α900 DSLR-A900 ボディ レビュー・評価

2008年10月23日 発売

α900 DSLR-A900 ボディ

フルサイズCMOSセンサーやボディ内手ブレ補正機構を備えたデジタル一眼レフカメラ。市場想定価格は330,000円前後

α900 DSLR-A900 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。

他の画像も見る

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:2570万画素(総画素)/2460万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:850g α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α900 DSLR-A900 ボディの価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの中古価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの買取価格
  • α900 DSLR-A900 ボディの店頭購入
  • α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様
  • α900 DSLR-A900 ボディの純正オプション
  • α900 DSLR-A900 ボディのレビュー
  • α900 DSLR-A900 ボディのクチコミ
  • α900 DSLR-A900 ボディの画像・動画
  • α900 DSLR-A900 ボディのピックアップリスト
  • α900 DSLR-A900 ボディのオークション

α900 DSLR-A900 ボディSONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2008年10月23日

  • α900 DSLR-A900 ボディの価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの中古価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの買取価格
  • α900 DSLR-A900 ボディの店頭購入
  • α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様
  • α900 DSLR-A900 ボディの純正オプション
  • α900 DSLR-A900 ボディのレビュー
  • α900 DSLR-A900 ボディのクチコミ
  • α900 DSLR-A900 ボディの画像・動画
  • α900 DSLR-A900 ボディのピックアップリスト
  • α900 DSLR-A900 ボディのオークション

α900 DSLR-A900 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.88
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:306人 (試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.73 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.81 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.72 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.24 4.14 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.18 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.57 4.41 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.70 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.82 4.42 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:その他」で絞込んだ結果 (絞込み解除

ピシャールさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:228人
  • ファン数:0人
満足度2
デザイン4
画質2
操作性2
バッテリー2
携帯性3
機能性1
液晶2
ホールド感2

AFが弱いです。α9のイメージをもっていたので
ここまでダメとは思いませんでした。
ファームウェアの更新後もそれほど差を感じません。
ボディの剛性感が無さ過ぎです。ふにゃふにゃです。
ニコンから持ち替えたら、操作系ボタンやリング類の危うさに愕然とします。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

北野三四郎さん

  • レビュー投稿数:116件
  • 累計支持数:696人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
40件
0件
デジタル一眼カメラ
11件
7件
メモリー
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性3
機能性3
液晶3
ホールド感4

中古で購入しました。購入理由は極めて趣味性の強いもので、一眼レフカメラ一連のシャッター感触を味わいたかったからです。シャッターボタンを押す、ミラーが上がる、フォーカルプレーンシャッターが走る、ミラーが下がる、ファインダー像が回復する、これら一連の"シャッターを切る感触""写真を撮る感覚"を味わいたかったからです。ミラーレスの電子音では決して味わえない感触・感覚です。

α900の最大の特徴は秀逸なファインダー、視野率100%で像が大きくピントの山が大変つかみやすい。
AF測距点が画面中央に集中している感がありますが、AFは正確で、光量の少ないところでもまずまず速い。AF微調整機能も装備。
α900で覗くとなんか上手い写真が撮れそうな気になります。露出も正確です。

Bodyデザインは昔風な"いかり肩"、"なで肩"よりも私的に好ましい。
防塵防滴仕様、重量感のある堅牢な作りで、グリップ形状も良好、しっかりとホールドできます。

シャッター速度範囲は1/8000-30秒。シャッターを切った時のフィーリングは、ややモサッとした感触、ミラーショックの軽減対策かも知れません。
ボディ内手ブレ補正の効果は2段分くらいか?

2008年10月発売の本品を最近のカメラと比べるのは酷とは思いますが、連続撮影速度:最高約5コマ/秒、画素数2460万画素。
高ISO撮影は苦手ですが、ISO400以下のRAW撮影を前提とするとイイ勝負をします。レンズのアラも出るので、できるだけ良いレンズを使いたくなります。


MINOLTAの頃から定評があったファインダーを集大成、トランスルーセントミラー・テクノロジー移行前の機械遺産orOVF遺産かも知れません。


レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

でっていう205さん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
49件
レンズ
13件
24件
デジタルカメラ
3件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性2
機能性4
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
ペンタプリズムを強調したデザインは最高。TLMやミラーレスを含めたSONYαで一番かっこいい。ミノルタαよりかっこいいかもしれない。

【画質】
さすがはフルサイズ……と言いたいところだが、さすがに古いため暗所では低感度でもノイズが乗ってしまう。
α700と同等の画素ピッチでフルサイズ化しているので、それよりはいくらか目立たない。
普通に使えるのはISO800までといった印象。

発色はα-7Dともα700とも似つかない独特なものになっている。全体的に重厚感のある感じ?

追記
夜の空港で使ってみたところ、α700よりもいくらか高感度でのダイナミックレンジが広いことが判明。RAW編集で明るさを持ち上げても破綻しにくい。
また、初期CMOSの特性上か、低感度で暗く撮るより高感度で明るく撮る方が良く見えるかも?

