CPUすべて ユーザーレビュー

 >  >  > すべて

ユーザーレビュー > パソコン > CPU > すべて

CPU のユーザーレビュー

(6054件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェショナルレビュー
CPU > インテル > Core i3 7320 BOX

dpalvさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ベアボーン
2件
2件
CPU
3件
0件
デスクトップパソコン
0件
1件
もっと見る
処理速度4
安定性5
省電力性4
互換性4
満足度4

cine

ff14

winscore

DeskMini 110/B/BBが税抜13000円で売ってたので思わず衝動買い
その後CPUを何にするかと考えて4G越えのCPUがほしいなとこれに決めた
G4600のペンティアムがのった2台目と体感わかるかな?と思ったが
まったくわかりませんw
ベンチするかCPUZみるかしなきゃどっち起動してるかわかりませーん
このCPU売れないだろうなーと思います
でも常時4G超えて付属のCPUFANをサイレントモードで動かしても
CPUTEMPで見た温度は60度たまに超えるくらいなんで静かで速いのはまちがいない

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i7 4770 BOX

爆熱って言うなっさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
2件
ノートパソコン
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
処理速度4
安定性5
省電力性3
互換性5
満足度4

【処理速度】
Corei7ということで4core8threadに3.4Ghzと普及帯マザーボード向けでは上位の性能になります。
IntelのCPU性能は第四世代から第七世代の間でクロックあたりの性能にほとんど差がありません。出てもベンチマークスコアで数パーセントの差になります。わかりやすく言えばCorei7-6700とこの4770はほぼ同じ性能です。

コア数スレッド数のおかげで普段使いにおいて重くなることはまずありません。仮想マシンをいくつか立ち上げても先にメモリが枯渇する程度には余裕があります。
【内蔵グラフィック】
内蔵グラフィックについてはメインメモリをグラフィックに使われるのが嫌だったためAMD RADEON R7 250xを使っているので無評価です。
【安定性】
Kなしモデルのため設定が突然おかしくなることはないので安定感は抜群です。
【省電力性】
正直i5のS/Tモデルやi7-4770T、4770Sに対して定格が高いため中途半端です。おなじTDPのKつきモデルのほうが定格が100Mhz高くやや性能がいいのも半端者感を出しています。
【互換性】
LGA1150のマザーボードは安定感に定評があり数が多いのも特徴です。安価なZチップセットマザーボードからゲーミングを売りにしたH/Bチップセットの上位マザーボードまで多種多様です。
【総評】
ttitle通りの総評になりますが4770はちょっと半端な感じがあります。
省電力性はターボで同じクロックまで上がるSつきモデルに負け、性能は同じTDPのKつきモデルに後塵を拝します。

今なら同じLGA1150でも4790や同世代のi5を購入するほうが安上がりです。

余談ですがこのCPU以上に半端な4771というCPUもあるようですね。

比較製品
インテル > Core i5 4690 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i7 7700K BOX

muangmeawさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
4件
CPU
1件
3件
もっと見る
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性5
満足度5

【処理速度】
申し分ありません。
普段の処理はかなり高速です。

【安定性】
マザボの影響か、ごくたまに固まります。

【省電力性】
問題ないと思います。

【互換性】
問題ないと思います。

【総評】
買ってよかったと思います。
しばらくはこのCPUで遊び、そのうち殻割り&OCしてみたいと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Pentium Dual-Core G4600 BOX

GARO370さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
12件
ノートパソコン
3件
9件
CPU
1件
7件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
満足度5

サブPC組むために購入。
G4560と比較して考えました。
周波数 G4560 3.5GHz  G4600 3.6GHz
GPU G4560 HD610  G4600 HD630
TDP G4560 54W  G4600 51W
価格は最安で比較するとG4560の1.5倍

周波数の100MHz差違いくらいは性能差はほとんどないだろうと思い、HD630なのとTDPがG4560より低い事を重視してこちらに決めました。
G4560は周波数がG4600より100MHz低いのにTDPがG4600より3W高いのは3.5GHzの速度をだす為に多少電圧を高めに盛ってあるんだろうなと思ったしだいです。

HTもついているので1世代前のCore i3ですね。
ネット閲覧、動画再生での利用ではサクサク動作します。
重いゲームやエンコードでもしない限り、これ以上のCPUは必要ないなと思います。

