マザーボードすべて ユーザーレビュー

ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > すべて

マザーボード のユーザーレビュー

(8452件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェショナルレビュー
マザーボード > MSI > X99A GAMING PRO CARBON

shomajin55さん

  • レビュー投稿数:242件
  • 累計支持数:514人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
8件
25件
マザーボード
11件
20件
グラフィックボード・ビデオカード
15件
0件
もっと見る
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性2
設定項目3
付属ソフト無評価
満足度3
 

組み合わせたパーツ一式

CPU取り付け後のマザーボード

 

MSI X79A-GD45 Plusを使っていましたが、メモリスロットが1ch分(7番目のスロット)が死んだため、PCをリニューアルさせました。
これまではCore i7-4930Kを使っていたため、せっかくリニューアルさせるのだからとパワーアップさせることに。
今回は自身初めてのオクタコアCPUを選択しました。それに合わせる形で、X99を選択。
当時はBroadwell-Eが出て日が浅かったため、多くのマザーボードはBroadwell-E対応可否が微妙でした。そんな中、Broadwell-E対応を公言している登場して日の浅い本製品を選びました。
なお、Turbo Boost Technologyのようなオフィシャルのオーバークロックは使っていますが、ユーザレベルのオーバークロックはしていません。

【安定性】
当然ですが、Broadwell-Eが普通に動きます。使い始めて半年ほど経過しますが、イレギュラーなものを除き、BSODになったことがありません。定格で使う分にはとても安定していると言えます。
唯一気になったのは、メモリとグラフィックカードとの相性(?)です。グラフィックカード次第では、XMPを無効にしなければ動かなかったりしました。でも、一度無効にしてシステムを起ち上げ、リブートしたら、XMPを有効にしてもちゃんと動くという訳のわからない挙動。

【互換性】
組み合わせたパーツは全く問題なく認識・動作しています。ただし、安定性でも申し上げているとおり、グラフィックカードを置換するとXMPを無効にしなければ動かないことがありました。
これをマザーボードとの相性問題というのかは微妙な面もありますが、以前使っていたマザーボードでは起こりえませんでした。よって、相性問題として考慮します。

【拡張性】
これから流行るだろうM2ポートはしっかりサポート。USB3.1もあります。
SATAやUSBのポート数はどちらも2桁あります。
できればPCIスロットを残して欲しかった。まあ、X99がそもそもPCIをサポートしていませんからねえ・・・

【機能性】
BIOSがまだ出来上がっていないのでしょうか。今回はCPUにCore i7-6900Kを選択したのですが、倍率を変更できません。下げることが出来なければ、当然上げることも出来ません。項目はあるのですがグレーアウトされています。故に、ユーザレベルでのオーバークロックが出来ないんですけどね・・・
だから、対応しているはずのIntel(R) Turbo Boot Maxも全く意味を持ちません。。。
BCLKだけは設定項目があるので、倍率変更だけが出来ないのは至極不自然。
言ってみれば、これはプロトタイプですよね。

【設定項目】
すごくたくさんあり、倍率変更が出来ないこと以外はほとんど不満無し。それから、全てのファンの回転数を設定できるのが良いですね。
BIOS設定画面は右クリックが場所により全然違う挙動をするので、ちょっと使いにくいと思います。

【付属ソフト】
付属のディスクは全く使っていないのでわかりません。ごめんなさい。

【総評】
ハイエンド向けのマザーボードとCPUの組み合わせなのですが、倍率ロックがないはずなのに倍率変更が出来ない。
これって、とても痛くありませんか?
しかも半年以上BIOSのアップデートが止まっています。修正する気は無さそうです。
せっかく素晴らしいプロファイルを持っているのに、サポートが全然素晴らしくないなんて残念です。
あと、CLICK BIOSに対応して欲しいものです。
それに、ブートが全く速くない。MSI X79A-GD45 Plusと違い、起ち上がり始めるまでの待ち時間が長い。そのくせに起ち上がり始めてからのWindowsの起動処理中画面にはMSIのロゴが入り込んできたりと見た目にはこだわっています。

なお、製品名にあるとおり一部カーボン調の見た目になっています。でも、カーボンの特長である、軽くて、丈夫で、しなやかがどれも全く生きていません。見た目だけでただの飾りです。
見た目を求めるのは結構ですが、もっともっと質を追求して欲しい。質が一番。それがMSIなのではないでしょうか。

今後のアップデートを期待して良いものでしょうか?

