Aurvana Live!2 HS-AVNLV2 レビュー・評価

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2

スマートフォンに対応した40mmネオジウムマグネットドライバー搭載ヘッドホン

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2 製品画像

拡大

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2-BK [ブラック] Aurvana Live!2 HS-AVNLV2-RD [レッド]

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2013年11月中旬

タイプ:オーバーヘッド 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:10Hz〜30kHz Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2の価格比較
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2の店頭購入
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のスペック・仕様
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のレビュー
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のクチコミ
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2の画像・動画
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のピックアップリスト
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のオークション

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2CREATIVE

最安価格(税込):価格情報の登録がありません [ブラック] 発売日:2013年11月中旬

  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2の価格比較
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2の店頭購入
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のスペック・仕様
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のレビュー
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のクチコミ
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2の画像・動画
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のピックアップリスト
  • Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のオークション

満足度:3.24
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:4人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 3.95 4.16 -位 見た目のよさ、質感
高音の音質 3.29 4.15 -位 高音部の音質の良さ
低音の音質 3.00 4.14 -位 低音部の音質の良さ
フィット感 3.95 4.08 -位 装着したときのフィット感など
外音遮断性 4.00 3.81 -位 外の音を遮断するか
音漏れ防止 3.31 3.76 -位 音漏れを防止するか
携帯性 4.00 3.77 -位 コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:118件
  • 累計支持数:1237人
  • ファン数:63人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
118件
1628件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
142件
AVケーブル
0件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン3
高音の音質4
低音の音質3
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性4

このアルバナライブ2は、今でも1万円以下のド定番である化け物ホン、アルバナライブ!の後継機、子どもとなります。併売されているので後継機というかなんというかですが。
ここにきてアルバナ1を買い戻したくなり、どうせなら2も買って比較してみようというのがきっかけでした。なので、1と2の比較を中心にレビューしていきます。

結論ですが、音質は1のほうが良いです。装着感は2のほうが良いです。総合的には1のほうが良いと感じます。
価格コムには価格登録がありませんが、普通にアマゾンで買えますしよくセールもやっています。
セール中は2が7千円、1が5千円です。というか1が5千円て・・・私が数年前に買ったとき8千円でも物凄いコストパフォーマンスだと感じたのにあれが5千円で買えちゃうんですよね今。


●音質
低音寄りで、艶感のあるボンボンっとした低音が量感そこそこ多く響きます。
ボーカルは捉えやすいです。高音の伸びも特に申し分なし。
問題は、全体を包む薄モヤ感。アルバナ1のような晴れやかなクリアさがなくなっているのが結構致命傷かなと。
アルバナ1と比べると低音が増え薄モヤがかかり、音場が広がり、ボーカルはマイルドになりました。低音の質感自体は似てるんですけどね、量がね。

音質自体は1のほうが良いと思います。ですがこのアルバナ2も1の存在さえなければ7千円ならまあ納得の音質かなという印象です。

ちなみにリケーブルによる音質の改善を他の方がレビューされていますね。確かに付属ケーブルはリモコン付きのもので、このリモコンが非常に厄介者で音質を邪魔しているというのは納得です。クリエイティブはなんでこんなケーブルをデフォルトにしちゃったんだろ。

●装着感
装着感は普通くらいです。1よりは良くなりました。

【フィット感】
耳元のフィット感は普通です。広さと深さがそれぞれ微妙に足りないパッドで、耳の先は不快な触れ方はしないものの当たりつつ、丸形のパッドの淵にもやんわり耳が触れる感じです。
パッとつけて変な違和感は感じませんが、「あー当たってるなー」という感覚はずっとあります。
蒸れ感は密閉型なので多少なりとも。

【側圧】
普通くらいです。

【頭頂部】
細いバンドですが特別問題は感じません。
というかこんな価格帯ですら普通に問題なく出来ている頭頂部に問題感じる機種が問題だと私は思います。

【重量】
243.5g(実測)で普通です。
公称値255gよりも若干軽く出たのは意外でした。まあケーブルを完全に外して測定したので、それをしていないときとの差かもしれません。

