WH-1000XM3 レビュー・評価

WH-1000XM3

  • 独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載したワイヤレスヘッドホン。プロセッサーの処理能力が前モデル比の4倍となっている。
  • ノイズキャンセリング機能をユーザーの装着状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」を採用。ワイヤレスでハイレゾ相当の高音質を楽しめる。
  • ヘッドホンを外さず周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」、音楽を聴きながら周囲の音も聞ける「アンビエントサウンドモード」を搭載。
WH-1000XM3 製品画像

拡大

WH-1000XM3 (B) [ブラック] WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]

部門別ランキング

最安価格(税込):¥32,232 [プラチナシルバー] (前週比:+732円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年10月 6日

店頭参考価格帯:¥32,500 〜 ¥37,584 (全国738店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ WH-1000XM3のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • WH-1000XM3の価格比較
  • WH-1000XM3の店頭購入
  • WH-1000XM3のスペック・仕様
  • WH-1000XM3のレビュー
  • WH-1000XM3のクチコミ
  • WH-1000XM3の画像・動画
  • WH-1000XM3のピックアップリスト
  • WH-1000XM3のオークション

WH-1000XM3SONY

最安価格(税込):¥32,232 [プラチナシルバー] (前週比:+732円↑) 発売日:2018年10月 6日

  • WH-1000XM3の価格比較
  • WH-1000XM3の店頭購入
  • WH-1000XM3のスペック・仕様
  • WH-1000XM3のレビュー
  • WH-1000XM3のクチコミ
  • WH-1000XM3の画像・動画
  • WH-1000XM3のピックアップリスト
  • WH-1000XM3のオークション

満足度:4.35
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:88人 (プロ:1人 試用:2人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.45 4.16 123位 見た目のよさ、質感
高音の音質 4.19 4.15 215位 高音部の音質の良さ
低音の音質 4.22 4.14 203位 低音部の音質の良さ
フィット感 4.36 4.08 131位 装着したときのフィット感など
外音遮断性 4.68 3.81 15位 外の音を遮断するか
音漏れ防止 4.50 3.76 35位 音漏れを防止するか
携帯性 3.73 3.77 260位 コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

WH-1000XM3

WH-1000XM3のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「接続対象:ポータブルプレーヤー」で絞込んだ結果 (絞込み解除

Toyo6811さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
67件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
2件
タブレットPC
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性2
音漏れ防止無評価
携帯性3

【デザイン】
欧州メーカー品にちょっと寄せた感じがしますが、アリかと。
【高音の音質】
XM2より出てますね。アリです。
【低音の音質】
SONYですw 王道のSONYの音です。好きですw
【フィット感】
耳をすっぽりと覆ってくれます。パッドのフィット感も良好。もう少しフィット感が欲しくなったらDEKONIのパッドを試してみようかと。
【外音遮断性】
FW2.0までは無敵でしたが4.1.1で大劣化。
【音漏れ防止】
わかりませんが無いとは思います。
【携帯性】
まぁヘッドホンですし。妥協が必要w
【総評】
FW2.0は最強でした。電車の走行音だろうが車の走行音だろうが地下鉄乗車時の騒音だろうが繁華街の雑踏音だろうが煩い子供の声だろうが一切を綺麗に消し去り、そら恐ろしい程の静寂。
しかし4.1.1。なんじゃコレは!!
環境音、声、アナウンス…ほぼ丸聞こえ(怒)
BOSEどころか他社NCヘッドホンにも負けてる。
海外のらなんちゃらaudioとか言う批評団体(団体ぽいネーミングですが明らかに個人でやっとるw)がyoutubeで2.0と4.1.1の比較して(っても測定器等で分析してするでも無く、おっさんが自分で使って比較w)ましたが「差は無い」とか言ってる。
いやいや全然違いますしw
日本で話題になるより以前に既に欧州では騒がれています。欧州の批評家サイトでは明らかに性能劣化してと断じ、SONYに見解を求めています(回答は模範的で、問題は把握してしているが調査中、とだけ)。
4.1.1の問題は何もNCだけでは有りませんよ。
2.0と比較してして明らかにBluetoothの接続安定性が大劣化。途切れ捲って聴けたものではありません。
私なりに試してみたところ、DAPと接続して状態しながら、コントロールアプリを使用すべくiPhone又はスマホともBluetooth接続する事が大きな要因かと思います。DAPとだけ接続する分には大丈夫(かと言って絶対切れない事は無い)。
だったらアプリの意味が無いのでは?とSONYさんに突っ込みたいところ。
因みに、2.0はDAP及びスマホと並列接続するしても、一度も途切れた事は有りません。通勤及び帰宅ラッシュの京都駅大阪駅でも一度も無い。
もう一つはタッチパネル。FW4.1.1にしてから反応が渋い。特に再生停止の操作が中々反応してくれません。使い難いったら無いですわSONYさん。
以上、長々と書いてしまいましたが本当に改悪です。
まだ4.1.1にしてないユーザーさまは絶対アプデしないほうが良いです。
これから購入を検討している方は修正アプデを待つか、BOSEさんに行く事をお勧めしますね。
その方がストレスが無いですよ、本当に。
<追記>
因みに私は一度売却し、ヨドバシで「2.0版」に当たるよう一縷の望みを掛けて再購入しました。
結果は4.1.1でした(T ^ T)
見分け方ですが、パッケージにalexaロゴがプリントされている個体は4.1.1です。
店員様に聞いてみましたが既に在庫は全てalexaロゴ付きの様です。店頭購入で2.0(ロゴ無し)に当たる確率は限りなくゼロに近いかと。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった24人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

