは余りない印象。
YouTubeではアプリ側が対応してることもあり全く遅延を感じません。

【接続性】
音切れすることがほぼありません。AnkerのZolo Liberty+と比べても確実に途切れる頻度が下がりました。
ただし、スマートフォンとの接続時に片方だけどペアリングしたり等、上手く行かない事があるのでここは後々の改善を期待。

【フィット感】
悪くないですが、ノイズキャンセリングの為キッチリフィットするイヤピースを選ぶ必要がある点がシビアです。それを除けば安定感もあり概ね満足。

【外音遮断性】
流石にヘッドホンやBOSE程ではないですが、ノイズキャンセリングは確実に効きます。
電車では様々な音がある為遮音しきれない場合もありますが、室内のエアコンや扇風機の音にはとても効果的で一気に無音になります。それだけでも買った価値があったなと感じました。

【音漏れ防止】
常識的な音量では音漏れは無いですね。

【携帯性】
ケースが大きくなった点がマイナス。
ただし電池持ちが6時間とのことで、実際5時間ほどぶっ続けで鳴らしても電池切れず、この点は素晴らしいです。

【総評】
WF-1000Xを使っていて不満点が沢山ありましたが、コーデック以外全て解決されました。
現時点で、個人的にベストな完全ワイヤレスイヤホンです。

主な用途
音楽
テレビ
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Benkayさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止2
携帯性1

多くのレビューで、音切れはほとんど無いと書かれているが、私がよく利用する駅(池袋、新宿、五反田)ではブツブツ切れまくる。
これまで使用していた安物の完全ワイヤレスイヤホンには無かったことで、最大のガッカリポイント。
もしかしたら、初期不良なのか?と不安に感じるレベル。(問い合わせようと思っている。)

スマートフォンを使ったアダプティブサウンドコントロールは、実際の行動の検知を失敗していることが多く、検知していても設定している状態にならないことが多い。

ノイズキャンセルの性能は、多くのレビューで好意的だが、やはりこの程度かという感じ。
これまで使用していた、10年近く前に購入したMDR-NC300Dよりはさすがに良くなっているが、その程度。

音質については、それ程こだわらない方なのだが、高いレベルで満足している。

主な用途
映画
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あおいとりおじさんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
2件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性5

ボーナスが入ったので、思い切って話題のこのイヤホンをSONYストアで購入。ノイズキャンセリング搭載のイヤホンは今まで使っていませんでしたが、機能をONにした瞬間に周囲の騒音がふっと消えたことに驚愕しました。私はイヤホンに関しては全くの門外漢なので、きっと有線のヘッドフォンの方が遥かに音質等の点ですごいのでしょうが、初めてノイズキャンセリングを体験した自分にとっては感動の世界でした。

デザイン:非常に洗練されたデザインで、高級感もあります。所有欲を満たしてくれます。

音質:3万円弱もするので当たり前なのでしょうが、自分の持っている数千円のイヤホンに比べると音の細部まで聞こえてきました。良いと思います。

フィット感:耳に取り付けるとき、ねじ込みながら装着しますので慣れるのにコツがいります。上手くねじ込まないと落ちそうで怖いです。

遮音性:ノイズキャンセリングイヤホンなだけあって、機能をONにすると周りの音はほとんど聞こえません。感動物でした。

音漏れ防止:音漏れをしているか自分では確かめられないので、無評価です。

携帯性:非常に軽いので、重さによるストレスは感じません。ケースも大きくないので携帯性は良いと思います。

ノイズキャンセリング機能中でも、イヤホンを長押ししている間だけ周りの音がはっきりと聞こえる機能は電車等に乗っているとき重宝すると思います。高いだけあって満足感は非常にある、良い製品でした。

主な用途
音楽
映画
ラジオ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

WF-1000XM3のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

WF-1000XM3
SONY

WF-1000XM3

最安価格(税込):¥23,469発売日:2019年 7月13日 価格.comの安さの理由は?

WF-1000XM3をお気に入り製品に追加する <3114

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

WF-1000XM3の評価対象製品を選択してください。(全2件)

WF-1000XM3 (B) [ブラック] ブラック

WF-1000XM3 (B) [ブラック]

WF-1000XM3 (B) [ブラック]のレビューを書く
WF-1000XM3 (S) [プラチナシルバー] プラチナシルバー

WF-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]

WF-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

閉じる