『αの名機』 SONY α900 DSLR-A900 ボディ 千子村正さんのレビュー・評価

2008年10月23日 発売

α900 DSLR-A900 ボディ

フルサイズCMOSセンサーやボディ内手ブレ補正機構を備えたデジタル一眼レフカメラ。市場想定価格は330,000円前後

α900 DSLR-A900 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。

他の画像も見る

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:2570万画素(総画素)/2460万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:850g α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α900 DSLR-A900 ボディの価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの中古価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの買取価格
  • α900 DSLR-A900 ボディの店頭購入
  • α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様
  • α900 DSLR-A900 ボディの純正オプション
  • α900 DSLR-A900 ボディのレビュー
  • α900 DSLR-A900 ボディのクチコミ
  • α900 DSLR-A900 ボディの画像・動画
  • α900 DSLR-A900 ボディのピックアップリスト
  • α900 DSLR-A900 ボディのオークション

α900 DSLR-A900 ボディSONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2008年10月23日

  • α900 DSLR-A900 ボディの価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの中古価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの買取価格
  • α900 DSLR-A900 ボディの店頭購入
  • α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様
  • α900 DSLR-A900 ボディの純正オプション
  • α900 DSLR-A900 ボディのレビュー
  • α900 DSLR-A900 ボディのクチコミ
  • α900 DSLR-A900 ボディの画像・動画
  • α900 DSLR-A900 ボディのピックアップリスト
  • α900 DSLR-A900 ボディのオークション

『αの名機』 千子村正さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:388人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
82件
レンズ
8件
3件
マザーボード
2件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性3
機能性2
液晶5
ホールド感5
αの名機

【2016/1/11 再稿】
【デザイン】
流麗さと無骨さが同居する俊逸のデザインですね。もう何年も使ってますが全く飽きが来ないです。

【画質】
文句無いでしょう。2400万を超える有効画素は現在ではありふれた数値ですが特に問題にはならないと思います。

【操作性】
非常に高いです。特にバックスクリーンの見やすさと設定のやりやすさは特筆すべきです。

【バッテリー】
実用上、特に問題ないレベルだと思います。縦グリップを使えば思わず放置しすぎて充電するのを忘れてしまうくらい使用時間を延長出来ます。

【携帯性】
今となっては普通だと思います。

【機能性】
写真撮影に特化しており余計な機能は無いです。人によっては不便と感じるかもしれません。

【液晶】
液晶の見易さは勿論の事、液晶に表示される各種パラメータの見易さ解り易さが素晴らしいですね。

【ホールド感】
文句無いです。特にグリップの出来は右手親指のホールド感など、他メーカーも見習って欲しいほど良好と言えますね。

【総評】
相当使い込んだので再稿します。
私は現在もこのカメラが主力で、現在は2台保有しています。今まで一機種のデジイチにここまで惚れ込んだことはなく、今後もひょっとしたらないかもしれません。そのくらい気に入っています。仲間内ではすっかり「α使い」で定着してしまいました… 本当はD300等も使っているんですけれどα900を使っている時の方がインパクトが大きいようです。

このカメラの魅力を再度分析してみると銀塩カメラの延長線上でこのカメラは作られており、ライブビューも無い、動画撮影機能も無い代わりに「綺麗に撮る」事にかけての基本機能が高い点と、ファインダーの明るさを大事にするミノルタαの血統が感じられる最後のフラッグシップ機である点だと思います。簡単に言うと銀塩カメラ時代に求められた性能「のみ」を追求したカメラと言えます。

これは一見するとネガティブな要素も含みますが撮影する以外に余計な機能を持たないので、各種設定操作が瞬時に非常にやりやすいです。例えば私のように一眼レフで動画を撮影することなど全く無い人間にとっては動画撮影機能自体が要らないのです。

