WF-1000XM3 レビュー・評価

2019年 7月13日 発売

WF-1000XM3

  • ノイズキャンセリング性能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。飛行機のエンジン音などの低音から人の声などの中高音まで幅広い帯域のノイズを低減する。
  • CD音源、MP3などの圧縮音源、音楽や動画などの配信サービスもハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術DSEE HXを搭載。
  • 本体のみで6時間、付属のケースで3回分充電すれば合計24時間の音楽再生が可能。10分の充電で90分再生可能な急速充電にも対応している。
WF-1000XM3 製品画像

拡大

WF-1000XM3 (B) [ブラック] WF-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥21,380 ブラック[ブラック]

(前週比:+1,730円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥21,800 ブラック[ブラック]

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥21,380¥28,800 (59店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥21,500 〜 ¥27,500 (全国743店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 WF-1000XM3のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • WF-1000XM3の価格比較
  • WF-1000XM3の店頭購入
  • WF-1000XM3のスペック・仕様
  • WF-1000XM3のレビュー
  • WF-1000XM3のクチコミ
  • WF-1000XM3の画像・動画
  • WF-1000XM3のピックアップリスト
  • WF-1000XM3のオークション

WF-1000XM3SONY

最安価格(税込):¥21,380 [ブラック] (前週比:+1,730円↑) 発売日:2019年 7月13日

  • WF-1000XM3の価格比較
  • WF-1000XM3の店頭購入
  • WF-1000XM3のスペック・仕様
  • WF-1000XM3のレビュー
  • WF-1000XM3のクチコミ
  • WF-1000XM3の画像・動画
  • WF-1000XM3のピックアップリスト
  • WF-1000XM3のオークション

満足度:4.14
(カテゴリ平均:4.27
レビュー投稿数:283人 (プロ:2人 モニタ:10人 試用:6人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.36 4.17 168位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.38 4.15 157位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.23 4.14 181位
フィット感 装着したときのフィット感など 3.68 4.08 324位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.27 3.81 92位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.30 3.77 101位
携帯性 コンパクトさ 3.73 3.79 275位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

WF-1000XM3のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な用途:音楽」で絞込んだ結果 (絞込み解除

歩いて走ってさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感1
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

発売前に予約し、予約時に「生産が追いつかない」ということで届くまで1か月ほど待ちました。
それからの使用。
本体のデザインも専用アプリも音も良いのは分かりますが・・・
フィット感が・・・
この商品の他の人達のレビューでフィット感についてあまり書かれてなかったり、
☆評価も高かったりしてますがこれってホントに普段使用してる人達?(笑
って疑いたくなるほどフィット感悪いです。
重さもあるし重量バランスも悪いし、重いから耳汗で滑るしで・・・
定期的に手で押し付けないと落ちます。
信じられないですが実際落ちます。
イヤーピースも色々試したし、コンプライも試しました。
コンプライは大分ましでしたがそれでも・・・そもそもの重量バランスで耳穴から落ちてきます。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Jysetさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

マスクが当たり前の中で、メガネ・マスク・イヤホンは線が絡み・・・・・
いくつかのワイヤレスイヤホンを買いましたが、音質が満足できず、音切れも気になりました。
これまでイヤホンで音質に感動したのはゼンハイザーのie8。
WF-1000XM3はそれ以来の感動でした。音切れも有りましたが音質の良さで手放せなくなりました。
ファームウエアのアップデートで音切れはかなり改善されました。
末長く使いたいと思います。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぎょーざさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タイヤ
0件
2件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

通勤ラッシュの電車にはイヤホンがないと乗れない私。
これまでSONY XBA-H2を5年程愛用していましたが、ウォークマン側のイヤホンジャックが雑音を拾うようになったため、気分転換も兼ねて思い切って初めてのワイヤレスイヤホンにしてみました。

まず感じたのは、イヤホンのコードって想像以上に邪魔臭かったんだなってこと。洋服やカバンに引っ掛かることもない。歩いてコードが揺れたときの軋み音が気になることもない。マスクとイヤホンの付ける順番を気にしないでいい。通勤に使う身にしてみたら、動きを制約されないで音楽を楽しめるのは、意外と嬉しいということに気づいた。

ワイヤレスのデメリットはやはり無線特有の接続の不安定さ。使ってみて、朝のラッシュの駅のホームとかは音が途切れやすい。また、突然bluetooth接続が切断することがあったけど、原因は不明。何か強い電波でも拾ったのかしらん。ウォークマン側の問題の可能性もあるかも。

