『かつて券面が美しかった。最強の一般人専用ステータスカード。』 JCBゴールド 呉基地さんのレビュー・評価

比較リスト(0件)

JCBゴールド

JCBゴールド
  • JCB

グルメ優待等ゴールドカードならではのサービスが付帯!JCBのゴールドカードです。

JCB一般カードの機能に加え、海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービス、グルメ優待サービスなどが利用できます。また、MyJチェックへの登録を済ませJCB海外加盟店で利用すると、自動的にポイントが2倍貯まります。2年連続で100万円以上利用すると「JCBゴールドザ・プレミア」や「JCBザ・クラス」への招待が受けられます。

年会費 11,000円(初年度無料) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%〜5.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
貯まるポイント Oki Dokiポイント 電子マネー機能 QUICPay
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

『かつて券面が美しかった。最強の一般人専用ステータスカード。』 呉基地さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

JCBゴールドのレビューを書く

呉基地さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:199人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

クレジットカード
4件
0件
スマートフォン
0件
2件
もっと見る
満足度1
ポイント・マイル3
付帯サービス4
会員専用サイト4
申込手続き3
デザイン1
ステータス4
かつて券面が美しかった。最強の一般人専用ステータスカード。

クレジットカードは券面が全て、サービスは何処の会社も頑張っていて遜色ない。だから新デザインで券面が改悪されたこのカードは評価5から評価1へ訂正させて頂きます。
※以下は旧枯山水デザインに対する評価。

【ポイント・マイル】
オキドキポイント自体は使いづらい。交換先は多岐に渡るがnanaco、スタバックス以外は変換率悪く損をする。nanacoで水道代をポイントのみで払える程度には還元してくれる。
基本還元率0.5%。(1000円で1ポイント、1ポイント5円の価値。月ごとの集計でポイント付与なので、最悪でも999円以上無駄になる事はない。)前年100万以上の利用で0.75%へ。(最大は0.8%、年100万の利用はゴールド・ザ・プレミアのインビテーション条件でもあり重要、かつプレミアで年100万利用なら情報管理費5000円が免除される)さらにリボ払いの利用で2倍になって何に使っても1.5%になる。myjcb経由で更にokidokiランドを経てAmazonに行けば更に3倍で4.5%還元になる。この辺素直に3倍にしてくれる。スターバックスなら10倍なので15%還元。サービスによっては最大20倍。基本は低いが使い込めば下手な高還元率カードを凌駕するポテンシャルを持つ。が、あくまでプロパーカードなので付帯サービスの良さがメイン。
リボにした場合は初回から日割りで手数料掛かるので、確定日より前にATMで繰り上げ返済必須。ここは凶悪。リボ地獄にハマっても自己責任で!その代わり、次年度から年会費が5000円になる。(リボ地獄なら気休めにもならない。ポイント2倍を生かす為、僅かに借金残して繰り上げ返済する事。電気、ガス、インターネット、携帯、食費。全てをこのカードで払えば年100万なんて簡単に超える。月8万3千円。むしろ100万で抑える方が難しい。頻繁にキャンペーンがあり、エントリーしておけば1万、2万の還元が普通に来る。誠実に履行してくれる。条件はあるがシンプルで解りやすい。
【付帯サービス】
このクラスのゴールドカードとしては破格。事前予約でJCB推奨店での食事は20%off。海外旅行の保障は最大1億円。ショッピングガード500万まで。専用デスクありで電話は待たされない。対応丁寧。
【会員専用サイト】
飛びぬけて優れる訳ではないが、シンプルで解りやすく不足なし。ipohneの指紋認証対応なのも良い。パスワード覚えなくて良いのは助かる。今の所、騙された!と感じた事の無い唯一のカード。jcbの誠実さは特筆。(リボもスライド式なので誠実)
【申込手続き】
キャッシング枠を希望したので、2週間以上掛かった。私は恐らく温情通過。普通の人なら1日での発行、送付もザラらしい。安定した職で年収300万以上ならまず通るらしい。
【デザイン】
素晴らしい。コレに惚れ込んで決めたと言っていい。ゴールドとゴールドザプレミアはため息が出るほど美しい。服部一成万歳。逆により上位のプラチナ、ザクラスはダサいと思う。インビテーション来ても断ろうと思うくらいカッコ悪い。ゴールドの券面が変更された場合は退会を検討する。私にとってクレカは券面が命。どのカード会社もサービスは頑張っている。気に入ったデザインならば万難を排してお得に利用して見せる。
【ステータス】
悪くは無いと思う。但しアメリカンエキスプレス、ダイナースほどのステータスは無い。
その分、年会費は得で、サービスは変わらない。上記のカードは日本ではJCBと提携していて、そのサービスに乗っかって居るだけなので実は変わらない。なによりそれらが足元にも及ばないレベルで券面が美しい。アメリカンエキスプレスは頑張っているとは思うが。ダイナースお前は駄目だ。とても歴史ある高級ブランドと思えん。(クレジットカード会社としては世界初、1950年からあったりする)
他人がどんなに評価してくれても、自分が美しいと思えないカードにステータスは無い。価値は自分が決める物。カードのステータスとは他人の目が気になる負け犬が気にするものだ。他人の評価なぞ気にするな。JCBゴールドの券面はこの世で最も美しい。太鼓判を打ってお勧めする。人もカードも大事なのはまず見栄えだ。・・・いや、人は内面も大事だが。このカードもサポート誠実よ?
【総評】
券面が美しい。伝えたい事の大半はコレで事足りると思う。補足すれば
使い込めば意外と還元率は高い。サービスはこのクラスのゴールドカードとしてはトップクラスで、コスパに優れる。素直で良質なサービス。良くある複雑怪奇なシステムで客を騙してやろうという自称高還元率カードとは一線を画する。プロパーカードとはこういった物だと行動で示している。

