D1X ボディ レビュー・評価

D1X ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。
※画像は組み合わせの一例です

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

中古
最安価格(税込):
ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥610,000

タイプ:一眼レフ 画素数:547万画素(総画素)/533万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.7mm×15.6mm/CCD 重量:1100g D1X ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • D1X ボディの価格比較
  • D1X ボディの中古価格比較
  • D1X ボディの買取価格
  • D1X ボディの店頭購入
  • D1X ボディのスペック・仕様
  • D1X ボディのレビュー
  • D1X ボディのクチコミ
  • D1X ボディの画像・動画
  • D1X ボディのピックアップリスト
  • D1X ボディのオークション

D1X ボディニコン

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2001年 5月31日

  • D1X ボディの価格比較
  • D1X ボディの中古価格比較
  • D1X ボディの買取価格
  • D1X ボディの店頭購入
  • D1X ボディのスペック・仕様
  • D1X ボディのレビュー
  • D1X ボディのクチコミ
  • D1X ボディの画像・動画
  • D1X ボディのピックアップリスト
  • D1X ボディのオークション

満足度:4.14
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:16人 
  1. 3 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.56 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 3.83 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.09 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 2.78 4.16 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 3.11 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.08 4.42 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 3.30 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.68 4.43 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

D1X ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:室内」で絞込んだ結果 (絞込み解除

hosapさん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:1296人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
46件
0件
デジタル一眼カメラ
17件
0件
レンズ
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
別機種作例1 本機にタムロン18〜270ミリを装着
当機種作例2 ISO320の描写
当機種作例3 RAWで撮影し,シルキーピックスで現像

作例1 本機にタムロン18〜270ミリを装着

作例2 ISO320の描写

作例3 RAWで撮影し,シルキーピックスで現像

当機種作例4 作例3と同じ被写体をJPEGで撮影
当機種作例5 自由作例(RAWで撮影し,シルキーピックスで調整し現像)
当機種作例6 同左

作例4 作例3と同じ被写体をJPEGで撮影

作例5 自由作例(RAWで撮影し,シルキーピックスで調整し現像)