使用環境
CPU G4600
M/B GA-H110N
MEM DDR4-2400 4GBx2
SSD WD Green WDS120G1G0B 120GB

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > A10-7860K BOX

cafe☆7さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
処理速度3
安定性4
省電力性5
互換性4
満足度4

低価格、省電力、最低でもintel i3と同程度の処理能力という点でほぼこれ一択でした。
オーバークロックも可能でちょっぴり遊び心も満たしつつお財布にもやさしい、AMD派にとってはほぼ満足の製品です。



レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Pentium Dual-Core G4560 BOX

Takesi_38さん

  • レビュー投稿数:1100件
  • 累計支持数:2280人
  • ファン数:14人

よく投稿するカテゴリ

CPU
92件
0件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
80件
1件
メモリー
77件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性3
満足度5

価格性能で他を圧倒する製品か

一応 動きました グラフィック部は代打ドライバです

グラボ追加によって 本稼働した感じに。。。

グラフィック部が機能なしとメッセージ出て計測不可 CPUとしては申し分ないスコア

こちらもGPU追加により完走 かなりバランス良構成に

Windows更新で出始めたコレ ありがた迷惑系は 変わらず出てます

G4600 を使ってみてその i3 キラーぶりに愕然となり、さらにソレよりも3k前後もお安いコレも4スレッドCPU。こんなもんもう廉価帯CPUではコレ一択でOKでしょう。

圧倒的とすら思える価格性能だと思います。メインPCとして構成してもよほど重い処理をしない限り不満は出ないと思います。予算浮いた分は高速ストレージに回した方が、よっぽど体感速度は上昇します。

今回検証も兼ねてと考え、あえてG4500/Win7-PCのCPUと換装してみました。サポート外となるWin7での挙動はどうなるか。。。

処理速度】
サポートしていないWin7ではCPU部は普通に認識して2コア/4スレッドのCPUとして動きましたが、GPU部がダメでした。マザーでサポートしているドライバーが5xxシリーズまでで、コレの610を認識してくれません。結果Win7の標準VGAドライバーで使う仕様になってしまい、本来の性能が全く発揮できません。(画像)

逆手に考えると、コレなら拡張グラフィックカードを併用すれば、このCPUをWin7環境でも使えるって事?。(次回試してみます)
何度目かのUpdateによって、「おつかいのCPUはこのO/Sをサポートしていません。」とありがた迷惑なメッセージが出るようになりました。(画像)コレはUpdateのどれかをアンインストールすれば消せるでしょう。(たぶんw)

安定性】
ベンチツールはもちろん普通に負荷ツールかけても完走。CPUとしては問題ないレベル。GPU系については正常なドライバがいないので本来の性能を発揮しない。拡張グラフィックカード併用すれば普通にWin7マシンとして正常機能しそう。

省電力性】
PC単体のワットチェッカー読みでアイドル/負荷時それぞれ:32/59W。システム用にSSD、データ用にHDDで構成しており優秀な省電力性だと思います。


互換性】
前世代のH170にて今回構成しました。BIOSアップデートもネットワーク経由で全自動で行えました。なんと楽ちんな事。ASUSママ。
仕様のサポートO/Sの通りWin10より古いWinをバッサリ切り捨ててる。潔いというべきか。。。きっと「xHCI」ドライバ問題が面倒だったんだろな。(ハード的に世に出回っているため本来はリコールものだと思うのだが)

総評】
なんといっても、2C/4TというHT搭載による性能恩恵が光る7k-CPU。がっつり i3 キラー的な存在となっているPentiumさんです。
おかげで、30k程度あればメインで使えるWin10-PCが組めるようになっています。

2017/4現時点で7k切っており、さらに無敵感上乗せしてます。


-追記- 

GT 730 搭載しました

想定してた通り、拡張グラボを搭載した事でドライバーのない Intel HD610(CPU内臓) を構成から除いた事で、本稼働PCと化しました。ただ「サポート外です」警告は出てて Windows Update は相変わらず止まっていますが、コレは何度目かのUpdate更新後に出始めたので、ソレ(更新ファイル)を特定しアンインストールさえできれば、普通にいけそうな気がしております。。。他にWin7PCもあるのでこのままWin7にこだわる理由はさほどなかったりもしますけどw

