トヨタ プリウスレビュー・評価

このページの先頭へ

プリウス のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
プリウス 2015年モデル 4.10 自動車のランキング 70 268人 プリウス 2015年モデルのレビューを書く
プリウス 2009年モデル 3.91 自動車のランキング 119 183人 プリウス 2009年モデルのレビューを書く
プリウス 2003年モデル 4.02 自動車のランキング 24人 プリウス 2003年モデルのレビューを書く
プリウス 1997年モデル 自動車のランキング 0人 プリウス 1997年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 216人 -

プリウス 2015年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.61 4.33 111位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.53 3.92 85位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.99 4.12 41位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.19 4.20 45位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.21 4.04 39位
燃費 燃費の満足度 4.79 3.87 2位
価格 総合的な価格の妥当性 3.76 3.86 18位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

キツタヌさん

  • レビュー投稿数:70件
  • 累計支持数:531人
  • ファン数:265人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
1568件
デジタルカメラ
4件
547件
レンズ
26件
85件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格3

【エクステリア】
割合と気に入っています。
ここ数年、ヘッドライトの樹脂が曇ってきました。
エクステリアという訳じゃないですが、板金が薄いのか、ドアを勢いよく閉めると安っぽい音がします。(^^;;

【インテリア】
割合と気に入っています。

【エンジン性能】
普通だと思います。

【走行性能】
普通だと思います。
Power Modeにすれば、加速も良くなりますが、燃費は悪くなります(当たり前の話)。

【乗り心地】
普通だと思います。

【燃費】
燃費重視の運転すれば、安全運転になります。
11年間の平均燃費は、23km/Lぐらいです(東京郊外在住、長距離8割、市街地2割)。
長距離走行で25km/L、市街地走行で15km/Lでしょうか。
ディーラーの営業さん曰く、私の車は燃費が良い方だと言っていました。

HV車は高速で燃費が悪いと言いますが、90〜100km/hで急加速しなければ、25km/L以上で走ります。
夏は冷房入れても燃費への影響少ないですが、冬は燃費悪くなります。
バッテリ残量あっても、エンジン冷えてくると、エンジンが回るせいでしょう。
過去何回か30km/Lぐらいのときがありました。
東京郊外から秩父方面を往復するようなパターン(途中、緩やかな坂が続くコース)で、燃費がよいことがありました。

【価格】
年間1万km以上走らないと、元は取れません。
年間の走行距離が数千kmであれば、非HV車の方がトータルコストは安くなります。

【総評】
12年目を迎えましたが、どこも問題ありません。
価格の項目に書いた通り、元は取れていませんが、まぁまぁ満足しています。
今時のドラレコとかアクセル踏み間違え防止機構がないこと以外は不満はありません。
買い替えるとしたら、劣化が顕著になるか、ドラレコとかアクセル踏み間違え防止機構が欲しくなったときでしょうか。

使用目的
買い物
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
エコ
レビュー対象車
新車

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

家電は悩みますさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:125人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア無評価
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格無評価

レンタカーで180kmくらい走って来ました。
燃費が びっくりです。

【エクステリア】
レンタカーなので無評価

【インテリア】
慣れていないので、シフトレバーが、誤操作してしまいそうでした。パニックになったら誤操作してしまいそうで、怖いです。やはり、古い知識なので、ボタンを押してパーキングからガチャガチャとDに入れ、バック時はボタンを押してRに入れるタイプが良いです。
メーターが真ん中にあるタイプだったので慣れませんでした。

【エンジン性能】
ハイブリッド特化の運転すると、モーターに切り替えするのが簡単ですね。
高速走行することが出来ませんでした。
70kmまでなら、パワーはあると思います。

【走行性能】
山道を走って来たのですが、登りは相応でした。ただ、下りが厳しかったです。回生ブレーキがあまり感じれず、ブレーキ多用しないとどんどん速度が上がって行きます・・・
Bレンジにしたら、上手く表現できませんが、ブゥゥーっと唸り、焼けてしまう?っと心配になりました。
また、登りでか忘れましたが、CVT特有のモォォーと唸って、速度が上がらない場面もありました。

【乗り心地】
レンタカーなので、タイヤの扁平が低いため乗り心地は、まぁまあでした。

【燃費】
レンタカーなのでガソリン満タン返しなので、スタンドで入れていただきました。

181.2km 走り、ガソリンが、4.33Lでした。
リッターあたり、41.8kmです。
前にアクアでも、40超えしていたので、びっくりですね。

【価格】
レンタカーのため無評価になります。

【総評】
コンパクトな車を所有しているためかわかりませんが、最近借りたレンタカーの中で、1番疲れた気がします。
フロアカーペットに PHVって書いてあったので、まさかと思いましたが、プリウスでした。

レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

gt2rsgt3rsさん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:456人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
43件
3件
もっと見る
満足度1
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地3
燃費1
価格2
   

   

追記3
2021/11/8
大凡、11ヶ月乗り、20,000kmで購入し、現在39,000km、高速メインで、14.3km/1Lと悪すぎ…。タイヤはオートバックスでピレリP8FSなるタイヤを履かせたが相性がイマイチである。200,000kmは乗る予定だが、サスペンションが不安感ある。が、しかし、社外サスペンション入れて良い思い出がないので、50,000kmになったら、純正品で良いのが有れば替えてみたい。プリウス30系の現在の点数はかなり低い。が、買ってしまったので、まだまだ乗ります。頑張って。99psだかのガソリンエンジンがもう少しパワー有ればと想ふ今日この頃…

追記2
2021/1/10
不調でディーラーに修理へ。
メカニックさんと同乗確認。
半日預けて、診断結果は…
プラグが不調で4シリンダーとも
爆発してない。
あり得ない…
イリジウムプラグ4本交換(保証内)で
完治しました。
なのでやはりディーラー保証付中古を
購入がベストだと思う。

追記1
2021/1/4
筆者は高速走行がメイン。法定速度内で走行最中、エンジンチェックランプ点滅、ミッションからジャダー、低速時もジャダー…調べてみたらERGバルブの煤詰まりでエンジン不調らしい。まあ走れるから良いが、止まる可能性も有り得る。20系は全く不調無し…。当たり外れがあるとみました。私はトヨタディーラーの認定中古車購入したので、修理は大丈夫かと思ってますが、多忙で修理出しておらず未確認。なかなか難しいなぁ…中古車は。なので購入を検討して方々、ハイブリッドバッテリーやら、こんな持病やら、色々考えたら、保証が確実にある中古屋で購入を勧めます。安物買いの銭失いにならない為にも。


【エクステリア】
発売され、12年経過するデザインとして秀逸なフォルムを保っていると思う
【インテリア】
デジタルメーターの時代遅れ感が否めない。20系のが斬新
【エンジン性能】
1.8+モーター、20系と比べて、似たり寄ったり。変な動きがある20系に比べて洗練された感があるかな
【走行性能】
20系のが加速感が良い
1.8+モーターなら
2.0+モーターにすれば良かったのに
【乗り心地】
人気ある17インチが装着されていた。
15インチがベストであると思う。
【燃費】
20km/1L
【価格】
2万キロ走行車両オールイン70万円
【総評】
低走行車両なら20系のが個人的には良いと思うが、安ければ30系でも有りかな。過走行は絶対に要らない。大概、足回りガタガタ。30系は20系より車両が重い。乗り比べてびっくりした。足回りの出来は20、30を比べて段違いに違うが、まあしかし、それも高速での話…。一般道路なら、分からないレベル。後は欲しいかどうかはデザインかな…。難しいなぁ…判定するの、、、20系も同時に購入し乗り比べると、20系の軽さだったり、サイズ感だったり、良さが際立つ。30系も高級感有りで良いが、20系はそう考えると、偉大な車だったと思います…

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった16人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひさまるじゃぱんさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:160人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
3件
114件
自動車(本体)
2件
44件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

11年、25万キロ乗ったホンダオデッセイアブソルートrb1からの乗り換えです。500キロほど走行しましたのでレビューを。
☆エスクテリア
発売当初から賛否分かれるエスクテリアですが、個人的には三代目である意味頂点を迎えたプリウスの新たなデザイン方向という意味で好感が持てます。
ある時、ミライ、プリウスPHV、プリウスが並んでいるところを見たときに、デザイナーの意図がわかった気がしました。あと、フロント、リアともにライト周りは近くで見れば見るほど「凝っている」のがわかります。ただ、例えばドアミラー、Aピラー根元の樹脂部分などは劣化が予想され、他にも同様にコストダウンの結果があちこち見受けられるのが「どうにかならなかったのかな」と残念に思います。
☆インテリア
何せ最新の技術がてんこ盛りの車なので、エスクテリア同様インテリアにコストダウンが及んでも仕方ありません。家内は最初に同乗した際に「プリウスはもっと高級感があるかと思った」と言われました。
しかし、乗るうちに私は「そうか、既存概念で自分は考えてしまってた」と目からウロコが落ちました。このクルマのインテリアはスマホなんだな、と。よくネガティヴな意見でプリウスを家電と揶揄する方がみえますが、私はポジティブに「アップルが車のインテリアをデザインするならこうなのかも」と思います。無駄な加飾がなく、優れたデザイン、それが50プリウスのインテリアではないでしょうか?
☆エンジン性能
ハイブリッド特有なネガティヴな部分はありません。ノーマルモードでも踏み込んだだけ加速し、坂道でもトルクをかんじます。
☆走行性能
実は契約する前に1日レンタカーを借り乗り回しました。比較は以前に借りたホンダグレイスでしたが、コーナーでの踏ん張りやコーナー入り口でのスムーズさなどは比較にならないほどプリウスが優れてました。
☆乗り心地
プリウスは初代から先代まで乗ったことがあり、低速時のステアリング操作時の違和感、ブレーキ乗った際の違和感がどうしても好きになれず敬遠してきましたが、このプリウス50型では運転していてストレスは感じません。前車と比べると道路面からの突き上げは少し感じますが許容範囲です。
☆燃費
今のところ近距離ばかりなのでリッター20くらいです。これはまた後日追記したいと思います。
☆価格
コミコミ260万くらいでした。セーフティプラスのことを考えると無茶苦茶お値打ちだと思います。
☆総評
まだ500キロくらいしか走ってませんが、感心することばかりです。デザイン含め、トヨタは数年先にいってるんだ、と感じます。誰かが「このプリウス乗ると次もプリウスに乗りたくなる」と話してましたが同意です。けして高級ではありませんが、ネームバリューあり、嫌味はなく、すでに国民車ではないでしょうか?まだまだ現実的なEV車はもう少し先だと思いますので、私は次もプリウスにするかと思います。良いクルマです。皆さんにオススメできます。


