『「コスパ抜群」ってなに?』 CREATIVE Aurvana Live! HP-AURVN-LV ディープリズムさんのレビュー・評価

Aurvana Live! HP-AURVN-LV 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥7,938

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥7,938〜¥7,938 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:10Hz〜30kHz Aurvana Live! HP-AURVN-LVのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVの価格比較
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVの店頭購入
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのスペック・仕様
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのレビュー
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのクチコミ
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVの画像・動画
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのピックアップリスト
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのオークション

Aurvana Live! HP-AURVN-LVCREATIVE

最安価格(税込):¥7,938 (前週比:±0 ) 発売日:2007年11月上旬

  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVの価格比較
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVの店頭購入
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのスペック・仕様
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのレビュー
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのクチコミ
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVの画像・動画
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのピックアップリスト
  • Aurvana Live! HP-AURVN-LVのオークション

『「コスパ抜群」ってなに?』 ディープリズムさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Aurvana Live! HP-AURVN-LVのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:80件
  • 累計支持数:688人
  • ファン数:28人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
61件
1467件
スピーカー
3件
88件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
20件
もっと見る
満足度5
デザイン2
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性2
「コスパ抜群」ってなに?

【デザイン】
メタルハウジングも珍しくなくなってきた価格帯、定価を考えるとプラスチッキーで安っぽいと言われても否定できず。

けれども今となっては貴重なバイオセルロース振動板搭載機。

【音質】
5000円以下、幅広いジャンルに対応。
スマホ直差しなんて環境でも、立体的な音場を形成、ボーカルにも艶があり、退屈にならない味付けされていると感じるし、ヘッドホンの音場と同価格帯のイヤホンとの音場の違いを体感できる。

よく平凡とか、つまらない音なんていうひともいるけど、ドンシャリとか派手な音に慣れすぎてるんじゃないかなって思います。

アルバナライブと比較するとakgのk240sの方が刺激がない音だし、フォステクスのth-7の方がボーカルが味気ない。

なのでコイツを器用貧乏とかつまらないって評価する人は、器用貧乏の凄さがわかってない、音の好み、聴く音楽のジャンルたぶん偏ってるなって僕は思います。

あと音場に関しては不思議ことに、スマホ直差しだと低音とか定位がゆるくなりますが、その分音場全体を把握しずらくなってウォークマン直差しより広く感じることもあり、逆にウォークマンに刺すと定位がカッチリして音がクリアになりますが、その分音場全体の広さが明確になり、狭いと言われる理由がわかりやすくなります。

さて、長々と書きましたが5000円以下、
スマホ直差しであれば音質面に関しては以上の点から「素晴らしい」と評価します。

ちなみにクラシック、ジャズメインで聞きますとか、ながら作業も加味するならth-7、k240sも正直ヘッドホンアンプ導入して欲しいですが、是非検討して機種です。

【フィット感】
イヤーカップ小さいんですが側圧自体は少なく快適な部類かと。
耳が大きい方は入りきらないかな?

【外音遮断性】
無評価

【音漏れ防止】
少なめ

【携帯性】
ヘッドホンだし折りたためないんで、あんまりよくない。

ー総評ー
「コスパ抜群」って言葉をよく見かけます。
「抜群」っていう言葉は群れから飛びだす、飛び抜けたものを指しますが、全てのレビュアーの意見を尊重すると、もはやコスパ抜群の群れが普通の群れとは別にできているほど、コスパ抜群って言葉は飽和してます。

もうコスパ抜群って言葉を添えなきゃ
ダメなの?負けなの?みたいな( ̄▽ ̄)

そのコスパ抜群の群れから更に抜群な有力候補が個人的にアルバナライブかなと。

…なんか書いててわけがわからなくなってきた。

写真は後日載せます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン2
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性2
「コスパ抜群」ってなに?

【デザイン】
メタルハウジングも珍しくなくなってきた価格帯、定価を考えるとプラスチッキーで安っぽいと言われても否定できず。

けれども今となっては貴重なバイオセルロース振動板搭載機。

【音質】
5000円以下、幅広いジャンルに対応。
スマホ直差しなんて環境でも、立体的な音場を形成、ボーカルにも艶があり、退屈にならない味付けされていると感じるし、ヘッドホンの音場と同価格帯のイヤホンとの音場の違いを体感できる。

よく平凡とか、つまらない音なんていうひともいるけど、ドンシャリとか派手な音に慣れすぎてるんじゃないかなって思います。

アルバナライブと比較するとakgのk240sの方が刺激がない音だし、フォステクスのth-7の方がボーカルが味気ない。

なのでコイツを器用貧乏とかつまらないって評価する人は、器用貧乏の凄さがわかってない、音の好み、聴く音楽のジャンルたぶん偏ってるなって僕は思います。

あと音場に関しては不思議ことに、スマホ直差しだと低音とか定位がゆるくなりますが、その分音場全体を把握しずらくなってウォークマン直差しより広く感じることもあり、逆にウォークマンに刺すと定位がカッチリして音がクリアになりますが、その分音場全体の広さが明確になり、狭いと言われる理由がわかりやすくなります。

さて、長々と書きましたが5000円以下、
スマホ直差しであれば音質面に関しては以上の点から「素晴らしい」と評価します。

ちなみにクラシック、ジャズメインで聞きますとか、ながら作業も加味するならth-7、k240sも正直ヘッドホンアンプ導入して欲しいですが、是非検討して機種です。

【フィット感】
イヤーカップ小さいんですが側圧自体は少なく快適な部類かと。
耳が大きい方は入りきらないかな?