【操作性】
α-7Dほどではないが、操作系はある程度ミノルタαを継承していてとても使いやすい。
α700とほぼ変わらない操作感であるが、意味不明な配置だった「DRIVE」ボタンは押せる位置に移動しているなど、細かい改善が見られる。

【バッテリー】
α700ほどは持たない。氷点下の北海道で使ったら300枚ほどで力尽きた。
関東で空港で連写しまくっても1日は持たなかった。

【携帯性】
ペンタプリズムを積んだフルサイズの一眼レフに携帯性を求める人などいないと思うが、大きさの割には軽い。
α-7Dを持ち歩ける人なら苦労はしなさそう。

【機能性】
ミノルタレンズを存分に楽しめるボディ内手振れ補正はやはり欠かせない。さすがにα700よりはブレやすいかもしれない。
起動は一瞬。各種操作のレスポンスもよく、α2桁など比にならない。

そしてなんといっても「最強」の光学ファインダー。
マニュアルフォーカスがもはや体の一部になったような感覚でできる。ピントを外す方が難しい。
もうほかのカメラのファインダーを覗きたくなくなってしまうほど。
考えたくないですが、壊れて写真が撮れなくなったとしてもこのファインダーがあるというだけで十分な価値を持ち続けるでしょう。

AFはおまけ……と見せかけて、これもかなり改善されている。というか普通に使える。
α700でほぼ使い物にならなかった「ワイド」設定もちゃんと測距点を選んでくれるようになった。
どうやら補助測距点なるものがスクリーンに印刷されている点のほかにも仕込まれているらしく、精度も申し分ない。

AFでもMFでも、他のα三桁機とは比べ物にならないほど歩留まりが向上する。

バッファーは(デュアルBIONZのおかげか)JPEGならほぼ無尽蔵に連写を続けられるが、RAWにした瞬間に10枚しか持たなくなってしまう。24MPもあるのだから仕方ないといえば仕方ない。
書き込み完了までもかなり待たされる。

「インテリジェントプレビュー」が付いていて、サンプルを撮影してそれにWBやD-Rオプティマイザーを適用して確認できる。物撮りには便利かも?
ただ、被写界深度プレビューとどちらかの選択になり、切り替えるにはいちいちメニューを開かなくてはいけないので少し使いにくい。

【液晶】
普通にきれい。α700より色味も改善されているように見える。逆光では見づらいかも。

【ホールド感】
決して軽いボディではないが、手に合う形でしっかり握れるので、疲れは感じにくい。

【総評】
EVFに移行する前にこのカメラを出してくれたのは、αとしての意地だったのかもしれない。「OVFはこれで『完成』したのだから、今後は出さない」と言い訳でも納得してしまいそう。
修理部品が尽きた今、運良くシャッター数5000回という新品級の個体を手に入れられたので、10年以上は使ってやろうと思います。
もうこのカメラ以外でMFするなんて考えたくないです。

比較製品
SONY > α700 DSLR-A700 ボディ
コニカ ミノルタ > α-7 DIGITAL ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった13人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

りっちゃんちゃんさん

  • レビュー投稿数:52件
  • 累計支持数:357人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
37件
29件
デジタルカメラ
13件
12件
レンズ
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
とんがり帽子が、当初は、気に入りませんでしたが、金属製のボディは素晴らしい質感。

【画質】
高感度の画質のみ、不満でした。他は問題無しです。
再度購入してからは、RAWで撮影して現像しています。
そうすることで評価は、さらにあがりました。

【操作性】
スイッチやダイヤルも操作しやすく、良好です。
ただし、シャッター時のミラーの音はパコンという音で、最悪でした。

シャッター音は、S/Nが最終のものを購入したら、どちらかといえば好きな部類です。
特に改良はないと思いますので、感じ方の問題でしょう。

【バッテリー】
バッテリがなくなった経験もありません。最良のバッテリグリップと併用すれば無問題。

縦位置グリップは質感含めて良いですね。
Eマウント系のグリップはα9でようやく金属になりましたが、まだまだであると思います。

【携帯性】
サイズは、大きいですね。パンケーキレンズもないので、持ち歩きには適しませんね。
標準レンズもないので、現在のα99まで続く不満ポイント。


【機能性】
動画撮影できませんというのが、現時点では不満になるポイントでしょう。
一方、ファインダーを覗くと何もないですね。

【液晶】
古い機種ですが、現行の製品と遜色なし。

【ホールド感】
グリップしやすいです。作りが絶妙。

【総評】
現在の技術で、蘇らせて欲しいカメラ。動画とライブビューさえできれば、問題ないですね。
3600万画素のセンサーとでお願いできませんか。

現在は、ファインダーはそのままで出してもらえるとうれしいです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった14人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TXR77さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
12件
デジタル一眼カメラ
1件
10件
その他オーディオ機器
0件
9件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性3
液晶3
ホールド感5

発売前予約しての購入なので7年半経ちました。その間に撮影したのは11,000枚程度と写真愛好家レベルにも達していないとは思いますがレビューしたいと思います。

【デザイン】
好き嫌いあると思いますが私はメカっぽいデザイン好きなので気に入ってます。

【画質】
常用ISO400まで、洞窟内などSS足りないときISO800までで使用しています。粒状感もアジと考えれば十分じゃないでしょうか? それよりも露出とWBが安定しないような。
しかし暗所でもしっかりくっきり撮りたいなら他を薦めます。