【12万キロ走行しての追記】
営業職でほぼ毎日高速通勤していましたので年間3万キロ位以上走行しての感想です。
・マイナーチェンジでエクステリアがだいぶ変わりました。個人的はどちらも好きです。
・燃費は26k くらいです。エアコンつけっぱなしなのでこんなものかな、と。しかし前車と比べるまでもなくハイブリッド車は燃費いいですね!
・ハイブリッドで感心したのは静音性もあります。やはり静かなので耳から疲れる事が感じが減りました。
・あとブレーキパッドを未だ交換しなくて済んでいるのも驚きです1
.
マイナス点としては
・夏場車内がとにかく暑い!あまりに暑くてフィルム施工してもらいましたがイライラします。
・あと車高が低くて乗り降りはサイドシルに足をぶつけやすいです。低いので標準でもフロントスポイラーを擦りがちです。
・ドアはペラペラ。軽すぎて少しの下り坂でもドア開けるとパッカーんと開ききってしまいます。
・光沢あるダッシュボードは無茶苦茶埃がつきやすいです。



色々書きましたが全般的には気に入ってます。プリウスはクラスレスなのも良いですね。
次もプリウスと決めています。

使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
重視項目
高級感
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
岐阜県

新車価格
269万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
0円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった41人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サイクロンエフェクトさん

  • レビュー投稿数:74件
  • 累計支持数:482人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格無評価

新しく社有車として配備されました。
一個前のプリウスから格段の進化を感じました。

【エクステリア】
見慣れればそういうものだと割り切れるようには鳴ってきましたが、PHV顔にしなかったのは差別化のためでしょうか。
ただトヨタが上手いのは、プリウスで奇抜なデザインをしておいて、その後の他車種で似たような顔にしているにも関わらず、そっちはかなりまともに見える様にしていますね。

【インテリア】
質感はかなり上がりました。ソフトパッドやピアノブラックパネルなどが効果的に入っています。
ただ、着座位置がだいぶ下がり、スポーティになったのは良いですけど、狭くなった気がします。
FK7シビックと比べても狭いと思います。

【エンジン性能】
エンジンの存在感がかなり少なくなりました。ラジオつけて街中流している限り、エンジンが掛かっているか止まっているかは意識しないとわかりません。
終始モーター走行している感じです。

【走行性能】
ステアリングの手応えやロール、ピッチの自然さが増しました。ブレーキタッチがまだ慣れませんが、新車でまだ機械的にも当たりがついてないので、これから良くなって来ると思います。

【乗り心地】
滑らかで静かです。速度が上がるとロードノイズが聞こえますが、不快感は全く無いです。

【燃費】
もはや文句のつけようが無いですね。
25km/L以上走ります。

【価格】
社有車なので評価無し

【総評】
TNGA第一弾でここまでの進化をしていたことに驚きでした。評論家からはやっと普通の車になったなどと言われていましたが、いやいや一般人からしたらいいクルマと思う仕上がりですよ。
ただ、モデル年数的にはそろそろチェンジの頃ですが、販売台数もかつてより落ちてきているし、カローラなど他車種も進化しているしで、次があるか気になりますね。

レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

price lessさん

  • レビュー投稿数:68件
  • 累計支持数:344人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
見慣れましたがトヨタのデザイン力の低さに閉口です
【インテリア】
アルファードの合皮に比べて質は劣りますが、この値段なら納得です
【エンジン性能】
プリウスロケットと揶揄されるように踏めば加速もなかなかです。
【走行性能】
悪くありません。
【乗り心地】
この値段でこの乗り心地は素晴らしいとしか言いようがありません。
【燃費】
カタログ値は出ませんが、街乗りで16km/lですので、まあ良いのではないでしょうか。
【価格】
この内容でこの値段はかなりお買い得だと思います。
【総評】
代車で1日お借りました。グレードはAですが、音も静かだし、アルファードよりも遮音性が高いし、乗り心地は良いしと、売れている理由がよく分かりました。社用車に次期型を購入しようと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kknetworkさん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:346人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
31件
スマートフォン
6件
11件
液晶テレビ・有機ELテレビ
1件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格4

走行3万キロの物を中古で購入、3万キロほど走行したので、レビューです。

【エクステリア】
50よりはいいですね。

【インテリア】
20も乗っていたので、それにくらべるとチープですね。デザインは30の方が好きです。

【エンジン性能】
20の方がパワーがあった感じですが、高速は30の方がいいですね。

走行中にブレーキが引っ掛かったような症状があり
燃費も悪化していました。obdのメーターを取り付け確認したところ、走行用バッテリーの温度が関係している様で、温度が上がると回生・走行共に制御が入り出力を落としているようです。純正でもバッテリーの冷却は行っていますが、アプリがバッテリーの冷却ファンを起動すると、後ろから聞いた事の無い爆音が。最大出力で回している様で、しばらくすると温度が下がり症状が収まりました。おかげで燃費も改善してきました。

【走行性能】
純正のショックが駄目すぎます。20の方が良かったです。コストダウンですね、後期の方がましの様です。
 純正はロールする、リアが平坦な道でも跳ねる。プロボックスにも乗っていましたが、それよりひどいかも。
 耐えられないので、ショックを乗り心地に定評のあるkoniのfsdに交換、伸び側のみの減衰力自動調整で入力に応じて減衰力が変わるので、普段は乗り心地が良く、カーブなどではロールを、急ブレーキなどではノーズダイブを抑え姿勢を制御してくれます。

【乗り心地】
純正はフワフワなのにリアが跳ねる、凹凸では突き上げが酷いと最悪でしたが、前述したショックに交換したところピタッっと収まりました。

【燃費】
平均28キロ程度で、調子の悪い時は26キロでした。
obdで情報を得てからは30キロ以上出る様になってきました。
obd を付ける前は通常で走っていましたが、ecoモードで走った方が燃費が上がりました。
ecoの方がev走行時の出力が低かったです。

燃費に関しては更に強者がいると思いますが、
色々参考にして、自分は発進時純正のパワーゲージいっぱい辺りで加速(通常モードのecoランプ点灯ギリギリと同じ位のエンジン回転数)停車時は緩めに回生を意識し、ディスクブレーキを作動させない様に
かつ回りに迷惑が掛からない様に止まるを心がけています。
アプリでは回生とディスクの切り替わりが分かるので便利です。

【価格】
90万
【総評】
純正そのままは今一ですが、少し手を加えればまだまだいけますね。

koniのショックは純正装着が基本なので、ベタベタにする人には向きません。若干のダウンであれば大丈夫だと思います。

obdに関しては、TONWON自動車故障診断機です。アマゾンで売ってます。安いのに自動でon off してくれます。30だと電源入れっぱなしのもので、on off すると、車にエラーが出る様です。
アプリはhybrid assistantというandroidのアプリを使用してます。英語なので、分かりずらいですが、接続したら、自動で識別してくれました。

P.S.
 タイヤをブルーアースAE01fからピレリCINTURATO P6 に交換したところ、5万キロ走ったkoni fsdでも乗り心地が良くなりました。バランスも良くなりコーナーでもタイヤが負けておらず、気持ち良く走れます。
高速でも安定していて、静粛性もまあまあ、燃費も悪くなく、尚且つ安い。
車のレビューとは関係ないかもしれませんが、乗り心地、走りの余り良くないプリウスが、ショックとタイヤを交換するだけで、快適になったので、お勧めです。

 出力制限が掛かったような状態が、バッテリー温度とは別にランダムで出始め、燃費も悪化し始めたので、メインバッテリーかと思ったら補機でした。4、5年で替えるべきですね。燃費も戻りました。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった30人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぽぽ@神奈川さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:160人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
9件
30件
バイク(本体)
7件
1件
デジタルカメラ
1件
6件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費5
価格4
   

月々の燃費はこのぐらい

   

トヨタハイブリッド車は走行中にエンジンを止めることが出来るため、
普通の車とは低燃費運転方法が違います。
燃費が思うように良くならない方は、一般的なガソリン車と同じように
次の信号停車までアクセルを踏んだまま走っていませんか?

