『自分のライフスタイルに合っているカード』 JCBプラチナ ルートビックさんのレビュー・評価

比較リスト(0件)

JCBプラチナ

JCBプラチナ
  • JCB

高いポイント還元率が魅力のJCBプラチナカードです。

24時間365日利用可能なプラチナ・コンシェルジュデスク。旅の手配や予約、ゴルフ場、チケット、レストランの案内などを選任のスタッフが対応。また、世界の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスや、国内・海外旅行傷害保険が最高1億円まで付帯されるなど、プラチナならではのサービスを利用することができます。

年会費 27,500円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%〜5.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
貯まるポイント Oki Dokiポイント 電子マネー機能 -
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

『自分のライフスタイルに合っているカード』 ルートビックさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

JCBプラチナのレビューを書く

ルートビックさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ミニコンポ・セットコンポ
1件
7件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
2件
スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
ポイント・マイル4
付帯サービス5
会員専用サイト4
申込手続き4
デザイン5
ステータス無評価
自分のライフスタイルに合っているカード

3〜4年程使用してのレビューです。
2014年頃からJCBを使用しています。最初にGOLDを申し込み、3年目にTHE PREMIERに切り替えました。その後、2018年にMyJCB経由で本カードに切り替えました。

決済額は、2014年から2021年の総額で3000万円超、本カードでは年間500万円程度です。
大手チェーンのコンビニやドラッグストア、ファストフード店、及び近所のスーパーでの日々の生活費の支払いと、公共料金の支払いを本カードで行っています。それ以外の買い物はもっぱらネットショッピングです。デパートはほとんど利用しません。
また、ここ2年は自粛していますが、月に数回程度外食し、年に1回ないし2回は旅行に行くというライフスタイルです。


【ポイント・マイル】
他にもっと還元率の高いカードもあると思いますが、個人的には満足しています。
2019年〜2021年の総決済額約1500万円に対して約31000Ptが付与されました。
私の場合、ディズニーパスポートとの交換、Amazonでの利用、Starbucks Cardへのチャージ、Apple IDへのチャージなどが、ポイントの主な使い道でした。
換金率は1Ptあたり3.5円〜5円強です。上記の中では、ディズニーパスポートとの交換が一番換金率が高いようです。
家で飲む場合に比べて外で飲むコーヒーを割高と感じてしまうのですが、ポイント利用で、ちょっとした贅沢を満喫しています。


【付帯サービス】
コンシェルジュを計10回くらい、グルメベネフィットを4回利用しました。

コンシェルジュについては、まず飲み会の幹事をするときに便利でした。人数、最寄り駅、予算を伝えただけで、具合の良い店を選んでいただきました。
また、旅行の宿泊先や、記念日、イベント、旅行先での食事の手配を依頼した際も、こちらの希望に沿った候補をいくつか挙げていただき、実際利用して満足いくものでした。特に、土地勘のない旅行先での店探しでは、宿泊先からのアクセスも考えて選んでいただけて助かりました。
いずれもある程度余裕をもって依頼したので、急ぎの対応などについての評価はわかりません。

私はグルメにこだわりがあるというわけではないので、ちょっと良い食事をしたいという際に、グルメベネフィットはお得だと感じています。
ここ2年は利用を控えなければならないのが残念です。状況がクリアにあった際にはもっと使っていきたいと考えています。


【会員専用サイト】
JCBを利用してから何度かデザインが変更されています。2022年1月時点のデザインについての評価です。
シンプルで、わかりやすいため、自分としては高評価です。
ポイント履歴と違って、月ごとの決済履歴を表形式で一覧できない点は改善を希望したい点です。


【申込手続き】
あまり詳細を覚えていません。
MyJCBにアップグレードのリンクが表示されていたので、そこから簡単に手続きが終わったという印象です。
特に急いでいるわけでもありませんでしたので、カードが届くまでの期間についても特段気になることはありませんでした。
ストレスはなかったという意味で星4としました。


【デザイン】
現在使用しているカードは旧デザインのものです。
当初、カード番号、氏名など、突起がある部分にはシルバーの塗装がされていたと思います。
しかし、現在はほぼ完全に塗装が落ちています。
それはそれでシックな印象になっているので、私は割と気に入っています。
確かに部分的に塗装が落ちていると見た目は良くないので、最初から塗装がないほうがいいのかもしれません。
中央の「JCB Plutinum」の文字と右下のロゴは、まったくと言っていいほど塗装落ちはありません。


【ステータス】
利用している決済サービスと社会的地位とに関連があるという価値観がほとんどないので、評価ができないところです。
ただ、数年前にアメリカで仕事をしていた頃、小さなレストランで食事をした際、給仕中はぶっきらぼうだったウェイトレスの女性が、食事後にAmexで支払いをしたところ、やけに親密な態度に変わったという経験が一度だけありました。
決済後にチップの額を記入するので、カードのサインを求める時はいつもそういう態度になるという可能性もありますが、Amexで決済をする人=チップをそれなりにくれそうな人という考えだったのかもしれません。
他方、JCBのカードを出すと、「なんだこのカード?とりあえず試しに決済してみるよ。」という反応がしばしばあったという印象です。


【総評】
今後も継続して利用していきたいと思うカードです。
コンシェルジェの利便性や、ポイント還元、グルメベネフィットの割引特典の点で、年会費に対して総合的にはメリットを感じています。

昔と違って、インターネットで豊富な情報収集が可能な時代なので、コンシェルジェの優位性は相対的に低下しているかもしれません。しかし、情報が溢れているからこそ、多くの選択肢から1つを選ぶことが逆にストレスとなっているとも私は感じています。
そういった点で、ベストではないかもしれませんが、ある程度の範囲に選択肢に狭めてくれるコンシェルジュのサービスは、私にとっては価値あるものと判断しています。

日常生活の決済手段としては、Apple Payに本カードを設定して行うタッチ決済が非常に便利で、重宝しています。
私は2007年頃からタッチ決済(当時はiD)を利用していて、決済が短時間で済むのでとても気に入っています。
衛生面も考えて、最近では現金しか使えないお店には立ち寄らなくなっているほどです。
また、現金払いができるレジとカード・電子マネー専用のレジとを分けているお店を見かけます。個人的には、そのようなお店がもっと増えていってほしいと願っています。

最後に、JCBという決済ブランドについての評価ですが、
アメリカではVISA or Masterというお店が結構あったので、海外に行く際には本カードだけでは心もとないと感じています。
JCBを利用できるお店が今後もっと増えていくことを期待しています。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
コンビニ
旅行
重視項目
付帯サービス

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「JCBプラチナ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

JCBプラチナのレビューを書く

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(クレジットカード)

ご注意