FUJIFILM X-T3 ボディ レビュー・評価

2018年 9月20日 発売

FUJIFILM X-T3 ボディ

  • 小型軽量ミラーレスデジタルカメラのスタンダードモデル。裏面照射型2610万画素「X-Trans CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。
  • 現行機に比べて暗いシーンでの撮影や動体撮影におけるAF性能が大幅にアップ。電子ビューファインダーの性能が進化し、動体追従性能も向上している。
  • 世界初となる4K/60P 4:2:0 10bitのカメラ内SDカード記録や、より多くの色情報を記録できる4K/60P 4:2:2 10bitHDMI出力に対応するなど、動画撮影機能が充実。
FUJIFILM X-T3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

FUJIFILM X-T3 ボディ [ブラック] FUJIFILM X-T3 ボディ [シルバー]
最安価格(税込):

¥98,251 シルバー[シルバー]

(前週比:-908円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥103,852 シルバー[シルバー]

セブンスター

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥86,700 (71製品)


価格帯:¥98,251¥199,780 (54店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥98,253 〜 ¥151,470 (全国708店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2610万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS4 重量:489g FUJIFILM X-T3 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

FUJIFILM X-T3 ボディ の後に発売された製品FUJIFILM X-T3 ボディとFUJIFILM X-T4 ボディを比較する

FUJIFILM X-T4 ボディ
FUJIFILM X-T4 ボディFUJIFILM X-T4 ボディ

FUJIFILM X-T4 ボディ

最安価格(税込): ¥181,000 発売日:2020年 5月下旬

タイプ:ミラーレス 画素数:2610万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS4 重量:526g
 
  • FUJIFILM X-T3 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-T3 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-T3 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-T3 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-T3 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-T3 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-T3 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-T3 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-T3 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-T3 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-T3 ボディのオークション

FUJIFILM X-T3 ボディ富士フイルム

最安価格(税込):¥98,251 [シルバー] (前週比:-908円↓) 発売日:2018年 9月20日

  • FUJIFILM X-T3 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-T3 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-T3 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-T3 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-T3 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-T3 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-T3 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-T3 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-T3 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-T3 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-T3 ボディのオークション

満足度:4.52
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:57人 (試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.74 4.52 3位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.68 4.54 20位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.43 4.29 14位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 3.22 4.14 45位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.39 4.26 27位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.27 4.41 32位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.51 4.33 20位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.00 4.42 40位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X-T3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:夜景」で絞込んだ結果 (絞込み解除

カドマツさんさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
2件
Mac デスクトップ
1件
0件
三脚・一脚
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感4

Sony A7III + FE24-70mm F2.8 GM からの買い替えです。
私はミラーレス機から本格的にカメラを始めました。
なぜ今回買い換えたかというと、上記の組み合わせはミラーレスにおいて非常にヘビーであったこと、ソニーの書き出す色に何だかしっくりこない、あれだけ高いレンズを購入したのに作りは何だかチープ…これらが原因で買い替えました。
以下のレビューは要所々々に、上記の機材と比較した形で書いています。

【デザイン】
コンパクトでフィルムカメラを想像させるデザインはとても好みです。他のカメラにはない特徴で個性的だと思います。シルバーと迷いましたが、シルバーはどうも所々でプラスチック?を使用されている印象を受け、チープに見えたためブラックを選択しました。

【画質】
フルサイズからAPS-Cはスペック上、ダウンとなりました。非常に心配でありましたが、明るい単焦点レンズを選択したことで現状不満がありません。シャープさやボケどちらも良く気に入っています。この軽さと安さでこれだけの画質を手に入れられることは、非常に強いと思います。

【操作性】
露出やISO、シャッタースピード、(単焦点レンズのF値)、すべてがダイヤル式で自分に合うか心配でしたがとても使い勝手が良いです。A7IIIのダイヤルでは、親指と人差し指に何を設定したのか時折混乱することがありました。非常に直感的で落ち着いて撮影が出来ます。気持ちの問題かもしれませんが、1回のシャッター毎に設定をよく考えてシャッターが切れます。そして、撮影する喜びという部分にも貢献していると思います。

【バッテリー】
a7IIIに比べるとバッテリーの持ちはよくありません。ですがその分、電池パックが小さいのと充電にかかる時間は短いです。ですがやはりバッテリーの持ちが良くないのは残念ですね。予備バッテリーは必須だと思います。

【携帯性】
非常に良い。このカメラを選択した最大の理由です。本当にコンパクト。また、小さすぎず取り回しが良いです。あまりにも小さいと今度はチープな印象を受けますが、X-T3は私の中でちょうどよいサイズ感です。女性でも気軽に使えると思います。X-T3 + XF35mm F2の組み合わせは個人的に最強です。

【機能性】
細かい部分にまで設定出来る。そしてメニューが見やすいです。個人的にとても良かった設定は、メモリーカードスロット1・2にRAWとJPGを分割して保存していますが、画像を削除する際に一回の操作で両方のカードから同ファイルを削除してくれる設定です。a7IIIでは都度スロットを変更して削除を行っていましたが、この機能のおかげでファイル管理が圧倒的に効率良くなりました。また、ISOの上限・下限を細かく設定することが出来たり、電子シャッター等の変更をISOに合わせて自動で切り替えてくれる点も非常に良かったです。欲を言いますと、やはり手ブレ補正は欲しかったです。ですが手ブレ補正をつけることによって、本体が大きくなってしまうと勿体ないので難しいところです。(個人的には、手ブレ補正搭載のカメラは、清掃中にカメラを左右前後に動かすとカラカラ音がするのが、どうしても気持ち的に心地よくなかったのでこれでも良いかなとも思っています)

【液晶】
タッチパネルは使用していないので、単純な見た目ですが可もなく不可もなくです。フィンダー内の液晶はa7IIIに比べると綺麗に感じました。やはりファインダーが綺麗でないとピントがあっているのかどうか等細かい点で不便に感じていたのでとても良かったです。

