『おこづかいザクザク!! 高還元カード』 ライフカード 股太郎侍さんのレビュー・評価

比較リスト(0件)

ライフカード

ライフカード
  • ライフカード1
  • ライフカード2
  • ライフカード3
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB

年会費無料、誕生月に利用するとポイントが3倍になるカードです。

年会費無料でVisa・MasterCard・JCBの3ブランドからブランドを選べます。1,000円につき1ポイントの専用ポイントが貯まり、誕生月に利用すると基本ポイントは3倍、ポイント有効期限は最大5年間です。利用金額に応じてポイントが貯まりやすくなる制度や、海外旅行をサポートする海外アシスタントサービスも利用可能です。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.30%〜0.60% 付帯保険 -
貯まるポイント LIFEサンクスポイント 電子マネー機能 -
交換可能マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

『おこづかいザクザク!! 高還元カード』 股太郎侍さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ライフカードのレビューを書く

股太郎侍さん

  • レビュー投稿数:230件
  • 累計支持数:1255人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
28件
663件
デジタル一眼カメラ
12件
320件
レンズ
11件
184件
もっと見る
満足度4
ポイント・マイル5
付帯サービス5
会員専用サイト4
申込手続き無評価
デザイン4
ステータス4
おこづかいザクザク!! 高還元カード
   

お小遣いザクザク!!

   

【デザイン】
最近登場したブラックフェイスもカッコイイですけど、ブルーのベーシックカードは、オダギリジョーがCMで出てくるようになった頃の時期から、カッコ良くなりました。
「プチミレディカード」のようなアニメ声優柄のデザイン、ネトゲとのコラボ柄のようによりどりみどりです、お好きなカードを選んで下さい。
※ライフカードは国際ブランドが異なれば複数持ち可能です。ただし審査と枠は別々です!!

【ステータス】
信販系プロパーカードですし、元々ライフの審査は「やや厳しめ」ではないでしょうか。
アイフル傘下に入ってから柔軟になったようですけど、それでも「3等級」「偏差値50〜55」程度と評されていますので、低属性の方は1〜2等級のカードでクレヒス磨いてから突撃された方が通りやすいかも知れませんね。

【ポイント】<<誕生月にL-maill利用が最強>>
通常1000円に対して1P付きますが、100円単位でも小数点のポイントが付きます。
ただ、ポイントは明細毎の都度付与なので、よくある月間合計額から付与よりも結果的に切り捨て額が大きくなるデメリットも。
※月間1000円毎に1Pのカードなら、1000円未満の端数をチャージタイプのAmazonギフト券を買う事で、切り捨てゼロにする事も可能なので

利用金額に応じて優遇、前年度50万円以上使うと本年度はポイント1.5倍に優遇。
決済額が50万を超えると300Pのボーナスポイントが貰えます。
さらに150万以上使うとポイント2倍に優遇されますが、「L-Mall」を賢く使えば150万も使わなくても大変お得に利用できます。

利用金額にかかわらず誕生月はポイント5倍、大きな買い物をするなら誕生月まで貯金しておきましょう。
L-Mall経由だと、Amazon、楽天市場などはポイント2倍、お店によっては最大25倍になります。
L-mall経由のボーナスポイントは、スペシャルステージ等のボーナスP倍率は加味されないようです。

【例】スペシャルステージ(1.5倍)の時、L-mall経由ポイント3倍のお店で1万円買い物すると・・・
・10P(通常P)+5P(ボーナスP)+20P(L-mall経由のボーナスP)
・10P(通常P)+40P(誕生月P)+ 20P(L-mall経由のボーナスP)※誕生月のみ

【マイル】
自分は使いません。

【ウェブサービス】
現在の利用残高、利用可能額など、明細ごとのリボへの変更など、基本的な事は出来ます。
一括払いぶんの事前入金は、請求確定日の毎月12日前後〜17日に手続きしないと二重引き落としになります、期間厳守で!!
(約定日の10日ぐらい前までに手続きしないと二重引き落としになるのは他社カードも大体一緒です)
割賦残債の繰上・一括返済返済は電話でのみ可能(約定日にまとめて・・・よりもこの方が利息も安く付きますしね)

【優遇サービス】
利用金額に応じて還元率がアップします。年間50万以上が目安です。
殆ど使わない人は不満かも知れませんが、クレカでも銀行でもロイヤルカスタマーを優遇するのは当然です!!
※どうしても年間50万未満しか使えないなら、最大限「L-mall」「誕生月」「交換キャンペーン」を活用しましょう。

