ヘッドホンアンプ・DACすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > 家電 > ヘッドホンアンプ・DAC > すべて

ヘッドホンアンプ・DAC のユーザーレビュー

(3948件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェッショナルレビュー
モニタレビュー
ヘッドホンアンプ・DAC > アイリバー > Astell&Kern ACRO L1000 DAM11-ACRO-L1000

@Ginさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性無評価
機能性無評価

Z7M2をいい感じに駆動してくれて、価格も少し安価になったところでしたので。

使用環境
机上にて AK380、NW-WM1A、SO-01J など。

好印象の部分
入力は、USBのみという潔さ。(対ノイズにも有効 )
外観が面白い。でっかいツマミ。音量表示LED。
出力は、2.5mm4P ステレオミニ を使用

できれば
4.4mmがほしいところ。

購入時 比較機器

TA-ZH1ES DA-310USB UD-505/503 HD-DAC1
など。
Z7やTH610も、聞き直す程に 好ましく良い音質に。
よい選択だったと、取り合えずほっと安堵し、落ち着いて聞き入っています。
付属のACアダプターは、12V5Aでケーブルがゴツいので取り回しが大変。
スピーカーは未使用。





参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > マランツ > HD-DAC1

プラントプランタンさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性無評価
機能性無評価

正直、聴く前はあまり変わらないんじゃないかと疑ってもみたが、全然違った。音の分離感がはっきりした。

操作はシンプル。機能性としては最新のものと比べたらバランス接続もBluetooth対応もしていないが、アンバランスでしか聴かないだろうと割愛。ハイレゾ対応も凝った人以外には必要十分ではなかろうか。

iPhone7からライトニングケーブルで接続して、わずかに遅延が発生するのは気付かなかった。店頭では音楽を流して試聴しただけだったため気にしていなかった。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > xDuoo > TA-02SJ

fairnesさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
4件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
音質5
操作性3
機能性3

表題通り、K712PROとの相性がとても良いです。付属の真空管(北京と書いてある)からロシア製の真空管6J1P matched pair(VOSKHOD)に交換しましたが、ワンランクアップした感じになりました。STAX L300 から乗り換えましたが、大正解でした。(音質や解像度は同等だと思いますが、音場の広さ、空間表現、快適さなどが素晴らしく、こちらに軍配を上げました。)もうこれ以上は要らないかなという気分になりました。

参考まで

MCR611
samsung pro micro sd (usb 変換アダプター)
ゴッサム ラインケーブル
ta02sj (ロシア製 VOSKHOD 真空管6J1P)
AKG リケーブル C200
AKG K712PRO

バッハ ヴァイオリン協奏曲(ヤンセン)
ベートーヴェン弦楽四重奏曲14番(スズケ)
マーラー交響曲5番(ブーレーズ、VPO)
シベリウス ヴァイオリン協奏曲(オイストラフ)
マイルスデイビス Kind of blue
アリソンクラウス forget about it

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > TEAC > UD-503

Bigshooterさん

  • レビュー投稿数:141件
  • 累計支持数:416人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
23件
12件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
17件
デジタル一眼カメラ
3件
8件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質4
操作性5
機能性2

【再生環境】
PC→USB ノイズフィルター→AUDIO QUEST CARBON→UD503→X2・720PRO・RP-HD10・T 1 2nd Gen
※T 1 2nd Genはエージング途中で不安定なのでコメントは後日

【デザイン】
Esotericを模したインシュレーター等細部にこだわりを感じるが天板をたたくとポンポンと音がしたりと見えないところでの防振の徹底がされていなかったりするところが残念。
両サイドの取手はTascamのスタジオ機材を意識したものなのかこれもまた意味不明。
良きにつけ悪しきにつけTEACとしての明確なデザインの方向性が欲しいところ。

