ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)すべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン) > すべて

ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン) のユーザーレビュー

(1403件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
ヘッドホンアンプ・DAC > サイラス > Oriolus BA300S JP version

new3さん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:616人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
64件
28件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
13件
33件
ヘッドホンアンプ・DAC
5件
1件
もっと見る
満足度2
デザイン3
音質3
操作性2
機能性2

先行入手した知人が早くも手放したいという事なので先ずは譲って頂く事を前提でお借りしてきた。まだエージングも済んでないレベルでのファーストインプレッションである。本機はボリューム機能もなく、4.4mm(入出力共に)、フルバランス(デュアル真空管)のアナログアンプでありマニアックかつ思い切った仕様である。本機と手持ちのそSONY製DAP(ZX100、ZX300、wm1A)とハイインピーダンスのヘッドホン(TI 2nd→600Ω、HD820→300Ω)+MDR-Z7と組み合わせ、SONYのPHA-2A&PHA-3と比較してみた。もう結論から述べてしまうと、出音的には真空管っぽさというかアナログ感は微塵も感じない。音場の広さ、音の艶、エネルギッシュ感、そして肝心のパワー全てに於いてSONYの純正ポータブルアンプの方が優れている。ZX300クラスのDAPをお持ちの方は300Ω以上(鳴らしやすさは単純にインピーダンスの高低ではないが)のヘッドホンの性能を引き出せない事は承知しているはずである。
であれば、このレベルの製品に浮気せずDAP上位のwm1A、ポタアンであればPHA-2A、据え置きならZH1ESを選択するべきである。フジヤさんにて昨日、予約確認はしたが、この製品はキャンセルしたいと思っている。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > SONY > PHA-2A

nakaji02さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

mojo からのすぐ買い替えました。音にはうるさい奴です。
音最高ですはじめシャリがきつい過ぎて音小さくなるから満足しなかったですが、ゲインをHighにしたら、ベースが聞こえるのがわかる。音は、ベースなくては、音楽やないな奴なんで、満足な音です。mojo より大きいから持ち回りわストレスかな?でも日本製は、ものもしっかりしてます。mojo マイクロ所がめちゃくちゃ弱いすぐに接触不良になります。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Chord Electronics > Mojo

nakaji02さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

mojo アンプ購入して、二週間で返品しました。泣
iPod touchでカメラアダプター繋げですが、差し込む所がグラグラになり再生してマイクロUSBの所がチョット動いただけで音楽が勝手に停止なります。音最高ですがマイクロUSBをもっと丈夫にしてほしかった。ソニーポータブルpha-2a に替えてもらいました。ヨドバシ店員さんありがとうございます。良い店です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > Q5 with AM3B FIO-Q5-AM3B

u-muさん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
19件
au携帯電話
0件
10件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性4
機能性5

デザインは無骨だがそれがいい。
解像度はとりたてて高くはないが、力強い音。
ボタン操作のほかにアプリからのコントロールにも対応していて、デジタルフィルタの切り替えやスリープ時間の変更などもできる…らしいが、Android版はまだ対応していないので、早く対応して欲しい。
特筆すべきはその機能性、拡張性。
USB入力はもちろん、同軸デジタル、光デジタル、アナログの入力も可能。Bluetoothオーディオの送受信もできる。
スマホとこれ一台あれば、やりたいことは大抵できてしまう。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Chord Electronics > Hugo 2 [シルバー]

オフェリアさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:176人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
16件
レンズ
7件
7件
プリメインアンプ
3件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

PCとHugo2の間に、
MUTEC MC-3+USB(USBリクロック、D/Dコンバーター)を入れてみました。
専用D/DコンバーターであるMスケーラーは高価すぎて手が出ませんので。
これはアップサンプリングできませんが、4〜8倍程度のアップはPC上のソフトで可能です。
如何に高精度でリクロックできるかですが、USBデータをできるのはあまり見当たらず、これのみ かな?
結果は大変よく、鮮度感が向上し、生き生きとした音調になりました。
PCのUSB出力はそうとうに怪しいというのが実感できました。
尚、10MHzの外部クロックも繋げますので、音質の変化を楽しめます。(よりモニター的な音質になります)