【総評】
基本還元率は信販系カードとしては普通ですが、使えば使うほどドンドンお得になるカードです。
年間50万使えば、毎月の公共料金の支払いまでポイントアップするのですから、きちんと使ってあげれば「節約ツール」として大変有効です。
特にネットショッピングは出来るだけL-mall経由にすると、飛躍的にポイントのたまり具合が良くなります。

【おまけ1】交換術<<Gポイント、dカードプリペイドと相性最高!!>>
1.現金化(最低交換単位300P)
ライフ300P→Gポイント1500G→換金1500円(条件付き交換手数料無料)
・Gポイント交換キャンペーンで最大150G(円)多く交換出来る事も
※現金化してしまえば円定期や投資(株、FXなり)で増やしちゃえ!!

2.リアル店舗で好きに使う(最低交換単位300P)
ライフ300P→dポイント1500P→dカードプリペイド 1500円
・期間限定のdポイント交換25%増量キャンペーン等を使うと超お得!!
・お買い物はdカードプリペイド+ドコモ口座キャッシュバックモール併用でさらにdポイントをゲッツ!!

3.ネットで使う(最低交換単位590P)
ライフ590P→Vプリカ 3000円
980P→5000円、1780P→1万円・・・14800P→10万円 と単位が大きい程お得

4.JCBギフト券に交換する
1000Pで5000円、1800Pで1万円・・・15000Pで10万円と 単位が大きい程お得


【おまけ2】誕生月チャージで輝く電子マネー(2016/12現在)
・WebMoney Card/au walletプリペイド ※ライフMaster限定
・SmartICOCA、Mobile suica
※例えばWebMoney Cardを制限一杯までチャージし、翌月利用分のポイント先取り!!
<<余りにも「派手」にやると、途上与信の頻度が増えますw>>

【おまけ3】L-mall活用術
・カメラのキタムラネットショップのように、店舗取寄&店舗決済でもOKなケースも
・ライフカード以外(デビットカード、他社クレカ)で決済してもL-mall経由のボーナスポイントのみ貰えるケースあり
<<保証外、Amazonは多分不可。 システム変更で不可になる可能性も>>
・L-mall + 三菱東京UFJ-VISA、 L-mall + 三菱東京UFJ銀行VISAデビットで成立

月間利用額
1〜5万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
旅行
その他
重視項目
ポイント・マイル
会員専用サイト

参考になった17人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
ポイント・マイル5
付帯サービス5
会員専用サイト4
申込手続き無評価
デザイン4
ステータス4
おこづかいザクザク!! 高還元カード
   

   

【デザイン】
好みは人ぞれぞれでしょうが、平カードのなかでは秀逸なデザインだと思います。
ブルーのベーシックカードは、オダギリジョーがCMで出てくるようになった頃の時期から、カッコ良くなりました。

新登場のブラックデザイン、なかなかいいですね。
ライフカードは既存カードからのブランド変更・カード種別の切り替えが一応出来るので、ライフインフォメーションセンターに聞いてみたところ、Web限定ブラックデザインのカードへは切り替えは出来ないとのこと。
ただ、今持ってるライフカードとは別に、新規に申し込んで2枚持ちされてはいかがですか? と提案されましたので、ライフカード一般カードの2枚持ちはOKみたいですよ。

【ステータス】
信販系プロパーカードですし、元々ライフの審査は「やや厳しめ」ではないでしょうか。
アイフル傘下に入ってから柔軟になったようですけど、それでも「3等級」「偏差値50〜55」程度と評されていますので、低属性の方は1〜2等級のカードでクレヒス磨いてから突撃された方が通りやすいかも知れませんね。

【ポイント】
通常1000円に対して1.0P付きますが、ライフの良いところは100円単位でも小数点のポイントが付くことです。
小数点ポイントもチリも積もればバカになりませんよ。

利用金額に応じて優遇されます。前年度50万円以上使うと、本年度はポイント1.5倍に優遇されます。
また、50万を超えると300Pのボーナスポイントが貰えます。
300Pのボーナスポイントも含めると年間50万使うと還元率はグっと上がります。
さらに前年度150万以上使うと、本年度はポイント2倍に優遇されますが、後述するL-Mallを賢く使えば150万も使わなくて、大変お得に利用できますよ。

利用金額にかかわらず、誕生月はポイント5倍なので、大きな買い物をするなら誕生月まで貯金しておきましょう。
L-Mall経由だと、Amazon、楽天市場・トラベルなどはポイント2倍、セブンネットは5倍、トレンドマイクロは16倍、お店によっては最大25倍になります。
例えば誕生月に、AmazonでL-Mall経由でポイント7倍になりますよ(1000円で7P)

Amazonも楽天も両方使うなら、楽天カードとAmazonカード所有するよりも、ライフカード1枚にまとめた方がおトクかもしれませんよ!!

