100mm F3.5 Macro AF レビュー・評価

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

  • メーカー希望小売価格(税別):¥50,000
  • 登録日:2004年 1月 9日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:100mm 最大径x長さ:68x70.5mm 重量:208g 100mm F3.5 Macro AFのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

マウントにより在庫状況に差があることが御座います。ご購入の際にご確認下さい。

ご利用の前にお読みください

  • 100mm F3.5 Macro AFの価格比較
  • 100mm F3.5 Macro AFの中古価格比較
  • 100mm F3.5 Macro AFの買取価格
  • 100mm F3.5 Macro AFの店頭購入
  • 100mm F3.5 Macro AFのスペック・仕様
  • 100mm F3.5 Macro AFのレビュー
  • 100mm F3.5 Macro AFのクチコミ
  • 100mm F3.5 Macro AFの画像・動画
  • 100mm F3.5 Macro AFのピックアップリスト
  • 100mm F3.5 Macro AFのオークション

100mm F3.5 Macro AFコシナ

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 登録日:2004年 1月 9日

  • 100mm F3.5 Macro AFの価格比較
  • 100mm F3.5 Macro AFの中古価格比較
  • 100mm F3.5 Macro AFの買取価格
  • 100mm F3.5 Macro AFの店頭購入
  • 100mm F3.5 Macro AFのスペック・仕様
  • 100mm F3.5 Macro AFのレビュー
  • 100mm F3.5 Macro AFのクチコミ
  • 100mm F3.5 Macro AFの画像・動画
  • 100mm F3.5 Macro AFのピックアップリスト
  • 100mm F3.5 Macro AFのオークション

100mm F3.5 Macro AF のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.60
レビュー投稿数:2人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
操作性 4.00 4.52 -位 取り扱いは簡単か
表現力 5.00 4.52 -位 思い通りのイメージの写真が撮れるか
携帯性 5.00 4.27 -位 軽さ、コンパクトさ
機能性 4.52 4.35 -位 AF精度やMF対応などの機能性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

100mm F3.5 Macro AF

100mm F3.5 Macro AFのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:スポーツ」で絞込んだ結果 (絞込み解除

雀のチュンチュンさん

  • レビュー投稿数:51件
  • 累計支持数:215人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
135件
レンズ
13件
88件
デジタルカメラ
1件
8件
もっと見る
満足度5
操作性4
表現力5
携帯性5
機能性5
機種不明(顔に汚れが目立つ)ダース・ベイダー(EOS M)
機種不明(それでも顔に汚れが残った撮影倍率1/2倍の)ダース・ベイダー(EOS 5Ds)
機種不明(光GENJIを除き、)レンズ購入時のヒット曲と5Dsのレンズテストチャート

(顔に汚れが目立つ)ダース・ベイダー(EOS M)

(それでも顔に汚れが残った撮影倍率1/2倍の)ダース・ベイダー(EOS 5Ds)

(光GENJIを除き、)レンズ購入時のヒット曲と5Dsのレンズテストチャート

機種不明広島・平和公園でのオマバ演説の全文(朝日新聞より複写)
機種不明東京・上野(公園)の西郷さん(の銅像)
機種不明ある公園の水と緑(レンズテストとして撮影)

広島・平和公園でのオマバ演説の全文(朝日新聞より複写)

東京・上野(公園)の西郷さん(の銅像)

ある公園の水と緑(レンズテストとして撮影)

 Windows95が流行していた当時、
「EF50mmF2.5コンパクトマクロ(以下、EF50マクロ)の接写時に、50mm特有の歪みが気になる」
ため、
「単体での最大倍率は1/2倍でも良いから、100mmクラスのマクロレンズ」
を物色した結果、
・(2世代前の)EF100mm F2.8 マクロ(以下、EF100マクロ)
・Tamron90mm(通称:タムキュ-)
よりも安価であったこのレンズを見つけ、当時、
「(パソコンに金がかかるため、)とりあえず安いレンズを購入しよう!」
という事で、
「今でも有名な東京のフ○ヤカメラ本店」
から、わざわざ取り寄せて購入したレンズ。

 実はこのレンズ、歪みどころか、当時のフィルムカメラ(EOS-1)での実写にて、
AF速度こそほぼ互角だが、
「今のEF50mmF1.8 STMとほぼ互角の光学基本性能を持つ、EF50マクロより上回っている」
という撮影感覚があり、マクロ撮影の最後の方は専らこのレンズばかり使っていた。

 21世紀に入り、マクロ撮影をしなくなった関係で、
「自宅の除湿庫の肥やし」
となっていましたが、EOS 5Ds(以下、5Ds)を購入し、レンズテストを行った結果、
「今の基準(デジタル5000万画素)でも十分通用する高い基本光学性能、
それも自身の所持するレンズでは、キヤノン製Lレンズを含めてもトップクラスである!」
事が判明した。
 以下、小数点1桁まで自己評価致しました。
(評価項目では、小数点以下は切り上げ)

