α6400 ILCE-6400 ボディ レビュー・評価

2019年 2月22日 発売

α6400 ILCE-6400 ボディ

  • 0.02秒の高速AFを実現したミラーレス一眼カメラ。小型軽量ボディにAPS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」を搭載。
  • リアルタイム瞳AF、被写体を追従し続けるリアルタイムトラッキング、動画撮影時のファストハイブリッドAFなど、AF性能が大幅に向上。
  • タッチ操作に対応した180度チルト可動式液晶モニターを採用し、自分撮りやVlog(ビデオブログ)、グループでの静止画・動画撮影も可能。
α6400 ILCE-6400 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

α6400 ILCE-6400 ボディ [ブラック] α6400 ILCE-6400 ボディ [シルバー]
最安価格(税込):

¥97,270 シルバー[シルバー]

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥97,270 シルバー[シルバー]

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥81,400 (29製品)


価格帯:¥97,270¥163,312 (51店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥106,686 〜 ¥120,868 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:359g α6400 ILCE-6400 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α6400 ILCE-6400 ボディの価格比較
  • α6400 ILCE-6400 ボディの中古価格比較
  • α6400 ILCE-6400 ボディの買取価格
  • α6400 ILCE-6400 ボディの店頭購入
  • α6400 ILCE-6400 ボディのスペック・仕様
  • α6400 ILCE-6400 ボディの純正オプション
  • α6400 ILCE-6400 ボディのレビュー
  • α6400 ILCE-6400 ボディのクチコミ
  • α6400 ILCE-6400 ボディの画像・動画
  • α6400 ILCE-6400 ボディのピックアップリスト
  • α6400 ILCE-6400 ボディのオークション

α6400 ILCE-6400 ボディSONY

最安価格(税込):¥97,270 [シルバー] (前週比:±0 ) 発売日:2019年 2月22日

  • α6400 ILCE-6400 ボディの価格比較
  • α6400 ILCE-6400 ボディの中古価格比較
  • α6400 ILCE-6400 ボディの買取価格
  • α6400 ILCE-6400 ボディの店頭購入
  • α6400 ILCE-6400 ボディのスペック・仕様
  • α6400 ILCE-6400 ボディの純正オプション
  • α6400 ILCE-6400 ボディのレビュー
  • α6400 ILCE-6400 ボディのクチコミ
  • α6400 ILCE-6400 ボディの画像・動画
  • α6400 ILCE-6400 ボディのピックアップリスト
  • α6400 ILCE-6400 ボディのオークション

α6400 ILCE-6400 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.08
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:23人 (試用:3人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.01 4.52 57位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.20 4.54 53位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.67 4.29 53位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 2.97 4.15 58位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.59 4.26 6位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.34 4.41 27位
液晶 液晶画面は見やすいか 3.77 4.33 54位
ホールド感 しっかりホールドできるか 3.64 4.43 50位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6400 ILCE-6400 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

かずみんちゃさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
0件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感3

α6500を酷評した経緯もあり、α6400へ乗り換えました。
α6500と比較を交えてレビューします。
主な用途は子供の撮影(ポートレートやスナップ)です。

【デザイン】
α6500と変わりません。

【画質】
α6500では「のっぺりした塗り絵のような色調で階調表現が貧弱」と書きました。
いくつか訂正すべきと感じましたので、それを下記します。

☆色調について☆
α6500では、クリエイティブスタイル「Deep」(コントラスト-3、彩度±0、シャープネス+3)としていました。
α6400では、「Standard」(コントラスト-3、彩度+1、シャープネス±0)としています。
どうしてもDeepではポートレート時に人肌が重たくなってしまいました。
露出をプラス0.3程度加えても、子供の撮影としては暗い印象を与えてしまいがちでした。
よって、Standardへ変更し、なおかつWBをケルビンでコントロールして絵を作ることとしました。
この設定方法でα6400の色調は満足できるものとなりました。
ただ、若干シネマっぽい空気感になります。
なおコントラスト-3とするのは、絵の締まり具合と引き換えに、擬似的にラティチュードを高めるためです。
またシャープネスを+3から±0としたのは、後述のノイズが大きくなりすぎるためです。

☆画質そのものについて☆
α6500とは若干味付けが異なると感じています。
α6400の方がISO感度に対するノイズが増えていると思います。
これを粒状感と表現するか、ノイズとするかは微妙な加減です。
この影響で、得られる画像の解像感はやや失われていると判断しています。
ちなみにシグマの単焦点3兄弟(DC DNコンテンポラリーシリーズ)でなければ、満足できる画質になりません。
ソニーはレンズが高すぎます。折角の優れた本体を活かせるレンズが本当に少ない。

