D-TK10 [ペア] レビュー・評価

D-TK10 [ペア]

  • 高峰楽器製作所とのコラボレーションで作られたギターアコースティックスピーカー。キャビネットにはマホガニー材を使用。
  • アコースティックギターならではの技法を随所に採用。内面の適所にはギター工法独特の「力木」を配置し、綿密なチューニングを施している。
  • バッフルを含むほかの面は、1枚の積層板を大きくラウンドさせることで、キャビネット内部・外部での有害な定在波や回折波を根本的に排除する。
D-TK10 [ペア] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥126,642 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥160,000
  • 発売日:2005年12月 5日

店頭参考価格帯:¥― (全国30店舗)最寄りのショップ一覧

販売本数:2台1組 タイプ:ステレオ 形状:ブックシェルフ型 再生周波数帯域:50Hz〜100KHz インピーダンス:4Ω D-TK10 [ペア]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • D-TK10 [ペア]の価格比較
  • D-TK10 [ペア]の店頭購入
  • D-TK10 [ペア]のスペック・仕様
  • D-TK10 [ペア]のレビュー
  • D-TK10 [ペア]のクチコミ
  • D-TK10 [ペア]の画像・動画
  • D-TK10 [ペア]のピックアップリスト
  • D-TK10 [ペア]のオークション

D-TK10 [ペア]ONKYO

最安価格(税込):¥126,642 (前週比:±0 ) 発売日:2005年12月 5日

  • D-TK10 [ペア]の価格比較
  • D-TK10 [ペア]の店頭購入
  • D-TK10 [ペア]のスペック・仕様
  • D-TK10 [ペア]のレビュー
  • D-TK10 [ペア]のクチコミ
  • D-TK10 [ペア]の画像・動画
  • D-TK10 [ペア]のピックアップリスト
  • D-TK10 [ペア]のオークション

満足度:4.72
(カテゴリ平均:4.54
レビュー投稿数:16人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.84 4.43 -位 見た目のよさ、質感
高音の音質 4.79 4.38 -位 高音部の音質の良さ
中音の音質 4.78 4.43 -位 中音部の音質の良さ
低音の音質 3.88 4.17 -位 低音部の音質の良さ
サイズ 4.86 4.43 -位 省スペース性・コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

D-TK10 [ペア]

D-TK10 [ペア]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「広さ:6〜7畳」で絞込んだ結果 (絞込み解除

D_dropさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
10件
イヤホン・ヘッドホン
7件
3件
タブレットPC
1件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
中音の音質4
低音の音質3
サイズ5

家族がひょんなことから入手したため、簡潔にレビューしておきたいと思います。

【デザイン】
大きさの割に高級感のある良いデザインかと思います。また、背面も美しく印象が良いです。

【高音の音質】
一番の美点。D-112Eなども所持していますが、ほぼ同じ大きさながらやはり格上のツィーターです。
若干金属っぽい鳴りが潜んでいる気がするものの、分解能や表現力はさすがという印象。
比較的寒色系で情報量重視の特性からなのか、非常に弦楽器や金属系のパーカッションに秀でています。

【中音の音質】
あまり癖がない部分。高域がよく伸び、低域がやや問題児であることからあまり目立たない印象はあります。
ただ、周波数特性上は癖がないのだとしても、大抵中域の音は「やや高域」と「やや低域」が付随するため、
曲によっては少しバランスを崩すこともあるような感じも。

【低音の音質】
シンプルな構成の音源(バイオリン1本やアコースティックギターソロなど)であれば、
サイズを超えた低域の伸び、と言えるのですが箱なりに頼っているからなのか、
どうしても団子になり易い、という印象は拭えません。
また、ゲイン上昇に従い箱なりも強まりますので、悲しいかな悪目立ちすることがかなり多いです。
特にドラムのキックとベースが入ってくるようなロック系楽曲だと低域の粒は全く見えなくなることも。

【サイズ】
恐らく上記の特性(低域が暴れる、ゲイン上昇に弱い)や、定位の良さ、音場の狭さなどから、
ニアフィールド用として捉えた方がよいスピーカーだと感じます。
大音量ではなく、机の上で小音量をBGMとして流すためのスピーカーとして考えれば、
不満は出ないと思いますし、そう考えればこのサイズはピッタリだと思います。

