『セブンイレブン本体と同様迷走中』 セブンカード・プラス 9832312eさんのレビュー・評価

比較リスト(0件)

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス
  • セブンカード・プラス1
  • セブンカード・プラス2
  • セブンカード・プラス3
  • VISA
  • JCB

電子マネーnanaco搭載、チャージだけでもnanacoポイントが貯まるカードです。

ポイントは全てnanacoポイントとなり、1ポイント1円として利用できます。クレジットカードから電子マネーnanacoへチャージするだけでもポイントが貯まり、セブン&アイグループの対象店で利用するとお得にポイントが貯まります。全国のイトーヨーカドーにて、カードを利用・提示すると毎月8のつく日は5%割引になります。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%〜1.00% 付帯保険 ショッピング
貯まるポイント nanacoポイント 電子マネー機能 nanaco
交換可能マイル ANAマイル スマホ決済 楽天ペイ

『セブンイレブン本体と同様迷走中』 9832312eさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

セブンカード・プラスのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:407件
  • 累計支持数:3600人
  • ファン数:48人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
3332件
ヘッドホンアンプ・DAC
12件
795件
クレジットカード
53件
622件
もっと見る
満足度2
ポイント・マイル3
付帯サービス2
会員専用サイト4
申込手続き3
デザイン2
ステータス2
セブンイレブン本体と同様迷走中

nanacoの還元率低下に合わせて、1.5%還元から1.0%還元に7月から低下します。
元々クレジットカードの特典自体はほぼないに等しいカードでしたが、敢えて利用する魅力がないカードになってしまいました。
本業も24時間営業で社会問題となっていますが、このカードもアイデンティティをなくし迷走中です。
コード決済やセブンペイと言ったクレジットカードと何が違うんだというサービスを導入し、普及に努めて来たnanacoを切り捨てたのかな?とも思う方針転換です。堅実さが特徴だったはずなんですがね。
1年間で約60万使いましたがインビテーションは来なかったので、約100万というのは厳格に守られてそうです。


【前回のレビュー】
年会費500円であるがナナコチャージでも計算対象となるため維持のためのハードルは低いカードである。
ただしナナコチャージ専用カードと考えると0.5%還元であること、セブンイレブンやイトーヨーカ堂などで、1.5%還元となるため、nanacoを利用する機会が少ないことに気付く。クレジットカード払いでもnanaco限定のボーナスポイントの対象になるので、ナナコチャージでクレジットカード停止のリスクを考えるならあえてナナコチャージをして利用するメリットはあまりないだろう。
自動車税などの支払いで考えるなら他社の1%還元のクレジットカードを利用して支払いをした方が良いだろう。
利用停止ならない前提で考えるとnanacoでしか払えないものは他社クレジットカードを利用し、nanaco支払いをして、クレジットカード払いが出来る利用はクレジットカードの方が優れているという逆転が発生する。
セブンイレブンなどを除く一般利用は0.5%と低く、ボーナスポイントもセブンイレブンなどの利用に限定しており、年間の利用額のハードルも比較的高い。
敢えてこのクレジットカードを利用するとすれば年会費無料のゴールドカードを目指すという場合がメインになるだろう。
1年間セブンイレブンなどの利用で年間60万か、それ以外の利用で年間100万円がボーダーとされており比較的ハードルは高い。
同じような年会費無料のゴールドであるイオンゴールドカードはイオンセレクトで作ると比較的ハードルが低い場合もある、エポスゴールドは年間50万辺りがボーダーなので、基準が低いカードは他にある。
ゴールドカードはショッピング保険は無料だが還元率も低く、特徴に乏しい。
その辺も踏まえると修行用のカードとしても微妙な存在なカードだと思う。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
コンビニ
交通機関
重視項目
ポイント・マイル
ステータス

参考になった11人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
ポイント・マイル3
付帯サービス2
会員専用サイト4
申込手続き3
デザイン2
ステータス2
位置付けは結構微妙なカードか
   

   

年会費500円であるがナナコチャージでも計算対象となるため維持のためのハードルは低いカードである。
ただしナナコチャージ専用カードと考えると0.5%還元であること、セブンイレブンやイトーヨーカ堂などで、1.5%還元となるため、nanacoを利用する機会が少ないことに気付く。クレジットカード払いでもnanaco限定のボーナスポイントの対象になるので、ナナコチャージでクレジットカード停止のリスクを考えるならあえてナナコチャージをして利用するメリットはあまりないだろう。
自動車税などの支払いで考えるなら他社の1%還元のクレジットカードを利用して支払いをした方が良いだろう。
利用停止ならない前提で考えるとnanacoでしか払えないものは他社クレジットカードを利用し、nanaco支払いをして、クレジットカード払いが出来る利用はクレジットカードの方が優れているという逆転が発生する。
セブンイレブンなどを除く一般利用は0.5%と低く、ボーナスポイントもセブンイレブンなどの利用に限定しており、年間の利用額のハードルも比較的高い。
敢えてこのクレジットカードを利用するとすれば年会費無料のゴールドカードを目指すという場合がメインになるだろう。
1年間セブンイレブンなどの利用で年間60万か、それ以外の利用で年間100万円がボーダーとされており比較的ハードルは高い。
同じような年会費無料のゴールドであるイオンゴールドカードはイオンセレクトで作ると比較的ハードルが低い場合もある、エポスゴールドは年間50万辺りがボーダーなので、基準が低いカードは他にある。
ゴールドカードはショッピング保険は無料だが還元率も低く、特徴に乏しい。
その辺も踏まえると修行用のカードとしても微妙な存在なカードだと思う。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
コンビニ
交通機関
重視項目
ポイント・マイル
ステータス

参考になった5

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

セブンカード・プラスのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(クレジットカード)

ご注意