『テレマクロに強い』 ニコン COOLPIX P510 スペイシー福井さんのレビュー・評価

COOLPIX P510 製品画像

拡大

COOLPIX P510 [ブラック] COOLPIX P510 [レッド]

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画素数:1679万画素(総画素)/1605万画素(有効画素) 光学ズーム:42倍 撮影枚数:240枚 COOLPIX P510のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

COOLPIX P510 の後に発売された製品COOLPIX P510とCOOLPIX P520を比較する

COOLPIX P520
COOLPIX P520COOLPIX P520

COOLPIX P520

最安価格(税込): ¥- 発売日:2013年 2月21日

画素数:1891万画素(総画素)/1808万画素(有効画素) 光学ズーム:42倍 撮影枚数:200枚
  • COOLPIX P510の価格比較
  • COOLPIX P510の中古価格比較
  • COOLPIX P510の買取価格
  • COOLPIX P510の店頭購入
  • COOLPIX P510のスペック・仕様
  • COOLPIX P510の純正オプション
  • COOLPIX P510のレビュー
  • COOLPIX P510のクチコミ
  • COOLPIX P510の画像・動画
  • COOLPIX P510のピックアップリスト
  • COOLPIX P510のオークション

COOLPIX P510ニコン

最安価格(税込):価格情報の登録がありません [ブラック] 発売日:2012年 3月22日

  • COOLPIX P510の価格比較
  • COOLPIX P510の中古価格比較
  • COOLPIX P510の買取価格
  • COOLPIX P510の店頭購入
  • COOLPIX P510のスペック・仕様
  • COOLPIX P510の純正オプション
  • COOLPIX P510のレビュー
  • COOLPIX P510のクチコミ
  • COOLPIX P510の画像・動画
  • COOLPIX P510のピックアップリスト
  • COOLPIX P510のオークション

『テレマクロに強い』 スペイシー福井さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

COOLPIX P510のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

スペイシー福井さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
19件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性1
バッテリー5
携帯性5
機能性1
液晶5
ホールド感5
テレマクロに強い
当機種近づいて撮ると今ひとつ
当機種離れてズームするとイイ!
 

近づいて撮ると今ひとつ

離れてズームするとイイ!

 

被写体から離れて撮った方が、ずっと綺麗にうつります。このタイプのカメラは、どれもそうだと思いますが。

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった8人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性1
バッテリー5
携帯性5
機能性1
液晶5
ホールド感5
最強のツンデレカメラ!気に入った!10年は頑張ってもらうぞ!
当機種身近な鳥でポテンシャルを確認(スズメ50%トリム)
当機種枝が平行しているとAFが合いにくい(MFで撮影)
当機種AFで撮影後、ピントが合っていない事に気付いて慌ててMFで撮り直した例(笑)

身近な鳥でポテンシャルを確認(スズメ50%トリム)

枝が平行しているとAFが合いにくい(MFで撮影)

AFで撮影後、ピントが合っていない事に気付いて慌ててMFで撮り直した例(笑)

当機種曇天でのポテンシャル(50%トリム)
   

曇天でのポテンシャル(50%トリム)

   

手軽に野鳥撮影したいと思い、赤い中古を購入しました。

デジタルズームは、トリミングよりも解像が荒くなり、
ピントが合いやすくなるという恩恵も無いので基本的に使用しませんが、
お散歩バードウォッチ用カメラとしては、1000oもあれば上等だと思いました。
安い軽い高画質の素晴らしいカメラです。

・・・しかし、使いこなすには、それなりの熟練と反射神経が必要だと感じました。

このカメラについて最も気になるのがAFの性能だと思いますが、
シメの画像のように太い枝が平行になっている所に止まっている場合、
曇りだろうが晴れだろうが、遠かろうが近かろうが、
全く合わない事が多々あります。
このような時は、素早く『下ボタン→OKボタン→下ボタン連打!』
のマニュアル操作が必要になります。

また、一見、ピントが合ったように見せかけて、
実は合っていない場合も、時々あります。
たとえピント合わせの音が鳴って、カーソルが緑色になったとしても、
確認するまでは完全に安心出来ないのです。