また、一般的な低燃費運転と言われている「ふんわりアクセル」は
トヨタハイブリッド車には適合しません。
重要なのは、アクセルを開けずにトロトロ加速してゆっくり走ることではなく、
巡航速度まで数秒で加速したら即座にエンジンを止めることです。
基本的なプリウス低燃費運転方法(EV 走行はスイッチで切り替えるのではなくアクセルを緩めることで行ってください)

信号発進時は周りの車と同じ加速でOKです。
インジケーター100%前後のアクセル開度で法定速度まで数秒で加速します。
(パワーゾーンに半分ぐらい入っても燃費に悪影響はありません)
その後すぐにアクセルをいったん戻してエンジンを止め、
次の信号減速時までインジケーター25%以下のEV走行を行います。
(バッテリーレベルが3以上ある場合)

バッテリーレベルが2になってしまった場合は充電が必要なので、
エンジンで少しゆっくり目に加速し、巡航速度を少し超えたら
インジケーター5%以下の非常に弱いEVで距離を稼ぎます。
この繰り返しでしばらく走っているとバッテリーレベルが3以上に回復します。

信号に捕まること無く順調に流れている道路では、
インジケーター25%前後のEV走行と
75%のエンジン走行(じわじわ加速させる)の繰り返しになります。
エンジン走行時は、必ず少しずつ加速するアクセル開度にしてください。
そうしないと、いつまで経ってもEV走行に切り替えることが出来ません。
路面の微妙なうねりを良く見て、登り坂ではエンジンをかけ
下り坂では惰性走行(滑空)か弱EV走行を行うと良いです。

ダラダラした登り坂が続く場合は、インジケーター45%位のEV走行と
100%位のじわじわ加速させるエンジン走行の繰り返しになります。
長い下り坂はブレーキを僅かに踏み、回生ブレーキで充電しつつゆっくり降ります。
出来るだけゆっくりゆっくり長い時間かけて降りた方が電力が沢山溜まりますが、
もちろん後続車がいる場合は自重してください。

信号停止時などのブレーキは、回生充電を最大限にするため
出来るだけ長い時間均等に減速するように踏む力を調整してください。

特に重要なポイント
*低燃費タイヤを履かせ、空気圧は指定より高めの260〜280kPa位にする。
*システム起動後、Pのままアクセルをポンと踏んで約1分暖気する。
 (スタート時の意図しない大電力走行をしないため。1分間弱いEV走行はOK。)
*信号発進時は素早く加速して、数秒以内でエンジンを止める。
*一般道では、法定速度内で出来る限り速いスピードを長時間維持する。
*車間距離は広め(出来れば100m以上)取って無駄なブレーキを踏まないようにする。
*巡航時のエンジン走行の時は、常にじわじわ加速するアクセル開度にする。
*長い坂道の前なら(上り下りどちらも)バッテリーレベル2までEV走行してOK。
*登り坂は出来る限り時間をかけずに登り切る。(ただし坂道途中では無理に加速しない)
*下り坂はブレーキペダルを少し踏み、充電しながら長い時間をかけてゆっくり下る。
*低速走行を余儀なくされることが予想される場合はバッテリーを温存しておく。
*高速道路でEV走行を可能にするため、クルーズコントロールは76kmに設定する。

やってはいけないこと
*バッテリーを使いすぎることによる停止時のエンジン空回り充電。
*水温が低い状態で暖房を入れることによる停止時のエンジン空回り暖気。
*エンジン無負荷運転。(せっかくエンジンがかかっていても車を加速させないこと)
*登り坂をゆっくりトロトロ上がること。
*EVで無理に坂を上がったり走行中の車を加速させること。
*40km/h以下での動力走行。(低速走行はなるべく惰性で走る)

低燃費運転と言うと、アクセルをなるべく踏まずに
ゆっくりトロトロ走ることと理解されている方がほとんどだと思いますが、
それは全く逆です!
本当の低燃費運転のコツは、ある程度スピードを出して走行し、
その速度を出来る限り少ないアクセル開度で長時間キープし続けることです。

たとえば、A地点からB地点まで走行するとして、
30km/hの速度でインジケーター25%のEV走行をしている場合と、
60km/hの速度でインジケーター25%のEV走行をしている場合を比べてみると、
30km/hの方が2倍の時間がかかるため電力消費量が2倍になってしまいます。
これはエンジン走行時も同じ事が言えます。
単純計算で巡航時の燃費が2倍違うと言うことです。

ですから、素早く巡航速度までスピードを上げてすぐにエンジンを止め、
EVや滑空で出来るだけ速度をキープし続けた方が燃費が良くなります。

私の場合は、15km/h位までEVでトロトロ発進して、(時間にして2秒位)
エンジンをかけて加速、3秒〜5秒後にエンジンを止め滑空か弱EVで巡航しています。
(エンジン加速は巡航速度が40km/hの場合が3秒位、60km/hの場合が5秒位になります)
つまり、制限速度が40km/hの道路の場合は、
次の信号停車までエンジンは3秒しか使っていません。