【装着感総評】
触れ続ける耳元とその他普通の点を加味して60点、星3つとします。
特別悪くは感じないのですが、これに対して「良い装着感」と表現するのは違うなという立ち位置です。
1よりは1段分は装着感が良くなっていますが、かといってまあ、はい。

●総評
1からの変化に対して、イマイチ好きになれない面が多く星3つとします。
2よりも私は1をお勧めしたいと思います。メーカーさんはとりあえず付属ケーブル変えてくれないかなあ。

●リケーブル追記
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00BLDU8QQ/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

リケーブルについて言及されているレビューがあったので↑を買ってリケーブルしてみました。
結果は曇り空が晴れました。この金額でこの効果が得られるなら価値があるかと思います。

ただ、全体的な傾向は変わらず、曇りの部分が普通になったという大きな改善はあるものの、他の音は同じまま低音は多めですし1ほどの晴れやかさ等は感じられません。
リケーブル後なら1と比較しても問題のない程度の音質とは思いますが、それでも私は1を推します。
リケーブル後で星3.5くらいの評価かなぁ。にしてもやはりリモコンケーブルって駄目なんだと明確に分かる実例だと思います。

比較製品
CREATIVE > Aurvana Live! HP-AURVN-LV
主な用途
音楽
映画
接続対象
PC

参考になった5人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

D_dropさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
10件
イヤホン・ヘッドホン
7件
3件
タブレットPC
1件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性4

レビューがこれ以上更新できないため、最終更新です。

先代は所有していないものの、割とフラットで値段の割に音が良いとして評判でしたので、
今回公式アウトレットにてレッドを購入。

デザインに関しては頑張ったのがよく伝わります。ハウジングの回転部分はさておき、基本的に堅牢に作ってあるなという印象があります。
金属パーツも多用されていてそこは好感。ただその割に塗装の関係なのかかなりプラスチッキーな質感になっているのが残念なところ。
もう少し上質な方向で攻めていくとより価格を超えた見た目と言ってもらえそうな感じの素材は使用していると思います。

勿論6000円台で購入した身としては満足している部分です。

まだエージングがすんでいるとはいえない状況ですが、
(MDR-CD900STやATH-AD2000をフラットと評すならば)明らかに低音の強いドンシャリです。
ロックバラードなどだとたまにベースのラインが見え辛い割に低域が飽和するような形で支配的になります。
割とふくよかな(悪い言い方をすれば締まりの無い)質感。

元々のドライバーの出来自体は良いのか安っぽくはないものの、ここは予想外。
また、低音が下まで出ているという感じはありません。
ドラムのキックなんかがもう少し沈んでくれると印象がより良かったのですが、それが残念。

聴いたことのある中で近いイメージなのはMDR-XB700でしょうか。それでも差はありますが。

解像度はそこそこあるな、という感じ。ギターのピックの当たる感じなんか割と心地よいです。
中高域の癖はそれほどないと思いますが、低音の抜けが良くないせいか、割と勿体無いことになることも多い印象。

音場は結構狭いですね。強いて言うならやや縦長でしょうか。
ただ男性ボーカルを聴いている感じだと、楽器はその後ろにあるなーと思えるので、
小さいながらもちゃんと位置関係はしっかりしている感じ。

ケーブルは2.5mmの4極を利用した脱着可能な仕様。付属していたのはマイク付き1本だけでした。
…このままでは家用のヘッドホンアンプなど、通常のステレオプラグやステレオミニプラグを
使用した機器で利用するのに結構苦労します。
スマホ以外だと変換プラグにせよ、ステレオミニジャックにせよ左右が正常に鳴らないものが割とある印象。
(手持ちの変換プラグではaudio-technicaのステレオミニ-ステレオ標準変換プラグを挟むと正常に鳴っている模様)
ちなみにマイクは試していないもののXperia Z2では正常に使用可能でした。Xperia Rayでは不可。
ボリュームつまみはスライド式。

