『今だからこそ乗りたい400ccツアラー。』 斑犬さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZZR400のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
1件
2件
レンズ
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し3
燃費3
価格3
今だからこそ乗りたい400ccツアラー。

【デザイン】
 台形の単眼ヘッドライトに、ちょっと丸っこい顔。前から見ると、ずんぐりとした車体から「これぞ90年代〜00年代初頭のツアラー」という感じがします。といっても、当時ツアラーという括りは明確には無かったので、ジャンルとしては400ccマルチのフルカウル"スポーツバイク"です。実際、後ろからの見た目は非常にスポーティーで引き締まって見え、グラマラスなタンクから二本のマフラーまで続く流麗なラインは、現行の新型バイクのデザインにも負けません。個人の好みではありますが、私は現行のNinjaよりも好きです。カッコイイだけでなく、"美しい"と感じられる数少ないバイクだと思います。

【エンジン性能】
 私のN11型は53psです。現行の400ccでは、ホンダCB400SF(同53ps)と同等ですね。ホンダほどではないですが、マルチらしい非常に滑らかなエンジンです。今では珍しくなった400cc 4気筒ですが、整備をきちんとしていれば今でも変な振動もなくレッドゾーンまで綺麗に吹け上がります。高速での追い越しで、パワーバンドにぶち込んで一気に加速する際の気持ちよさは最近流行りのパラツイン250などとはケタが違います。意外とトルクもあるのですが、車重もありますので、0スタートからの加速はもたつきます。

【走行性能】
 高速道路が好きになります。とにかく空力に優れているので、安定してブレないし、風もよく防いでくれる。合流車線で一気に回転数を上げると、2速でも気づけば100km/hに到達しています。5速に上げ、ピークトルク付近でアクセルを捻れば、他の車をいとも簡単に追い越せてしまいます。もちろんリッターやミドルに比べると、やはり53psというのはどこか物足りなさがあるのですが、その物足りなさが「使い切ってる感/使いこなせている感」を生み出します。日本の道路で、初心者でも割と安全にフル加速を楽しめるという点で逆に評価できると思います。
 ちなみに峠道に関しては、他の400ccスポーツバイクと比べるとちょっと遅いです。車重がありますし、センサーが低いのでバンクするとすぐに擦ってしまう。上手く曲げるのにはコツとバックステップキットが要りますね。とはいえタイヤ幅もあり、安定性があるのでちょっと路面の悪い峠だったりでも安心です。急な登坂も回転数をキープすればぐんぐん登りますよ。

【乗り心地】
 広いシート、柔らかいサス、振動の少ない滑らかなエンジン、大きなカウルによる高い風防、高い積載性能に、安定した車重、静かな排気。これほど乗り心地のいいバイクは400ccにはこれ以外に無いんじゃないでしょうか。タンデムのシートも最近は少ない一体型の幅広タイプ。彼女や友人を後ろに乗せると、安定しすぎていて居眠りしそうになる人も。

【取り回し】
 400ccにしては大きいので(というか600ccの車格なので)、初心者だと苦労するかもしれません。車検証によると装備重量で車重220kgです。私は神奈川の田舎に住んでるので日常の足として使っちゃってますが、都内に出ると扱いに困ります。原付きのように道端に停めるとかなり目立つので、駐輪には気を使います。あまり路地とかは入りたくないですね。

【燃費】
 リッター25kmぐらいです。調子に乗って吹かしていると20km切ります。5,6速で走行してれば30超えるかもしれませんが、マルチは回してなんぼですね。ちなみにエンジンのスペックを見る限り、ハイオクの方が合いそうです。

【価格】
 珍しいフルカウル400マルチということで中古価格があまり落ちない車種ですし、購入後も何かとお金がかかります。4気筒(単気筒エンジン4つ分のパーツ)ということもありますが、内部にアクセスしにくい構造なので、自分で整備できないと工賃が嵩むと思います。それゆえにエアクリーナーすら清掃/交換されていない車両も多く、中古で買って真面目に乗ろうとすると消耗品交換が多くなります。ちなみに私の買ったN11型は10年間もの間エアクリ清掃やタイヤ交換がされていませんでした。恐ろしいです。