比較製品
MSI > X79A-GD45 Plus
レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > Z270 KRAIT GAMING

すくりゅーどらいばー3さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目5
付属ソフト4
満足度5

【安定性】多少のOCをしても全く問題なし、ただ購入してすぐなので継続的な耐久性はまだわからないため★−1個

【互換性】特に相性問題はなかった

【拡張性】通常のスロットのほかにM.2*2、Optane memoryにも対応しているため拡張する余地は十分にある

【機能性】ゲーミングを謳っているため十分

【設定項目】上と被るが、設定項目も多い、十分

【付属ソフト】付属ソフトは一杯ついてきて、自分好みにカスタマイズできる
UIは比較的触りやすい。

【総評】非常に使いやすいマザーボードでオールラウンドに使うことができる。
また、多機能だがどれもトレンドのツボを押さえているため、今後長きに渡って使えるマザーボードとなるだろう。

↓↓ここからネチネチと細かいところを。。。↓↓

単純に白と黒のカラーリングが好み。
まぁこの爪(?) のデザインに好みの差はでそうだが、同社のArmorシリーズなどと組み合わせると意外とシックなPCが完成する。
また価格もZシリーズのゲーミングマザーの中では比較的低価格であること。
この上記の理由が購入の決め手となっている。

BIOSが非常にわかりやすい。
簡素なEz modeと細かく設定できるadvancedモードがあるが、基本的な設定はEz modeでほとんど行うことができる。
細かい設定がしたいときに、F7キーを押してアドバンスドモードに入る。
基本的なOCなら十分に楽しめる機能となっている。本格的にやりたいのなら、このボードではなくさらに上位のMシリーズやXPOWER系を選ぶといいと思う。

また将来M.2RAIDを考えているが、BIOS上でM.2 Genieのボタンを押すだけでRAIDボリュームが作成となり非常に手軽にできる。M.2ポートはともにOptane Memoryに対応しているため、いざ使いたくなってもすぐにさすことができる。(Optane Memoryを使うにはこのマザーボードのほかにKabyLakeのCPUが必要となるので注意!)
M.2周りの機能に関しては導入価格が比較的高くなるのですぐには使わなくてもいざというときに問題なく使えるのはポイントが高い。

ゲーミングマザーボードらしく機能は非常に多い。
ただどれもUIはわかりやすく使い勝手は非常にいい。

個人的に一番面白いと思った機能はEZ Debug LEDだ。
電源24pinの横にあるLEDだが、もしPCを組んだ際動かなかったら光で教えてくれるというもの。
検証となれば非常に時間がかかるが、これがあればどこが悪いか”あたり”をつけるのが非常に楽になる。

上記以外にもたくさん機能はついているが、全部書いていると書ききれないので割愛。

最後に
文字通りゲーミング用途・ちょっと高級志向な普段使い・または比較的安価なので遊び用途等が考えられるが、どの用途でも問題なく使うことができる。
このマザーボードは非常に使い勝手のいいマザーボードで、初心者から上級者まで使用者を選ばない姿勢はまさにオールラウンダーな1枚と言える。

-スペック-
CPU:Corei7 6700K(Optane 使えませんが流用)
MEM: Sanmax DDR4-2133 8G*2
M/B: Z270 Krait Gaming
VGA: GTX970 4GD5T OC
OS: Windows10 64bit