結果的に非常にバランス良PCとなりました。エントリークラスの補助電源もないグラボですが、そこそこの性能をもっており、加えてCPU内臓のGPU部がオフった影響かCPU部のスコアも上がりました。
消費電力も大人しいです。アイドル/負荷時で29/62(MAX65)W(PC単体:ワットチェッカー読)で発熱も少ないのでFAN回転も上がらず「静」PCです。
前よりアイドル時の消費電力が下がっているのはUEFIを最適化した結果です。使わない機能をオフったり、とにかく温度が上がらないのでFAN制御を「Silent」にしたりしています。

構成
CPU:コレ
M/B:ASUS H170M-PLUS
Mem:crucial W4U2400BMS-8G/R 8GBx2
GPU:MSI N730K-1GD5LP/OCV1
SSD:M4-CT128 128GB
HHD:WD15EARS 1.5TB
Case:AeroCool Cs-101
Pow:SFX 250W(Case付属)
O/S:Win7 Pro 64bit

※O/Sがこの石ではサポート外です。自己責任となります。

ご参考まで。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった5人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1700X BOX

yzvegetaさん

  • レビュー投稿数:61件
  • 累計支持数:175人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
8件
0件
マザーボード
7件
0件
CPU
6件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
満足度4

Core i7 6700Kから、CPUはこちらで、ASRock Fatal1ty AB350 Gaming K4に入替えました!
OSは、Windows 8.1 64bitを使っています。

パーツ構成はこちらのブログにまとめました。
http://vegetachannel.blogspot.jp/2017/04/amd-ryzen-7-1700x-asrock-fatal1ty-ab350.html

パーツ紹介、組立て、OSインストール・ツール、オーバークロック、パフォーマンス計測など複数の動画を作成しましたので、御覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=m9I-VlNctZU&list=PL04ADkJRWr4UL4vp3lcBnFsxk4IVZn2fb&t=40s&index=19

【処理速度】
8コア16スレッドの処理性能は、どんな処理を行っても非常に速く、特に改善したのが、XAVC-S フルHD 60pや4Kの動画編集が、AVCHDを編集しているかのようにタイムラグもなくサクサク編集できるようになりました。
これは、感動の速さです!

【安定性】
正式サポートはされていないWindows 8.1を使いましたが、特に問題もなく安定動作しています。
CPUクーラーは、虎徹を利用していますが、高負荷でも40℃前後で冷えており問題ありません。

【省電力性】
省電力性能が感動的です。Windowsの電源プランをバランスに設定すると、アイドル時は、使っているコアが1,2コアになり、消費電力は、GTX970を積んでいるのに、60W台なんです!
SenseMIという人工知能を搭載しており、省電力性能も非常に素晴らしいです!

【互換性】
AB350 Gaming K4とメモリは、Corsair CMK32GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 16GB 2枚組]を使いましたが、互換性もバッチリでした。

【満足度】
AMDが4年の歳月をかけて開発した画期的なCPUですね!
処理性能は、intelよりも性能が高く半額以下で手に入るし、省電力においても賢く、なんの不満もありませんが、1700Xと1800Xは、+20℃のオフセットがあり、オーバークロックがしずらい仕様となっており、期待したXFRの機能は有効になることはないです。
試してはないですが、1700の方が売れており、コストパフォーマンスが高いと言えます。
+20℃のオフセットさえなければ、良かったのですが、この辺りは販売戦略ミスかなーと思います。
+20℃のオフセットはマイナスで☆4つにします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i7 7700K BOX

まーびいさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性4
省電力性無評価
互換性5
満足度4

友達に6700K中古で買わないかと提案したらそのまま通ってしまったので買い替え。
6700Kも同様にOCしていたが(そちらは確か4.5GHzくらいで使っていた)、OC耐性が格段に上がっていてびっくりした。
5GHz以上にすると少し不安定になるが、それは私のOC経験があまりないため。結果的に4.9GHzくらいで運用。
虎徹を使っての空冷なので、水冷にすれば更にOCできるんじゃないかな……?