電池の充電切れが心配だけど、片道約2時間の通勤で途中で充電切れになったことはありません。仕事中はケースに入れてカバンの中で充電すれば、帰りもまた普通に使えるので問題なしかと。ウォークマン本体の充電のタイミングでケースの充電すればいいから、とくに不便もしていません。
長距離移動のときはワイヤードのイヤホンも持っていかなきゃいけないだろうけど、今のご時世、そういう機会がないからなあ。とくに気にしないで良さそうです。
あとは、使用期間が長くなったときに、電池がどうなるかですかね。これまで使ってたSONY XBA-H2が、同じような購入金額だったのですが、5年使ってまだ不具合ないからなあ。値段を考えると同じくらい持って欲しいけど、まあ無理だろうね(笑)



【デザイン】耳につけてしまえば見えないので、見た目にはとくにこだわりはない。大きさは手につくサイズなので私には丁度よいです。これより小さいと落としそう。

【高音低音の音質】
購入前にお店で試聴しましたが、これまでと同程度の音質はありそうだったので、あまり入念に比較検討せずに購入しました。価格相応の音は出るかなと。

最初はノイズキャンセリングがあるので、静かな音楽を楽しめるかなと期待し早速ジャズ等を聴いてみたけど、大人しい感じ、ワクワクが足りないような、ちょっと物足りないかなと思ってしまいました。
ところが、ポップスとか元気な曲はより元気に鳴らしてくれる印象で、聴いてて嬉しくなります。最近の録音レベルの高い楽曲をクリアな音質で楽しめるのは勿論だけど、古いCDをMP3で落とした楽曲もそれなりに元気に鳴らしてくれるのには少し驚いた。ABBAを聴いたとき、すべての音がキラキラして聴こえ、世代ではないけど何かが蘇った感じしたわ(笑)

ドンシャリ気味との意見も見られますが、私には逆にちょっと物足りないかも。まあ、もともとSONY XBA-H2という低音モリモリのイヤホンで本体側のイコライザーを調整して聴いていた人なので、私の耳はあまり参考にはならないかもしれませんが。
ただ、同じウォークマンでこれまでイコライザー調整してたのを、いまは無調整で十分聴けるので、イヤホンの音質性能的にはかなりいいセンなんじゃないかと。
無理矢理音を大きくしなくても、十分に元気ないい音を鳴らしてくれるので、ノイズキャンセリングは効果大ですね。

【フィット感】
他の方もレビューしていらっしゃるように、自分に合うイヤーピースを探すことは必須かと。付属のものも素材2種類サイズ4種類あるので、まずはそこで合うものを探す。それでもダメなら他のものも試してみたほうがいいです。フィット感はほぼイヤーピースのフィット感に左右されると思います。
私は結局、もともとXBA -H2で使っていたものがしっくりいったので、これまで使っていた物をそのまま付け替えて使っています。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングは仕組みを聞いたとき、頭痛持ちの私には無理かなと勝手に毛嫌いしてましたが、想像以上に不快感がなかった。外の音が完全に遮断される訳ではなく、アクリル盤で囲われている感じ。電車の走行音は遠くで鳴っている感じ。高級外車の車内にいるみたい。
でも、頭を電車の窓にもたれ掛けると、電車の走行音が振動で響き、音楽を邪魔する(笑)さすがに振動はキャンセル出来ないかと気づかされます。

車内アナウンスは、とくに自動音声は殆ど消える。これは凄い。降りる駅に近づいても気づかず乗り過ごしそうになる。
ただ、目の前で立ってるおっさんが新聞をめくる音を妙に拾ったり、隣のおっさんの会話の声を妙に拾ったりすることがある。それも直接聞こえる音ではなく画像の中の音みたいな変な加工かかったデジタル音声みたいな音で聴こえる。突然の大きな音は苦手みたい。

【音漏れ防止】
元々、カナル型のイヤホン使用していたため、それなりの音量で聴いていても音漏れで気になることはありませんでしたが、ノイズキャンセリングのお陰で以前より音量を絞ってもしっかり音が聴こえるので、恐らく音漏れは更に心配無くなっているのではないかと。

【携帯性】
ケースの携帯性について大きすぎるとの意見をいくつか見ましたが、ビジネスバッグを持ち歩く自分にとっては全然気にならない大きさです。これまでもイヤホンケース入れたら同じような大きさだったし。
逆にこれ以上小さくなっちゃうと、無くさないか心配。

