ZenFone 5Z SIMフリー レビュー・評価

ZenFone 5Z SIMフリー

画面占有率90%の6.2型ワイド液晶を搭載したスマートフォン(Snapdragon 845搭載)

ご利用の前にお読みください

 

ZenFone 5Z SIMフリー のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.35
(カテゴリ平均:4.06
レビュー投稿数:52人 (プロ:1人)
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.40 4.34 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 3.89 3.98 -位
レスポンス 操作時の反応速度 4.69 4.08 -位
画面表示 明るさやコントラストなど、表示の見やすさ 4.51 4.34 -位
バッテリー バッテリーのもちのよさ 3.97 3.63 -位
カメラ 画像・動画の精細さ、写りのよさなど 4.16 3.86 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone 5Z SIMフリーのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:65人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
259件
ドライブレコーダー
1件
14件
au携帯電話
1件
11件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示4
バッテリー2
カメラ4

私がスマホを使い始めてから3台目のスマホになります。
P9lite→Mate9→ZenFone5Z。
HUAWEIからこの機種にした理由は、例のアレと
Mate9よりスペックを落とすのはやはりレスポンス的にストレスが・・・
と言うことで、コスパを考えればこの機種一択でした。
あと、上位機種なのにヘッドフォン端子がついていたのも重要なポイント。

使用開始時、まずAndroid9にアップデートしてから初期化→アプリインストール。
現在Android10にアップデートし、こちらも初期化してからアプリを入れ直しました。
今のところ不具合等なしで使用出来ています。


と言うことで「見せてもらおう・・・スナドラ845の性能とやらを!」


【デザイン】
普通だけど、iPhoneもどき。

【携帯性】
Mate9より横幅が狭く、縦がほぼ同等。
Mate9が個人的に携帯可能なギリギリラインでしたが、
それより小さくなっているので個人的に問題なしです。

【レスポンス】
スナドラの8シリーズと言うことで通常使用はサクサクです。
ゲームに関してはFGOを起動したときに「早!!」と思いました。
(Mate9の起動速度の倍位早い。まあ、SOCの世代が違うので比較するのは酷ですが)
バトル1→2に移動する時などもすぐに切り替わるので
イベント時もMate9よりさらなる回転数アップです。
(これはFGOプレイヤーならどれだけ重要なことか分かるはず)
Android10にアップデート時、アップデートしながらFGOをMate9でプレイしましたが、
処理速度の差をつくづく実感しました。

【画面表示】
画質は綺麗な方だと思います。
しかし、Mate9がフルHDの5.9インチだったので、ゲームなり動画視聴時は
画面全体で見られたのですが、こちらの機種はインチ数はアップしていますが
両端が切れるので実質画面が小さくなった感じになっています。
この点だけが不満。

【バッテリー】
Mate9比、減るのが早いです。
待ち受け状態で1時間で1〜1.5%ほど減る感じ。
Mate9は8時間で3%ほどの消費でした。
バッテリー容量もMate9より少ないのでしょうがないのですが、
充電回数が増えました。

【カメラ】
いいと思います。
Mate9にはないHDR補正が付いたので、暗いところでもそれなりに撮れます。

【総評】
明らかな欠点はバッテリーです。
ZenFone6みたいに5000mAhあれば神機ですね。
(でも3000mAhの割には持つ方なのかもしれません)
それから音割れですが、Android10にアップデートしてもFGOプレイ中時々出ます。
オーディオウィザードは標準にしているのですが・・・。

ZenFone6が国内で発売されるちょっと前にZenFone5Zを購入しましたが、
個人的にはこちらで正解だったと思います。
(ちなみに購入価格はポイント差し引くと約5万5千円)
ZenFone6発売後に実機を触りましたが、カメラを起こして自分を撮れるようになるまで約2秒。
(カメラ自体起き上がるのに1.5秒ほどですが、最終的にロック?がかかり終わるまで2秒程度かかる)
フリップカメラのように可動部があると故障する確率も高いので様子見ですね。
フリップカメラは今後のZenFoneシリーズに採用され続けていくようであれば、
諸々改善されて成熟していくと思います。

ZenFone5Zは最近モバイル通信をつかまなくなったというレビューを見かけるようになりました。
早い人だと1年、他は1年半程度の使用暦のようです。
私の場合、今まで買ったスマホは全てモデル末期に買っているのでハード的な不具合はありませんでした。
この機種も末期に購入したので、不具合が出ないことを祈りつつ・・・