コンシェルジュ(秘書)サービスを恐らく使いこなせない一般人ならこのゴールド経由でゴールド・ザ・プレミアのインビテーション受けるのがクレジットカードのゴールと思う。ザ・プレミアの存在がjcbゴールドよりお得と思える三井住友ゴールド(jcbに若干劣るがほぼ同等のサービスとリボにすれば年会費4000円に出来る)を圧倒的に引き離す。年100万の利用を2年連続が条件。一応ゴールド扱いのプレミアはリボ払いによる年会費優遇が有効。これはコンシェルジュが無いだけのプラチナカードと言えるプレミアを5000円で維持できるという事。プレミア以上となるとリボにしても年会費の優遇は無い。年会費2万5千のプラチナ、5万のザ・クラスと比較して5千円の維持費は・・・圧倒的じゃないか我軍は!!(リボ地獄だけは回避してね?毎月『いつも心にATM』を忘れないで!オジサンとの約束だよ?)。プライオリティパス(全世界の空港ラウンジ利用可能、普通に買えば4万は下らない)は付随するし、jcb推奨店での食事は30%offに、2万程度のお店で食事すれば6000円値引き。どんな高還元率カードのポイントも勝てない。JCB Lounge 京都の利用も可能となる。正直、日本・・・否!世界最強の一般人向けステータスカードと断言する。富裕層向けのザ・クラスと一般人向けのザ・プレミアといった感じ。一般人の事もしっかりサービスするJCBプロパーカード。
一言で言えば、貴方に寄り添う誠実な美人。ええ、券面が最高に美しい。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
コンビニ
交通機関
旅行
その他
重視項目
付帯サービス
会員専用サイト
デザイン
ステータス

参考になった85人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
ポイント・マイル3
付帯サービス4
会員専用サイト4
申込手続き3
デザイン5
ステータス4
券面が美しい。最強の一般人専用ステータスカード。

