『GMOクリック証券、楽天証券、IG証券、CFD取引の比較・感想』 GMOクリック証券 tsuyoshi2020さんのレビュー・評価

GMOクリック証券

GMOクリック証券 GMOクリック証券
1約定あたり手数料(国内株式/現物取引)
100(約定代金20万円の場合) 詳細を見る

GMOクリックグループ内で運営し、大幅にコスト削減しているため、業界最安値水準の手数料を実現しています。各金融商品の取引をひとつのID・パスワードで一元管理でき、利便性が高いのも特徴です。また、スマートフォンに対応した高機能な取引ツールが豊富にあり、無料で活用できます。

詳細を見る
取扱商品
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • FX
  • 先物
  • ワラント(未対応)
  • NISA
  • IPO(未対応)
  • GMOクリック証券の手数料
  • GMOクリック証券のキャンペーン・特典
  • GMOクリック証券の詳細情報
  • GMOクリック証券の特徴[PR]
  • GMOクリック証券のレビュー
  • GMOクリック証券の掲示板

『GMOクリック証券、楽天証券、IG証券、CFD取引の比較・感想』 tsuyoshi2020さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

GMOクリック証券のレビューを書く

tsuyoshi2020さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

証券会社
4件
0件
ノートパソコン
0件
2件
タブレットPC
0件
2件
もっと見る
満足度5
手数料無評価
信用取引条件無評価
注文方法無評価
対応チャネル無評価
情報サービス無評価
取扱商品無評価
サポート無評価
IPO無評価
GMOクリック証券、楽天証券、IG証券、CFD取引の比較・感想

GMOクリック証券、楽天証券、IG証券で、NASDAQ100、S&P500などの株価指数CFD取引をおこなっており、それぞれ感想を申し上げます。

まず、CFD取引は買いからも、売りからも取引でき、レバレッジが掛けられ、さらに平日はほぼ24時間取引できることがよいですね。
急騰や、急落する傾向がみえる場合に、マーケットが開くまえに、買い付けたり、売り抜けたりができます!
また、CFD取引では、基本的には、取引終了後、即時売買代金の受け渡しとなり、証券会社によりますが、銀行の普通口座へ、即時出金が可能です。

米国株やETFの現物取引だと、ベア型のETFは例外として、売りから取引できないこと、レバレッジ型のETFは例外として、レバレッジが掛けられないこと、日本円として、銀行の普通口座へ出金させるにしろ、もしくは米国ドルとして、銀行の外貨口座に出金させるにしろ、処理に時間がかかります。

=レバレッジ=

GMOクリック証券、楽天証券、IG証券ともに、10倍のレバレッジが掛けられますね。

=価格調整額・ファンディングコスト=

GMOクリック証券は、3か月ごとに価格調整額、楽天証券は、日ごとに価格調整額、IG証券は、日ごとにファンディングコストがかかります。

=取引時間=

米国にて夏時間採用時で考えると、GMOクリック証券は、07時から翌日05時15分まで、楽天証券は、07時から翌日05時55分まで、IG証券は、24時間取引が可能、ただし、月曜日の07時から取引開始で、土曜日の07時に取引終了です。

=即時入金・即時出金=

どの証券会社も即時入金には対応してますが、GMOクリック証券は証券コネクト口座で、GMOあおぞらネット銀行の普通口座へ即時出金が可能、楽天証券はマネーブリッジで、楽天銀行の普通口座へ即時出金が可能、IG証券は即時出金に対応していません。

SBI証券の米国ETFの現物取引で、米国ドルにて売り終了後、米国ドルの受け渡し、住信SBIネット銀行の外貨普通口座への米国ドルの出金、外貨普通口座から円普通口座への日本円の振替、そしてIG証券での即時入金まで、3日近くかかったことがあり、個人的にはけっこう気にしています。
即時出金ができるってことは、ATMですぐに引き落としができますしね。

=その他=

GMOクリック証券は、はっちゅう君CFDというプラットフォーム、PlatinumチャートCFDというチャートがあるのですが、とてもつかいやすいのがいいですね。

楽天証券は、CFD取引については、MetaTrader 4 (MT4)というプラットフォームをつかい、MT4独自のログインID・パスワードを入力し、取引をおこないます。MT4は世界中のトレーダーが利用しているプラットフォームで、様々なツールがあり、つかいこなすのに一苦労ですが、自動売買ができるプログラムなどもあり、個人的にはけっこうはまってます。
似たようなので、海外先物取引があるのですが、こちらは取引手数料が高いですね。