PC直結ではHugo本来の能力を出し切れていないのではないかと思います。
上流を改善することが重要化と思います。



>使用して半年弱ですが・・
ドライバーはやはり専用のChord Async USBドライバーが合っていますね(当然はもしれませんが)
しかしfoobar2000では、私の環境では微かなプチノイズが数分に一回程度で入り気になりました。
そこで、思い切って再生ソフトをTuneBrowser(tikisoft)に換えたところノイズはなくなりました。
音質は低域が厚く、深みのある音に変わりました。
それまではやや低域が軽いな〜と思っていましたが、これで両方改善できました。
ご参考まで。



>ゲットしました!
eイヤフォン様にて、2回試聴し年末大特価でようやくでした。
唯一のインターフェイス、音質も唯一無二?です。

これがあればcdからリッピングしたローレゾ?で十分です。
いままで後部座席で聞いていたのが、「最前席かぶりつき」 で聴けます^^。

PCにfoobar2000を入れ、更にasio4all v2.14を入れてください。(Winの場合)
専用のドライバーでは、プチノイズがのり芳しくないです。
それなりの使いこなしは必須ですが、シングルエンドでも十分高音質で手持ちのフォンが生き返りますよ。

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > OPPO > HA-2SE

マイヨ・ジョーヌさん

  • レビュー投稿数:44件
  • 累計支持数:167人
  • ファン数:14人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
39件
レンズ
9件
25件
イヤホン・ヘッドホン
2件
26件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性5
機能性5
 

使用している3台のポタアン達

oppo HA-2SE

 

DAPは、2005年デビューでずっとiPod classicタイプのiPodを使い続けてます。160GBのiPod classicは合計で4台所有してます。
1台は、友人への貸し出し用。昔でいう気に入った曲をテープに収めて友人に貸し出す感覚です。その他の3台は、それぞれポータブルヘッドホンアンプに接続して使用しております。
所有する楽曲は、約10,000曲を少し超えるくらいです。
DAPについては、SONYの音質が好きなのでNW-WM1Aが欲しいと思ってますが、なかなか踏み切れません。
それは、iPod classicの操作性の良さというか慣れ親しんだ操作性が捨てきれないことと、楽曲の管理をiTunesを2005年以来の13年間で親しんでいるせいです。
そして、ヘッドホンアンプを介すれば、CD並み音質で楽しめるからです。
ただ、今までモバイル用途で使用していたPHA-2を大きくて持ち運びにくいなと感じてて、WM1A購入とこちらのHA-2SEの購入で迷いまして、中古で程度がいい商品に出会い、ちょっと考えが一変しました。
HA-2SEのスリムで小型のデザインと商品の作りとiPod classicをバンドで固定して使用してみた使用感が、とても良いので現在のところSONYのWM1Aへ移行する気持ちは大きく薄れてしまいました。
もっぱら、こちらの商品は、モバイル用途と寝落ちするまで音楽を寝室で聴く際に使用してます。
こちらの商品と組み合わせて使用しているヘッドセットは、使用頻度が多い順に以下に記します。
Sony XBA-Z5
Sony XBA-H3
Sony MDR-1AM2
Sony MDR-Z7

【デザイン】
スリムでコンパクトで良いと思います。コンパクトなだけに、軽量なはずですがサイズに対しては重量感を感じます。
iPod classicバンド固定使用条件下。

【音質】
音質は、3つ所有しているポータブルヘッドホンアンプの中では、音の角が鋭く感じます。また、言い方を変えれば硬質な音に感じます。
決して、音質が悪いというわけではなく、これはこの商品の音質の個性と割り切って使用してます。
ただ、MDR-Z7を使用してのリスニング環境では、ここがあまり気になりません。
ですので、イヤホンとの相性もあると思うので、WM1A購入予算が浮いた分、相性のいいイヤホン探しもしてみようかな?とも思う次第。
なお、私のことのみの音質をヘッドホンアンプにランキングをつけるとしたらこのようになります。
Sony PHA-3
Sony PHA-2
Oppo HA-2SE
【補足】音量を大きくしていく次第に、音の角が丸くなる傾向もあると思います。