【操作性】
電子操作化が進んだ頃の銀塩一眼レフカメラと同等なのではないでしょうか? 撮影に必要な機能はメニュー化せず専用ボタンで配置されているので上部液晶表示のみで運用可能で背面液晶は初期設定とポストビューで使うだけです。唯一無二のファインダとあわせ撮影に専念できます。

【バッテリー】
使用頻度が頻度なだけに、満充電から3か月くらい使えます。しかし縦位置グリップを付けていると勝手に減っていくようです(何やっているんでしょうか?)。

【携帯性】
フルサイズ機と考えればこんなものでしょう

【機能性】
今時トレンドな機能は全く無いですし、手振れ補正はありますがあくまでもアシスト機能と割り切る必要があります。

【液晶】
眼鏡をしないと生活ができないレベルの目なので撮影時ファインダで一度に全撮影範囲が確認できないことがあり、背面液晶は手持ち時どの範囲が撮れたかの確認に使用していますが明るい場所だと判らないことがあります。

【ホールド感】
よく考えられています。50/1.7でも70-200/2.8でもバランスが悪いと感じることは無いです。400/4.5の手持ち撮影が可能です。

【総評】
このモデルの直接の後継機が開発されないのが不思議でなりません。どの方も感じていると思いますがファインダが優秀でレンズつけて覗いているだけで撮りたい気分になってくるカメラです。じっくり写真を撮りたい方に強くお勧めします。
99以降のEVFは目に辛いので背面液晶で運用するしかなく、このカメラがメンテナンス不能になったらどうすればいいのか。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

千子村正さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:440人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
82件
レンズ
9件
3件
マザーボード
2件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性3
機能性2
液晶5
ホールド感5

【2016/1/11 再稿】
【デザイン】
流麗さと無骨さが同居する俊逸のデザインですね。もう何年も使ってますが全く飽きが来ないです。

【画質】
文句無いでしょう。2400万を超える有効画素は現在ではありふれた数値ですが特に問題にはならないと思います。

【操作性】
非常に高いです。特にバックスクリーンの見やすさと設定のやりやすさは特筆すべきです。

【バッテリー】
実用上、特に問題ないレベルだと思います。縦グリップを使えば思わず放置しすぎて充電するのを忘れてしまうくらい使用時間を延長出来ます。

【携帯性】
今となっては普通だと思います。

【機能性】
写真撮影に特化しており余計な機能は無いです。人によっては不便と感じるかもしれません。

【液晶】
液晶の見易さは勿論の事、液晶に表示される各種パラメータの見易さ解り易さが素晴らしいですね。

【ホールド感】
文句無いです。特にグリップの出来は右手親指のホールド感など、他メーカーも見習って欲しいほど良好と言えますね。

【総評】
相当使い込んだので再稿します。
私は現在もこのカメラが主力で、現在は2台保有しています。今まで一機種のデジイチにここまで惚れ込んだことはなく、今後もひょっとしたらないかもしれません。そのくらい気に入っています。仲間内ではすっかり「α使い」で定着してしまいました… 本当はD300等も使っているんですけれどα900を使っている時の方がインパクトが大きいようです。

このカメラの魅力を再度分析してみると銀塩カメラの延長線上でこのカメラは作られており、ライブビューも無い、動画撮影機能も無い代わりに「綺麗に撮る」事にかけての基本機能が高い点と、ファインダーの明るさを大事にするミノルタαの血統が感じられる最後のフラッグシップ機である点だと思います。簡単に言うと銀塩カメラ時代に求められた性能「のみ」を追求したカメラと言えます。

これは一見するとネガティブな要素も含みますが撮影する以外に余計な機能を持たないので、各種設定操作が瞬時に非常にやりやすいです。例えば私のように一眼レフで動画を撮影することなど全く無い人間にとっては動画撮影機能自体が要らないのです。

また以前にも書いた通り、旧ミノルタの多種多様なαマウントレンズがフルサイズ手ブレ補正付きで使えるのも大きな魅力です。以前オールドニッコールをD300に付けて試した事があり、その時は「やはり最新のレンズには勝てないか……」と思ったのですが、ミノルタ時代のαレンズをこのカメラに装着すると概ね銀塩時代より良い写りを示すレンズが多く、銀塩時代には見向きもされなかったレンズでもこのカメラに装着すると非常に良い写りをするものもあり、これは新鮮な驚きでした。
考えてみれば単焦点の50mm F1.4などは初期型から殆ど設計を変えず今も販売されているので、80年代の元々からαレンズは基本性能は高かったのかもしれません。最新のツァイスも良いのですがこれらも非常に魅力的なレンズです。このレンズ選択肢の幅の広さがこのカメラ…というよりαマウントの魅力だと思います。これはヤバイです。ミノルタ時代の中古αレンズは概ね安くプレステのゲームソフトを買う感覚で買えてしまうのでレンズ収集が捗ってしまいます。
レンズを厳選し最高性能のレンズで一眼レフのシステムを構築するというのは至極まっとうな考え方なのですが、レンズ自体が安いので色々なレンズを試してみて自分の気に入ったものを手元に置いておくというある種究極の荒業がαマウントだと可能なんですね。