天授さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:102人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
0件
3件
キーボード
2件
0件
電気毛布・ひざ掛け
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質3
フィット感3
外音遮断性5
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

ウォークマンに繋いで音楽(主にクラシック)を聴いています。やはりワイヤレスは便利で良いです。厳密な音質はというと、オーケストラの盛り上がる部分は中低音楽器は粒立ってない、つまり、楽器のセパレーションが悪いです。これは密閉ヘッドフォンだから仕方ないでしょう。この機種に限って悪いという意味ではありませんので誤解のないように。
バイオリンなどの高音部を担う弦楽器の音は予想よりも良いです。突き刺さる感じもなく聴きやすいですが、美しい倍音を求める方には物足りないと思います。昔のオーディオで言うなら、山水のアンプを使った音に近い感じがします。
しかし、上記はあくまでも音そのものに関する体感です。どんなに良いコンサートでも、近くで話しをする人がいたら台無しになるのと同じで、音楽を楽しむには音質以外にも、ノイズリダクション効果は想像以上に大きいことを経験させられました。題名にも書いているとおり、ノイズが無いというのは相当な音質向上効果があります。総合的な結果として、満足できる音質です。
さて、装着感ですが、肌寒い今でも暑苦しい感じがあるので、夏は使い物にならないと思います。汗が耳の中に入りそう。
良い音楽を聴いて快感を得られても、装着感が少し残念な結果で不快になるのはもったいないですね。つまりは外出中に使うことを前提な商品なんでしょうね。その分携帯性が良くなっているのでしょう。
私は深夜の自宅で使用することが多いのですが、それでもノイズリダクションは重要だと感じました。自称オーディオマニアの方も、1度使って見て欲しい商品です。
さて最後に、音量アップダウンやT曲戻る、進むはヘッドフォンの外側を撫でて操作するのですが、音量アップしたつもりなのに次の曲にいってしまうなどの誤作動(誤操作?)が多発します。そのうち慣れるかも知れませんが、これは使いにくいです。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Zebell6500さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCケース
0件
4件
CPU
0件
3件
ゲーム機本体
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質3
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止3
携帯性3

購入後一ヶ月がたったので追記します。

【デザイン】
シンプルながらも高級感があっていいと思います。
長く使っていきたいと思っているので
イヤーパッド交換できれば良かったけどなあ

一ヶ月使ったのみですが、だいぶ柔らかくなってきました。
慣れてきたってのでいいのですが、耐久性が気になります。
表面が高級感あるサラサラ加工です、手汗に対する耐久性に不安を感じます。
こういう加工は長い間使ってるとペリッとめくれてきちゃいますから。