(追記)
ASUS端末は初めてだったのですが、画面明るさ自動調節がHUAWEIに比べてイマイチです。
何かの拍子に急に暗くなる事があるので不便。
トータルの使い勝手はHUAWEI機が上ですね。

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

S.i.v.aさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
1件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性3
レスポンス5
画面表示5
バッテリー3
カメラ5
機種不明左から低音→高音と、Zenfoneそもそもの音域を調整出来ます。
機種不明ヘッドホン、イヤホンから型番をある程度絞れます。
機種不明画面下部のホームボタン等が並ぶのがナビゲーションバーです

左から低音→高音と、Zenfoneそもそもの音域を調整出来ます。

ヘッドホン、イヤホンから型番をある程度絞れます。

画面下部のホームボタン等が並ぶのがナビゲーションバーです

機種不明カメラ好きならわかる、ISO25の設定
   

カメラ好きならわかる、ISO25の設定

   

いいところ、イマイチなところがありますので、判断材料になれば。
Android端末はこれでタブレット含め6台目でして、日本のメーカーから海外のSIMフリーに興味が出て、ZenFoneはゲームのスクショ時にホームボタン等が残らないのが好きで愛用しています。
前のZenFone3は水ポチャで、速攻買い替えました……


【デザイン】
可もなく不可もなく、丸みのある丁寧なデザインです。
シルバー色が丁寧なのでこちらを選びました。

これはデザインとして評価すべきなのかとも思うのですが、今回はシリコンケースが付属しています。
前のZenFone3はガラス背面のために数度の傾斜で水ポチャしてしまいまして。
今回は化粧箱内に付属でシリコンケースが付いていたので、早速取り付けました。

きらびやか差は薄れますが、非常に安心感のあるホールディングで、各USB・スピーカー・イヤホン・ボリューム・電源・カメラ・指紋センサーは向き出しで操作感を損なわないようにしています。


【携帯性】
正直小さいとは言えません。
その代わりにほぼ前画面が液晶なのですが、素のままでは落としてしまう確率がかなり高いので、ケースやストラップなどはマストだと思います。


【レスポンス】
今ではSnapdragon855が出たとはいえ、流石1世代前のハイエンドCPU×6GBメモリ。
前のZenFone3の625に比べて、ゲーム、画面表示、ヌルヌル度合いが格段に上がっています。

今までAndroidは必要十分なスペックを選びましたが、やはり購入初回でも立ち上がりや挙動などは少しモタつく感覚は否めませんでした。
その印象はZenFone5Zでは一切感じられません。

ゲーム内のアニメーションも非常になめらかで、2-3年は必要十分な遊びが出来そうです。

追記:ZenFone5ZにはOptiflexという機能がありまして、どうやらメモリをよく使うアプリの再起動などを抑える機能があるようです。
ですので、Androidによくある、アプリを切替た際に再起動しないといけない現象をかなり抑えられます。
当機種はメモリ容量もありますが、初期設定ではオフなのをオンにするだけですぐ効果があるようなので、オススメします。


【画面表示】
前が5.2、今回6.2と、持った印象は変わらないままシンプルに大きくなりました。
ノッチは自分はあまり気にならない為、そのままにしています。

また、全画面フルに使えるように、下部のナビゲーションバーを表示、非表示が選べます。
加えてアプリごとにアプリスケーリングを有効活用しています。
私のようにゲームのスクショにホームボタンを残したくない人にはオススメの機能です。

標準はナビゲーションバーを最初から表示。
デフォルトはナビバーの設定が反映。
全画面は最初から非表示になりますが、下からスワイプして呼び出せます。

ただ、アプリによってはこの機能の組合せでタッチが反応しない事もあるようなので、注意が必要です。

あと、液晶の色味もある程度調整が出来るので、デフォルトだと多少赤みが強いものの色温度も自動調整する機能もあるので、使い分けるといいと思います。


【バッテリー】
正直新機種とは思えないほど減りが早い印象です。
使用してヘタったモデルに比べれば持つものの、前のZenFone3だとここまで急な印象はありませんでした。
処理速度の影響かもしれません。
ZenFoneにはバッテリーモードという機能があり、切り替える事で省エネ性能が変わります。
AIブーストと言う機能もあるようなのですが、自分はオフにしています。
追記:OSをAndroid Ver9にすると改善された気がします。