「年間50万のハードル」ですが、月4.8万程度使うか、毎月の公共料金の支払いを可能な限り本カードにまとめ、Amazon、楽天などの買い物や、スーパー、コンビニ、ガソスタなど普段の利用もライフカードで決済すれば、普通の社会人であれば比較的簡単にクリア出来るハズの条件です。
(それでも足りそうに無いなら、車検、税金、年1回程度の大きな買い物とかなどをライフカードで決済しましょう)

ポイントは最大5年間有効で、マイル、楽天スーパーポイント、Vプリカ、Amazonギフト券などにも交換出来るのは嬉しいですね。
自分の場合、JCBギフト券(5千円分1000P、1万円分1800P)を年1回のペースでゲットしてます。
JCBギフト券に交換してしまえば期限気にせず「溜める」ことができます。
数年仕事になるでしょうが、JCBギフト券を数万円分溜めてしまえば、ちょっとした家電ぐらいはギフト券だけで買えちゃいますよ!!

参考までに、L-mall経由のボーナスポイントは、スペシャルステージのボーナスP倍率は加味されないようです
スペシャルステージ(1.5倍)の時、L-mall経由ポイント3倍のお店で1万円買い物すると35Pも貰えます。
・10P(通常P)+5P(ボーナスP)
・20P(L-mall経由のボーナスP)

【マイル】
自分は使いません。

【ウェブサービス】
現在の利用残高、利用可能額など、明細ごとのリボへの変更など、基本的な事は出来ます。
欲を言うなら、約定返済時に割賦(リボ・回数払い)の残債に対して増額/一括払い指定がWebで出来ると便利になると思います。
※もっとも、繰り上げ/一括返済時は、金利は日割り計算になりますから、約定返済まで待つよりも、1日でも早く振込で返済する方が有利な事は言うまでもありません。

【優遇サービス】
ポイントで書きましたが、利用金額に応じて還元率がアップします。年間50万以上が目安です。
殆ど使わない人は不満かも知れませんが、クレカでも銀行でもロイヤルカスタマーを優遇するのは当然のことです。
※年間50万なら、学生ならまだしも、年収200万以下の非正規雇用であっても、ライフ1枚に集中すれば難なくクリア出来る額のハズですよ。クレカが持てる継続収入があるお勤めの人ならね。

【総評】
通常の還元率は信販系カードとしては「普通」ですが、しっかり使って上げることでドンドンお得になるカードです。
Amazon、楽天両方使う人は、ライフ1枚にまとめてみてはいかがでしょう?

年間50万使えば、毎月の公共料金の支払いまでポイントアップするのですから、きちんと使ってあげれば「節約ツール」として大変有効です。

特にネットショッピングは出来るだけL-mall経由にすると、飛躍的にポイントのたまり具合が良くなります。
上手に「L-mall経由」ゆして、ポイントをしっかり溜めましょう。

月間利用額
1〜5万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
交通機関
旅行
重視項目
会員専用サイト

参考になった11

満足度4
ポイント・マイル5
付帯サービス5
会員専用サイト4
申込手続き無評価
デザイン4
ステータス4
使う程、還元率が上がる信販系カード

【デザイン】
好みは人ぞれぞれでしょうが、平カードのなかでは秀逸なデザインだと思います。
ブルーのベーシックカードは、オダギリジョーがCMで出てくるようになった頃の時期から、カッコ良くなりました。

【ステータス】
信販系プロパーカードですし、元々ライフの審査は「やや厳しめ」です。
普段使いとしてなら、「平リーマン」なら何処で出しても恥ずかしくない「平カード」カードでは?