=感想=

GMOクリック証券は、銘柄数もそこそこあり、3か月ごとに価格調整額がかかるのみ、はっちゅう君CFD、PlatinumチャートCFDはつかいやすいこともあり、はじめてCFD取引をするひとに向いていると思います。

楽天証券は、銘柄数が少なく、日ごとに価格調整額がかかるものの、MT4をつかいこなせるひとには、とてもよいと思います。それと、CFD取引では、楽天ポイントをつかえたり、ためたりはできないものの、日本株・ETFの現物取引と信用取引、米国株・ETFの現物取引、あと投資信託で、楽天ポイントをつかたえたり、ためたりできるのが、この証券会社のいいところですね。

IG証券は、日ごとにファンディングコストがかかり、即時出金ができませんが、株価指数CFD、商品CFDともに銘柄数が多いのがよいですね。パラジウムとか、小麦なんかもCFD取引ができます。

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
手数料無評価
信用取引条件無評価
注文方法無評価
対応チャネル無評価
情報サービス無評価
取扱商品無評価
サポート無評価
IPO無評価
GMOクリック証券、楽天証券、IG証券、CFD取引の比較・感想

GMOクリック証券、楽天証券、IG証券で、NASDAQ100、S&P500などの株価指数CFD取引をおこなっており、それぞれ感想を申し上げます。

まず、CFD取引は買いからも、売りからも取引でき、レバレッジが掛けられ、さらに平日はほぼ24時間取引できることがよいですね。
急騰や、急落する傾向がみえる場合に、マーケットが開くまえに、買い付けたり、売り抜けたりができます!
米国株やETFの現物取引だと、ベア型のETFは例外として、売りから取引できないこと、レバレッジ型のETFは例外として、レバレッジが掛けられないこと、日本円として、銀行の普通口座へ出金させるにしろ、もしくは米国ドルとして、銀行の外貨口座に出金させるにしろ、処理に時間がかかり、そのあいだに、取引したいと思ってもできず、個人的に失敗したこともあり、私にはCFD取引しかないと思ってます。

=レバレッジ=

GMOクリック証券、楽天証券、IG証券ともに、10倍のレバレッジが掛けられますね。

=価格調整額・ファンディングコスト=

GMOクリック証券は、3か月ごとに価格調整額、楽天証券は、日ごとに価格調整額、IG証券は、日ごとにファンディングコストがかかります。

=取引時間=

米国にて夏時間採用時で考えると、GMOクリック証券は、07時から翌日05時15分まで、楽天証券は、07時から翌日05時55分まで、IG証券は、24時間取引が可能、ただし、月曜日の07時から取引開始で、土曜日の07時に取引終了です。

=即時入金・即時出金=

どの証券会社も即時入金には対応してますが、GMOクリック証券は証券コネクト口座で、GMOあおぞらネット銀行の普通口座へ即時出金が可能、楽天証券はマネーブリッジで、楽天銀行の普通口座へ即時出金が可能、IG証券は即時出金に対応していません。

SBI証券の米国ETFの現物取引で、米国ドルにて売り終了後、米国ドルの受け渡し、住信SBIネット銀行の外貨普通口座への米国ドルの出金、外貨普通口座から円普通口座への日本円の振替、そしてIG証券での即時入金まで、3日近くかかったことがあり、個人的にはけっこう気にしています。
即時出金ができるってことは、ATMですぐに引き落としができますしね。

=その他=

GMOクリック証券は、はっちゅう君CFDというプラットフォーム、PlatinumチャートCFDというチャートがあるのですが、とてもつかいやすいのがいいですね。

楽天証券は、CFD取引については、MetaTrader 4 (MT4)というプラットフォームをつかい、MT4独自のログインID・パスワードを入力し、取引をおこないます。MT4は世界中のトレーダーが利用しているプラットフォームで、様々なツールがあり、つかいこなすのに一苦労ですが、自動売買ができるプログラムなどもあり、個人的にはけっこうはまってます。
似たようなので、海外先物取引があるのですが、こちらは取引手数料が高いですね。

=感想=

GMOクリック証券は、銘柄数もそこそこあり、3か月ごとに価格調整額がかかるのみ、はっちゅう君CFD、PlatinumチャートCFDはつかいやすいこともあり、はじめてCFD取引をするひとに向いていると思います。

楽天証券は、銘柄数が少なく、日ごとに価格調整額がかかるものの、MT4をつかいこなせるひとには、とてもよいと思います。それと、CFD取引では、楽天ポイントをつかえたり、ためたりはできないものの、日本株・ETFの現物取引と信用取引、米国株・ETFの現物取引、あと投資信託で、楽天ポイントをつかたえたり、ためたりできるのが、この証券会社のいいところですね。

