フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray] レビュー・評価

洋画

2020年 5月 2日 発売

フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]

フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray] 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥5,100

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥5,100

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥5,100¥6,600 (5店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥6,000
映画.com

映画総合サイト「映画.com」での作品評価。Check-inに登録するとその作品の新着情報をお届け!

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]の価格比較
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のスペック・仕様
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のレビュー
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のクチコミ
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]の画像・動画
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のピックアップリスト

フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]洋画

最安価格(税込):¥5,100 (前週比:±0 ) 発売日:2020年 5月 2日

  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]の価格比較
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のスペック・仕様
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のレビュー
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のクチコミ
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]の画像・動画
  • フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のピックアップリスト
ユーザーレビュー > 本・CD・DVD > 映画(DVD・ブルーレイ) > 洋画 > フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]

フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:3.98
レビュー投稿数:2人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
笑える 笑えるか 3.00 2.97 99位
泣ける 泣けるか 4.50 2.99 29位
ほのぼの 心温まるか 4.00 3.06 25位
迫力 圧倒されるか、勢い、規模 5.00 3.83 5位
怖さ 怖いか 3.50 3.09 70位
感動 感動するか 5.00 3.61 1位
やみつき 熱中するか、リピートするか 4.50 3.79 81位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のレビューを書く

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

4K UltraHD 騎士さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

映画(DVD・ブルーレイ)
2件
0件
もっと見る
満足度5
笑える5
泣ける5
ほのぼの5
迫力5
怖さ5
感動5
やみつき5

■R3.5.30 最寄りの ヨドバシカメラさんで 価格 5,610円で 購入、かねてより 気になっていた 本作品であったので、 あえて 『 4K UltraHD 盤 』を購入した。結果、大正解、映える映像美、リアルなエキゾースト咆哮音、大感動した。

マット・デイモンと クリスチャン・ベール の ダブル主演のような キャスティングも良い。
ケン・マイルズの息子さん子役も大変良い演技していたし、同じくケン・マイルズの奥様役の女優さんも大変良い演技をしていたと思う。

フォード二世役の男優さんや、エンツオ・フェラーリ役さんの男優さんの演技も素晴らしい。


【笑える】 シリアスな場面や ハラハラドキドキのカーチェイス場面が満載であったが、例えば フォード二世がGT40に同乗しての高速走行中の顔面ひきつる顔や停止した時の泣き顔のは 笑える要素あり。

【泣ける】 幾つかのシーンで泣きそうになった。単なるカーレースものだけでなく、人間性溢れる お涙的な場面もあり好感。中に引き込まれた。共感する場面も多々あり。

【ほのぼの】 ケン・マイルズさんと ケン・マイルズさんの息子さんとの 親子のほのぼのする場面も 幾つか出てきて 映画内容の深み 、喜怒哀楽等々 感じられた。

【迫力】 まさに ド迫力。当時の映像も ところどころに垣間見られ、より リアル。

【怖さ】 死と裏腹の 超高速なレースカーでの映像・音声であるので、怖さは 群を抜く。

【感動】 非常に 緊張感ある映像や音声ある中で、人間性や家族愛、ライバル同士の中でも リスペクトを感じさせる男くさい場面なんかもあり 車の疾走感だけではなく、人間味ある映画内容でもあって、多くの感動を味わえた。

【やみつき】 この手の 車超高速走行映像ものは やみつき 要素 沢山ある。
人間くさい 優しさや友情的な感覚も場面により感じられた。
車を売る手段、お金儲け的な企業側の一面も観られる中、ピットクルーの一体感や仲間意識なんかも感じられるし、車が単なる移動手段ではなく、大変魅力的な性能面・機能面・官能面のある感情移入しやすい機械であることも垣間見えた。ケン・マイルズ家族愛も感じられ、単なるカーレースアクションド迫力だけではない、本作品映画の奥深さも感じられた。

【総評】上記記載の通り、大変有意義な映画鑑賞時間が得られた、

更には 『 4K Ultra HD 』 盤(版) を購入したのも 『 大正解 』であった。
今後も また 何度も 見返し 堪能 出来そうである!!! 

追記: バットマン役柄で 大はまりの イケメン俳優 クリスチャン・ベール であったが、新たに 本作品で ケン・マイルズご本人そっくりなまでの 顔の表情や 頬のくぼみ 痩せた感じ が 大変この役になりきっている感が 伝わってきました。

フォードGT40 の 薄い水色bodyに 赤いストライプは とても格好良い 塗装!!!

