X5 2nd gen レビュー・評価

2015年 7月17日 発売

X5 2nd gen

  • 従来機種「X5」より重量を15%軽量化し、サイズを12%小型化した、ミドルクラスのハイレゾ音源対応デジタルオーディオプレーヤー。
  • DACにはTI製IC「PCM1792」「OPA1652」「OPA1612」を採用。すぐれたダイナミックパフォーマンスと極限までの低ノイズ、低歪みを実現している。
  • 最大128GBまで対応したmicroSDカードスロットを2基搭載。ドラッグ&ドロップによるファイル移動と自動ライブラリ更新機能を備える。
X5 2nd gen 製品画像

拡大

X5 2nd gen [Titanium]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

記憶媒体:外部メモリ 再生時間:10時間 インターフェイス:USB2.0 X5 2nd genのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

X5 2nd gen の後に発売された製品X5 2nd genとX5 3rd gen [32GB]を比較する

X5 3rd gen [32GB]
X5 3rd gen [32GB]X5 3rd gen [32GB]X5 3rd gen [32GB]

X5 3rd gen [32GB]

最安価格(税込): ¥- 発売日:2017年 5月12日

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 記憶容量:32GB 再生時間:10時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth
  • X5 2nd genの価格比較
  • X5 2nd genの店頭購入
  • X5 2nd genのスペック・仕様
  • X5 2nd genのレビュー
  • X5 2nd genのクチコミ
  • X5 2nd genの画像・動画
  • X5 2nd genのピックアップリスト
  • X5 2nd genのオークション

X5 2nd genFiiO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください [Titanium] 発売日:2015年 7月17日

  • X5 2nd genの価格比較
  • X5 2nd genの店頭購入
  • X5 2nd genのスペック・仕様
  • X5 2nd genのレビュー
  • X5 2nd genのクチコミ
  • X5 2nd genの画像・動画
  • X5 2nd genのピックアップリスト
  • X5 2nd genのオークション

X5 2nd gen のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.77
(カテゴリ平均:4.25
レビュー投稿数:30人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.38 4.37 -位
携帯性 軽さ・コンパクトさ 3.96 4.36 -位
バッテリ バッテリの持ちはよいか 3.97 3.91 -位
音質 音質のよさ 4.90 4.23 -位
操作性 操作性のよさ 3.69 3.78 -位
付属ソフト 付属ソフトは使いやすいか 3.00 3.37 -位
拡張性 対応オプション・アクセサリなどの充実度 4.32 3.57 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

X5 2nd genのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「ジャンル:ヘビーメタル」で絞込んだ結果 (絞込み解除

アナログ&ハイレゾ ファンさん

  • レビュー投稿数:72件
  • 累計支持数:399人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
22件
16件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
16件
3件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
9件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
バッテリ5
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性5

(2016.7.23. 更新)
環境を更新しました。
 イヤホン: Noble Audio Kaiser 10 Universal Almunium、AK T8ie、T8ie Mk II
リケーブル: Crystal Cable Next 3.5mm- CIEM 2pin、3.5mm - MMCX (いずれも 2016年製)

X5 2nd. が価格を超えた高音質であることは前回までに記した通りですが、上記の更新により、X5 2nd. の音質が、他のDAP以上に改善しました。X5 2nd. にまだこれほどの伸びしろがあったとは驚きです。

特に、Crystal Cable Next (2016年製)によるハイエンドの伸び、及び高音域の実体感の向上には目覚ましいものがあります。
詳細は、以下の製品のレビューを参照した頂ければと思います。

- Astell&Kern×Crystal Cable PEF24-CRYSTAL-MMCX-3.5MM ミニプラグ⇔MMCX [1.2m]
- KAISER10 UNIVERSAL Aluminium [レッド×シルバー]