【操作性】
オーソドックスはポータブルヘッドホンアンプの操作性なので、購入後すぐに迷わず使えました。
やはりダイヤル式で微妙な音量をコントロールできる操作性は今の時代で、大切だと思います。

【機能性】
モバイルバッテリーとして、DAP側へ給電できるところが便利かと思いましたが、楽曲再生中に給電させるのは音質への影響とかを考えるとあまり使用したことがありません。

【総評】
もう、色々と書いてしまいましたが、概ね大変満足してます。不満店は、自分の好みの音質より硬い傾向なだけです。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > STAX > SRM-D10

テステス1さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
6件
イヤホン・ヘッドホン
3件
3件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質3
操作性4
機能性2

【デザイン】
無骨なデザインで普通。

【音質】
SR-009とSR-007Aを使用。

SRM−727Aとの比較では、SRM−727Aの方が高音が綺麗に聴こえる。
SRM-D10の方は少し低音が強く聴こえる。
やはり据え置きの方が音はいいが、ポータブルサイズでこの音質はなかなかいいと思う。
24bitまでの対応というのが凄く残念。

【操作性】
ボリュームは回しやすくかといって誤動作も起こりにくい。

【機能性】
DAC部分が24bit音源にしか対応していない。
今時32bitに対応しているのが当たり前なのでちょっとどうなのかなぁと思う。
仕様が全てでは無いが製品を選ぶ上で重要な部分だと思うので次回のポータブルドライバは32bit対応をお願いしたい。

【総評】
最近の製品としてはDAC部分が見劣りしているので、DAC部分を高性能にして後継機を出してほしい。
また、SR-003MK2の上位機種が出ることも期待したい。
なんだかんだ言ってもSTAXのイヤスピが外で楽しめるようになったのでうれしい限り。
今回、この製品を世に出したSTAXには感謝。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > TEAC > HA-P5

藤本健さん

  • レビュー投稿数:50件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

DSD5.6MHz、PCM192kHz/24bit対応、DAC搭載のヘッドホンアンプ HA-P5

フロントの入力端子にはデジタルとアナログが搭載されている

フロントの入力端子よりもリアに繋いだUSBケーブルの信号が優先される

   

サイドには3つのスイッチが搭載されている

   

HA-P5は、TEACが発売しているDAC搭載のヘッドホンアンプ。DSD5.6MHz、PCM192kHz/24bit対応で、入力は光デジタル(OPTICAL)、同軸デジタル(COAXIAL)、USB(Type-A、Micro-B)、LINE INを装備している。USB-A端子はiOSデバイスと直接接続することができるので、わざわざUSB-Lightningカメラアダプターを用意しなくてもいいのは嬉しいところ。またTEACのスマートフォンアプリ「TEAC HR Audio Player」を使えば、DSD 5.6MHzのファイルも再生可能。4極の3.5mmにも対応していて、バッテリー持続時間は5時間。

さて本体のサイド部分をみてみると、3つのスイッチが搭載されている。ここではGAIN、デジタルとアナログのINPUT、USB充電のオンオフをそれぞれ切り替えられる。GAINスイッチについては、LowとHighを切り替えることができ、イヤホンでもヘッドホンでも十分な音量を稼ぐことができる仕様だ。またデジタルとアナログのINPUTの切り替えは、左側がデジタル端子、右側がアナログ端子となっているのだが、これはフロントの入力端子に繋いだケーブルに対してそれぞれ切り替える必要がある。USB充電のオンオフは、任意で切り替えることができるので、勝手に接続先の機器バッテリーからの充電を回避できるようになっている。

HA-P5の音質は、これといって特徴のあるものではない。全体的にフラットであるため、リスニング用として使うのもいいが、DTMでモニタリング用途として使ってもよさそうだ。高音域も低音域もきれいにでているので、ミックスなどの作業がしやすいだろう。約5万円のオーディオインターフェイスのヘッドホンアウトと比べても引けを取らない。むしろ音の立体感や空間の再現性が上回っているようにも感じる。低音域の再生も素直で、変にブーストされているところがないので、正しくモニタリングすることができるだろう。もし1万前後のオーディオインターフェイスを使っていて、音質をあげたいのであれば、高いヘッドホンを買うよりもHA-P5を導入した方が、コストを抑えられるのではないかと感じた。