【ポイント・マイル】
オキドキポイント自体は使いづらい。交換先は多岐に渡るがnanaco、スタバックス以外は変換率悪く損をする。nanacoで水道代をポイントのみで払える程度には還元してくれる。
基本還元率0.5%。(1000円で1ポイント、1ポイント5円の価値。月ごとの集計でポイント付与なので、最悪でも999円以上無駄になる事はない。)前年100万以上の利用で0.75%へ。(最大は0.8%、年100万の利用はゴールド・ザ・プレミアのインビテーション条件でもあり重要、かつプレミアで年100万利用なら情報管理費5000円が免除される)さらにリボ払いの利用で2倍になって何に使っても1.5%になる。myjcb経由で更にokidokiランドを経てAmazonに行けば更に3倍で4.5%還元になる。この辺素直に3倍にしてくれる。スターバックスなら10倍なので15%還元。サービスによっては最大20倍。基本は低いが使い込めば下手な高還元率カードを凌駕するポテンシャルを持つ。が、あくまでプロパーカードなので付帯サービスの良さがメイン。
リボにした場合は初回から日割りで手数料掛かるので、確定日より前にATMで繰り上げ返済必須。ここは凶悪。リボ地獄にハマっても自己責任で!その代わり、次年度から年会費が5000円になる。(リボ地獄なら気休めにもならない。ポイント2倍を生かす為、僅かに借金残して繰り上げ返済する事。電気、ガス、インターネット、携帯、食費。全てをこのカードで払えば年100万なんて簡単に超える。月8万3千円。むしろ100万で抑える方が難しい。頻繁にキャンペーンがあり、エントリーしておけば1万、2万の還元が普通に来る。誠実に履行してくれる。条件はあるがシンプルで解りやすい。
【付帯サービス】
このクラスのゴールドカードとしては破格。事前予約でJCB推奨店での食事は20%off。海外旅行の保障は最大1億円。ショッピングガード500万まで。専用デスクありで電話は待たされない。対応丁寧。
【会員専用サイト】
飛びぬけて優れる訳ではないが、シンプルで解りやすく不足なし。ipohneの指紋認証対応なのも良い。パスワード覚えなくて良いのは助かる。今の所、騙された!と感じた事の無い唯一のカード。jcbの誠実さは特筆。(リボもスライド式なので誠実)三井住友も良かったが。
【申込手続き】
キャッシング枠を希望したので、2週間以上掛かった。私は恐らく温情通過。普通の人なら1日での発行、送付もザラらしい。安定した職で年収300万以上ならまず通るらしい。
【デザイン】
素晴らしい。コレに惚れ込んで決めたと言っていい。ゴールドとゴールドザプレミアはため息が出るほど美しい。服部一成万歳。逆により上位のプレミア、ザクラスはダサいと思う。インビテーション来ても断ろうと思うくらいカッコ悪い。ゴールドの券面が変更された場合は退会を検討する。私にとってクレカは券面が命。どのカード会社もサービスは頑張っている。気に入ったデザインならば万難を排してお得に利用して見せる。
【ステータス】
悪くは無いと思う。但しアメリカンエキスプレス、ダイナースほどのステータスは無い。
その分、年会費は得で、サービスは変わらない。上記のカードは日本ではJCBと提携していて、そのサービスに乗っかって居るだけなので実は変わらない。なによりそれらが足元にも及ばないレベルで券面が美しい。アメリカンエキスプレスは頑張っているとは思うが。ダイナースお前は駄目だ。とても歴史ある高級ブランドと思えん。(クレジットカード会社としては世界初、1950年からあったりする)
他人がどんなに評価してくれても、自分が美しいと思えないカードにステータスは無い。価値は自分が決める物。カードのステータスとは他人の目が気になる負け犬が気にするものだ。他人の評価なぞ気にするな。JCBゴールドの券面はこの世で最も美しい。太鼓判を打ってお勧めする。人もカードも大事なのはまず見栄えだ。・・・いや、人は内面も大事だが。このカードもサポート誠実よ?
【総評】
券面が美しい。伝えたい事の大半はコレで事足りると思う。補足すれば
使い込めば意外と還元率は高い。サービスはこのクラスのゴールドカードとしてはトップクラスで、コスパに優れる。素直で良質なサービス。良くある複雑怪奇なシステムで客を騙してやろうという自称高還元率カードとは一線を画する。プロパーカードとはこういった物だと行動で示している。

コンシェルジュ(秘書)サービスを恐らく使いこなせない一般人ならこのゴールド経由でゴールド・ザ・プレミアのインビテーション受けるのがクレジットカードのゴールと思う。ザ・プレミアの存在がjcbゴールドよりお得と思える三井住友ゴールド(jcbに若干劣るがほぼ同等のサービスとリボにすれば年会費4000円に出来る)を圧倒的に引き離す。年100万の利用を2年連続が条件。一応ゴールド扱いのプレミアはリボ払いによる年会費優遇が有効。これはコンシェルジュが無いだけのプラチナカードと言えるプレミアを5000円で維持できるという事。プレミア以上となるとリボにしても年会費の優遇は無い。年会費2万5千のプラチナ、5万のザ・クラスと比較して5千円の維持費は・・・圧倒的じゃないか我軍は!!(リボ地獄だけは回避してね?毎月『いつも心にATM』を忘れないで!オジサンとの約束だよ?)。プライオリティパス(全世界の空港ラウンジ利用可能、普通に買えば4万は下らない)は付随するし、jcb推奨店での食事は30%offに、2万程度のお店で食事すれば6000円値引き。どんな高還元率カードのポイントも勝てない。JCB Lounge 京都の利用も可能となる。正直、日本・・・否!世界最強の一般人向けステータスカードと断言する。富裕層向けのザ・クラスと一般人向けのザ・プレミアといった感じ。一般人の事もしっかりサービスするJCBプロパーカード。
一言で言えば、貴方に寄り添う誠実な美人。ええ、券面が最高に美しい。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
コンビニ
交通機関
旅行
その他
重視項目
付帯サービス
会員専用サイト
デザイン
ステータス