あとパッと見電源ONになっているかがわかりにくいです。
電源ボタン近くにLEDがありますが、あれはBluetoothペアリング中くらいしか光らず
電源がONであっても特に点滅もしません。
したがって使い終わって(電源を切るのを忘れて)机の上に置きっぱなしにしたり
ポーチに入れてしまったりしました。電源つけっぱなしでポーチに入れたあと使ったら
ピッピッなってモードの切り替えがおぼつかなくなる現象が起きました。
電源切って充電したら治りましたが、だいぶビビりました。
電源ON/OFFがすぐに見分けられるようにして欲しいです。
【音質】
最高の音質とは言えませんが、
無線ですし、素晴らしいとは言えます。
ノイズキャンセリングのおかげで音を聴きやすくなっているので
その点も含めるとベストです。
5000〜6000円のヘッドホンを使ってきた自分としては
今まで聞こえてこなかった音も聞こえてきてとても満足しています。
【フィット感】
少しきつめかな。ちょうどいいです。
重いので頭を激しく動かすと落としてしまいそうですが。

最近暑くなってきたので当たり前ですがよく蒸れます。
夏場は空調の効いた、汗をかかない環境でのみの使用になりますね。
【外音遮断性】
すばらすい。途方もなく。
一度お試しあれ。
何も音楽を流していない状態でもかなり周りの音を遮断してくれますが、
それでも周りの音(人の声、物音、騒音)は聞こえます。
何も音を聞かないのであれば普通の耳栓などで良いでしょう。
やはり音楽試聴ができるヘッドホンであるからこそ価値があります。
ロックやポップ、エレクトロニカ、カルメンみたいな激しいクラシックを聴いてる時は
周りの音は全く聞こえません。自分の手を叩いても音が聞こえないので、不思議ですよ。
ジャズや静かなクラシック、静かなムードの曲では外の音は若干聞こえてしまいますかね…
それでも普通のヘッドホンに比べればとても聴きやすいです。
前使ってた同じ密閉型のMDR-ZX750(これもいいヘッドホンでした)は
どんな曲を聴いても周りの音ダダ聞こえでしたから。


【音漏れ防止】
頭につけているときはそんなに音漏れしている印象はありません。
ノイズキャンセリングのおかげで音を小さくしても十分聞こえるので
外に音が漏れるほどの音量で聴くことはないでしょう。

【携帯性】
ポーチがついているのでそれに入れて持ち運んでいます。
ノイズキャンセリングで外の音が聞こえなさすぎるので
帰って危ないと思い、座った時か家で使うようにしています。


【総評】
カフェや人が多い場所でも勉強や読書に集中できる環境が欲しいと思い購入しました。
ノイズキャンセリング機能があるヘッドホンを店頭で数種類試しましたが、一番ノイズキャンセリングのレベルが高く
Bluetoothでの音質もバランスが取れていると感じたので購入しました。
読書に使うと一瞬で本の世界に入れます。素晴らしいです。
(バージョン更新してなくて良かったあ)

繰り返しになりますが、よく使い終わって電源を切り忘れてたり、切ったと思ってしまったら
まだ電源入ってた、なんてことがよくあります。僕が悪いんですけどね。
Headphones Connectのアプリなどで切り替えられる自動電源OFF機能が欲しい今日この頃です。

余談ですが、街中でこのヘッドホンをつけている人をよく見かけるようになりました。
売れてますねーこれ、いいですよ。購入を迷っているそこのあなた、お財布が許すなら買ってご覧なさい。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった6人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ym2151_with_PSGさん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:512人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
11件
31件
スマートフォン
7件
2件
Bluetoothスピーカー
5件
3件
もっと見る
満足度1
デザイン5
高音の音質3
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性5

最初のレビュータイトルは、「前機種MDR-1000Xとは別次元、音質はバランス機に及ばず」です
以前はMDR-1000Xを使っていました。
音質はNW-ZX300と有線で接続し、所有している下記3機種と比べました
・WI-1000X
・ATH-SR9(バランス純正品オプションケーブル、ハイゲイン出力)
・XBA-N3(バランス、MUC-M12SB1使用)