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > GA-F2A88XM-D3HP [Rev.1.0]

cafe☆7さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト3
満足度5

添付のドライバ、ソフト類はつい入れてしまいたい気にはなるが、あえて何も入れず、特に問題なく使えています。
最新の規格に対応し、それが不具合無く使えるという、当たり前のことだがこれに尽きると思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > Fatal1ty X370 Gaming K4

聖639さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
20件
デジタル一眼カメラ
0件
14件
ゲーム機
2件
8件
もっと見る
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目3
付属ソフト無評価
満足度4

BIOSTAR X370GT5を買ったけど、UEFIの出来等で不満があったので、
X370 Gaming K4をゲットしました。

構成は以下の通り

CPU :AMD Ryzen 7 1700X or Ryzen 5 1600
マザーボード: ASRock Fatal1ty X370 Gaming K4(P2.10)
メモリー:トランセンド(TS2GLH64V1B(16GBx2)
ビデオカード EVGA GeForce GTX1080
SSD:PX-256M8PeG(FW:1.06)
電源:XFX P1 750B BEFX
PCケース NEXT H630
CPUクーラー NH-D14
BDドライブ PIONEER BDR206BK

何度もASRockのマザーを使っているので、、標準のUEFI等は気になりませんでした。

ただ、色々試したところ、以下の条件が分かりました。

・基本的にクロックの設定をする際に定格以下にすると反映されない。

※1700Xの場合だと3400未満は設定が有効にされない。
1600の場合だと3200未満は設定が有効にされない。

どちらも標準のクロックで動いてしまいます。
その後付属ソフト等でクロックを定格以上にすれば反映されます。

まあ、それでも電圧設定が出来たり、クロックでの設定が出来て、
X370GT5よりかはいいと思います。

※X370GT5は直接VID等をいじる必要があり、16進数で指定しないといけないのと
1.275V以下は設定できません(1700Xの場合)。

ちなみに1700Xは定格(1.35V)なら38倍まで。
1600は定格(1.225V)なら38.5倍、1.3V なら39.5倍までいけますね。
4G超えも1.4Vなら可能です。

OCCT LINPACK 1hで試しているので、これが通るのであれば、常用可能でしょうね。

まあ、自分はオーバークロックに関しては、試すけど基本的にはしないもしくは、
軽めで実施してますね。

一応、注意点として「PX-256M8PeG」に関しては、最新FWにしておくこと。
Z170環境であれば、無問題だったけど、上記環境ではまともに認識しないので
アップデートすること。

※他のストレージを繋いでいると認識しなくなる。

USB問題に関しては、自分は問題がありませんね。
3.0対応のメモリでも特に動きは変わらないです。

後、メモリに関してはUEFI上だとシングルチャンネルと認識されていますが、
最新のCPUZ(1.79.0)であれば、正しくデュアルチャンネル表示されております。

セカンドマシンで使っているX370GT5からメモリを抜いてみましたが、
変化はありませんでした。

表示が間違っているだけだと思われますが、気になります。

後、代理店がマスターシードのため、2年保証です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > P8Z68-V PRO

mimikaSP3さん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:157人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
80件
タブレットPC
4件
11件
ゲーム機
3件
11件
もっと見る
安定性5
互換性4
拡張性3
機能性3
設定項目3
付属ソフト無評価
満足度5

Core i7 2600Kで組むために発売当初に購入しました。
もう6年も前の商品になってしまうのでしょうか、、、未だ現役です。

Win7で、2600Kは4GhzにOC、メモリは16G積んで、SSD2基とHDDも2基搭載。
毎日稼働していますが、全く不満なく動いてくれています。

当時はまだまだ普及してなかったUSB3.0も今では積んであって良かったと思えます。
モニターにはi7のHD3000(オンボ)からHDMI接続していますが、もしDisplayPortが搭載されていたらあと10年は戦えたかもしれません。(まあそこはビデオカードで補完しますけどね)

天寿を全うするまで使い続けたいと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > PRIME B350-PLUS

どっぐぷらむさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
安定性5
互換性3
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5
満足度5