【パーツ/改造】
 修理しようとした時に、パーツが無いということはまだありません。2016年現在、基本パーツはまだ純正品の供給があります。ロングセラーで元々数が多いバイクなので、中古部品もかなり出回ってます。何故かロシアで人気が高く、ヨーロッパメーカーからはまだ新品改造パーツやカウル互換品などが発売されており、あと10年ぐらいは乗れるかな、と思います。
 最近、カーボンのマフラーに交換したのですが、マルチの排気音と低音が合わさって、まるで大型SSの排気音みたいです。この音圧で駐輪場に入っていくと大型と勘違いされます。

【総評】
400ccで4気筒のフルカウルと考えると、これ以外に選択肢がほぼ無いですね。こだわりがあるのなら、非常にいいバイクです。4気筒が絶滅寸前のいま、まだ高年式が残っているうちに買っておきたいバイクです。

使用目的
通勤
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった30人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し3
燃費3
価格3
2014/9に購入。今だからこそ乗りたい400ccツアラー。
   

鎌倉で。長谷寺とZZR

   

【デザイン】
 台形の単眼ヘッドライトに、ちょっと丸っこい顔。前から見ると、ずんぐりとした車体から「これぞ90年代〜00年代初頭のツアラー」という感じがします。といっても、当時ツアラーという括りは明確には無かったので、ジャンルとしては400ccマルチのフルカウル"スポーツバイク"です。実際、後ろからの見た目は非常にスポーティーで引き締まって見え、グラマラスなタンクから二本のマフラーまで続く流麗なラインは、現行の新型バイクのデザインにも負けません。個人の好みではありますが、私は現行のNinjaよりも好きです。カッコイイだけでなく、"美しい"と感じられる数少ないバイクだと思います。

【エンジン性能】
 私のN11型は53psです。現行の400ccでは、ホンダCB400SF(同53ps)と同等ですね。ホンダほどではないですが、マルチらしい非常に滑らかなエンジンです。今では珍しくなった400cc 4気筒ですが、整備をきちんとしていれば今でも変な振動もなくレッドゾーンまで綺麗に吹け上がります。高速での追い越しで、パワーバンドにぶち込んで一気に加速する際の気持ちよさは最近流行りのパラツイン250などとはケタが違います。意外とトルクもあるのですが、車重もありますので、0スタートからの加速はもたつきます。

【走行性能】
 高速道路が好きになります。とにかく空力に優れているので、安定してブレないし、風もよく防いでくれる。合流車線で一気に回転数を上げると、2速でも気づけば100km/hに到達しています。5速に上げ、ピークトルク付近でアクセルを捻れば、他の車をいとも簡単に追い越せてしまいます。もちろんリッターやミドルに比べると、やはり53psというのはどこか物足りなさがあるのですが、その物足りなさが「使い切ってる感/使いこなせている感」を生み出します。日本の道路で、初心者でも割と安全にフル加速を楽しめるという点で逆に評価できると思います。
 ちなみに峠道に関しては、他の400ccスポーツバイクと比べるとちょっと遅いです。車重がありますし、センサーが低いのでバンクするとすぐに擦ってしまう。上手く曲げるのにはコツとバックステップキットが要りますね。とはいえタイヤ幅もあり、安定性があるのでちょっと路面の悪い峠だったりでも安心です。急な登坂も回転数をキープすればぐんぐん登りますよ。

【乗り心地】
 広いシート、柔らかいサス、振動の少ない滑らかなエンジン、大きなカウルによる高い風防、高い積載性能に、安定した車重、静かな排気。これほど乗り心地のいいバイクは400ccにはこれ以外に無いんじゃないでしょうか。タンデムのシートも最近は少ない一体型の幅広タイプ。彼女や友人を後ろに乗せると、安定しすぎていて居眠りしそうになる人も。

