『ONKYOのDP-X1Aを時代遅れと感じさせる実力を持つ音』 The BIT audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB] v36スカイラインどノーマルさんのレビュー・評価

audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]

  • DSDに対応し、24bit/192kHzまでのハイレゾ音源をbit to bitで高精度に再生するハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー。
  • シーラスロジック社の「CS4398」の次世代版である「CS43198」をデュアルで搭載している。
  • アンバランス(3.5mm)端子は光デジタル出力にも対応。バランス、アンバランス端子ともLINEアウトモードに対応している。
audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB] 製品画像

拡大

audio-opus Opus#1S HA-520-32G-LB [32GB ラピスブルー] audio-opus Opus#1S HA-520-32G-MP [32GB ミッドナイトパープル]

最安価格(税込):¥43,221 [ラピスブルー] (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2017年12月23日

店頭参考価格帯:¥43,221 〜 ¥49,680 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 記憶容量:32GB 再生時間:11時間 audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]の価格比較
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]の店頭購入
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のスペック・仕様
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のレビュー
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のクチコミ
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]の画像・動画
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のピックアップリスト
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のオークション

audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]The BIT

最安価格(税込):¥43,221 [ラピスブルー] (前週比:±0 ) 発売日:2017年12月23日

  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]の価格比較
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]の店頭購入
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のスペック・仕様
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のレビュー
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のクチコミ
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]の画像・動画
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のピックアップリスト
  • audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]のオークション

『ONKYOのDP-X1Aを時代遅れと感じさせる実力を持つ音』 v36スカイラインどノーマルさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:158人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
113件
カースピーカー
3件
59件
自動車(本体)
1件
51件
もっと見る
満足度5
デザイン3
携帯性2
バッテリ無評価
音質5
操作性2
付属ソフト1
拡張性3
ONKYOのDP-X1Aを時代遅れと感じさせる実力を持つ音

前回はアンバランス接続を前提に話をしましたが、今回、カーオーディオのシステムをバランス接続にアップグレードしましたので、その感想を書きますと、はっきり言って「予想以上」でした。
AK70の時にイヤホンで聴いていた限り、それ程の変化を感じなかった関係上、今回もそれ程の音質差があるとは思っていませんでしたので、改めて驚いた次第です。
とりあえずこのDAPで100時間以上聞いた結果ですが、改めてバランス接続の長所を感じたと同時に、「もうアンバランスには戻れない」と痛感しました。
はっきり言って、カーオーディオはヘッドフォンやイヤホン以上にこの変化に敏感だと思います。
しばらくの間、この音に聞き惚れながら楽しんでいましたが、サブのDAPがバランス接続に対応していない為、急遽、サブのDAPをDX80から中古のONKYOのDP−X1Aに買い換えましたが、それと同時に、このDAPの能力の高さを再認識しました。

はっきり言って、この音を聴いてしまいますと、DP−X1Aの音を古く感じます。
ここ数日、DP−X1Aのセッティングを煮詰めましたが、それでも時代の差は補いきれませんでした。

このプレーヤー、OPUS#1Sより高い金額で今でも販売されていますが、この音質差を考えると疑問を感じます。

それと同時に、「何故、このプレーヤーがここまでマイナー扱いなのかな?」という疑問さえ感じます。
確かにインターフェースのデキは及第点をとりあえず確保している程度のデキですし、ブランドも含め、初心者が躊躇する理由は分かる気がしますが、耳に自信がある方で有れば、もう少しリアクションが有ってもおかしくないデキのプレーヤーだと思います。
確かに低インピーダンスのイヤフォンの場合、多少ノイズが発生するかとは思いますが、俗に言う「重い」ヘッドフォン等をメインに使っているユーザーには、是非とも聴いてもらいたいデキの音だと思います。
確かにDP−X1Aのように「バラのトゲを抜く」ような玄人向けの「味付け」はされていませんが、素材の良さをストレートに耳に届ける能力は長けているかと思います。
是非とも、耳に自信のある方に聴いていただきたい。
そう思わせるプレーヤーです。

ジャンル
クラシック・オペラ
歌謡曲
ロック
その他

参考になった4人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン3
携帯性2
バッテリ無評価
音質4
操作性3
付属ソフト2
拡張性3
多分、アンバランス主体で使う方にとっては、ベストチョイス

120時間ぐらい、使ってみました。

んんん・・・

思った以上に{GOOD!」
主にカーオーディオのAUDISON社性のプロセッサーのAUXにアンバランスで接続して使っていますが、やはり、これまで使っていたDAP(AK70、DA-X1、AK100MkU、DX80、その他諸々)と比較しても世代の差を感じますね。