さらに具合が悪い事に、ちゃんと撮れているかどうかの確認が
解像度の低すぎるファインダーで不可能なのは勿論の事、
背面液晶では、逆に写りが綺麗すぎて撮れているように見えてしまうという
二重・三重のトラップが用意されています。
(プレビューのモードでズーム捻れば拡大表示するけど、そんなヒマ無い!)
これに、どう対処するか・・・

デジタルズームを使います。

光学テレ端での撮影時のみ使える技なのですが、
ひと通り撮り終えたと思ったら、同じ対象へ
そのまま目いっぱいデジタルズームを効かせて、
もう一度、ピントを合わせてみて下さい。
この時、カーソルが緑色にもかかわらず、ピントが正確に合っていなければ
それまでの撮影は、全ておしゃかの可能性が高いでしょう。
そうと分かれば、素早く『下ボタン→OKボタン→下ボタン連打!』し、
もう一度、MFで撮影し直さなくてはなりません。

デジタルズームのモードの時にMF操作すると、
勝手に光学のテレ端に戻りますので、その分は時間短縮出来ますが、
この技法が通用するのは、カワセミやモズ等の停滞時間が長い鳥のみです。
すばしっこい鳥の場合、こんな事やってる暇なんかありませんので、
AFでの撮影は『運』に任せるしかありません。
大丈夫。大体は合っていますから、大体は・・・(笑)

もう一つ、気になった点は連射後の書込み時、
連射枚数やズームの度合いに関係なく、
フリーズしたかと思うくらい遅くなる場合が多々あります。
酷いと、15秒以上、固まります。
電池の蓋を開ければ復帰はしますが、どちらにせよ時間が掛かりますので、
これに関しては対処しようが無いと思って下さい。
シャッターチャンスをモノに出来るかどうか・・・これもまた『運』です。

カメラを操作する上で不確定な要素が多い機種ですが、
それでも何故、このカメラを使うのか?

それは、『画質の良さ』に他なりません。

おそらく、レンズが良いのでしょう。
いろんな他社製品の作例を見てきましたが、画質については
この価格帯のカメラでは群を抜いて良いと思います。
(現在、中古なら15,000円前後で買えると思います。)

ただし、ISO100に限る!

カメラに予算をかけたくない、でも綺麗な写真を撮りたい・・・
他にも候補はあるが、いくら操作性・機能性が優れていたとしても、
画質が良くなければ、挑戦する意味すら無い!

そんなフロンティア精神あふれるM気質の方は、ぜひこのカメラで
己の技と運、そして気合に賭けてみてはいかがでしょうか?

虎穴に入らずんば虎児を得ず、です(笑)

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった3

満足度5
デザイン5
画質5
操作性1
バッテリー5
携帯性5
機能性1
液晶5
ホールド感5
最強のツンデレカメラ!気に入った!10年は頑張ってもらうぞ!

手軽に野鳥撮影したいと思い、ピカピカの赤い中古を購入しました。

デジタルズームは、トリミングよりも解像が荒くなり、
ピントが合いやすくなるという恩恵も無いので基本的に使用しませんが、
お散歩バードウォッチ用カメラとしては、1000oもあれば上等だと思いました。
安い軽い高画質の素晴らしいカメラです。

・・・しかし、使いこなすには、それなりの熟練と反射神経が必要だと感じました。

このカメラについて最も気になるのがAFの性能だと思いますが、
シメの画像のように太い枝が平行になっている所に止まっている場合、
曇りだろうが晴れだろうが、遠かろうが近かろうが、
全く合わない事が多々あります。
このような時は、素早く『下ボタン→OKボタン→下ボタン連打!』
のマニュアル操作が必要になります。

また、一見、ピントが合ったように見せかけて、
実は合っていない場合も、時々あります。
たとえピント合わせの音が鳴って、カーソルが緑色になったとしても、
確認するまでは完全に安心出来ないのです。

さらに具合が悪い事に、ちゃんと撮れているかどうかの確認が
解像度の低すぎるファインダーで不可能なのは勿論の事、
背面液晶では、逆に写りが綺麗すぎて撮れているように見えてしまうという
二重・三重のトラップが用意されています。
(プレビューのモードでズーム捻れば拡大表示するけど、そんなヒマ無い!)
これに、どう対処するか・・・