【カメラ】
あまり注目はしていませんが、マニュアル設定でISO25まで使えるのは驚きました。
また、広角写真は風景撮影でより楽しめそうだとも感じました。
HDRも撮影時に表現の難しい曇り空にも色が付いて、暗所もかなり持ち上がるので、カメラ性能はスマホの中ではいいように思えます。


【オーディオ】
少しかじった程度ですがオーディオとして興味深いのは、オーディオウィザードです。
イコライザーだけでなく、利用者の耳に合わせて本体の音合わせする機能が入っていますので、高音から低音までをまるで引き出すように聞きやすくできます。
加えてオーディオメーカーのイヤホンに合わせたチューニングプロファイルもあるようで、オーディオ好きにも喜ばしい機能だとも思います。
付属のZenEarPro用のプロファイルも内蔵しています。

その上でZenEarProを付けると1万円前後のイヤホンに並ぶ音質になれたなと思えます。
デフォルトですと低音域が軽く、中高音域も中抜け感が否めないですが、かなり音域が極端に聞こえますが、チューニングで化けるのはなかなかに面白いです。
追記:イヤホン/ヘッドホンのプロファイルですが、販売終了した旧機種が多いこと、また偏りもあるため、基本はウィザードの音合わせが必要なようです。


【総評】
私はIIJmio会員なので、端末が分割で税抜き2500円で変えたのですが、非常にコスパが高い端末だと感じられました。

ゲームのスクショさえ全画面で取れれば良かったんですが、いじればイジるほど様々な機能があり、ガジェット好きにはいいネタになるスマホだなと感じました。
スペックもサクサクで、iPhoneと並んでると言ってもいいかもしれません。

バッテリーの減りが残念ですが、それを犠牲にした処理速度と捉えると、仕方ないのかもしれません。


参考になった6人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たーさん9900さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:91人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
9件
0件
自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性5
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ5

【デザイン】
背面がキラキラしてて綺麗です。

【携帯性】
大画面で大柄ですが、薄くて軽いので問題ありません。
【レスポンス】
スナドラ845とRAM6Gのおかけで全くもたつかず、サクサク動きます。
【画面表示】
ノッチ付きの機種ですが、ノッチ部分は隠せるので見やすいです。有機ELよりも発色が自然で見やすいです。
【バッテリー】
普通に使えば2日持ちます。
【カメラ】
ダブルレンズカメラで撮影しやすいですが、弾丸でも良かったのでは?って思います。
【総評】
もともと使いやすかったですが、Android 9にアップデートしてから更に使いやすくなりました。使い勝手はiPhoneに並ぶと思います。
しかし、当方現場作業でホコリも水も触れるので、防水防塵が無いのは痛い。メイン機種にしたいですが、防水防塵無しなのでサブ機になっています。
防水防塵が必要でない環境の方なら、すごくおすすめの機種です。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

JIKANKUUKANさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
23件
スマートフォン
1件
14件
docomo(ドコモ)携帯電話
1件
8件
もっと見る
満足度4
デザイン3
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー4
カメラ3

アップデート前は web閲覧ばかりで複数タブ開く程度の利用で あれもこれもバックグラウンドで動くアプリやサービスはオフにしたのにも関わらず毎日5%くらいまで減ってしまうわ カメラのスペックもnova3に劣るわで売り払って追金約3万でこちらを購入して後悔してましたが アプデ後は劇的によくなりました。
バッテリーの減りも気になるほどじゃなくなったし、購入当初から挙動が変でアプデの更新ボタンが押せなかったり色々問題ありの個体でしたが ましになりました。

調子悪い方は 特にアップデートお勧めします
バッテリー持ちは改善
動きもサクサクした感じです

MMDを動かせるか試しましたが3体でも問題なし、ただ特定の作者のモデルの服の色が出なかったりしました。pcでは問題なかったのでもしかするとスペック不足?