【ホールド感】
本体が薄いため、少し物足りなく感じますが、単焦点レンズとの組み合わせですと逆にこのグリップの浅さが良い…。フィルムカメラのようなグリップ感もまた良い…(フィルムカメラ使ったことないですが)。但し、大きめのズームレンズとなるとフロントヘビーは顕著に現れるでしょう。バランスを考えてレンズ選びを行う必要はあると思います。余談ですが、グリップが浅いことで、周辺部分が清掃しやすいのでラッキーという感じです。

【総評】
このカメラは、非常に軽く取り回しが良く、それでいて非常に高画質。カメラをどこにでも持って行ける。大きなカメラバッグやレンズを向けられると思わずドキッとしてしまう大きなレンズ、周りからガチだね…と思われるカメラ、そんな呪縛から開放されます。街を歩いていて、あっ…写真撮りたいな…でもカメラ重いしここでは撮らなくて良いか…。人がいっぱいいてストリート写真撮りたいけど、ひと目が気になるから今はやめておこう…。なんて一度でも思ったことがある方は、使ってみる価値があると思います。
そして、このカメラはレリーズボタンやアイカップ等、別売りでカスタマイズが出来る部分もあるので、自分なりにカメラのパーツを変えて愛着を持たせることも出来ます。
カメラを楽しんで使っていきたい、気軽に思うがままに写真を撮っていきたい、そんな方におすすめです。

※2020年5月追記
残念ですが、カメラを売ることになりました。大きな理由は「手ブレ補正なし」です。私は夜間での撮影も多いのですが、三脚を使わないシチュエーションでは、手ブレ補正がないことからシャッタースピードを稼がなくてはいけません。そうなるとどうしてもISO感度を上げることになり、必然的に画質が落ちてしまいます。これが予想以上に欠点でした。帰宅して写真を見てみるとノイズが目立ち、画質に満足出来ませんでした。上に書きました軽快なストリート写真に向いている反面、夜間でのストリートにはこれらの理由から向いていません。シャッターフィーリング等撮影しているときの楽しさは、変わらず大満足でしたが、私は綺麗な写真を撮りたいという気持ちが強まり、他のカメラに乗り換えることにしました。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった43人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

のぞみさくらさん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:319人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
13件
9件
レンズ
10件
0件
スマートフォン
4件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5

X-T1→X-T2と使い続けてのレビューとなります。

【デザイン】
 今までのボディデザインと変わらず、前モデルとの見分け方は、刻印されている文字でしか判別出来ません。
 ダイヤル形状などが若干変わりましたが、テーパーが付いたことにより使いやすくなっています。
 こっそりと買い換えても、ボディ色さえ変わらなければ大丈夫です。(家庭に大蔵省のいる方対象ですが)

【画質】
 とにかく時代の進化を感じさせられました。フジの本気を感じました。
 T2より遙かに良くなりました。画素数は多少のアップですが、特に朝日や夕景などを明暗差が大きい景色を
 撮影した時に差が大きく出ました。新機能である「Dレンジ優先」を使用すると、HDR的な機能が出る影響か
 ハイライト部とシャドー部の潰れ方が少なくなりました。

【操作性】
 T1からT2では、メニュー画面が変わりましたが、T2のメニュー画面が引き継がれています。
 操作性も全く変わりはありません。
 また、T2から搭載されているフォーカスレバーが何より便利です。

【バッテリー】
 まだ使用期間が3ヶ月程度と短いので評価できませんが、汎用バッテリーを使用すると「パフォーマンスが最
 大に出ません」とアラートが出ますが、問題なく使用出来ています。

【携帯性】
 今までのボディと大差なく、重さも極僅かです。

【機能性】
 T2では動体物を撮影するとピントを外すことがありましたが、こちらでは食いつくように追従してきます。
 また、昔に言われていた初代レンズのAFの遅さも皆無となりました。
 高速連写をしてもブラックアウトの時間が、T2よりも短く(ほぼわからない)て撮影できているのか、不安になる
 ほどですが、しっかりと撮影出来ています。大容量のSDカードでもアッという間にパンクする可能性が高い
 かと思います。

【液晶】
 以前より遙かに見やすくなりました。
 また、縦位置でチルトをする際はボタンを押したままであげれるようになり、T2でレバーを引いて上げる
 よりは使い勝手が向上しています。

【ホールド感】
 グリップが若干深くなり、とても握りやすくなりました。
 縦位置グリップを装着すると、さらに良くなりますが大きくなるのがネックです。

【総評】
 X-T1→X-T2と使い続けて、遂にT3となりました。
 操作性などは変わりありませんが、とにかくキビキビと作動します。
 手ぶれ補正が搭載されていないのが残念な点ですが、レンズ側にあるので特に問題はありません。
 T2から買い換える予定はありませんでしたが、キャッシュバックキャンペーンに乗りました。
 だけど、とても満足しています。すでにT2をお持ちの方にもおすすめ出来ます。
 

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hanachanpompokoさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
0件
デジタルカメラ
2件
0件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性3
機能性4
液晶3
ホールド感5

XT-3を一年間使った感想をレビューさせて頂きます。


【デザイン】
 質実剛健といえばそう。デザインにときめいて買う機種ではないです。廉価版のXT-30の方が「持って歩きたくなる」デザインですね。

【画質】
 文句ないと思います。Nikon D810 との併用ですが、各々特徴的な画像表現ですので優劣は付けられませんが、XT-3の独特の柔らかな色彩表現は「買ってよかった」と思うしかありません。

【操作性】
 Nikon D810,LUMIX GM1と使い分けておりますが、モニター上で操作するよりも全てコマンドダイヤルで数値が判別できるのは超が付くほどのアナログ人間の私には本当に判別しやすく重宝しております。欲を言えば、使用頻度の高いセルフタイマーもコマンドダイヤル上で操作できると良かった。節電のために電源を切るたびにモニターで設定するのはやや不満です。

【バッテリー】
 やや不満。蓄電技術は他社、他機種でも同じ問題ですね。Casioのコンデジの異常なほど持続するバッテリーと比較すると酷かも。


【携帯性】
 センサー、エンジン共にほぼ同性能のXT-30とどうしても比較してしまいますが、強靭性や防塵性を考慮すると仕方ないのかも。若干持ち歩くのは躊躇します。