【音質】
これも変なところでコストダウンを図っているらしく電源ケーブルの質が悪く機材そのもののポテンシャルを生かし切れていない。
ピュアオーディオ用のケーブルコレクション?があるので色々組み合わせてみたところ当方のシステムではAudio Quest NRG/X3が最も相性が良かった。
WireWorldもレンジが広く悪くないがかなり大人しめの音でクラッシック向けかもしれない・・・
最終的にはAudio QuestとZonotoneに絞り込んだが
Zonotoneは色付けが濃いのでよりフラットなAudio Questを選択した。
TsunamiやCamelot Tecnologyなど大電流用は
パワーアンプには合うが情報量やバランスを優先するDACには相性が悪いのかもしれない。電源ケーブルを換装したのを機に壁コン、電源そのものも見直してみたが、ピュアオーディオと同様、上流が最も
音質に影響が大きいことが確認できた。
電源からUSB回りまですべて調整した上での話なのでデフォルトの状態からは全く違う音になってしまった感があるが、AK4490の特徴が良く出ておりVelvet Soundというネーミングどおり肌理の細かい優しい音で聴き疲れしないフラットなチューニングとなっている。
SonyやDenonのように強い個性=クセのある音ではないので再生ソフトによる音の違いやヘッドフォン、ケーブルの特徴を生かして好みの音にチューニングする楽しみがある。
@高音域 しっかり出ているがロールオフの処理が上手く刺さらないがTIのPCM1792あたりと比べると音場はやや狭く感じる。
A中音域 角がとれた厚い中音域で音像はしっかり出ているがアタック感の表現はやや苦手かもしれない。
B低音域 分厚い低音だがキレは悪くない。変な強調もない。

【操作性】
リモコンの設定が良くすこぶる便利。文句ナシ!

【機能性】
DSDダイレクト変換、フィルター選択、アップサンプリングなど盛りだくさんで楽しめるのだが・・・
反面 肝心のバランス出力の規格が6.3×2とマニアックな規格になっているのが理解に苦しむ。
せめて4ピンXLRのフロント出力があれば・・・ 残念!
505もフロント4.4mm5極か・・・
フロント6.3mmも同時出力だけでなく出力切り替えがあっても良いのではないか。
A・B・A+Bの3パターンでAかBをセレクトした場合、BTLモードに切り替わる仕様であったら文句なしだったのだが・・・

【満足度】
音質に色付けが少なく、フラットだが基本性能はしっかりしている。
数値上のスペックだけでなく、バランス端子などユ-ザ-視点に立った規格を採用していれば大ヒット作たりえるポテンシャルを持っていたのではないだろうか・・・

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > TEAC > UD-505-B [ブラック]

組紐屋の竜.さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
62件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
29件
イヤホン・ヘッドホン
1件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

AKの高級機→OPCーX11→UD505(DAC)→ゾノトーンRCAケーブル→HAー1AMK2→T1 2nd

AKの高級機→OPCーX11→UD505(DAC)→ゾノトーンRCAケーブル→HAー1AMK2→T1 2nd A

レビューに書いているメインの再生環境。下がUD505、上がUD503。

各リアパネル。UD505(DAC)、UD503(ヘッドホンアンプ)は、電源ケーブルを変更。

PCオーディオ。iPad PRO 512GB→GT8-A→USB DDC→同軸ケーブル→ifi SPDIF→UD505

光デジタルケーブルは、1m 4万円程度の同軸ケーブルの音質に匹敵するこちらを使用。

【デザイン】
TEACらしいデザインで個人的には良。TAーZH1ESの様にパネルが上じゃないので、こちらの方がPDー501HRーSEを上に置いても、UD503を上に置いても様になります。(音質的に最適化された TEAC PDー501HRも所有。)
横のプレートが本体の補強なので、UD501+HAー501の様に2段が差ねも可能との事。
発熱も非常に少ないので、それを可能にしています。
【音質】
フラットで解像度が高く、空間表現力も非常に豊か。音の広がり、分離能も申し分ないですね。
ピュアオーディオの方曰く、DAC性能は現行オープン価格の20万円クラスでは頭1つ出ていて30万円クラス、40万円クラスのDACアンプと同等レベルとの事。
それには、私も同意。

旭化成のフラッグシップDACチップ VERITA AK4497 デュアルDACと今まで培って来たTEACのアナログ回路の恩恵でしょうかね。
【操作性】
取説を読めば誰でも操作出来ます。
【機能性】
標準プラグ2本出しのバランス駆動、アクティブグランド駆動。4.4mm5極端子のバランス駆動、アクティブグランド駆動。

スペック DSD24.5MHz、PCM768/32
アップコンバート機能 最大 DSD24.5MHz、PCM384/32

インターフェイス社よりいち早く権利を買って、PCオーディオの高音質化(バルクペット転送)を標準搭載。
マルチタスクにて、foober2000 DSD ASIO等に反映可能。
インターフェイス社より、現在特許出願中。

PCオーディオも高音質で楽しめます。USBデジタルケーブル、Ifiのノイズ低減のアクセサリー類、電源周りの調整、強化は必要ですが。

10MHz IN (TEAC CGー10M、サイバーシャフトのマスタークロックジェネレーターOCXO アルテメット OP13、OP14等の外部クロックを利用出来ます。)USBデジタル接続のみ。
UD505レベルのDACで有れば、定価で約15万円以上のマスタークロックジェネレーターを導入しないと殆ど効果はないかもしれませんが…

