> > > > CB400 スーパーフォア
ユーザーレビュー > バイク > バイク(本体) > ホンダ > CB400 スーパーフォア

『円熟の極み』 FS372さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CB400 スーパーフォアのレビューを書く

FS372さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:366人
  • ファン数:0人
満足度4
デザイン5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
取り回し5
燃費5
価格3
円熟の極み

   

   

2019年式CB400SF HYPER VTEC Revoの試乗インプレションになります。
過去にNC39(HYPER VTECの初期型)を所有していました。

【デザイン】
伝統ある2眼メーター、丸目一灯、ツインショックはいまでもかっこいいと思います。ヘッドライト、テールランプも電球からLED化されました。
【エンジン性能】
Revoもマイナーチェンジを受け、53馬力から56馬力へ上がったようですが、体感ではわかりません。エンジンフィーリングは直列6気筒のようになめらかに回り、振動が少ないです。HYPER VTECに入ると音が変わり、元気よく加速します。マフラーは音量が社外スリップオン並みに出るようになり、音質も低音で格好良くなったため、社外品に換える必要はないかもしれません。
【走行性能】
2バルブと4バルブをうまく使い分けていけば、快適に走ることができると思います。高速道路で6速巡航から追い越しをするとき、2バルブ状態だと緩やかな加速で一つ下のギアに落とす場面がありました。5速30キロでもエンジンはガクつくことがないことから、低速トルクもあります。クラッチレバーは400CCクラスでは標準的な堅さですが、カワサキ車のアシスト&スリッパークラッチに比べると重いです。
【乗り心地】
サスペンションは柔らかく乗り心地が良いです。コーナーでは体を入れるとバイクのほうから曲がっていく不思議な感じがしました。旋回性はかなり高いと思われます。シートも適度なクッション性があるため、260キロ乗ってもそれほどお尻が痛くなることはありませんでした。
【装備】
ヘルメットホルダーの形状が鍵穴が下側、フックが上側にあるため、ヘルメットをかけるのに一苦労し、解錠もヘルメットが邪魔して外しづらいです。形状を変更してもらいたいものです。クラッチレバーもアジャスタータイプではないので手の小さい人は社外品へ変更の必要があるかも。メーターは外気温やトリップA.Bとありましたが、水温計はついていないように見えました。デジタルの燃料計は正確です。さすがホンダさん!シート下の荷物収納はETCとツーリングネットでいっぱいな感じです。コンビニのおにぎりなら6つくらい入りそうです。
【取り回し】
201キロなので、取り回しは楽な部類です。
【燃費】
260キロ走行、高速4割、一般道6割で26.7km/l
【価格】
黒色CB400SF HYPER VTEC 3が税抜き63万円、黒色Revoが税抜き80万4千円。環境対応のため、インジェクション化や排ガス浄化性能向上が行われ、原材料費の高騰も重なり、値上がりせざるを得ないのは承知ですが、高くなったなぁという印象を受けます。キャブ車のCB400の仕上がりが非常に良かったため、余計にそう思えるのかもしれません。
【総評】
90年代各メーカーからは400CCの4気筒ネイキッドモデルが発売されていましたが、今ではCB400SFを残すのみ。2020年代まで改良を重ねがながらも4気筒車を作り続けたきたホンダさんに拍手を送りたいです。まさに円熟の極みというべきバイクですが、アシスト&スリッパークラッチやアジャストクラッチレバーなどが装備面で追加されていけば、さらに良いバイクになることでしょう。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

CB400 スーパーフォアのレビューを書く

この製品の価格帯を見る

CB400 スーパーフォア
ホンダ

CB400 スーパーフォア

新車価格帯:884400928400

CB400 スーパーフォアをお気に入り製品に追加する <221

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意