【デザイン】
MDR-1000Xより高級な感じの塗装やキャリングポーチのデザイン
銅をあしらったデザインが秀逸。

【高音の音質】
高音の解像度はバランス機(XBA-N3,ATH-SR9)に比べると劣り、
ボーカルは曇るが、下位の価格帯のヘッドホンより
ずっと明瞭で良い音が聞ける
ATH-SR9 > XBA-N3 > 当機種 > WI-1000Xの順でよい

【低音の音質】
ドラムの音などが明瞭で量も多い
XBA-N3 > 当機種 ≒ ATH-SR9 > WI-1000Xの順でよい

【フィット感】
確実にMDR-1000Xより進化している。長時間つけていても痛くならない
装着感が格段に前からよくなり、BOSEの機種と比べても装着感はよくなりました。


【外音遮断性】
【音漏れ防止】
無音時、男性の声は殆んど消えるが、女性の声は微かに聞こえる
音楽をかけると殆んどの外部の音は消え、自分の足音もわからなくなる
以前(MDR-1000X)ではゲーム音楽など無音部分が多い楽曲ではやや外音は聞こえたがこの機種ではそれも静寂になる
風の耐性はMDR-1000Xより良い。エアコン程度の風なら風切り音は聞こえない。扇風機の強風の30cm前だと風切り音が聞こえる。


【携帯性】
キャリングポーチのデザインが良い。容積はMDR-1000Xと同じだがポケットが増えて便利になっている

【耐久性】
前の機種など(MDR-1000Xなど)で気になっていたアーム部分は金属で補強されているみたいです。
触った感じ冷たかったので金属だと感じました。
アップロードした写真を見ても前の機種とアーム部分が違うのが分かります。

【総評】
音質は非ノイキャンのバランス接続機には一歩譲るが、ノイキャン力は今まで感じたことがない次元で高い。
低音が個性を付けられていて聞いてていい音だと思います。
また、アプリで細かい調整ができて、オートオフを無効にできるため、音楽を聴かない状態での騒音対策でも使えます。
前評判通り期待を裏切らない機種でした。試聴しないで買いましたがいい買い物でした。

---------------------------------------------------------
【追記】
ファームウェアを4.1.1にアップデートしたところ、電車内での各種ノイズ(しゃべり声、足音、モーター音)やファンの音が聞こえてくるようになりました。この現象は世界中で指摘されており、私みたいな聴覚過敏の人には死活問題です。

主な用途
音楽
ゲーム
テレビ
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった39人(再レビュー後:29人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とりあえず…さん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:480人
  • ファン数:56人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
30件
2372件
ヘッドホンアンプ・DAC
6件
79件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
77件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

もう既にレビューされ尽くしているとは思いましたが一応書き残しておきます。
送信側にはWALKMAN「NW-A45」を使用しています。

【デザイン】
とても無難。
通勤時のスーツ姿でも違和感は無いでしょう。

【高音の音質】
エージング終わるまでは多少キツめに感じました。
しかしながら100時間程度使用すればその感覚は無くなりました。
その状態で、BT機では解像度高い方ですが、有線モデルと比べればやはり眠い感じです。

【低音の音質】
SONYのヘッドホン共通ですが量感はやや多めです。
一般的に外出時に使うヘッドホンは外音に打ち消されるので低音やや強めが望ましいのですが、このモデルはNCが強力なのでストレートに低音多めに感じます。
締りが無くは無いのですが有線の「ATH-WS1100」などと比べると緩く、またそれ程下の方から出ている感じではありません。

【フィット感】
圧迫感も感じませんし軽いし遮音性高いし良好だと思います。

【外音遮断性】
NCの性能は抜群です。
地下鉄であっても音楽を再生していれば外音は殆ど感じられません。
そして昔のNCのようなホワイトノイズやツーン感もほぼ感じません。