デジタルズームを使います。

光学テレ端での撮影時のみ使える技なのですが、
ひと通り撮り終えたと思ったら、同じ対象へ
そのまま目いっぱいデジタルズームを効かせて、
もう一度、ピントを合わせてみて下さい。
この時、カーソルが緑色にもかかわらず、ピントが正確に合っていなければ
それまでの撮影は、全ておしゃかの可能性が高いでしょう。
そうと分かれば、素早く『下ボタン→OKボタン→下ボタン連打!』し、
もう一度、MFで撮影し直さなくてはなりません。

デジタルズームのモードの時にMF操作すると、
勝手に光学のテレ端に戻りますので、その分は時間短縮出来ますが、
この技法が通用するのは、カワセミやモズ等の停滞時間が長い鳥のみです。
すばしっこい鳥の場合、こんな事やってる暇なんかありませんので、
AFでの撮影は『運』に任せるしかありません。
大丈夫。大体は合っていますから、大体は・・・(笑)

もう一つ、気になった点は連射後の書込み時、
連射枚数やズームの度合いに関係なく、
フリーズしたかと思うくらい遅くなる場合が多々あります。
酷いと、15秒以上、固まります。
電池の蓋を開ければ復帰はしますが、どちらにせよ時間が掛かりますので、
これに関しては対処しようが無いと思って下さい。
シャッターチャンスをモノに出来るかどうか・・・これもまた『運』です。

カメラを操作する上で不確定な要素が多い機種ですが、
それでも何故、このカメラを使うのか?

それは、『画質の良さ』に他なりません。

おそらく、レンズが良いのでしょう。
いろんな他社製品の作例を見てきましたが、画質については
この価格帯のカメラでは群を抜いて良いと思います。
(現在、中古なら15,000円前後で買えると思います。)

ただし、ISO100に限る!

カメラに予算をかけたくない、でも綺麗な写真を撮りたい・・・
他にも候補はあるが、いくら操作性・機能性が優れていたとしても、
画質が良くなければ、挑戦する意味すら無い!

そんなフロンティア精神あふれるM気質の方は、ぜひこのカメラで
己の技と運、そして気合に賭けてみてはいかがでしょうか?

虎穴に入らずんば虎児を得ず、です(笑)

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性1
バッテリー5
携帯性5
機能性1
液晶5
ホールド感5
最強のツンデレカメラ!気に入った!10年は頑張ってもらうぞ!
当機種身近な鳥でポテンシャルを確認(25%トリム)
当機種スズメ(50%トリム)
当機種こういう場面ならば、曇天でもAFはすぐに合う(25%トリム)

身近な鳥でポテンシャルを確認(25%トリム)

スズメ(50%トリム)

こういう場面ならば、曇天でもAFはすぐに合う(25%トリム)

当機種枝が平行しているとAFが合いにくい(MFで撮影)
当機種AFで撮影後、ピントが合っていない事に気付いて慌ててMFで撮り直した例(笑)
当機種曇天でのポテンシャル(50%トリム)

枝が平行しているとAFが合いにくい(MFで撮影)

AFで撮影後、ピントが合っていない事に気付いて慌ててMFで撮り直した例(笑)

曇天でのポテンシャル(50%トリム)

手軽に野鳥撮影したいと思い、ピカピカの赤い中古を購入しました。

デジタルズームは、トリミングよりも解像が荒くなり、
ピントが合いやすくなるという恩恵も無いので基本的に使用しませんが、
お散歩バードウォッチ用カメラとしては、1000oもあれば上等だと思いました。
安い軽い高画質の素晴らしいカメラです。

・・・しかし、使いこなすには、それなりの熟練と反射神経が必要だと感じました。

このカメラについて最も気になるのがAFの性能だと思いますが、
シメの画像のように太い枝が平行になっている所に止まっている場合、
曇りだろうが晴れだろうが、遠かろうが近かろうが、
全く合わない事が多々あります。(条件がよく分かりません)
このような時は、素早く『下ボタン→OKボタン→下ボタン連打!』
のマニュアル操作が必要になります。