【取り回し】
 400ccにしては大きいので(というか600ccの車格なので)、初心者だと苦労するかもしれません。車検証によると装備重量で車重220kgです。私は神奈川の田舎に住んでるので日常の足として使っちゃってますが、都内に出ると扱いに困ります。原付きのように道端に停めるとかなり目立つので、駐輪には気を使います。あまり路地とかは入りたくないですね。

【燃費】
 リッター25kmぐらいです。調子に乗って吹かしていると20km切ります。トルクを生かして5,6速走行してれば30超えるかもしれませんが、マルチは回したくなっちゃうので、そんな燃費になることは無いと思います。ちなみにエンジンのスペックを見る限り、ハイオクの方が合いそうです。私はいつもエネオスでハイオク入れてます。今安いですからね(2015/3月)。

【価格】
 珍しいフルカウル400マルチということで中古価格があまり落ちない車種ですし、購入後も何かとお金がかかります。4気筒(単気筒エンジン4つ分のパーツ)ということもありますが、内部にアクセスしにくい構造なので、自分で整備できないと工賃が嵩むと思います。それゆえにエアクリーナーすら清掃/交換されていない車両も多く、中古で買って真面目に乗ろうとすると消耗品交換が多くなります。ちなみに私の買ったN11型は10年間もの間エアクリ清掃やタイヤ交換がされていませんでした。恐ろしいです。

【パーツ/改造】
 修理しようとした時に、パーツが無いということはまだありません。2015年3月現在、基本パーツはまだ純正品の供給があります。ロングセラーで元々数が多いバイクなので、中古部品もかなり出回ってます。何故かロシアで人気が高く、ヨーロッパメーカーからはまだ新品改造パーツやカウル互換品などが発売されており、あと10年ぐらいは乗れるかな、と思います。
 最近、カーボンのマフラーに交換したのですが、マルチの排気音と低音が合わさって、まるで大型SSの排気音みたいです。この音圧で駐輪場に入っていくと大型と勘違いされます。

【総評】
400ccで4気筒のフルカウルと考えると、これ以外に選択肢がほぼ無いですね。こだわりがあるのなら、非常にいいバイクです。4気筒が絶滅寸前のいま、まだ高年式が残っているうちに買っておきたいバイクです。

使用目的
通勤
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった6

満足度4
デザイン5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し3
燃費3
価格3
2014/9に購入。今だからこそ乗りたい400ccツアラー。

【デザイン】
 台形の単眼ヘッドライトに、ちょっと丸っこい顔。前から見ると、ずんぐりとした車体から「これぞ90年代〜00年代初頭のツアラー」という感じがします。といっても、当時ツアラーという括りは明確には無かったので、ジャンルとしては400ccマルチのフルカウル"スポーツバイク"です。実際、後ろからの見た目は非常にスポーティーで引き締まって見え、グラマラスなタンクから二本のマフラーまで続く流麗なラインは、現行の新型バイクのデザインにも負けません。個人の好みではありますが、私は現行のNinjaよりも好きです。カッコイイだけでなく、"美しい"と感じられる数少ないバイクだと思います。

【エンジン性能】
 私のN11型は53psです。現行の400ccでは、ホンダCB400SF(同53ps)と同等ですね。ホンダほどではないですが、マルチらしい非常に滑らかなエンジンです。今では珍しくなった400cc 4気筒ですが、整備をきちんとしていれば今でも変な振動もなくレッドゾーンまで綺麗に吹け上がります。高速での追い越しで、パワーバンドにぶち込んで一気に加速する際の気持ちよさは最近のパラツイン250などとはケタが違います。意外とトルクもあるのですが、車重もありますので、0スタートからの加速はもたつきます。