【音漏れ防止】
優秀です。
NCが強力なので非NCモデルに比べ音量を絞れることもあると思います。

【携帯性】
折り畳めるのでカバンに収納し易いです。

【総評】
全体的な傾向は低音強めのややドンシャリで音場はそれ程広くないですが定位は結構良いです。

BT接続について、色々聴き比べましたがLDAC接続でこそ本領発揮できます。
私のスマホはLDAC対応なのですが音飛びが酷くダメでした。(但し、音質に殆ど差はありません)
WALKMANなら胸ポケットに入れている限り満員電車内でも途切れません。
多分SONY同士で相性が良いのでしょう。

絶対的な音質では有線タイプではもっと安価な「MDR-1AM2」クラスの方が上です。
ただし、有線の場合はDAPの性能にも依存されます。

満員電車で使う私としてはこのモデルは
・ケーブルが無い(BTなので当然w)
・NCが超強力
・右ハウジングでDAP操作ができる
・「クイックアテンションモード」(外音取り込みモード)が便利
と色々なアドバンテージがあります。
それと一度きっちり満充電すれば本当に約30時間使えるのは凄い!

有線でも非NCだといくら高音質でも電車内だと外音のせいで雑音が入ります。
私のような用途であればNC性能の方が有効なのだと思い知りました。
とは言えBT・NC機では現状最高音質のこのモデルに出会ってこそではあります。

今後、もっと高音質なモデルを期待したいのですが、BTモデルはヘッドホン本体に受信機・DAC・アンプ・バッテリーを積み込む必要がありますので、単に高音質を追求すればとてつもなく重たいものになってしまうでしょう。
将来的に技術革新があるかもしれませんが、現状で実用的な重量を考えるとこのモデルが高バランスでまとめあげられていると思います。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

 犬 介 さん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:0人
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

【デザイン】
WH-1000XM2に比べて金属板が減った分ソリッドな感じが減った。指紋が付かないところは よいかも。ブラックに関しては前作の方が格段に良かったかも。

【高音の音質】
つんざかない音。そして機械的な成分が濾されてる。

スイープ信号を聞いてみると位相のズレも少なく低域から高域までフラットですが、音楽を聴くと中域が一番おいしい感じです。
密度は高いけどくっきりした音ではないので電子音の音楽を聴くと張合いのない印象になるけど、クラシックの管弦楽が良すぎてうっとりです。普段聴いてるオケのあのホールトーンがこれほど芳醇に出てくるヘッドホンは少ないです。全域にわたって甘美な音がしています。MDR-1000XがサントリーホールならWH-1000XM3は東京芸術劇場になりました。しかしジャズやポップスを聴くなら個人的にはWH-1000XM2かな。3に比べたら機械的ではあるけど。

【低音の音質】
輪郭は甘いけどクラシックの場合はこれくらいで良いです。

【携帯性】
専用ケースがあり、合理的にできていて収納は慣れるとすぐです。ケーブル使わないから、ケースの出し入れが苦にならないと思います。

【総評】
Bluetoothのヘッドホンはデメリットを語られますが、WH-1000XM3はメリットばかりを感じる音の具合です。モデルごとの進化度が大きい分野みたいです。Bluetoothだと有線に比べて解像度は落ちるけどヘッドホンはスピーカーのように解像度は高くないからこれでもいいような気もします。また、昔のKENWOODのMG-G608でBluetooth接続して聴いてみたら最新のWALKMANより2段階くらい高音質で (昔のコーデックなのでDレンジが狭くて微妙に音割れはするけど)、LDACやapt-X HDなどのコーデックは、相対的に見るとそんなに重要なのかな? と思いました。ディナウディオのデモでもハイレゾという文句に踊らされすぎと(中略) 録音がよければCDでもいい音なんでした。
Bluetoothのメリットは損失や歪みが少ない分ピュアな音が出ること。そのユニットを駆動する専用のアンプを設計できること。オーディオ店で同社の据え置きのハイエンドと比較試聴したけれど、そのピュアな音色では勝っていました。うっとりとするのはそれが原因かな。

参考になった6人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

普通で一般的な人さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:131人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
17件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン4
高音の音質2
低音の音質1
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性2

