『航空系でANA/JALに勝る最強クラスカード』 MileagePlusセゾンカード dragonphoenixさんのレビュー・評価

比較リスト(0件)

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカード
  • MileagePlusセゾンカード1
  • MileagePlusセゾンカード2
  • MileagePlusセゾンカード3
  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX(アメックス)

スターアライアンス各社の利用でマイルが貯まるセゾンカードです。

通常カード利用1,000円ごとにユナイテッド航空のマイルが5マイル貯まるところ、「マイルアップメンバーズ」(追加年会費5,500円/年)に登録すると、1,000円につき10マイルが追加加算され、合計で15マイル、コスモ石油で利用時には20マイルを貯めることができます。ユナイテッド航空のマイルで、スターアライアンス各社の特典航空券への交換も可能です。

年会費 1,650円 追加カード ETCカード
ポイント還元率 0.50% 付帯保険 海外旅行
貯まるポイント マイレージプラス 電子マネー機能 -
交換可能マイル マイレージプラス スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

『航空系でANA/JALに勝る最強クラスカード』 dragonphoenixさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MileagePlusセゾンカードのレビューを書く

dragonphoenixさん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:424人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

クレジットカード
11件
0件
マウス
3件
2件
スマートフォン
4件
0件
もっと見る
満足度4
ポイント・マイル4
付帯サービス4
会員専用サイト4
申込手続き4
デザイン4
ステータス4
航空系でANA/JALに勝る最強クラスカード

【背景】
・2016年から本カードのAmexブランドをメインカードとして使用しています。
・本カード以外に、用途別に7枚のクレジットカードを保有しています。

【良い点】
◎ マイルアップメンバーズ登録で、1,000円につき15マイル積算。マイル還元率1.5%。
 (マイルアップ未登録時は、マイル還元率0.5%)
◎ 国内線特典航空券のほとんどの路線(500マイル以下)が、時期に関わらず片道5,500マイル〜利用可能
○ 国内線特典航空券は乗り継ぎ利用でも、距離が同じなら必要マイル数は同じ。
○ マイルの利用/獲得があれば、有効期限がその都度18ヶ月延長されるので、実質有効期限なし。
○ 毎年継続時、500マイル積算(Amexのみ)。
○ 海外旅行保険が付帯

【注意点】
△ カード年会費が1,500円+税
△ マイルアップメンバーズの年会費が5,000円+税
△ Amexだが空港ラウンジが利用できない

【追記】2020/11/7現在(直近1年における、特典に関する重大な変更点)
○ フライトまで3週間以内の、国内線特典航空券の発券に必要だった手数料(約8,000円)が不要になった。
△ 国内線特典航空券が、"5,000マイル〜" ⇒ "5,500マイル〜" となり、必要マイル数が増加。
× コードシェア便(スターフライヤー、AIRDO、ソラシドエア、アイベックスエアラインズ、オリエンタルエアブリッジが運航し、ANAに座席供給している便)での国内線特典航空券利用ができなくなった。これにより、九州・北海道方面での利便性が著しく低下。

【参考】
・MileagePlusとは、ユナイテッド航空のマイル・プログラムのこと。
・ユナイテッド航空は、ANAと同じスターアライアンス(JALはワン・ワールド)。

【総評】
・年会費は多少必要ですが、年間利用額が60万円以上で、貯まったマイルで国内線特典航空券に交換したい方にとっては最強クラスのカードです。
・2019〜20年にかけて、コロナによる業績悪化の影響もあってか、ユナイテッドのマイレージプラスの利便性が低下しています。依然としてマイル還元率・特典航空券の必要マイル数はANA/JALに対して優位性がありますが、今後の動向には注意が必要です。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
デパート
スーパー
コンビニ
交通機関
旅行
重視項目
ポイント・マイル
付帯サービス
ステータス

参考になった29人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
ポイント・マイル5
付帯サービス4
会員専用サイト4
申込手続き4
デザイン5
ステータス4
航空系の最強カード

【良い点】
・毎年継続時、500マイル積算(AMEXのみ)
★マイルアップメンバーズ登録で、1,000円につき15マイル積算
★<国内線>特典航空券のほぼ全路線(500マイル以下)が、時期に関わらず片道5,000マイルで利用可能
・<国内線>ではANAだけでなくStarFlyerも利用可
・<国内線>特典航空券は乗り継ぎ利用でも、距離が同じなら必要マイル数は同じ
・<国際線>特典航空券に燃油サーチャージが不要
・<国際線>特典航空券は片道から利用可
・海外旅行保険が付帯
★マイルの利用/獲得があれば、有効期限がその都度18ヶ月延長されるので、実質有効期限なし。
・ANAを利用する場合、ANAよりユナイテッドでマイル積算した方が多く貯まるケースが多い。

【注意点】
・カード年会費が1,620円
・マイルアップメンバーズの年会費が5,400円
・<国内線>特典航空券以外のマイル使い道が限定的
・<国内線>特典航空券でANA/StarFlyer搭乗時、事前の座席指定不可
・<国際線>特典航空券の必要マイルはJAL/ANAより多い
・AMEXだが空港ラウンジが利用できない

【参考】
・MileagePlusとは、ユナイテッド航空のマイル・プログラムのこと
・ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンス(JALはワン・ワールド)

【総評】
 年会費は多少必要ですが、年間利用額が60万円以上で、貯まったマイルで<国内線>特典航空券に交換したい方にとっては最強のカードです。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
デパート
スーパー
コンビニ
交通機関
旅行
重視項目
ポイント・マイル
付帯サービス