Bluetoothでは、高音質コーデック LDAC、aptx HD対応。

デジタルフィルター DSD2種類、PCM 5種類。

TEAC HAーP90SD等の(マイクロSDカード使用による)、クロック、ジッターの影響を受けにくい同軸デジタル接続でDSD2.8MHzのネイティブ再生。
2万円以上の同軸デジタルケーブルを使用すると、PCオーディオのDSD11.2MHzのネイティブ再生より音がイイですね。2万円以上の同軸デジタルケーブルと同社互換のおかげかな。(TEAC HAーP90SDも所有。)
【総評】
AK4490 デュアルDACのUD503もDAC性能は高い(私が試した限りでは、OPPO sonica DAC[ES9038PRO シングルDAC]とDAC性能は同等レベルだったので、ラックスマンPー750u+UD503 AK4490 デュアルDACの運用と迷いましたが、UD505と全段真空管ヘッドホンアンプ カインHAー1AMK2(真空管5本搭載で 9.5Kgと物量もタップリ)とSAEC OPCーX11 2m(純石英のフラッグシップ光デジタルケーブル)をセットで購入しました。

音に厚みの有る美音系の音質は、AKの高級機とOPCーX11→UD505のバランス駆動で作れるので…

デジタル接続は、DACを利用するので同じなんて初心者レベルの事言っている人には、意味すら解らないと思いますが。又は、イコライザーのせいにしたりする言い訳がましい人にも…

[環境]
メインの環境は、ゼンハイザーHEー1、ハイファイマン シャングリラの様なサウンドを自宅でも楽しめる様にがコンセプトで再生環境を組んでいるので、単体DACの利用が殆どですね。

http://review.kakaku.com/review/K0001041484/#tab

この様な真空管を複数利用した生々しいサウンドは、トランジスタのUD503+ラックスマン pー750uのバランス駆動でも出せないですね。

初心者の方でしょうか、ピュアオーディオの方も認める高性能DACを音の分離感が悪いとか、団子になっているなんて言っているのは。。。

写真掲載も再生環境の明記すらない、レベルの低い価格ドットコムの書き込みなので、本当に買っているかどうかも分かりませんがw

オーディオの基本は、総合的に音が出るので、プレイヤー、プレイヤーと接続するケーブル、PCオーディオの場合は、ifiのノイズ低減のアクセサリー類、DAC、ヘッドホンアンプ、電源周り等の全体の底上げ、相性、バランスが必要不可欠ですね。

TAーZH1ESは、DAC性能がUD503レベルで、UD503の使い分け程度の機種で、つまんな過ぎて、手放して現在の環境に変更しましたが、超弩級のゼンハイザーHEー1、ハイファイマン シャングリラの様なサウンドが自宅で聴けて、これらの機材を購入して良かったと思っています。

私の中のヘッドホンオーディオの終着点となり、もう専門店、大型家電量販店に行っても、欲しいと思う商品が無くなりましたね。

また、気が向けば何か購入するとは思いますが。

AK4490搭載のRME ADIー2 DACも検討しましたが、DACチップが所有のUD503と同じ一昔古いのと、電源ケーブルが3ピンのアコースティックリバイブの電源ケーブル等が挿せないので単体DACとして不利なのと、ADIー2 DACの様なタイプは、電源周りのスイチィングノイズの懸念もあり却下しました。

DACチップの業界もスペック競争で旭化成もAK4499をリリースするそうですが、上級者は、DACだけ良くても全体の底上げ、全システムの相性が悪ければ自分好みの良い出音は出せない事を知っているので、一応新しいチップを搭載したTEACの機種が今後出れば試聴しますが、試聴してから考えたいと思います。

UD503もUD505も十分DAC性能は高いので…

40万円以上する KORG USB DAC /ADC Nu 1も真空管は搭載していますが、AK4490 のデュアルDAC バランス駆動式なので…

UD505もDACとして十分20万円くらいの価値の有るDACアンプだと思いますが、次にリリースする最新DACは価格は20万円以上にした方が良いですね。

UD505でも、AK4497のデュアルDAC、バルクペット転送のインターフェイス社への権利の支払いで利益率は低そうなので…

SONYのTAーZH1ESほど強気の価格設定も困りますが…


では、どなたか購入検討の方の参考にして頂ければ幸いです。


参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > カイン > HA-1A MK2

組紐屋の竜.さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
3件
62件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
29件
イヤホン・ヘッドホン
1件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