アメックスセンチュリオン出そうが、楽天カード出そうが、実際お店の人がカードマニアでも無い限り気にしません。
ただし、夜のお店でチヤホヤされたいなら、アメックスセンチュリオン目指しましょう(笑)

【ポイント】
通常1000円に対して1.0P付きますが、ライフの良いところは100円単位でも小数点のポイントが付くことです。
小数点ポイントもチリも積もればバカになりませんよ。

利用金額に応じて優遇されます。前年度50万円以上使うと、本年度はポイント1.5倍に優遇されます。
また、50万を超えると300Pのボーナスポイントが貰えます。
300Pのボーナスポイントも含めると年間50万使うと還元率はグっと上がります。
さらに前年度150万以上使うと、本年度はポイント2倍に優遇されますが、後述するL-Mallを賢く使えば150万も使わなくて、大変お得に利用できますよ。

利用金額にかかわらず、誕生月はポイント5倍なので、大きな買い物をするなら誕生月まで貯金しておきましょう。
L-Mall経由だと、Amazon、楽天市場・トラベルなどはポイント2倍、セブンネットは5倍、トレンドマイクロは16倍、お店によっては最大25倍になります。
例えば誕生月に、AmazonでL-Mall経由でポイント7倍になりますよ(1000円で7P)

Amazonも楽天も両方使うなら、楽天カードとAmazonカード所有するよりも、ライフカード1枚にまとめた方がおトクかもしれませんよ!!

「年間50万のハードル」ですが、月4.8万程度使うか、毎月の公共料金の支払いを可能な限り本カードにまとめ、Amazon、楽天などの買い物や、スーパー、コンビニ、ガソスタなど普段の利用もライフカードで決済すれば、普通の社会人であれば比較的簡単にクリア出来るハズの条件です。
(それでも足りそうに無いなら、車検、税金、年1回程度の大きな買い物とかなどをライフカードで決済しましょう)

ポイントは最大5年間有効で、マイル、楽天スーパーポイント、Vプリカ、Amazonギフト券などにも交換出来るのは嬉しいですね。
自分の場合、JCBギフト券(5千円分1000P、1万円分1800P)を年1回のペースでゲットしてます。

【マイル】
自分は使いません。

【ウェブサービス】
現在の利用残高、利用可能額など、明細ごとのリボへの変更など、基本的な事は出来ます。
欲を言うなら、約定返済時に割賦(リボ・回数払い)の残債に対して増額/一括払い指定がWebで出来ると便利になると思います。
※もっとも、繰り上げ/一括返済時は、金利は日割り計算になりますから、約定返済まで待つよりも、1日でも早く振込で返済する方が有利な事は言うまでもありません。

【優遇サービス】
ポイントで書きましたが、利用金額に応じて還元率がアップします。年間50万以上が目安です。
殆ど使わない人は不満かも知れませんが、クレカでも銀行でもロイヤルカスタマーを優遇するのは当然のことです。
※年間50万なら、学生ならまだしも、年収200万以下の非正規雇用であっても、ライフ1枚に集中すれば難なくクリア出来る額のハズですよ。クレカが持てる継続収入があるお勤めの人ならね。

【総評】
通常の還元率は信販系カードとしては「普通」ですが、しっかり使って上げることでドンドンお得になるカードです。
Amazon、楽天両方使う人は、ライフ1枚にまとめてみてはいかがでしょう?

年間50万使えば、毎月の公共料金の支払いまでポイントアップするのですから、きちんと使ってあげれば「節約ツール」として大変有効です。


【参考】ライフカードの難易度
クレカの取得難易度は一般的に、銀行・独立系 > 信販系 > 流通・交通・石油系 > 消費者金融系と言われています。
アイフル合併吸収前は4等級・偏差値58、現在は3等級・偏差値55程度と言われています。

アイフル傘下になってから、消費者金融系カードと評する解説サイトもあります。
アコムACマスターカードのように「サラ金カード」として毛嫌いされている方も実際いらっしゃるようです。
しかし、アイフル傘下になってから、審査が柔軟になってきたようですが、楽天カードとか、家電量販店の提携カードよりも審査は厳しめのようですので、低属性の方はなめてかかると「瞬殺」喰らう可能性があるかもしれません。
非正規雇用の方でも真面目に「スコアリング対策」や「身辺整理」をすれば、「瞬殺」どころか、下手な正規雇用の人より多い初期与信枠を貰える事もあるようです。