【安定性】
動作に関してなんら不具合はありません。

【互換性】
このボード、写真ではわからないのですがCPUソケットの裏にバックプレートが接着されています。
そのため、専用のバックプレートを必要とするタイプのクーラーは取り付けできません。(もちろん純正クーラーは問題ないです)
純正クーラーが付属してないRyzenを使用する場合は注意が必要です。

【拡張性】
装備に関しては標準的です。特に不便は感じていません。
ボードサイズはスリムタイプの6ネジ式です。

【機能性】
最近のゲーミングジャンルの流行が取り入れられているのか、
PCI-EスロットのロックパーツがクリアタイプになっていてLEDで光ります。
エントリーモデルながら装飾にもこだわっていると思います。

【設定項目】
Fan Xpert 2でケースファンの設定が簡単にできます。

【付属ソフト】
上記のFan Xpert 2を活用しています。

【総評】
無難is無難と言った感じです。
大型クーラーが使えないのでOC用途には向いていないと思いますが、
シンプルな分、各パーツをポン付けで安定して使えるので
無印Ryzenには相性良いボードです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > Z270 Extreme4

BLK_MINNIEさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
SSD
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
安定性4
互換性4
拡張性4
機能性4
設定項目4
付属ソフト無評価
満足度4

Z270 BLACK & WHITE

全体像です

BOXもシンプルで、作業前の気持ちを高めてくれました

構成
CPU:【INTEL】 i7-7700k
MEM:【CORSAIR】DDR4 CMK16GX4M2B3000C15  (8GX2)
POW:【CORSAIR】 CX650M
GPU:ASUS1050Ti DualFan
SSD:INTEL SSD 600p Series  256G
HDD:WD1TB
CASE:【NZXT】340S BLACK
etc..

【安定性】
とても安定しています。
異常なし。

【互換性】
他パーツすべて正常に認識。
トラブルなく稼働しています。
メモリもXMPで3000Mhz認識。

【拡張性】
特に過不足なし。

【機能性】
UEFIはシンプルでとても良いです。

【設定項目】
UEFIでFAN速度を調整し、とても静音稼働。
ASS ShopよりASRRGBをDL。ホワイトで点灯。
OCもUEFIよりもちろん可能で、設定も簡単。
RAIDも組んでいませんが、容易にできます。

【付属ソフト】
未使用

【総評】
とても良いアイテムに出会えました。
品質、性能はもちろん
見た目もモノトーンで好みにピッタリでした。

これまでASUSのマザーしか使用してきませんでした。
Asrockは初めてでしたが、全く問題なく
とても満足です。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > MSI > B350 PC MATE

ゴラムさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
13件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
12件
電源ユニット
2件
11件
もっと見る
安定性2
互換性2
拡張性4
機能性3
設定項目3
付属ソフト無評価
満足度3

シングルコアの性能を重視して7700kに傾きかけていましたが、Ryzenの性能が期待以上だったことから、1700を先に買いました。

インテル、AMDになっても良いよう、メモリーはコルセア(CMK8GX4M2A2400C14)を用意していましたが、memtestで不安定な挙動が出ました。

1周目は無事にパス、2周目、3周目は、違うアドレスでエラーが出ました。(エラーの発生は1〜2箇所)

原因はわかりませんが、メモリーのタイミングを15-15-15-35から緩めるか、電圧を上げるなど、いろいろ調整したいと思います。
またA-XMPを有効にすると再起動を切り返しました。
メモリーに原因がないとは言い切れませんが、やはりBIOSの熟成待ちなのでしょうか?