プリウスの燃費はタイヤの転がり抵抗に非常に大きく左右されます。
通常のタイヤとAAAの低燃費タイヤでは、燃費が8km/L以上違うことがあります。
ツーリングセレクションはタイヤが低燃費タイヤではないので、
30km/Lを越える燃費を出すのはなかなか大変だと考えていいと思います。

特に燃費にこだわる人は、トーイン0mm設定を一度試してみることをお勧めします。
転がり抵抗がかなり少なくなり燃費が向上するのが実感出来ると思います。

実際のところ、平坦路で低燃費タイヤならば40〜50km/hまでエンジン加速し、
20km/hになるまで延々と惰性走行させることを何度も繰り返すことで、
メーター読みでリッター65〜70キロと言う驚くべき数値を叩き出します。

使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バルマディさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:172人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

代車で3週間ほどお借りしました。
実はあまりトヨタ車は好みでは無かったのですが、この車は5つ星です。

レーザーウェルディング溶接、空力を考え抜いた形、熱効率の非常に優秀なエンジン、静電気の抑制など技術的に盛りだくさんな車です。
ハンドリング○、乗り心地○、燃費は◎で調子のいいときはリッター40オーバーが出ました。(普段からカタログ値の90%ぐらいは出る地域に住んでいます。)3週間の平均でメーター読み38ぐらいです。
電装品も優秀で、LEDも明るく純正オーディオも頑張っているし、エアコンのエコ性能には感動すら覚えました。

唯一課題があるとすればブレーキ関係で、若干ペダル配置が悪いのと回生をぎりぎりまで使うがゆえのカックンブレーキになりがちな所だけが残念です。

このプリウスは小回りも効いて日本最優先で作られた1台のように感じます。
年間走行距離の多いユーザーのファミリーカーとしては完璧に近い車だと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

りんそう丸さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

30系プリウスからの乗り換えです。プリウスが大好きなので、少し偏ったレビューです。悪しからず
2021年6月中旬に納車でした。注文は同年4月中旬で納車まで約2か月を要しました。
主な要因として、ディスプレイオーディオ標準装備など仕様変更だと思います。
グレードはSで、主なオプションは、T-Connectナビキット、TV視聴、ドライブレコーダー、ETC等
【エクステリア】
社用を兼ねており、色をシルバーにしました。低重心ドシットしています。黒パーツとボディーの シルバーのツートンカラーでかっこいいです。
【インテリア】
6月3日以降から黒一色の販売となりました。統一感がありいいと思います。また、今回からディスプレイオーディオが標準仕様になりました。はめ込み式のナビとは異なり、画面に凹凸がなくきれいな仕上がりです。ピアノブラックのパーツが多く、とても綺麗ですが、指紋などすぐに目立ちます。
【エンジン性能】
エンジンの事は詳しくないです。すいません。
【走行性能】
安全性能が充実していてとても良いです。コーナーセンサーなど標準装備なので、我が家の狭い車庫入れでは、警告音声がなりっぱなしです。
【乗り心地】
とても静かです。30系よりも静かに思います。
リアシートの厚みが薄くなりました。バッテリーをシート下に配置した影響と聞きました。その分ラゲッジ容量は大きくなりました。今のところ違和感なしです。
【燃費】
納車されたばかりなので、街乗り、通勤(下道)しか利用していません。概ね20km/Lとなっています。
高速道路だともっと伸びると思います。
【価格】
そもそも自動車の価格の妥当性はよくわかりません。ほしい車と支払い可能額が一致したという事です。まぁ車って、高いっちゃ高いです。
【総評】
前段で申し上げた通り、プリウスが大好きなので基本高評価です。
まだ乗り出して間ナシですが現時点の総評です。
良い点
・電池で走る割合が増えたため、燃費はさらに良くなると思います。
・安全性能が標準装備されました。OP追加は不要です。
・クルコンとLTAにて高速道路では自動運転のようになります。
・ディスプレイオーディオは、ナビ(OP)・TV(OP)・スマホ接続で音楽視聴でき問題ないです。
・エアコンが運転席をメインにでき、一人の時は効率が良いと思います。
・コンセント100V 1500Wが2箇所標準装備され使えそうです。自分はエレキギターが趣味なのでアンプを積んでどこかで弾きたいです。
・ラゲッジスペースが広くていいです。
・ドアを閉める音も高級感あります。
悪い点 ※)あえて書きます。
・座席位置が低いため、乗降が少ししんどいです。
・後部シートが薄くなったので、長距離ドライブなど乗り心地(家内の反応)が心配です。
・Sグレードの室内灯は、従来からの豆電球であること。※)暖かい光ですが・・

※)私が値段交渉をしていないので値引きに関しては不明です。
以上です。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年6月
購入地域
大阪府