IG証券は、日ごとにファンディングコストがかかり、即時出金ができませんが、株価指数CFD、商品CFDともに銘柄数が多いのがよいですね。パラジウムとか、小麦なんかもCFD取引ができます。

参考になった1

満足度5
手数料無評価
信用取引条件無評価
注文方法無評価
対応チャネル無評価
情報サービス無評価
取扱商品無評価
サポート無評価
IPO無評価
GMOクリック証券、楽天証券、IG証券、CFD取引の比較・感想

GMOクリック証券、楽天証券、IG証券で、NASDAQ100、S&P500などの株価指数CFD取引をおこなっており、それぞれ感想を申し上げます。

まず、CFD取引は買いからも、売りからも取引でき、レバレッジが掛けられ、さらに平日はほぼ24時間取引できることがよいですね。
急騰や、急落する傾向がみえる場合に、マーケットが開くまえに、買い付けたり、売り抜けたりができます!
米国株やETFの現物取引だと、ベア型のETFは例外として、売りから取引できないこと、レバレッジ型のETFは例外として、レバレッジが掛けられないこと、日本円として、銀行の普通口座へ出金させるにしろ、もしくは米国ドルとして、銀行の外貨口座に出金させるにしろ、処理に時間がかかり、そのあいだに、取引したいと思ってもできず、個人的に失敗したこともあり、私にはCFD取引しかないと思ってます。

=レバレッジ=

GMOクリック証券、楽天証券、IG証券ともに、10倍のレバレッジが掛けられますね。

=価格調整額・ファンディングコスト=

GMOクリック証券は、3か月ごとに価格調整額、楽天証券は、日ごとに価格調整額、IG証券は、日ごとにファンディングコストがかかります。

=取引時間=

米国にて夏時間採用時で考えると、GMOクリック証券は、07時から翌日05時15分まで、楽天証券は、07時から翌日05時55分まで、IG証券は、24時間取引が可能、ただし、月曜日の07時から取引開始で、土曜日の07時に取引終了です。

=即時入金・即時出金=

どの証券会社も即時入金には対応してますが、GMOクリック証券は証券コネクト口座で、GMOあおぞらネット銀行の普通口座へ即時出金が可能、楽天証券はマネーブリッジで、楽天銀行の普通口座へ即時出金が可能、IG証券は即時出金に対応していません。

SBI証券の米国ETFの現物取引で、米国ドルにて売り終了後、米国ドルの受け渡し、住信SBIネット銀行の外貨普通口座への米国ドルの出金、外貨普通口座から円普通口座への日本円の振替、そしてIG証券での即時入金まで、3日近くかかったことがあり、個人的にはけっこう気にしています。
即時出金ができるってことは、ATMですぐに引き落としができますしね。

=その他=

GMOクリック証券は、はっちゅう君CFDというプラットフォーム、PlatinumチャートCFDというチャートがあるのですが、とてもつかいやすいのがいいですね。

楽天証券は、CFD取引については、MetaTrader 4 (MT4)というプラットフォームをつかい、MT4独自のログインID・パスワードを入力し、取引をおこないます。MT4は世界中のトレーダーが利用しているプラットフォームで、様々なツールがあり、つかいこなすのに一苦労ですが、自動売買ができるプログラムなどもあり、個人的にはけっこうはまってます。
似たようなので、海外先物取引があるのですが、こちらは取引手数料が高いですね。

IG証券は、気になるのが、日本時間の午前0時に、日足チャートの日付が変わるので、米国時間にあわせた、ほかの日足チャートと見え方が違うのが気になるし、錯覚しそうになるのが、ちょっと嫌ですね。

=感想=

GMOクリック証券は、銘柄数もそこそこあり、3か月ごとに価格調整額がかかるのみ、はっちゅう君CFD、PlatinumチャートCFDはつかいやすいこともあり、はじめてCFD取引をするひとに向いていると思います。

楽天証券は、銘柄数が少なく、日ごとに価格調整額がかかるものの、MT4をつかいこなせるひとには、とてもよいと思います。それと、CFD取引では、楽天ポイントをつかえたり、ためたりはできないものの、日本株・ETFの現物取引と信用取引、米国株・ETFの現物取引、あと投資信託で、楽天ポイントをつかたえたり、ためたりできるのが、この証券会社のいいところですね。

IG証券は、日ごとにファンディングコストがかかり、即時出金ができませんが、株価指数CFD、商品CFDともに銘柄数が多いのがよいですね。パラジウムとか、小麦なんかもCFD取引ができます。