参考までに、今までに購入したDAPを、当方の主観で音の良い順番に並べると以下の通りになります。
Calyx M (with x-batt) = X5 2nd. > Fiio X7 (with AM3/AM5) > Calyx M (without x-batt) > Plenue S = AK240 > DP-X1A = DP-X1 > NW-ZX1

このように、X5 2nd は、10万円台、20万円台のDAPと較べても、勝るとも劣らない超高音質であることを再確認しました。 
そろそろ、モデル末期と思われますので、購入を迷われている方は、迷わずに本機を購入することをお勧めします。
(私も、ゴールドカラーを追加購入してしまいました。)。

(2016.12.3 更新)
最近は、AK240と、 Fiio X7 + AM5 を使っていましたが、やっぱり X5 2nd の DSD ネイティヴ再生の音が忘れられず、ブラックを再購入しました。
個人的には、やっぱり、DSD ネイティブ再生は、 TI のDAC PCM7192 を使った X5 2nd が、手持ちの DAP の中では別格で良いと思います。
環境は、
 イヤホン:AK T8ie + Crystal Cable Next
       IE800
ヘッドホン: AK T1p
等です。

一方、他の方のレビューを見ると、同様のご意見の方は多くはないようです。
X5 2nd は、設定で結構音が変わるので、参考までに、当方で DSD ネイティヴ再生に最良と思われる設定を記しておきます。
 1) 可聴帯域外フィルタ: スムースカーブ(TI 系の DAC で DSD 再生するときには必須ではないかと思います)
 2)マルチファンクショナル出力: コアキシャル出力(ライン出力では音質が劣化するようです)
 3)イコライザ: Custom でフラットのまま( Normal は味付けされているように思います)

以上、ご参考まで。

-------------------

【デザイン】
 この金属の塊のようなデザインが気に入りました。

【携帯性】
 半年前まではポタアンを持ち歩いていたことを思えば、比べ物にならないくらい携帯性は良いです。携帯性が良くなっても、音質や、バッテリによる使用時間は全く犠牲になっていません。

【バッテリ】
 全く問題ありません。

【音質】
 最近はずっと、ESS ES9018K2M 搭載の DAP (Calyx M)、ポタアン(XPA-700) 等を使っていたので、久しぶりの TI /Burr-Brown 系の DAC ですが、DSDネイティヴ再生の質の高さに改めて感動しました( SONY UDA-1 で初めて DSD ネイティヴ再生を聴いた時の感動が蘇りました)。
 この小型の筐体で、 UDA-1 に勝るとも劣らない音質を実現した Fiio に感謝したいです。
 ESS、TI系の DAC には、それぞれ得手、不得手はあると思いますが、手持ちの機器では、TI / Burr-Brown 系の機器( UDA-1、iDSD nano、X5 2nd.)は、いずれも DSD ネイティヴ再生の質が極めて高いと感じています。この超高音域の抜けの良さや、独特の艶めかしさは、 残念ながら手持ちの ESS 系の機器では得られません。
 もちろん、 Calyx M の音( 特に96kHz/24bit)も素晴らしいので、しばらくは、 Calyx M と X5 2nd. の2台を使い分けしていくことになりそうです。

【操作性】
 あまり評価は良くないようですが、私は好きです(使い易いと思います)。

【拡張性】
 microSD 2スロットは嬉しいです。

【総評】
 今、1つだけ DAP を選べと言われたら、総合力(音質、バッテリ使用時間、大きさ、デザイン、価格)から見て、 X5 2nd. を選ぶと思います。ただし、低音域の厚みは必要量な分だけ出ている感じなので、低音好きの方には物足りないかもしれません。

ジャンル
クラシック・オペラ
ロック
ヘビーメタル

参考になった21人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

慢性鼻炎患者さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:97人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
4件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
2件
もっと見る
満足度3
デザイン4
携帯性3
バッテリ3
音質5
操作性1
付属ソフト無評価
拡張性4

eイヤホンのセール時にX3 2ndを下取りに出して購入。主にX3 2ndと比較。
使用環境はイヤホン・ヘッドホン直挿し、ラインアウトからcypher labs piccolo接続か据え置きアンプ接続がメイン。