ちなみに本体の重さは182gで、手に収まるサイズ感だが、ポケットに入れて持ち運ぶには少し大きいと感じるかもしれない。HA-P5は再生するソースによってトップパネルのランプが点灯したり、電源を入れるとボリュームノブが青く光ったりと、視覚的にも分かりやすい作りになっているのも特徴だ。

また接続するときの注意点だが、フロントの入力端子よりもPCと繋いだUSBケーブルの信号を優先するので、フロントのデジタル端子またはアナログ端子を使うときは、PCから接続を解除しておく必要がある。フロントの入力端子を使いながら充電するときは、付属しているUSB-A DC充電ケーブルを使うのがいいだろう。ほかにも付属品としては、PCと接続するときに使うUSB-Micro USBケーブル、RCA変換ケーブルがある。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > RHA > Dacamp L1

QATOROさん

  • レビュー投稿数:38件
  • 累計支持数:133人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
2件
スピーカー
7件
0件
ネットワークオーディオプレーヤー
0件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質5
操作性4
機能性3

【デザイン】
写真だとプラスチッキーに見えますが、実物の質感はよく、安っぽくはありません。

【音質】
同じRHAのイヤホンCL1 Ceramicとの組み合わせで使用しています。明確でコントラストがはっきりした音で、CL1 Ceramicとは相性が良く、気に入っています。

【操作性】
パソコンとandroidスマホはmicroBで接続しますが、ここで問題発生。microBで接続すると充電が始まるため、スマホ側で給電しない設定が出来ないと充電が始まってしまい、スマホのバッテリーが恐ろしい勢いで減って行きます。私が使っているXPERIA XZ1はここが上手くできず、事実上XPERIA XZ1では使えません。iOSはUSB -B接続で充電しないので、iPad専用で使用しています〈こちらは全く問題ありません〉。

【機能性】
CL1 Ceramicとはバランス接続が出来るので、もっぱらバランス接続で使っています。他の方が指摘されているバランス接続時のノイズはありません。
ヘッドホンアンプでは珍しくトーンコントロールが付いていますが、イコライザー機能付きのアプリが多いので必要かどうかは微妙かも。私は結構使っていますが。
ボリュームコントロールは、他の方も指摘されている通り、ややシビアですね。

【総評】
CL1 Ceramic専用機として購入しました。充電管理は想定外でしたが、元々外で使うつもりはなく、iPad での使用を想定していたので問題なしです。音質が良くパワーもあるので、満足しています。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > SONY > PHA-2A

mokogenさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
5件
イヤホン・ヘッドホン
8件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
音質5
操作性4
機能性無評価

USBカメラアダプターを使っての接続

MDR-1AM2と本機

UM MAVIS Uとの接続

当初環境から試聴環境が変わったため、
抜本的に見直しをし、再投稿いたします。

【環境】
iPhone 8→USBカメラアダプター→MicroUSB→本機
イヤホン UM MAVIS U
ヘッドホン MDR-1AM2
試聴音源 Spotify

【デザイン】
iPhoneの一回り大きいくらいのサイズで
重ねて聴くのにちょうどいい感じです。
iPhoneの固定にはポタピタシートを貼って固定しています。

【音質】
本機に搭載のESS社製DACは全体的にはフラットな印象です。
アンプなだけあって音圧はすごいです。
迫力が確実に増す感じです。
とても圧縮音源を聴いているとは思えません。

【操作性】
前面にボリュームスイッチ、背面にはゲインの選択ができるのみの
シンプルな操作性です。

【機能性】
無評価

【総評】
購入当初は所有しているDAPを繋いで聴いたりしていましたが、
ここ数ヶ月は上記のとおり、iPhoneと接続してSpotifyを聴くのみ
となりましたが、総じて満足しています。
Spotify自体もワイヤレススピーカーから聴いていたのですが、
本機と通して聴いた方が音質が良く、売却してしまいました。

iOSデバイスと接続する際はUSBカメラアダプターを使うことを
お勧めいたします。そうすることで本機からiPhoneには
電源供給はされません。

バッテリーが6時間しか保たないところが唯一のマイナスポイントです。
もう2時間くらいは保って欲しかったです。

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Chord Electronics > Mojo

mokogenさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
5件
イヤホン・ヘッドホン
8件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性4