参考になった0

満足度5
手数料無評価
信用取引条件無評価
注文方法無評価
対応チャネル無評価
情報サービス無評価
取扱商品無評価
サポート無評価
IPO無評価
GMOクリック証券、楽天証券、IG証券、CFD取引の比較・感想

GMOクリック証券、楽天証券、IG証券で、NASDAQ100、S&P500などの株価指数CFD取引をおこなっており、それぞれ感想を申し上げます。

まず、CFD取引は買いからも、売りからも取引でき、レバレッジが掛けられ、さらに平日はほぼ24時間取引できることがよいですね。
急騰や、急落する傾向がみえる場合に、マーケットが開くまえに、買い付けたり、売り抜けたりができます!
特にヨーロッパの投資家がうごきだす、日本時間16時、17時あたりの値動きをみてれば、だいたいその日のマーケットの値動きがわかります。7勝3敗ぐらいでいけますね!
米国株やETFの現物取引だと、ベア型のETFは例外として、売りから取引できないこと、レバレッジ型のETFは例外として、レバレッジが掛けられないこと、日本円として、銀行の普通口座へ出金させるにしろ、もしくは米国ドルとして、銀行の外貨口座に出金させるにしろ、処理に時間がかかることもあり、私にはCFD取引しかないと思ってます。

=レバレッジ=

GMOクリック証券、楽天証券、IG証券ともに、10倍のレバレッジが掛けられますね。

=価格調整額・ファンディングコスト=

GMOクリック証券は、3か月ごとに価格調整額、楽天証券は、日ごとに価格調整額、IG証券は、日ごとにファンディングコストがかかります。

=取引時間=

米国にて夏時間採用時で考えると、GMOクリック証券は、07時から翌日05時15分まで、楽天証券は、07時から翌日05時55分まで、IG証券は、24時間取引が可能、ただし、月曜日の07時から取引開始で、土曜日の07時に取引終了です。

=即時入金・即時出金=

どの証券会社も即時入金には対応してますが、GMOクリック証券は証券コネクト口座で、GMOあおぞらネット銀行の普通口座へ即時出金が可能、楽天証券はマネーブリッジで、楽天銀行の普通口座へ即時出金が可能、IG証券は即時出金に対応していません。

SBI証券の米国ETFの現物取引で、米国ドルにて売り終了後、米国ドルの受け渡し、住信SBIネット銀行の外貨普通口座への米国ドルの出金、外貨普通口座から円普通口座への日本円の振替、そしてIG証券での即時入金まで、3日近くかかったことがあり、個人的にはけっこう気にしています。
即時出金ができるってことは、ATMですぐに引き落としができますしね。

=その他=

GMOクリック証券は、はっちゅう君CFDというプラットフォーム、PlatinumチャートCFDというチャートをつかってますが、とてもつかいやすく、個人的には気に入ってますね。

楽天証券は、CFD取引については、MetaTrader 4 (MT4)というプラットフォームをつかい、MT4独自のログインID・パスワードを入力し、取引をおこなうのですが、多機能であるがゆえのわかりづらさ、つかいづらさがあり、また画面表示も見にくく、個人的には敬遠してます。
証券口座に、申し訳ない程度に、CFD取引を追加した感じですね。
似たようなので、海外先物取引があるのですが、これは取引手数料が高いですね。

IG証券は、気になるのが、日本時間の午前0時に、日足チャートの日付が変わるので、米国時間にあわせた、ほかの日足チャートと見え方が違うのが気になるし、錯覚しそうになるのが、ちょっと嫌ですね。

=感想=

GMOクリック証券は、銘柄数もそこそこあり、3か月ごとに価格調整額がかかるのみ、はっちゅう君CFD、PlatinumチャートCFDはつかいやすいこともあり、CFD取引については、この3社の中では、一番よいと思ってます。

楽天証券は、銘柄数が少なく、日ごとに価格調整額がかかり、MT4はつかいづらいということで、正直、デメリットばかりが目立ちますが、日本株・ETFの現物取引と信用取引、米国株・ETFの現物取引、あと投資信託だと、楽天ポイントがつかえたり、ためたりできるのがメリットですね。

IG証券は、日ごとにファンディングコストがかかり、即時出金ができませんが、株価指数CFD、商品CFDともに銘柄数が多いのがメリットですね。パラジウムとか、小麦なんかもCFD取引ができます。

参考になった0

「GMOクリック証券」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

GMOクリック証券のレビューを書く

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(証券会社)

ご注意