【デザイン】
X1から続く何処ぞのDAP風味デザイン。
オリジナリティはともかくとして、筐体は綺麗。金属の使い方やヘアラインの仕上げ等、流石にX3 2ndよりは上だと思わせる。
液晶画面はX3より精細。この大きさならこれで充分。
【携帯性】
大きさ、発熱共にX3より当然ながらアップ。ラインアウト/同軸アウト兼用ジャックがX3と逆になり、手持ちのケーブルではイヤホンと干渉し易くなりpiccoloとの接続はし難くなった。
【バッテリ】
容量自体は上がっているが、ハイパワーな為か持ちはX3より若干良い程度。
【音質】
芯の太い硬い音を出す。
余計な味付けはしない。
モニターライクだが、繊細さよりもパワーとスピードで押してくるイメージ。
音質面だがはかなり優秀。
【操作性】
選曲、環境設定共に全てホイール&ボタンのアナログ操作。
FW2.0にアップして約1カ月程経過した後、ホイール操作が突如劣悪に。
誤クリックは当たり前。
時計回りに回しても逆に動いたり、1メモリ分回しても動かなかったりと不具合の塊。
1年使ったX3 2ndでは全く問題無かったのに、何故に上位機でこうなるのかなと。
2.1にアップしたが気持ちましになった程度。
FWダウングレードを視野に入れるべきかも。
【付属ソフト】
D&Dのみなので無評価。
【拡張性】
この価格帯の中華DAPによくある、同軸デジタル、ラインアウトを装備。同軸出しは独自の四極仕様で使いにくい。ラインアウトはfiioらしく安定。
mimoSDカード2枚対応。
【総評】
音質に文句は無い。
同クラスと思われるDX80、PAW5000と比べても遜色無く、価格は下がってきている為、こと音質面にかけては随一のコスパを誇る。
ただし、ユーザビリティが対X3 2nd比でも低下した事は大きなマイナス。スムーズに曲選びが出来ないのはかなりのストレス。
他の方のレビューではそこまで悪く書かれていないので個体差があるのかもしれないが、現状では人にはやや薦め辛い。

ジャンル
クラシック・オペラ
ジャズ
ロック
ヘビーメタル

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぶーふぶさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
バッテリ4
音質5
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性無評価

5年間お世話になったipod classicのハードディスクが遂に死んでいまい、中古のclassicはやたら値が張っているので代わりのDAPを探していて、いくつかの機種を比較した上でこちらを購入しました。
使用し始めて2か月ほど経ったのでレビューでも書こうかと思い立ちました。

私はclassic+HP-P1の2段で運用していましたが、決して持ち運びやすい物では無かったのでDAP本体のみでそれなりに鳴らせる物を探していました。
最終的に絞り切った中から
・DP-X1 音自体は満足だが管理ソフトに色々と問題あり
・ak120ii 同様音は満足だが、価格差を考えた上での効果を見ると微妙

といった理由で結果的に消去法で本機を購入するに至りました。
音に関してだけ言えば以前使用していた2段に比べても遜色なく、むしろDAP単体でこれだけクリアに再生できるようになった業界の進歩に感心していました。バランス駆動は試していないのでこれらの最大限の力を見ることはできていないのかもしれませんが、そもそもバランスで繋ぐ予定は無いので考慮に入れていません。