【総評】
ある意味超優等生なD-312Eの後に出たというタイミングからも、恐らく個性重視のスピーカーなのだろうと感じます。
また、他の方の意見とは少し違いますが、正直そこまでアンプを奢る必要を感じないスピーカーだと感じました。
勿論良いアンプには応えてくれますが、良いアンプを使うことで受けるであろう恩恵の所在が
ちょうどこのスピーカーの弱点部分で、欠点の根本的な改善には繋がらないので、
そこそこの機材でもこのスピーカーの良さ自体は恐らく味わえます。

ただ、アンプの音の傾向は選びそうです。少なくとも艶が強く出力もあるアンプだと、
悪い部分がかなり前に出てくるのでは…と感じる部分が多いです。

ただ、メインに良いスピーカーがあり、サブでシンプルな曲を聴きたい、などという用途であれば、
非常に優秀なスピーカーなのではないでしょうか。

使用目的
ジャズ
ロック
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ふうせんかずらのハートさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:212人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
17件
125件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
97件
スピーカー
1件
59件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

KT150PPで鳴らしています。

GEC KT88もおすすめ

KA-10SHmk2をプリアンプ化しました。オートトランスの音が良いです。

非常に個性的なスピーカーだと思います。
オーディオイベントで音を聴いて衝動買いしました。その後このスピーカーを鳴らし切れるアンプを探して純A級アンプを買いました。
まず4Ω:80dB/W/mは非常に能率の悪いスピーカーで、アンプに力がないとこのスピーカーの能力を引き出せません。ONKYOのアンプでは十分な音量を取る前に歪みが出たり、このスピーカーのアコースティックな艶が存分に発揮できないかも知れません。D-TK10はとても潜在能力のあるスピーカーです。
以下はCDP YAMAHA CD-S1000/AMP LUXMAN L-550AIIでの感想です。
音質はやはり弦楽器が大変得意で、撥弦楽器の共鳴や擦絃楽器の艶は特筆すべきです。箱自体がギターのようになるのでスピーカー自らが歌うようです。良くも悪くも、どんなアンプを合わせようとも、スピーカー自体の奏でる音はある程度色濃く出ます。私はLUXMANの純A級を使っていますが、ラックストーンにこのスピーカーの音が合わさって伸びやかで深く艶のある滑らかな音になっています。クラシック中心で低音の不足は感じませんし、真鍮製のインシュレーターで低音の濁りがとれて解像感があがりました。(エレクトロニカを聴いても低音の不足は感じませんでした。この辺は好みの問題になってくると思います) ONKYOのアンプではやや不十分だった管楽器の音も今のシステムでは申し分なく、総じて一日中聴き疲れせずに音楽を楽しく聴くには最高レベルの環境だと思っています。音質からは想像できないほど小型のスピーカーで置き場所には困らないですが、3Wayモニター系スピーカーの代用にはならないと思います。念のため。
D-TK10は自ら音を奏でるという不思議なスピーカーです。好きな人にはツボだと思いますが、アンプに要求されるものも高いので、このスピーカーに環境を奢ってあげられない場合は何かと不満も出ると思います。ただ機嫌良く歌ってくれるととても素晴らしい音です。その個性故、できれば自分のシステムに近いセッティングで試聴されることをお薦めします。


追記。。。。。

さて、まるまる四年の月日が経過しました。筐体の経年変化などもあるかと思います。楽器は3年経つと良く鳴り出します。

今回引越しし、新しい家にオーディオを設置しました。やはりセッティングが大切であることを痛感しました。

スピーカースタンドは木製の無垢ものがお勧めです。このスピーカーの箱鳴りを殺さず、ともに歌うスタンドが必要です。

インシュレーターが必要です。黒檀ブロックは低音を出すのに有効です。真鍮インシュレーターは解像度を上げるのに有効です。

アンプはA級アンプがオススメです。低能率なのでアンプにはパワーが要ります。

季節や気候の変化にも敏感です。寒いと音もこわばりがちです。

ソースは小編成、バロックオケくらいまでの編成ならOK
SACD音源のように音数多いものはしんどい時があります。
室内楽でも声楽8人、ヴィオラダガンバ6声とかになるとちょっとゴチャゴチャしてきます。
BIBERのミサなんかは人数多くてもスケール感や荘厳さはかなり出ます。