当方、SONYのヘッドホンはMDR-1R・MDR-1RNC・MDR-1RBT-MK2・MDR-1ABTを所有しています。
ノイズキャンセリングヘッドホンとしてほかにB&O H8も所有
※前記MDR-1RNCもノイズキャンセリングヘッドホンです。
※MDR-1ABTはBluetoothヘッドホンとしては抜群の完成度を誇ると思っています。

事実上の後継機が無いのでWH-1000XM3を購入。
結論としていえるのは、「稀に見る駄作」でした。

【デザイン】
個人的には可もなく不可もなく

【音質】
ノイズキャンセリングON−OFFでの音質変化は多分業界でもトップクラスに少ないと思う。
しかし、肝心の出てくる音質がまるで駄目。

全般的にすべての楽器が人工的な音になる。
生楽器が生楽器の音に聞こえないのは致命的欠点。
開発者は生音とWH-1000XM3から出る音を聞き比べたことがあるのか?と疑問に思うほど酷い
生マンドリンの音がマンドリンの音に聞こえない
バイオリン(ストラディバリウス)の音が安物の電子バイオリンの音になる

おまけに低音を盛りすぎていて音楽としてのバランスが悪いので、低音がやたら出ていると気持ちよく聞こえるような音楽にしか向かない。
私みたいにクラッシックからJAZZ・ロック・洋/邦ポップス・EDM等幅広く音楽を聴くユーザーからしたら使い物にならない稀に見る駄作と言っていい。
はっきり言って評判の良さで無試聴購入して失敗したと思った。

また、本機はアプリで音質調整が可能だが、この場合コーデックがSBCでしか転送が出来ず音質には致命的に響く。APT-XやAPT-XHD・LDAC等のコーデック使用時に音質調整できない半端な機能なら搭載しない方が良いと思う。

【フィット感】
これについては素直に見事と言ってもいいと思う。
SONYのヘッドホン共通の弱点と言っていいヒンジ部の異音も出ていない。

【外音遮断性】
流石に最新のノイズキャンセリングヘッドホンなので遮音は素晴らしい。
これが購入理由だったが、出てくる音質がとにかく残念すぎる。

【音漏れ防止】
ノイズキャンセリングのおかげで音量を上げる必要が無い

【携帯性】
オーバーイヤーヘッドホンとしてはコンパクトに折りたためるのは良いと思う
MDR-1ABTよりは小さくたためる

【操作性】
MDR-1ABTに明らかに勝っているのはこの部分だ操作性は確実に進化した。

【総評】
ここまで音質がダメだと大変厳しい評価しかならない。
開発者はもう一度MDR-1ABTの音を聴きなおしたらどうか?
MDR-1ABTも原音に比べると少し音が派手だが、ここまでは許容範囲だと思う。
しかし、WH-1000XM3の音作りはEXTRA BASSシリーズでもないのに明らかにやり過ぎ。
4万近いヘッドホンでここまで駄目な音のヘッドホンも珍しい。

評判が良いモデルだったので、無試聴で購入したがこの程度なら価格なりの価値はない。
MDR-1ABTのほうがヒンジ部のがたつきや異音の問題があるにせよずっとまともな音がする。
携帯用ならノイズキャンセリングの面では駄目だがB&O H8のノイズキャンセリングをOFFで使った方がずっと音は自然でまともだ。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