【デザイン】
前述の通りDAP本体のみなので見た目も持ち運びやすさも以前より格段に良いです。
本体に関しては、パッと見で安っぽさは感じない上に、classicにすごく似た見た目で流行りのandroid機よりも私は好みです。
【携帯性】
classicよりも一回り大きく、胸ポケットにはギリギリ入りますがやや重いです。
ただ、何度も書いているように2段や3段で運用していた人からしたら確実に取り回しが楽になります。
【バッテリ】
最大まで充電した状態で朝から移動中は常に使用していて、帰宅して充電する頃に残り20‐30%といった具合です。持ち運ぶ音源はすべて44.1/16bitのflacで揃えているので、ハイレゾ音源とやらの場合はもう少し消費するだろうと思います。
【音質】
色々なレビューにもありますが「カタい」音がします。冷たいです。
しかしS社のDAPに見られるような音の味付けはほとんど感じません。フラットだが籠り気味、スカスカのclassicのフォンアウトをよりクリアに、よりパワフルにしたような印象です。

S社の音の味付けと言いましたが、私は正直DAPやDACによる音の変化は「ほとんど」無いと感じています。
明らかなドンシャリになる機種や、解像度が低い、パワーが無いといった違いこそあれど、一定のラインを超えたら「私の耳」では判断しかねます。ある程度のDAPを持っているならば、「「「「「「「「本体よりもまずイヤホンやヘッドホンにお金をかけた方が確実に音の変化を感じられる。」」」」」」」というのが私見です。

注目のDSD再生はあまり興味は無かったのですが、折角なので聴き慣れた音源のハイレゾ版をいくつか購入して比較しました。
正直なところ一聴しただけでは明らかな違いを感じることはできませんでした。これは私の耳がアレなだけなのであまり参考にならないと思いますが、CD音源に対してより空間が整理された印象で、楽器それぞれの定位がしっかりとしていて、モニターライクな音が好みの人にはハマりそうだなぁと感じました。
【操作性】
依然はUIの動作がすごくモッサリしていましたが、現在のFW2.0では普通に動きます。が、ホイールを素早く動かすと未だに結構遅れて動いてますね。classicはこういった所は完成されていたので少し残念に感じる点ですね。

デザインに書くのもあれだったのでここに書きますが、ホイール自体がやや安っぽく少しカパカパしてるので長く使っていくことに少し不安を感じています。

総じて及第点ではありますが、やや不便な点もありますので3点です。
【付属ソフト】
本機はUSBDACとしても使用できるそうですが私は使っていませんので無評価です。

専用の管理ソフトは無く、エクスプローラーでドラッグ&ドロップで管理することができます。そういったソフトはどれも動作が重かったり、更新で不安定になったり色々面倒なので私はこうしてシンプルな方が向いていると感じました。
【拡張性】
本体のみの運用しか考えていませんが、純正でポタアンを固定できる物が売られています。
microSDを2枚挿せるので大量の音源を持ち運ぶことが出来ます。
【総評】
所々で厳しい事も書きましたが、私個人は総じてとても満足しています。
大分価格も下がってきているのでコストパフォーマンスを重視される方は購入して損は無いと思います。

ジャンル
歌謡曲
ロック
ヘビーメタル

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Burnhamさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
1件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト4
拡張性4


NW-ZX100を購入してそれなりに満足していたところ、XDP-100Rを視聴。音源に入っていたハナレグミのBoomカバー「中央線」。ギター一本で歌い上げる。コーラスだけのエフェクトで、ストラトかテレキャスのような音。繊細で余韻がある。
「ふーん、きれいだな」と思い、ZX100にFLACで入れる。

驚愕。

ギターの音がレスポールのフロントみたいな太い音。まるで同じ曲に聞こえない。
いろいろと考えた。
「これはもしかして、コンプレッサーをかけた音と似ているのではないか?」
小さい音が大きく聞こえるアレだ。
「コンプレッサーをかけて迫力を増すという手法と同じことをZX100がチューニングしているのではないか?」
いろいろとイコライザーをいじる。

無理だった。

ギター、ボーカルあたりの周波数を上げ下げしてどうにかなるという話ではない。ダイナミックレンジが詰まっているという印象。
それに気づいてからほかの曲でも我慢ができなくなる。

