『デジタル時代幕開けのソニー初期型高性能機。』 SONY α900 DSLR-A900 ボディ こだわり屋のマコトおじさんさんのレビュー・評価

2008年10月23日 発売

α900 DSLR-A900 ボディ

フルサイズCMOSセンサーやボディ内手ブレ補正機構を備えたデジタル一眼レフカメラ。市場想定価格は330,000円前後

α900 DSLR-A900 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。

他の画像も見る

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥65,800 (1製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:2570万画素(総画素)/2460万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:850g α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α900 DSLR-A900 ボディの価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの中古価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの買取価格
  • α900 DSLR-A900 ボディの店頭購入
  • α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様
  • α900 DSLR-A900 ボディの純正オプション
  • α900 DSLR-A900 ボディのレビュー
  • α900 DSLR-A900 ボディのクチコミ
  • α900 DSLR-A900 ボディの画像・動画
  • α900 DSLR-A900 ボディのピックアップリスト
  • α900 DSLR-A900 ボディのオークション

α900 DSLR-A900 ボディSONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2008年10月23日

  • α900 DSLR-A900 ボディの価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの中古価格比較
  • α900 DSLR-A900 ボディの買取価格
  • α900 DSLR-A900 ボディの店頭購入
  • α900 DSLR-A900 ボディのスペック・仕様
  • α900 DSLR-A900 ボディの純正オプション
  • α900 DSLR-A900 ボディのレビュー
  • α900 DSLR-A900 ボディのクチコミ
  • α900 DSLR-A900 ボディの画像・動画
  • α900 DSLR-A900 ボディのピックアップリスト
  • α900 DSLR-A900 ボディのオークション

『デジタル時代幕開けのソニー初期型高性能機。』 こだわり屋のマコトおじさんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:96人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
11件
レンズ
4件
0件
タイヤ
2件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性3
機能性4
液晶3
ホールド感4
デジタル時代幕開けのソニー初期型高性能機。
当機種新緑
当機種新緑の荒船山
当機種里の春景

新緑

新緑の荒船山

里の春景

当機種霧中新緑
当機種初夏の山塊
 

霧中新緑

初夏の山塊

 

ミノルタのα7700iから8700i、707Siまで常時3台を使って撮影して来ましたが、デジタル時代を迎えて、ソニーに切り替えるしかなくなり、発売を待ってα100を購入して使用開始しました。
α100は普通に問題なく高画質に撮れるカメラですが、APS-Cであるのと、後ろダイヤル(シャッタースピードを変える時などの)がないなどが欠点でした。それに付随して、APS-Cカメラにフルサイズ用レンズを装着すると画角が1.5倍くらいになるので、所有のレンズ多数が使えなくて遊んでしまっていました。

数年後にカメラクラブの友人購入のソニー製(機種未確認)はフルサイズでしたが、私もいつかああいうのを買ってやるさ(笑)と思っていましたが、EVF・液晶ビューファインダーのでした(ソニーでは有機ELファインダーと言う)。光学ファインダーでないのはなぜか、その点だけはあまり良くないなと思ってました。α100だって光学でしたから。
その後は一眼レフは光学ファインダーではなくEVFが主流で、近年はさらにミラーレスも主流になりつつあると知りました。良く調べていませんがEVF仕様はα77とかα99とかα9とかの機種でしょうか。ミラーレスでフルサイズ機の高画質機種のα7も販売絶好調らしい。
しかし最近価格コムなどで見たら、中古でα900と言うカメラがあると発見。この機種はペンタプリズム仕様でファインダー像が素晴らしく、静止画撮影に特化した、ソニー製造カメラ史上の名機であると知りました。製造中止・廃盤になっているが今でも中古で人気が高い様。

本機種はフルサイズで、発売当時では画素数世界1の2400万画素超えでした。だが今のフルサイズ機は4000~5000万画素超えで遥かに上回る。またα900には動画撮影モードもない、暗さにも特に強くない、この辺は今では普通以下の性能。
総合的に言えばフルサイズ1眼の中で発売当初ではトップレベルの性能でしたし、ソニーではフラッグシップ機でしたが、2008年発売で2010年に販売終了だから結構前の機種です。古いから旧型と言える。

《ソニーの初期型2機種をまとめると》
ソニーα100は2006年発売、α900は2008年発売です。
この2台は良く似ています。フイルムカメラから移行した人にピッタリの仕様。
光学フアインダーでミラー使用でコンパクトフラッシュを使用(SDHCは使えない)。
暗さに対しての感度は不足、動画はない。
発売当時の値段でもα100はAPS-Cで10万円位でα900はフルサイズで20万円少し超えで割と庶民価格。
フィルムカメラ使いの人がどちらを選んでも両方同時に使用しても違和感なし。
それなので、現在α100などを使用で追加購入したい人やフイルムカメラ時代の光学ファインダ―が好みの人も購入してみたら良いかと。

私はα900をヤフーオークションで購入しました、10万円弱。
私はこの似ている2台で当分頑張って見るつもりです。
画素数はあまり多くなくて良い。α100は1000万画素位ですが全倍伸ばしでもこれまで画質は全く問題なしでした。
α900は24Mですが、通常は13M(画質スタンダード)で撮影し、時に大伸ばしをするかも知れない予想のショットなどでは24M(画質スタンダード)の設定で撮影を開始し始めました。