再生環境 @

再生環境 @ 2枚目

再生環境 A 下がUD505、上がUD503。

各リアパネル。UD505(DAC)、UD503(ヘッドホンアンプ)は、電源ケーブルを変更。

PCオーディオ。iPad PRO 512GB→GT8-A→USB DDC→同軸ケーブル→ifi SPDIF→UD505

光デジタルケーブルは、1m 4万円程度の同軸ケーブルの音質に匹敵するこちらを使用。

【デザイン】
側面が木目で高級感が有り、個人的には好きなデザインです。

【音質】
真空管とトランジスタの真空管ハイブリッドアンプでは無く、真空管を全部で5本使用した暖かみの有る全段真空管の本格的な純A級真空管ヘッドホンアンプになります。

【操作性】
出力インピーダンスの切り替えが、8Ω〜32Ω、33Ω〜64Ω、65Ω〜150Ω、151Ω〜300Ω、600Ωと細かく設定出来る様になっています。(販売代理 コペックジャパンホームページ参照)
これは、対応インピーダンスの設定では無く、出力インピーダンスの設定なので、ヘッドホンの入力インピーダンスより低い設定を選択してドライブさせて下さい。

出力インピーダンスは低い方が良いと言いますが、beyer T1 2ndでも出力インピーダンスの設定は、8Ω〜32Ωに設定して、後はボリュームを上げて音量調整しています。

【機能性】
CD、AUXの切り替え、出力インピーダンスの5段階の設定、プリアウト機能。

プリアウトの出力は、ボリュームで調整出来るので12時前後くらいで接続するヘッドホンに合わせて微調整しています。

取説にも書いてますが、左側のフォンアウトはダイナミックサウンド、右側のフォンアウトは繊細なサウンドと左右で音質が違うので、使い分けが可能。

【総評】
消費電力 65Wでコペックジャパンのホームページを見ても高かったので、コペックジャパンに何度か確認しましたが、やはり純A級動作の全段真空管ヘッドホンアンプとの事。

前HAー1AからサイズUPしてスピーカー端子を排除してヘッドホンのドライブに特化した、本格的な全段真空管ヘッドホンアンプになります。

[主な再生環境]

@ AKの音に厚みの有る美音系の高級機→純石英のハイエンド光デジタルケーブル OPCーX11→AK 4497 デュアルDAC フルバランスの高性能DAC UD505(DAC)→ラインアウト ゾノトーンのフラッグシップクラスのRCAケーブル→HAー1AMK2→beyer T1 2nd

A AK機の音に厚みの有る美音系の高級機→OPCーX11→ラインアウト ゾノトーンのフラッグシップクラスのRCAケーブル→HAー1AMK2(プリアンプとして使用)→プリアウト ゾノトーンのフラッグシップクラスのRCAケーブル→UD503(バランス駆動式のパワーアンプとして使用)→HD800S(バランス駆動)、アンバランスのフラッグシップクラスのヘッドホン、10万円越えのフラッグシップクラスのイアホン

Aにおいては、プレイヤー、ケーブル類、電源タップも含めると定価で言うと総額80万円以上のシステムになりますが、HD800SのリファレンスDACアンプのHVD820のバランス駆動を遥かに上回る音質になっています。
オーディオは、ある意味物量がものを言うと言いますが、SONY DMP−Z1をも上回る音楽室の様なサウンドになっていますね(笑)


注)PCオーディオの環境(iPad Pro 512GB→GT8ーA→USB DDC→ゾノトーン同軸デジタルケーブル→ifi SPDIFタイプのノイズアイソレーター→UD505→HD800S バランス駆動)も5枚目の写真で掲載していますが、この環境には合わないのでUD505に直接入れてHAー1AMK2は通さず、HD800Sでバランス駆動させています。

勿論、こちらもPCオーディオの環境と同様、定価計算のAには全く含まれていません。

Aの環境は、ピュアオーディオでは、総額350万円〜500万円くらい出さないと聴けないサウンドでしょうか。

しかし、15万円以上のSACDプレイヤー→同軸デジタル接続→ゼンハイザーHEー1には、今一歩音質的には届いていない感じです。

但し、ケーブル類も環境にピッタリ合わせているので、HEー1の上記の環境に迫るくらいの出音は十分出せている感じなので、大変満足しています。

プレイヤーからケーブル類まで上流環境、高性能DAC→ケーブル類、プリアンプ、バランス駆動式のパワーアンプ→HD800S(バランス駆動)とキチン各環境の相性も含め組みきれているので、Cayinのフラッグシップモデル HAー300のバランス駆動(HD800S)とポタフェスで比較試聴しても、全く劣る事のない出音になっているので、購入して良かったと思っています。