それからX1、X3-2nd、X5-2 ndを視聴。「あー、XDP-100Rに近い」
早速購入。ZX100とまったく傾向の違う音に驚く。

[操作性]
ホイールは楽しいですが、アルバム数が多いと探すのにとても時間がかかります。

[音質]
ゲイン:ローで聞いていると、ひとことで言えば「カタイ」音。

BA型のイヤホンで聞いているようだという人もいる。もう少し詳しく言うと、低音の締りがとてもよく、中音、高音ともに繊細。太くない音。ZX100と間逆の傾向。ダイナミックレンジのとても広い音。ただし、傾向としては、高音ほど大きく聞こえるというチューニングがされている。おそらくこうしたことが「カタイ」音の正体と思われる。

ZX100がコンプレッサーをかけたようなチューニングをしているとすれば、本機はダイナミックレンジ重視に加えて高音を強調した音。解像度はすこぶる高い。たぶん、ZX100 もそれなりに高いのかもしれないが、前述のようなチューニングのために、全体的に詰まってしまって、一音一音が聞き取りにくい。本機のほうがはるかに分析的。

ゲイン:ハイに切り替える。一気に「カタイ」音から、柔らかい音へと脱皮。余韻や温かみがある音へと変身。ただし、ZX100のような中音中心にダイナミックレンジが詰まったような音とはまったく異なる。これをフラットな音と表現することも可能だが、高音が強直されたチューニングは同じ。ハイレゾ、を表現するためか?

[総合]
アルバム検索はどうしても時間がかかる。ホイールの回転速度に連動してスクロール速度があがる、といったソフトウェアの改善を望む。
「薄味」「カタイ」と感じている場合は、ゲインをハイへ切り替えると改善。Kenwood, Cowon, Walkman A, F880, ZX100と乗り継いできた経験からすれば、もっとも好ましい音。不思議なのは、Iphone6の出す音と傾向が似ている。はるかに精細にしたうえで、高音を強調すると本機か。

ジャンル
ジャズ
R&B
ロック
ヘビーメタル
その他

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みちのく一人旅さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
2件
8件
イヤホン・ヘッドホン
2件
4件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性4
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性4

ヘッドホンはゼンハイザー HD 25 ALUMINIUMを使用
iPhoneにソニーの PHA-1を組み合わせていましたがPHA-1が壊れたため本機を購入
【デザイン】
ヘアラインが綺麗で安っぽい感じは無い。
ボタンのデザインはX5の方が良い。
【携帯性】
見た目より軽く、今はコートの胸ポケットに入れて持ち歩いてます。厚みがあるのでズボンのポケットには少し厳しいかな。
【バッテリ】
PHA-1に比べたら全然もちます。
電源オートオフ機能があるのでPHA-1のように電源切り忘れてバッテリーがなくなることはありません、何気にありがたい。
【音質】
一聴してわかるほど音質が良い。ノイズ感が皆無。
PHA-1でも満足していたが、PHA-1に比べてもかなりのレベルアップを感じることができる。楽器それぞれの音がくっきりと分離されているので立体感が感じられる。
高音も伸びがあり、綺麗に鳴らしてくれる、低音も人口的な重低音ではなく自然な範囲で充分でている。全体的にバランスが良くモニター的でありながら美音。クラシックなどにも合うのではないかと思います。
もう少しだけ音の厚みが欲しいところもあるがヘッドホンにもよるところかと思います。
違うヘッドホンの組み合わせであり単純な比較は出来ないがDP-X1なども試聴してみて、たしかに素晴らしい音であったが、ここまでくると所有する満足感や好みの範疇で価格差程の音質差はないと感じた。この音が4万円台で手に入る、おそるべきコストパフォーマンスと言わざるを得ない。
【操作性】
FWは1.2に上げているせいか
スイッチ関係で特に気になるところはありません。唯一文字の視認性について、文字が小さい、年寄りにはしんどい、歩きながら選曲は不可能、もう少し大きくしてほしかった。
液晶自体は綺麗です。
【付属ソフト】
何もついてきませんが逆に単純にPCに外部ストレージとして接続して好きな曲を放り込むだけなので単純で使いやすい。
プレイリストの作成方法はグーグル先生から勉強してるところです。
【拡張性】
内部メモリ無し、外部マイクロSDカードの2枚挿しと割り切った設計も好感がもてます。
128GBを2枚挿して使ってます、かなりの容量です。
また、嬉しかったのは同軸のデジタル出力があることです。家では
PC→U-05→A-S700→MENTOR/M
という構成で音楽を聴いていますが、なぜかPCに接続して聴くより本機をU-05に接続した方が音が良くなりました、お互いデジタル接続だから変わらないはずと思うのですが、結果オーライです、PC立ち上げる必要もなくなり、非常に便利になりました、USBで給電しながら使ってます。
【総評】
PHA-1の故障がきっかけで本機にめぐり会いました、コスパが高く大満足です。
耐久性は未知ですが末永く付き合っていけそうです。これからもこの辺りの価格帯で良い製品を作り続けていっていただきたいと思います。