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 5 1600 BOX

聖639さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
20件
デジタル一眼カメラ
0件
14件
ゲーム機
2件
8件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
満足度5

X370GT5にて39倍(1.35V) 1Hで

4GHz

OCCT 1H 1600(38.5倍)

   

OCCT 1H 1600(39.5倍)

   

一応、現環境はこんな感じですが、
レビューの際の環境は以下の通りです。

現環境

CPU :AMD Ryzen 5 1600
マザーボード: BIOSTAR X370GT5
メモリー:W4U2400PS-4G
ビデオカード RX460 2GB
SSD:AST680S 240GB
電源ENERMAX:ANTEC EDG550
PCケース ANTEC P280
CPUクーラー Silver Arrow IB-E Extreme

レビュー環境

CPU :AMD Ryzen 5 1600
マザーボード: ASRock Fatal1ty X370 Gaming K4(P2.10)
メモリー:TS2GLH64V1B(16GBx2)
ビデオカード:EVGA GeForce GTX1080
SSD:PX-256M8PeG(FW:1.06)
電源ENERMAX:XFX P1 750B BEFX
PCケース NEXT H630
CPUクーラー NH-D14
BDドライブ PIONEER BDR206BK


元々、現環境で確認するつもりでしたが、
一時的にメイン環境とスワップして1600の限界を確認しています。

☆オーバークロック

定格(1.225V)なら38.5倍、1.3V なら39.5倍までいけますね。
4G超えも1.4Vなら可能です。

OCCT LINPACK 1hで試しているので、これが通るのであれば、常用可能でしょうね。

一応、現環境で確認した結果の画像も載せておきます。

☆評価

個体の差はあれど、3.95GHzまで1.3Vまで行けるのはすごいですね。
Ryzen全体で4GHzの壁はあるものの、12コアでほぼその領域まで行けるのはすごいと思います。

3万円を切る価格で物理6コア、論理12コアなんてすごいかな。

個人的にはOC目的であれば、1600をお勧めします。

正直、X付きは価格的にそこまで薦めれません。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i3 7100 BOX

sire300さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性4
満足度5

Pentium Dual-Core G4560 と迷いましたが、某ショップにてマザーボード ASROCKのH270 PRO4とかなり安くSET販売されていた為、こちらを購入しました。

一般的な使い方ではCPU温度も低く、安定して動作しており、全く問題ありません。

動作クロックも3.9GHzと比較的高く、またG4560よりも上位のGPU( HD630)が入っていますので
ここら辺に価値を見い出せる方は買いかと思います。

題名を訂正しました。







レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Pentium Dual-Core G3258 BOX

デュアルスロットファンさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
2件
6件
ノートパソコン
1件
6件
マウス
5件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性5
満足度3

 前回酷評しましたが何はともあれ購入したのは自分。Core i7への換装を間近に、CPUクーラ購入までの間、クロックアップして常用することにしました。
 換装後は安いB85マザーでも買ってNON-Z OCでもやりましょうか。

【処理速度】
 さすがにゲームやエンコードでは力不足を感じることがしばしばありますが、ネットサーフィン用自作機ですのでそういった作業においてはメーン自作機のPhenomIIより快適です。
 1.3GHz分ものクロックアップは確実な性能の向上につながっており、使ってすぐに体感できるほど処理が速くなりました。

○3.2GHz 定格
SuperPi 104万桁…12秒
3DMark06…4742 SM2…1530 SM3…1978 CPU…3508

○4.5GHz リテールクーラ(常用、高負荷時もエラーなし)
SuperPi 104万桁…9秒
3DMark06…4879 SM2…1546 SM3…1984 CPU…4854

○4.6GHz リテールクーラ(実用不可能)
SuperPi 104万桁…8秒

【安定性】
 クロックアップしないのであれば抜群。しても4GHz位までなら安定。それ以降は当り外れや力量次第でしょう。

【省電力性】
 発熱の少なさは逆に怖いほど。スリムケース+リテールクーラという極悪環境下にもかかわらず排気は涼しいままです。

【互換性】
 こんなものでしょう。

【総評】
 FSBを上げようとすると全く起動しなくなるのはクロックアップの楽しみ方の半分を否定されているような気がしますが倍率と電圧の変更だけでここまで性能が伸びるCPUはCeleron300Aの再来と言われるのも頷けます。