装着感は良好です。イヤパッドの質感も非常によく、柔らかい付け心地は価格を超えて良いと思える印象。
もし問題を挙げるなら、夏には蒸れるかもしれませんね。

ハウジングが回転するのも便利ですね。ちなみに首にかけた状態で回転させると内側が前に向きます。

箱の外装はCreativeらしく、値段以上にゴージャスです。

率直な印象を述べるなら、まず曲を結構選ぶ気がします。
低音多めだからロックや打ち込みならなんでもいける!って感じではないです。
また、フラット〜高域寄りが好きな方は試聴をされた方が後悔が少ないかと。
基本的な素性としては7000円前後であれば充分に良いものだと思うのですが、
音作りとスマホ特化なケーブルの仕様で結果的に個人的にはあまり満足はいきませんでした。
(良い悪いというよりは人を選ぶ、ということだと思います)

特性を知った上で購入すれば★4つ以上だろうということで★4つとしましたが、個人的には3つ、って感じでした。

追記:リケーブルが出来るとはいえ、あまり市販品がないため、参考までに。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00BLDU8QQ?psc=1
富士パーツが2.5mm⇔3.5mmステレオミニケーブルを販売しています。
レビューを拝見する限り使用実績が有るようですので、紹介しておきます。
また、gotor社などもリケーブルを取り扱っているようです。

ということでgotor社と3Aカンパニー社から販売されているケーブルを購入しました。
結果的には両方共正常に使用可能です。gotorの方は差し込みが甘くても固定できてしまうので、
きっちり奥まで挿し込む必要はありましたが。

音としては上記の「ベースのラインが見え辛い割に低域が飽和するような形で支配的になります。」というところが
大きく解消されました。
全域に渡る曇りが晴れ、より低域がタイトになります。これはどちらのケーブルでも共通する変化でした。
特に3Aカンパニー社の方は価格などから見ても音質向上のためのリケーブルユースを踏まえた製品ではないと
考えられるため、どちらかというと標準のケーブルの質が悪いと考えられます。
(スマホマイクなどもついているわけだし…。そりゃそうですよね。)

ケーブル変更後はAurvana live!の正常進化品と言われても納得は出来ます。
そもそもスマホ用ケーブル自体、使い勝手を損ねる面もあるので、1本通常使用が可能なケーブルを確保しておくと
色んな意味でいいかもしれません。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった7人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

baysballさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
6件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性4

アウトレット品を5980円で購入しました。
先代機のアルバナライブと1000円くらいしか違わないので、
せっかくなら後継機をと思い選びました。

【デザイン】
チープな感じはありません。高級感というほどではないですが、
6000円で収まる価格のわりにはいいと思います。
個人的にはおにぎり形のデザインは近未来的で気に入ってます。

【高音の音質】
しっとりというよりはさっぱりした音だなと思いました。
もうちょっと暖かみがある音だとよかったのですが、悪い音ではないので、まあいいです。

【低音の音質】
良いです。質感があり、包み込むような音で、
主張しすぎというほどでもなく自分にはちょうどいいです。
バランスとしては低音よりのドンシャリだと思いますので、
フラットな音が好みの方は考えたほうがいいかもしれません。

【フィット感】
これが一番いい点でした。側圧がちょうどよく、
イヤーカップも肌触りが良くほどよく柔らかい、
とても良いつけ心地です。

【外音遮断性】
密閉型として普通だと思います。

【音漏れ防止】
無評価

【携帯性】
ハウジングを横にたたむことができるので、普通のヘッドホンよりはいいと思います。

【総評】
価格からいって良いヘッドホンだと思います。
唯一の欠点はケーブルが4極プラグであることですが、
自分は最初からスマホで使うと決めていたので、特に問題はないです。
そこが気に入らない人は、先代モデルを買えばいいと思います。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

