『小さなレンズに潜む無限の可能性。』 ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S Customer-ID:u1nje3raさんのレビュー・評価

Ai Nikkor 50mm f/1.2S 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥35,200 (11製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥75,000

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:50mm 最大径x長さ:68.5x47.5mm 重量:360g 対応マウント:ニコンFマウント系 Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの価格比較
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの中古価格比較
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの買取価格
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの店頭購入
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのスペック・仕様
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのレビュー
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのクチコミ
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの画像・動画
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのピックアップリスト
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのオークション

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sニコン

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2002年 8月 8日

  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの価格比較
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの中古価格比較
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの買取価格
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの店頭購入
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのスペック・仕様
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのレビュー
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのクチコミ
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sの画像・動画
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのピックアップリスト
  • Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのオークション

『小さなレンズに潜む無限の可能性。』 Customer-ID:u1nje3raさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:235人
  • ファン数:68人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
3499件
レンズ
11件
848件
デジタルカメラ
0件
686件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
小さなレンズに潜む無限の可能性。
機種不明ソフトフォーカスフィルタとの違いは、各種収差も出ることです。
機種不明屋外ではNDフィルタがないと絞りを開けないので注意
機種不明さりげない写真が不思議な雰囲気に

ソフトフォーカスフィルタとの違いは、各種収差も出ることです。

屋外ではNDフィルタがないと絞りを開けないので注意

さりげない写真が不思議な雰囲気に

機種不明絞りを開いてピントを合わせて撮るだけで、夢の世界が撮れます
機種不明2006年シリアル400001〜からコーティングが良くなっているらしいです。
機種不明ほかのレンズでは撮れない写真が簡単に撮れます

絞りを開いてピントを合わせて撮るだけで、夢の世界が撮れます

2006年シリアル400001〜からコーティングが良くなっているらしいです。

ほかのレンズでは撮れない写真が簡単に撮れます

7枚羽根だったAiレンズの発売は1978年。
途中Ai-sになり9枚羽根になって現在に至ります。
その歴史の長さだけでも凄いものですが、
作られ続けている理由はその描写の特殊性にあります。

【操作性】
絞りとピント合わせだけです。
ピントリングは、回転角も感触もちょうどよくて、いい感じです。
MFレンズでピント面はカミソリですが、
結局はライブビュー拡大でピント合わせすることになると思います。
ピント合わせに手間がかかりますが、フィルムカメラで使う場合に比べたら
とても難易度がさがりますので、デジタルでの使用がお勧めです。

【表現力】
f1.2やf1.4では、いまどきのレンズでは考えられないような
夢の世界のような画が出ます。
特にコマ収差と色収差の複合による表現がおもしろく、
なんでもf1.2で撮りたくなります。
f1.2の作例を6枚貼っておきますのでご参考まで。
 
このレンズの価値は開放F値が小さいことによって
ボケることだけでなく、この表現にあります。
 
もしAF-Sでリニューアルされたとしても、
この表現を得ることは叶わないのではと思います。
※しかし、買ってマウント周辺を観察するとわかるのですが、
後玉が大きすぎて、電子接点が入る幅がないように見えます。
AF-D版がない理由は、ここにあるように思います。
 
なお、f2.8に絞ると、普通の表現に近づき、
f4〜で今時のレンズと変わりない表現に追いつきます。
Ai-s 50/f1.4と比べると、絞り込むと、
同じ絞り値ではよりシャープに写るらしいです。

【携帯性】
体積が小さいわりに、360gあるので重い印象がありますが、
それでも、フルサイズ対応でf値を考えたら素晴らしい携帯性です。

【機能性】
現在のデジタルボディとの組み合わせでは、
ライブビュー中に、絞りリングで各絞り値での表現を
リアルタイムに確認できます。
(D600でもAi-sレンズはリアルタイムで絞りが変わります)
強烈なクセ玉と言われるレンズですが、撮る前に確認できてしまうので、
ある程度制御可能、ということになります。

【総評】
シャープで、収差がなくて、ボケが素直なレンズが良いレンズ、
という価値観の方には、箸にも棒にも掛からないレンズですが、
その向こう側を求めて、沼を彷徨っている方には、
オススメしたいレンズです。
 
なお製品写真からは、いまいち分からないのですが、
「みためがカッコイイ」レンズでもあります。
鏡胴のなかはガラスが一杯に詰まっていて、
ピントリングがちょっと太くなってグラマラス。
文字刻印は、アナログで古臭いデザインなのが逆に新鮮です。
ツアイスやコシナと違い、かっこ良く作ろうとして
かっこ良くなったのではない、
機能美を満たしたら自然とこういうデザインになった、
という天性的なかっこ良さが素晴らしいのです。
 
f値と、表現と、鏡胴デザインと、それら総括して考えて、
いま現在の価格は、バーゲンプライスだと思います。
これツアイス銘だったら、20万くらい付いてもおかしくないですから。
 
中古待ちをしてたんですが、ほとんど出てこないですね。
結局、新品で買いました。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Ai Nikkor 50mm f/1.2S」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Fマウント唯一だった純正F1.2レンズもついに製造終了  4 2020年11月7日 20:14
多彩な表現。  5 2019年4月13日 23:46
常用レンズ  5 2018年3月16日 12:10
現行Gに真っ向勝負できます  5 2018年1月18日 23:31
f2.0からステキ  5 2017年11月17日 02:00
暗いところはダメなような。  5 2016年12月27日 01:06
キヤノンだけじゃない!!純正50mmF1.2!!!!  4 2016年7月24日 16:55
グルグルボケとフレア、独特のボケと質感描写力。  5 2016年6月12日 09:55
絞ると化ける  5 2015年12月29日 22:05
フレアまで “味” として楽しめる、唯一無二の標準レンズ!  5 2015年5月9日 18:00

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのレビューを見る(レビュアー数:47人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ai Nikkor 50mm f/1.2S
ニコン

Ai Nikkor 50mm f/1.2S

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2002年 8月 8日

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sをお気に入り製品に追加する <365

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意