気になったのは 無料wifiスポットで混雑してるとこでは全くつながりません
これはアップデート前からです
越谷レイクタウンのスタバとイオンのwifiスポットは毎回憤死
ちなみに格安sim回線はつながりました
ヨーカ堂系は回線太めなのかよくつながります

wifiスポットでの弾き出される
これはASUSの個体では基本的なことのようで今まで複数の機種で同じことになってます
スマホいじりながらフードコートで食事してる人たちはすんなりつながってるんでしょうね
旧型だと繋がらないことはありましたが、この機種でこれなので みなiPhone持ってるのか?って思ってしまいました

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kakakucomid_hfさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
47件
スピーカー
1件
44件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
38件
もっと見る
満足度4
デザイン3
携帯性無評価
レスポンス3
画面表示3
バッテリー4
カメラ無評価

補足
大リーグボール2号は風に弱い! もとい、5zの顔認証は暗がりに弱い!
なので風が強い日には登板しない! もとい、なので部屋が暗めだと認証しない。

例えば下を向いている時等、自分の頭の影で暗くなると認証出来ない。
体勢を変えようとしても、タイムアウトが早過ぎて間に合わない事が多い。
またスマートスクリーンも感度低すぎで動作しない時がある。

暗くない時は多少顔が隠れていても感動する程認証が早く、
暗がりに弱すぎるのが残念。

感度調整とかベゼル付近のタッチ誤動作対策を是非

************************************************
初回分
サクサクで電池持ちも満足。
おサイフが有れば3台持ちから一気に1台に集約出来た。
でもこの件は非常に残念ですが、事前に分かっていた事なので減点としていません。
大画面、高解像度を必須にしたので、携帯性も我慢します。
細長くなったのでインチ数の割に面積が小さく見辛い。
でもこれも自己責任の範囲内。
折りたたみならタブレットも持ち歩かなくて済むのですが、高望みし過ぎ。

では想定外だったのは、
・顔認証せずタイムアウトする時が結構有る
・狭ベゼル故の誤動作
の2点で、使い込む程に忌々しい限りです。

これはソフトだけで対応出来そうなので、是非改善して頂きたいです。

参考になった7人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

浜小僧01さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
2件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
ビデオカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示4
バッテリー3
カメラ4

【デザイン】
スペースシルバーを購入しました。角度で若干色合いが変化している様に見える所が良いですね。

【携帯性】
mate9からの乗り換えの為、若干幅が無くなっているので持ちやすくなりました

【レスポンス】
使い始めですから良いのは当然。2年使ってどの程度落ちてくるか?ですね。

【画面表示】
サイト側やアプリが未対応の部分があるのですが、おおむね満足できます。

【バッテリー】
ゲーム利用している為1日持ちません。ただ、mate9では1日持ちました。
画面の明るさや、バックグラウンドでのアプリが問題なのかも知れません


【カメラ】
ハーウェイの各機種と比較すると落ちるのは仕方ありませんが、
やや黄色味がある様な感じです。

【総評】
ARKモバイルの為に購入しています。Mate9では処理落ちが多々ありましたが、本機では皆無です。
但し、タッチパネルの感度が変に良すぎる為、ゲームに限らず、何かと違う画面や操作になりがちです。
ゲーム専用として購入しているので仕方ない部分は多々ありますが、使い勝手はハーウェイの方が
かなり良いと感じました。この辺りは好みだったり、慣れもあると思います。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

わったん0803さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示4
バッテリー3
カメラ3

iPhoneやGALAXYやHuaweiのハイエンドモデルとも遜色ない程度のスペックがあり、値段が他のフラッグシップモデルより圧倒的に安いのでコスパは最高の機種だと思います。
ポケモンGOのGPSは建物内や地下では悪かったです。エラー11がよく出ます。
バッテリー持ちもちょっと悪く感じます。画面が6.2インチと大きいのでしょうがないのかな。
音質も音量とも良いです。UIも癖がなく使いやすいと思う、Androidを使った事がある人なら全く違和感はないと思います。
バッテリーを長持ちさせるような機能があるがいまいち体感はわかりません。
画面はノッチがあったり画面下部がまるく切り取られてる感じですがゲームに依っては表示が見えなくなるかもしれません。
画面も有機ELではありませんが普通に綺麗だと思います。iPhone等と比べましたが特に大差はないです。
CPUはSnapdragon845で十二分にサクサクで文句ないです。
防水、防塵は無いですけど総じて良く出来ているスマホかなと感じました。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

trmrさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:75人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