ここまでの各システムの相性も含めた総合的なシステムは、プレイヤー、DAC、ケーブル類等の知識、それを熟知した経験豊富な上級者クラスのユーザーでないと組みきれないとは思いますが…

やはりオーディオ機器は、ある意味、各システムを含めた相性とシステム全体の総合力と物量がものを言いますね。


追記…

電源ケーブルをアコースティックリバイブ(PCーTriple-C導体)に変更。
(DAC UD505)とバランス駆動式のヘッドホンアンプ(UD503)の両方。

電源タップを下記のオーディオグレードの物とプロ仕様の物に変更。

オーディオグレードの電源タップは、UD505(DACへ)
パワーコンディショナー内蔵のプロ仕様の電源タップは、UD503(バランス駆動式のヘッドホンアンプへ)

http://review.kakaku.com/review/K0000405349/#tab

カインHAー1AMK2は、この環境で電源ケーブルを変換してみましたが、DACとヘッドホンアンプの両方に電源ケーブルを変更しているので、野暮ったくなるだけで良くなかったので純正を使用。
(付属の電源ケーブルは、純A級動作の全段真空管アンプに相応しい良質の電源ケーブルの様です。)

電源周りの底上げを行うと、クラシック、JAZZに於いては、STAX 009→STAX T-8000→SACDプレイヤーでバランス駆動している様な壮大なコンサートホールで音楽を聴いている様な出音になりました。

現在、超弩級のヘッドホンシステムは、ゼンハイザーHEー1、ハイファイマン シャングリラの様に複数真空管を使用しているので、HEー1、シャングリラの様な贅沢なサウンドが自宅で聴けて大変満足しています。

イアホン使用も物量の差でしょうか、カインN8の真空管モードを上回るサウンドになってますね。バランス駆動も出来ますしね。


では、どなたか購入検討の参考にして頂ければ幸いです。




参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > サイラス > Oriolus BA300S JP version

new3さん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:616人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
64件
28件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
13件
33件
ヘッドホンアンプ・DAC
5件
1件
もっと見る
満足度2
デザイン3
音質3
操作性2
機能性2

先行入手した知人が早くも手放したいという事なので先ずは譲って頂く事を前提でお借りしてきた。まだエージングも済んでないレベルでのファーストインプレッションである。本機はボリューム機能もなく、4.4mm(入出力共に)、フルバランス(デュアル真空管)のアナログアンプでありマニアックかつ思い切った仕様である。本機と手持ちのそSONY製DAP(ZX100、ZX300、wm1A)とハイインピーダンスのヘッドホン(TI 2nd→600Ω、HD820→300Ω)+MDR-Z7と組み合わせ、SONYのPHA-2A&PHA-3と比較してみた。もう結論から述べてしまうと、出音的には真空管っぽさというかアナログ感は微塵も感じない。音場の広さ、音の艶、エネルギッシュ感、そして肝心のパワー全てに於いてSONYの純正ポータブルアンプの方が優れている。ZX300クラスのDAPをお持ちの方は300Ω以上(鳴らしやすさは単純にインピーダンスの高低ではないが)のヘッドホンの性能を引き出せない事は承知しているはずである。
であれば、このレベルの製品に浮気せずDAP上位のwm1A、ポタアンであればPHA-2A、据え置きならZH1ESを選択するべきである。フジヤさんにて昨日、予約確認はしたが、この製品はキャンセルしたいと思っている。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > SONY > PHA-2A

nakaji02さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

mojo からのすぐ買い替えました。音にはうるさい奴です。
音最高ですはじめシャリがきつい過ぎて音小さくなるから満足しなかったですが、ゲインをHighにしたら、ベースが聞こえるのがわかる。音は、ベースなくては、音楽やないな奴なんで、満足な音です。mojo より大きいから持ち回りわストレスかな?でも日本製は、ものもしっかりしてます。mojo マイクロ所がめちゃくちゃ弱いすぐに接触不良になります。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Chord Electronics > Mojo

nakaji02さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

mojo アンプ購入して、二週間で返品しました。泣
iPod touchでカメラアダプター繋げですが、差し込む所がグラグラになり再生してマイクロUSBの所がチョット動いただけで音楽が勝手に停止なります。音最高ですがマイクロUSBをもっと丈夫にしてほしかった。ソニーポータブルpha-2a に替えてもらいました。ヨドバシ店員さんありがとうございます。良い店です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > LUXMAN > P-750u

KittyKiwiさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5

【デザイン】
とても好印象。シンプル。機能的。淡々とそこにある空気のような存在感。パネルは必要最低限のコントロールのみ。エンブレムが唯一の自己主張か。しかし色気はない。触ってみると、ある種の重厚さと信頼のイメージが伝わってくる。おそらくは、パーツの選別、配置、LEDの色/輝度に至るまで、何度も検討を重ねた結果として、デザイン設計に反映しているのではないか。このような繊細で細やかな気配りこそ、日本の工業製品の面目躍如と言って良いと心底思う。僕はこういう機器は好きです。

【音質】
とても好印象。澄み切った音。清涼。泳いでいる魚の形と色と鱗までもが明確に視認できる透明な湖のよう。なのに力強い。岩にぶつかって弾かれる濁流の水しぶきのような様相もあわせ持つ。帯域バランスは、HD800Sで聴く限り、リスニング用としてはカンペキに近い。DT1770PROを使うと人工的音場は浮彫になる。分離はトップクラス。各楽器パートを明瞭に聴き分けることができる。耳コピの訓練を積んでいない人も、これなら細部の聴き取りがとても容易になるのではないかと思う。

以下、全く個人的な都合なのですが。
僕の性癖として、どちらかと言えばスピーカーの音がリファレンスとして意識深くにインプリされてしまっていて、ヘッドホンは所詮ヘッドホン、左右の分離が気持ち悪くて楽しめず、ヘッドホンは楽曲制作時または楽器練習時のチェック用の道具と割り切っていました。

しかしP-750uを聴いて一変。これは楽しい。LRおよび各個の音の分離は非常に良いのに音楽としては分離せず、ステージが頭内にぱあーっと展開する。そして音色が美しい。不自然に脚色したものではない、忠実かつ美しい音色。
マーラーの交響曲はまさに交響曲として聴くことができる。ステージに配置された各演奏者の楽音がホールリバーブとともにドーム状かつ全体的に展開する。分離のみを追求した機器にありがちなセンター付近の中抜けは感じない。
トニーレヴィンの重低音スティックが、ヘッドホンなのにみぞおちあたりに響くような感覚も体験できる。
かつての僕のヘッドホン環境でヨハネ受難曲第1曲を聴いたりすると、その本来の意味はどうあれ、まるで全人類が地獄の炎に焼かれ神に助けを求めているような曲に聴こえていたが、P-750uで聴いて初めて、天国からさす光を垣間見たような気がした。

【操作性】
全体的に信頼感があり、とても好印象。
ボリュームの質は非常に良い。操作の感触はオーディオ的高級感あり。他のセレクタ類感触も良し。利便性を考えればリモコンが欲しくなる時もあるが、それは採用すべきでないと判断したから採用しなかったのだと解釈した。

【機能性】
バランス入力2系統、アンバランス入力1系統に加え、アンバランス入力をスルーさせるRCA端子有り。本機の電源オン時はスルーアウトのスイッチONでスルー、本機の電源オフ時は無条件でスルーされる。この出力をプリアンプやミキサーに接続すると便利に使える。ちなみにフロントパネルの4ピンXLRおよび良質なアンバランス出力は、僕にとっては重要なファクタでした。

【総評】
これは良いものです。素直に買って良かったと言えます。
僕はこれまで、収入の大半を音楽関連機材に食われるという人生を送ってまいりましたが、「あー、これは良いものだ。ずーっと聴いていたい。」と思える機材はなかなかに希少なものです。
P-750uは久しぶりにそう思うことができた、希少で価値ある一台になりました。


*****
上記レビューを投稿してから4カ月が経過しました。今も感想は変わらず。とても気に入っています。
長文になるので遠慮していたのですが、やはりP-750u周りの環境を書き足しておきます。以下、プレイヤー→DAC→(P-750u)→ヘッドホンの順で。

プレイヤー:2台の自作WinPC+JPLAY/foobar2000のセット、または手のひらサイズのlightMPDマシン、曲ファイル倉庫のNAS。
→DAC:HD-7A192+10MHzクロック、またはSOULNOTE D-1。
→P-750uは良いとして、
→ヘッドホン:HD800S、DT1770PRO、K701。ほっとしたい時のHD660SとPORTAPRO。

自作WinPCの中身は、7世代/8世代のi5、16GBメモリ、250GBくらいのSSDなど。lightMPDは、CPUボードに4GBのSDカード挿してアルミケースに入れただけというマシンにインストールしています。いずれもハードウェアとしては特筆すべき点は何もない普通のスペック。しいて言えばスイッチング電源を使っていない事くらいか。ハードよりむしろOSのチューニングとかドライバとかアプリのパラメータとか、ソフトウェア面でいろいろ気を使いました。
ハイエンドのプレーヤーを買える人はこんな苦労をしなくても良いのかもしれません。しかしそのようなレベルの音を、勉強と根気と普通のパソコン、古いパソコン、安いパソコンで出すことができるという世界もあります。
見方を変えれば、勉強根気で得られるノウハウはとても価値あるものなので、それが機器の値段に乗っていると思えば、300万のCDプレーヤーも決して高くないのかもしれません。

