『静かで美しい恋愛映画』 洋画 アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD] 6084さんのレビュー・評価

洋画

2022年 6月 3日 発売

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD] 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥2,770

(前週比:-84円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥2,770

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥2,770¥4,180 (6店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥3,800

ご利用の前にお読みください

  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]の価格比較
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のスペック・仕様
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のレビュー
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のクチコミ
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]の画像・動画
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のピックアップリスト

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]洋画

最安価格(税込):¥2,770 (前週比:-84円↓) 発売日:2022年 6月 3日

  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]の価格比較
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のスペック・仕様
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のレビュー
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のクチコミ
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]の画像・動画
  • アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のピックアップリスト
ユーザーレビュー > 本・CD・DVD > 映画(DVD・ブルーレイ) > 洋画 > アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]

『静かで美しい恋愛映画』 6084さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のレビューを書く

6084さん

  • レビュー投稿数:219件
  • 累計支持数:1389人
  • ファン数:67人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
18件
8873件
レンズ
20件
502件
フラッシュ・ストロボ
6件
120件
もっと見る
満足度5
笑える2
泣ける5
ほのぼの5
迫力2
怖さ1
感動5
やみつき5
静かで美しい恋愛映画
   

Ich lieb dich.

   

1.本編DVDを見終わってからのレビュー

§静かで美しい恋愛映画

1)購入動機
たまたま某通販で見つけた。「その人に合った商品の広告をAIで提示」と言うのは何時もチンプンカンプンの見当違いか「とっくの昔に買ってるよ」が殆どだが、今回は販社の「双六式AI」がドンピシャリと当てたのでまんまと買わされた。

2)感想
実に「写真」が美しく、抑揚を押さえた俳優陣の演技も素晴らしい。大学で演劇を専攻した人達ばかりである。
関係者は手塚の「て」の字も言わないが、手塚治虫が言いたかった事を見事に大人の恋の物語として昇華し、詩情豊かに表現しきっている。
本当の恋愛とは相手に表面的に良くしてあげる事より、相手の内面の苦しみにお互いに寄り添う事だと思う。ヒロインは手塚の「火の鳥2772愛のコスモゾーン」のゴドーの様に無意識にロボットに対して結構、心を傷つける様な言葉を発してしまうが、ヒロインも、器用貧乏的なロボットも、それぞれの苦しみを分ちあい真実の愛を得る。
この手の映画のラストは大概悲劇的な別れであるが・・・
解体される運命にあるロボットは、「自分は生きていないから死ぬのではない」云々の意味をクールに言って、去ってゆくが、ヒロインのアパートを出て、道路脇のゴミ箱の傍らで一時うずくまる。多分泣いていたのだろう。男が泣いて何故悪い!有能でクールな人が静かに泣く方がその悲しみをより強く表現する・・・宮崎駿監督の「未来少年コナン」のモンスリーの泣かせ方と同じである。ロボットは自分が解体されるメーカーには帰社せず、ヒロインの思い出の地にひとりで歩いて行き、ヒロインを待っている、実に意地らしい。

掛け値なしになんと美しい恋愛映画だろう。だから嫌な後味は残さず、美しい余韻が心に残った。

しかし生涯独身者が増加する我が国ではヒロインの孤独は洒落にならない。

3)鑑賞者が参考にすべき他作
・手塚治虫の劇場版アニメ「火の鳥2772愛のコスモゾーン」手塚はこれを、ポール・グリモー監督の「藪にらみの暴君」(後の「王と鳥」)に列する作と言っていたそうだが、私は本編を手塚の「火の鳥2772に列する作」と思う。
https://review.kakaku.com/review/D0051238501/ReviewCD=1520949/#1520949
・椎名高志の漫画「家電製品(アンドロイド)に乾杯」((有)椎名百貨店1」に収録)も合わせて読んでみると良いだろう。此方は大爆笑とホロリが同居。枚数の少ない漫画の小品だが、手塚治虫へのリスペクが感じられ、本編や下の「隠し目女小春」より遥かに先を行く内容に驚かされる。
・某芥川賞作家の小説「隠し女小春」は尺が水増しされダラダラと長い。こんなの読む暇はない。本編2時間弱を鑑賞する方が有意義だ。


