『使った事実のみを書きます』 Orico Card THE POINT ntn373さんのレビュー・評価

比較リスト(0件)

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT
  • Orico Card THE POINT1
  • Orico Card THE POINT2
  • Mastercard
  • JCB

ポイント還元率の高さが特徴。年会費永年無料のオリコの次世代カードです。

還元率は常に1.0%以上であり、入会後半年間はポイント付与が2倍になる特典があるなど、ポイントを貯めやすいカードです。iDとQuicPayの2つの電子マネー機能が付いているため、小額決済でも便利に使えます。家族カード、ETCカードが年会費無料であることも魅力です。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%〜2.00% 付帯保険 -
貯まるポイント オリコポイント 電子マネー機能 iD、QUICPay
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay、楽天ペイ

『使った事実のみを書きます』 ntn373さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Orico Card THE POINTのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリンタ
0件
1件
キーボード
1件
0件
ヘッドセット
0件
1件
もっと見る
満足度4
ポイント・マイル5
付帯サービス1
会員専用サイト2
申込手続き1
デザイン5
ステータス1
使った事実のみを書きます

ほぼ半年利用した事実しか書きません。
感想は一切なしです。
それを見てどう感じるかは人それぞれの感性に任せます。

−−−申請
まず申請は2日程度で結果が出ました。
確か申請時に来たメールのリンク先で審査結果を確認できたはず。
審査はあっさり。
賃貸支払いに同社カードを使っていることもあるだろうが、銀行系と比べて緩めの審査という評判を目にした記憶がある。
連帯保証人の設定は必要なし。

−−−発行
審査結果から二週間ほどかかりました。
局留めにして申請から20日ほどて手元に来ました。

−−−入会キャンペーン
半年以内の利用分(申請月も対象で翌月から期限を起算)、5000ポイントまでが上限です。
半年で10万使った場合、ポイントは通常の1000ポイントにもう1000ポイント付きます。
半年で50万以上使った場合、ポイントは通常の5000ポイントにもう5000ポイント付きます。
上限に達した段階で半年以内でも追加付与終了。
他にも明細を郵送取りやめにすることで200ポイント付きました。
リボ払いにするとポイントが更に付きますが、使っていませんので評価は差し控えます。

−−−ポイント交換
ポンタチャージ、amazonギフト、googleギフト、itunesギフトなどプリペイドが中心。
他に慈善団体の寄付にも使える模様。
商品交換は「スマイル」にのみ有効の模様。
スマイルはオリコポイントに移行可能。

−−−ポイント付与
100円ごとに1ポイント。端数切捨て。
毎月15〜17日あたりにまとめて付与されます。
有効期限は約一年。
発生月ごとにポイントの有効期限があります。
一年ほったらかしにするような方は永久不滅など、別のカードも選択肢に入るでしょう。

−−−ポイント利用
500ポイントごとが中心。
ざっくりと500ポイント、1000ポイント、2000ポイントの三種類と考えてよい。
交換する内容によっては500と2000ポイントが無かったり、1000ポイントが無かったりする。
500ポイントの場合は500円分。1000ポイントの場合は1000円分のポイント交換を行う。
一年で500ポイント(5万以上)の利用をしない方は別のカードも選択肢に入るでしょう。
アプリの会員サイトやWebベースの会員サイトで選択して交換する。
交換を実施する際は生年月日や電話でのコード認証がある。

−−−ポイントサイト
アプリで使うと、そこそこよい。
ただし毎月10〜15日あたりはサイトメンテとしてスマイル交換ができなくなります。
このカードはスマイルではなくオリコポイントのため特に制限なし。

−−−明細
PDFとCSVにてダウンロード可能。
半年以上前の明細は確認不可。

−−−コールセンター/キャッシング/リボ払い
使ったことがないので評価なし。

−−−カードのデザイン
シルバーのエンボス加工してあるありふれたもの。
黒のつや消しベタ塗りでシックな仕上がり。券面はシンプルな部類に入るだろう。
シンプルだけに視覚的な飽きがきにくいカードと言えるだろう。
マスターとビザを選べます。(ダブル発行も可能らしいが今の所予定なし)
磁気ストライプがうっすら見える。
もちろんIC搭載。
プラスティック製。
金属カードが欲しい方は調べてみましょう。