ミノルタはいわゆるボケを積極的に取り入れた最初のメーカーと言われており、それは135mm F2.8[T4.5]STFなど見ても明らかなのですが、そんなαのレンズはツァイスも含めどれも個性派揃いで使う度に新たな発見があります。

α99はどちらかと言うとTV局用カメラも供給するソニーのビデオカメラに近い技術を使い作られた一眼カメラで、それで魅力を全く感じませんでした。例えばミラーショックは撮影時ネガティブな要素として取り上げられますが、私のような古い人間からするとα99の様にミラーショックが全く無く、シャッター音も至極味気ないと感じてしまいます。

デジタルカメラが今後どのような方向に向かうのか全く予想出来ませんが、当面α900を使っていこうと思っています。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった57人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

miraikitchenさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
0件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性1
機能性4
液晶4
ホールド感3

最高のファインダーで、撮る楽しみに浸れます!中判カメラの、ようなシャッター音も魅力のポイント!画質も感度をまあり高くしなければ問題なし。これは、是非1度使ってもらいたいカメラ。名機です!!

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Yubo0009さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
 

 

α99も使ってましたが、どうしても99の吐き出す画が好きになれず
900を引き続き愛用してます。


現在は併用でCanonの1DsMark3も使ってますが


正直、解像感はCanonのフラッグシップと全くと言っていいほど変わらないです。
※ISOは低感度でプラスアルファ、ライティングしっかりやればの話ですが。


ファインダーも明るく、見やすくてたまらんです!


あと、液晶が綺麗なのでインテリジェントプレビューで見たまんまの画がとれるのと、

プログラムオートがとてつもなく優秀なのですぐにプロ並みの写真がとれます。
※α99のプログラムオートはヘボすぎて使えませんでした


なので初・中級くらいの方でもとても使いやすい機種だと思います。




写真はα900にplanar85mm+ストロボ3灯をワイヤレスで撮影。
※あえてのJPG撮って出しにしました。


やっぱりツァイスさんと900の組み合わせは最高です!



レベル
ハイアマチュア
主な被写体
その他

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sand-castleさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
722件
レンズ
1件
55件
デジタルカメラ
0件
10件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種MINOLTA80-200F2.8
当機種
当機種

MINOLTA80-200F2.8

当機種
   

   

購入から5年、約6万枚を撮影したので
いまさらですがレビューします。
被写体は主に人物(ポートレート・イベント
ライブ・子どもなど)です。

【デザイン】
 最初はペンタ部の形に違和感がありましたが
 見慣れるに従い慣れました。でも一番好きなのは
 α9000のデザインです。

【画質】
 フルサイズならではの精密な描写、深みのある発色。
 申し分ないです。今まで何度も友人の依頼で全倍
 ポスター用ポートレートを撮影しましたが問題ない
 です。

 また、高感度は弱いと言われてますが、ISO1600くらい
 までは 常用してますし、SILKYPIXでRAW現像
 を行えば、 なんとかIS64O0くらいまではいけます。

【操作性】
 使い始めて5年めになるので、全てが手に馴染み
 申し分ないです。
 ただ、モードダイヤルにロックがないのは
 困りもの。

【バッテリー】
 場合によりますが、600〜800枚くらいは大丈夫です。
 念のため予備を1個追加しました。

【携帯性】
 大きく重いので良くはないです。

【機能性】
 過不足のない機能で満足です。
 ただ。AF測距点が中央1点しか使い物になりません。
 でもボディ内手ぶれ補正はミノルタ製αレンズ使用時
 に 大変重宝してます。
  
【液晶】
 ごく普通ではないでしょうか。
  
【ホールド感】
 あまり大きくない私の手にも持て余すことはなく良い
 ですが グリップがもう少し深ければありがたいです。

【総評】
 最高のファインダーは特にツァイスレンズを着けると
 スッキリした画面に被写体が浮かび上がり撮影の
 テンションが上がります。

 また、ガッシャーンという大きな音のシャッターも
 撮ってるぞという気分を高めてくれます。
 音と手に伝わる振動は大きいですが、意外と手ブレは
 しません。

 あちこちガタがきてるようで、何度かメンテナンスに
 出しましたが、これからも修理できる限りは使い続けて
 いきたいと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
その他

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

超THE BEATLESファンさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:188人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
439件
デジタル一眼カメラ
2件
325件
自動車(本体)
0件
12件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
別機種
別機種OVFの証,三角ピラミッド帽子
当機種