ポータブルオーディオに目覚めてもうすぐ1年。

LotooのPAW5000 MKUを持っていて、光接続できる
ポタアンを探していたところ、本機にたどり着きました。
なお、本機は試聴せずに購入しました。
光ケーブルには、SAEC SUPRA SPDIFケーブルを使用。
ポタアンは他にPHA-2Aを所有しています。

【デザイン】
ナウシカのオームを思わせるボタンデザイン。自分は好きです。
手のひらに収まるコンパクトさはポータブルにもってこいです。

【音質】
タイトルにも書きましたが、PAW5000 MKUとの相性が恐ろしく良いです。

ヘッドホンはMDR-1AM2を使用していますが、音質はフラットな印象で
迫力が増す感じといったところでしょうか
ハイレゾ音源はもちろん良いのですが、本機の特筆すべき点は圧縮音源
でのリスニングです。
自分はiTunesで購入したものやCDを取り込んだ音源など、圧縮音源は一律
AAC 256kbpsで管理していますが、ものすごくよく聴かせてくれます。
PAW5000系をお持ちの方はぜひ光接続をして聴いてみてください。

【操作性】
電源を入れるだけの簡単構成。ボリュームも大小2つのボタンがあるだけの
シンプルな操作性です。

【機能性】
光接続のほか、マイクロUSB、同軸デジタルと入力端子は豊富。
iPhoneなどスマートフォンとも接続できるでしょう。
あとヘッドホンジャックが2口ありまして、二人同時に聴けるのかな
と思っています(試していないのでわかりません)

【総評】
ちなみにバッテリーは6時間は確実に持つのは確認しましたが、
8時間まで持つかどうかまではまだ試していませんです。
バッテリーの状態はランプでカラフルに表示されるのも評価プラスです。

しつこくてすみませんが、PAW5000をお持ちの方はぜひ光接続して
聴いてみてください。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > Q5 with AM3A FIO-Q5-AM3A

flexerさん

  • レビュー投稿数:94件
  • 累計支持数:563人
  • ファン数:0人
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5

※モニタレビューは評価用製品による試用レビューです。販売されている製品仕様と一部異なる場合があります。
※モニタレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

Bluetoothからバランス接続まで様々な出力対応するのでこれ1台でほとんどのヘッドホンが楽しめます。
入力系もデジタルだけでなくアナログにも対応しているので豊富な音源を利用できます。
サウンドはソリッドで広い音場が特長です。
全ての入出力でサウンドの特長が味わえるようチップと回路を工夫しています。
全ての処理をワンチップでと言う短絡的な設計思想になっていない点は高く評価できます。
操作系はやや扱いにくい印象があるので初心者には難しい機種と感じるかもしれません。
中上級者以上のオーディオファンの方にオススメです。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > オーディオテクニカ > AT-PHA50BT BK [ブラック]

クソ耳です。はい。さん

  • レビュー投稿数:84件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
49件
21件
ライト・ランタン
9件
0件
Bluetoothスピーカー
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質4
操作性4
機能性5

AT-PHA55BTを2台持ちにしたので
AT-PHA50BTをちょっと持て余してしまった。

このAT-PHA50BTの利点は
プリセットで入ってるエフェクト。
そしてスマートフォンと連動しない
ボリューム。


スマートフォンからapt-x接続で聞いて
いましたがAT-PHA55BTのLDAC接続が
良すぎる。

本来ならお蔵入りなんですが、
このAT-PHA50BTに入っているエフェクトが
自分は好き。

何だかんだで使うだろうな。















参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > JVC > CLASS-S SU-AX01

ビスコナビスコさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
2件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性4

SU-AX7 には大いに満足していましたが、どうしても上位機への憧れを止めることが出来ずに、購入に至ってしまいました。
以下は、私個人の音質の好みや聴覚能力への依存度100%の私見ですので、割り引いてご参照ください。
本文が、ポタアン購入の際の参考にしていただければ幸いです。