【操作性】
カスタムメニュー(マイメニュー)の登録が可能となったこと、加えて瞳AFとトラッキングが常時使えるようになったことで操作性は大きく向上しました。
カスタムボタンに割当すべき項目が極めて少なくなったからです。
私はC1ボタンにケルビン設定し、C2ボタンにAFエリア設定をしています。
AFエリア設定はマルチもしくはスポットSです。
ほかの設定は頻繁に変更しませんのでこれで十分となりました。

【バッテリー】
α6500と同じくもちません。

【携帯性】
α6500と変わりません。

【機能性】
☆AFについて☆
ようやく満足できるものとなりました。
NIKON Dfで利用していた「中央1点AF+AF-C+トラッキング」がα6400でも使えるようになり、撮影のレスポンスはα6500に比べ劇的に向上しています。
いまは子供の撮影が主なので、瞳AF+トラッキングを常時利用し快適に撮影しています。
精度については、若干甘いかな?と思いますが許容範囲です。
ただ、これは前述のノイズの影響なのか、瞳AFの精度の問題なのか、レンズとの相性なのか区別できていません。
あくまで私の個体ではそのように感じます。
例えば、α6500では顔認識で撮影した子供のまつ毛がきちっと結像していました。
α6400では瞳AFで撮影してもモヤっとした画像になっています。

☆手ブレ補正について☆
子供の撮影では手ブレよりも被写体ブレの方が圧倒的に多いため問題にはなっていません。

【液晶】
α6500と変わりません。

【ホールド感】
α6500と変わりません。

【総評】
フルサイズ一眼レフ、あるいはフラッグシップAPS-C一眼レフと同等のAFシステムが、10万円未満のミラーレス機で得られるようになったことは本当に大きな進歩だと思います。
早くからソニーのカメラに投資してきて、ようやく報われたと感じた瞬間でした。
買って良かったと心から思えるカメラです。

比較製品
SONY > α6500 ILCE-6500 ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

tokyocameraさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

再生する

製品紹介・使用例
α6400 + タムロン60mmF2マクロ + MC-11による瞳AF作動状況です。

機種不明α6400 + タムロン60mmF2マクロ + MC-11でのAF作動状況です。
機種不明α6400 + FE 85mm F1.8による撮影画像。瞳の拡大画像は次に。
機種不明等倍切り出し画像。横顔の瞳によくピントが合います。

α6400 + タムロン60mmF2マクロ + MC-11でのAF作動状況です。

α6400 + FE 85mm F1.8による撮影画像。瞳の拡大画像は次に。

等倍切り出し画像。横顔の瞳によくピントが合います。

α6400の予告動画に衝撃を受け、発売日の2019年2月22日に入手しました。2年間使用してきたα6500と比較しながらレビューします。

結論:
1■リアルタイムトラッキングと瞳AFが凄すぎる(ミノルタα-7000以上の衝撃です。「未来」がここにある!)
2■結果的にカメラとしての操作性がかなり向上している。
3■手ブレ補正は必要であると再認識しました(動きまわって撮る私の撮影スタイルでは)。
4■録画の30分制限が無くなり用途が広がりました(イベント等の長時間撮影)。

詳しく書くと、
1■AF性能の圧倒的な向上。α6500は意外やピンボケがわりとありましたが、α6400のAFは別物です。シャッターボタンを半押しするだけ! 顔(瞳)に限らす、室内や景色など空間にカメラを向けても外すことがきわめて少なくなりました。被写体の識別能力&合焦能力が格段に向上しています。

純正FE・Eレンズはもちろん、10年前のAFレンズも瞳AFが使え、生き返ったのにはびっくり! タムロン SP AF 60mm F2マクロ + MC-11の瞳AF動画を載せておきますが、ほかにもシグマ50mm F1.4 EX DG HSM(アートが出る前の人気レンズ)+ LA-EA3、SONY DT 50mm F1.8 + LA-EA3でも作動を確認しました。α6500では瞳AFが無効だったレンズ3本です。できれば今後、レンズごとに使用感をレビューしたいと思います。

2■AF性能の圧倒的な向上により、カメラとしての総合的な操作性が向上しています。
これまで使いにくいと感じていたことの多くが、AF性能&AF機能が発展途上だったことに起因することがわかりました。

たとえば、拡張フレキシブルスポットに設定し、タッチパッドでAFポイントを移動させるのが、私のα6500の基本操作でした。しかし液晶の反応がいまひとつだったり、気づかぬうちに液晶に触れてAFポイントが移動したりします。使いにくいと感じ、物理的なフォーカスセレクター(ジョグダイヤル)が欲しくなります。実際にフォーカスセレクターが搭載されれば、操作フィーリングがどうとか、きっと注文をつけたくなるのです。

