『「一眼レフ」の頂点』 SONY α900 DSLR-A900 ボディ でっていう205さんのレビュー・評価

2008年10月23日 発売

α900 DSLR-A900 ボディ

フルサイズCMOSセンサーやボディ内手ブレ補正機構を備えたデジタル一眼レフカメラ。市場想定価格は330,000円前後

α900 DSLR-A900 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。

他の画像も見る

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥94,000 (1製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:2570万画素(総画素)/2460万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:850g α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α900 DSLR-A900 ボディの価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの中古価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの買取価格
  • α900 DSLR-A900 ボディの店頭購入
  • α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様
  • α900 DSLR-A900 ボディの純正オプション
  • α900 DSLR-A900 ボディのレビュー
  • α900 DSLR-A900 ボディのクチコミ
  • α900 DSLR-A900 ボディの画像・動画
  • α900 DSLR-A900 ボディのピックアップリスト
  • α900 DSLR-A900 ボディのオークション

α900 DSLR-A900 ボディSONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2008年10月23日

  • α900 DSLR-A900 ボディの価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの中古価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの買取価格
  • α900 DSLR-A900 ボディの店頭購入
  • α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様
  • α900 DSLR-A900 ボディの純正オプション
  • α900 DSLR-A900 ボディのレビュー
  • α900 DSLR-A900 ボディのクチコミ
  • α900 DSLR-A900 ボディの画像・動画
  • α900 DSLR-A900 ボディのピックアップリスト
  • α900 DSLR-A900 ボディのオークション

『「一眼レフ」の頂点』 でっていう205さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:96人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
49件
レンズ
13件
24件
デジタルカメラ
3件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性2
機能性4
液晶5
ホールド感5
「一眼レフ」の頂点

【デザイン】
ペンタプリズムを強調したデザインは最高。TLMやミラーレスを含めたSONYαで一番かっこいい。ミノルタαよりかっこいいかもしれない。

【画質】
さすがはフルサイズ……と言いたいところだが、さすがに古いため暗所では低感度でもノイズが乗ってしまう。
α700と同等の画素ピッチでフルサイズ化しているので、それよりはいくらか目立たない。
普通に使えるのはISO800までといった印象。

発色はα-7Dともα700とも似つかない独特なものになっている。全体的に重厚感のある感じ?

追記
夜の空港で使ってみたところ、α700よりもいくらか高感度でのダイナミックレンジが広いことが判明。RAW編集で明るさを持ち上げても破綻しにくい。
また、初期CMOSの特性上か、低感度で暗く撮るより高感度で明るく撮る方が良く見えるかも?

【操作性】
α-7Dほどではないが、操作系はある程度ミノルタαを継承していてとても使いやすい。
α700とほぼ変わらない操作感であるが、意味不明な配置だった「DRIVE」ボタンは押せる位置に移動しているなど、細かい改善が見られる。

【バッテリー】
α700ほどは持たない。氷点下の北海道で使ったら300枚ほどで力尽きた。
関東で空港で連写しまくっても1日は持たなかった。

【携帯性】
ペンタプリズムを積んだフルサイズの一眼レフに携帯性を求める人などいないと思うが、大きさの割には軽い。
α-7Dを持ち歩ける人なら苦労はしなさそう。

【機能性】
ミノルタレンズを存分に楽しめるボディ内手振れ補正はやはり欠かせない。さすがにα700よりはブレやすいかもしれない。
起動は一瞬。各種操作のレスポンスもよく、α2桁など比にならない。

そしてなんといっても「最強」の光学ファインダー。
マニュアルフォーカスがもはや体の一部になったような感覚でできる。ピントを外す方が難しい。
もうほかのカメラのファインダーを覗きたくなくなってしまうほど。
考えたくないですが、壊れて写真が撮れなくなったとしてもこのファインダーがあるというだけで十分な価値を持ち続けるでしょう。

AFはおまけ……と見せかけて、これもかなり改善されている。というか普通に使える。
α700でほぼ使い物にならなかった「ワイド」設定もちゃんと測距点を選んでくれるようになった。
どうやら補助測距点なるものがスクリーンに印刷されている点のほかにも仕込まれているらしく、精度も申し分ない。

AFでもMFでも、他のα三桁機とは比べ物にならないほど歩留まりが向上する。

バッファーは(デュアルBIONZのおかげか)JPEGならほぼ無尽蔵に連写を続けられるが、RAWにした瞬間に10枚しか持たなくなってしまう。24MPもあるのだから仕方ないといえば仕方ない。
書き込み完了までもかなり待たされる。

「インテリジェントプレビュー」が付いていて、サンプルを撮影してそれにWBやD-Rオプティマイザーを適用して確認できる。物撮りには便利かも?
ただ、被写界深度プレビューとどちらかの選択になり、切り替えるにはいちいちメニューを開かなくてはいけないので少し使いにくい。