また以前にも書いた通り、旧ミノルタの多種多様なαマウントレンズがフルサイズ手ブレ補正付きで使えるのも大きな魅力です。以前オールドニッコールをD300に付けて試した事があり、その時は「やはり最新のレンズには勝てないか……」と思ったのですが、ミノルタ時代のαレンズをこのカメラに装着すると概ね銀塩時代より良い写りを示すレンズが多く、銀塩時代には見向きもされなかったレンズでもこのカメラに装着すると非常に良い写りをするものもあり、これは新鮮な驚きでした。
考えてみれば単焦点の50mm F1.4などは初期型から殆ど設計を変えず今も販売されているので、80年代の元々からαレンズは基本性能は高かったのかもしれません。最新のツァイスも良いのですがこれらも非常に魅力的なレンズです。このレンズ選択肢の幅の広さがこのカメラ…というよりαマウントの魅力だと思います。これはヤバイです。ミノルタ時代の中古αレンズは概ね安くプレステのゲームソフトを買う感覚で買えてしまうのでレンズ収集が捗ってしまいます。
レンズを厳選し最高性能のレンズで一眼レフのシステムを構築するというのは至極まっとうな考え方なのですが、レンズ自体が安いので色々なレンズを試してみて自分の気に入ったものを手元に置いておくというある種究極の荒業がαマウントだと可能なんですね。

ミノルタはいわゆるボケを積極的に取り入れた最初のメーカーと言われており、それは135mm F2.8[T4.5]STFなど見ても明らかなのですが、そんなαのレンズはツァイスも含めどれも個性派揃いで使う度に新たな発見があります。

α99はどちらかと言うとTV局用カメラも供給するソニーのビデオカメラに近い技術を使い作られた一眼カメラで、それで魅力を全く感じませんでした。例えばミラーショックは撮影時ネガティブな要素として取り上げられますが、私のような古い人間からするとα99の様にミラーショックが全く無く、シャッター音も至極味気ないと感じてしまいます。

デジタルカメラが今後どのような方向に向かうのか全く予想出来ませんが、当面α900を使っていこうと思っています。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった56人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性3
機能性2
液晶5
ホールド感5
αの名機

【2016/1/11 再稿】
【デザイン】
流麗さと無骨さが同居する俊逸のデザインですね。もう何年も使ってますが全く飽きが来ないです。

【画質】
文句無いでしょう。2400万を超える有効画素は現在ではありふれた数値ですが特に問題にはならないと思います。

【操作性】
非常に高いです。特にバックスクリーンの見やすさと設定のやりやすさは特筆すべきです。

【バッテリー】
実用上、特に問題ないレベルだと思います。縦グリップを使えば思わず放置しすぎて充電するのを忘れてしまうくらい使用時間を延長出来ます。

【携帯性】
今となっては普通だと思います。

【機能性】
写真撮影に特化しており余計な機能は無いです。人によっては不便と感じるかもしれません。

【液晶】
液晶の見易さは勿論の事、液晶に表示される各種パラメータの見易さ解り易さが素晴らしいですね。

【ホールド感】
文句無いです。特にグリップの出来は右手親指のホールド感など、他メーカーも見習って欲しいほど良好と言えますね。

【総評】
相当使い込んだので再稿します。
私は現在もこのカメラが主力で、現在は2台保有しています。今まで一機種のデジイチにここまで惚れ込んだことはなく、今後もひょっとしたらないかもしれません。そのくらい気に入っています。仲間内ではすっかり「α使い」で定着してしまいました… 本当はD300等も使っているんですけれどα900を使っている時の方がインパクトが大きいようです。

このカメラの魅力を再度分析してみると銀塩カメラの延長線上でこのカメラは作られており、ライブビューも無い、動画撮影機能も無い代わりに「綺麗に撮る」事にかけての基本機能が高い点と、ファインダーの明るさを大事にするミノルタαの血統が感じられる最後のフラッグシップ機である点だと思います。簡単に言うと銀塩カメラ時代に求められた性能「のみ」を追求したカメラと言えます。

これは一見するとネガティブな要素も含みますが撮影する以外に余計な機能を持たないので、各種設定操作が瞬時に非常にやりやすいです。例えば私のように一眼レフで動画を撮影することなど全く無い人間にとっては動画撮影機能自体が要らないのです。

