『この映画は無責任なメッセージである』 劇場作 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD] 6084さんのレビュー・評価

劇場作

2014年 6月18日 発売

風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]

風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD] 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥3,983

(前週比:+12円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥3,983

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥3,983¥5,170 (8店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥4,700
映画.com

映画総合サイト「映画.com」での作品評価。Check-inに登録するとその作品の新着情報をお届け!

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]の価格比較
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のスペック・仕様
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のレビュー
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のクチコミ
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]の画像・動画
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のピックアップリスト

風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]劇場作

最安価格(税込):¥3,983 (前週比:+12円↑) 発売日:2014年 6月18日

  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]の価格比較
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のスペック・仕様
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のレビュー
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のクチコミ
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]の画像・動画
  • 風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のピックアップリスト

『この映画は無責任なメッセージである』 6084さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

6084さん

  • レビュー投稿数:163件
  • 累計支持数:1259人
  • ファン数:70人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
15件
8185件
レンズ
20件
477件
フラッシュ・ストロボ
5件
120件
もっと見る
満足度5
笑える1
泣ける1
ほのぼの1
迫力1
怖さ1
感動1
やみつき1
この映画は無責任なメッセージである

「紅の豚」と見比べてみたくなり、ごく最近DVDを購入。

簡単に言うとこの映画が言っている事は「その仕事が好きな事ならば、その結果がどんな悲劇をもたらそうとも一所懸命(一生懸命)やりなさい。」という事である。

ダイナマイトの発明者、ノーベル氏に喧嘩を売っている様なものだ。

こんな無責任なメッセージを青年や子供達に発信して良いものだろうか。

宮崎監督にしてみれば「僕は只、良い映画を作りたいだけなので・・・・」なのだろう。
そんな映画は如何に画面が美しくても、本当に良い映画だとは私には思えない。

どの様な職業にあっても、その道の専門家としての矜持と人間としての良心から、その仕事が悪用される事と闘った人々は現実社会に無数に存在するではないか。

ごく最近の事案でも・・・米軍は無人機で丸腰の無辜の民間人の殺害を繰り返していると言う。それに使われるのが、殺害対象者を判別するAI技術。
有名なIT企業の従業員数千名は、自らの技術がこうした使われ方をする事に抗議していると言う。

宮崎監督と同じ映画人で言えば、記録映画の亀井文夫監督は戦時中、軍部に強制されて「戦ふ兵隊」を撮ったが、徹底してリアリズムを追及したので、反戦的な演出はしていないにも関わらず、戦争の現実をえぐり出す傑作となり、戦時中上映禁止となり、亀井監督は治安維持法で捕まってしまった。この事実は本編の内容と時代的に重なる。

戦後の、アニメーション関係者も、かつて旧ソ連を仮想敵にした好戦的な劇場版アニメ「近未来戦争198X」に反対して闘った。一流の人は殆どこれの製作に参加しなかったと言われている。

宮崎監督自身もファンタジーではあるが、初期のアニメ「未来少年コナン」ではそうした人物を活き活きと描いていたではないのか。
モンスリーは大変有能な女性で、官僚であったが、自らの仕事が悪事である事に気づき、権力に反逆し、民衆の側に立ち、それ故、銃弾を受け、銃殺刑されかかる等大変恐ろしい目に合い、そして同じような境遇にあり、同志でもある最愛の男性と、共に死別を覚悟すると言う、悲しい目にも合うが、それに立派に立ち向かい、民衆を解放し、新天地に導き、自らもその男性と結ばれると言う個人的な幸福も得ているのである。あまりに過酷ではあるが、こんなにも美しい人の生き方をかつてこの監督は謳いあげていたのである。