STAR15さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

他の方も装着性やノイキャンのことは書いておられる通りmx2とは格段に良くなっているので割愛します。

あまり書かれていないmx2との音質での違いを評価したいと思います。素人の耳なので目安程度でお考えください。

【高音】
mx2より音の広がりを感じられ特に女性ボーカルの声がイコライザをいじっても他の音に負けないほどハッキリ聞こえるようになった
【中音】
ここは顕著な差は見られないが高音のノビや低音の締まりによってmx2では隠れていた楽器の音が少し増えて表現力が若干増したと感じた
【低音】
あまり他のレビューを見ても評価されておらず個人的に低音好きなので購入前は少し不安だったがかなり変化があると言える。
mx2と同様、イコライザとサラウンドをいじることでかなりの低音を得ることが出来る。しかし、mx2では締まりがなく他の音を殺してしまうような低音だったものがmx3だと締まっている上にパワーも増しているのでカスタム次第で低音だけを楽しむようなトランス系の設定も出来るし、バランスの中で低音を楽しむことも可能だ。
音量を下げてもパワーがあるのでちゃんと鳴ってくれる。
【総評】
mx2をお持ちで悩んでる方は買って損はしないと思うが私が家電量販店に試聴しに行った時は周りのうるささとアプリとの連携が出来なかったこともあってその時は後回しにするくらい違いがハッキリしなかったが音質に関しても大きな進歩が見受けられる。
そして個人的にmx2では耳がイヤーパッドに当たり4時間以上の使用となると痛くて外していたがmx3では内側の面積が広く取られていて痛くなる心配がなくなったのは嬉しい点だった。
mx3は低音の締まりのおかげでカスタムによる様々な楽しみ方が増えたので買い換える価値はあると思う。

主な用途
音楽
映画
ゲーム
テレビ
ラジオ
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かっぱらーめんたろうさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

洗濯機
1件
3件
薄型テレビ・液晶テレビ
0件
3件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性3

ノイズキャンセリングが特に素晴らしい!
本体も高級感がありとても良いですね!
音質面は普通の人は何も問題ない範囲だと思いますが、本機はあらゆるところで絶賛されてますがノイズキャンセリングが素晴らしく、音質はそこそこ!って感じで考えた方がいいかもしれません。
気になる方は視聴をおすすめします。
でもノイズキャンセリングヘッドホンとしては最高峰であることに間違いはないと思います。
あと電源offで有線で聴けるのも自宅でちょっと映画を観るみたいな時に便利です!

主な用途
音楽
映画
ゲーム
テレビ
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

imagine peaceさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質3
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性2

ノイズキャンセル性能に期待しすぎました。前評判があまりに良かったため、ソニーストアで予約購入。以前ソニーのノイズキャンセルを使っていたため、どれだけすごい進化を遂げたのかワクワクして待ちました。
結果は微妙。悪くはありません。ただ当たり前ですが無音になるわけではない。電車内の音は結構聞こえます。エティモティックやSHUREの3段フランジに敵いません。エティモを知らなければ満足できたかもしれませんが、ノイズキャンセル目当てなら考え直した方が良いです。
音もこの値段ではとても満足は出来ません。
5000円でもこの程度のものは買えるレベル。失敗しました。

主な用途
音楽
ラジオ
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

装着イメージ

コンパクトに折り畳み可能。セミハードケース付属。

ケースのデザインと質感も良好!

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
音質確認はWalkman NW-A55と組み合わせ、LDAC接続(音質優先)で、ハイレゾ音源を中心に試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。前モデル1000XM2と同様、滑らかな曲面で構成され、ヘッドバンドの内側まで手抜き無し。
一点、ブラックモデルはSONYロゴとフィードフォワード用マイク孔の縁がカッパー色で少し目立ちます。好き嫌いが分かれそうです。

【高音の音質】
中域は密度感が高くしっとり滑らか。高域は伸びと透明感に優れ、基本性能は上々です。
ボーカルは明瞭かつ温かみが感じられ、音楽を心地良く楽しめる音調も良いですね。
ノイズキャンセリング機能利用時もその傾向は変わらず、完成度の高いサウンドです。

【低音の音質】
空気が揺れるような重厚さ、低域楽器の音色をリアルかつ開放感豊かに放つスケールの大きさが印象的です。音色はややアタックがマイルドな印象ですが、中高域とのバランスが良く、音楽性豊かに楽しめます。
前モデル1000XM2同様、総じてリッチな音楽体験ができます。

【フィット感】
挟圧、パッドの柔らかさや形状が適切で、フィット感は良好です。
前モデル1000XM2およびアラウンドイヤータイプのヘッドホン全般に言えることですが、耳が暑く感じるのは、何とか改善して欲しいものです。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
ノイズキャンセリング機能が優秀と評判の1000Xシリーズですが、本機はプロセッサーの処理能力が4倍になり、ノイズキャンセリング効果を強化しています。
実際に試してみると、声の周波数帯もキャンセリング効果が高くなったように思います。
ノイズキャンセリング機能をオンにすると、無音時、ほんの少しですが外音が聞こえるような気がしますが、耳栓を装着したときのような閉塞感が無いのは好感が持てます。