【機能性】
 総じて良いのではないでしょうか。特筆すべき事は有りませんが、不満もありません。

【液晶】
 モニター画面には差し当たっての不満はありませんが、EVFはまだまだの感ありです。色味が全くイメージとかけ離れ、こればかりは癖に対して慣れるしかありません。次世代の機種では是非進歩を望みます。
 

【ホールド感】
 むしろ本体の重量が安定性を齎せています。この点ではXT-30よりもはるかに勝る点ですね。

【総評】
 画像や操作性は本当に文句なく、永年愛せそうな良き機材です。細かな改良点は次世代に任せたいと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ThinkPadXPさん

  • レビュー投稿数:61件
  • 累計支持数:143人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
44件
レンズ
7件
9件
ノートパソコン
6件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

6年間、NIKON D5200を使ってきたが、今年初めの富士フィルム主催のセミナーに参加した際、X-T2を試用する機会があり、一目惚れしてしまい購入を検討してきた。消費税アップ前でキャッシュバックキャンペーン中の8月末に購入した。

普段使いの標準ズームとして、f2.8通しの16-55mmを同時購入。NIKONレンズではナノクリ60mmマクロが気に入っていたが、マウントコンバーター(KF-NGX2)を介して、露出優先で使用できることが確認できたので、これを継続使用していくことに。AFは効かずMFになるが、元々マクロレンズを使う時は三脚付きMFでやってきたので、問題なじ。慣れ親しんだAPS-Cにも違和感なく、D5200との使い分けで行くことになりそうです。

ミラーレス(液晶表示)の宿命で、バッテリーは全くもたない。大容量化したバッテリーが出ることを期待。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kyu-koさん

  • レビュー投稿数:65件
  • 累計支持数:135人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズフィルター
11件
0件
レンズ
6件
1件
SDメモリーカード
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感3

XF23mmF2 R WRをつけて使っています。
以前使っていたnikonのD750より軽く小さくスナップに向いてる感じが好きです。AFも早いから動く被写体でも追えるしスバラシイ。
D750と比べて握りが浅いですが普通ならこんなものでしょうかね。むしろD750のグリップの深さが異常だったと考えるべきでしょう。
fujifilmに変えた理由はやはり色でした。もっと色にこだわりたい。。。D750のカスタムピクチャーコントロールでフジのベルビアっぽい色を再現しようと頑張ったりしたんですが、まあまあ似ていてもいまいちでした。これはもういっそfujifilmのカメラ買うしかないかなと思いまして。

弱点は
バッテリーの減りがやや早いような気がすること。
ボディ内手ぶれ補正がないこと。
HDR撮影は出来ない事。
フルサイズからAPS-Cに移行したからこそ気になっているのかもだけど、高感度耐性はそこまで高くないかなあということですかね。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった17人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Dカメさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:146人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
4件
デジタルカメラ
0件
1件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性3
機能性4
液晶5
ホールド感4

【デザイン】
T2とほぼ同じですが、両肩のテーパーが無くなってより塊感が増しました。(proシリーズのなで肩もいい加減止めて・・・)
底面の仕上げもより洗練されたものになってます。
見た目は富士が1番カッコイイですね。
【画質】
pro2とほぼ同じですが、カラークロームやエテルナが追加され、表現の自由度はさらに広がった感じです。
ダイナミックレンジもこれだけ広ければ充分だし、フルサイズはもう必要ないかな、と個人的には思ってます。
【操作性】
基本的な事がダイアルで設定できるのはやっぱり良いですね。
AFエリアの選択は画面タッチを使いたいので、タッチファンクションはオフにしてます。
非常に快適で、ファームアップに感謝したい。
【バッテリー】
ミラーレスとしては普通かと・・・
予備が1つあれば安心かもしれません。
【携帯性】
小さければいいという事でもないので、
このぐらいがちょうどいいのかもしれません。
【機能性】
AFの進化にはビックリです。
富士のカメラとは思えない(笑)
アイポイントが23mmあって、メガネの私でもEVFはクリアで見易いし、あとはIBISだけですねぇ。
【液晶】
至って普通です
【ホールド感】
ニコンZやEOS Rに比べると残念な感じですね。
私はデザイン的なバランスを優先して欲しい派なので、ここは泣くしかないのです。
【総評】
IBISが無いくらいで、ほとんど穴のないカメラだと思います。
富士フイルムのカメラもここまで来たか、と。
APS-Cの中では最高のカメラじゃないでしょうか。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

-はなちゃん-さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:93人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
10件
1件
デジタル一眼カメラ
6件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感2

X-T1からの買い替えですので、基本的にT1との比較になります。

【デザイン】
T1と同様の好きなデザインです。

【画質】
写真について
T1ではRAWで選択できる感度がISO200-6400でしたが、T3ではISO160-12800と広がっています。緊急用にISO12800を選択してもRAW撮影できるのは良いことです。
高感度ノイズは、等倍で見るとT1より粒が目立つような気がします。ただし、画素が増えたため同一サイズで見ると、T1より奇麗に見えます。
動画について
T1ではFHDの60pが上限でしたが画質が酷く、使い物になりませんでした。
T3は4K60p、log撮影等も可能で、画質も良いです。マイクも購入して動画撮影にチャレンジしようと画策中です。

【操作性】
T1からすべての面で改良されていると感じます。
Tシリーズの操作系で1つだけ気に食わないのはシャッターボタンの位置。一眼レフのようにもう少し前に出して、斜めに配置されたいですね。大きいレンズをつけると少し持ちにくいです。
このデザインではこうなってしまうのは仕方ないのかな・・・

【バッテリー】
T1より明らかに悪いです。ハイパフォーマンスモードでは特に悪いです。
但し、USB給電・充電が可能なので、移動中などに充電するよう心がけると1日1個のバッテリーでも足りたりします。

【携帯性】
T1と同等ですので特にコメントはありません。
(T1の前はキヤノンの一眼レフを使っていたので、その頃よりはかなり軽くなりました)