OVFの証,三角ピラミッド帽子

当機種
当機種
当機種

今更ですがレビューします。

【デザイン】
フラッグシップ機だけあって,非常に存在感のあるデザインです。
一見してα900と解る,
特徴ある三角帽子は,光学ファインダーである証です。
歴代αの中ではMINOLTAα7700i・8700iが同じく三角帽子でカッコ良かったですが,それを彷彿させます。
また,
マグネシウム合金の外装を採用しているためか,重厚な質感に仕上がっています。
昨今のデジ一に見られる撫肩でなく,
いかり肩が男らしくて(?)良い感じです。適度に肩幅があるのも一種の貫禄を醸し出しています。
ただ一点減点の理由は,ややスマートさに欠けるデザインだからです。
でもイカツさ・ゴツさはあります。
さらに,
プログラムフラッシュを装着すると,よりガンダム化しますので,
撮影会や結婚式などでは,被写体となる方のテンションの上がり方が違う鴨^^;。

【画質】
これは今更言うまでもなく,
型落ちモデルとなった今でも,
最新機種と変わらぬ画素数(…だけで甲乙付けるのも?ですが)で当然デジ一の現役一線級です。
スペック通り文句ナシの高画質です。
誤魔化しが利かないので撮影テクニックが求めらる,まさにFilm感覚です。

【操作性】
非常に解り安く,
取説がなくてもフィーリングで解ります。
ボタン・ダイヤル配置も直感で操作でき,
取説のナイ撮影現場でも困る事はないのでは?

【バッテリー】
全く問題ありません。
@ライブビューがナイ事
AOVFである事
の2点が無駄な電力を消費せずに済み,
持ちの良い事に役立っているのではないでしょうか。
またバッテリー残量表示も,
スマホや携帯のようにいい加減(?)ではなく,%表示である事が特筆すべき点です。

【携帯性】
850gありますが,ほど良く手に馴染む大きさが幸いして,
悪いとは思えません。
Film一眼で縦位置グリップを装着しているよりは良いと思いますので,
長年一眼レフを使って来た方が携帯性に違和感を覚える事はマズないでしょう。
というか,
OVFフルサイズ機である本機に携帯性を求めてはイカン^^;,と思います。
“いかにも一眼レフ”なイカツイ姿なので,
行楽中にアウトレットや百貨店に持って入るのは諦めるか,
根性で凌ぎましょう(^w^)。
そういう時はコンデジで♪
OVFα最高峰の機種なので,携帯性は我慢すべし^^。

【機能性】
AFは遅い方(?)だと言われますが,
気になるレベルではないように思えます。
連写も5コマ/秒なので動き物に弱いとも思えません。
またSSも最高1/8000秒,
明るいレンズならではのハイスピードシンクロが楽しめるのは歴代αと同様です。
さらにα独特のADI調光が,
ストロボ愛好家にとって文句ナシに思えます。
またBODY内蔵手振れ補正なのでMINOLTAのレンズにも利き,非常に便利です。
設定も非常に細やかにカスタマイズでき,万人受けする仕様です。

さらに集合写真や夜景撮影などでの三脚使用時に,
昔の一眼ではファインダーから少しでも悪影響になる些細な光が入らないように,
ストラップの一部をファインダーのフタにするような仕組みになっていましたが,
本機ではファインダーの左にレバーが付いているので非常に便利です♪

【液晶】
他のデジカメに比べて悪いという事もなく,平均でしょうか。
ただ所有しているLUMIXは実画像よりも綺麗に見え過ぎて,
あとでプリントしたモノやPCモニターで見てがっかりする事があるので,
その点は忠実であるように思います。
また撮影時の設定内容がブラックアウトの画面に白文字で浮かび上がるので,
日差しの強い晴天下でも非常に見易い事も特筆すべき点です。

【ホールド感】
“いかにも一眼レフ”な佇まい・大きさなので,
成人男性が手にして悪く思う事はないでしょう。
昨今の小さ過ぎる機種の方が,
ホールド感に違和感・頼りなさを覚える方が多いのではないでしょうか。
適度な大きさが非常にしっかりとしたホールド感をもたらしてくれます。
さらにBODY内手振れ補正,「何が何でも手振れさせない」という勢いです^o^。
ライブビューでないので,
強制的にファインダーを覗く顔と両手の3点支持になるので悪い訳もなく^^;。
撮影中に頼りなさ・不安を感じる事はありません。

【総評】
バッシャーーッン,としたシャッターが“最高に”気持ち良いです。
まさに「写真を撮ってる感」を存分に楽しめます。
あまりシャッター切った感触が伝わらない機種を使って来られた方はビックリされる鴨。
シャッターの感触が振動となって伝わって来ます(それがアカンと言う説も^^;)。
こんなに振動あって手振れしないのか,
というレベルですので,
長年Film一眼を使用して来られた方,
それを忘れられていた方は,
往年の感触をきっと思い出されるでしょう。

α最後のOVF機になってしまうのか不明ですが,
MINOLTAのレンズもホボ問題なく使え,
末永く付き合って行きたい機種ですので,
「修理受付間もなく終了」のアナウンスが聞こえてきたら,
故障の有無を問わず,
シャターユニット交換etcのために入院させるつもりです。

完璧に使いこなせるようになる(終わりはナイかも知れませんが)のを楽しみにさせてくれる名品です♪

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった42人(再レビュー後:32人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ヤー万ピー万さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:146人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
11件
レンズ
1件
5件
Mac デスクトップ
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感4