【走行性能】
 高速道路が好きになります。とにかく空力に優れているので、安定してブレないし、風もよく防いでくれる。合流車線で一気に回転数を上げると、2速でも気づけば100km/hに到達しています。5速に上げ、ピークトルク付近でアクセルを捻れば、他の車をいとも簡単に追い越せてしまいます。もちろんリッターやミドルに比べると、やはり53psというのはどこか物足りなさがあるのですが、その物足りなさが「使い切ってる感/使いこなせている感」を生み出します。日本の道路で、初心者でも割と安全にフル加速を楽しめるという点で逆に評価できると思います。
 ちなみに峠道に関しては、他の400ccスポーツバイクと比べるとちょっと遅いです。車重がありますし、センサーが低いのでバンクするとすぐに擦ってしまう。上手く曲げるのにはコツとバックステップキットが要りますね。とはいえタイヤ幅もあり、安定性があるのでちょっと路面の悪い峠だったりでも安心です。10%を超える急な登坂も回転数をキープすればぐんぐん登りますよ。

【乗り心地】
 広いシート、柔らかいサス、振動の少ない滑らかなエンジン、大きなカウルによる高い風防、高い積載性能に、安定した車重、静かな排気。これほど乗り心地のいいバイクは400ccにはこれ以外に無いんじゃないでしょうか。タンデムのシートも最近は少ない一体型の幅広タイプ。彼女や友人を後ろに乗せると、安定しすぎていて居眠りしそうになる人も。

【取り回し】
 400ccにしては大きいので(というか600ccの車格なので)、初心者だと苦労するかもしれません。車検証によると装備重量で車重220kgです。私は神奈川の田舎に住んでるので日常の足として使っちゃってますが、都内に出ると扱いに困ります。原付きのように道端に停めるとかなり目立つので、駐輪には気を使います。あまり路地とかは入りたくないですね。

【燃費】
 リッター25kmぐらいです。調子に乗って吹かしていると20km切ります。トルクを生かして5,6速走行してれば30超えるかもしれませんが、マルチは回したくなっちゃうので、そんな燃費になることは無いと思います。ちなみにエンジンのスペックを見る限り、ハイオクの方が合いそうです。私はいつもエネオスでハイオク入れてます。今安いですからね(2015/3月)。

【価格】
 珍しいフルカウル400マルチということで中古価格があまり落ちない車種ですし、購入後も何かとお金がかかります。4気筒(単気筒エンジン4つ分のパーツ)ということもありますが、内部にアクセスしにくい構造なので、自分で整備できないと工賃が嵩むと思います。それゆえにエアクリーナーすら清掃/交換されていない車両も多く、中古で買って真面目に乗ろうとすると消耗品交換が多くなります。ちなみに私の買ったN11型は10年間もの間エアクリ清掃やタイヤ交換がされていませんでした。恐ろしいです。

【パーツ/改造】
 修理しようとした時に、パーツが無いということはまだありません。2015年3月現在、基本パーツはまだ純正品の供給があります。ロングセラーで元々数が多いバイクなので、中古部品もかなり出回ってます。何故かロシアで人気が高く、ヨーロッパメーカーからはまだ新品改造パーツやカウル互換品などが発売されており、あと10年ぐらいは乗れるかな、と思います。

【総評】
400ccで4気筒のフルカウルと考えると、これ以外に選択肢がほぼ無いですね。こだわりがあるのなら、非常にいいバイクです。4気筒が絶滅寸前のいま、まだ高年式が残っているうちに買っておきたいバイクです。

使用目的
通勤
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった1

満足度4
デザイン5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し3
燃費3
価格3
2014年に購入。今だからこそ乗りたい400ccツアラー。

【デザイン】
台形の単眼ヘッドライトに、ちょっと丸っこい顔。前から見ると、ずんぐりとした車体から「これぞ90年代〜00年代初頭のツアラー」という感じがします。といっても、当時ツアラーなんて括りは無かったので、ジャンルとしては400ccマルチのフルカウルスポーツです。実際、後ろからの見た目は非常にスポーティーで引き締まって見え、グラマラスなタンクから二本のマフラーまで続く流麗なラインは、現行の新型バイクのデザインにも負けません。好みではありますが、私は現行のNinjaよりも好きです。カッコイイだけでなく、”美しい”と感じられる数少ないバイクだと思います。