【機能性】
電子式レリーズとマイク端子が独立したので、電源投入時の選択が不要になりました。
左側の端子カバーを取り外せるのは良いことだと思います。
スポーツファインダーモードや、電子シャッターでの高速連射は、AF性能の向上と相まってサーキットでの流し撮りの打率を大幅に上げてくれました。
ボディ内手振れ補正はありませんが、特に気にはなりません。

【液晶】
液晶はT1と大差ありません。
当時非常に奇麗でスムーズだと感じたT1のEVFがボロく感じるほどです。
T1のときはまだOVFもあったほうが良いな・・・と感じましたが、T3あればもうOVFはいいやと感じました。
ただし、目の位置が中心からずれたときの像の悪化具合はT1よりも悪く感じます。

【ホールド感】
T1よりは持ちやすくなりましたが、一眼レフやX-H1等とは比べるまでもなく、グリップが浅すぎます。
上にも書きましたが、シャッターボタンのことと合わせて次世代機での改良を一応期待しておきます。

【総評】
T1から2世代進化しましたが、想像以上に良いカメラでした。
コストパフォーマンスの話となると、ソニーのフルサイズのほうがーとか、EOS RPのほうが安いとか色々横やりが入ってくるところです。ただ、純粋に写真機としてみたとき、富士のほうが良くできていて撮っていて楽しいと個人的には思います。慣れているせいもあるかもしれませんが。

少し前からEF-Xマウントのアダプターが販売され始めています。
私はFringerのProタイプを使っていますがこれが非常に優秀で、レンズによってはXFレンズよりもAFが速いです。(EF-S10-18mm等)
また、シグマのArtシリーズのような解像度の高いレンズとも相性が良いですね。
(シグマのレンズは、Art35mm, Art70mm macro, Art18-35mmを使っています)

比較製品
富士フイルム > FUJIFILM X-T1 ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
スポーツ
その他

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Shell@Fujiさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
0件
10件
デジタル一眼カメラ
1件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種
当機種
当機種

【デザイン】

ノスタルジックなダイアル主体のデザインで好感がもてます。軍艦部のレイアウトは昔使っていたNikon F4を思い出しました。大きな露出補正ダイヤルと、シャッター速度ダイヤル、左肩のISO感度ダイヤルの配置が良く似ています。

【画質】

フルフレームカメラとの比較でも通常は不満を感じないレベルです。よほど極端な暗所撮影が頻繁でなければ高感度性能も充分です。
撮ったままのjpgでも綺麗なフィルムシミュレーションが豊富な上、それぞれがカスタマイズに耐える汎用性を備えています。カスタムスロットも多く(7つ)画質調整面で困ることは無いと言えるでしょう。

本機のjpgファイルは簡易なレタッチに充分な画質です。ちょっとした調整のためだけにRAW撮影をしなくて良いのは扱いやすいものです。拙作ではありますが画像をつけました。カワアイサのような頭が黒くて、白い動体の鳥は結構多くて撮影時に難儀するのですが、非常に軟調な撮影ができる本機であればjpgでこれが撮影できるので助かっています。

【操作性】

一眼カメラのインターフェースには2つの評価軸があると考えます。1つはスナップや三脚に備え付けた風景・天体撮影のように、ファインダを覗かずに(主に背面液晶を見て)設定を変えたり、構図を作りたい時の操作。この場合、本機の売りであるフルダイヤル操作は非常に使いやすいものです(以前のモデルからフジの一眼の評価の高いポイントだと思います)。街スナップ等、液晶を軽くチルトし胸の前にカメラを構えて、ササッと撮影するには最強の操作感です。

もう一つは、動体撮影(スポーツ、野鳥撮影)のように、ファインダからひと時も目を離さずにカメラをコントロールしたい時の操作。こうなると、いちいち専用ダイヤルを操作するのは面倒に感じます。超望遠レンズを支えてファインダを覗いたままだと、露出補正もうまく操作できませんし、ISO感度ダイヤルの操作は絶望的です。本機の秀逸なところは、右手親指のダイヤルと、右手人差し指のダイヤル2つで、絞り・シャッター速度・ISO感度・露出補正を設定できるようになる所です。
動体撮影にも強くなり、撮影シーンを選ばないカメラとしてみると、上記の二つの撮影方法に対応できるインターフェースを備えている点は優秀と言って良いでしょう。

ただし、完全に満足のいくものではありません。例えばISO感度のダイヤルに、「A」(オート)の隣に「C」(コマンド)位置があればもっと切り替えは楽でしょうし、レンズの側の設計として絞り操作が混乱しすぎな所など(絞り環が無い、絞り環がロータリー、数値付の絞り環がある、の三種類が混在する)。一層の洗練を期待したいところです。

個人的な不満としては、もっとも確実な操作性が重要と感じる右手親指のダイヤルがうまく回せないことが挙げられます(押し込みの誤動作をしてしまいます)。Qメニューの変更は、他のボタン・ダイヤルではできないので、便利であるはずのQメニュー全体の操作性を低下させてしまっていて残念です(ちなみにX-T2、X-T20のダイヤルであればこのような誤操作はほぼ発生しませんでした)。

続いて、親指AFのしにくさ。動体撮影やポートレート撮影では、親指AFを使う方は多いと思いますがAF-Lボタン、AE-Lボタンどちらを使っても長時間押しているのが難しいです(位置も悪いし、ボタンが薄すぎです)。

また、マニアックな不満が1点。撮影後の画像表示を「連続」にして、ドライブをS(単写)にすると、撮影後画面をメインダイヤル押し込みで拡大表示できます。ほとんどの画像チェックはこれで済む便利なショートカットですが、ドライブモードがCL、CHでは拡大表示ができません。連射モードであっても、最後に撮った画像は表示されているのですから、拡大チェックはさせて欲しいところです。

【バッテリー】

本体のみでも半日の撮影ならば問題なく耐える印象です。大量に撮影する際にはバッテリーグリップを併用しているので、意識することがなくなりました(バッテリーグリップの2つを全て消費したことは一度もありません)。
カタログ表記は390枚ですが、CHモードで連写をするような撮影でしたら1000枚以上は、1つのバッテリーで撮れています。