また以前にも書いた通り、旧ミノルタの多種多様なαマウントレンズがフルサイズ手ブレ補正付きで使えるのも大きな魅力です。以前オールドニッコールをD300に付けて試した事があり、その時は「やはり最新のレンズには勝てないか……」と思ったのですが、ミノルタ時代のαレンズをこのカメラに装着すると概ね銀塩時代より良い写りを示すレンズが多く、銀塩時代には見向きもされなかったレンズでもこのカメラに装着すると非常に良い写りをするものもあり、これは新鮮な驚きでした。
考えてみれば単焦点の50mm F1.4などは初期型から殆ど設計を変えず今も販売されているので、80年代の元々からαレンズは基本性能は高かったのかもしれません。最新のツァイスも良いのですがこれらも非常に魅力的なレンズです。このレンズ選択肢の幅の広さがこのカメラ…というよりαマウントの魅力だと思います。これはヤバイです。ミノルタ時代の中古αレンズは概ね安くプレステのゲームソフトを買う感覚で買えてしまうのでレンズ収集が捗ってしまいます。
レンズを厳選し最高性能のレンズで一眼レフのシステムを構築するというのは至極まっとうな考え方なのですが、レンズ自体が安いので色々なレンズを試してみて自分の気に入ったものを手元に置いておくというある種究極の荒業がαマウントだと可能なんですね。

ミノルタはいわゆるボケを積極的に取り入れた最初のメーカーと言われており、それは135mm F2.8[T4.5]STFなど見ても明らかなのですが、そんなαのレンズはツァイスも含めどれも個性派揃いで使う度に新たな発見があります。

α99はどちらかと言うとTV局用カメラも供給するソニーのビデオカメラに近い技術を使い作られた一眼カメラで、それで魅力を全く感じませんでした。例えばミラーショックは撮影時ネガティブな要素として取り上げられますが、私のような古い人間からするとα99の様にミラーショックが全く無く、シャッター音も録音音声といのも至極味気ないと感じてしまいます。

デジタルカメラが今後どのような方向に向かうのか全く予想出来ませんが、当面α900を使っていこうと思っています。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった2

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
αの名機

【デザイン】
流麗さと無骨さが同居する俊逸のデザインですね。
特徴的な三角屋根などカタチで性能を上手く表現できていると思います。また、α系共通の特徴ですがマウント淵の赤いラインがカッコイイですね。

【画質】
文句無いでしょう。2400万を超える有効画素から繰り出される画は細部まで詳細に描かれます。設定にも敏感で設定変更による画の変化が非常にわかり易い傾向にあります。手ぶれ補正は現行サイバーショットからの持ち替えでも何の不満も無いレベルに有るといえます。また、高級高性能なカール・ツァイスのAFレンズが使えるというのも画質良好と言える非常に大きなポイントで、他メーカのハイエンド・モデルに対する大きなアドバンテージですね。

【操作性】
非常に高いです。必要な場所に必要なボタンが配置されている印象で、便利で扱い易いです。説明書見なくても殆どの機能が把握できますし、説明書を一度見れば殆どの方が迷わず操作できるのではないでしょうか?

【バッテリー】
実用上、特に問題ないレベルだと思います。縦グリップを使えば思わず放置しすぎて充電するのを忘れてしまうくらい使用時間を延長出来ます。

【携帯性】
私はコレより携帯性の良いフルサイズのデジイチを知りません。

【機能性】
撮影前に色あいを確認できるシミュレート機能など、実際に欲しかった機能が満載されている感じですね。何の不満も無いです。

【液晶】
液晶の見易さは勿論の事、液晶に表示される各種パラメータの見易さ解り易さが素晴らしいですね。

【ホールド感】
文句無いです。特にグリップの出来は右手親指のホールド感など、他メーカーも見習って欲しいほど良好と言えますね。

【総評】
現行のデジイチでは、コストパフォーマンスも含め究極の選択物件ではないでしょうか?

特に風景写真の世界ではカール・ツァイスのレンズに2400万を超える大画素から、指折りの一品でしょう。また、このα900最大にして最強のセールスポイントとして、35mmフルサイズである事から銀塩時代のミノルタAマウントのレンズのほぼ全てがフルスペックで使用可能で、中古を彷徨っている格安ミノルタレンズを有効活用出来ることが挙げられます。リサイクルが如何に大切かは、エコロジーが叫ばれている昨今においてはもはや言うに及ばないですね。

ミノルタの中古格安レンズ〜カール・ツァイスのハイエンドレンズまで、用途腕前に合わせて色々なレンズがチョイス出来て、専用レンズでなければ手ぶれ補正が効かないなどという面倒くさい事も無いので、初心者〜猛者までさまざまなレベルの人にオススメの、まさに至高の一品、αの名機、人類の宝といえるでしょう。なので、価格.comのこの最安価格は目が眩むほどのバーゲンプライスというほかに無いです。



