『今まで分からなかった…お蔵入りからの復活です!!』 ヤマハ NS-1000MM-B 福音史家さんのレビュー・評価

NS-1000MM-B 製品画像

拡大

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

  • メーカー希望小売価格(税別):¥30,000
  • 登録日:2003年 6月 6日

タイプ:ステレオ 再生周波数帯域:70Hz〜24KHz インピーダンス:6Ω NS-1000MM-Bのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • NS-1000MM-Bの価格比較
  • NS-1000MM-Bの店頭購入
  • NS-1000MM-Bのスペック・仕様
  • NS-1000MM-Bのレビュー
  • NS-1000MM-Bのクチコミ
  • NS-1000MM-Bの画像・動画
  • NS-1000MM-Bのピックアップリスト
  • NS-1000MM-Bのオークション

NS-1000MM-Bヤマハ

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 登録日:2003年 6月 6日

  • NS-1000MM-Bの価格比較
  • NS-1000MM-Bの店頭購入
  • NS-1000MM-Bのスペック・仕様
  • NS-1000MM-Bのレビュー
  • NS-1000MM-Bのクチコミ
  • NS-1000MM-Bの画像・動画
  • NS-1000MM-Bのピックアップリスト
  • NS-1000MM-Bのオークション

『今まで分からなかった…お蔵入りからの復活です!!』 福音史家さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5
今まで分からなかった…お蔵入りからの復活です!!

B級オーディオ派を自認する私、過去に電器店でその容姿に惹かれ(店員はNS-10Mよりいい音だと勧めてくれた)、こいつを購入したものの、PHILIPSのアンプ"LHH A200"では、高音に雑味が感じられ、使う気になれずに10年以上お蔵入り状態だった。

半年ほど前、展示品処分のKENWOODのアンプ"R-K1000-N"を手に入れてから(価格コムとアマゾンのレビューを参考にした…)、その分解能の高さ(スペックではSN比:120db)に感激し、気に入りのスピーカーをとっかえひっかえ楽しんでますが、「もしや…」と思い、このスピーカーを繋いでみたら(フルレンジ派です)…驚き桃の木山椒の木(古〜ぅ!!)、高域が綺麗に聞こえる!

…そうか、"オーディオの足跡"の解説で、「シアターサウンドのために開発された」とあるように、こいつは人の言葉が明瞭に聞こえる様、高域の成分が多めにチューニングされていたんだ…多チャンネル再生とか、センタースピーカーとか無かった時代だもんな…という訳で、"R-K1000-N"で鳴らして初めてこのスピーカーの真価を実感できた次第です。で、オーケストラを聴く際の選択肢の一つに加えることにしました(モニター的に使えそうだ…)。お蔵入りからの復活だ!!

でも、大好きなカーペンターズや室内楽、お気に入りのジャズヴォーカルを聴くのには、やっぱり中域がふっくらしたフルレンジがいいなぁ…(最近、KENWOODのLS-K731が気になっている…)

[結論]
◎広帯域でフラットな特性

◎高分解能(優秀なデジタルアンプでこそ真価を発揮する高域)

◎やや高域がきつい(シアターサウンド系)

◎密閉だが持ち上げれば低域も結構出る!

◎中域はフルレンジ派の私には少々引っ込んで聞こえてしまう…

◎マルチウェイなので、音楽のパトスがもりもりとこみ上げてくるタイプではなく、素っ気ないくらい冷静な鳴り。

[オチ]ということで、雑誌"AudioBasic"に載ってた昔のキャッチ・フレーズ通り「良いアンプで鳴らして欲しい。」

[再評価]小型マルチウェイということなら他社のゼネラル・オーディオ的なものとは一線を画すであろうこいつがダントツだろう(まともな小型マルチウェイ+密閉って他にあるかな?)!!

古〜い、AKAIのSW-7U(高域特性がかなり良い密閉2ウェイ)を手に入れてから、スピーカー設計における高域再生の難しさ─http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higa0109.html#010902 を参考にさせてもらった!─を思い知った後の再評価となるが、このNS-1000MMの中高域、かなり良い。ただし、デジタルプリで2kHz、10kHzともに-6dbして聴いてます。カーペンターズを聴いていると、バックのヴァイオリン群の音の実体感がすばらしいし、ミラノのソナルト社が1959年に残した名録音、ヴィヴァルディの「四季」(独奏:Ayo)をこの上なく鮮度高く再生してくれる!!…「一生もの」になりそうだ…

[スペック補足]ウーファーのエッジは布系で長持ちしそう。スコーカーはソフト・ドームで、ツィーターはポリ(金属?)系のハード・ドームみたい。ドーム・ユニットにはディフューザーが付いている。各ユニットは金属ネットで保護されてるし、箱がしっかりしてるので、中古でもいいものに出会える確率が高そうだ…

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった9人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5
今まで分からなかった…お蔵入りからの復活です!!