ジャンル
クラシック・オペラ
歌謡曲
ロック
ヘビーメタル

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

蔵王蔵丸さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
23件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
14件
イヤホン・ヘッドホン
5件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性5
付属ソフト無評価
拡張性無評価

長らくFiio X5 Japanese Editionに憧れてましたが生産中止となり、妥協としてX1を使ってましたがX1も結構気に入ってました。
が、この度X5 2ndが発売となりこれを逃してはなるものか!という勢いで購入しました。
使用環境はTripleFi10、MDR-1RMK2の直差しオンリーです。

【デザイン】
最初の男らしいデザインではないのが残念ですが、X1と同じようなデザインなのでまだ妻にはばれてません(笑)そういう意味では助かりました。ただヘアラインは綺麗ですね。付属品のステッカーなんて貼ってられません。

【携帯性】
X1より大きくなり厚みも増したので少し評価を落とします。ワイシャツの胸ポケットにギリギリのサイズ。間違ってもズボンには入れられません。

【バッテリ】
現時点では特に不満点はないです。がバッテリーが%表示なら分かりやすくて良いと思います。今後のFWアップデートで盛り込まれると良いなぁと思います。

【音質】
X1と比べて段違いですね。他の評価されてる方の方が詳しくレビューしてるので割愛しますが、ハイレゾもX1ではただ鳴らしてるだけなんだなぁと思わせる音質です。

【操作性】
Head-FiでFW1.11BETAがあったので適用したところホイールの挙動が改善されたので操作性は申し分ないです。曲の探すのがいちいちホイールを回す手間が嫌な人にはあれでしょうが、私はむしろそのアナログ感が好きです。

【拡張性】
携帯性を重視してポタアン等は使わないので無評価とします。

【総評】
憧れだった機種の次世代機として、思ったより人生短い悔いが残るようなら買ってしまえ!というわけで買いましたが、素晴らしいです。mictoSDも二枚使えて、DSDネイティブ...今まで使ってたDAP(i pod nano、NW-F800、X1)の中でも高級ですが値段に比例して満足感も一番です。ライバルにAKとかSONYとかありますが、人に勧めるなら断然こっちですね。
少し発熱するのがネックですがこれからも使い倒してやりたいと思える相棒に出会えて感謝ですね。
これからのFWアップデートでどうなるのか期待したいところです。

ジャンル
ロック
ヘビーメタル
その他

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たっく.えふさん

  • レビュー投稿数:159件
  • 累計支持数:457人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
14件
0件
ケースファン
14件
0件
スマートフォン
11件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性4
バッテリ3
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性4

