『生産中止を機にレビューします』 どえりゃーえーもんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

バンバン200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:107人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
0件
6件
電動自転車
0件
3件
ドライブレコーダー
1件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
取り回し5
燃費4
価格5
生産中止を機にレビューします

街中にすんなり溶け込む自然なデザインだと思います

ライトやメーターケースはキャブ時代の特別仕様車のパーツを流用しメッキ化

グリップは振動対策として社外品のアメリカン用

2014.9 外房ツーリング 当時、千葉県にはまだバイク乗り入れ可の砂浜がありました

2014.9 房総ツーリング 房総名物素掘りトンネル

林道がこうなっていてもバンバン200なら慌てずUターンできます

 車歴は1983年式RG250Γを最初に下はセピアZZから上はGSX1400までほとんどがスズキ車ばかり、以前はスズキ車ばかり5台とか所有していた自他共に認める「鈴菌感染者」です。かつて所有していたバンバン200が排ガス規制を機に2017年に生産中止となったので、記念?にレビューします。

【デザイン】
 唯一無二の超シンプルデザイン。「ファニーバイク」のジャンルに分類されがちですが、じっくり見ると意外と男前です。よくタンク容量が少ないことが欠点に挙げられますが、個人的には「これ以上大きなタンクを付けると、このスタイルは成立しない」と思っています。チェーンやボルト類にあからさまなコストダウンを感じますが、サイドカバーはきちんとしたスクリュー留め、右カバー内部には独立した書類入れがあるなど、全体的には昔ながらのお金が掛かった設計のオートバイという感じがします。
 トリップなし、燃料計なし、パッシングなし、ハザードなしのないない尽くしですが、バンバンはシンプルな生活スタイルを楽しむバイクです。ウインドシールドやリアキャリア、パニアケースなども追加すればツーリングには便利なのでしょうが、私はこのバイクには便利さを求めず、ツーリング装備として付加したのはETCぐらいでした。ツーリング時は車体に一切のバッグを積まず、リュックを背負っていました。

【エンジン性能】
 かつてDJEBEL200も所有していたので、このエンジンは二台目です。キャブレターからインジェクションに換装されたものの、エンジンフィールは昔のままです。回転の頭打ちは早く、決してトルクフルとも言えませんが、実用車のようにトコトコと粘り強く走ってくれます。
 他の方のレビューや口コミでも指摘されているように、エンスト癖のある個体が多いようです。残念ながら私のもそうであり、約2万km走行で手放すまでずっとエンストには悩まされ続け、何をしても直りませんでした。クラッチを切っての空走時だけでなく、発進時のクラッチミート直前でも「クシュン」とよく止まりました。再始動は容易なので立ち往生という経験はしていませんが、ライダーにとってはとても大きなストレスでした。

【走行性能】
 車両のコンセプトどおり、街、海、山どこでも生き生きと走ってくれました。ハンドル幅が広いですが、街中や高速道路のパーキングなどではちょっとしたスペースに駐輪できて使い勝手が良かったです。走る・曲がる・止まるのバランスがそれほど高くないレベルで取れており、気負いなく普段着で乗るには最適のバイクでした。
 馬力はカタログデータそのままです。回転上限まで引っ張ってシフトアップしていっても90km/hを超えると加速が極めて緩慢になり、高速道路では左側車線キープを強いられます。その速域だとグリップやステップへの微振動も多くなり、決して快適とは言えません。しかしエンジンより車体が勝っているため、高速に乗っても不思議と不安は感じませんでした。

【乗り心地】
 小さなバイクですが、つい遠くまで行きたくなる気分になるのは、やはり乗り心地が良かったことにあると思います。「柔らかいシートが乗り心地が良い」とは思わないのですが、バンバン200のシートは前席も後席もクッション性は秀逸でした。普段着で乗ってもお尻は痛くなりません。お尻だけでなく、首、肩、腰、手首など、一般的に長距離ツーリング時にダメージがありそうな箇所が一切なく、翌日に痛みや疲れを持ち越すことはありませんでした。

【取り回し】
 身長171cmで、両足が踵までべったり着いて膝も曲がります。跨がったままのバックも自転車並みに楽勝です。重心が低く、押し歩きも125ccスクーターより気軽なぐらいです。長身のライダーだと乗車時の膝の曲がりがきついと思われますが、基本的には老若男女どんな世代のどんな体格のライダーでも取り回しはし易いと思います。

【燃費】
 街乗り、ツーリング含めて30〜35q/L程度でした。エコラン等は意識していませんが、私の乗り方では40q/Lに届くことはなかったです。トリップメーターがないため、スマホアプリで燃費管理をして、給油時はメーター写真を撮ることが癖になっていましたが、慣れればそれで不便は感じなかったです。

【価格】
 生産中止になりましたが、程度の良い中古車や未使用車の安価な市場在庫が豊富にあるようです。2018年現在、キャブ車よりもFI車、さらに中古車よりも新車の方がお買い得だと思います。私のは2010モデルでしたが、EFI化された2008モデル以降は基本的にカラーチェンジしかなされていません。

【総評】
 最初はこのオートバイに特に強い思い入れがあったわけではなく、単に安いからという理由で足代わりとして購入したのですが、実際に所有してみると場所を選ばぬ高い走破性にすっかりはまってしまい、割合と短距離でコロコロ乗り換えるタイプなのですが2万km超まで所有していました。
 四輪も二輪も点検整備は基本ショップ任せで、オイル交換さえも自分でやらなくなってしまったのですが、このバイクだけは自分で整備していました。整備だけでなく、ドレスアップも含め「いじる楽しさ」を残した希有な存在だと思います。
 オーナーになったことですっかりバンバン200のファンになってしまったのですが、それでもトータルの満足度がそれほど高くないこと、また、他の方に積極的にお勧めできない理由は、やはり前述したエンスト癖に尽きます。2007年の排ガス対策当時、キャブからEFIに換装されエンスト癖が出たのはバンバン200だけではなかったのですが、生産中止になるまでリコールやサービスキャンペーンなどの対策がメーカー側でなされなかったことは極めて残念です。このエンスト癖さえなければメンテしながら今も乗り続けているか、カラーリング違いの新車に乗り換えていたと思うほど、私にとって思い入れの強いオートバイです。

使用目的
買い物
ツーリング
頻度
週1〜2回

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「バンバン200」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
生産中止を機にレビューします  3 2018年9月26日 23:24
下駄  4 2018年7月1日 06:36
4年ほど乗って他車へ乗り換えましたが  5 2018年4月26日 04:11
軽くて良いです。  4 2018年2月3日 19:13
意外と有りです。  4 2015年11月22日 20:18
初バイク!  5 2015年7月8日 03:30
普通に乗ることが楽しいと思わせてくれるバイク  5 2015年4月18日 13:18
2014年8月購入バンバン200ファットメタボマンのレビュー  5 2015年3月13日 20:46
等身大で乗れます  5 2014年10月6日 15:31
普段着的なバイク  5 2013年9月7日 17:23

バンバン200のレビューを見る(レビュアー数:24人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

バンバン200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

バンバン200
スズキ

バンバン200

新車価格帯:

バンバン200をお気に入り製品に追加する <40

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意