【携帯性】

X-T20をサブカメラとして併用しています。それと比べると大柄で、背面液晶を使っての撮影ではやや重たく感じることもありますが、レフ機と比べればかなり省サイズの機材です。
軽量なレンズも多く、撮影シーンを選ばずにポートレート、スナップ、風景、動体等と快適に撮れるサイズ感です。

【機能性】

静止画・動画ともに豊富な機能があり、使いきれないほどと感じます。例えば、コントラストの調整を行うにも、フィルムシミュレーションで提供されるフィルムの質、さらにハイライトとシャドウの2つに分かれたコントラスト調整(それぞれ七段階)、ダイナミックレンジの設定がDR100、200、400の三段階、新機能としてダイナミックレンジ優先モード(二段階)。これほどの機能が必要なのかと感じるところはありますが、使いたい部分を使えば良いのですから、多機能なのは基本的には歓迎です。

【液晶】

X-T20では、液晶チルト時にタッチパネルでAFポイントを指定する際の指の動きでアイセンサーが誤作動してしまいますが、本機では問題がありません(チルトした際にアイセンサーがOFFになっています)。

【ホールド感】

通常のサイズのレンズであれば本体のみでまったく問題はありません。しっかりと手のひらに収まります。超望遠レンズを利用する際にはバッテリーグリップが欲しくなります。
超望遠レンズを付けて肩にさげて移動していると、グリップに緩みを感じることがあります。3万円以上する高額なグリップなので、もう少しカッチリと止まって欲しいものです。

【まとめ】

不満点も書いていますが、総じて満足のいくカメラです。
撮影のモチベーションも高まりました。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ごんた1950さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感4
当機種ISO12800 F2.0 5秒での天の川銀河
当機種ISO6400 6.5秒 F2.0 オーロラ
当機種ISO8000 6.5秒 F2.0 オーロラ

ISO12800 F2.0 5秒での天の川銀河

ISO6400 6.5秒 F2.0 オーロラ

ISO8000 6.5秒 F2.0 オーロラ

当機種ISO10000 6.5秒 F2.0 オーロラ
当機種ISO12800 6.5秒 F2.0 オーロラ
当機種ISO25600 6.5秒 F2.0 オーロラ

ISO10000 6.5秒 F2.0 オーロラ

ISO12800 6.5秒 F2.0 オーロラ

ISO25600 6.5秒 F2.0 オーロラ

【デザイン】
見た目のレトロ感がとても気に入って購入しました。
メタリックシルバー部分の高級感、ボディーのレザー部分の質感、ボタンの配置、上部のダイヤル部分、とても考えられているデザインだと思います。デザインは最高です。持っていて目を引くカメラです。
【画質】
日中の撮影は文句なしです。
EVFの画質、LCDの画質共に他機種と比較しても高いレベルにいると思います。
Fujifilmの写真はフィルム時代を思い出させてくれる写真を映し出してくれる印象です。
撮っていて楽しくなるカメラ、すらっと写真撮影に出かけたくなる画質を映し出してくれるのは、本当に素晴らしい。
このレビューはレンズではなくボディーに対しての評価なので、レンズによっては不満が出る場合がありますが、あくまでもボディーの画質ということでレビューしています。

いろんな方が評価しているように、ISO感度が1000を超えると急にノイズが目立ちます。
特に夜景、星空、オーロラの撮影を行う方、あまり高感度を期待しない方が良いでしょう。
自分は星空やオーロラ撮影も行いますので、できるだけ8000以下で撮影しています。
特に12800からはパソコンで小さく見る分には問題ありませんが、タイムラプスでの連続撮影をして動画を作成したり、プリントしたりする方には高感度撮影の写真は実用的なレベルではありません。
ただし、これはレンズにも依存しますので、高感度の撮影を行いたい方は最高品質のレンズも購入検討する必要があるでしょう。
ちなみに、ISO6400以上は、通常の日中や夕焼け、ポートレート、風景、物撮りには使用する機会の少ないレベルなので、通常の撮影に使うISO2000程度ならば非常に高画質です。

【操作性】
これは本当に素晴らしい。
このマニュアル操作で簡単に変更できるボディー上部のダイヤル群は抜群に使い勝手がいいです。露出補正、シャッタースピード、ISO感度の各ダイヤルは、カメラ撮影を行う際に最も頻繁に変更を行う操作です。これを適切な位置に配置して操作性良くクリック感も持たせながら一目で現在の設定数値を確認でき、変更もできるように設計されているのは、ほかのカメラメーカーでは現時点ではありません。
また、前後に2つあるスクロールダイヤルもちょうど親指や人差し指が当たる位置に配置されていて、ファインダー〜目を離さなくても操作できるのはありがたいです。
上部とボディー前面のFncボタンには、自分はホワイトバランスとフィルムシュミレーションを設定しています。
このボタンは少し小さい気がしますし、薄手の手袋をしていると特に上部の小さいボタンが押しにくいです。
ただし、素手で操作する際は、明らかに突起が分るので慣れの問題でしょう。


【バッテリー】
常温(10℃〜35℃)で撮影した際は、LCDとEVFをアイセンサーをONにして使った際、バッテリー1個で450枚程度でした。
公式に発表されている枚数はノーマルモードで390枚ですので、使い方で多少はのびるようです。
LCDをOFFにしてEVFだけで撮影した場合、500枚以上撮影できましたが、途中で何度か写真を確認作業を行ったので、550〜600枚くらい行くのではないでしょうか。
一方、低温(-10℃〜-30℃)での状況では、ほとんどEVFだけでLCDをOFFの状態にして-15℃くらいまでなら300枚でバッテリー残量半分ありました。なので500枚くらいは行くと思います。
-20℃を下回るとさすがに持ちが悪くなります。
同じようにEVFだけで撮影して300枚で残量がメモリ1つです。
なぜかメモリ1つ残っているのにバッテリー切れとなって撮影続行不可能となりました。
まあ、現実的な気温ではないのでそれほど気にするレベルではないでしょう。