【携帯性】
従来の1000Xシリーズ同様、ヘッドバンドに対してハウジングが90度回転してフラット形状になるなど、コンパクトに折り畳みが可能です。
付属のセミハードケースは表面がファブリックでファスナーのツマミ部分がカッパー色などデザイン面で配慮されているのも良いですね。

【総評】
1000Xシリーズはノイズキャンセリング効果で高い評価を得てきましたが、本機はさらにワンランク進歩しました。音質も良好で、ノイズキャンセリングヘッドホンとしては完成度を極めた感があります。
少々高価ですが、ノイズキャンセリング機能と音質を追求される方なら、本機は良い選択に思います。価格相応の価値がある製品です。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

flexerさん

  • レビュー投稿数:94件
  • 累計支持数:580人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
36件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
0件
Bluetoothスピーカー
6件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

初代のMDR-1000Xにおいてワイヤレス&ノイズキャンセリングヘッドフォンの頂点を究めた感がありますが、それを超える性能と音質と銘打たれた本製品の実力は大変気になっていました。
実機が届きましたので早速レビューさせていただきます。

外観上の大きな変更はありませんが手に持ってみると同じ大きさながら少しだけ軽量に感じます。
ヘッドバンドの調整を行うスライダーの感触がスムーズになっています。
前機種ではややチープな音と動きでしたが本機では精密で高級感のある音と動きに改善されています。
イヤーパッドの材質とサイズが見直されていて装着時の快適さが明らかに改善されています。
圧迫感が少なくなっているのに装着の安定感は高まったという良い方向の変化を感じます。
狭くてストレスの多い飛行機の機内や列車の座席などでのリスニングがより快適になったと思います。
全体として長時間のリスニングをストレスなく楽しめるように改良された印象です。

音響特性についてはノイズキャンセリングの性能が大きくアップしています。
雑踏の中で響く車の音や人の声など耳障りな騒音がノイズキャンセリングをオンにした瞬間に消えてゆきます。
前機種では苦手だった隣で話す人の声や新聞や雑誌がこすれるときの耳障りな音にも効果が感じられます。
都内の地下鉄の中でクラシックの交響曲を音源に聴いてみるとピアニッシモ(最弱音)からフォルテシモ(最強音)まで明瞭に響く音響空間が楽しめました。
飛行機の中の騒音への対応にもさらに期待が持てます。

音質はハイレゾ対応を謳うだけに引き続き高い解像度を実現しています。
試聴した印象としてオーケストラの楽器の分離やボーカルの発音が明瞭なのはもちろんですが、ロックやジャズの歪ませたミュートサウンドに感じる粒立ちの細やかさが印象的です。
空間表現も全機種以上に奥深さと広さが強化されてダイナミックな音響空間を実現しています。

その他、タッチコントロールやオプティマイザーなどの機能も引き継がれていて使い勝手の出来栄えも上々です。

総合評価として現段階でノイズキャンセリング搭載のワイヤレスヘッドホンの業界最高峰と言って差し支えない気がします。
ノイズキャンセリングの性能アップだけを取り上げてもMDR-1000XやHW-1000XM2からの乗り換えは十分魅力的な選択肢に思えてきます。
さらに完成度を増したソニーのフラッグシップ機だと評価します。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった17人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

WH-1000XM3
SONY

WH-1000XM3

最安価格(税込):¥32,232発売日:2018年10月 6日 価格.comの安さの理由は?

WH-1000XM3をお気に入り製品に追加する <2687

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

WH-1000XM3の評価対象製品を選択してください。(全2件)

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー] プラチナシルバー

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]

WH-1000XM3 (S) [プラチナシルバー]のレビューを書く
WH-1000XM3 (B) [ブラック] ブラック

WH-1000XM3 (B) [ブラック]

WH-1000XM3 (B) [ブラック]のレビューを書く

閉じる