B級オーディオ派を自認する私、過去に電器店でその容姿に惹かれ、こいつを購入したものの、PHILIPSのアンプ"LHH A200"では、高音に雑味が感じられ、使う気になれずに10年以上お蔵入り状態だった。

半年ほど前、展示品処分のKENWOODのアンプ"R-K1000-N"を手に入れてから(価格コムとアマゾンのレビューを参考にした…)、その分解能の高さ(スペックではSN比:120db)に感激し、気に入りのスピーカーをとっかえひっかえ楽しんでますが、「もしや…」と思い、このスピーカーを繋いでみたら(フルレンジ派です)…驚き桃の木山椒の木(古〜ぅ!!)、高域が綺麗に聞こえる!

…そうか、"オーディオの足跡"の解説で、「シアターサウンドのために開発された」とあるように、こいつは人の言葉が明瞭に聞こえる様、高域の成分が多めにチューニングされていたんだ…という訳で、"R-K1000-N"で鳴らして初めてこのスピーカーの真価を実感できた次第です。で、オーケストラを聴く際の選択肢の一つに加えることにしました(モニター的に使えそうだ…)。お蔵入りからの復活だ!!

でも、大好きなカーペンターズや室内楽、お気に入りのジャズヴォーカルを聴くのには、やっぱり中域がふっくらしたフルレンジがいいなぁ…(最近、KENWOODのLS-K731が気になっている…)

[結論]
◎広帯域でフラットな特性◎高分解能(優秀なデジタルアンプでこそ真価を発揮する高域)

◎やや高域がきつい(シアターサウンド系)◎密閉だが低域も結構出せる!

◎中域はフルレンジ派の私には少々引っ込んで聞こえてしまう…

◎マルチウェイなので、音楽のパトスがもりもりとこみ上げてくるタイプではなく、素っ気ないくらい冷静な鳴り。

[オチ]ということで、"AudioBasic"に載った昔のキャッチ・フレーズ通り「良いアンプで鳴らして欲しい。」

[再評価]小型マルチウェイということなら他社のゼネラル・オーディオ的なものとは一線を画すであろうこいつがダントツだろう(まともな小型マルチウェイ+密閉って他にあるかな?)!!

古〜い、AKAIのSW-7U(高域特性がかなり良い密閉2ウェイ)を手に入れてから、スピーカー設計における高域再生の難しさ─http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higa0109.html#010902 を参考にさせてもらった!─を思い知った後の再評価となるが、このNS-1000MMの中高域、かなり良い。ただし、デジタルプリで2kHz、10kHzともに-6dbして聴いてます。カーペンターズを聴いていると、バックのヴァイオリン群の音の実体感がすばらしいし、ミラノのソナルト社が1959年に残した名録音、ヴィヴァルディの「四季」(独奏:Ayo)をこの上なく鮮度高く再生してくれる!!

[スペック補足]ウーファーのエッジは布系で長持ちしそう。スコーカーはソフト・ドームで、ツィーターはポリ(金属?)系のハード・ドームみたい。ドーム・ユニットにはディフューザーが付いている。各ユニットは金属ネットで保護されてるし、箱がしっかりしてるので、中古でもいいものに出会える確率が高そうだ…

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった0

満足度4
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5
今まで分からなかった…お蔵入りからの復活です!!

B級オーディオ派を自認する私、過去に電器店でその容姿に惹かれ、こいつを購入したものの、PHILIPSのアンプ"LHH A200"では、高音に雑味が感じられ、使う気になれずに10年以上お蔵入り状態だった。

半年ほど前、展示品処分のKENWOODのアンプ"R-K1000-N"を手に入れてから(価格コムとアマゾンのレビューを参考にした…)、その分解能の高さ(スペックではSN比:120db)に感激し、気に入りのスピーカーをとっかえひっかえ楽しんでますが、「もしや…」と思い、このスピーカーを繋いでみたら(フルレンジ派です)…驚き桃の木山椒の木(古〜ぅ!!)、高域が綺麗に聞こえる!

…そうか、"オーディオの足跡"の解説で、「シアターサウンドのために開発された」とあるように、こいつは人の言葉が明瞭に聞こえる様、高域の成分が多めにチューニングされていたんだ…という訳で、"R-K1000-N"で鳴らして初めてこのスピーカーの真価を実感できた次第です。で、オーケストラを聴く際の選択肢の一つに加えることにしました(モニター的に使えそうだ…)。お蔵入りからの復活だ!!

でも、大好きなカーペンターズや室内楽、お気に入りのジャズヴォーカルを聴くのには、やっぱり中域がふっくらしたフルレンジがいいなぁ…(最近、KENWOODのLS-K731が気になっている…)

[結論]
◎広帯域でフラットな特性◎高分解能(優秀なデジタルアンプでこそ真価を発揮する高域)

◎やや高域がきつい(シアターサウンド系)◎密閉だが低域も結構出せる!