発売から約4年半。使い始めて4年が経ちました。撮影枚数も10万枚前後ですが、壊れる気配はありません。今更ですがこのカメラに対する感謝を示す意味で書いてみたいと思います。


【初めて触れた時】
当初は5Dmark2を見に行ったつもりで行ったのだが、ファインダーの見やすさとシャッター音が大変気に入り、また解像度の高さと画像の良さに驚愕。(レンズは135ZAだった) 強く印象に残った。その後5Dmark2をレンタル使用など諸々調べた結果、A900に決断。大判プリントを前提にしていたので、少しでも高画素かつ、CPがよいと思われる点も決定の理由となった。(この点は同時期のD3xとも比較して)


【デザイン】 ★★★
デザイン自体に惚れ惚れしているわけではないため3点としておきたい。他とは似ていない点は評価したい。

【画質】 ★★★★
画質が疎かであればこのカメラは購入しなかった。風景が多いのためか高感度を必要する機会も少いから未だにこれで事足りる。高感度が必要な場合はRAW撮影しノイズ除去すれば現行の他社のカメラと比較しても遜色がない。この理由からからα99を買う必要性がない。4点にしているのはベイヤーセンサー自体のデメリットに対して。シグマのDP1/2mシリーズを併用しているが、こちらも多くの問題を抱えながらも大変よい仕事をしてくれる。ソニー3層センサーへの期待を込めて4点としたい。

【操作性】 ★★★★
使いやすくほぼ不満を感じたことはない。クイックバーも弱そうに見えたが、全然平気。Fnキー → クイックバーからの設定は容易で体に染み付いている。ただ右手人差し指で操作することを想定したのであろう、4つのボタン(ISO, WB, Drive, +/−)はWBとISOが遠すぎて押しづらい。そんな細かいことくらいがやや気になる程度。

【バッテリー】 ★★★★★
結構もつので安心感がある。バッテリーが完全に切れた表示になっても、それなりの枚数が撮影可能。大変ありがたい。表記の心遣いを感じ5点としたい。

【携帯性】 ★★★
このクラスのカメラとしては普通だろう。

【機能性】 ★★★
手振れ補正も機能するし、機能が劣る、と感じるたことはない。
ただし、ファインダーは視野率(ほぼ)100%だが、ファインダーで確認している絵柄と、実際の画像を比べると、実際の画像の下部がやや削られ、ファインダーに写っていない上部が撮影され、上下に関してズレがあることに(4年も使っているのに)最近気がついた。個体差かと思ったが、このカメラを3台保有していて、全て同じなのでこういう仕様なのだろう。もしくは偶然だろうか? 今ではそのズレを計算して構図をきめるので、あまり問題ないのだが気持ちのいいものではない。またAFは中心のポイントしか頼りにならないこと、そしてまたα99の次世代機が防塵防水であること期待し、この2点差し引きの3点が妥当かと思う。

【液晶】 ★★★★
直射日光下でもうちょっと確認できる液晶を求めたい。

【ホールド感】 ★★★★
特に大きな不満はない。が、ベストであるとも思わない。これはデザインの問題でもある。

【他に特記すべきこと】
やはりファインダーが見やすく撮っていなくとも覗いているだけで楽しい気分になる。そしてやっぱりこのシャッター音が個人的にとても気に入って、撮影のテンションを上げてくれる。よく言われるミラーショックついては、実際気になったことがない。そして撮影枚数が10万枚前後になっているのにシャッターについては問題なく作動している。この点についてはソニータイマーが作動していないことに大いに感謝したい。


【まとめ】「名機」と呼びたい
写真を撮らせる意欲を掻き立て続けてくれる稀有なカメラとなっている。他の方が述べている通り、数値だけでは測れない心地よさがあるカメラ。正直なところ購入時は4年も使えるとは思いもしなかった。当時は3年もしたら5000万画素程度がこのクラスのスタンダードになるだろうとも予想、そして買い替えが必要となる、あるいは欲しくなってしまうのではないかと考えていた。しかしそんなことにはならなかった。未だに第一線。しかも来年にα99の次のフラッグシップ機がでると目されていはいるが、しばらくは2000万画素前後がミラーレスカメラを含めても標準的な画素数となるであろうことから、まだまだ現役での使用が可能であろう。このレベルの光学ファインダーを搭載したカメラは今後手にはいらないことを考えると、中古価格もそんなに下がらないのではないか。総合的に人々の記憶に残るであろう名機と呼びたい。このカメラには撮影の楽しさ、デジタル画像を扱う楽しさを教えてくれた恩義を感じている。よって満足度は高い。

しかし最近のソニーの動向を鑑みると、α99の次のフラッグシップ機に魅力を感じなければ、手持ちのA900を全て売ってしまってニコンに行こうかと時折考えてしまうのも事実。何より『Aマウントは存続及び拡充』してくれるのか。個人的にはTLMには疑問。EVFには一部賛成だが目が疲れることだけは勘弁してほしい。今後発売するであろうNikon D4xやCanon 3D(?)にはファインダー、高画素、そしてCPで負けないA900のメリットを受け継いて欲しい。α99が動体撮影と動画を重視した方向性なら、次のフラッグシップ機の役目は中版デジタルを凌ぐ静止画像を叩きだすことであると思う。個人的にはそれを強く求める。なぜなら高価なデジタルカメラには高画素と階調を含めた画質の質を求めたいので。フェーズワンさえも超えてほしい。センサーの設計・製造からカメラを生産できるソニーに期待し続けたいところである。カメラは電化製品である前にひとつの道具であってほしい。A900にはその志を感じる。