このような環境で聴いてレビューを書きました。何かの参考になれば幸いです。


*****
追記の追記ですいません。

自宅で約7カ月の間、様々な時間帯でほぼ毎日使用、時には240時間電源入れっぱなしという期間もありましたが、その全ての状況において、ノイズやトランスの唸りが発生した事は一度もありません。
電源ONの状態で、耳をP-750u本体1cmまで近づけても何も聴こえませんし、ヘッドホン装着時も、曲間や無音部分再生などは静寂そのものです。SENSITIVITY HIGH/ボリューム50%以上でも静かです。
これまで接してきた数多の音響系機器を総合して判断するに、P-750uの静かさは大変優秀だと思われます。でなければ、上記のようなポジティブな感想を書くことはできなかったと思います。




参考になった17人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > SONY > TA-ZH1ES

Too Todenさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性4

【デザイン】
マッドブラックが好きなので高評価。さらに『これでもか!』ってくらい前面に並んでいる接続端子がメカメカしくてかっこいいです。
【音質】
ドンシャリ傾向なのですが、決して中音域が出ていないとかそういう事ではありません。少し距離を置いて芯のあるボーカルや楽器を再生してくれます。何というか風情ががあるといか、奥ゆかしいさというか、『やるな!SONY』と思わせてくれる中音域です。ドンシャリだから・・・なんて文句を言っている人は聞き込みが甘いのでは?wwwちゃんと聞きました?www
プリアウトの音質ははっきり言ってダメダメです。あくまでもヘッドホンアンプとしてご使用ください。
【操作性】
リモコンも付いているので非常に使いやすいです。盤面上部の表示部も角度が無い方向から見ても鮮明に見えるので高評価です。
【機能性】
DSDリマスタリング等の機能は素晴らしいですが、上記にもあるとおりプリアウトの音質が良ければ☆5なのです・・・。
【総評】
素晴らしいヘッドホンアンプです。予算があう人はぜひ視聴の上、購入候補にしてみてはいかがでしょうか。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > RME > ADI-2 DAC

YSLchanさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
4件
その他オーディオ機器
1件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5

ここ3年程、フォステックスのHP-A8、OppoのHA-1 (JP) を使ってきました。総体的には満足してきましたが、今一歩音質を改善したいと思い、アップグレードを計画。

価格的には、ティアックのUD-505とRMEのADI-2 DACが候補になりました。ADI-2 DACの情報は非常に限られていましたが、音は繊細、しかし、非常にクリアーというのに惹かれました。また、クロックが相当に優秀らしく、外部クロックが必要なさそう、というのも、魅力でした。

ちょっと冒険でしたが、エイヤッとADI-2を購入しました。結論から言えば大成功でした。一聴してわかるのは、音の透明さです。それと簡単なトレブル/バス装置が付いていて、音質に悪影響を与えず、低域の強調が可能なことです。細かな調整はややこしそうですが、簡単な調整だけで楽しんでいます。これからもいじり甲斐がありそうです。残念ながら、UD−505との比較は行いませんでした。なお、聴くのは基本的にクラシック全般です。

ADI-2を候補に考えている方がおられましたら、絶対にお薦めですよ。
YSL chan

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > FiiO > Q5 with AM3B FIO-Q5-AM3B

u-muさん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
19件
au携帯電話
0件
10件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質4
操作性4
機能性5

デザインは無骨だがそれがいい。
解像度はとりたてて高くはないが、力強い音。
ボタン操作のほかにアプリからのコントロールにも対応していて、デジタルフィルタの切り替えやスリープ時間の変更などもできる…らしいが、Android版はまだ対応していないので、早く対応して欲しい。
特筆すべきはその機能性、拡張性。
USB入力はもちろん、同軸デジタル、光デジタル、アナログの入力も可能。Bluetoothオーディオの送受信もできる。
スマホとこれ一台あれば、やりたいことは大抵できてしまう。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > コヴィア・ネットワークス > ZEAL EDGE ZDC-205A-SG

無粋男爵さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
13件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性3
機能性4

主にMotorola Moto Z Play(Type Cアダプタ使用)やAmazonのFire7(2017) Fire HD10(2017)に繋ぎ、USB Audio Player Proアプリでリスニングしています。
以下は、その環境でのレビューとなります。