新車価格
247万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yas-boyさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:138人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
14件
洗濯機
2件
0件
ヒーター・ストーブ
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地1
燃費5
価格5

プリウス50後期型を購入しました。パノラビックビューモニター、DCM搭載、T-connect契約、電動シート、遠隔Security(鍵忘れなどメールがくる)など装備。クルーズコントロールが素晴らしく、前の車が止まると停車して、アクセルを軽く踏むと、追従再開する。カーブは苦手だが、朝の渋滞が楽になった。また、TNGAプラットフォームによる低重心の車体のため、カーブのきついアップダウンの道も、快適に、Gをあまり感じないですむ。前車が軽自動車だったため、あまりの差に大げさに感じているのかもしれない。燃費もいい。
350マイナス下取り80で購入。同じ装備だと、レクサスまで行かないと手に入らない。RAV4は、あんなに大きいのにパノラビックビューモニター選べないし。350で手に入るならお手頃と感じている。本革シートとシートベンチレーションほしければ、プレミアにしても良かったが、エアコンで充分です。
オプションナビは、渋滞回避もスマホのナビと同程度にしてくれて、満足。GPS位置に精度が劣るスマホナビは解約しようかなと検討してます。

追記です。TGAによる低重心化のため、腰に負担がきやすく、往復2時間の通勤で腰が痛くなるので、座席をマックスに上げて、腰当てもしている。すると、頭が天井に付きそうで、視界も狭い。低重心の車は、乗り心地が悪いです。

追記です。
2021/6月、遂に売却しました。1時間乗っていると、腰が痛み、足が痺れてくるようになりました。車のせいだけではないでしょうが、2時間の通勤に原因がないわけではないはずです。腰椎ヘルニアと診断され、もう乗れないと、即197万円で売りました。腰が悪い人は、背の高い車がおすすめです。TGAによる低重心化した車には、もう乗れません(泣)次はアルファードscパッケージに乗り換えます。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年10月
購入地域
神奈川県

新車価格
289万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった41人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Golf65さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費5
価格4

【エクステリア】
真横から見たデザインは、尻上がりでかっこいいと思います。前期型に至ってはアクのあるデザインであることは間違い無いですが、すぐプリウスだと分かる個性は感じられます。

【インテリア】
物理的なボタン類が少なくすっきりしていて良いと思います。この手の車にしては室内広いと思います。

【エンジン性能】
シリーズ式ハイブリッドに近いのでモーターバッテリー性能に依存します。モーター走行率が6割強でした。

【走行性能】
重心が高いミニバンやSUVに比べてコーナーでの安心感は有ります。
【乗り心地】
大きな車に乗ってるかのような縦揺れがゆったりとした乗り心地です。快適性は高いと思います。
【燃費】
メーター内の生涯燃費は約6万キロ走行でリッター25.2でした。感覚的に春夏秋でリッター24-29冬リッター17-22。エコ運転はしてません。
【価格】
乗り出し300万強の車としてはコスパが高いと思います。
【総評】
サイズ感といい車社会のヒエラルキーといい日本で乗るには正にど真ん中にいる車、買って損のない車だと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年6月
購入地域
東京都

新車価格
277万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ITmanXさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:518人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
18件
ノートパソコン
2件
0件
液晶テレビ・有機ELテレビ
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3
   

   

今年2月に50前期のAプレミアムから、50後期Aツーリングに買い替えを行なった。

【エクステリア】
未来志向のプリウスの名に相応しい、前期の尖ったデザインの方が好み。
後期は大人しく、普通になり過ぎたと思う。

【インテリア】
プラスチック多用で、豪華さはないが、スマートなデザインは好みではある。
ただ、センターメーターとデジタル表示はどうも馴染みづらい。
ナビは9インチのもので、以前より見やすく、マップもきめ細かくなったようだが、ナビの案内は無駄に遠回りの案内も多く、精度が低い点が残念。
また、音質はハイレゾのはずなのにイマイチ。
ハンドルは本革ではないが、この方が夏に熱くならずに済むと思う。
前車は本革だったため、炎天下では熱くて触れられない程だった。
また、フロントガラスはIRカット付きだが前席横のガラスはUVカットのみなので、夏にはかなり暑い日差しが入るため、IRカット機能は必要と思う。

【エンジン性能】
非力なエンジンだが、モーターがカバーしているので、日常走行には大きな問題はない。
高速道路はまだ試していない。
前期車は加速もノーマルモードではイマイチだったが、後期車では気になる程ではなく、多少トルクアップしている感じを受けた。

【走行性能】
コーナリング走行は快適。
ハンドルもフリクションが少なくなり、扱い易くなった。
プリウスなら電子ブレーキは付けて欲しかった。

【乗り心地】
ツーリングなので、17インチタイヤを装着しており、前期車(15インチタイヤ)よりコトコトとした振動は感じるものの、全体の乗り心地は良くなった感じがする。