【総評】
値段相応の性能は十分にあると思います。
カメラで言ったら、スマホでもキレイな写真撮れるけど、やっぱり一眼レフだよねとなる場合があるけど、イヤホンでも同じような位置付けで商品を探している方には、是非一度検討してもらいたいですね。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kamakuragozanさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
デジタルカメラ
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

このタイプとしては遮音性、NC性能、音質、電池持ちとも良好かと思います(音質を追求するタイプでもないので)。主にウィーキング時に使っていますが、飛び跳ねるとちょっと取れそうになります。なので通勤時に使うのは危険かも。他のソニー製イヤホンに共通ですが、アプリで状況適応モードにするとNCがすぐに切れます。早くソフトをアップデートしてほしい。

主な用途
音楽
その他
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Takety2019さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:115人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

2020年11月3日更新
【音質】
最新のアップデートにより、DSEE HXとイコライザーの併用が可能になりましたので、音質のレビューを更新します。

DSEE HXの恩恵は素晴らしく、Bluetooth接続なのに奥行感・立体感・余韻など、有線イヤホンに匹敵するレベルに引き上げてくれます。
一方、本機のデフォルトの音域バランスはドンシャリ気味で、中音域が少し籠もり気味なのが気になっていました。

そこへ今回のアップデート。今まではDSEE HXの恩恵を優先してイコライザーは使っていなかったので、気になる中音域を少し上げたら籠もりが解消されました。さらに、CLEAR BASSがとても優秀です。イコライザーだと、ある音域を上げ下げすると他の音域にも影響するのですが、このCLEAR BASSはどれだけ上げ下げしても他の音域のバランスが変わりません。低音域だけが上げ下げできます。

個人的には、DSEE HXをオンにした上で、イコライザーで中音域を少し持ち上げて、CLEAR BASSで低音域も持ち上げることで、音質的には大満足になりました。ワイヤレスイヤホンに、私はこれ以上は求めません。壊れるまで使い続けて、壊れたら本機の後継品を買おうと思っているぐらい、満足しています。今回のアップデートには本当に感謝です。

なお、イヤーピースも最初のレビュー時から更新していて、現在はSednaEarfit XELASTECでさらにフィット感が増しています。

(以下は、音質以外の最初のレビューです)

完全ワイヤレスイヤホンとしてはNUARL NT01AXと、外音遮断性能では有線のBose QuietComfort 20(QC20)とも比較しています。

通勤時の電車内での使用がメインです。QC20のノイズキャンセリング機能は耳への圧迫感があり不満でした。NT01AXは付け心地が良くてまずまずの音質ですが、ノイズキャンセリング機能がないので電車内では辛いです。よって、完全ワイヤレスで耳への圧迫感のないノイズキャンセリング機能を持っていて、音質もいいイヤホンを探していて、WF-1000XM3を購入しました。

【デザイン】
個人的には耳に付けた感じもかっこいいと思います。質感もよくて高級感があります。NT01AXのようにプラスチッキーではないです。

【フィット感】
NT01AXの方が軽快で軽い装着感なのに対し、WF-1000XM3はぎゅっと耳奥まで入れるタイプです。
元々、ハイブリッドイヤーピースロングとトリプルコンフォートイヤーピースという2種類のイヤーピースが各種サイズ付属しています。私の耳には両方ともMサイズが一番合いましたが、どちらも少し耳穴が痛くなりました。
そこでNT01AXに付属していたスピンフィットのCP350(Mサイズ)に変更すると、こちらの方が耳穴へのフィット感は良かったですが、音は少しスカスカになりました。
その後、CP360、SednaEarfit Short、SednaEarfit Light Shortの3つを追加購入して試したところ、付け心地と音質のバランスを取って、CP360のMサイズに落ち着きました。これだと飛行機とかで長時間付けていても耳穴が痛くならない上に音も良いです。
ちなみに音質に関してはSednaEarfit Short>SednaEarfit Light Short=CP360でしたが、SednaEarfit Shortは耳が痛くなりました。イヤーピースの柔らかさは、CP360>SednaEarfit Light>ShortSednaEarfit Shortでした。