その他、価格はB350搭載モデルの最安値に近く、デザインもマットブラックなのが地味ながら好感が持てます。(安いですが質感が劣る感じはありません)

オーディオ部分にLEDがあり、白く発光しますが、透けて見える部分の透明度が低く、白いLEDの光が黄ばんで見えるのが興ざめでした。(絶縁のために紙の上に置いた、まな板状態のためかもしれません)

PCIスロットは使わないため、AB350 Pro4(Asrock)の方が思い切りが良く感じましたが、古い資産をお持ちの方には貴重になるかもしれません。そのため、拡張性のポイントを4にしてあります。

久しぶりのAMD、初めてのMSIでしたが、ちょっと苦労しそうです。
きちんとケースに収容し、BIOSも安定した頃に再レビューします。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > BIOSTAR > X370GT5/LED FAN

M師匠さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
1件
PCケース
1件
0件
もっと見る
安定性5
互換性3
拡張性5
機能性3
設定項目3
付属ソフト5
満足度5

RyzenMaster 3700MHz設定

RyzenMaster 3025MHz設定

HWiNFOモニタリング(3700MHz 室温21℃ OCCTLinpack1時間)

   

HWiNFOモニタリング(3025MHz 室温20℃ OCCTLinpack1時間)

   

総評
・致命的な不具合はなく、安定している
・CPUオーバークロックはほどほどが無難
・PCIスロットの配置が下部にまとまっていてまとも
・PT2一枚によるTV録画は問題なし
・OCメモリーが性能を発揮し辛い(AM4マザー全般の問題)
・BIOSの使い勝手が悪い
・拡張性良し(SATAコネクタ6つ、M.2スロットが排他無しで利用可)
・説明書とBIOSが英語と中国語のみなので自作初心者には辛いかも

PC構成
マザーボード:BIOSTAR X370GT5
CPU:AMD Ryzen7 1700
CPUクーラー:サイズ 忍者四(ツクモの純正ファンを追加してデュアルファンに)
メモリ:Corsair CMK16GX4M2A2666C16(8GB 2枚組)
SSD:SANDISK SDSSDHII-480G-J25C
GPU:GIGABYTE GV-N970IXOC-4GD
OS:Windows10 home 64bit
PCケース:FractalDesign DefineR5
       フロントとボトムに吸気用のファン(GELID SILENT14)を1つずつ追加
       フロント2つとボトム1つの吸気ファンはケースのファンコンで中の回転数に

BIOS設定
・言語(MainタブのSystem Language)
英語と中国語しか選べず、メジャーなメーカーのものとは勝手が違うためとっつきにくい
・ファン(AdvancedタブのSmart Fan Control)
CPUファン2つ、システムファン2つの項目があるが、「Disabled」だと常に回転数が高くうるさいので「4Pin」に
Manualの数値はデフォルトのまま
・メモリ(O.N.EタブのMemory FrequencyとDRAM Timing Configuration)
BIOSがまだ未成熟
もともとAuto設定(2133MHz、電圧Auto(1.2v)、タイミング15-15-15-15-36)にしていたが、最新BIOS(X37AG413)に変えたところスリープに失敗するなどの不具合がでた為、2400MHz、電圧Auto(1.2v)、タイミング16-16-16-16-39に設定
タイミングはもっと詰められる可能性あり
BIOSTAEの商品ページに対応メモリが記載されているので、3200MHz動作が確認されているメモリが安くなったら購入する予定
・CPU(O.N.EタブのAMD Pstate Configuration)
CPU倍率を直接入力できなかったり16進数入力する必要があったりと非常に使いにくい
なのでこの項目は利用せずRyzenMasterからオーバークロックする

RyzenMasterによるオーバークロック
・メモリ
BIOS設定と同じに
・CPU
現状では全コア同じ周波数にしか設定できない模様
最大周波数を3000〜6375MHzまで設定可能
負荷テスト:OCCT Linpack 1時間、エンコード4時間
※3700MHzにオーバークロック
CPU電圧1.2v
マザーボードのVRMフェーズ数が4しかないのでここまでのオーバークロックに留める事にした
また、HWiNFOだと「Temperature2」というVRM温度らしきものが確認できるが、CPU負荷をかけた際に70℃以上に達するのでエンコードなどでの利用は控えるかVRMの冷却を強化する必要があると思われる
ゲームなどで利用
※3025MHzにアンダークロック
CPU電圧1v
3000MHzに設定するとブーストがかかった際にそれ以上の周波数になぜか上がってしまうので3025MHzに設定
省電力・低発熱なのでエンコードなどで利用