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

サーロイン素敵さん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:444人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

SSD
6件
0件
ハードディスク ケース
5件
0件
マウス
4件
0件
もっと見る
満足度5
笑える1
泣ける4
ほのぼの3
迫力5
怖さ2
感動5
やみつき4

タイトルは「フォードVSフェラーリ」だが、これが描かれるのは後半の20分位。
物語の大半は「フォード重役VS開発ドライバー」である。
内容は1966年のルマン24時間レースを再現したもので、結末は史実と同じ。
登場人物も実在した名前そのままで登場する。


以下、あらすじ。

フォード社は自動車販売を伸ばすために、国際レースに出てブランドイメージの向上を目指すことにした。
フォード社重役のアイアコッカは、経営危機のフェラーリを買収することを極秘に計画し、エンツォ・フェラーリと面会して、フェラーリ社との業務契約を結ぼうとする。
アイアコッカが「ルマン24時間レースにフェラーリが出たいと考えても、フォードが反対すれば従ってもらう。」と言ったためにエンツォが激怒し、交渉は破談となる。
エンツォから「今のフォード社長はしょせん2代目。醜い車しか作れない。」と言われたフォード二世は発奮し、ルマン24時間でフェラーリを負かす車を作ることにした。
アイアコッカは、ルマン24時間で勝ったこともあるキャロル・シェルビーにチーム監督を依頼する。
シェルビーは、高い能力を持つ友人のケン・マイルズに開発ドライバーを依頼する。
しかしマイルズは、フォード重役のレオ・ビーブに対しマスタングの新車発表の場で「見かけだけで中身がない」と平気で言い放てる人物。
ビーブはマイルズの性格の悪さのせいでフォードのブランドイメージが落ちることを懸念し、マイルズをいろいろと妨害しようとする。
それを防ぐためにシェルビーが奔走し苦労する。
この3者関係の物語が、この映画の大半を占める。

完成したレースカー「フォードGT40」で1965年のルマン24時間に出場するが、マイルズはビーブの妨害でレースには出られなかった。
レース結果はGT40全車リタイアの惨敗に終わる。
シェルビーがフォード二世を巧みに説得し、レース活動継続が決まった。
改良したGT40はレースで抜群の速さを見せ、1966年のレース結果は1-2-3フィニッシュで表彰台独占となった。

マイルズはぶっちぎりでトップだったが、3台同時フィニッシュの記録的映像が撮りたいというビーブの案に妥協して、ゴール直前に速度を落とす。
そのため、トップチェッカーにも関わらず、後方からスタートした別のGT40の方が長距離を走行しているので平均速度が上回る結果となり、マイルズは優勝とは認められなかった。
この裁定にはシェルビーも驚き、悔しがったが、結果は覆らない。
次のレースに向けてGT40を開発中、マイルズは事故死してしまう。


以下、感想。

〇内容は史実に基づいているので、モータースポーツファンなら内容は事前に想像はつくかもしれない。
そのため、実写記録映像が多いレース対決ではなく、表に出ないレースカー開発の苦労を中心とした物語としてあり、誰もが新鮮に鑑賞できるようになっている。

〇トップチェッカーにも関わらず優勝を逃したマイルズに対し、観戦中のエンツォ・フェラーリが手で帽子を持ち上げ敬意を示す場面がある。
実際には、1966年のルマンでエンツォは現地観戦していなかったそうで、この場面は完全に創作である。
しかし、ほっこりするいい場面なので、いい創作だと思う。
映画スタッフは、マイルズを祝福したのはフォードではなく敵であるフェラーリだったという皮肉を込めたのだろう。

〇レース活動継続のためにフォード社長を説得しようと、シェルビーがGT40の助手席に社長を乗せて走行するシーンも秀逸だ。
走行前は、自分の名前が付いた車だと高を括っていたが、レーシングスピードで爆走するGT40に恐怖で泣き叫んでしまう。
でも「こんなにすごいとは知らなかった。祖父にも知ってほしかった。」と泣きながら言う場面は見ものだ。
史実かはこれも不明だが、役者の演技力のすごさを感じた。

〇映画では1965年のルマン24時間にマイルズは不参加となっているが、史実では出走していた(リタイアした)。
1966年も3台横並びのゴールではなく、実際には2台がほぼ同時、1台がその後ろであった。
また、トップチェッカーはブルース・マクラーレンで、マイルズは2番目であった。
なぜマイルズが減速しマクラーレンに抜かせたかは今も謎のままである。
映画ではこのあたりの混乱や不明な点は描かず、単にビーブの意地悪のせいとしている。

〇ちょっと残念なのは、レースカーにホンモノ感がなく、リアリティがないということ。
きれいすぎるのだ。
最初はCGかと思ったが、実際に屋外で車を走らせて撮影したそうだ。(特典映像でわかる)
サーキットに実際にレースを見に行く人ならわかると思うが、レースカーはもっと汚れている。
スタート時にはピカピカでも、ゴールした後の車はかなり汚い。
夜間を含む24時間も走った車なら、虫の死骸や正体不明の汚れが大量に付着してドロドロになっているはずである。

映画の車にはそういった汚れがない。わずかに排気ガスや土埃で煤けているだけだ。
ゴールシーンの車もきれいで、24時間走った車とは思えず、数周走っただけのようだ。
完走車特有の貫禄がまるで感じられない。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]
洋画

フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]

最安価格(税込):¥5,100発売日:2020年 5月 2日 価格.comの安さの理由は?

フォードvsフェラーリ 4K UHD[VWBS-7005][Ultra HD Blu-ray]をお気に入り製品に追加する <4

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(映画(DVD・ブルーレイ))

ご注意