【外音遮断性】
ノイズキャンセリングをオンにした状態でQC20と比較しました。飛行機で試しました。
結論を言うと、総合的にはWF-1000XM3の方が遮断性が勝っていると感じました。
WF-1000XM3は耳奥にぎゅっと押し込みますが、一方のQC20は耳穴にふわっと乗せている状態です。つまり、元々の騒音の量が違います。ノイズキャンセリング無しでもある程度の遮断性があるWF-1000XM3に対し、QC20はイヤホン単体だけでは遮断性はほぼゼロです。その上でノイズキャンセリングをかけるので、トータルではWF-1000XM3の方が騒音の量は少なく感じました。
しかし、QC20はふわっと耳穴に乗せているだけにも関わらず、かなり騒音を軽減してくれるので、ノイズキャンセリングの性能だけを比較すればQC20の方が勝っていると思います。

イヤホン自体の遮断性:WF-1000XM3>NT01AX>>QC20
ノイズキャンセリング性能:QC20>WF-1000XM3
トータルでの遮断性:WF-1000XM3>QC20>>>NT01AX

なお、QC20のノイズキャンセリングは耳への圧迫感を感じて不快なのですが、WF-1000XM3のノイズキャンセリングは何の圧迫感も感じません。

ちなみに電車内では、ゴーっという走行音をほぼ完璧に消してくれます。ガタンガタンという音や車内アナウンスは聞こえます。

【音漏れ防止】
ノイズキャンセリング機能をオンにするとうるさい場所でも音量を上げる必要がなくなるので、音漏れはしていないと思います。

【携帯性】
NT01AXの方がケースがコンパクトですが、個人的にはWF-1000XM3のケースサイズでも全く不満はないです。

【接続性】星4
評価項目になかったので追記します。
NT01AXの方が少し勝っていると思います。WF-1000XM3はたまに途切れます。しかし気にならない程度ですし、個人的には不満はないです。ちなみに地方都市で使った時の感想です。

【総評】
大変満足しています! 本当に買って良かったです。
一番の満足点は音質です。本当にきれいだと思います。DSEE HXをオンにすると、今まで気づけていなかった音に出会えて、昔から聞いている曲でも感動し直すこともしばしばです。
ちなみに当方ウォークマンのNW-A50もかつて所有していて、その時にはDSEE HXの恩恵には気付けなかったのですが、このイヤホンだと恩恵が分かります。DSEE HX機能とイヤホンとの相性もあるのかもしれませんね。

注意点はイヤーピースです。付属の物で満足できればいいですが、満足できない場合はあきらめずに色々と試されることをお勧めします。私も付属のイヤーピースしか世の中になければ、総合満足度は1つ下げて4にしていたと思います。
WF-1000XM3の弱点を上げるとすれば装着性ですが、イヤーピースを変えることで向上させることができます。

参考になった17人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

yuki0519さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
低音の音質3
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性1

【デザイン】
シンプルながら洗練されたデザイン。

【高音の音質】
クリアな音質

【低音の音質】
少し弱めだけどグライコ調整で及第点

【フィット感】
悪くはないがやや大きく重いので少し不安感有り

【外音遮断性】
ほぼほぼ良し

【音漏れ防止】
ほぼほぼ良く、少し漏れる程度

【携帯性】
本体に電源ボタンがなく、ケースに収納しないと電源オフできず(アプリ上でできるもののこれも結構な手間。)、せっかくの携帯性が台無しに。

【総評】
イヤホン自体に電源ボタンがない事や、タッチセンサーの反応がいまいちだったりが、自分にとってかなりのデメリットでしたが、それを差し引いても買って良かったと思えるメリットが上回る良い商品でした。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

灯里アリアさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:676人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
385件
デジタルカメラ
3件
311件
デジタル一眼カメラ
2件
246件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質4
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性3

購入して約1年。

他の製品に食指が動かないという事は、やはり良い製品なのは確かだと思いますが、
理不尽なレベルで不満が出てきたのと、ちょっと納得のいかない不具合が
1つ出ている為評価を変更しました。

理不尽なレベルでの不満:
wh-1000xm4と比較してしまい、ノイキャンから何から一段下と感じてしまった。
ただ、そもそもイヤホンとヘッドフォンの比較なのでナンセンスなんですけどね。
イヤホンとして考えたら今もトップクラスだと思います。
ただ、XM4ではノイキャンをさらに進化させてほしい。


不具合での不満:
個別にスレ立てしていますが、DSEE HXとイコライザの同時使用時において
満充電から1時間程度で20%程度までバッテリーが減り、連続装用が
2時間持たないという状態。

複数同様の事象のレスがあることから既知の不具合でしょう。
自分の使い方だとギリギリなんとかなりますが、一般的にはあり得ないレベルの
バッテリー持ちなので、さすがに対応してもらいたいですね。