空気清浄機
2件
0件
加湿器
1件
1件
スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ3

【デザイン】
妻のZenfone 3と比べ角が丸くよりコンパクトでフラットなデザインになっている。
背面のガラスは指紋が目立つ。
カメラの位置は指紋センサーと離れており干渉しない。

【ディスプレイ】
GalaxyシリーズのAMOLED(有機EL)と比べ落ちるがそこは値段に反映されているから仕方ない。
コントラストと黒の表現は割とうまく処理しているが、視野角はAMOLEDに及ばない。
画素数はFullHD+で小さな画面でコンテンツを見る分には充分だろうと思う。
ノッチは設定から隠すことができる。通知エリアが狭く(ノッチが広く)、通知アイコンが隠れやすい。
ここはAndroid 9.0 Pieに期待(恐らく5Zは適用対象だろう)。
ディスプレイの設定次第では環境を認識し色をわずかに変える機能を搭載しているが、自分にはあまり良さが分からない機能だった。

【パフォーマンス】
Qualcomm Snapdragon 845(Kryo 385 CPU、Adreno 630 GPU、Hexagon 685 DSP)、6GB LPDDR4X RAMを搭載。
スナドラ845はHexagon 685を利用した機械学習の強力さがウリのひとつのはずだが、
悲しいかなここの機能はZenfone5と共通なのでフラグシップならではの唸られるようなものが搭載されている訳ではない。
せっかくのスナドラ845を使い5ZにはVR関連で何か機能が欲しかった。
AIが周囲のノイズを読み取って着信音を調整してくれる機能は気に入っているのだが。
Zen UIを使っていないがバックグランドに常駐して結構なリソースを食っている。
イケていないUIのくせにバッテリとメモリを無駄食いしているのは気に入らない。

【カメラ】
Galaxyシリーズと比べ劣るように見える。
f / 1.8とかなり良い性能だが望遠より広角を撮るように設計されていて、普段スマホで撮りたい写真に対しては性能を持て余し気味かもしれない。
被写体に対するフォーカスはびしっと決まる。

【バッテリ】
買換えたてのスマホはいつもバッテリ持ちがよく感じる。Zenfone5/5ZはAI充電でバッテリの過充電をコントロールしてくれるというので期待はしている。
ワイヤレス充電には対応していない。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バナナ★ラテさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:345人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
11件
PCモニター・液晶ディスプレイ
4件
1件
CPU
1件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン2
携帯性4
レスポンス5
画面表示3
バッテリー4
カメラ4

【デザイン】
まぁ昨今のトレンドといいますか、潔いまでのiPhoneX酷似っぷり。
好きな人は好きなのでしょうが個人的には大嫌いです。

横持ちすれば機能として理解できる縦配列のデュアルカメラは
縦持ち状態だと絶望的にダサい。

iPhoneX以降急速に広まったノッチ。
しかしこれに何の意味があるのか。
例えばノッチと画面下部に同じ大きさのフロントデュアルスピーカーが配置されているとか
シャープのAQUOS Rシリーズのようなノッチを極力小さくする努力をした上で
これまでカメラや受話用スピーカーと共存できなかった通知領域を最大限に利用することで
画面比率を最大限に高めるといった用途であれば受け入れられる。

三辺狭額縁デザインで問題だったフロントカメラが本体下部になってしまうという点を解消するための
ノッチという点ではAQUOS R compactのような出来るだけ意識させない搭載方法はなかったのだろうか。


【携帯性】
16:9でおおよそ5.5インチサイズと同じ幅、高さでそれ以上の表示領域を確保しながら
160gを切る重さに仕上げてきたのは上出来です。
XperiaXZ2なども一時所有していましたが200g程もある重量はやはり携帯性という面では
疑問を持たざるを得ません。

【レスポンス】
SD845機はSD835機と比較してもさらにレスポンスが体感できるレベルで向上しています。
一部のAndroid機に最適化されていないゲームタイトルなどはSD845でも処理落ちや音ズレが
ありますが、正直SD845搭載で処理落ちするようなアプリの作りが酷いだけで
他の用途ではほぼストレスを感じることはありません。