プレーヤーやDAコンバーターは良いものを使う方がスピーカーの能力を引き出せると思います。定位も空間表現も悪くないです。


追記の追記。。

ひょんなことでめぐり逢わせた真空管アンプ。KT88プッシュプルで、オールタンゴトランスの重量級アンプ。
この夏に廃業したタンゴトランスですが、定格100Wの出力トランス、450mAの電源トランス、1H400mAのチョークを載せて、KT88には無理させず、48W+48Wの駆動力。
自作される方に譲り受けました。
敬意を払い回路には手を入れず、セッティングを煮詰め、前段をテレフンケンに変え、電源ケーブルをラックスマン標準ケーブルに。

今までこんなに朗々とスピーカーが歌っただろうか、という鳴りっぷりに。
音の透明感、密度感、奥行き、実在感、定位、空間に浮かぶ音像、引き締まった弾力ある低音。

クラシック、ジャズ、ロック、エレクトロニカ、音源の質には大らかに、楽しい音が出るようになりました。

音楽に引き込まれるので、スピーカーの前に座って本を読んでもちっとも集中できないのが困ったもんです。笑


追記の追記の追記。。。。。
ほとんど鳴らし切ってるかと思えるようになったので、現在の環境だけ列記します。

音源はSACDおよびiTunesロスレス、DSD録音生データ
再生ソフトはAudirvana plus
DAC/SACDプレーヤーはYAMHA CD-S3000
Ortofon refarence Ag RCA
プリアンプ
KA-10SHmk2 AZcap NS-2B modにtelefunken e88cc
オートトランス出力680Ω
47lab自作ケーブル
メインアンプ
KT150PPで、これは先のアンプに数か月前に発売になったKT150真空管を差し替えたもの。
定電流管テレフンケンEF86
初段テレフンケン12AU7
位相反転エレハモ12BH7A
出力管KT150 プレート電流95mA
出力60W+60W

KT150はKT120の改良管でプレート損失70Wを誇ります。広大な音場とクリアで優雅な音を両立させています。現代管に一石を投じる真空管だと思います。

これをもって、私はトランジスタアンプの全てを処分し、自作真空管アンプへの道に入ることと致します。

使用目的
クラシック・オペラ
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった20人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

圭二郎さん

  • レビュー投稿数:139件
  • 累計支持数:390人
  • ファン数:81人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
9件
1654件
ヘッドホンアンプ・DAC
14件
1224件
プリメインアンプ
1件
1110件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質4
サイズ5

ONKYO随一の低能率スピーカーです。A-933やYAHAMA A-S2000で鳴らしてみましたが本領発揮まで至りませんでした。ただ、駆動力のあるアンプで鳴らすとサイズを超えた開放的鳴り方に変わります。
P-3000RとM-5000Rでジャズを鳴らしていた時、試作の大型スピーカーに引けを取らないスケールで鳴っていました。アンプ選ぶは大変ですが嵌れば歌う様にスピーカーが鳴いてくれます。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アリス_イン_ワンダーランドさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
4件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質3
中音の音質4
低音の音質2
サイズ5

1.第一印象
 デザインが非常に個性的なため、この形が受け入れられるか否かが第一関門でしょうね。
 個人的には、楽器の一部を切り取ったようなデザインがとても好き。
 ただ、あのツイーターの形状はどうしても好きになれません。

2.インプレッション
 クラシックのフルオケを満足に鳴らすことは無理ですね。
 各パートが鮮明に聴こえるという方もいらっしゃいますが、かなり疑問です。
 基本的に小規模編成向き。
 中高音はこの価格帯なら特筆物だと思います。
 低音はこの大きさのエンクロージャー・クラスなら十分とも言えますが、どこまで妥協できるかが印象を左右すると思います。
 また、このスピーカーの特徴を活かすためには、音量をある程度上げる必要があることには留意すべきでしょうね。
 小音量ではこのスピーカーの特徴を活かしきるのは難しいと思います。
 弦楽器などが見事にハマったときは、このスピーカー独自の世界を描いてくれます。
 形状も個性的ですが、音質も個性的です。
 ただ、アコースティック系なら何でも素晴らしいかというと、実はそうでもなく、ソース次第という印象を受けました。

3.まとめ
 このスピーカーは、一言でいえばONKYOの遊び心が溢れるスピーカー。
 こんなスピーカーに出会えたことを素直に喜んでいます。  

使用目的
クラシック・オペラ
設置場所
リビング
広さ
6〜7畳

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

D-TK10 [ペア]
ONKYO

D-TK10 [ペア]

最安価格(税込):¥126,642発売日:2005年12月 5日 価格.comの安さの理由は?

D-TK10 [ペア]をお気に入り製品に追加する <100

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スピーカー]

スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スピーカー)

ご注意