------------------------------------------------------
これまでワイヤレスイヤホンはAnkerのリバティ、リバティ+、JBLのUA SPORTSと来て本機器にリプレイスしました。

聞くのはiphoneとのペアリングでローカルの音源やサブスクなので、ベースの音源自体が圧縮音源です。
音質優先・DSEE HX

【デザイン】
本体のデザインはシンプルですが、タッチパッドも個人的には問題なく満足
あとはケースのデザインが良いですね。ツートンカラーで野暮ったい感じも皆無。


【高音の音質】
ソースを問わず優秀です。
イコライザのBrightだとより聞きやすいかな。


【低音の音質】
ズンズン来る感じでは無いですが、「足りない」とも感じません


【フィット感】
色々と意見はあると思いますが、付け方を間違えなければきっちり入ります。


【外音遮断性】
【音漏れ防止】
いずれもSHUREほどでは無いですが普通です。盛大に音漏れするなどはありません。


【携帯性】
ケースは決して小さいとは言えませんね。
ただ、携帯性だけを考えて選ぶ機種でも無いと思います。


【総評】
ノイキャンは非常に強力です。BOSEのQC35のように、アプリでノイキャンをONにすると、
音がスーッと消えていく感覚で、よくこの大きさでここまで・・・という感じです。

アプリも割と使いやすく、すべてが高いレベルでまとまっている印象。しかもそれでいて実売25000円に抑えている
コスパの良さ。中華系の1万以下のイヤホンで満足している人にはお勧めしませんが、
実用性とコスパの両立されたワイヤレスイヤホンとしては現状最強だと思います。

ソニーストア限定のDeFFのケースも非常に良い感じです。

ここからは個人的に非常に感じたことなんですが、ソニーは昔はそれこそアップルのように
化粧箱にもお金をかけており、所有する喜びを感じられました。
が、低迷の中でびっくりするほど安っぽい箱や包装しかしなくなり、アップルの足下にも及ばないくらい製品を
買う事への喜びを感じられなくなっていました。

しかし、本商品は2万台の代物ですが、化粧はこの作りにこだわっており、
「お?良くなってる!」と感じました。

カメラをはじめとして勢いが上がってきたからこそこういう部分にも目を向けるようになったのかなと。
機能に直接的な関係はありませんが、こういう部分にも良さを感じられました。


余談ですが、7月に購入したため、dポイントキャンペーンでソニスト3年保証付きが25000円の20%dポイント還元。
実質20000円程度で買えたことも満足度を高めています。

主な用途
音楽
テレビ
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった11人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Uehara課長さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:125件
  • 累計支持数:556人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
82件
726件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
15件
141件
デジタル一眼カメラ
1件
55件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

シリコンケースで傷とツルリ&ポロリを防止

イヤピはFender製の粘着タイプ。

同じSONY製なWALKMANとの相性は非常に良好。

購入年月日:2020年7月25日
購入方法:近所のケーズデンキ




すぐ近所の家電量販店で化粧箱に角当て破損の格安品が有ったのをたまたま見付けて即決購入。

箱の角に凹みと傷が有りましたが、他は問題無し。普通に保証も受けられましたから此で税込約18000円をチョイ切るなら充分お買い得でしょう。
更に会員特典で割引が適用されて15000円を少し出た位で購入できました。

接続先は主にXPERIA1とWALKMANのA106で、さすがに同じメーカー同士で、見た目の相性も機能的な相性も良いですね。
時々AK機にも接続させています。


※以下、購入から約3ヶ月後のレビューです。


【デザイン】

充電ケースが黒基調で蓋がカッパーな色味。凄い高級感はありませんが、それでも値段なりの見た目でまあまあ頑張っていると思います。

自分は安いカラビナ付シリコンケースを使ってます。
デザインは隠れて無意味に成りますが、傷の防止というか、ツルリ&ポロリした時の保険みたいなものです。

筐体デザインも黒基調にゴールドのSONYロゴ。
私も生粋な日本人ですから此のロゴデザインは大好きです。

充電ケース、イヤホン本体共に今のレベルだとかなり大きく感じます。
次世代機機種はもう一回り位コンパクトにしてほしいです。


【高音の音質】【低音の音質】

若干ドンシャリ気味のバランスですが、専用アプリのイコライザーを弄ればボーカル強調からフラット、低音域マシマシまで色々調整出来ます。
自分は主にフラットかボーカル域強調で聴く事が多いです。