・他社債務(割賦残高)をゼロにする
・他社のクレカで非常に良好なクレヒスを築く(CICを開示すれば、$が2年分キレイに並び、AやPは一切無い綺麗なクレヒス)
・「支払可能見込額」を下回る総与信枠になるまで他社カードをリストラする
※ただし、一番クレヒスの長いカードは解約してはいけません!!
※ただし、信用情報に「A」や「P」が付いたカードはスグに解約してはいけません!!
(強制解約・更新拒否ににならない限り、「A」「P」付けてしまったから、最低2年間は延滞無くキレイに$マーク付けて「A」「P」を信用情報から押し出してから解約してチャレンジしましょう。)

高属性・高年収の方でも、他社で大きな与信枠があると「支払可能見込額」を越えた場合、審査に落ちる可能性があります。
「セゾン様」ほどではないようですが「使ってくれそうに無い」方は、いくら高属性・高年収の方でもバッサリ落とすケース、渋い枠しか貰えないケースがあります。信販系・流通系カードはそういうものです。

月間利用額
1〜5万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
交通機関
旅行
重視項目
会員専用サイト

参考になった0

満足度4
ポイント・マイル4
付帯サービス無評価
会員専用サイト4
申込手続き無評価
デザイン4
ステータス4
メインで使ってます

【デザイン】
人前で出しても恥ずかしくない、洗練されたデザインだと思います。

【ステータス】
人はどうか知りませんが、自分の属性的にはホールドできている事はちょっと自慢出来るかな?

ライフカードは、「旧ライフ→現ライフカード」系と「アイフル」系の2種類あります。
自分の場合、「旧ライフ」系なので、取得難易度は信販系プロパーカードでは高め。
ネット等では「4等級/偏差値57」程度と言われており、自分の属性にしては難易度高いカードです。
(提携カードで入会→提携解消でプロパーに招待という形だったのでホールドできたのでしょう)


【ポイント】
年間50万以上使うなら1.5倍ポイントになりますし(50万超えでボーナス300P)、
誕生月は5倍ポイントなので、毎月の固定維持費の支払いライフカードでの支払いにしておくと
対して買い物しなくてもザクザクとポイントが貯まりますよ。

【マイル】
使ってません。

【ウェブサービス】
便利ですが、以下のような事も利用出来ようになれば便利になると感じました。
・割賦利用残高に対しての増額払い
・割賦利用残高を次回約定返済で一括返済
・減枠の申請(C枠/S枠/割賦枠)
※繰り上げ返済に関してはWeb上で郵貯口座と連動して繰り上げ返済出来ます。

【優遇サービス】
平カードで期待していません。

【総評】
提携カード時代から含めると15年と一番長クレヒスの長いカードです。
毎月の固定維持費の支払いを本カードにまとめれば、ポイントがザクザクたまります。
デスクの対応も上品で丁寧で、年会費無料カードの中ではレベルが高いです。
(ただし約定返済が守れない「A」「P」沢山ある人にはどのような態度になるのかは知りません)

なお、キャッシングや割賦(リボ、分割、ボーナス1回)を利用したくない人はデスクに相談すると快く対応して貰えますよ。
ショッピング枠の極度額はそのままに、割賦枠だけゼロにする事もできます。

ただし、減枠するとカード会社は「今後使って貰えなくなるのでは?」と不安になりますので、減枠した後、特に割賦枠をゼロにした場合は、しっかりカードを使ってあげて下さい。
(一般的な話、年会費無料カードでは自ら減枠した上で、全然使わないと、更新見送りになる可能性もあります)

月間利用額
1〜5万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
交通機関
旅行
重視項目
会員専用サイト

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「ライフカード」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
改悪で良しと思える所なし、不正利用には不親切  1 2022年7月18日 15:23
ここは話にならない  2 2022年6月1日 17:22
良くも悪くもない、取り敢えずクレカ欲しいって人に  3 2022年3月27日 16:54
どこが魅力?  2 2022年3月16日 18:30
応対のレスポンスが悪い  1 2022年2月18日 13:15
ETCカードが維持費無料  3 2022年1月31日 04:04
カードの切り方が人生らしいよ  1 2021年12月13日 20:01
最低な会社  1 2021年10月4日 14:24
他のカードを検討しましょう  2 2021年9月25日 02:37
カード退会が不親切  1 2021年8月13日 12:05

ライフカードのレビューを見る(レビュアー数:108人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ライフカードのレビューを書く

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(クレジットカード)

ご注意