【燃費】
近所への街乗りが多いので、平均19km/hだが、前期車よりは多少良くなったかと思う。

【価格】
本来の価格は安いとは言えないが、価格交渉により値下げとオプションサービスに成功したので、満足している。

【総評】
色々指摘は行なったが、前期車との比較では、細かい点で多く改良されているのが感じられ、全体に熟成されていると感じた。
これからも長いお付き合いが出来そうである。
来年以降にプリウスのFMCの噂もあるが、これからも絶えず先頭を走る先進的な車であって欲しいと思う。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2021年2月
購入地域
埼玉県

新車価格
307万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
10万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった497人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

神奈川の車好きさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:348人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
71件
タイヤ
2件
0件
タブレットPC
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

50後期Aツーリング、パールを2年3万キロ走行し売却しました
【エクステリア】
50前期では買う気になれなかったが後期ではフロントがマシになったと思います。
全体的にクセを無くしてマイルドにした感じでしょうか
【インテリア】
シートヒーターが欲しかったのでツーリングにしましたが内装がシフト以外全て黒く、プラスチックが多いので非常にチープに感じた。
スピーカーの音質は酷く、ハイブリッド専用車なのにUSBポートも装備されていないのは…いまどき軽自動車にも装備されているのでは?
【エンジン性能】
下道では非常に走りやすかったです。
0〜60キロまでの加速は物凄くトルクがあり、100以上になるとモーターのアシストが効かなくなりエンジンで頑張るので極端にパワーが足らない感じ。ただ日常使いではあまり困る事は無いかと思います
【走行性能】
1番驚いたのはこの部分です
非常に剛性感が高く低重心なので走行安定性が高く安心感がある
高速走行では安定性は高いのにパワーがついてこない、少しアンバランスな感覚がありました
【乗り心地】
ツーリングに乗っている方は17インチなのでロードノイズが気になると思いますがタイヤ交換で劇的に変わります。新車装着タイヤで気になる方はコンフォート系の交換をオススメします。自身はプライマシー4に交換しましたが改善しました。
国産のプレミアムコンフォートに交換したら更に良くなるでしょう
静粛性や乗り心地は同乗者によく褒められたので悪くはないと思います
【燃費】
21〜27、冬場は19〜22と悪くなります。
【価格】
オーダー開始当日に購入して乗り出し一括330
【総評】
3万キロで車両本体価格に対して78%以上で売却出来たのでセダン(ハッチバック?)としてはリセールバリューも悪くはないと思います。発売前に注文したので値引きも少なかったですが助かりました
ナビはT-connectにしましたが3度ほど案内しなくなりフリーズする事がありました。
価格を考えたら社外ナビでもいいかもしれません。
運転していてつまらない車ではあるが走行性能自体は高く、移動を目的とした日常の足としては優秀でした。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
神奈川県

新車価格
292万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あわもんさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:870人
  • ファン数:3人
満足度2
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地2
燃費5
価格2

代車として、1週間乗った感想
【エクステリア】見慣れたとは言え、素晴らしいデザイン。いかにも感は、拭えないが、フロントとサイドは、未だに飽きない。

【インテリア】未来的なデザインは、そのまま進化系であり、視認性を考慮して、全てがスッキリとしている。
ただ、インパネ周りのプラスチックばっかり感が値段に釣り合っておらず、もう少し、良い素材感が出せるハズなのに惜しい。全体的な雰囲気がよいだけに実に惜しい。

【エンジン性能】いただけない。熟成されたHVのはずが、電気とエンジンが掛かった感がはっきり解り、音質もブルブル感も結構ハッキリと解る。今の時代もう少し、遮音性やエンジンマウントをなんとか出来そうに思うが、設計が古いのかも
しれない。新型のハリアーやヤリスは、その辺が実に巧妙かつ静かだ。

【走行性能】固い。HVは、重量があるのだから仕方無しかもしれないが、段差のいなし方が悪い。カーブの性能は、素晴らしい。坂道でのトルク感はかなりある。高速におけるその走りは、この車に合っている。

【乗り心地】全般に固い。その結果、色んなところからガタガタ音が絶えない。

【燃費】素晴らし過ぎる。これは、我が国の技術力の高さが光る。

【価格】内装や足回りを何とかできれば、適正価格であるが、今のままでは、高く感じる。

【総評】歴史が変わる、その時代のトップアスリートも既に壮年期に入った感がある。ご苦労様でした。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格を見る

プリウス
トヨタ

プリウス

新車価格:259〜364万円

中古車価格:4〜387万円

プリウスをお気に入り製品に追加する <1175

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

プリウスの中古車 (全4モデル/8,049物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
プリウスの中古車 (全4モデル/8,049物件)