【フィット感】

大柄な筐体の割にフィット感は良好です。
でも自分は付属品のイヤピがどれもイマイチだった為、手持ちイヤピ中からFenderの粘着タイプを取り付けています。

これでフィット感は殆ど満足。
早歩き程度なら外れて落ちたりズレる事もないです。

【外音遮断性】【音漏れ防止】

SONYでは定評のあるアクティブノイキャンが低音域ではしっかり効きます。
しかし中音域~高音域の低減感は其程高くないです。

イヤホンで全部の帯域で、音質に影響無くノイキャンを効かせるのは技術的にまだ無理がありそう。

ノイキャンの強さだけを求めるならBOSEやAppleを検討したほうが満足度は高そうです。


【携帯性】

最初に少し書きましたが、充電ケースが大きい為、服のポケットに入れるのは無理がありそう。
冬場ならコートのポケットには入りますが、それ以外は鞄やバッグ類に入れて持ち運んだほうが良いでしょう。
逆に此だけ大きいとバッグの中で行方不明になる事もありませんが、あと一回り位は小さくしてほしいですね。


【総評】

多数の方々が書き込みをされてますが、ソフトウェアのアップデートで確かに音質の向上と調整幅の広さを感じましたが、それ以上にバッテリー持ちが悪くなったと思います。
自分の場合、接続を優先させてSBCコーデックを使い、音質向上の機能は出来るだけ使わない様にしてます。それでも3時間~3.5時間でバッテリーローのアラート、そこから10分でバッテリー切れ。
音量を小さめにして色々気を遣うのもなんだかなあと思いますし、充電ケースと共に大きさの割にはバッテリー消費についてはもう少し頑張ってほしいです。
せめて実用で連続4時間は稼働出来ないと、現在のライバル機との比較では物足りなく感じます。
アイドリング状態でも電力消費は多く感じますし。

自分が小さな頃から、オーディオの分野でも最先端を走ってきた感のあるSONY、日本が世界に誇る事の出来る数少ないメーカーの1つですから、何とか頑張って此からも良い物を製造&創造してほしいですね。



※年末年始で再度レビュー予定です。


主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アナログパンダさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ミニコンポ・セットコンポ
1件
3件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
2件
雲台
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

2019年10月25日に購入し、1年が経過しました

化粧箱と充電ケース、本体

イヤホン本体

充電ケースはUSB Type C 対応

コンプライ装着時は押し込むように入れないと充電されませんし、フタが閉まりません

フタは1年でここまでボロボロになりました…

以前はオーディオテクニカのATH-LS70にA2DC端子対応のワイヤレスアダプターAT-WLA1を組み合わせて使用していましたが、あまりの接続の不安定さに辟易し、発売から3ヶ月程度経っても高評価を維持していたこのイヤホンを2019年10月25日にヨドバシカメラにて購入しました。
それからちょうど1年経過したので改めてレビューします。

【デザイン】
他メーカーの完全ワイヤレスイヤホンより大きくて重く、他の方のレビューではその大きさのせいで装着時に違和感があるとありましたが、当方としては特段気になることはありませんでした。
耳の小さい方などはもしかすると違和感を感じるかもしれません。

充電ケースは黒色の梨地仕上げのボディに金色のフタという構成です。
ソニー純正のイヤーピースを装着していれば特に問題ありませんが、コンプライなどを装着している場合はイヤホンを押し込むように入れないとフタが閉まりませんし、たまに充電出来ていない時もあります。

またフタはかなり傷つきやすい素材なのか1年でかなりボロボロになってしまいました…。
なおイヤホン本体は何回か落としたことがあるにも関わらず、意外と傷が付いていません。

【音質】
Xperia 5で主にSDカード内の音楽やSpotifyを再生。
基本的にノイズキャンセリング オン、音質優先モード、DSEE HXはAutoに設定。

高温域は少々強調されている感はありますが、変に刺さるような音ではありません。

低音域に関しては前に使用していたATH-LS70がかなりパワフルで、SOLID BASSシリーズに存在価値はあるのかというレベルでしたが、このイヤホンもなかなか低音域が豊かです。
ノイズキャンセリングオンで3時間程音楽が聴けますが、すこし聴き疲れてしまいます。