お見事です。

硬すぎず、柔らか過ぎず、デュアルDACの効果もあって、きっちり各楽器やボーカル、コーラスの分離も素晴らしいですし、きっちり、その位置関係も描写できる能力を持っています。
ま、位置関係の描写能力って、DAC以上にアンプの能力で差が出るんですよ。
このモデルの良いところは、DACもそうですが、アンプの能力だと思います。
特にアンバランスでの出力って、この価格帯でもトップレベルじゃ無いですか?
アイリバー社のDAPは最近、バランス時の出力は上げてきていますが、アンバランスの出力は据え置きですし、オンキヨーのDAPやソニーの上位機種もバランスに比べてアンバランスは極端に弱いですからね。

そう言う意味ではアンバランスでの出力に関しては、最近の機種ではTOP10に入る機種では無いでしょうか?
その機種が同等レベルのアイリバー社のDAPに比べて半額で購入できる・・・
そう言う意味では多少操作性の問題はあっても、コストパフォーマンスが非常に高いといえると思います。

買って正解でした。

長く使えると思っています。
ただ、私自身、数週間後にはカーオーディオとの接続をバランスに変える予定ですので、変えたら評価が変わるかも知れませんが・・・




アンバランスで聞く限り、

ジャンル
クラシック・オペラ
歌謡曲
ロック

参考になった0

満足度5
デザイン3
携帯性2
バッテリ4
音質4
操作性3
付属ソフト2
拡張性3
また友人に勧められて・・・

昨日、大阪日本橋のeイヤホンにて下取りキャンペーンを使って購入しました。
私の場合、皆さんと違って一番使用頻度の高い「へっどほん」が車です。
DAPのヘッドホン端子から車に積んであるプロセッサーにアナログ接続(プロセッサーのAUX端子に接続)した後、そのプロセッサーからアンプ(パイオニアD700を右チャンネルと左チャンネル用に各1台、計2台使用、別途パワードサブウーハー有り)を通じて2wayのスピーカーに接続して聞いています。
プロセッサーの入力インビータンスの関係上、DAPにはそこそこのアンプの能力が必要なため、アンプの出力を重視して物色していたところ、友人から進められて購入しましたが、その友人、実は「前科」が有りまして、多少、疑心暗ぎみに購入しましたが、今回は「文句なし」です。

で、実際に2日間使ってみて、

【サイズ】:気持ち大きいかなと思いますが、その分液晶画面も大きく、表示される文字も大きいので、私のような老眼の人間には非常にうれしいです。
IPSパネル採用の液晶なので、確かに見やすく、タッチパネルの反応も含めて、このクラスのDAPとしては、私は使いやすいと思います。

【操作性】:この件に関しては多少慣れが必要ですね。
特に他にDAPを持っている方は注意です。
サイドにある「早送り、再生/停止、早戻し(ついつい「巻き戻し」と言ってしまいそうですが)のレイアウト、このモデルは一番上が「早送り」です。
後、このモデル、シャットダウンすると、シャットダウンする前にファイルのどこまで聞いていたか忘れてしまいます。
そこがAKやWalkmanと違う点で、Akなどは前回聞いていた続きから聞く事が可能ですが、このモデルはそれが出来ません。
後、起動させるとしばらくの間、必ずライブラリーを作り直します。
当然、それには時間が掛かり、その間のレスポンスも含めて操作性に制限があります。

私の場合、とりあえず本体の電源を入れたら、本体のメモリーにコピーしたお気に入りの曲を聴き、ライブラリーの更新までの時間稼ぎをするようにしています。

【音質】:音としての完成度はこの価格帯の製品の中ではトップレベルだと思います。
正直、このクラスまで来て初めて「音の傾向の好み」という台詞が通用するんでは無いでしょうか?
この音が好きか嫌いかは別として必要最小限の音質は十分確保していると思います。
これまで、この価格帯のDAPの場合、何処かに「ケチ」が付き、8万円台ぐらいのクラスで無いと「ケチ」が付いていたと思いますが、好みはともかく、大きな「ケチ」が付かない音質になった事は大きな評価だと思います。
ただ、正直、私の好みの音と少し違うんですよね。

このDAP、その音を「音楽」として聞かせる方向に振った音作りをしているように思います。
私の場合、過去にビデオ編集等をしていた関係上、何処か「音」を聞いている傾向があります。
良くない癖ではありますが、何処か「音楽」では無く「音」として聞いている傾向がありますので、多少、他の人とは好みの傾向が違うのかも知れません。

ただ、結構、人にお勧めできるレベルの商品だと思いますよ。
製品の癖を理解されて、その上で視聴される事をお勧めします。

結構、この音が好みだと言われる方は多いかと思いますし、そう言った方の場合、この価格で好みの音が手に入るだけでもメリットは大きいかと思います。

後、余談ですが、このモデル、エージングが必要かどうかは解りませんが、DX80などと違って比較的最初からまともな音が鳴ります。
私個人的には、エージングによる音の変化が少ないモデルでは・・・と思っています。