【デザイン】
最近のFiioお得意のデザイン。X1に比べると筐体デザインやマテリアルの高級化が目立ちます。
ヘアライン仕上げと色合いが個人的に好みです。ヘアラインの深さが少々深めでチョット汚れが溜まりやすいのがイマイチかな・・・
特に気にするところでも無いですが・・・
【携帯性】
個人的に丁度良い大きさと重さです。中身を考えると小さい方では?
【バッテリ】
X1と比べて悪いです。10時間は持ちません。実質8時間程度かと思います。
【音質】
音のバランス、解像感共にX1よりも全然上です。
音の色付けも少なめで出力先の機材の特性をそのまま出力するような感じです。
意外とソースをストレートに出力する機種は少なめなような気もします。大半はわかりやすいエフェクター的な色付けがもれなくついてきますね。
個人的にはソースに忠実な方が好みなので少ない色付けは大歓迎です。
【操作性】
相変わらずのレスポンスの悪いホイールですがX1と比べると改善はしています。
個人的にはE17Kのようなダイアルの物が好みです。
【拡張性】
コアキシャルとラインアウト、USB-DACとしても使用可能なので悪くはないと思います。
ラインアウトはFiioお得意の高音質ですのでラインアウトでも十分かと思います。
【総評】
レビュー時の使用機材は以下の通りとなります。

X5 2nd→SONY EX-1000 or audio-technica ATH-MSR7(自作のmogami2549にてリケーブル) ※レビュー時の主な使用機材。

X5 2nd→自作mogami 2549→Fiio E12orE12A→SONY EX-1000 or audio-technica ATH-MSR7(自作のmogami2549にてリケーブル)
GAINは全てHにて使用しております。

X1からのステップアップでの購入です。
全てにおいてX1よりも満足度は高いです。MicroSDの2枚刺しは使い勝手が良いですね。

上記のレビューは直挿しのレビューとなります。

基本的にポタアンは不要なレベルのパワーと音質を備えておりますが、音の傾向を変えたい時やヘッドフォンを使用時などにはポタアンを使用しております。

音に関しては満足できる範囲ですが残念な点も…

ハイレゾ音源等では偶に音飛びが見られます。よくフォーマット等と言われてますが処理落ちとファイルの転送方法に伴う音飛びかと思います。
カードのフォーマットは本体とwindowsのex-fatで試してますがどちらでも出るときは出ます。
恐らく下に記載してる転送方法とバッファ容量が少々不足気味なのかもしれません。

ファイルの転送ですが、大量のファイルを一気に転送すると当方の環境では出てきます。
自身の解決方法ではアルバム単位ごとの転送で解決しているので音飛びでお悩みの方はこの方法で解決出来るかもしれません。
ハイレゾ以外でも転送の仕方では音飛びが出るのは確認済みです。

使用カードはナントカ問屋で販売しているオリジナルカードの64GB品となります。
フォーマットはwindowsでのフルフォーマットex-fatです。

次に残念な点はBATTERYの持ち具合ですが能力を考えれば仕方ない所でもありますが、ファームウェアでもう少し詰められるんじゃないかと思ってますので今後のUpdateに期待です。

発熱量も残念な点でもありますがBATTERYの項目と同じで能力と大きさを考えると…まぁ仕方ないかと…


不満な点も何点かありますが音は不満を吹き飛ばす位に満足しているので全体的には満足出来る買い物となりました。

ジャンル
クラシック・オペラ
ジャズ
ロック
ヘビーメタル
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

X5 2nd genのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

X5 2nd gen
FiiO

X5 2nd gen

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 7月17日

X5 2nd genをお気に入り製品に追加する <282

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意

X5 2nd genの評価対象製品を選択してください。(全3件)

X5 2nd gen [Titanium] Titanium

X5 2nd gen [Titanium]

X5 2nd gen [Titanium]のレビューを書く
X5 2nd gen [Black] Black

X5 2nd gen [Black]

X5 2nd gen [Black]のレビューを書く
X5 2nd gen [Gold] Gold

X5 2nd gen [Gold]

X5 2nd gen [Gold]のレビューを書く

閉じる