結果、通常通りに撮影した画像をチェックしてたまにEVFで撮影して通常通りLCDを使用すると公式の数字前後になるようです。
もともとミラーレスはバッテリーの消費が早いのは致し方ありません。
それが欠点でもあり、その機能をフルに利用できるのが利点でもありますので。
バッテリーは少なくても2つ、3つは持つ必要があります。

【携帯性】
Fujinonのレンズはどれも小さく高性能なので、ボディーにレンズを装着していても携帯性は非常に良いです。
わざとカメラを見れるように斜めかけにして持っているんモおしゃれです。

【機能性】
Fujifilmのフィルムシュミレーションをはじめ、ひとみAF 機能、AF機能など、どれも最高クラスだと思います。
また、標準でBluetooth,WiFiなどの通信機能の充実、外部電源の接続可能システム、SDのダブルスロットなども非常に便利で、機能面で文句なしです。
また、タッチパネルの反応も全く問題なしです。

一点、ボディー内手振れ補正があれば最高でしたね!!

【液晶】
チルト式液晶は初めて使いましたが、フリップ式(CANONなど)より断然に良かったです。
見やすさもとても満足できるレベルです。

【ホールド感】
最初購入した際は自分の手(男性で手袋サイズはLです)には小さく感じていました。
そのため、外付けのグリップの購入をかなり真剣に考えていましたが、いつの間にかこのカメラの持ち方に慣れてきて今は必要を感じません。バッテリーグリップ部分の深みは若干浅く感じますが、左手をひたから添えて持つようにすると非常に安定します。
シャッターボタンの位置は絶妙な位置にあるので、このカメラのホールド感は悪くないです。

【総評】

一言、文句なしです。
もう一台ほしくなりました。
Fujifilm最高です!!
実はフルサイズミラーレス一眼と本当に悩みましたが、携帯性、機能性、デザインのどれをとっても今の自分にはこのAPS-Cミラーレス一眼のFujifilm で納得でき満足しています。
X-T3ちょっとカメラにかじった方からハイアマチュア、またはそれ以上の方にもお勧めします。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Leo_Mさん

  • レビュー投稿数:45件
  • 累計支持数:1071人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
21件
0件
デジタル一眼カメラ
6件
2件
デジタルカメラ
3件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー1
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感1

【追記】
結果、X-T3は歴代カメラ最短期間で売却しました。

個人用途だと、MFもAFもいずれも重要で
AFに至ってはデジカメ進化における
最重要指標の1つだと理解してます。

AFの設定が細かくできるので全て試してみましたが
α7Vには及ばないと判断してます。
他サイト比較記事で瞳AFの合焦率がでてますが
それに近しい体感値かもしれません。

色について云々言い出すと
富士の色味は捨てがたいです。

ただ、VSCOなどのプリセットで
個人用途としてはカバーできるため
ピントがあってることの方が重要で
X-T3を使う理由がなくなりました。

ほどほどのAFで良くて、撮って出し重視
現像など後行程に手間をかけたくない
システム全体をフルサイズより軽量化したい
これらが該当するのであればα7Vよりオススメです。

結局は
利用者の用途に合致するかですので
個人的には☆3つの評価となります。

---
α7VからX-T3への変更で
ファーストレビュー
まだ使い込んでないので
直ぐに気付いたことのみ評価

良い点 α7V比較

・絵作りの幅が広がった
DR、フィルムシュミレーション、カラークロームエフェクト
・クラシカルなボディデザイン
・システム全体で軽量化
・アナログな操作性



悪い点 α7V比較

・AF-Cの打率が半減
動きの早い小動物を室内で撮影する場合
もはや使えないレベル
・バッテリーの持ちも半減
ここは予備でカバー
・グリップ安定しない。無いに等しい
個人的に片手撮影を想定してる
別売のグリップで解決するのか?
・室内撮影でのノイズ、高感度弱い
これは分かっていたので問題なし
・ボディ手ブレ補正ないので辛い
これも分かっていたけどα7Vと比較すると、、、。

初心者の方が購入するなら
圧倒的にα7Vをオススメする

X-T3を購入するひとは
ある程度カメラの事を理解しており
自身のスタイルが明確な人だと思う

使い込んだら改めてレビューします。

レベル
初心者
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった47人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Tellerさん

  • レビュー投稿数:71件
  • 累計支持数:438人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
18件
レンズ
23件
1件
プリメインアンプ
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5

X-T2に買い足しです

【デザイン】
これはFujifilm伝統のクラシカルなデザイン。このデザインは機能美ですね。ファインダーが中央というのは縦位置・横位置でも同じように撮りやすい配置です。


【画質】
 高感度ノイズが云々という下馬評がありましたが、僕はあまり気になりませんでした。X-T2に比べて同じセッティングでもシャープな画が出るような気がします。それと追加されたフイルムシミュレーション(FS)のエテルナが素晴らしい。映画フイルムのシミュレーションですがしっとりとした質感。クラシッククロームの彩度をやや落として軟調で諧調重視のFSです。で、特に注目できるのが露出差が大きい場面での撮影。ぎりぎりまで諧調を出すように設定されています。特に露出アンダーの部分の再現がすばらしい。アンダーで沈んだ部分が、諧調がでてくるのとハイライトの部分が落ち着く感じが秀逸です。また。ASTIAなどのソフトな色彩は女性の肌を綺麗に見せますので、ポートレートでは基本デフォルトでつかってます。Fujifilmの肌は唯一無比ですね。また、今回特筆が、カラークロムエフェクトでうs。これは特に彩度が高い場合に、明るさと彩度を同時に調整してくれるみたいで色飽和を避けながら発色をよくする設定ができます。特にFSでVelviaと併用すると、往年のフイルム Velvia 100Fをシミュレートできるそうです。特に赤色は飽和しにくくなって効果が出ます。女性のルージュだと少しグロスが入った感じになるので、これの併用で初めて女性ポートレートにVelviaモードを使い気になりました。