PT2
・上の方のPCIスロットに取り付け
下の方に取り付けると各種コネクタ(フロントオーディオ、システムファン、CMOSクリアなど)を塞いでしまう。PT2二枚利用でこちらのスロットも使う場合、システムファンの電源をSATA電源から変換して確保するなどの手が考えられる
・PT2二枚利用の動作確認はしていません
・TVTest+TVRockで利用しているが問題なし
TVRockの設定で「復帰処理をタスクスケジューラで行う」にチェックを入れればスリープ復帰からの録画ができる

その他
・付属のLED搭載12cmファンは静音重視の為利用せず
これ無しで製品価格を1000円下げて欲しかった
・PC起動後からBIOSTARのロゴが表示されるまで約22秒もかかるが、スリープを利用しているので問題なし
・BIOSやRACING GTからのハードウェアモニタリングではCPU温度とシステム温度が確認できるが、HWiNFOだと「Temperature2」というVRM温度らしきものも確認できる
・USB2.0に機器を接続した際に「ハードウェアの安全な取り外し」に機器名が表示されない不具合があったが、最新BIOS(X37AG413)で解消

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > BIOSTAR > B350GT3

やっとでたまん1号さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
0件
4件
タブレットPC
0件
2件
OSソフト
0件
1件
もっと見る
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目3
付属ソフト5
満足度4

Ryzen 5 1600をWindows10で使用
まず、BIOSを更新しないと、Windows10の初期設定が完了しないようです。
OSを起動せずUSBメモリーからBISO更新出来ました。
インストールCDからドライバをAUTOで入れたらすんなりインストールは完了。
1つ気がかりなのは、メモリーの設定方法がよく分からない事。
取り敢えず、基板の定格である2133で動かしてます。

B35AS413.BSSに上げてもメモリー2400設定方法は分からず。
BIOS設定で起動出来なくなっても5回起動失敗するとBIOS初期値で起動してくれるのは良いです。
FASTBOOTを設定しないと起動に少し時間がかかりますが、FASTBOOT設定で起動出来なくなった場合はどうなるのか不明ですが、再起不能になった製品も何回かありましたので、自爆覚悟になる気も無いのでFASTBOOTは設定していません。
某DUAL BIOSを売りにしている製品でもFASTBOOT失敗すると再起不能になった例もありますので。
この基板はオーバークロック向けではなく、定格動作で拡張性重視の様です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > AORUS GA-Z270X-Gaming 9 [Rev.1.0]

クトゥルーさん

  • レビュー投稿数:47件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
7件
9件
CPUクーラー
7件
0件
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
6件
0件
もっと見る
安定性4
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4
満足度3

【安定性】
OC等しなければ安定している。OCする場合CPUに原因があるのかMB側なのか不明だが、5.0以上は安定して動作しない。7700Kを2個買って試したが、共に1.35まで盛っても安定しなかったので諦めた。メモリの方はOCしても安定している。
【互換性】
同じGIGABYTE製の1080Tiを使っているが、ハード面は問題ない。しかし、ソフト面が最悪。相互に干渉しあって潰しあう。グラボ側を消せば問題ないが、根本的な解決にはならない。尚1.04までではこの問題は解決されていないようだ。また他社製の製品(ソフト)なら問題ない(ASUSのグラボと組み合わせた場合は特に問題はなかった)
【拡張性】
これは十分すぎるくいらい。ただ、M2の位置がグラボの位置(レーン的な意味で)と被るので冷却対策などする場合手段が限られそう。
【機能性】
十分。ただ、欲を言えば5Gないし10GLANが欲しかった。
【設定項目】
十分。ファンを個々細かに設定できるのはうれしい。
【付属ソフト】
今まで使ってきた中では一番豊富。APP Centerで一括管理されているのでわかりやすい。が、RGB Fusionでの管理が甘いと言わざるを得ない。設定によっては色の移り変わりが非常に不自然。今後のアプデで解消されるだろうか?
【総評】
さすがに高いだけあって機能面は充実しているの一言。しかし、ソフト面が原因なのか脇が甘い。売りの一つであるサウンドもRGB Fusionで色を弄って決定した瞬間、一瞬ノイズが混じる時がある。OCも自分のCPUがハズレなのかもしれないが、5.0以上は安定しない。無論MB側のプロファイルをロードしても5.0は安定しない。
またMBの発光も単色なら問題ないが、サイクル設定にすると一部不自然な発光になる。
ただ、諸々の原因はMB側にあるのではなく、それを総括するソフトにあるのではないかと思う。今後のアプデ次第では解消されるかもしれない。
現状のソフト成熟状態を見るに、Z270の中でもずば抜けて高いこの製品を選ぶリスクは高いと言わざるおえない。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASRock > Fatal1ty AB350 Gaming K4