2.以下は本編を見る前に事前に私が想像で考えたレビュー案そのままである。自慢する訳では無いがかなり当たっていたと思う。

§カレル・チャペック以来の長い長いロボットのお話。

人間らしい恋愛、性、結婚とはそれがどんな形の物であれ、両当事者間のお互いの尊敬と、生き方への共感が無ければ本物にはなり得ない。

そうした相手の生き方とそれへの共感はお互いの生活史の触れ合いの中で育まれる物であり、後付け的に人工的にプログラミングされたAIでは双六的に「そういう時はこう対応する」に過ぎない。

新しいシェマを獲得し、それが増殖するにしてもだ。

手塚の「火の鳥2772」ではそうした「恋愛感情」を本来想定していない筈の女の子ロボットが後天的にそれを獲得し苦しむ内容であり、これも主人公と生活を共にする中で育まれたものであった。

女性に都合の良い事ばかり言い、都合の良い事ばかりしてくれるロボット男と言う物はそもそも女性の恋愛の対象になるのか?そんなセールストークの類は現実に既に世の中に満ち溢れているではないか?

男性でも女性でも、外観以外の美しさは、その人が真面目な人で、それ故苦しんでいる部分があるからこそであり、そこに相手が共感するからこそ相手にはその人が美しくかつ愛おしく感じられるのである。

そして愛するという事はその相手にしてあげられる事を探す事でもある。例え自分の方が能力に劣っていて力も弱くても、それに誤解が含まれていても。

もし本当に愛されるロボットを作るなら、そのシステムは自ら本当に苦しみぬいたシステムエンジニアにしか作れないだろう。その人の苦しみや、悲しみ、怒りや絶望までも移植する事になるからだ。

そしてそのロボット自体、惑星ソラリスの「客」(ハリー)の様に、自らの出自に悩み、苦しむことになる。それに共感できる相手こそ、そうした人格を持つロボットを本当に愛し、愛される資格があるだろう。

そのようなロボットが実現可能かどうかは別として、それはタンパク質では無く、プラスチックと金属、半導体で作られた人間そのものと言えるだろうし、それを作り出す試みは、人類が自らをより深く理解する過程で、避けて通れない事ではあるが、その人(ロボット)を苦しめるだけなので、殺人と同程度に罪深い行為とも言えると思う。

手塚はそのライフワークでそうした事を表現していて、そして手塚自身も苦しみぬいた人であったと思う。

文学であれ、映像であれ、漫画であれ、創作物がファンタジーやSFであっても、人の生き方に関わる表現をする以上、精神のリアリズムは避けて通れない。

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
笑える2
泣ける5
ほのぼの5
迫力2
怖さ1
感動5
やみつき5
静かで美しい恋愛映画

1.本編DVDを見終わってからのレビュー

§静かで美しい恋愛映画

1)購入動機
たまたま某通販で見つけた。「その人に合った商品の広告をAIで提示」と言うのは何時もチンプンカンプンの見当違いか「とっくの昔に買ってるよ」が殆どだが、今回は販社の「双六式AI」がドンピシャリと当てたのでまんまと買わされた。

2)感想
実に「写真」が美しく、抑揚を押さえた俳優陣の演技も素晴らしい。大学で演劇を専攻した人達ばかりである。
関係者は手塚の「て」の字も言わないが、手塚治虫が言いたかった事を見事に大人の恋の物語として昇華し、詩情豊かに表現しきっている。
本当の恋愛とは相手に表面的に良くしてあげる事より、相手の内面の苦しみにお互いに寄り添う事だと思う。ヒロインは手塚のゴドーの様に無意識にロボットに対して結構、心を傷つける様な言葉を発してしまうが、ヒロインも、器用貧乏的なロボットも、それぞれの苦しみを分ちあい真実の愛を得る。
この手の映画のラストは大概悲劇的な別れであるが・・・
解体される運命にあるロボットは、「自分は生きていないから死ぬのではない」云々の意味をクールに言って、去ってゆくが、ヒロインのアパートを出て、道路脇のゴミ箱の傍らで一時うずくまる。多分泣いていたのだろう。男が泣いて何故悪い!有能でクールな人が静かに泣く方がその悲しみをより強く表現する・・・宮崎駿監督の「未来少年コナン」のモンスリーの泣かせ方と同じである。ロボットは自分が解体されるメーカーには帰社せず、ヒロインの思い出の地にひとりで歩いて行き、ヒロインを待っている、実に意地らしい。

