『公道では自制心を持って安全運転を』 風前の灯火さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CBR1000RRのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
0件
4件
バイク(本体)
3件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
取り回し3
燃費5
価格5
公道では自制心を持って安全運転を

SC57後期の07年式のEU逆車を中古で購入しました。
走行性能重視のため、車高ダウンやアンコ抜きはしていません。

【デザイン】
綺麗にまとめられたセンターアップマフラーはどの角度から見ても美しいです。
新車から十年も経っているので全体的に世代遅れ感は否めなくなってきているデザインですが、現行よりもどっしりとした雰囲気があるので非常に気に入っています。
タンクのボンキュッなデザインはニーグリップに貢献しているのかと思いきや、ブレーキング時にはガンガン滑ります。ズレます。
スポーツ走行時のポジション維持や、ツーリングでの疲労軽減でも滑り止めは必須。

【エンジン性能】
1000ccの分厚いトルクで低回転からとても扱いやすいですが、低回転でラフなアクセルコントロールをすると大きなドン突き感があります。
チェーン調整やハブダンパー交換をしても軽減こそすれど無くならないので恐らくバイクの特性なんでしょう。

高回転は官能的なほどに回りますし、一般道ではブン回すと免許を捨てるつもりで走るような速度が簡単に出ます。
ただ、高回転でも出力特性が穏やかな印象があり、タイトなコーナーに入ってもむしろ低回転で走っているよりも扱いやすさを感じられます。そういう意味では本当に怖いバイクです。バイクが「回してくれ」と言ってくるんですから。

中回転の特定回転数の辺りでゴリゴリとした感覚のエンジン振動があります。
SSという車種の特殊性から、メーカーが「そこを改善してロスするくらいなら性能を上げる」と判断したのだと勝手に思ってます。

【走行性能】
コーナーリング中に不意なパワースライドや異物を踏んで姿勢が乱れるようなことがあっても安心感があるくらいに懐の深い足回りですが、正直言って標準セッティングでは町乗りだとかなり固いです。
吊るしセッティングの足回りはかなり固く作られているのですが、セッティングなしで乗ってもある程度は気持ちよく乗れます。
ただし、町乗りや峠メインの方でタイヤチョイスに耐久性も考慮している人は全体的に緩める方向でセッティングするとさらに乗りやすくなりますので是非サスセッティングに挑戦してみてください。

【乗り心地】
前傾姿勢は割り切りと慣れと順応です。
少し走ったくらいでどこかが痛くなるなら、ライディングフォームが悪いか、そのフォームを保つための筋肉が足りていないです。
ただ、バイク自体がツーリングに向いていないというのは明らかですから、スポーツ走行に使用するつもりなく購入検討されているのでしたら、辛くても気にならないくらいこのバイクが欲しいかを今一度考えてみてください(笑
本当に好きならツーリングでも苦無く乗れるし順応できるでしょう。

足元が窮屈なので長時間乗ると足首が痛くなってきます。
エキゾーストの配管が右足のすぐそばを通っていますので半端な靴を履いて乗ると低温火傷しそうになります。
信号待ちでラジエターファンが回ると、カウルの構造上、ほぼライダー直撃の熱風に襲われます。

跨った時から分かる違いですが、センターアップマフラーで重心が上になってる分、車重では勝っているはずのSC59やSC77と比べても少し重たく感じます。

【取り回し】
乗り始める前はリッターSSという事で町乗りでの乗りやすさは諦めていましたが乗りやすく、狭い路地で方向転換する時に素直すぎるくらいセルフステアが効くのが驚きでした。
一速でフルロックUターンするような場面でも特に気にすることなく乗れます。
取りまわしでは軽さもあってとても楽で、慣れれば250ccを扱う感覚で取りまわすことが出来ます。

足つきは163cmの私では両足は全くつきません。片足ですらつま先立ちです。
左傾斜の路面に駐車する際や、跨りながらバックする時は本当に苦労しますが、それでもそういった特定条件以外では不便は感じませんし、足つきの悪さも慣れるとほとんど気にならないレベルになります。
一度慣れてしまえばアフリカツインなどのシート高の高い車種に跨らせてもらっても「乗れる」と思える余裕ができます。

【燃費】
正確に測った事はありませんが、長距離ツーリングに行った際のバイク仲間との給油量を比較すると、思っていたよりも燃費はいいようです。
ただ、回して走ると馬鹿のようにガソリンを消費していきます。

軽量化のデメリットですが、燃料メーターがありません。
残り少なくなると警告灯が点灯するだけ。
サーキットではそれでもいいんですが、夜中の高速道路を走っていて燃料警告灯が点灯した時の不安度といえば言い表せません。

【価格】
中古で車体価格80万。
こんなもんでしょう。

【総評】
慣れと割り切りさえ出来れば町乗りでもツーリングでもサーキットでも使えますし、それくらいの懐の深さがあるバイクです。
ただし、車体の特性上、自分にリミッターをかけないと度胸かネジの外れた頭さえあれば公道でも300km/hまで軽く出せてしまうので本当に危険です。
自分のため、家族のため、他の人のためにも自制心を持って乗りましょう。

使用目的
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「CBR1000RR」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
公道では自制心を持って安全運転を  4 2017年11月11日 22:43
SP購入(SC77)。初SSに最高!とにかく乗りやすい!  5 2017年10月13日 16:27
SS入門としては乗りやすいバイク  4 2017年9月5日 14:23
還暦前のリターンのためのSS  5 2015年11月1日 12:02
08 CBR1000RRの走行距離について  5 2014年10月4日 06:58
2009年モデル (トリコ・ED仕様)  4 2014年1月5日 21:04
初めてのSSで1万キロの印象  5 2013年9月20日 21:14
08’ファイヤーブレード EU  4 2013年3月19日 02:29
レプソル  4 2013年2月24日 21:33
SC59前期型  5 2012年10月3日 05:00

CBR1000RRのレビューを見る(レビュアー数:25人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

CBR1000RRのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

CBR1000RR
ホンダ

CBR1000RR

新車価格帯:20845002541000

CBR1000RRをお気に入り製品に追加する <76

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意