茶ティーさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
22件
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
1件
1件
タブレットPC
1件
0件
もっと見る
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4
満足度4

パスマーク水冷4Ghzベンチ結果

光り方は割と控えめでした…

CPU-Zニューバージョンベンチ結果

とりあえずRyzen1700を発売日から1週間ほど待たされてこのマザーボードで使用してます。
使用一か月ほどになりますが、現在アップデートが頻繁に行われているのでなかなかレビューが書きにくいですね。

さて定格使用に関しては拍子抜けするほど?普通に動いてくれています。
Asrockのサポートも日本語でメール問い合わせすると普通に日本語のメールですぐ帰ってきて逆の意味でビックリしました。
CPUのOCから定格に戻すとCMOSをクリアーしないと元に戻らなくなるのが面倒なので直してくださいとお願いした所すぐに直してくれたので対応は今のところ異常に速いです。

毎週のように怒涛のアップデートでいろいろハードウェア構成も変えて弄り回しているのですが想定内の挙動でBIOSが飛ぶようなくともありませんでした。最初のDOSからのBIOS更新は妙な懐かしさを覚えましたけど…

現在βBIOS2.22で…難点はCMOSクリアーが(メモリーのOCで無理をするとブラックアウトしたままになる事があるのですがCMOSをクリアーすると元に戻ります)ジャンパーピンで行わなければならないので意外と面倒。環境が安定してしまえば使用しなくなる可能性もあるので、この辺は値段なりなのと
売り?になってるはずのFatal1ty系の付属ソフトが何故か動作しません。使う予定もないのでどっちでもいいんですけど。

とりとめのない内容になってしまいましたが、某自爆マザー!?のような特にクリティカルな問題も今のところありませんので普通に使う分はあんまり高くないですし弄りがいも十分なのでRyzen一枚目のマザーはこれで必要十分かと思いました。

…将来的には色々安定したころを見計らって、値段がこなれれてるであろうX370マザーに乗り換えてこちらをサブ機用に…とか考えてます。
もっと酷いマザーかと思ったら案外普通で初物としては良い買い物でした。

4/13 追記
AsrockからF-Stream Tuningがダウンロード可能になりOC、ファンコンのチューニングがやり易くなりましたので
付属ソフト+1☆とさせていただきました。

4/21追記
CPU-Zが新しいバージョンになってベンチ方式が変わったので…敢えて王者i7-6950Xにどこまで食い下がれるかチャレンジしてみました。…結果は4.1GHzまで回せればベンチ結果では勝利可能でしたが、このマザーボードで安定動作はまず不可能でしょう。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > AORUS GA-AX370-Gaming 5 [Rev.1.0]

上杉薫さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5
満足度5

最近は他のメーカーのBIOS問題などいろいろあって、GB製品を二度目購入することになった。
店員さんの勧めで、GB製品はいいコンデンサーを使っている為、長時間の使用に耐えられる、なお、PCIレーンの頑丈の作りでVGAがしっかり固定されているというところは、ほかのメーカーには随伴できない優れた設計だと思います。