J-POPやロックを聞くにはもってこいだと思います。

【フィット感】
純正イヤーピースでも特に問題はないと思います。
当方はコンプライ Tx200を使用して、更にフィット感を高めています。

【外音遮断性】
コンプライを付けて、ノイズキャンセリングをオンにするとかなり周りの音が低減されます。
音楽を聴いていて、周りの音が気になることはほぼ無いです。

【音漏れ防止】
他の方から指摘されたことはないので、おそらく大丈夫です。

【携帯性】
少々充電ケースは大きいです。
しかし、カバンに入れていて邪魔になるレベルではありません。

【接続性】
このイヤホンを買った理由でもあります。
あまりに酷かったAT-WLA1と比べると雲泥の差です。
それでも買ってから3、4ヶ月程は通勤ラッシュ時の大阪駅では音質優先モードでは右のイヤホンが高確率で途切れました。
ただファームウェアアップデートを何回か行った結果なのか最近はかなり安定しています。

【総評】
現状ケースがかなりボロボロになっていること以外は満足しています。
完全ワイヤレスイヤホンの中で、このイヤホンより小型でおしゃれなもの、音質がいいものはいくらでもあると思いますが、接続が安定しているものは結構少ないのでは無いでしょうか。
(音質が高評価な完全ワイヤレスイヤホンは大体接続性に問題があるパターンが多い気がします)
WF-1000XM3は項目一つ一つ比べると他の製品に負けているところもあるけれど、それぞれをかなり高いレベルでバランスを保っている優等生な製品だと思います。
他のレビューを見る限り、iPhoneとの親和性、接続安定性の高いことで評判のAirPodsシリーズとこのWF-1000XM3の人気が今後も続きそうです。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タカト0368さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

【デザイン】
デザインは、SONYらしいデザインなのですごく気に入ってます。
【高音の音質】
他の完全ワイヤレスイヤホンよりは良いかと思います。
【低音の音質】
この完全ワイヤレスイヤホンを使う前はテクニクスの完全ワイヤレスイヤホンを使ってました。低音はすごいです。そこはSONYですね^_^
【フィット感】
自分的には特に言う事は無いですね。
【外音遮断性】
良くAirPods Proの方がノイキャンはすごいと言いますが、あまりノイキャンが強いと音楽がなってなくても周りの音が聞こえないので何かあった時怖いかなぁ。このイヤホンは音楽が再生されてる時は気になりません。音楽が停止してる時は多少の声は聞こえますが完全に聞こえないよりまだ良いかと思います。テクニクスを使ってましたが音楽が再生されていても周りの音が聞こえてました。←ノイキャンモードでした。
【音漏れ防止】
良く通勤で使っています。あまり大音量で聞いていなければ音漏れはしないと思いますがこればかりは個人差ですかね… 自転車通勤時は多少音をガンガンにしてますが、バス、電車時は漏れないぐらいの音量にしてます。
【携帯性】
多分、これも個人差になってしまいますね… テクニクスのイヤホンケースも大きかったのであまり気にしてないです。それにケース自体に傷が付くのが嫌なので小さ目のポーチに入れてます。
【総評】
AirPods ProとWF-1000XM3を比べる方がいますが、AirPodsProはiPhoneユーザーしか使えないのでAndroidユーザーには意味無しかと思います。SONYは昔から音響に関わってますので音質は満足です。低音はウーファーを耳に付けてるんじゃないかと言うぐらいの重低音です。完全ワイヤレスイヤホンは人それぞれ好みがあると思いますので視聴が出来るのであれば口コミとかで判断をするのではなく自分の耳で確認した方が1番良いと思います。Bluetoothが途切れるのも一番ストレスになりますが有線ではないのでそこは妥協するしかないです… 途切れが嫌なら有線を選びましょう!

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

そらのぶたさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
Bluetoothスピーカー
1件
0件
空調機器フィルター
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性3

【デザイン】
少し大きめ、完全な円形ではない形ですが、
耳あたりは悪くありません。
【音質】
スマホでAAC接続、DSEE HX適用の環境での
レビューとなります。音源はハイレゾ。
全体的にバランスの良い音で、ほぼどんな曲でも
自然に聴こえるのが良いですね。優先やLDAC対応と比べると
どうしても高音域の解像度の高さという部分ではいま一歩ですが、
このクラスでは十分です。
【フィット感】
付属イヤーピースは2種類各サイズあるので、耳に合うものをつければ
フィット感は高まるのでは。私はトリプルコンフォートイヤーピースが
おすすめです。
【外音遮断性】
この商品の売りでもある、ノイズキャンセリングですが確かに
ソニーの歴代ノイキャン製品と比較しては進化していますが、地下鉄トンネル区間等は
やはり「ノイキャンは十分効いているが、雑音を消すまでには至らない」というのが
正直な感想です。また話し声やアラーム系の音は聞こえます。ちなみに夏場、扇風機の
風に当たりながら、聴いても不快感がなくこれは嬉しい誤算でした。
【音漏れ防止】
音漏れ防止性能は決して低くありませんが、軽いイヤホンではないのでしっかりフィット
させる必要はあるかと思います。
【携帯性】
充電ケースが大きめです。また充電ケースにカラビナなどを付けられる構造に
してほしかったとは思います。
【総評】
完全ワイヤレスイヤホンとしては、十分優良な商品です。
先に充電ケースにカラビナをつける構造もサードパーティ製のケースが
安価で売っていますので、そこにカラビナをつければ十分です。
唯一の不満点は、コーデックでしょうか。SBC/AACではなくaptX又はLDACの
どれか一つに対応していれば感動でした。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ハワイkwさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性4