【エンジン性能】
私のN11型は53psです。現行の400ccでは、ホンダCB400SF(同53ps)以外に(馬力的には)敵はいません。ホンダほどではないですが、マルチらしい非常に滑らかなエンジンです。今では珍しくなった400cc 4気筒ですが、整備をきちんとしていれば今でも変な振動もなくレッドゾーンまで綺麗に吹け上がります。高速での追い越しで、パワーバンドにぶち込んで一気に加速する際の気持ちよさは最近のパラツイン250などとはケタが違います。レスポンスも良く意外とトルクもあるのですが、車重もありますので、0スタートからの加速はもたつきます。

【走行性能】
高速道路が好きになります。とにかく空力に優れているので、安定してブレない。合流車線で一気に回転数を上げると、2速でも気づけば100km/hに到達しています。5速に上げ、ピークトルク付近でアクセルを捻れば、他の車をいとも簡単に追い越せてしまいます。もちろんリッターやミドルに比べると、やはり53psというのはどこか物足りなさがあるのですが、その物足りなさが「使い切ってる感/使いこなせている感」を生み出します。日本の道路で、初心者でも割りと安全にフル加速を楽しめるという点で逆に評価できると思います。
ちなみに、峠道に関してはちょっと遅いです。車重がありますし、センサーが低いのでバンクするとすぐに擦ってしまう。上手く曲げるのにはコツとバックステップキットが要りますね。

【乗り心地】
広いシート、柔らかいサス、振動の少ない滑らかなエンジン、大きなカウルによる高い風防、高い積載性能に、安定した車重。これほど乗り心地のいいバイクは400ccにはこれ以外に無いんじゃないでしょうか。タンデムのシートも最近は少ない一体型の幅広タイプ。彼女や友人を後ろに乗せると、安定しすぎていて居眠りしそうになる人も。ただ、タンデムすると急坂が辛いですね。

【取り回し】
400ccにしては大きいので(というか600ccの車格なので)、初心者だと苦労するかもしれません。車検証によると装備重量で車重220kgです。私は神奈川の田舎に住んでるので日常の足として使っちゃってますが、都内に出ると扱いに困ります。大型乗った後だとすごく小さく感じることもありますが、あまり路地とかは入りたくないですね。

【燃費】
リッター25kmぐらいです。エンジンがよく回るので、調子に乗って吹かしていると20km切ります。トルクを生かして5,6速走行してれば30超えるかもしれませんが、マルチは回したくなっちゃうので、そんな燃費になることは無いと思います。ちなみにエンジンのスペックを見る限り、ハイオクの方が合いそうです。私はいつもエネオスでハイオク入れてます。今安いですからね(2015/1月)。

【価格】
珍しいフルカウル400マルチということで中古価格があまり落ちない車種ですし、購入後も何かとお金がかかります。4気筒(単気筒エンジン4つ分のパーツ)ということもありますが、恐ろしく内部にアクセスしにくい構造なので、自分で整備できないと工賃が嵩むと思います。それゆえにエアクリーナーすら清掃/交換されていない車両も多く、中古で買って真面目に乗ろうとすると消耗品交換が多くなります。ちなみに私の買ったN11型は10年間もの間エアクリ清掃やタイヤ交換がされていませんでした。恐ろしいです。

【総評】
400ccで4気筒のフルカウルと考えると、これ以外に選択肢がほぼ無いですね。こだわりがあるのなら、非常にいいバイクです。4気筒が絶滅寸前のいま、まだ高年式が残っているうちに買っておきたいバイクですね。