参考になった57

満足度5
ポイント・マイル3
付帯サービス4
会員専用サイト4
申込手続き3
デザイン5
ステータス4
券面が美しい。コスパに優れる。

【ポイント・マイル】
オキドキポイント自体は使いづらい。交換先は多岐に渡るがnanaco、スタバックス以外は変換率悪く損をする。nanacoで水道代をポイントのみで払える程度には還元してくれる。
基本還元率0.5%。前年100万以上の利用で0.75%へ。(最大は0.8%)さらにリボ払いの利用で2倍になって何に使っても1.5%になる。myjcb経由で更にokidokiランドを経てAmazonに行けば更に3倍で4.5%還元になる。この辺素直に3倍にしてくれる。基本は低いが使い込めば下手な高還元率カードを凌駕するポテンシャルを持つ。が、あくまでプロパーカードなので付帯サービスの良さがメイン。
リボにした場合は初回から日割りで手数料掛かるので、確定日より前にATMで繰り上げ返済必須。ここは凶悪。リボ地獄にハマっても自己責任で!その代わり、次年度から年会費が5000円になる。(リボ地獄なら気休めにもならない。ポイント2倍を生かす為、僅かに借金残して繰り上げ返済する事。)電気、ガス、インターネット、携帯、食費。全てをこのカードで払えば年100万なんて簡単に超える。月8万3千円。むしろ100万で抑える方が難しい。頻繁にキャンペーンがあり、エントリーしておけば1万、2万の還元が普通に来る。誠実に履行してくれる。条件はあるがシンプルで解りやすい。
【付帯サービス】
このクラスのゴールドカードとしては破格。事前予約でJCB推奨店での食事は20%off。海外旅行の保障は最大1億円。ショッピングガード500万まで。専用デスクありで電話は待たされない。対応丁寧。
【会員専用サイト】
飛びぬけて優れる訳ではないが、シンプルで解りやすく不足なし。ipohneの指紋認証対応なのも良い。パスワード覚えなくて良いのは助かる。今の所、騙された!と感じた事の無い唯一のカード。jcbの誠実さは特筆。(リボもスライド式なので誠実)三井住友も良かったが。
【申込手続き】
キャッシング枠を希望したので、2週間以上掛かった。私は恐らく温情通過。普通の人なら1日での発行、送付もザラらしい。安定した職で年収300万以上ならまず通るらしい。
【デザイン】
素晴らしい。コレに惚れ込んで決めたと言っていい。ゴールドとゴールドザプレミアはため息が出るほど美しい。服部一成万歳。逆により上位のプレミア、ザクラスはダサいと思う。インビテーション来ても断ろうと思うくらいカッコ悪い。ゴールドの券面が変更された場合は退会を検討する。私にとってクレカは券面が命。どのカード会社もサービスは頑張っている。気に入ったデザインならば万難を排してお得に利用して見せる。
【ステータス】
悪くは無いと思う。但しアメリカンエキスプレス、ダイナースほどのステータスは無い。
その分、年会費は得で、サービスは変わらない。上記のカードは日本ではJCBと提携していて、そのサービスに乗っかって居るだけなので実は変わらない。なによりそれらが足元にも及ばないレベルで券面が美しい。アメリカンエキスプレスは頑張っているとは思うが。ダイナースお前は駄目だ。とても歴史ある高級ブランドと思えん。(クレジットカード会社としては世界初、1950年からあったりする)
他人がどんなに評価してくれても、自分が美しいと思えないカードにステータスは無い。価値は自分が決める物。カードのステータスとは他人の目が気になる負け犬が気にするものだ。他人の評価なぞ気にするな。JCBゴールドの券面はこの世で最も美しい。太鼓判を打ってお勧めする。人もカードも大事なのはまず見栄えだ。・・・いや、人は内面も大事だが。このカードもサポート誠実よ?
【総評】
券面が美しい。伝えたい事の大半はコレで事足りると思う。補足すれば
使い込めば意外と還元率は高い。サービスはこのクラスのゴールドカードとしてはトップクラスで、コスパに優れる。素直で良質なサービス。良くある複雑怪奇なシステムで客を騙してやろうという自称高還元率カードとは一線を画する。プロパーカードとはこういった物だと行動で示している。
一言で言えば、誠実な美人。ええ、券面が最高に美しい。

月間利用額
10〜50万円
主な利用シーン
ネットショッピング
スーパー
コンビニ
交通機関
旅行
その他
重視項目
付帯サービス
会員専用サイト
デザイン
ステータス

参考になった9

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

JCBゴールドのレビューを書く

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(クレジットカード)

ご注意