【画面表示】
FHD+の液晶。4KやWQHDと比べれば表示画素は数値上は一段劣るわけですが
PC用の27インチディスプレイでさえ4Kは持て余し、WQHDでも27インチでようやく適正と思える画素密度。
ましてや実質5.5インチサイズのスマホにFHD以上の画質が必要なのか、個人的には懐疑派です。
一時期のカメラの高画素競争を見ているようで今の過剰な画素密度競走は好きではありません。
もちろん発色という意味では有機ELのほうが有利であることは承知していますが
日光化での視認性の悪さ、焼き付きなどまだまだ解決しなければならない問題が山積の技術であるだけに
コストカットの一因であったにせよ、あえて「液晶」で出してきたことは個人的に評価できるポイントです。

【バッテリー】
SD845機で仕事の行き帰りに動画やゲームをやってLINEやメールアプリなど通知が重要なアプリは
省電力設定を切っていますが、帰ってきても60%近くは残っていますので十分かと思います。
ちなみにiPhone8Plus(iOS11.4)は同じ使い方で30%くらいしか残らなかったことを考えると
十分にバッテリーの持ちは良いと言っていいと思います。
(ただし、過剰な省電力設定を行うと通知まで行われなくなったり、全てパフォーマンス寄りにすると
電力消費も大きくなるので、使い方に合わせた適切な電力設定は必要です)

【カメラ】
元々スマホのカメラは使わないのでメインとして使うには物足りない(これはどのスマホでも同じ)のですが
何も特に設定しなくても3cmくらいまで寄っても見事にフォーカスを合わせた点は驚いたので
この機種に限ったことではないでしょうが、最近のスマホカメラは単焦点であることとセンサーサイズの小ささに
さえ気にしなければ大半の方には必要十分な性能は持ち合わせているな、と改めて感じました。

【総評】

SD810(NEXUS6P)>SD820(AXON7)>SD835(OnePlus5)>SD845(XperiaXZ2)>当機種
iPhone6s以降のiPhone8Plusまで(Xを除く)を使ってきての感想です。

処理性能、省電力性能においてSD835比でも十分に体感で差を感じることが出来るくらいキビキビ動作。
しかしゲーム機としてスマホを考えた時にはiPhoneシリーズに分がある事実は揺るぎません。
とはいえ、Androidに上手く最適化されていないものを除いて殆どのタイトルで不満はないでしょう。

フロントデュアルスピーカーはお世辞にも良いとは言えません。
なんちゃってフロントデュアルの中ではXperiaXZ2が一番健闘していました。
(フロントデュアルスピーカーだけに焦点を当てればAXON7を超える機種は未だ出ていません)

今回のZenfone5Zが一番輝いているのは「コストパフォーマンス」の良さ。これに尽きます。
旧Zenfone5のヒット以降、お世辞にもコスパが良いとは言えないひどい価格設定だった
Zenfoneシリーズが原点回帰してコスパ重視で性能怪獣として帰ってきたのは
高性能SIMフリー市場が実質Huaweiのみという状況でSnapDragon搭載のハイエンド機となると
日本正規ルートでは10万前後と非常に高額であったことを考えると今回税抜きとはいえ
7万円を切る設定をしてきたことはかなりの高評価です。

もちろんTVも防水もオサイフもありませんのでそういった機能が必須の方はキャリアのAndroid機や
HTC U12+、iPhoneなどを検討されたほうが良いと思いますが、
不要な方は幸せな選択となると思います。

無印Zenfone5でも十分な性能は得られますので、ゲームなどは一切せず普段使いであれば
こちらを選択する必要もありませんが、2万以内の価格差で得られるレスポンスやストレージ容量の
違いは価値を見出せるなら決して高い価格差だとは思いません。

家族に使用させていたZenfone3が随分挙動が不安定だったため、若干の不安はあったものの
発売日から使ってみてそういった不安定な挙動も一切見られませんので今一番おススメしたい
SD845搭載機です。

デザイン、音質面では色々思う所もありますが、特に18:9以上の画面比率やノッチデザインは
他メーカーも殆ど採用しているのが現状なことから(個人的には好きではありませんが)
受け入れるしかないのだろうと自分に言い聞かせています。

個人的な感情も含めるとそこまで総合満足度が高いとは言えないですが、
間違いのない性能と納得の価格という点では十分に評価できる機種のため、4点とさせていただきます。

参考になった53

このレビューは参考になりましたか?参考になった

amnos0122さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
18件
デジタルカメラ
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー4
カメラ4