使用目的
通勤
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった1

満足度4
デザイン5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
取り回し3
燃費3
価格3
2014年に購入。今だからこそ乗りたい400ccツアラー。

【デザイン】
台形の単眼ヘッドライトに、ちょっと丸っこい顔。前から見ると、ずんぐりとした車体から「これぞ90年代〜00年代初頭のツアラー」という感じがします。しかし、後ろからの見た目は非常にスポーティーで引き締まって見え、グラマラスなタンクから二本のマフラーまで続く流麗なラインは、現行の新型バイクのデザインにも負けません。好みではありますが、私は現行のNinjaよりも好きです。カッコイイだけでなく、”美しい”と感じられる数少ないバイクだと思います。

【エンジン性能】
私のN11型は53psです。現行の400ccでは、CB400SF(同53ps)以外に敵はいません。非常に滑らかなエンジンです。今では珍しくなった400cc 4気筒のエンジンは、変な振動もなくレッドゾーン付近まで吹け上がります。今でこそツアラーと呼ばれていますが、デビュー当時はスポーツバイクとして売り出されただけあり、レスポンスも良くトルクもあります。もちろん、マフラーを変えればSSのように吠えます。

【走行性能】
高速道路が好きになります。とにかく空力に優れているので、安定してブレない。合流車線で一気に加速すると、気づけば100km/hに到達しています。5,6速に上げ、アクセルを捻れば、他の車をいとも簡単に追い越せてしまいます。友人に借りたNinja250ではこうはいきませんでした。
峠道に関しては、ちょっと遅いです。車重があるので曲がりにくく、センサーが低いのでバンクするとすぐに擦ってしまう。あまり飛ばせません。しかし、恐ろしく安定しているので、安心感は非常に高いです。

【乗り心地】
広いシート、柔らかいサス、振動の少ない滑らかなエンジン、大きなカウルによる高い風防、高い積載性能に、安定した車重。これほど乗り心地のいいバイクは400ccにはこれ以外に無いんじゃないでしょうか。

【取り回し】
大型に比べればそうでもないのですが、400ccにしては大きいので、初心者だと苦労するかもしれません。装備重量で車重230kg近いそうです。私は神奈川の田舎に住んでるので日常の足として使っちゃってますが、都内だと扱いに困りそうですね。

【燃費】
リッター25kmぐらいです。エンジンがよく回るので、調子に乗って吹かしていると20km切ります。トルクを生かして5,6速走行してれば30超えるかもしれません。

【価格】
中古価格があまり落ちない車種ですし、購入後も何かとお金がかかります。4気筒(単気筒エンジン4つ分のパーツ)ということもありますが、フルカウルなので内部の整備が行き届いてない車両が多いようで、消耗品交換が多い気がします。

【総評】
400ccで4気筒のフルカウルと考えると、これ以外に選択肢がほぼ無いですね。こだわりがあるのなら、非常にいいバイクです。4気筒が絶滅寸前のいま、まだ高年式が残っているうちに買っておきたいバイクですね。

使用目的
通勤
ツーリング
頻度
週3〜4回

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「ZZR400」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
タイヤを変えると豹変するバイクです  4 2018年4月29日 23:46
やはり、いいですね!!  4 2017年11月18日 19:29
見た目でひとめぼれ  4 2017年6月25日 01:43
今だからこそ乗りたい400ccツアラー。  4 2017年6月1日 23:58
必要にして十分なZZR-400  5 2016年6月11日 19:35
ZZR400 N1 (1993)  4 2016年4月17日 04:49
ZZ−R400の感想  3 2014年3月16日 08:12
400クラス唯一無二のフルカウルツアラー  5 2014年1月24日 16:31
3年間で10,000キロ走りました。  4 2013年8月17日 22:58
ZZR400 97年式  5 2013年4月14日 21:32

ZZR400のレビューを見る(レビュアー数:19人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZZR400のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ZZR400
カワサキ

ZZR400

新車価格帯:

ZZR400をお気に入り製品に追加する <31

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意