【謝辞】
このカメラの製作者に心から感謝申し上げたい。
またこちらの掲示板は何度か質問させて頂き、貴重なアドバイスを数々頂いた。他のユーザーの方のおかげで、本当に助けられ、自分の写真生活があることを考えると、両者に対して、この場を借りて再度お礼を申し上げたいと思います。ありがとうございます。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シャンプーシステムプロダクツさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン2
画質3
操作性2
バッテリー2
携帯性2
機能性2
液晶3
ホールド感2

【デザイン】古さを感じる

【画質】まあまあ

【操作性】AFが迷いまくり

【バッテリー】良くはない

【携帯性】重い

【機能性】普通

【液晶】普通

主な被写体
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

素潜りするカエルさん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:173人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
304件
レンズ
1件
37件
プリンタ
2件
29件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

 主な被写体の「その他」は、野鳥です。2台合計で、数万はレリーズしての感想です。

 「大当たり」したときの画といったら、この上ないです。過ぎたるエッジたてや平滑化をしないので、立体感の表現にも秀でています。但し、平滑化少ない=高感度でノイズが目立ちやすいのは、覚悟がいりますが、それもまた銀塩のようでイイです。ディテールが潰れるよりは、粒子感のようなのものの方が、好感がもてます。(RAWからAdobeのLrで現像しています。) そして、例えば光が悪ければ悪いように、素直に写してくれます。コンデジ的画作りの対極にあるような気がします。

 ファインダは、言うまでもなく特上クラスで、135ZAを装着した時の見えは、感激ものです。また、このファインダのお陰で、400G(ミノのAF400/4.5G)とか500G(SAL500F40G)を装着して、鳥(時に小鳥や飛び物)相手のMFもかなり行けます。(AFについては、あまり使わないのでよく分かりません。) A77V(所有しています)のようなEVF機と異なり、カメラを振った時のチラツキもありませんし、連写時にパラパラ漫画にならないこともあって、鳥撮りのために凝視を続けても、過剰に眼が疲れることもありません。

 MF主体で使っているためもあり、電池の持ちも悪くありません。連写は秒5コマ程ですが、速いカードを使っていれば、実用上十分すぎる時間、ほぼ同じコマ速での連写ができます。バースト状(断続的)に短時間の連写を繰り返す事が多いのですが、これも速いカードを使っていればストレス無しです。

 ディスコン時に買い増しして、2台所有しています。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

5taroさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
28件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感5

【デザイン】
 初期モックを見ていたときは、ちょっとどうなん?と思ってましたが、
 実際の製品を見たときは、案外(笑)落ち着いたデザインだと思いました。
 若干、ごっつい感はありますけど。

 でも、自己主張もしっかりしていて、それでいて、カメラとしての王道を
 行ってるデザインは、長く使っていて飽きの来ないデザインだと思います。

【画質】
 別に画素数至上主義ではないのですが、出現当時、クラス最強を誇った
 2450万画素の威力は絶大です。自然風景を引きの構図で撮ったときに、
 木の葉を1枚単位で解像していたのは、驚異でした。

 これまで、600万・1000万画素と使ってきましたが、別に600万画素から
 1000万画素に上がっても、順当な技術の進歩って感じで、そこまで感動は
 ありませんでしたが、1000万から2450万画素は革新的と思えるレベルです。

 また、高感度ノイズは多い方なのでピクセル等倍で見ると、ISO800を超えると
 ちょっと・・・と思いますが、画素数が高い事から、全体で見ると結構まともな
 絵になります。また、低感度での画質はかなり優秀で、ハイエストライトへの
 階調の繋がりも自然です。階調描写性の良さは、高解像度の恩恵だと思います。

 長時間露光については、ダークフレーム演算に時間がかかるのがネックですが、
 画質は申し分ないです。

 ただ、このクラスの高解像度を扱いこなそうと思ったら、優秀なレンズと
 三脚などの利用による丁寧な撮影が必須です。ラフな撮影をすると、すぐ
 結果に出てしまいます。(>_<)

 JPEGでの絵作りの傾向としては、どちらかと言えばナチュラル系・比較的
 脚色の少ない自然な色味で、これまで使用していたαシリーズのα-7Digital
 対比で言えば淡泊で、コニカミノルタになる前の、ミノルタ的な色彩傾向かな?と
 いう気がします。

【操作性】
 α-7Digitalを扱っていた身からすれば、違和感のない操作体系なので、
 すんなり扱うことが出来ました。メニュー画面による操作と、オリンパスの
 スーパーコンパネ的な操作と、専用キーによる操作の3パターンが使えるので
 好みの操作方法が使えて、なかなか良いと思います。