その他。
ISO感度が200から始まるのはあまり好ましくない感じがします。本機種の拡張のISO100は極力使いたくない。初めから低感度側がISO100設定なのが良いです。α100でもISO100スタートでした。高感度側の数値を上げるために本機種はISO200スタートにしたのかも知れません。
その対策に例えばNDを使うとすると、ファインダー像は何を見ても1段2段と暗くなるのでやはりNDを常用はしたくないです。
滝などは滅多に撮らないが、晴天下のピーカン状態では無駄に高速シャッターになる気がします。
本機種の使用者の方はこの点はどうお考えなのか少し気になります。

α900で撮り始めた写真を掲載します。さほど上手くはないですが、これから良いのが撮れるかも(笑)。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった9人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性3
機能性4
液晶3
ホールド感4
デジタル時代幕開けのソニー初期型高性能機。

ミノルタのα7700iから8700i、707Siまで常時3台を使って撮影して来ましたが、デジタル時代を迎えて、ソニーに切り替えるしかなくなり、発売を待ってα100を購入して使用開始しました。
α100は普通に問題なく高画質に撮れるカメラですが、APS-Cであるのと、後ろダイヤル(シャッタースピードを変える時などの)がないなどが欠点でした。それに付随して、APS-Cカメラにフルサイズ用レンズを装着すると画角が1.5倍くらいになるので、所有のレンズ多数が使えなくて遊んでしまっていました。

数年後にカメラクラブの友人購入のソニー製(機種未確認)はフルサイズでしたが、私もいつかああいうのを買ってやるさ(笑)と思っていましたが、EVF・液晶ビューファインダーのでした(ソニーでは有機ELファインダーと言う)。光学ファインダーでないのはなぜか、その点だけはあまり良くないなと思ってました。α100だって光学でしたから。
その後は一眼レフは光学ファインダーではなくEVFが主流で、近年はさらにミラーレスも主流になりつつあると知りました。良く調べていませんがEVF仕様はα77とかα99とかα9とかの機種でしょうか。ミラーレスでフルサイズ機の高画質機種のα7も販売絶好調らしい。
しかし最近価格コムなどで見たら、中古でα900と言うカメラがあると発見。この機種はペンタプリズム仕様でファインダー像が素晴らしく、静止画撮影に特化した、ソニー製造カメラ史上の名機であると知りました。製造中止・廃盤になっているが今でも中古で人気が高い様。

本機種はフルサイズで、発売当時では画素数世界1の2400万画素超えでした。だが今のフルサイズ機は4000~5000万画素超えで遥かに上回る。またα900には動画撮影モードもない、暗さにも特に強くない、この辺は今では普通以下の性能。
総合的に言えばフルサイズ1眼の中で発売当初ではトップレベルの性能でしたし、ソニーではフラッグシップ機でしたが、2008年発売で2010年に販売終了だから結構前の機種です。古いから旧型と言える。

《ソニーの初期型2機種をまとめると》
ソニーα100は2006年発売、α900は2008年発売です。
この2台は良く似ています。フイルムカメラから移行した人にピッタリの仕様。
光学フアインダーでミラー使用でコンパクトフラッシュを使用(SDHCは使えない)。
暗さに対しての感度は不足、動画はない。
発売当時の値段でもα100はAPS-Cで10万円位でα900はフルサイズで20万円少し超えで割と庶民価格。
フィルムカメラ使いの人がどちらを選んでも両方同時に使用しても違和感なし。
それなので、現在α100などを使用で追加購入したい人やフイルムカメラ時代の光学ファインダ―が好みの人も購入してみたら良いかと。

私はα900をヤフーオークションで購入しました、10万円弱。
私はこの似ている2台で当分頑張って見るつもりです。
画素数はあまり多くなくて良い。α100は1000万画素位ですが全倍伸ばしでもこれまで画質は全く問題なしでした。
α900は2.4Mですが、通常は1.3M(画質スタンダード)で撮影し、時に大伸ばしをするかも知れない予想のショットなどでは2.4M(画質スタンダード)の設定で撮影を開始し始めました。

その他。
ISO感度が200から始まるのはあまり好ましくない感じがします。本機種の拡張のISO100は極力使いたくない。初めから低感度側がISO100設定なのが良いです。α100でもISO100スタートでした。高感度側の数値を上げるために本機種はISO200スタートにしたのかも知れません。
その対策に例えばNDを使うとすると、ファインダー像は何を見ても1段2段と暗くなるのでやはりNDを常用はしたくないです。
滝などは滅多に撮らないが、晴天下のピーカン状態では無駄に高速シャッターになる気がします。
本機種の使用者の方はこの点はどうお考えなのか少し気になります。

レベル
ハイアマチュア

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「α900 DSLR-A900 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
2度目のα900はヤフオクのAランクを落札しました!  5 2017年8月14日 21:51
マニュアル操作が楽しい  5 2017年6月21日 18:20
デジタル時代幕開けのソニー初期型高性能機。  4 2017年5月21日 23:38
OVF機が出ない限り買い替えすることは無いでしょう  5 2016年5月15日 20:05
αの名機  5 2016年1月11日 22:41
7年が経過しても・・・  5 2015年12月26日 08:25
今さらながら最高!  5 2015年11月26日 22:06
当たり前のこと  4 2015年7月12日 04:00
最高のファインダー  5 2015年2月11日 10:36
名機です  5 2015年1月26日 10:17

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを見る(レビュアー数:303人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α900 DSLR-A900 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α900 DSLR-A900 ボディ
SONY

α900 DSLR-A900 ボディ

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2008年10月23日

α900 DSLR-A900 ボディをお気に入り製品に追加する <781

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意