【デザイン】フルディスプレイを目指した結果のノッチだけど、実用性は現段階では皆無に感じる。ノッチ×AndroidOSの今後に期待。iPhoneXのような端末下部がベゼルレスではない為、端末の美しさはiPhoneXには劣るけど、ベゼルがある分誤操作の心配が無い

【携帯性】画面の大きさを考えるとコンパクトで特に不備な点は無い

【レスポンス】流石にハイエンド・最新チップなので現段階では全てにおいて不満なし

【カメラ】カメラ特価モデルに比べると流石に見劣りするけど、決してこの端末のカメラが悪いというわけではないと思う。明るいところはとてもキレイ、夜景はちょっと苦手かも

【その他】スピーカーに不満あり。ホームページの商品説明にデュアルスピーカーとあったので期待していたが、端末上部のスピーカーに関しては高音のみしか出ておらず、低音は全く出ていない。音量も上部と下部の音量差が目立つため違和感は拭えない。最近のデュアルスピーカーの定義は曖昧なものだと感じた。逆にAXON7やXPERIAは凄いなと改めて思った。せめてiPhoneXにある左右スピーカー音量調整機能の追加を今後期待したいところ。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジャイアン鈴木さん

  • レビュー投稿数:67件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールEYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで編集兼ライターとして勤務。2015年1月よりフリーの編集兼ライターと…続きを読む

満足度4
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示4
バッテリー4
カメラ4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

当機種標準カメラで撮影。取材記事にも使える画質です
当機種広角カメラで撮影。意外に活躍の機会は多いです
別機種全画面感の強いディスプレイ。ノッチはiPhone ]より小さいです

標準カメラで撮影。取材記事にも使える画質です

広角カメラで撮影。意外に活躍の機会は多いです

全画面感の強いディスプレイ。ノッチはiPhone ]より小さいです

機種不明AIブーストを有効にしたらスコア9000を超えました
   

AIブーストを有効にしたらスコア9000を超えました

   

メーカーより借用した端末でレビューします

【デザイン】
端末の形状はシンプルですが、流行りのノッチ(切り欠き)ディスプレイが採用されており、全画面感が非常に強いです。ノッチはセンサーが少ないぶん、iPhone ]より小さいですね。個人的に好印象なのがカメラと指紋認証センサーが離れていること。両者の位置が離れているので、指紋認証センサーにタッチするつもりでカメラレンズに触ってしまうことはありません。

【携帯性】
サイズが75.6×153×7.7mm、重量が165g。6.2型ディスプレー搭載端末のなかでは、薄く、軽量に仕上げられています。ちなみに同じ6.2型ディスプレーを搭載するGalaxy S9+は187gです。

【レスポンス】
非常に軽快です。「Geekbench 4」でベンチマークを走らせてみましたが、Multi-Core Scoreで9000超えを記録しました(AIブースト有効時)。6GBのメモリー(RAM)も効果を発揮しているのかもしれません。

【画面表示】
DCI-P3 100%の色域を謳っているだけに、明るさ、発色はかなり高いレベルです。ただしHDRには対応していません。最新フラッグシップスマホの多くがHDRに対応しているので、この点は残念ですね。

【バッテリー】
厳密にバッテリー駆動時間を計測していませんが、最大輝度で使わなければかなり保ちますね。ちなみに写真を44枚撮影しながら5時間使ったときのバッテリー残量は85%でした。写真を撮ったり、ウェブを見たりという使い方なら、充電せずに12時間は保ちそうです。

【カメラ】
扱いやすいカメラです。取材仕事でも使ってみましたが、発色は実際の色に忠実で、ピントがずれるなどの失敗写真もほとんどありませんでした。広角カメラについては後述します。

【総評】
「Snapdragon 845」を搭載して、税込み7万2000円というのは非常にお得感が高いです。ほかの845搭載端末と比べても、しっかりとパフォーマンスが出ていますね。

ZenFone 5Z/5最大の魅力は120度の広角カメラ。個人的にはほかのデュアルカメラ端末が搭載する望遠カメラより、活躍の機会が多いと感じました。

ただし画素数が800万画素、F値が2.2、光学式手ぶれ補正機構非搭載と標準カメラよりスペックが低く、また室内撮影ではノイズが出やすいです。屋内では、広角と標準カメラの両方で押さえておくことをオススメします。