 オリンパスとの併用時、この操作体系は助かります。

 また、バッテリーグリップ使用時も、ほぼ同じ操作方法が維持出来るのは
 ポイント高いですが、縦位置ではボタン形状に特徴がないので、AEロックボタンと
 AFボタンを押し間違える事が多いのと、AFモード切替がレバー式なのは良いですが、
 手探りでは操作しづらい感があります。

 その他、インテリジェントプレビューは、落ち着いて撮影出来るシチュエーションでは
 威力を発揮するのですが、使うボタンが、プレビューボタンなので、単に被写界深度の
 チェックでプレビューボタンを押した時にシャッターが切れてしまうのが、気になると
 言えば気になる点です。

【バッテリー】
 静止画オンリーで、ライブビューも持っていない事を考えると、消費電力が
 大きい気もしますし、フルサイズ撮像素子を駆動させ、さらに手ぶれ補正も
 行っていると考えれば、そんなもんかな?とも思います。

 バッテリーグリップで2つのバッテリーを入れていれば、安心ですけど、
 一本だと本気の撮影では、心許ないです。

【携帯性】
 フルサイズ機である事を思えば、割とコンパクトに仕上がっていると思います。
 ただ、バッテリーグリップ・ストロボ・大口径レンズの組み合わせにすると、
 凶悪なサイズになってしまいます。(^_^;

【機能性】
 機能面で最強と言えば、やはりファインダーという事になると思います。
 同じフルサイズ機のCONTAX N Digitalのファインダーも決して悪くないの
 ですが、それより明るくて、それでいてピントの山が掴み易いので、
 MF撮影の精度がかなり高まりました。視野率100%というのは、あまり
 気にしていませんでしたが、使ってみると、厳密な構図決定に寄与していて、
 狙った写真を確実にゲット出来るのはありがたいです。

 ただ、夜景撮影では、ピント合わせが大変なので、ライブビューは
 あって欲しかったです。

 その他、動画とかの撮影機能はありませんし、静止画撮影に特化した
 カメラなので、シンプルと言えばシンプルですが、先のインテリジェント
 プレビューとか、手ぶれ補正とか、使える機能がきっちり組み込んであります。
 Dレンジオプティマイザは、従来だとあきらめていた輝度差の大きい
 シチュエーションでも撮影が出来るので、その点ありがたいです。

 AFは、当初はお世辞にも早くありませんでしたが、ファームウェアの
 バージョン2で、結構素早く正確にピントがくるようになっていて、
 最近子供の写真を撮るようになってからは、ヒット率が向上してます。

 あと、防滴性能を謳っていますが、カードスロット部などゴムでシーリング
 している訳ではないので、ちょっと不安なのと、レンズの方が防滴でないので、
 実戦で使えないなぁ〜というところはあります。

【液晶】
 高い解像度と輝度で、非常に見やすく、扱いやすいと思います。
 今の時点で見ても、決して見劣りする事はないと思います。

【ホールド感】
 横位置・縦位置ともに非常にグリップしやすく、フル装備で重たい時も
 長時間安定してホールディング出来ます。

【総評】
 あまり飛び道具らしいものはありませんが、ひたすらに高画質と
 静止画を撮るためにどうあるべきか?を追求したカメラだと思います。

 気持ちよい写りのファインダーと高性能なレンズの組み合わせで見る世界は
 それだけで、いい写真が撮れそうな気がして、写欲をそそります。

 今後、カメラとビデオの融合が進むにつれ、こういったコンセプトの
 カメラは、中判などにシフトしてしまうのかもしれませんが、
 この路線をブラッシュアップした35mm判カメラも存続させて欲しいです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さりゅ〜とさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
2件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性無評価
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4

【デザイン】
 男らしいデザイン。
 キヤノン、ニコンが大多数を占める中、いかり肩ととんがり頭がなかなか目立ちます。

【画質】
 皆様書かれていますが、低感度での描写力はとんでもないです。
 ISO800あたりからはちょっとノイズが気になり始めるかもしれませんが、個人的には許容範囲です。

【操作性】
 比較できるほど他社のカメラを触っていませんので無評価とさせていただきます。

【バッテリー】
 以前使用していたα550と比べると落ちますが、特に減りが早いとは感じません。
 
【携帯性】
 1kg近くあり重たいですが、フルサイズ機としては大きさは普通か、むしろ小さい方では…?

【機能性】
 手ぶれが気になったことは特にありません。
 LVがありませんが、かえって鍛えられる気がします。

【液晶】
 キレイです。

【ホールド感】
 手は小さい方ではありませんが、握るとかなり肉厚感があります。
 5DMKUよりも肉厚に感じるような…。

【総評】
 私の腕が追い付きません。
 最近のデジ一では普通となっている動画撮影もなければ、LVもありませんが、そこが一層「写真を撮る」という点に集中できる要因であるような気がします。
 今のところ他の機種に浮気する気がまったく起きないくらい、お気に入りです。

 …今のところ…。
 

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α900 DSLR-A900 ボディ
SONY

α900 DSLR-A900 ボディ

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2008年10月23日

α900 DSLR-A900 ボディをお気に入り製品に追加する <781

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

viibee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意