ところがα6400では、ホントに「シャッターを押すだけ」です。
まず、AF-C + AFエリア全画面でカメラに合焦ポイントの選定をまかせる撮影方法ですが、以前は見当違いの物をとらえることが多かったのが、α6400では適確に被写体をとらえるようになっています。50パーセント⇒80パーセントくらいの向上でしょうか。

新設された「トラッキング:拡張フレキシブルスポット」も秀逸です。ピントを合わせたいものに向けてシャッターを半押しすれば、緑色のAFエリア表示がぴたりと張り付いて追い続けます。α6500の「ロックオンAF:フレキシブルスポット」とは別次元です。

人物撮影も画面内に人がいれば、シャッターを半押ししなくてもファインダー内にグレーの枠で顔をとらえます。シャッター半押しで緑の小さなAF枠が瞳をとらえて離しません。瞳が隠れた後の復帰もスムースで、左右の瞳の切替もできます。
対抗手段はMF&ピント拡大でピント合わせするしかなく(タイミングを逃します)、α6400にまかせておくのがベストな選択。普通のスナップならばシャッターを1回切っておけば十分。

プロのグラビアカメラマン並みのピント精度をカメラが持った、という感じでしょうか。彼らも百発百中ではなく、たくさんシャッターを切った中からベストな1枚を選んでいます。

3■手ブレ補正は必要
今回、50mm〜85mmレンズを新旧5本まとめてテストし(FE55mm F1.8、FE85mm F1.8、前述の3本すべて手ブレ補正機能無し)、恥ずかしながら微ブレを量産しました。ネット使用では気づかないレベルですが、等倍で見ると……。動きまわって撮ることが多く、α6500の手ブレ補正に助けられてきたことを再認識。

4■動画の30分制限が無くなった
ネット情報を総合すると、EUの関税は関係なく、SONYの商品企画として30分以上連続撮影できるようにした、とのこと。また、手ブレ補正ユニットが無いことで放熱性がよくなっている、とのこと。

以下、価格コムの評価項目に沿ったコメントです。

【デザイン】★★★★★
カメラが存在を主張しすぎないレンジファンダー型。

【画質】★★★★★
裏面照射ではないが、現時点ではα6500との違いは感じない。

【操作性】★★★★★
前述のとおり、AFは操作性が明らかに向上。露出関連も慣れてしまったので、現状の2ダイヤルがあまり気にならない。α6300以降のボタン・ダイヤル配置はひとつの完成形か?と思うようになりました。
3ダイヤルやフォーカスセレクターが欲しければ、登場が噂される一眼タイプのAPS-C機か、α9・α7シリーズを使ったほうが早い(それでも、レンジファインダー型にも搭載されればうれしいですが)。
ほかに「マイメニュー」など、α7第三世代の機能が反映されて使いやすくなっている。

【バッテリー】★★★
現時点ではα6500との消費量の違いは感じない。予備を持てばOK。

【携帯性】★★★★★
良い。

【機能性】★★★★★
リアルタイムトラッキングと瞳AFがすごい。
手ブレ補正も搭載した機種を望む。

【液晶】★★★★
液晶は簡単な確認のみなので十分。自撮りはしませんが、人物撮影時の事前設定用に自分にレンズを向けて確認できるのは便利です。
α6500レビューで「ゆがんでる感」があると書いたファインダー(EVF)は、接眼レンズでも改良されたのでしょうか? のぞきこんだときに見渡しやすくなったように感じますが、気のせい?

【ホールド感】★★★★★
これでいいです。

【総評】★★★★
AF性能は星5つに値しますが、手ブレ補正があれば完璧だった、ということで、あえて星4つにしておきます。
さっそく実戦投入しています。手ブレ補正搭載の上級機を待たず、現時点でα6400の2台体制に移行する価値もあると思いますが、どうしたものか……。

比較製品
SONY > α6500 ILCE-6500 ボディ
レベル
プロ
主な被写体
人物
報道

参考になった60

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6400 ILCE-6400 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α6400 ILCE-6400 ボディ
SONY

α6400 ILCE-6400 ボディ

最安価格(税込):¥97,270発売日:2019年 2月22日 価格.comの安さの理由は?

α6400 ILCE-6400 ボディをお気に入り製品に追加する <710

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意

α6400 ILCE-6400 ボディの評価対象製品を選択してください。(全2件)

α6400 ILCE-6400 ボディ [シルバー] シルバー

α6400 ILCE-6400 ボディ [シルバー]

α6400 ILCE-6400 ボディ [シルバー]のレビューを書く
α6400 ILCE-6400 ボディ [ブラック] ブラック

α6400 ILCE-6400 ボディ [ブラック]

α6400 ILCE-6400 ボディ [ブラック]のレビューを書く

閉じる