コストパフォーマンス高く、性能がちゃんと揃えて、おまけにサービスは有人対応となっている安心な製品なので、これを選ばないで、どこを選ぶというのって感じですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > ASUS > H170-PRO

r22-r44さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
1件
5件
デジタル一眼カメラ
2件
2件
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
3件
1件
もっと見る
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性無評価
設定項目5
付属ソフト無評価
満足度5

・手持ちのUSBキーボードがポスト時に認識せず、仕方なく別のキーボードでBIOS入り。
・MPUはi5 6500。
・ケース CS4989 FD-CA-DEF-R5-WT
・PS/2端子あり。 USBポートはあと2つは欲しかった。
・一年以上使用で特に問題なし。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マザーボード > GIGABYTE > GA-AB350M-Gaming 3 [Rev.1.0]

名前の無い名無しさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
14件
AVアンプ
1件
2件
プリンタ
2件
0件
もっと見る
安定性5
互換性5
拡張性無評価
機能性無評価
設定項目無評価
付属ソフト無評価
満足度5

【安定性】
2017 4/11に出されたrev. F4 BIOS以降は悪くないと思います
初版BIOS F2では長時間(数日)の連続稼働で性能にムラ(1700X@CineBenchで1400を下回っちゃう)が出たんですが、F4以降はそういうこともなく安定しております
温度センサーもX付きRyzenのオフセット対応とともに厳密化されたらしくSIVのボタン一つで常識的なファン制御をしてくれるようになりました

長いことBIOS更新されなかったので、まさかこのまま新rev.になるなんてことは・・と思ってたけど更新されてよかった(さすがに悪く考えすぎでした)


【互換性】
互換性リストに無い2R XMP-2666メモリで2666を指定すると起動に失敗し、旧F2 BIOS & SPD読みのスペックに戻されてしまいました

Ryzenの仕様を超えて動かしたいなら互換性リストを確認しましょう


【拡張性】
基板上にある6つのSATAポートのうち2つはM2.SATAと排他動作(M2.SATAの利用で利用不可になるポートは基盤に対してに垂直についているので間違えようはない)なので注意が必要
M2.SATAを使わなければ6つ全て利用可能

ついでM2. SATAはPCIe x16スロットの下にあるのでハイエンドGPUを使う人は熱に注意かも

FAN端子はCPUクーラー含めて3つ
ケースファンとつなぐSystem FAN x2はVoltage変動によるファン制御に対応


【設定項目】
BIOSにはCPU倍率やらVoltage、メモリのクロックやタイミングなどの項目はあるもののF4 BIOSでも変更不可
レビュー書いている時点でBIOS、ソフトウエアともに電圧オフセットすら実装されていないので作りこみはまだまだ(これはRyzenの仕様の可能性もあるにはある)

EasyTUneでの簡易OCは可能(試してないけど)、手動でのCPU倍率の変更も可能だけどRyzen Master読みではクロック変わらず(レビュー書いてる時点で)
定格運用を前提とするなら問題なし


【付属ソフト】
APP Center経由での更新確認だと商品HPにあるのより新しいのが降ってきました
ただAPP Center経由でないと各ソフトを起動できないのはナンセンス

とりあえず利用したほうがいいアプリ

・APP Center
 各アプリの起動・更新確認ができる
 これを入れないと他のアプリは起動すらできない

・@BIOS
 まだまだ更新されるはずなBIOSの更新確認や実際の更新作業を行う
 アップデートの際には旧BIOSのバックアップもできるので割と安心

・SIV
 "System Information Viewer"の略。ファンコンの機能の操作など
 とりあえず起動してプリセットを選べばおk


【総評】
もっともっとBIOSやソフトウエア更新を頑張って完成度を高めてもらいたいところですが、ラインナップ的に下のほうなのであまり高望みせず、定格で動かせればいいやと考えるなら十分アリだと思います
物理的な作りは悪くなく、極々普通のマザーボードですから

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意