【外音遮断性】
無評価

【音漏れ防止】
少なめ

【携帯性】
ヘッドホンだし折りたためないんで、あんまりよくない。

ー総評ー
「コスパ抜群」って言葉をよく見かけます。
「抜群」っていう言葉は群れから飛びだす、飛び抜けたものを指しますが、全てのレビュアーの意見を尊重すると、もはやコスパ抜群の群れが普通の群れとは別にできているほど、コスパ抜群って言葉は飽和してます。

もうコスパ抜群って言葉を添えなきゃダメなの?負けなの?バカなの?みたいな( ̄▽ ̄)

そのコスパ抜群の群れから更に抜群な有力候補が個人的にアルバナライブかなと。

…なんか書いててわけがわからなくなってきた。

写真は後日載せます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0

満足度5
デザイン2
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性2
ロングセラーは時を超えて愛される

【デザイン】
メタルハウジングも珍しくなくなってきた価格帯、定価を考えるとプラスチッキーで安っぽいと言われても否定できず。

けれども今となっては貴重なバイオセルロース振動板搭載機。

【音質】
5000円以下、幅広いジャンルに対応。
スマホ直差しなんて環境でも、立体的な音場を形成、ボーカルにも艶があり、退屈にならない味付けされていると感じるし、ヘッドホンの音場と同価格帯のイヤホンとの音場の違いを体感できる。

よく平凡とか、つまらない音なんていうひともいるけど、ドンシャリとか派手な音に慣れすぎてるんじゃないかなって思います。

アルバナライブと比較するとakgのk240sの方が刺激がない音だし、フォステクスのth-7の方がボーカルが味気ない。

なのでコイツを器用貧乏とかつまらないって評価する人は、器用貧乏の凄さがわかってないなぁ、音の好み、聴く音楽のジャンルたぶん偏ってるなって僕は思います。

あと音場に関しては不思議ことに、スマホ直差しだと低音とか定位がゆるくなりますが、その分音場全体を把握しずらくなってウォークマン直差しより広く感じることもあり、逆にウォークマンに刺すと定位がカッチリして音がクリアになりますが、その分音場全体の広さが明確になり、狭いと言われる理由がわかりやすくなります。

さて、長々と書きましたが5000円以下、
スマホ直差しであれば音質面に関しては以上の点から「素晴らしい」と評価します。

ちなみにクラシック、ジャズメインで聞きますとか、ながら作業も加味するならth-7、k240sも正直ヘッドホンアンプ導入して欲しいですが、是非検討して機種です。

【フィット感】
イヤーカップ小さいんですが側圧自体は少なく快適な部類かと。
耳が大きい方は入りきらないかな?

【外音遮断性】
無評価

【音漏れ防止】
少なめ

【携帯性】
ヘッドホンだし折りたためないんで、あんまりよくない。

以上

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった1

満足度5
デザイン2
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性2
ロングセラーは時を超えて愛される

【デザイン】
メタルハウジングも珍しくなくなってきた価格帯、定価を考えるとプラスチッキーで安っぽいと言われても否定できず。

けれども今となっては貴重なバイオセルロース振動板搭載機。

【音質】
5000円以下、幅広いジャンルに対応。
スマホ直差しなんて環境でも、立体的な音場を形成、ボーカルにも艶があり、退屈にならない味付けされていると感じるし、ヘッドホンの音場と同価格帯のイヤホンとの音場の違いを体感できる。

よく平凡とか、つまらない音なんていうひともいるけど、ドンシャリとか派手な音に慣れすぎてるんじゃないかなって思います。

アルバナライブと比較するとakgのk240sの方が刺激がない音だし、フォステクスのth-7の方がボーカルが味気ない。

なのでコイツを器用貧乏とかつまらないって評価する人は、器用貧乏の凄さがわかってないなー、音の好み、聴く音楽のジャンルたぶん偏ってるなーって僕は思います。

あと音場に関しては不思議ことに、スマホ直差しだと低音とか定位がゆるくなりますが、その分音場全体を把握しずらくなってウォークマン直差しより広く感じることもあり、逆にウォークマンに刺すと定位がカッチリして音がクリアになりますが、その分音場全体の広さが明確になり、狭いと言われる理由がわかりやすくなります。

さて、長々と書きましたが5000円以下、
スマホ直差しであれば音質面に関しては以上の点から「素晴らしい」と評価します。

ちなみにクラシック、ジャズメインで聞きますとか、ながら作業も加味するならth-7、k240sも正直ヘッドホンアンプ導入して欲しいですが、是非検討して機種です。

【フィット感】
イヤーカップ小さいんですが側圧自体は少なく快適な部類かと。
耳が大きい方は入りきらないかな?

【外音遮断性】
無評価

【音漏れ防止】
少なめ

【携帯性】
ヘッドホンだし折りたためないんで、あんまりよくない。

以上

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Aurvana Live! HP-AURVN-LV」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Aurvana Live! HP-AURVN-LVのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Aurvana Live! HP-AURVN-LV
CREATIVE

Aurvana Live! HP-AURVN-LV

最安価格(税込):¥7,938発売日:2007年11月上旬 価格.comの安さの理由は?

Aurvana Live! HP-AURVN-LVをお気に入り製品に追加する <292

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意