−−−キャッシュレス決済
iDとQUICPayダブル搭載。
両方利用可能なお店が多い印象のため、利用時は気分で決めることになる。
なおNFC-F搭載スマートフォンではどちらも登録可能。
ただし数日かかる申請が必要なため、カード到着後に急いで使いたい方は到着までカードをかざすことになる。

−−−利用通知
会員サイトでメール通知をオンにすると、会員サイトに反映された利用履歴に変更があったことを通知される。
ただし「更新があった」ことのみで、何が更新されたかについては自身で管理することになる。(更新された利用明細の内容が見えるわけではない)
また、利用したお店やサービスのカード処理タイミングはまちまちのため、使ってすぐに通知や更新があるわけではない。
最大で約40日前の利用履歴が追加された例あり。
カードを通した瞬間に通知が来ることを期待している方は、他のカードも調べてみるとよいだろう。

−−−支払い遅延
なし。
そのため評価しません。

−−−口座振替
月末締め翌月27日。
土日祝にかぶる場合は翌営業日へ先送り。
申込時に銀行口座を指定する。
たしか通帳に記載されている金額が認証パスワードとなった記憶がある。(現残高ではない。最後に記帳した残高。半年記帳していなければ半年前時点の残高で照合する)

−−−インビテーション
約半年過ぎて100万は利用したが、今の所なし。
最低一年は実績が必要だろうか。

−−−利用上限
100万に設定されていた。上限はoricoが審査時に決めるらしい。
賃貸支払いのカードが80万。
利用可能残高が見づらくなるため100万に増枠。(100万から残高を差し引かれた数字と、80万から残高を差し引かれた数字が併記されていた)
減枠は電話手続が必要らしい。増枠はオンラインで可能。
ちなみにoricoのカードを複数持っている場合、一枚あたりの上限以外にoricoのカードすべてを合算した上限が設けられている。
カード単体の上限、またはoricoカードをすべて合算した上限に達した段階で利用ストップがかかる。

−−−ETCカード
会費無料。
カードの期限と同一の期限が設定されています。
届くまで少々日数がかかるので、急ぎの方は使う予定よりかなり早めの準備を。

−−−追記
oricoには「e-oricoサービス」というオンライン明細サービスがあります。
不審な利用がないか、ほぼ毎日チェックしています。
それで気づいたことですが、メールで新規のカード利用通知は来ますが、利用明細に反映されてから1〜2日ほど遅れてその通知が来ます。なので頻繁に使う方にはメール通知も意味がありません。
また、その通知は「何に使った分」であるかを知ることはできません。
差分を自分で抽出して推し量ることくらいでしょうか。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
コンビニ
その他
重視項目
ポイント・マイル
デザイン

参考になった16人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
ポイント・マイル5
付帯サービス1
会員専用サイト2
申込手続き1
デザイン5
ステータス1
使った事実のみを書きます

ほぼ半年利用した事実しか書きません。
感想は一切なしです。
それを見てどう感じるかは人それぞれの感性に任せます。

−−−申請
まず申請は2日程度で結果が出ました。
確か申請時に来たメールのリンク先で審査結果を確認できたはず。
審査はあっさり。
賃貸支払いに同社カードを使っていることもあるだろうが、銀行系と比べて緩めの審査という評判を目にした記憶がある。
連帯保証人の設定は必要なし。

−−−発行
審査結果から二週間ほどかかりました。
局留めにして申請から20日ほどて手元に来ました。

−−−入会キャンペーン
半年以内の利用分(申請月も対象で翌月から期限を起算)、5000ポイントまでが上限です。
半年で10万使った場合、ポイントは通常の1000ポイントにもう1000ポイント付きます。
半年で50万以上使った場合、ポイントは通常の5000ポイントにもう5000ポイント付きます。
上限に達した段階で半年以内でも追加付与終了。
他にも明細を郵送取りやめにすることで200ポイント付きました。
リボ払いにするとポイントが更に付きますが、使っていませんので評価は差し控えます。

−−−ポイント交換
ポンタチャージ、amazonギフト、googleギフト、itunesギフトなどプリペイドが中心。
他に慈善団体の寄付にも使える模様。
商品交換は「スマイル」にのみ有効の模様。
スマイルはオリコポイントに移行可能。