ジャンル
クラシック・オペラ
歌謡曲
ロック

参考になった1

満足度5
デザイン3
携帯性2
バッテリ4
音質4
操作性3
付属ソフト2
拡張性3
また友人に勧められて・・・

昨日、大阪日本橋のeイヤホンにて下取りキャンペーンを使って購入しました。
私の場合、皆さんと違って一番使用頻度の高い「へっどほん」が車です。
DAPのヘッドホン端子から車に積んであるプロセッサーにアナログ接続(プロセッサーのAUX端子に接続)した後、そのプロセッサーからアンプ(パイオニアD700を右チャンネルと左チャンネル用に各1台、計2台使用、別途パワードサブウーハー有り)を通じて2wayのスピーカーに接続して聞いています。
プロセッサーの入力インビータンスの関係上、DAPにはそこそこのアンプの能力が必要なため、アンプの出力を重視して物色していたところ、友人から進められて購入しましたが、その友人、実は「前科」が有りまして、多少、疑心暗ぎみに購入しましたが、今回は「文句なし」です。

で、実際に2日間使ってみて、

【サイズ】:気持ち大きいかなと思いますが、その分液晶画面も大きく、表示される文字も大きいので、私のような老眼の人間には非常にうれしいです。
IPSパネル採用の液晶なので、確かに見やすく、タッチパネルの反応も含めて、このクラスのDAPとしては、私は使いやすいと思います。

【操作性】:この件に関しては多少慣れが必要ですね。
特に他にDAPを持っている方は注意です。
サイドにある「早送り、再生/停止、早送り(ついつい「巻き戻し」と言ってしまいそうですが)のレイアウト、このモデルは一番上が「早送り」です。
後、このモデル、シャットダウンすると、シャットダウンする前にファイルのどこまで聞いていたか忘れてしまいます。
そこがAKやWalkmanと違う点で、Akなどは前回聞いていた続きから聞く事が可能ですが、このモデルはそれが出来ません。
後、起動させるとしばらくの間、必ずライブラリーを作り直します。
当然、それには時間が掛かり、その間のレスポンスも含めて操作性に制限があります。

私の場合、とりあえず本体の電源を入れたら、本体のメモリーにコピーしたお気に入りの曲を聴き、ライブラリーの更新までの時間稼ぎをするようにしています。

【音質】:音としての完成度はこの価格帯の製品の中ではトップレベルだと思います。
正直、このクラスまで来て初めて「音の傾向の好み」という台詞が通用するんでは無いでしょうか?
この音が好きか嫌いかは別として必要最小限の音質は十分確保していると思います。
これまで、この価格帯のDAPの場合、何処かに「ケチ」が付き、8万円台ぐらいのクラスで無いと「ケチ」が付いていたと思いますが、好みはともかく、大きな「ケチ」が付かない音質になった事は大きな評価だと思います。
ただ、正直、私の好みの音と少し違うんですよね。

このDAP、その音を「音楽」として聞かせる方向に振った音作りをしているように思います。
私の場合、過去にビデオ編集等をしていた関係上、何処か「音」を聞いている傾向があります。
良くない癖ではありますが、何処か「音楽」では無く「音」として聞いている傾向がありますので、多少、他の人とは好みの傾向が違うのかも知れません。

ただ、結構、人にお勧めできるレベルの商品だと思いますよ。
製品の癖を理解されて、その上で視聴される事をお勧めします。

結構、この音が好みだと言われる方は多いかと思いますし、そう言った方の場合、この価格で好みの音が手に入るだけでもメリットは大きいかと思います。

ジャンル
クラシック・オペラ
歌謡曲
ロック

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]
The BIT

audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]

最安価格(税込):¥43,221発売日:2017年12月23日 価格.comの安さの理由は?

audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]をお気に入り製品に追加する <67

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意

audio-opus Opus#1S HA-520-32G [32GB]の評価対象製品を選択してください。(全2件)

audio-opus Opus#1S HA-520-32G-LB [32GB ラピスブルー] ラピスブルー

audio-opus Opus#1S HA-520-32G-LB [32GB ラピスブルー]

audio-opus Opus#1S HA-520-32G-LB [32GB ラピスブルー]のレビューを書く
audio-opus Opus#1S HA-520-32G-MP [32GB ミッドナイトパープル] ミッドナイトパープル

audio-opus Opus#1S HA-520-32G-MP [32GB ミッドナイトパープル]

audio-opus Opus#1S HA-520-32G-MP [32GB ミッドナイトパープル]のレビューを書く

閉じる