[ SU-AX7との相違 ]
わずかに大きいですが、別物というほどの違いはありません。
充電器も同じものが使えました。(今は iPad用5.2V2.4A を使用しています)
バランス出力こそが最大の相違点だと思います。
SU-AX7 で不満のあった音量調整のボリュームですが、SU-AX01 ではステップがきめ細かく調整できて、位置と音量の違いが生じる無駄なあそびがないのも嬉しいです。

[ バランス接続 ]
DENON D7200 を SONY MUC-B12BL1(バランス接続ケーブル)で聴くと、音場感や低域のパワーは素晴らしいものがあります。
そして驚いたことに、SU-AX7 で使っていた onso hpct_03_ub33(アンバランス接続ケーブル)にリケーブルしても低域のパワーは落ちません。
しかし、バランス接続と交互に聴き比べてしまうと、音場感の不自然さ(窮屈さ)などが気になります。(ケーブルの材質などの違いに依存する可能性はあります)
実際にポタアン使って音楽を聴く場合、いちいちケーブルを交換するようなことはしませんし、アンバランス接続でも SU-AX7 との比較では明らかに音質はアップしていますので、むしろ好みのヘッドホンやイヤホンとの組み合わせで使う方が楽しめると思います。

[ DSD ]
SU-AX7 には無かった機能のひとつなので、試してみました。
mora で買った DSD 2.8MHz の曲を、iPadPro の mora player で再生しましたが、なにも問題なく聴くことができました。
ただ、アルバム曲を連続して再生するとき、曲の切り替わりなどでプチッと大きいノイズが入るのは閉口します。
FLAC等では起きないので、フォーマット依存の問題でしょうか。

[ ハイインテンシティモード ]
こちらも SU-AX7 には無かった機能なので試してみました。
ACアダプタから電源が供給されているとボリューム右上の隙間が青く光ります。
でも、それ以外(音質等)の違いは私にはわかりませんでした。
むしろACアダプタなしの方が微妙に音量が上がるとか音質もいいような気がしたほどで、身(耳)の程を知った思いです。

[ K2 TECHNOLOGY ]
SU-AX7 では(私にとっては)絶大な威力を発揮した K2 ですが、バランス接続で聴いている限りは必要ないように感じます。
曲によって、高域に明るさが欲しい時に K2=ON にする程度で、普段は OFF のまま使っています。
ただし、アンバランス接続ではしっかり効果が感じられますので、使わないのはもったいない機能ですね。

[ 改善要求事項 ]
ボリューム周囲の隙間から漏れ出る LED光 が見難い!
某ルーペをかける必要はありませんが、明るいところでは正面から見ないとまったくわかりません。
実際に視認が必要なのは、充電開始時にちゃんと緑色が点灯したか、充電が完了して消灯しているかを確認するときだけですが、明るい部屋で消灯していることを確認するときのし辛さと言ったら。。。
ここだけは SU-AX7 の LED の見易さを見習って欲しいものです。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > オーディオテクニカ > AT-PHA55BT

クソ耳です。はい。さん

  • レビュー投稿数:84件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
49件
21件
ライト・ランタン
9件
0件
Bluetoothスピーカー
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

比較...ダメなのかな?
けど、AT-PHA50BTとの違い気になる方もいますよね?
素人レビューですが参考になれば嬉しいです。

音源はいずれもスマートフォンです。
AT-PHA50BT(以下 50BT)はAPT-X接続。
AT-PHA55BT(以下 55BT)はLDAC接続(音質優先接続)です。

【デザイン】
これは比較しません。外観より音ですよね。
55BTはスマートで引っ掛かりそうな突起も
ほぼなく良いです。

シンプルイズベスト!

【音質】
50BTがAPT-Xで55BTはLDACでの接続なので
当たり前ですが音質、解像度が良く感じるのは
確実に55BTです。

もう少し踏み込んでと。
55BTの解像度が100だとすると
50BTの解像度は50〜60かな。

この解像度の違いかな?
55BTに比べて50BTの方がややこもった感じに。
これは50BTのエフェクトをいじると多少ごまかし
が効くのですが、解像度の違いは補完出来ない...