宮崎監督にも正と負の両側面があるようだ。今後監督がどちらの生き方に進むのか、宮崎監督の創作物であるモンスリーの生き方を見て欲しい。

「未来少年コナン」の私のレビューをご参照下さい。

http://review.kakaku.com/review/D0084776501/ReviewCD=1141642/#1141642

http://review.kakaku.com/review/D0084776601/ReviewCD=1135370/#1135370

http://review.kakaku.com/review/D0084776001/ReviewCD=1130570/#1130570


兵器は美しいか

機械は本来美しいものである。その美は機能美に矮小化してはならない。

ヒューマニズムとは「人間の可能性を最大限追求する事」である。

機械は人間に取り付けてその可能性を高める、言わば「人間用のアフターパーツ」である。

馬の様に早く走りたければオートバイ、鳥の様に飛びたければ飛行機、頭脳の補助にはノート、本、コンピューター・・・・である。

本来、人間が機械を作る事、使う事は人間の可能性を高める事なので、これもヒューマニズムに含まれると私は思う。

しかし兵器は別である、人間を殺してしまう事はその可能性を全て否定する事であり、戦争はヒューマニズムの真逆である。

人間を殺してしまう目的で作られる兵器は機械の本来の姿とは真逆な奇形の機械である。

こんな奇形の機械を私は美しいとは思わない。

Rev3.0:2018,08,06:若干加筆
Rev2.1:2018,07,17:若干加筆修正
Rev2.0:2018,07,16:ミスタイプ訂正

満足度の★の数は資料性に対してのみです。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
笑える1
泣ける1
ほのぼの1
迫力1
怖さ1
感動1
やみつき1
この映画は無責任なメッセージである

「紅の豚」と見比べてみたくなり、ごく最近DVDを購入。

簡単に言うとこの映画が言っている事は「その仕事が好きな事ならば、その結果がどんな悲劇をもたらそうとも一所懸命(一生懸命)やりなさい。」という事である。

ダイナマイトの発明者、ノーベル氏に喧嘩を売っている様なものだ。

こんな無責任なメッセージを青年や子供達に発信して良いものだろうか。

宮崎監督にしてみれば「僕は只、良い映画を作りたいだけなので・・・・」なのだろう。
そんな映画は如何に画面が美しくても、本当に良い映画だとは私には思えない。

どの様な職業にあっても、その道の専門家としての矜持と人間としての良心から、その仕事が悪用される事と闘った人々は現実社会に無数に存在するではないか。

宮崎監督と同じ映画人で言えば、記録映画の亀井文夫監督は戦時中、軍部に強制されて「戦ふ兵隊」を撮ったが、徹底してリアリズムを追及したので、反戦的な演出はしていないにも関わらず、戦争の現実をえぐり出す傑作となり、戦時中上映禁止となり、亀井監督は治安維持法で捕まってしまった。この事実は本編の内容と時代的に重なる。

戦後の、アニメーション関係者も、かつて旧ソ連を仮想敵にした好戦的な劇場版アニメ「近未来戦争198X」に反対して闘った。一流の人は殆どこれの製作に参加しなかったと言われている。

宮崎監督自身もファンタジーではあるが、初期のアニメ「未来少年コナン」ではそうした人物を活き活きと描いていたではないのか。
モンスリーは大変有能な女性で、官僚であったが、自らの仕事が悪事である事に気づき、権力に反逆し、民衆の側に立ち、それ故、銃弾を受け、銃殺刑されかかる等大変恐ろしい目に合い、そして同じような境遇にあり、同志でもある最愛の男性と、共に死別を覚悟すると言う、悲しい目にも合うが、それに立派に立ち向かい、民衆を解放し、新天地に導き、自らもその男性と結ばれると言う個人的な幸福も得ているのである。あまりに過酷ではあるが、こんなにも美しい人の生き方をかつてこの監督は謳いあげていたのである。