【操作性】
ほぼほぼ従来道理の操作性。細かい部分では視度調整のボタンがロック式になって不用意に動かなくなりましたし、T2で不満だった箇所がここあそこと改善されています。初めての人にはよく使う操作がボタンやダイヤルに割り振られているので深い階層のメニューを使わず直感的にできるのがいいかと。

【バッテリー】
まずまずのもちです。一応バッテリーグリップも買いましたが、それほど連射もしない撮影なので余裕でもちます


【携帯性】
ほぼほぼT2と同じくらいの大きさで、持っていこうという気になります。まあ、コンデジ代わりというのは少し大きいですがw


【機能性】
T3ではこれが魅力。画質とAFでT2からの買い替えを進めます。特にポートレートでは瞳AFが強くなったのが特徴的です。XF56mmF1.2APDを愛用していますが、随分AFの合焦率がよくなりました。APDのためにこのカメラを買ってもいい、そういう仕上がりです。それとPCのソフトとすごく連携がいいんですよ。PCのX-RAW Studioが秀逸でPCに保存したRAWファイルをカメラ内に転送し現像後またPCに戻すという作業をしてくれます。特に、FUJIFILMのJPEGの色が好きなユーザーは是非RAWを併用して後でカメラ内現像をいろいろ試すのがお勧めです。


【液晶】
これはまあ可も無く不可もなく。きちんと見れますが、FSの違いがばっちり見れるほどでもない液晶なので、「あんまりかわんないなー」とかいってFSをおざなりにするのは後で後悔しますw。まあ、ピンと露出の確認には困りませんw

【ホールド感】
これは十分です。ホールドしにくくてぶれるって言う事はないのですが、赤バッジのレンズなどはバランスが悪いので縦グリを使ったほうが安定します


【総評】
 X-T2を愛用しているので結構購入に悩んだ新機種。X-T2を勧めるのは大体T2からT3に買い換えたユーザーです(僕もですが)。それほどT2のユーザーの意見が反映されています。唯一の不満がボディ内手振れ補正を実装しなかったことくらい。まあ、高感度が使えるのでいいんですけどね
 少なくともポートレートフアン、APDファンは後悔しない完成度を持ったカメラです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ふぇいすていんさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感2
当機種イルカショーもAF-Cとワイド/トラッキングで
当機種他社製レンズを使うならやはり手ぶれ補正はほしい...
当機種撮って出し。ピントは合いやすいです。

イルカショーもAF-Cとワイド/トラッキングで

他社製レンズを使うならやはり手ぶれ補正はほしい...

撮って出し。ピントは合いやすいです。

当機種暗所に強いってのはおもしろい
   

暗所に強いってのはおもしろい

   

X-Pro2からの買い替えです。

画質は言われているほどノイズは気になりません。むしろX-Pro2よりAFが速いし連写もバッテリーグリップをつけなくても11コマ/sと、この点においてはあのX-H1をも凌駕していると思います。

新たに追加されたモノクロ調整は意外と楽しいです。私はRAW現像を基本しない上にレタッチもあまり好きではない頑固者なので1日にいくつの電池を消費してでもレタッチをしなくていいような写真を撮りたいのでそういう人にはうってつけの機能だと思います。

X-T3を購入後しばらくしてX-H1も手に入れたのですがやはりこの2台の大きな差はホールド感と手ぶれ補正です。ホールド感はやはりX-H1が勝っています。X-T3には別途グリップをつけているのですがそれでもH1の方が握りやすいです。

ボディ内手ぶれ補正があるのと無いのとではこんなに違うんですね...X-T3も手ぶれ補正が内蔵しているレンズならどうってことはありませんがアダプターを介してオールドレンズで夜景を撮るときに差が出ますね。オールドだけでなくXF16-55/2.8のような手ぶれ補正が内蔵していないレンズを低速シャッターで手持ちで撮れるのがX-H1で、手ぶれ補正が内蔵しているレンズならコンパクトで軽いX-T3です。

余談ですが今後X-H2に暗所に強くなったX-T3の機能とX-H1のボディ内手ぶれ補正が搭載されたらもう富士APS-C最強のカメラだなぁって...今後の機種までさえワクワクさせる..そういう意味でもX-T3は成功していると思います。

あと暗所に強いというのは間違いなくメリットです。品川の某アクアパークのイルカショーで試したのですがあの暗さでイルカにバシバシとピントが合うなんて本当にすごいです。おかげで楽しいイルカショー鑑賞になりました。

レベル
初心者
主な被写体
風景
子供・動物
夜景

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yamadoriさん

  • レビュー投稿数:136件
  • 累計支持数:1168人
  • ファン数:50人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
19件
3999件
レンズ
40件
1213件
デジタルカメラ
12件
1002件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー1
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

デザイン
 ・気分転換にシルバーをチョイス。X-T2ブラックと2台持ちなので、一目で識別できるので便利。
 ・カメラ上面から見るだけで設定値が判るので機能美に溢れる素晴らしいデザインです。 (SSダイヤル、ISO感度ダイヤル、露出補正ダイヤル、レンズ鏡胴の絞りリング)
画質
 X-T2とほぼ同等画質だけど、なんとなくX-T3の方がクリアな感じがします。
 画質そのもは素晴らしく、フイルムシミュレーションを切り換えて異なる仕上がりを楽しめます。
操作性
 フジ独特のメニュー操作に慣れているので、可も不可もなし。
 ただしタッチパネルによって、ファンクションの割り付けが増えたので3→4に加点。
バッテリー
 相変わらず電池持ちが悪いです。寒いときの夜景や星景撮影ではVG-XT3は必須なので減点。
携帯性
 比較対象が、買替前のニコン一眼レフD810、D500なので、軽量・コンパクトなX-T3の携帯性はエクセレント。
機能性
1.X-T2と比べて次の機能が、とても便利で嬉しい。
 ・リモートレリーズΦ2.5mm端子が独立し右側に移ったので、悪天候、極寒時撮影でもリモートレリーズが使えるようになった。
 ・カメラ内水準器に俯瞰方向が加わった。
 ・VG-XT3を装着しなくても毎秒「11コマの連写が出来るようになった。
2.AFが本当に早くなったし、各種動作もキビキビと早くなった。
液晶
 まあ、こんなものでしょう。
ホールド感
 悪くないです、不満は無いです。
<総合>
 X-T2ユーザーですが、X-T3を買い増して正解だったと喜んでいます。
 でも困ったことに設定できる機能がX-T2から追加されたので、ユーザーインターフェースというかファンクション割り付けがX-T2と異なるため、2台同時使用時に不便を感じています。
X-T3二台持ちになってしまうのかな。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コスト子さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
99件
デジタル一眼カメラ
2件
37件
タブレットPC
2件
33件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
どのレンズにも似合うデザインです。
今回のシルバーカラーは見るたびに嬉しくなります。
ストラップなどでドレスアップすると一層にカッコよくなりますよ!