【デザイン】
大変小さくて、嵩張らないところが気に入ってます。
私はPortaPro購入時に付属していたポーチにPortaProと一緒に入れてます。
また、背面にクリップが付いてます。スマホの手帳ケースにこのクリップ部分を用いて固定しています。

【音質】
クリアで素直な音が出ていると思います。
私にはこれで十分です。

【操作性】
音量を操作できる部分がないので、その点に不便はあるかもわかりません。

【機能性】
24bit/192kHzまで再生できるのがありがたいです。
パッケージには記載されてませんでしたが、88.2kHzも出せますよ。
DSDも再生可能なら、もう一段すごいのですが、現実的に考えてそこまでは必要ないかな。
ハイレゾ音源も24/96がほとんどなので。

ヘッドホンやイヤホン以外にオーディオに繋いでも、良い働きしてくれます。

ただ私的には、アナログ出力端子がオプティカル出力も兼用なら、拡張性もあって良かったと思います。

本機から出ているケーブル(約10p)が長さが適当かそうでないかは人によると思います。
私のようにスマホカバーに取り付けるなら、この長さで必要十分です。
アダプタかましてPCにも取り付けてみましたが、そうするとケーブルがちょっと短いかなと感じました。
そのあたりは、延長ケーブル等で対応してください。

【総評】
私はこの製品を1,200円程度で購入しました。
なぜ、投げ売りになっているのか不思議でなりませんが、気に入ったのでもうひとつ購入したくらいです。
すごくいい製品だと思うので、USBDACファンなら、在庫があるうちに2つくらい購入されてはいかがでしょうか?

Amazonのレビューには片側からしか音が出なくなったという方がおられました。
このことについて、私も心当たりがあります。
それは、PCに繋いでのリスニング時です。
私のノートPCの3つあるUSB端子の内のひとつだけは、どう繋ぎ直しても片側からしか音が出ないのです。
他のUSB端子は大丈夫なんですが…。
ですので、もし片側からしか音が出ない、あるいは左右のバランスが著しく悪いという方は、他の端子や機器に繋いでみられることをお勧めします。
一度試してみてください。

余談です。
これをFireHD8(2016)に繋いでみたのですが、うまくいきませんでした。
FireHD8(2016)は、ある時からELECOMのEHP-AHR192も受け付けなくなりました。
接続する機器の相性問題は、割とあるのではないかと思います。

それから、繋ぎ始めは音量が大きいときがありますので、音量には十分に気を付けてお楽しみください。

色々と申しましたが、とにかく安いのでお試しあれ。

比較製品
エレコム > EHP-AHR192SV [シルバー]

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘッドホンアンプ・DAC > Chord Electronics > Hugo 2 [シルバー]

オフェリアさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:176人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
16件
レンズ
7件
7件
プリメインアンプ
3件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性4

PCとHugo2の間に、
MUTEC MC-3+USB(USBリクロック、D/Dコンバーター)を入れてみました。
専用D/DコンバーターであるMスケーラーは高価すぎて手が出ませんので。
これはアップサンプリングできませんが、4〜8倍程度のアップはPC上のソフトで可能です。
如何に高精度でリクロックできるかですが、USBデータをできるのはあまり見当たらず、これのみ かな?
結果は大変よく、鮮度感が向上し、生き生きとした音調になりました。
PCのUSB出力はそうとうに怪しいというのが実感できました。
尚、10MHzの外部クロックも繋げますので、音質の変化を楽しめます。(よりモニター的な音質になります)

PC直結ではHugo本来の能力を出し切れていないのではないかと思います。
上流を改善することが重要化と思います。



>使用して半年弱ですが・・
ドライバーはやはり専用のChord Async USBドライバーが合っていますね(当然はもしれませんが)
しかしfoobar2000では、私の環境では微かなプチノイズが数分に一回程度で入り気になりました。
そこで、思い切って再生ソフトをTuneBrowser(tikisoft)に換えたところノイズはなくなりました。
音質は低域が厚く、深みのある音に変わりました。
それまではやや低域が軽いな〜と思っていましたが、これで両方改善できました。
ご参考まで。



>ゲットしました!
eイヤフォン様にて、2回試聴し年末大特価でようやくでした。
唯一のインターフェイス、音質も唯一無二?です。

これがあればcdからリッピングしたローレゾ?で十分です。
いままで後部座席で聞いていたのが、「最前席かぶりつき」 で聴けます^^。

PCにfoobar2000を入れ、更にasio4all v2.14を入れてください。(Winの場合)
専用のドライバーでは、プチノイズがのり芳しくないです。
それなりの使いこなしは必須ですが、シングルエンドでも十分高音質で手持ちのフォンが生き返りますよ。

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意