【操作性】3.5
 AFは、
1.少々うるさい
2.爆速ではなく、そこそこの速度である
(EF50mm STMと同等か、幾分早い印象がある)
3.フォーカス時にフィルター部が回転しないため、PLフィルターの装着・使用は可能
等を加味し、当時の実売価格2万円からすると、まずまずというところか・・・。
 但し、5Dsで使用する場合、
4.EF100マクロと誤認識するので、レンズ補正は必ず外す
という特別に注意する事項がある。

【表現力】5+α
 2016年6月段階で自身が所持したレンズの中でも、
「トップクラスの光学性能」
と判定。

 解像度:自身の所有するレンズで、
「トップ2(上位2本)」
に入る実力。はっきりと第二グループとは差がある解像性能の高さには驚いた。
(EF50マクロは、第三グループ)

 色収差:意地の悪い撮影条件下では、ほんの少しだけ確認出来る
 各レンズ共通の5Dsの独自テストにて、(軸上)色収差がほぼ確認出来なかった、
2本(実力トップ2)のレンズの内の1本(写真3参照)。
 但し、明暗の激しい部分や噴水の水玉模様(写真4〜6)等、
かなり意地の悪いレンズテストをすると、
「若干、残存色収差がある」
みたいで、水玉自身の色収差や5DsのCMOSセンサーの癖等もあったりし、
何とも言えないレベルである。更にこの場合はアマチュアたる自分の素人眼には、
「光学レンズ設計レベルというよりも、レンズのコーティング技術の方に問題」
がありそうなレベルの色収差にも見えます。

 ボケ味:敢えて弱点を挙げれば、開放F値が3.5である事

 発色:EOSボディー+EFレンズ系の『派手で明るい色調』とは全く異にする、
実に落ち着いた色調で、
「風景・ネイチャーやマクロ撮影には適している」
ような色調。

 像面湾曲もほぼ認められないので、当時の購入価格(約2万円)を考えると、
「恐ろしい基本光学性能を持った、最大倍率1/2倍まで寄れる高性能レンズ」
という事になる。
 但し、5+α(<1)に止まるのは、
1.撮影F値によって若干、露出にバラツキが見られる時がある(実効F値問題?)
2.ほぼ5000万画素が限界の光学性能(それでも十分な高性能)

【携帯性】5
 これだけの高性能を誇るレンズがこの大きさ(68x70.5mm)と重さ(208g)なので、
携帯性で文句を言う人はまず居ないと思うので、
文句なしの5点満点(フィルター径も49mm)。

【機能性】4.7
 実売価格2万円でこれだけ高い基本光学性能と
最大撮影倍率が1/2倍まであると、
「実はそれだけで4.5点は超えている」
とも言えるが、弱点としては、
1.約20年前に購入し、今でも動作するレンズに文句を垂れるのは筋違いと思うが、
それでも耐久性
2.開放F値が2.8ではない
3.(高性能レンズには全く見えない、)余りにも安っぽい外観
等で、-0.3点の減点で4.7点。

【総評】4.9
 このレンズの売りは明らかに、
「安価な高性能単焦点レンズ」
という点にある。

 5Dsのテスト結果では、コシナ(COSINA)製であったばかりに、
「約2万円の市場価値しか付かなかった、認められなかったレンズ」
と考えられる。

 自分は、約10年前の2006年 7月に発売された『カミソリマクロ』と呼ばれ、
一説には使えない硝材が使われていたため、今では製造中止となった、
「SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DG(以下、シグマ70マクロ)」
の模写等、EF50マクロ以外の他の単焦点マクロレンズは一切知らないが、
約20年前に販売されていた、このレンズの模写性能もかなり凄い・・・。

【結論】
 『雀のチュンチュンの結論』としては、今後、50〜100mmクラスのマクロレンズは以下のようなレンズの登場が望まれる。
1.複写・接写目的なので、何よりも像面湾曲と色収差がほとんど抑え込まれている事
2.AFスピードは爆速でなくても良い(極端言えば、MFでも良い)
3.フィールドで使いやすい軽量・コンパクトで、堅牢・耐久性が高い事
4.何よりも安価である事(実売価格:\50,000以下・・・)
5.それより高価であるのなら、基本光学性能よりも、
・ずば抜けた堅牢・耐久性
・より強力な手振れ補正
が付いている事。

 そうでないと、はっきり言うとキヤノンの場合、
1.EOS APS-C系ボディー+EF50mm F1.8 STM
2.EOS M系ボディー+EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
で、
「普通の人にはそれで十分!」
という時代が来る(=もう来ている)かも知れない・・・。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

100mm F3.5 Macro AF
コシナ

100mm F3.5 Macro AF

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2004年 1月 9日

100mm F3.5 Macro AFをお気に入り製品に追加する <2

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意