宮崎監督にも正と負の両側面があるようだ。今後監督がどちらの生き方に進むのか、宮崎監督の創作物であるモンスリーの生き方を見て欲しい。

「未来少年コナン」の私のレビューをご参照下さい。

http://review.kakaku.com/review/D0084776501/ReviewCD=1141642/#1141642

http://review.kakaku.com/review/D0084776601/ReviewCD=1135370/#1135370

http://review.kakaku.com/review/D0084776001/ReviewCD=1130570/#1130570


兵器は美しいか

機械は本来美しいものである。その美は機能美に矮小化してはならない。

ヒューマニズムとは「人間の可能性を最大限追求する事」である。

機械は人間に取り付けてその可能性を高める、言わば「人間用のアフターパーツ」である。

馬の様に早く走りたければオートバイ、鳥の様に飛びたければ飛行機、頭脳の補助にはノート、本、コンピューター・・・・である。

本来、人間が機械を作る事、使う事は人間の可能性を高める事なので、これもヒューマニズムに含まれると私は思う。

しかし兵器は別である、人間を殺してしまう事はその可能性を全て否定する事であり、戦争はヒューマニズムの真逆である。

人間を殺してしまう目的で作られる兵器は機械の本来の姿とは真逆な奇形の機械である。

こんな奇形の機械を私は美しいとは思わない。

Rev2.1:2018,07,17:若干加筆修正
Rev2.0:2018,07,16:ミスタイプ訂正

満足度の★の数は資料性に対してのみです。

参考になった0

満足度5
笑える1
泣ける1
ほのぼの1
迫力1
怖さ1
感動1
やみつき1
この映画は無責任なメッセージである

「紅の豚」と見比べてみたくなり、ごく最近DVDを購入。

簡単に言うとこの映画が言っている事は「その仕事が好きな事ならば、その結果がどんな悲劇をもたらそうとも一所懸命(一生懸命)やりなさい。」という事である。

もう少し具体的に言うと、「『僕は只良い飛行機が作りたいだけ』なので、その結果は悲しい結末であっても『僕は知らないよ。』という生き方をしなさい。」なのである。

ダイナマイトの発明者、ノーベル氏に喧嘩を売っている様なものだ。

こんな無責任なメッセージを青年や子供達に発信して良いものだろうか。

宮崎監督にしてみれば「僕は只、良い映画を作りたいだけなので・・・・」なのだろう。
そんな映画は如何に画面が美しくても、本当に良い映画だとは私には思えない。

どの様な職業にあっても、その専門家としての矜持と人間としての良心から、その仕事が悪用される事と闘った人々は現実社会に無数に存在するではないか。

宮崎監督と同じ映画人で言えば、記録映画の亀井文夫監督は戦時中、軍部に強制されて「戦ふ兵隊」を撮ったが、徹底してリアリズムを追及したので、反戦的な演出はしていないにも関わらず、戦争の現実をえぐり出す傑作となり、戦時中上映禁止となり、亀井監督は治安維持法で捕まってしまった。この事実は本編の内容と時代的に重なる。

宮崎監督自身もファンタジーではあるが、初期のアニメ「未来少年コナン」ではそうした人物を活き活きと描いていたではないのか。
モンスリーは大変有能な女性で、官僚であったが、自らの仕事が悪事である事に気づき、反逆し、民衆の側に立ち、それ故、銃弾を受け、銃殺刑されかかる等大変恐ろしい目に合い、そして最愛の男性が死別を覚悟する等、悲しい目にも合うが、それに立派に立ち向かって、民衆を解放し、新天地に導き、自らも個人的な幸福を得ているのである。過酷ではあるが、こんなに美しい人の生き方をかつてこの監督は謳いあげていたのである。