【2014/11/3 追記】
あれから幾星霜。しかし、評価は上から全く変わって居ません!デジイチαの傑作機だと思います。
そして所有のα900の数が増えましたwww。現在2台所持しており交代で使っています。
最初に買ったα900が約30万ショット付近でシャッターの調子が悪くなりメンテナンスに出してる間に2台目を買ってしまった次第です。

α99が個人的に全く面白みを感じず購買意欲が全然沸かなかったこともあり、
α900が今後も主力になると思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった10

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
αの名機

【デザイン】
流麗さと無骨さが同居する俊逸のデザインですね。
特徴的な三角屋根などカタチで性能を上手く表現できていると思います。また、α系共通の特徴ですがマウント淵の赤いラインがカッコイイですね。

【画質】
文句無いでしょう。2400万を超える有効画素から繰り出される画は細部まで詳細に描かれます。設定にも敏感で設定変更による画の変化が非常にわかり易い傾向にあります。手ぶれ補正は現行サイバーショットからの持ち替えでも何の不満も無いレベルに有るといえます。また、高級高性能なカール・ツァイスのAFレンズが使えるというのも画質良好と言える非常に大きなポイントで、他メーカのハイエンド・モデルに対する大きなアドバンテージですね。

【操作性】
非常に高いです。必要な場所に必要なボタンが配置されている印象で、便利で扱い易いです。説明書見なくても殆どの機能が把握できますし、説明書を一度見れば殆どの方が迷わず操作できるのではないでしょうか?

【バッテリー】
実用上、特に問題ないレベルだと思います。縦グリップを使えば思わず放置しすぎて充電するのを忘れてしまうくらい使用時間を延長出来ます。

【携帯性】
私はコレより携帯性の良いフルサイズのデジイチを知りません。

【機能性】
撮影前に色あいを確認できるシミュレート機能など、実際に欲しかった機能が満載されている感じですね。何の不満も無いです。

【液晶】
液晶の見易さは勿論の事、液晶に表示される各種パラメータの見易さ解り易さが素晴らしいですね。

【ホールド感】
文句無いです。特にグリップの出来は右手親指のホールド感など、他メーカーも見習って欲しいほど良好と言えますね。

【総評】
現行のデジイチでは、コストパフォーマンスも含め究極の選択物件ではないでしょうか?

特に風景写真の世界ではカール・ツァイスのレンズに2400万を超える大画素から、指折りの一品でしょう。また、このα900最大にして最強のセールスポイントとして、35mmフルサイズである事から銀塩時代のミノルタAマウントのレンズのほぼ全てがフルスペックで使用可能で、中古を彷徨っている格安ミノルタレンズを有効活用出来ることが挙げられます。リサイクルが如何に大切かは、エコロジーが叫ばれている昨今においてはもはや言うに及ばないですね。

ミノルタの中古格安レンズ〜カール・ツァイスのハイエンドレンズまで、用途腕前に合わせて色々なレンズがチョイス出来て、専用レンズでなければ手ぶれ補正が効かないなどという面倒くさい事も無いので、初心者〜猛者までさまざまなレベルの人にオススメの、まさに至高の一品、αの名機、人類の宝といえるでしょう。なので、価格.comのこの最安価格は目が眩むほどのバーゲンプライスというほかに無いです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった24

 
 
 
 
 
 

「α900 DSLR-A900 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
2度目のα900はヤフオクのAランクを落札しました!  5 2017年8月14日 21:51
マニュアル操作が楽しい  5 2017年6月21日 18:20
デジタル時代幕開けのソニー初期型高性能機。  4 2017年5月21日 23:38
OVF機が出ない限り買い替えすることは無いでしょう  5 2016年5月15日 20:05
αの名機  5 2016年1月11日 22:41
7年が経過しても・・・  5 2015年12月26日 08:25
今さらながら最高!  5 2015年11月26日 22:06
当たり前のこと  4 2015年7月12日 04:00
最高のファインダー  5 2015年2月11日 10:36
名機です  5 2015年1月26日 10:17

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを見る(レビュアー数:303人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α900 DSLR-A900 ボディ
SONY

α900 DSLR-A900 ボディ

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2008年10月23日

α900 DSLR-A900 ボディをお気に入り製品に追加する <781

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意