レクサス GS ハイブリッドレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

GS ハイブリッド のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
GS ハイブリッド 2012年モデル 4.50 自動車のランキング 19人 GS ハイブリッド 2012年モデルのレビューを書く
GS ハイブリッド 2006年モデル 4.66 自動車のランキング 8人 GS ハイブリッド 2006年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

GS ハイブリッド 2012年モデルの評価

  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.23 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.55 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.22 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.28 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.44 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.38 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.48 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

レクサスのGSは2012年1月にフルモデルチェンジを受けたが、ハイブリッド車GS450hについては2カ月遅れの3月から販売が開始された。

GS450hには、ミュゼオ御殿場で開催された試乗会に出席し、トヨタがメディア関係者向けに用意したGS450h Fスポーツの試乗車に試乗した。御殿場周辺のワインディングロードや第二東名など、いろいろな走行パターンを試すことができた。

ガソリン車のGS250やGS35Oは環境性能に物足りなさが残ったが、ハイブリッド車は環境性能も文句なし、GSの中で最も注目されるモデルになるのは間違いないだろう。

GS450hというグレード名は従来と変わらないが、搭載エンジンは圧縮比と膨張比が異なるアトキンソンサイクルを採用するなどして改良が加えられ、これにFR車用のハイブリッドシステムを組み合わせている。

注目されるのは燃費でJC08モードで18.2km/Lというコンパクトカー並みの低燃費を実現した。燃費は走り方によっても変わるとはいえ、従来のモデルでは12.8km/Lだったのだから、カタログデータでこれだけの低燃費を達成できたのは立派。

走りの良さも相当に高いレベルにある。エンジンはガソリン車用の3.5Lに比べたらデチューンされているとはいえ、217kW/356N・mを発生し、これに147kW/275N・mの電気モーターが加わるのだから、アクセルを踏み込んだときの加速は強烈なもの。それもハイブリッドならではの無段変速トランスミッションによって切れ目なく無限に加速していくようなイメージだ。

先にプロトタイプ車に富士スピードウェイで試乗したときには200km/hの領域まで無限に加速していくようなイメージがあった。

逆に静かに走り出せば、発進は電気モーターだけで静かに走り出す。静粛性や滑らかさなど、ハイブリッド車らしい特徴は十分に表現されている。今回のGSではこれまでの特徴に加えてスポーティさも大きな特徴とするようになり、ダイナミックパフォーマンスも大幅に向上した。

それを端的に示すのがFスポーツに標準装備されるLDH(レクサスダイナミックハンドリングシステム)と呼ぶ新しいシャシーで、走行状態に応じて後輪を操舵することで操縦安定性を高めるもの。

高速レーンチェンジなどを試しても安定性の高さが分かるが、先に低μ路やスプリットμの路面での走りを試したときには、その効果がより実感できた。

実用性の面では、これまで物足りなさのあった後席の居住空間がパッケージングの改善によって拡大され、余裕ある空間になったほか、ハイブリッド用電池の搭載によるトランク容量の減少も最小限にとどめている。実用的には文句のない容量がある。

価格は、GS350に比べるとGS450hが120万円高の700万円で、Fスポーツはさらに100万円高い800万円もの価格が設定されている。でも、GSを買う予算のある人なら、いっそのこと上級モデルのGS450h Fスポーツを選ぶと良い。ハイブリッド車のGS450hなら購入時の自動車取得税と自動車が免税で、今(2012年6月時点)ならエコカー補助金も受けられる。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

バージョンLは専用18インチホイールを装着

サイドシルの後輪直前にHYBRIDの文字が入る

バンブー(竹)を使った仕立てが新鮮なインパネ

ベースモデル以外はレザーシートが標準装備

ガソリン車と比べるとトランク奥行きは限られる

新開発V6を採用したハイブリッドシステム

ガソリン車から2か月遅れて発売されたレクサスGSのハイブリッド版GS450hには、ベースモデル、Iパッケージ、バージョンL、Fスポーツの4タイプがあります。今回は静岡県御殿場市で開催された試乗会でバージョンLに乗りました。

エクステリアは、レクサス/トヨタのハイブリッドカーの特徴である、ブルーをあしらったエンブレムの他、サイドシルのハイブリッドの文字で識別できます。インテリアは、スピードメーターとペアを組むメーターがハイブリッドシステムメーターとなることがガソリン車との大きな違いです。試乗車は竹を使ったインパネのトリムやステアリング、ブラウンのレザーシートなど、おしゃれな色使いが目を引きました。

他にボディと異なるのは、キャビンとトランクの間にハイブリッドシステム用バッテリーを積むために、トランク容積が530Lから465Lになったことです。他社のハイブリッドカーはリチウムイオン電池を使用することで、バッテリーをコンパクトにまとめている例が多くなっています。レクサスのハイブリッドカーもリチウムイオン電池採用によるスペース効率向上を目指してほしいと感じました。

295ps/36.3kgmを発生する3.5LのV6エンジンと、200ps/28kgmをマークするモーターのコンビがもたらす加速は、相変わらず圧倒的です。しかも100km/hのエンジン回転数は1000回転ぐらいに抑えられ、風切り音やロードノイズも遮断されているので、高速クルージングはとにかく安楽です。

新型ではパドルシフトが採用されたうえに、ガソリン仕様同様V6エンジンが快音を響かせるようになりました。さらにドライブモードの切り替えが可能になり、スポーツS/S+モードではハイブリッドシステムメーターがタコメーターに切り替わります。こうした演出のおかげで、いままで以上にスポーティな感触が得られました。

パドルを使ったシフトアップは、フルスロットルではレブリミットに当たりっぱなしになるものの、それ以外ではマニュアル・トランスミッションを思わせるステップアップを行い、音の変化を楽しませてくれます。一度でもこの加速感を体験すると、「ハイブリッドカーはつまらない」という人も、考えを改めるのではないでしょうか。

乗り心地は新型GSの中ではベストだと思いました。ボディの重さが貢献しているのかもしれませんが、ノーマルモードならしっとりおだやかで、足回りがハードになるスポーツS+でも固いという感じはしませんでした。その分ハンドリングは、スポーツS+では姿勢変化が少なくなって動きが俊敏になるものの、それ以外のモードではおっとりしているという印象でした。

試乗ルートは新東名高速道路と箱根の山道という、レクサス/トヨタのハイブリッドカーにとっては好条件ではなかったためもあり、車載の燃費計の数字は10.2km/Lでした。これまでの経験から行くと、市街地中心なら15km/Lをマークするかもしれません。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

この製品の価格を見る

GS ハイブリッド
レクサス

GS ハイブリッド

新車価格:627〜900万円

中古車価格:39〜650万円

GS ハイブリッドをお気に入り製品に追加する <41

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

GSハイブリッドの中古車 (全2モデル/380物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意