◎中域はフルレンジ派の私には少々引っ込んで聞こえてしまう…

◎マルチウェイなので、音楽のパトスがもりもりとこみ上げてくるタイプではなく、素っ気ないくらい冷静な鳴り。

[オチ]ということで、"AudioBasic"に載った昔のキャッチ・フレーズ通り「良いアンプで鳴らして欲しい。」

[再評価]小型マルチウェイということなら他社のゼネラル・オーディオ的なものとは一線を画すであろうこいつがダントツだろう(まともな小型マルチウェイ+密閉って他にあるかな?)!!

古〜い、AKAIのSW-7U(高域特性がかなり良い密閉2ウェイ)を手に入れてから、スピーカー設計における高域再生の難しさ─http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higa0109.html#010902 を参考にさせてもらった!─を思い知った後の再評価となるが、このNS-1000MMの中高域、かなり良い。ただし、デジタルプリで2kHz、10kHzともに-6dbして聴いてます。カーペンターズを聴いていると、バックのヴァイオリン群の音の実体感がすばらしいし、ミラノのソナルト社が1959年に残した名録音、ヴィヴァルディの「四季」(独奏:Ayo)をこの上なく鮮度高く再生してくれる!!

[スペック補足]ウーファーのエッジは布系で長持ちしそう。スコーカーはソフト・ドームで、ツィーターはポリ(金属?)系のハード・ドームみたい。ドーム・ユニットにはディフューザーが付いている。各ユニットは金属ネットで保護されてるし、箱がしっかりしてるので、中古でもいいものに出会える確率が高そうだ…

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった0

満足度4
デザイン5
高音の音質5
中音の音質4
低音の音質3
サイズ5
今まで分からなかった…お蔵入りからの復活です!!
 

"AudioBasic"に載った古い記事

外側の一番下!ウーファーが少し隠れていますが…反対側の壁近くで聴くと低音が…

 

B級オーディオ派を自認する私、過去に電器店でその容姿に惹かれ、こいつを購入したものの、PHILIPSのアンプ"LHH A700"では、高音に雑味が感じられ、使う気になれずに10年以上お蔵入り状態だった。半年ほど前、展示品処分のKENWOODのアンプ"R-K1000-N"を手に入れてから(価格コムとアマゾンのレヴューを参考にした…)、その分解能の高さ(スペックではSN比:120db)に感激し、気に入りのスピーカーをとっかえひっかえ楽しんでますが、「もしや…」と思い、このスピーカーを繋いでみたら(フルレンジ派です)…驚き桃の木山椒の木(古〜ぅ!!)、高域が綺麗に聞こえる!…そうか、"オーディオの足跡"の解説で、「シアターサウンドのために開発された」とあるように、こいつは人の言葉が明瞭に聞こえる様、高域の成分が多めにチューニングされていたんだ…という訳で、"R-K1000-N"で鳴らして初めてこのスピーカーの真価を実感できた次第です。で、オーケストラを聴く際の選択肢の一つに加えることにしました(モニター的に使えそうだ…)。お蔵入りからの復活です!!でも、大好きなカーペンターズや室内楽、お気に入りのジャズヴォーカルを聴くのには、やっぱり中域がふっくらしたフルレンジがいいなぁ…[結論]◎広帯域でフラットな特性◎高分解能(優秀なデジタルアンプでこそ真価を発揮する高域)◎やや高域がきつい(シアターサウンド系)◎密閉だが低域の締りはもうひとつ…◎中域はフルレンジ派の私には少々引っ込んで聞こえてしまう…[オチ]ということで、"AudioBasic"に載った昔のキャッチ・フレーズ通り「良いアンプで鳴らして欲しい。」

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「NS-1000MM-B」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
5.1chのフロントに使用  5 2015年12月8日 01:13
チビなりにいい音  5 2015年10月1日 19:35
今まで分からなかった…お蔵入りからの復活です!!  5 2013年9月29日 03:51
コストパフォーマンスは良いです  5 2013年8月23日 14:50
リビング用  4 2013年4月15日 21:40
2台目です。ずっとハマってます  5 2011年11月3日 13:44
さわやかな音です  4 2011年8月4日 23:33
購入10年目 アンプを換えてやっと良い音が出ました  4 2011年7月18日 23:17
今更ですが、良いものですね。  4 2009年10月18日 19:46
NS-1000MM-Bのレビュー  5 2009年9月21日 01:49

NS-1000MM-Bのレビューを見る(レビュアー数:13人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

NS-1000MM-B
ヤマハ

NS-1000MM-B

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2003年 6月 6日

NS-1000MM-Bをお気に入り製品に追加する <24

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スピーカー]

スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スピーカー)

ご注意