宮崎監督にも正と負の両側面があるようだ。今後監督がどちらの生き方に進むのか、宮崎監督の創作物であるモンスリーの生き方を見て欲しい。

「未来少年コナン」の私のレビューをご参照下さい。

http://review.kakaku.com/review/D0084776501/ReviewCD=1141642/#1141642

http://review.kakaku.com/review/D0084776601/ReviewCD=1135370/#1135370

http://review.kakaku.com/review/D0084776001/ReviewCD=1130570/#1130570


兵器は美しいか

機械は本来美しいものである。その美は機能美に矮小化してはならない。

ヒューマニズムとは「人間の可能性を最大限追求する事」である。

機械は人間に取り付けてその可能性を高める、言わば「人間用のアフターパーツ」である。

馬の様に早く走りたければオートバイ、鳥の様に飛びたければ飛行機、頭脳の補助にはノート、本、コンピューター・・・・である。

本来、人間が機械を作る事、使う事は人間の可能性を高める事なので、これもヒューマニズムに含まれると私は思う。

しかし兵器は別である、人間を殺してしまう事はその可能性を全て否定する事であり、戦争はヒューマニズムの真逆である。

人間を殺してしまう目的で作られる兵器は機械の本来の姿とは真逆な奇形の機械である。

こんな奇形の機械を私は美しいとは思わない。

Rev2.0:2018,07,16:ミスタイプ訂正


参考になった0

満足度5
笑える1
泣ける1
ほのぼの1
迫力1
怖さ1
感動1
やみつき1
この映画は無責任なメッセージである

「紅の豚」と見比べてみたくなり、ごく最近DVDを購入。

簡単に言うとこの映画が言っている事は「その仕事が好きな事ならば、その結果がどんな悲劇をもたらそうとも一所懸命(一生懸命)やりなさい。」という事である。

もう少し具体的に言うと、「『僕は只良い飛行機が作りたいだけ』なので、その結果は悲しい結末であっても『僕は知らないよ。』という生き方をしなさい。」なのである。

ダイナマイトの発明者、ノーベル氏に喧嘩を売っている様なものだ。

こんな無責任なメッセージを青年や子供達に発信して良いものだろうか。

宮崎監督にしてみれば「僕は只、良い映画を作りたいだけなので・・・・」なのだろう。

そんな映画は如何に画面が美しくても、本当に良い映画だとは私には思えない。

どの様な職業にあっても、その専門家としての矜持と人間としての良心から、その仕事が悪用される事と闘った人々は現実社会に無数に存在するではないか。

宮崎監督と同じ映画人で言えば、記録映画の亀井文夫監督は戦時中、軍部に強制されて「戦ふ兵隊」を撮ったが、徹底してリアリズムを追及したので、反戦的な演出はしていないにも関わらず、戦争の現実をえぐり出す傑作となり、戦時中上映禁止となり、亀井監督は治安維持法で捕まってしまった。この事実は本編の内容と時代的に重なる。

宮崎監督自身もファンタジーではあるが、初期のアニメ「未来少年コナン」ではそうした人物を活き活きと描いていたではないのか。
モンスリーは大変有能な女性で、官僚であったが、自らの仕事が悪事である事に気づき、反逆し、民衆の側に立ち、それ故、銃弾を受け、銃殺刑されかかる等大変恐ろしい目に合い、そして最愛の男性が死別を覚悟する等、悲しい目にも合うが、それに立派に立ち向かって、民衆を解放し、新天地に導き、自らも個人的な幸福を得ているのである。過酷ではあるが、こんなに美しい人の生き方をかつてこの監督は謳いあげていたのである。

宮崎監督にも正と負の両側面があるようだ。今後監督がどちらの生き方に進むのか、宮崎監督の創作物であるモンスリーの生き方を見て欲しい欲しい。

「未来少年コナン」の私のレビューをご参照下さい。

http://review.kakaku.com/review/D0084776501/ReviewCD=1141642/#1141642

http://review.kakaku.com/review/D0084776601/ReviewCD=1135370/#1135370

http://review.kakaku.com/review/D0084776001/ReviewCD=1130570/#1130570


兵器は美しいか

機械は本来美しいものである。その美は機能美に矮小化してはならない。

ヒューマニズムとは「人間の可能性を最大限追求する事」である。

機械は人間に取り付けてその可能性を高める、言わば「人間用のアフターパーツ」である。

馬の様に早く走りたければオートバイ、鳥の様に飛びたければ飛行機、頭脳の補助にはノート、本、コンピューター・・・・である。

本来、人間が機械を作る事、使う事は人間の可能性を高める事なので、これもヒューマニズムに含まれると私は思う。

しかし兵器は別である、人間を殺してしまう事はその可能性を全て否定する事であり、戦争はヒューマニズムの真逆である。

人間を殺してしまう目的で作られる兵器は機械の本来の姿とは真逆な奇形の機械である。

こんな奇形の機械を私は美しいとは思わない。


満足度の★はこの監督の今後の活躍を見極める為の資料としての満足度です。

参考になった0

「風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
繰り返し視聴してます  5 2019年9月21日 14:31
この映画は無責任なメッセージである  5 2018年8月6日 12:59
飛行機作りの情熱が伝わります  4 2015年3月12日 03:51
悲しい・・・  4 2014年6月24日 16:57
アナログっぽい時代で想像できない現実・・・  4 2014年6月19日 22:53

風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のレビューを見る(レビュアー数:5人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]
劇場作

風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]

最安価格(税込):¥3,983発売日:2014年 6月18日 価格.comの安さの理由は?

風立ちぬ[VWDZ-8164][DVD]をお気に入り製品に追加する <4

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(アニメ(DVD・ブルーレイ))

ご注意