スマホでAmazon musicHDを聞いてます。ある程度オーディオは詳しいです。これまで有線のハイレゾ用イヤフォンを使用してましたが息子のお下がりのブルートゥースイヤフォンを使用してみたら快適でこれがメインとなりました。今回充電持ちが悪くなり買い換えしました。これまでの物より比較にならないほど音が良くノイズキャンセル機能も素晴らしいと思います。これが2万円程度で買えるので大変お買い得だと思います。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Belabartokさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
3件
その他ネットワーク機器
0件
1件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン2
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性2
音漏れ防止4
携帯性5

音については、クラシックを聴くにはデシベルが不足していると思いますが、それほど不満はありません。
ただ、ノイズキャンセリング機能は購入10か月で無反応になりました。「外音取り込み」をON/OFFに交互に切り替えてもほぼ違いがなくなっている状態です。バッテリーについても1〜2時間ほどで「警告」アナウンスが流れるほど持続しなくなっています。

また、屋外で「音質優先モード」の使用は音切れ数秒ごと、という感じなので使い物になりません。特にビルのそばや、たくさんのWiFi、Bluetooth受信環境では「接続優先モード」の選択しかありません。音質優先モードはおウチなど静かな環境でお試しください。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジョーゴメスさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感1
外音遮断性5
音漏れ防止3
携帯性4

使用中は外の音が聞こえないほどノイキャンが効いている。
外れやすいのが難点。これは他の製品も同じと思われる。
あと耳糞が付く。耳掃除はしない方がいいと聞くようになったから、そこの対応も頑張ってもらいたい。
耳掛けタイプがいいかも。

主な用途
音楽
ゲーム
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ガラっぺさん

  • レビュー投稿数:152件
  • 累計支持数:1230人
  • ファン数:14人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
98件
745件
スマートフォン
13件
9件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】
WH-1000XM3と似せた、高級感あるデザインです。先代のWF-1000Xは光沢があり高級感があったのに比べ、本気は一見地味なマット加工ですが、配色やロゴのゴールドが高級感を演出しており、実際に見てみると一瞬で好きになりました。
【音質】
屋外では騒音で聞き取りにくくなりやすい、パワフルな低音からクリアな中高音域までそつなくこなします。ややドンシャリな音で、ある意味分かりやすい高音質です。
DSEE HXを使うと、やや高域が破綻してるように感じるのが惜しいですね。私はOFFにしています。OFFにすると、不満はありません。
【フィット感】
非常に良好です。
【外音遮断性】
ノイズキャンセリングも先代より大幅に進化しており、WI-1000Xに肉薄するものとなってます。音楽をならすと、ほぼほぼ周囲の音は気にならなくなります。
【音漏れ防止】
良好です。多分。
【携帯性】
コンパクトなので持ち運びやすいですね。ただ、この点で選ぶのなら、Airpodsとかの方がいいのかもしれません。
【総評】
先代からの進化は凄まじいものでした。
スマホと連動して電話したり、Googleアシスタントや、LINEの返事等、まさに何でもできます。
接続性含め、非常に価格に見合った、洗練された商品だと思います。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった9人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

WF-1000XM3のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

WF-1000XM3
SONY

WF-1000XM3

最安価格(税込):¥21,380発売日:2019年 7月13日 価格.comの安さの理由は?

WF-1000XM3をお気に入り製品に追加する <3930

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

WF-1000XM3の評価対象製品を選択してください。(全2件)

WF-1000XM3 (B) [ブラック] ブラック

WF-1000XM3 (B) [ブラック]

WF-1000XM3 (B) [ブラック]のレビューを書く
WF-1000XM3 (S) [プラチナシルバー] プラチナシルバー

WF-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]

WF-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く

閉じる