【液晶】
普通にきれい。α700より色味も改善されているように見える。逆光では見づらいかも。

【ホールド感】
決して軽いボディではないが、手に合う形でしっかり握れるので、疲れは感じにくい。

【総評】
EVFに移行する前にこのカメラを出してくれたのは、αとしての意地だったのかもしれない。「OVFはこれで『完成』したのだから、今後は出さない」と言い訳でも納得してしまいそう。
修理部品が尽きた今、運良くシャッター数5000回という新品級の個体を手に入れられたので、10年以上は使ってやろうと思います。
もうこのカメラ以外でMFするなんて考えたくないです。

比較製品
SONY > α700 DSLR-A700 ボディ
コニカ ミノルタ > α-7 DIGITAL ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった11人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性2
機能性4
液晶5
ホールド感5
「一眼レフ」の頂点

【デザイン】
ペンタプリズムを強調したデザインは最高。TLMやミラーレスを含めたSONYαで一番かっこいい。ミノルタαよりかっこいいかもしれない。

【画質】
さすがはフルサイズ……と言いたいところだが、初期のCMOSセンサーなので暗所では低感度でもノイズが乗ってしまう。
α700と同等の画素ピッチでフルサイズ化しているので、それよりはいくらか目立たない。
普通に使えるのはISO800までといった印象。

発色はα-7Dともα700とも似つかない独特なものになっている。全体的に重厚感のある感じ?

【操作性】
α-7Dほどではないが、操作系はある程度ミノルタαを継承していてとても使いやすい。
α700とほぼ変わらない操作感であるが、意味不明な配置だった「DRIVE」ボタンは押せる位置に移動しているなど、細かい改善が見られる。

【バッテリー】
α700ほどは持たない。氷点下の北海道で使ったら300枚ほどで力尽きた。

【携帯性】
ペンタプリズムを積んだフルサイズの一眼レフに携帯性を求める人などいないと思うが、大きさの割には軽い。
α-7Dを持ち歩ける人なら苦労はしなさそう。

【機能性】
ミノルタレンズを存分に楽しめるボディ内手振れ補正はやはり欠かせない。さすがにα700よりはブレやすいかもしれない。
起動は一瞬。各種操作のレスポンスもよく、α2桁など比にならない。

そしてなんといっても「最強」の光学ファインダー。
マニュアルフォーカスがもはや体の一部になったような感覚でできる。ピントを外す方が難しい。
もうほかのカメラのファインダーを覗きたくなくなってしまうほど。
考えたくないですが、壊れて写真が撮れなくなったとしてもこのファインダーがあるというだけで十分な価値を持ち続けるでしょう。

AFはおまけ……と見せかけて、これもかなり改善されている。というか普通に使える。
α700でほぼ使い物にならなかった「ワイド」設定もちゃんと測距点を選んでくれるようになった。
どうやら補助測距点なるものがスクリーンに印刷されている点のほかにも仕込まれているらしく、精度も申し分ない。

AFでもMFでも、他のα三桁機とは比べ物にならないほど歩留まりが向上する。

バッファーは(デュアルBIONZのおかげか)JPEGならほぼ無尽蔵に連写を続けられるが、RAWにした瞬間に10枚しか持たなくなってしまう。24MPもあるのだから仕方ないといえば仕方ない。
書き込み完了までもかなり待たされる。

「インテリジェントプレビュー」が付いていて、サンプルを撮影してそれにWBやD-Rオプティマイザーを適用して確認できる。物撮りには便利かも?
ただ、被写界深度プレビューとどちらかの選択になり、切り替えるにはいちいちメニューを開かなくてはいけないので少し使いにくい。

【液晶】
普通にきれい。α700より色味も改善されているように見える。逆光では見づらいかも。

【ホールド感】
決して軽いボディではないが、手に合う形でしっかり握れるので、疲れは感じにくい。

【総評】
EVFに移行する前にこのカメラを出してくれたのは、αとしての意地だったのかもしれない。「OVFはこれで『完成』したのだから、今後は出さない」と言い訳でも納得してしまいそう。
修理部品が尽きた今、運良くシャッター数5000回という新品級の個体を手に入れられたので、10年以上は使ってやろうと思います。
もうこのカメラ以外でMFするなんて考えたくないです。

比較製品
SONY > α700 DSLR-A700 ボディ
コニカ ミノルタ > α-7 DIGITAL ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「α900 DSLR-A900 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
剛性感がない AF遅い  2 2020年7月20日 19:55
光学ファインダーの集大成  5 2020年5月1日 08:39
「一眼レフ」の頂点  5 2020年3月8日 13:29
最高のファインダー  5 2020年1月24日 14:33
2度目のα900はヤフオクのAランクを落札しました!  5 2017年8月14日 21:51
マニュアル操作が楽しい  5 2017年6月21日 18:20
デジタル時代幕開けのソニー初期型高性能機。  4 2017年5月21日 23:38
OVF機が出ない限り買い替えすることは無いでしょう  5 2016年5月15日 20:05
αの名機  5 2016年1月11日 22:41
7年が経過しても・・・  5 2015年12月26日 08:25

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを見る(レビュアー数:306人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α900 DSLR-A900 ボディ
SONY

α900 DSLR-A900 ボディ

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2008年10月23日

α900 DSLR-A900 ボディをお気に入り製品に追加する <782

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

viibee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意