また、一見、ピントが合ったように見せかけて、
実は合っていない場合も、時々あります。
たとえピント合わせの音が鳴って、カーソルが緑色になったとしても、
確認するまでは完全に安心出来ないのです。

さらに具合が悪い事に、ちゃんと撮れているかどうかの確認が
解像度の低すぎるファインダーで不可能なのは勿論の事、
背面液晶では、逆に写りが綺麗すぎて撮れているように見えてしまうという
二重・三重のトラップが用意されています。
(プレビューのモードでズーム捻れば拡大表示するけど、そんなヒマ無い!)
これに、どう対処するか・・・

デジタルズームを使います。

ひと通り撮り終えたと思ったら、同じ対象へ
そのまま目いっぱいデジタルズームを効かせて、
もう一度、ピントを合わせてみて下さい。
この時、カーソルが緑色にもかかわらず、ピントが正確に合っていなければ
それまでの撮影は、全ておしゃかの可能性が高いでしょう。
そうと分かれば、素早く『下ボタン→OKボタン→下ボタン連打!』し、
もう一度、MFで撮影し直さなくてはなりません。

デジタルズームのモードの時にMF操作すると、
勝手に光学のテレ端に戻りますので、その分は時間短縮出来ますが、
この技法が通用するのは、カワセミやモズ等の停滞時間が長い鳥のみです。
すばしっこい鳥の場合、こんな事やってる暇なんかありませんので、
AFでの撮影は『運』に任せるしかありません。
大丈夫。大体は合っていますから、大体は・・・(笑)

もう一つ、気になった点は連射後の書込み時、
連射枚数やズームの度合いに関係なく、
フリーズしたかと思うくらい遅くなる場合が多々あります。
酷いと、15秒以上、固まります。
電池の蓋を開ければ復帰はしますが、どちらにせよ時間が掛かりますので、
これに関しては対処しようが無いと思って下さい。
シャッターチャンスをモノに出来るかどうか・・・これもまた『運』です。

カメラを操作する上で不確定な要素が多い機種ですが、
それでも何故、このカメラを使うのか?

それは、『画質の良さ』に他なりません。

おそらく、レンズが良いのでしょう。
いろんな他社製品の作例を見てきましたが、画質については
この価格帯のカメラでは群を抜いて良いと思います。
(現在、中古なら15,000円前後で買えると思います。)

ただし、ISO100に限る!

カメラに予算をかけたくない、でも綺麗な写真を撮りたい・・・
他にも候補はあるが、いくら操作性・機能性が優れていたとしても、
画質が良くなければ、挑戦する意味すら無い!

そんなフロンティア精神あふれるM気質の方は、ぜひこのカメラで
己の技と運、そして気合に賭けてみてはいかがでしょうか?

虎穴に入らずんば虎児を得ず、です(笑)

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「COOLPIX P510」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
かつて使用してました。  5 2018年7月28日 01:14
テレマクロに強い  5 2015年5月28日 22:44
デジカメ デビュー  3 2015年3月26日 00:00
実際に使用してみて・・。  2 2014年5月17日 10:01
GPSが…  2 2014年2月21日 10:41
初めて買った今風のカメラなのでw  4 2013年11月1日 19:28
非常に気に入った  4 2013年9月15日 07:29
さすがニコンですね!  5 2013年8月24日 22:23
AF性能が良ければ  4 2013年8月17日 21:47
使用後の感想  4 2013年6月8日 10:03

COOLPIX P510のレビューを見る(レビュアー数:71人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

COOLPIX P510のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

COOLPIX P510
ニコン

COOLPIX P510

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2012年 3月22日

COOLPIX P510をお気に入り製品に追加する <657

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意

COOLPIX P510の評価対象製品を選択してください。(全2件)

COOLPIX P510 [ブラック] ブラック

COOLPIX P510 [ブラック]

COOLPIX P510 [ブラック]のレビューを書く
COOLPIX P510 [レッド] レッド

COOLPIX P510 [レッド]

COOLPIX P510 [レッド]のレビューを書く

閉じる