掛け値なしになんと美しい恋愛映画だろう。だから嫌な後味は残さず、美しい余韻が心に残った。

しかし生涯独身者が増加する我が国ではヒロインの孤独は洒落にならない。

3)鑑賞者が参考にすべき他作
・手塚治虫の劇場版アニメ「火の鳥2772愛のコスモゾーン」手塚はこれを、「藪にらみの暴君」に列する作と言っていたそうだが、私は本編を「火の鳥2772に列する作」と思う。
https://review.kakaku.com/review/D0051238501/ReviewCD=1520949/#1520949
・椎名高志の漫画「家電製品(アンドロイド)に乾杯」((有)椎名百貨店1」に収録)も合わせて読んでみると良いだろう。此方は大爆笑とホロリが同居。枚数の少ない漫画の小品だが、手塚治虫へのリスペクが感じられ、本編や下の「隠し目女小春」より遥かに先を行く内容に驚かされる。
・某芥川賞作家の小説「隠し女小春」は尺が水増しされダラダラと長い。こんなの読む暇はない。本編2時間弱を鑑賞する方が有意義だ。


2.以下は本編を見る前に事前に私が想像で考えたレビュー案そのままである。自慢する訳では無いがかなり当たっていたと思う。

§カレル・チャペック以来の長い長いロボットのお話。

人間らしい恋愛、性、結婚とはそれがどんな形の物であれ、両当事者間のお互いの尊敬と、生き方への共感が無ければ本物にはなり得ない。

そうした相手の生き方とそれへの共感はお互いの生活史の触れ合いの中で育まれる物であり、後付け的に人工的にプログラミングされたAIでは双六的に「そういう時はこう対応する」に過ぎない。

新しいシェマを獲得し、それが増殖するにしてもだ。

手塚の「火の鳥2772」ではそうした「恋愛感情」を本来想定していない筈の女の子ロボットが後天的にそれを獲得し苦しむ内容であり、これも主人公と生活を共にする中で育まれたものであった。

女性に都合の良い事ばかり言い、都合の良い事ばかりしてくれるロボット男と言う物はそもそも女性の恋愛の対象になるのか?そんなセールストークの類は現実に既に世の中に満ち溢れているではないか?

男性でも女性でも、外観以外の美しさは、その人が真面目な人で、それ故苦しんでいる部分があるからこそであり、そこに相手が共感するからこそ相手にはその人が美しくかつ愛おしく感じられるのである。

そして愛するという事はその相手にしてあげられる事を探す事でもある。例え自分の方が能力に劣っていて力も弱くても、それに誤解が含まれていても。

もし本当に愛されるロボットを作るなら、そのシステムは自ら本当に苦しみぬいたシステムエンジニアにしか作れないだろう。その人の苦しみや、悲しみ、怒りや絶望までも移植する事になるからだ。

そしてそのロボット自体、惑星ソラリスの「客」の様に、自らの出自に悩み、苦しむことになる。それに共感できる相手こそ、そうした人格を持つロボットを本当に愛し、愛される資格があるだろう。

そのようなロボットが実現可能かどうかは別として、それはタンパク質では無く、プラスチックと金属、半導体で作られた人間そのものと言えるだろうし、それを作り出す試みは、人類が自らをより深く理解する過程で、避けて通れない事ではあるが、その人(ロボット)を苦しめるだけなので、殺人と同程度に罪深い行為とも言えると思う。

手塚はそのライフワークでそうした事を表現していて、そして手塚自身も苦しみぬいた人であったと思う。

文学であれ、映像であれ、漫画であれ、創作物がファンタジーやSFであっても、人の生き方に関わる表現をする以上、精神のリアリズムは避けて通れない。
比較製品

参考になった0

満足度5
笑える2
泣ける5
ほのぼの5
迫力2
怖さ1
感動5
やみつき5
静かで美しい恋愛映画

1.本編DVDを見終わってからのレビュー

§静かで美しい恋愛映画

1)購入動機
たまたま某通販で見つけた。「その人に有った商品の広告をAIで提示」と言うのは何時もチンプンカンプンの見当違いか「とっくの昔に買ってるよ」が殆どだが、今回は販社の「双六式AI」がドンピシャリと当てたのでまんまと買わされた。