猫満魔さん

  • レビュー投稿数:142件
  • 累計支持数:456人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
21件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
1件
スマートフォン
8件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン4
高音の音質1
低音の音質1
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

私は初代Aurvana Liveも持っていますが、値段の割には中々音が良く買って満足していましたが、
いかんせんあのコードの取り回しの悪さとやぼったいデザインが気になってきてしまい。
次第に使わなくなってきてしまいました。それに対してAurvana Live!2は中々洗練されたデザインで、
リケーブルも出来る=長さ調整が自分で可能、という自分の不満点を解消してくれる製品だとわかり、
先日購入しました。・・・が結果はガッカリしたものでした。

まずリケーブルですが、普通のφ3.5ミニプラグだけのケーブルは使えません。
本体側がφ2.5の穴だからです。確かに仕様書をよく見れば書いてあるので、自分の不注意と言えば
それまでですが、これにはちょっとがっかり。
専用のケーブルを購入するか、手持ちのケーブルを活かすのであれば変換アダプタが必要です。

当初の目論見が外れややがっかりしたものの、純正ケーブルでも初代くらい音が良ければいいや〜と
思いつつ手持ちのDAPで視聴・・・・んん???音楽がヘッドフォンの右側しか聴こえません。
ケーブルの接触不良かと思い付け直しをしても一緒。今度はケーブルを回転させて見たら治った!!
・・・と思ったら今度は左側しか聴こえません。
使っているうちに不具合が治るものかと思い、かれこれ2時間格闘しましたがどうにも治りません。
結局初期不良で返品する事にしました。代品を要求する事もできましたが、
気持ちは既にこんな作りの甘いヘッドフォンいらね〜となっていましたので返金対応となりました。

いやー人生で初のヘッドフォン不良に当たりました。TVやスマホ等のデジタル家電は初期不良に当たる事は
ありますが、スピーカーやヘッドフォンのオーディオコンポネンツはアナログ的要素が強く、
殆ど不良を経験した事が無いので、ネットショップで買っても大丈夫!という私の中の神話を崩した製品です。
不本意ながら音質を1としたのは、そもそも音が出力されないから最低点という個人的な理屈です。
また、リケーブルヘッドフォンでリケーブル部分の作りが甘いというのは致命的NGだと考えます。
もしリケーブル用途不要という方ならば初代Aurvana Liveが適しています。
そのような観点で考えると、Aurvana Live!2の存在意義が全く無いように思えてなりません。

私のレビューを見て「たまたまお前が初期不良に当たっただけだろ!」とお怒りを覚える方もいるかと思います。
とりあえず実機を試聴してくださいよと言いたい所ですが、本品は世間的にはマニアックな製品なので、
試聴できる環境の方は限られると思います。私のようにぶっつけ本番で買う人が大多数と思いますが、
私からのアドバイスをさせて頂きますと、初期不良のリスクを考えて返品対応がしっかりしている
大手通販・量販店で買う事をオススメします。「初期不良はメーカーにお問い合わせください」という所での
購入は見送った方が賢明かと思います。
私はAMAZONで購入しましたが、初期不良で返品した所、あっさり返金に応じてくれました。
この製品を買って唯一良かった事は、AMAZONの返品対応が非常にしっかりしているのがわかった事ですね(^_^;)

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2
CREATIVE

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2013年11月中旬

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2をお気に入り製品に追加する <43

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2の評価対象製品を選択してください。(全2件)

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2-BK [ブラック] ブラック

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2-BK [ブラック]

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2-BK [ブラック]のレビューを書く
Aurvana Live!2 HS-AVNLV2-RD [レッド] レッド

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2-RD [レッド]

Aurvana Live!2 HS-AVNLV2-RD [レッド]のレビューを書く

閉じる