【画質】
Xシリーズは初代から使っていますが、
T3はまた画作りが変わった印象があります。
前世代からは更に繊細でシャープになった印象を持ちました。
気になるのは、オートホワイトバランス。
少しグリーン寄りに転ぶ事が多くなったように感じます…
ネットでは色々言われていましたが、私は全体的に高画質になったなと感じています。

【操作性】
人間工学的になったというか…
ストレスがない操作性です。
また、シャッターフィーリングが、他のモデルを含めても一番好みです。
撮影していて本当に楽しい。。
ただ、私のT3は背面ダイヤルが少し固い個体でした。
T1の時にもそんな話がありましたね…
個体差があるのは相変わらずでしょうか。
あと、タッチパネルを使うときにT20ではアイセンサーが敏感に反応し過ぎていましたが、T3ではそんな事がなくて嬉しく思いました…

【バッテリー】
私の使用では、一回フル充電で通常撮影では300枚くらいです。
0℃を切るような場所だと、もっと早くなくなります。
予備バッテリーは必需でしょうか。
何となく、バッテリー残量表示が曖昧な気もします…

【携帯性】
T20よりは大きく重くなりますが、私は気になるレベルではありません。
グリップ感や操作性を考えると、この大きさが丁度よいでしょうか。

【機能性】
色々ついていますが、私がいいなと思ったのは…
「カラークロームエフェクト」、「ダイナミックレンジ優先」、「画像転送予約」です。

【液晶】
EVFは見やすく背面液晶モニタも見やすいと思います。
縦位置のローアングルが特に楽になりました…

【ホールド感】
これも随分良くなりましたね。
XF55-200mm位の大きさまでなら、外付けグリップは不要です。

【総評】
タイトルに書いた通り、ストレスがなくトータルバランスに優れたカメラです。
Xシリーズは色々使っていて、直近ではX-T20も使っていました。
X-T3はレンタルをして、購入をすぐに決めたカメラです。
実際に撮影してみると分かるかと思いますが、本当に扱いやすく撮影していて気持ち良いカメラです。
細かな改善点はまだありますが、これ以上進化するのかな…?
満足度は満点です!

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

rosepodさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4

【デザイン】フィルムカメラのいいところとデジタルのうまく融合された仕上がりで以前XT-2やXPRO-2使用者としてはほぼ申し分ない
      とても良い優れたデザイン(工学的、スタイルや大きさ、操作含め)

【画質】  以前のXPROセンサーTRANSX3でも十分好い絵を2.4MPで出していたのに加え、さらに余裕の2.6MPまでアップグレードし、
      カラーグレーディング機能も追加され申し分ありません。

【操作性】 XT2使用者のコメントや意見を取り入れているメーカーとしての姿勢には頭が下がります!感謝します!
      かなり改良された印象です。ホールドもアップ、AEやAFボタンも押しやすくなり、タッチスクリーンも加え、
      ファインダー調整つまみも動かなくなりました。ユーザーにはとてもありがたい改良箇所です。

【バッテリー】極端に減るといった傾向には無いように感じます(XT-2比べ)。

【携帯性】 XT-2同様でペンタ部分はあるが、コンパクトでバッグに常に入っています。

【機能性】フェイスやアイ・ディテクションはかなり進歩し、Sonyのそれに近い。プリ撮影やSportファインダーモードはかなり使える新機能で
     個人的にはカラーグレーディングはとてもありがたいです(JPEGをPC上で加工する手間がすごく減りました)。FujifilmのRAW
     はCAPTURE ONEが対応したことで現像時、中途半端でうまくいかなかったLIGHTROOMやON1を使う頻度も出番なくなりま
     した)。4K 60FPS 10BIT 10:2:2対応は動画にこだわる方には必須でしょう(世界初?)。

【液晶】 申し分ないがフリップタイプにしてはどうでしょうか?
     ファインダーの倍率は少し調整されたがドット数は定評あるXH-1と同じで素晴らしいの一言です。(フルサイズミラーレス並)

【ホールド感】XT-2対比で見た目を損なわずグリップはずっと良くなりました。ただF2,8ズームレンズにはアクセでグリップ又はバッテリー
       グリップはあった方が良いでしょう。

【総評】 色んなメーカー、様々な方の見解等あると思われますが、一言でまとめるとミラーレスカメラの中ではツールとしての「カメラ」
     写りとしての「写真」、「色」、「画」、先進デジタル機能に合わせ、買った人の喜びを使って、見せて、持っていて満たす一台で
     はないのでしょうか?(私見です、少なくとも2018年11月時点でのお話です。)

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった35

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X-T3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

FUJIFILM X-T3 ボディ
富士フイルム

FUJIFILM X-T3 ボディ

最安価格(税込):¥98,251発売日:2018年 9月20日 価格.comの安さの理由は?

FUJIFILM X-T3 ボディをお気に入り製品に追加する <986

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意

FUJIFILM X-T3 ボディの評価対象製品を選択してください。(全2件)

FUJIFILM X-T3 ボディ [シルバー] シルバー

FUJIFILM X-T3 ボディ [シルバー]

FUJIFILM X-T3 ボディ [シルバー]のレビューを書く
FUJIFILM X-T3 ボディ [ブラック] ブラック

FUJIFILM X-T3 ボディ [ブラック]

FUJIFILM X-T3 ボディ [ブラック]のレビューを書く

閉じる