2)感想
実に「写真」が美しく、抑揚を押さえた俳優陣の演技も素晴らしい。大学で演劇を専攻した人達ばかりである。
関係者は手塚の「て」の字も言わないが、手塚治虫が言いたかった事を見事に大人の恋の物語として昇華し、詩情豊かに表現しきっている。
本当の恋愛とは相手に表面的に良くしてあげる事より、相手の内面の苦しみにお互いに寄り添う事だと思う。ヒロインは手塚のゴドーの様に無意識にロボットに対して結構、心を傷つける様な言葉を発してしまうが、ヒロインも、器用貧乏的なロボットも、それぞれの苦しみを分ちあい真実の愛を得る。
この手の映画のラストは大概悲劇的な別れであるが、ロボットは自分が解体されるメーカーには帰社せず、ヒロインの思い出の地にひとりで歩いて行き、ヒロインを待っているのが意地らしい。
掛け値なしになんと美しい恋愛映画だろう。だから嫌な後味は残さず、美しい余韻が心に残った。

しかし生涯独身者が増加する我が国ではヒロインの孤独は洒落にならない。

3)参考にすべき他作
・手塚治虫の劇場版アニメ「火の鳥2772愛のコスモゾーン」手塚はこれを、「藪にらみの暴君」に列する作と言っていたそうだが、私は本編を「火の鳥2772に列する作」と思う。
https://review.kakaku.com/review/D0051238501/ReviewCD=1520949/#1520949
・椎名高志の漫画「アンドロイドに乾杯」(「椎名高志の教育的指導」に収録)も合わせて読んでみると良いだろう。此方は大爆笑とホロリが同居。
・某芥川賞作家の小説「隠し女小春」は尺が水増しされダラダラと長い。こんなの読む暇はない。本編2時間弱を鑑賞する方が有意義だ。


2.以下は本編を見る前に事前に私が想像で考えたレビュー案そのままである。自慢する訳では無いがかなり当たっていたと思う。

§カレル・チャペック以来の長い長いロボットのお話。

人間らしい恋愛、性、結婚とはそれがどんな形の物であれ、両当事者間のお互いの尊敬と、生き方への共感が無ければ本物にはなり得ない。

そうした相手の生き方とそれへの共感はお互いの生活史の触れ合いの中で育まれる物であり、後付け的に人工的にプログラミングされたAIでは双六的に「そういう時はこう対応する」に過ぎない。

新しいシェマを獲得し、それが増殖するにしてもだ。

手塚の「火の鳥2772」ではそうした「恋愛感情」を本来想定していない筈の女の子ロボットが後天的にそれを獲得し苦しむ内容であり、これも主人公と生活を共にする中で育まれたものであった。

女性に都合の良い事ばかり言い、都合の良い事ばかりしてくれるロボット男と言う物はそもそも女性の恋愛の対象になるのか?そんなセールストークの類は現実に既に世の中に満ち溢れているではないか?

男性でも女性でも、外観以外の美しさは、その人が真面目な人で、それ故苦しんでいる部分があるからこそであり、そこに相手が共感するからこそ相手にはその人が美しくかつ愛おしく感じられるのである。

そして愛するという事はその相手にしてあげられる事を探す事でもある。例え自分の方が能力に劣っていて力も弱くても、それに誤解が含まれていても。

もし本当に愛されるロボットを作るなら、そのシステムは自ら本当に苦しみぬいたシステムエンジニアにしか作れないだろう。その人の苦しみや、悲しみ、怒りや絶望までも移植する事になるからだ。

そしてそのロボット自体、惑星ソラリスの「客」の様に、自らの出自に悩み、苦しむことになる。それに共感できる相手こそ、そうした人格を持つロボットを本当に愛し、愛される資格があるだろう。

そのようなロボットが実現可能かどうかは別として、それはタンパク質では無く、プラスチックと金属、半導体で作られた人間そのものと言えるだろうし、それを作り出す試みは、人類が自らをより深く理解する過程で、避けて通れない事ではあるが、その人(ロボット)を苦しめるだけなので、殺人と同程度に罪深い行為とも言えると思う。

手塚はそのライフワークでそうした事を表現していて、そして手塚自身も苦しみぬいた人であったと思う。

文学であれ、映像であれ、漫画であれ、創作物がファンタジーやSFであっても、人の生き方に関わる表現をする以上、精神のリアリズムは避けて通れない。

参考になった1

「アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]
洋画

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]

最安価格(税込):¥2,770発売日:2022年 6月 3日 価格.comの安さの理由は?

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド[ALBSD-2608][DVD]をお気に入り製品に追加する <1

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(映画(DVD・ブルーレイ))

ご注意