作例6 同左

 2001年5月発売ですので発売満10歳となったカメラです。私は一度でいいからプロ機を使ってみたいという安易な理由から2009年9月にカメラのキタムラで中古美品を59,800円で購入しました。その後2010年4月にオーバーホールを行い,その際外観のゴム部品がすべて新品になりましたので見た目は新同品になりました。それから約1年,今回本機を評価しようと思い立ち,レビューすることにします。
 本サイトのD1Xの項目を閲覧しましたが,今でも書き込みがあるのですね。それだけ名機なのだなと好意的に解釈したいと思います。
【デザイン】 フィルムカメラのF5とF100を組み合わせたようなデザインです。全体の大きさはF5,トップカバーのレイアウトはF100といったところでしょうか。ボディ背面のレイアウトは古さを感じます。マグネシウム合金で作られているので重量感もあり,なおかつ高級感もあります。今日のカメラのようなラウンドデザインではないので,無骨な印象もあり,プロ機として格付けが違うことを主張しているようです。愛用の高倍率ズームレンズを付けると作例1のとおり。大きい部類に入るタムロンの18〜270ミリ(B003)が小さく見えます。
【画質】 当時のプロ機の画質とはどのようなものなのでしょうか。当時のレンズは持っていませんので,撮影は前出のタムロン18〜270ミリを使用しました。
 私の機体だけかもしれませんが,ホワイトバランスをオートにすると,撮影条件によっては赤みを帯びてしまうことが度々ありました。ホワイトバランスを手動に切り替えると色味は比較的改善されたので,ホワイトバランスオートで色味がおかしい場合は手動に切り替えた方がよいようです。
 作例2はISO320の画質です。本機の設定をデフォルトにして撮影すると,このような画像になりました。赤みを帯びているのは前出のとおりです。この感度になってはじめてうっすらとノイズがのりました。これより低感度の場合はノイズレスです。このうっすらとしたノイズ感はISO500まで上昇させても変化がなかったので,ISO320の画像でも問題ない場合は,ISO500まで続けて使えます。ISO640で画質が変化し,暗部ノイズが目立ちます。本機の最高感度ISO800はISO640と同じ画質に見えました。個人的には,ノイズの出方だけで見れば,ISO125〜250は常用範囲,ISO320〜500は条件次第で積極的に活用可,ISO640〜800は使えなくはない,という印象です。
 本機は有効画素数533万ですが,RAWにすると画素補間により4,016×2,616画素のデータとなります。つまり約1,050万画素での撮影ができます。この画素数なら今のカメラと大きな違いがありません。RAWに限りですが,1,000万画素超の画質を手に入れることができるのはうれしいことです。作例3はRAWデータをシルキーピックスで何らの調整もしないでそのまま現像したもの,作例4は同じ被写体をJPEGで撮影したものです。大きく拡大しない限りは画素数の違いはピンときません。ただ,RAWの方が発色に深みがあるというか,しっとりしています。葉の緑色はRAWデータの方が好みです。そこで本機の使い方ですが,RAWデータなら1,000万画素超のデータになるし,色味も気に入っているので,私はもっぱらRAWで撮影します。RAW1コマあたりのデータ量は7.8メガバイト程度ですからメディアにもハードディスクにも大きな負担はかけません(発売当初はすごいデータ量だったかもしれませんが)。
【操作性】 付加機能がないのでボタンの数は少なく,操作は楽です。特に撮影部分についてはそれまでのニコン機の操作性と大して変わりがありませんので,特にそう感じます。デジタル処理部(ボディ背面)についても説明書なしでも使えました。個人的には問題なしです。
【バッテリー】 購入当初のバッテリーは劣化していたので,今はサードパティ製を使用しています(純正は割高感があり購入しなかった)。純正バッテリー(EN-4)ならば1,000枚の撮影が可能だそうですが,私が使っているバッテリーはそういう性能なのか,私の電池管理が悪いのか,300コマ程度でダウンしてしまいます。それでも300コマ撮影できるならばよしとしています。
【携帯性】 個人的には重く,大きく,携帯性は不便に感じますが,そもそもプロ機であり,信頼性や堅牢性を考慮すればこのような重さ,大きさになるのでしょう。用途を考えれば納得できる妥当な重さ,大きさなのではないでしょうか。
【機能性】 デジタルエフェクトといった付加機能は一切なし。感度オート機能もありません。デジタルカメラとしての機能だけで考えると,当然ですが現在のカメラ比べるのは酷というものです。しかしながら,堅牢性,防滴性能,フィルムカメラとの操作性の統一,多彩な画像記録方式など当時のプロカメラマンが求めていたであろう機能が多数搭載されています。プロの現場を知らない私でも,本機の頑丈さや操作性,縦位置シャッターボタンの標準装備など撮影にかかわる部分の機能は便利に感じています。カメラとしての機能性は今でも通用すると思います。
【液晶】 今のカメラと比べるのは酷ですが,2.0型約13万ドットは小さく,荒いです。これでも発売当初は目を見張るものだったのでしょうが,今となっては時代の流れを感じてしまいます。
【ホールド感】 ホールディングは良好です。重いレンズでもしっかり保持・固定することができますし,レンズ内手振れ補正機構とも相まって,ファインダー像がゆらゆらしません。縦位置撮影用のシャッターボタンがついているので縦位置での撮影も快適です。
【総評】 本機は発売10年を経た今でも十分な画質を誇り,耐久性の高さはさすがプロ機だと感じます。デジタル対応のレンズを装着したり,最新の現像ソフトを使えばまだまだ使える余地はあります。今から本機をメイン機で,というわけにはいかないかもしれませんが,手にするチャンスがあればぜひ使ってみていただきたいと思います。ニコンプロ機の風格を感じることができます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

D1X ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

D1X ボディ
ニコン

D1X ボディ

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2001年 5月31日

D1X ボディをお気に入り製品に追加する <24

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意