広角カメラの使いこなしには少し慣れが必要ですが、コスパ的に満足度の高い端末だと考えます。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Deux(でゅ〜)さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
0件
自動車(本体)
1件
2件
タブレットPC
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー4
カメラ4

SIMはdocomoのNanoSIMを利用しています

【デザイン】
画面についてはノッチ部分
気になることもあるけれど大半のアプリはその手前で四角区切りとなるため
普通の大きめサイズスマホになるので気にならない
外観はASUSらしく光沢がとても目立つ
ケースつけないとつるつるすべるくらいです
ボリュームと電源ボタンの押した感じは少しひ弱に感じるこれはZenfone3でもきになった
し当該機は1年未満でボタン入力が甘くなってしまったのでここが不安の一つとなってはいるが
また月日が経ったときに書きたいと思います

【携帯性】
画面サイズそのものは大きくなったのですが
本体サイズはZenfone3より大幅に大きくなったわけでもないので
胸ポケットにも入るし社外ポーチ類も横幅は問題なく流用可能です
指紋認証が裏面についているので
Zenfone3と同じではありますが
i-phoneのような前面配置ではないので
ケースによっては隠れること
防水ポーチなどに入れていると前面にないことが使いづらくなるなどあります


【レスポンス】
CPUとメモリによって圧倒的にスムースレスポンスです
アプリゲーム複数立ち上げていても重くなることはありませんでした
そしてバックグラウンドに入ったアプリがすぐ落ちることに悩んでいたZenfone3から
劇的に改善されここはストレスでなくなりました
戻る、ホーム、タスクボタンについてはZenfone3のように別ではなく
画面内に出現させる(固定化もできるがアプリゲーム中はその限りではないのでスワイプが必須)
ここは慣れるまで大変かもしれません


【画面表示】
デザインに併記下部分もあるため割愛
色発光については特筆すべきものはありませんが
常用利用において不便はない発光です
あとはZenfone3よりステータスバーの透明度が切替できなくなったのが個人的に残念です
ちょっとグレーを入れて電池残量や通知類を見やすくしたかったのですが


【バッテリー】
画面の明るさによって大きく左右はされる
アプリの頻度にも当然左右されるが
休憩時間にちょこちょこゲームやる程度なら
バッテリー充電することはない

【カメラ】
オートモードだと接写がやや苦手そうなのは変わらず
屋内も同じく
だけど自動ピントあわせはZenfone3のカメラより早くなった

【総評】
ゲーム利用メインではないのなら普通のZenfone5でもよいと思います
アプリ利用するのであればZenfone5のZをお勧めします
デレステもミリシタもZenfone3ではMVまでは見られましたがプレイはとても難しかったのですが
5Zなら問題なく遊べます 今までと違った世界になります
一部体感で処理が早くなったと思いました
Zenfone乗り換えキャンペーンの10%引きでASUS公式通販しましたが
公式Shopが付近にある人なら店舗購入がお勧めのようですね
Zenfone3を42000で当時買いましたが
これに25000足すだけでこれだけ別世界になるのですね
技術の進歩に驚かされます
またストレージも128GとZenfone3の32Gから大きくふえたので
SDカードの助けを借りることもなくなりましたし
昨今ゲームアプリの要領は増える一方(1つのアプリで7G使うこともふえてきましたので
〜32Gの端末ではかなり苦労しました)

まだ購入して間もないレビューなので嬉しさのほうが勝っています
後日落ち着いて再レビューしたいと思っています

参考になった18人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone 5Z SIMフリーのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

ZenFone 5Z SIMフリー
ASUS

ZenFone 5Z SIMフリー

発売日:2018年 6月15日

ZenFone 5Z SIMフリーをお気に入り製品に追加する <536

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意

ZenFone 5Z SIMフリーの評価対象製品を選択してください。(全2件)

ZenFone 5Z SIMフリー [スペースシルバー] スペースシルバー

ZenFone 5Z SIMフリー [スペースシルバー]

ZenFone 5Z SIMフリー [スペースシルバー]のレビューを書く
ZenFone 5Z SIMフリー [シャイニーブラック] シャイニーブラック

ZenFone 5Z SIMフリー [シャイニーブラック]

ZenFone 5Z SIMフリー [シャイニーブラック]のレビューを書く

閉じる