−−−ポイント付与
100円ごとに1ポイント。端数切捨て。
毎月15〜17日あたりにまとめて付与されます。
有効期限は約一年。
発生月ごとにポイントの有効期限があります。
一年ほったらかしにするような方は永久不滅など、別のカードも選択肢に入るでしょう。

−−−ポイント利用
500ポイントごとが中心。
ざっくりと500ポイント、1000ポイント、2000ポイントの三種類と考えてよい。
交換する内容によっては500と2000ポイントが無かったり、1000ポイントが無かったりする。
500ポイントの場合は500円分。1000ポイントの場合は1000円分のポイント交換を行う。
一年で500ポイント(5万以上)の利用をしない方は別のカードも選択肢に入るでしょう。
アプリの会員サイトやWebベースの会員サイトで選択して交換する。
交換を実施する際は生年月日や電話でのコード認証がある。

−−−ポイントサイト
アプリで使うと、そこそこよい。
ただし毎月5〜15日あたりはサイトメンテとしてスマイル交換ができなくなります。
このカードはスマイルではなくオリコポイントのため特に制限なし。

−−−明細
PDFとCSVにてダウンロード可能。
半年以上前の明細は確認不可。

−−−コールセンター/キャッシング/リボ払い
使ったことがないので評価なし。

−−−カードのデザイン
シルバーのエンボス加工してあるありふれたもの。
黒のつや消しベタ塗りでシックな仕上がり。券面はシンプルな部類に入るだろう。
シンプルだけに視覚的な飽きがきにくいカードと言えるだろう。
マスターとビザを選べます。(ダブル発行も可能らしいが今の所予定なし)
磁気ストライプがうっすら見える。
もちろんIC搭載。
プラスティック製。
金属カードが欲しい方は調べてみましょう。

−−−キャッシュレス決済
iDとQUICPayダブル搭載。
両方利用可能なお店が多い印象のため、利用時は気分で決めることになる。
なおNFC-F搭載スマートフォンではどちらも登録可能。
ただし数日かかる申請が必要なため、カード到着後に急いで使いたい方は到着までカードをかざすことになる。

−−−利用通知
会員サイトでメール通知をオンにすると、会員サイトに反映された利用履歴に変更があったことを通知される。
ただし「更新があった」ことのみで、何が更新されたかについては自身で管理することになる。(更新された利用明細の内容が見えるわけではない)
また、利用したお店やサービスのカード処理タイミングはまちまちのため、使ってすぐに通知や更新があるわけではない。
最大で約40日前の利用履歴が追加された例あり。
カードを通した瞬間に通知が来ることを期待している方は、他のカードも調べてみるとよいだろう。

−−−支払い遅延
なし。
そのため評価しません。

−−−口座振替
月末締め翌月27日。
土日祝にかぶる場合は翌営業日へ先送り。
申込時に銀行口座を指定する。
たしか通帳に記載されている金額が認証パスワードとなった記憶がある。(現残高ではない。最後に記帳した残高。半年記帳していなければ半年前時点の残高で照合する)

−−−インビテーション
約半年過ぎて100万は利用したが、今の所なし。
最低一年は実績が必要だろうか。

−−−利用上限
100万に設定されていた。上限はoricoが審査時に決めるらしい。
賃貸支払いのカードが80万。
利用可能残高が見づらくなるため100万に増枠。(100万から残高を差し引かれた数字と、80万から残高を差し引かれた数字が併記されていた)
減枠は電話手続が必要らしい。増枠はオンラインで可能。
ちなみにoricoのカードを複数持っている場合、一枚あたりの上限以外にoricoのカードすべてを合算した上限が設けられている。
カード単体の上限、またはoricoカードをすべて合算した上限に達した段階で利用ストップがかかる。

−−−ETCカード
会費無料。
カードの期限と同一の期限が設定されています。
届くまで少々日数がかかるので、急ぎの方は使う予定よりかなり早めの準備を。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
コンビニ
その他
重視項目
ポイント・マイル
デザイン

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「Orico Card THE POINT」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Orico Card THE POINTのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(クレジットカード)

ご注意