参考になった7

満足度5
ポイント・マイル無評価
付帯サービス5
会員専用サイト4
申込手続き無評価
デザイン5
ステータス4
航空系の最強カード

【良い点】
〇AmericanExpressブランドが選択可能
〇毎年継続時、500マイル積算(AMEXのみ)
〇マイルアップメンバーズ登録で、1,000円につき15マイル積算
〇<国内線>特典航空券のほぼ全路線(500マイル以下)が、時期に関わらず片道5,000マイルで利用可能
〇<国内線>ではANAだけでなくStarFlyerも利用可
〇<国内線>特典航空券は乗り継ぎ利用でも、距離が同じなら必要マイル数は同じ
〇<国際線>特典航空券に燃油サーチャージが不要
〇<国際線>特典航空券は片道から利用可
〇海外旅行保険が付帯

【悪い点】
〇カード年会費が1,620円
〇マイルアップメンバーズの年会費が5,400円
〇<国内線>特典航空券以外のマイル使い道が限定的
〇<国内線>特典航空券でANA/StarFlyer搭乗時、事前の座席指定不可
〇<国際線>特典航空券の必要マイルはJAL/ANAより多い
〇AMEXだが空港ラウンジが利用できない

【参考】
〇MileagePlusとは、ユナイテッド航空のマイル・プログラムのこと
〇ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンス(JALはワン・ワールド)

【総評】
 年会費はそれなりに必要ですが、年間利用額が60万円以上で、貯まったマイルで<国内線>特典航空券に交換したい方へは強くオススメするカードです。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
デパート
スーパー
コンビニ
交通機関
旅行
重視項目
ポイント・マイル
付帯サービス

参考になった4

満足度5
ポイント・マイル無評価
付帯サービス5
会員専用サイト4
申込手続き無評価
デザイン5
ステータス4
航空系の最強カード

20代前半/会社員です。
AMEXブランドで、メインカードとして利用しています。
(※MileagePlusとは、ユナイテッド航空のマイル・プログラムのことです。)

【デザイン】
ブルーを基調として、セゾンやAMEXブランドが並んでいて、品があると思います。

【ステータス】
AMEXが珍しいからか、たまにカッコイイと言われます。
ただ、ゴールドのようなステータスを感じることは特にありません。

【ポイント】
マイル積算のため無評価

【マイル】
1. 還元率
年会費(1,500円+税)に加えて、マイルアップメンバーズ(5,000円+税)に登録しています。
この時のマイル還元率は、カード利用1,000円につき15マイルと、最強の還元率です。
(私はJAL/ANA系のカードもサブとして利用していますが、JAL/ANAだと、この「マイルアップメンバーズ」に相当するプログラムに加入しても、1,000円につき10マイルがせいぜいです。)

2. フライトでのマイル積算
ユナイテッドは、ANAと同じスターアライアンスです。
(ANAの)国内線は、そもそもマイルが少ないのでANAマイルで積算しても良いと思います。
ただ国際線については、一般的にANAのフライトはユナイテッドへ、ユナイテッドのフライトはANAへマイル積算した方が、積算率が高くなります。
また、マイル有効期限が実質無期限となるのも大きなアドバンテージです。
(JALはワンワールドなので、ANA/ユナイテッドとのマイルの相互積算/利用はできません)

3. マイルの利用(国内)
MileagePlusの素晴らしいところは、国内線がほぼ全路線、時期にかかわらず片道5,000マイルであることです。
片道800マイル以上で8,000マイルになりますが、これは東京からだと沖縄路線のみとなります。
また、乗り継ぎでも必要マイルは同じなので、旅の選択肢が大幅に広がります。
ちなみに、ANAのみならず、ANAとコードシェアしているStarFlyerなどもOKです。
欠点は、座席指定ができないことです。

一方で、JAL/ANAは5,000マイルだと東京−大阪線ほどの短距離のみです。
好きな路線を予約しようと思うと、8,000マイルはないと厳しいです。また、ハイシーズンは必要マイルが多くなります。
また私の経験では、ユナイテッド/ANAに対して、JALは特典航空券向けの座席供給が少なく、使いづらいです。

4. マイルの利用(国際)
MileagePlusは燃油サーチャージが不要です。また、国際線も片道だけで利用できます。
JAL/ANAは燃油サーチャージが必要で、往復の特典航空券を利用することが前提です。しかし、必要マイル数はMileagePlusより低く抑えられています。
MileagePlusは実質無期限なのでじっくり貯めることができますが、2016年3月現在、燃油サーチャージがほぼ無料に近くなっており、アドバンテージは少ないと考えられます。

【ウェブサービス】
セゾンのホームページで、おおむね使いやすいです。
キャンペーンも多く用意されています。

【優遇サービス】
手厚い海外旅行保険がついています。
また、AMEXのT&Eサービスが利用できます。「eプラス」の美術館の前売り券などは重宝しています。
ただし、AMEXによく付帯している「空港ラウンジの利用」はできません。

【総評】
次に当てはまる項目が多い方には、メインカードとして強くオススメします。
(マイルアップメンバーズへの登録を前提とする)
 ・貯まったマイルは、国内線の特典航空券に交換して使いたい
 ・年間利用額が50万円以上
 ・西友を利用する(5%OFF)
 ・手厚い海外旅行保険が付帯したカードを探している
 ・T&Eサービスを利用したい

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
デパート
スーパー
コンビニ
交通機関
旅行
重視項目
ポイント・マイル
付帯サービス

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「MileagePlusセゾンカード」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

MileagePlusセゾンカードのレビューを書く

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(クレジットカード)

ご注意