50BTはエフェクトが選べるのが良いです。
良くbassboostモードを使用しています。
イコライザーで30〜100Hz辺りをひとつまみ
上げたら音割れしそうな時にbassboostモード
にすると音割れせずboostがかかります。
これはこれで凄いなと思います。

これが嫌いと言われる方も多いみたいですが、
boostボタンで選べる...たまらなく好きです。
(この手のボタンが好きなだけですが 笑)

ヘッドホンにもよるとは思いますが55BTに近い
音質にしようとしたらacousticモードないし
virtual surroundモード(音が広がりすぎます)
が比較的近いと思います。

【操作性】
あまりにひどい操作性でなければ音ですよね。
外観も違うので比較は一概に出来ないですが

あえて書くなら
50BTを使いこんでいくとロータリースイッチの
節度感がゆるくなり、操作性が極上とはちょっと
言いづらいです。

55BTはボタンで音量の微調整が効くので良好だと
思います。(55BTの32段階に対し50BTは15段階)
ボタンの節度感も良好です。

但し、50BTの15段階はスマートフォンの音量
と連動していないのでこれを利用して大音量に
するのが簡単に出来ます。

55BTはモード変更の際、モードBからモードAに
変更する際のみうっかりすると電源がoffに
なってしまうのでちょっと優しく操作して
あげると良いと思います。

【機能性】
とにかく55BTのLDAC対応ですね。
自分みたいなスマートフォンが音源で
ヘッドホンを半ワイヤレスで性能をフルに
発揮しようしたらこのLDACに尽きます。

55BTがapt-Xで接続...下手すると
エフェクトが選べる50BTの方が面白いかも。
(スマートフォンのコーディック変更方法は
知っていますがあえてしません レビューなのにすみません)


機能性?ではないかもしれないですが
参考まで

Bluetoothの受信部は
50BTは液晶表示の左下で
55BTは上面のイヤホンジャックの横です。

電池持ちにも関わってくる部分なので
書きますが55BTのイヤホンジャックは
外側(Bluetooth受信部にかからないように)
持っていった方が良さそうです。

ちなみに電池持ちは公表値の75%とか言われて
ますが、50BTはきっかり6時間持ちます。
55BTは75%の6時間です。

【総評】
50BTも55BTも有線ヘッドホンやイヤホンを
半ワイヤレス化出来る
レシーバー+アンプで貴重な存在だと思います。

音源のスマートフォンのバッテリーを食わないので
本当に助かってます。

55BTは音質が良く、Bluetooth特有のノイズもほぼ
感じさせず、軽くてスマートでクールな商品だと
思います。

50BTは55BTと比較すると、ほんのちょっとだけ
無音時のノイズがあり、解像度は落ちますが、
エフェクトで音質を補完出来る個性的な商品だと思います。

今の自分の生活に溶け込んで無くては困ります。



電池持ちをオーディオテクニカさんに問い合わせ
して回答がきたので再々レビューで追加します。

55BTは8時間ですが6時間しか持ちませんでした。
要因は

・LDAC コイツが悪い!(音はいいから 笑)
・音量(これは当たり前ですよね)
・充電時の発熱

自分の場合はこの上記3点っぽいです。

LDACと音量はしゃーないですね。
あと、充電時の発熱は冷凍庫で冷やしながら
充電したとして何分変わるか?

まぁ、6時間使えればいいや。


気に入ったのでもう1つ購入しました。
個体差があったのでレビューします。

今まで所有していたものにはノイズ吸収シートを
バリバリ貼っています。

新しいものはそのままです。

今まで所有していたものは充電回数は
30回いってないと思います。それで6時間。
(2018年購入)

新しいのは8時間持ちます。

いずれもLDACの音質優先接続で。

ちょっとバッテリーの劣化早いかな?


最大の違いは動画視聴。
今まで持ってたものは音が途切れません。

新しいものは途切れまくり。
仕方ないのでLDACの接続を自動に変更。

物だから個体差があるのは当たり前ですが、
オーテクさんの割りには個体差大きいかな。

けど、親切だし許しちゃう!






参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン))

ご注意