追記
 リテールクーラについて少し。
 冷却性能に関しては申分の無いCPUクーラですが、着脱に関してはあまりに粗悪です。
 これまでSocket478以降はAMDを使用してきたため常にクリップ式のクーラを使用していたのですが、LGAソケットのリテールクーラはマザーボードの穴に反しの付いたピンを差込む仕組。CPUを換装しようとするとマザーボードを取外すのはもちろんのこと、クーラの取外しは困難を極めました。
 オーバーヒートした私を止める術もなく、気づけば金槌でたたいたり、ニッパで切刻んだりしていました。
 「私は何をやっているんだ、このマザーボードは1万6千円もしたじゃないか」
 再びECS 1337 Z97-MACHINEが安定して動作することはありませんでした。

 CPUの取替えやクーラの変更を考えている方は、どうかケチらずにバックプレート式のクーラを別途購入することをお勧めします。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった6人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i7 7700K BOX

BLK_MINNIEさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
SSD
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
処理速度4
安定性4
省電力性4
互換性4
満足度4

新たに構成したPCです

見た目のコンセプトは BLACK & WHITE

構成
CPU:【INTEL】 i7-7700k
MB:【Asrock】Z270 Extreme4
MEM:【CORSAIR】DDR4 CMK16GX4M2B3000C15  (8GX2)
POW:【CORSAIR】CX650M
GPU:【ASUS】1050Ti DualFan
SSD:【INTEL】SSD 600p Series  256G
HDD:【WD】1TB
CASE:【NZXT】340S BLACK
etc..

【処理速度】
とても良い。
動画関連、また音楽ファイルのアップコンバートなど
の作業を頻繁に行いますが、
とても良い仕事をしてくれます。

【安定性】
現時点でおかしな挙動はなし。
安定しています。

【省電力性】
よくできています。

【総評】
とても出来る子だと思います。
ハイパフォーマンス・省電力・低温度設計と
洗練されていてスタイリッシュな石ですね。

二世代前以前の石から移行する場合
様々な面で変化を体感しやすいと思います。

日々行う作業効率も上がり
満足です。

新しいアイテムは
やっぱりいいですね。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1700 BOX

存在感の薄い人さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
1件
CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性3
満足度4

INTELが新CPUをリリースする度に心が揺らぎましたが、
結局の所、震災前に買ったi7-2600Kと大差無いと判断し自制してきましたが

久々のAMD渾身の作に、いよいよ来るべき時が来たかなと思いました。

CPU 無印1700+純正FAN
M/B Fatal1ty X370 Gaming K4
MEM HYPERX HX426C15FBK2/8

BIOSはVer1.5の初期状態でしたがメモリーは自動で2666認識しましたし
Windows7もすんなりインストール出来ました。

TMPGEncでのH264、1280x720リサイズ&エンコードが主な用途ですが、
OC無しの1700とi7-2600K@4.1Ghzを比較すると、実写系はちょっと早い程度で
アニメ系はむしろ遅くなってがっかりでした
エンコード中は3Ghzに張り付いてましたから、パフォーマンス設定では無いと思います

巷の情報では、リサイズやフィルターを1コアで行っているため、ボトルネックとなっているようです

試しに、2つ同時にエンコードしたら、2倍早くなりました。
これだけ速いならOCの必要は無いかな?

フィルター&リサイズで同時エンコードしない場合は期待ハズレになるかも知れません。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i7 7700K BOX

Mold_Windさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
0件
9件
CPU
1件
7件
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
1件
3件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
満足度5

Skyrim SE
FHD AA無しでしたらHD630でも快適に動きます
ただし4Kディスプレイで30Hzだからか、ちらつきはありますが
volta待ちなので当分これでいきます
ウディタとかツクール系はこれで十分すぎます
もちろん4K動画もです
メモリはOCメモリが推奨します
SATAのSSDとDDR4-3000でWindows10デスクトップまで5秒掛かりません
Creaters Update でKP41出た以外は安定しています(笑)

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1700X BOX

名前の無い名無しさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
14件
AVアンプ
1件
2件
プリンタ
2件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性無評価
満足度5

数年ぶりのPC新調なので旧々々アーキテクチャのPiledriver搭載APUと比較してみました
ゲーム系ベンチは巷に溢れてるのでDTV系で

注意点としては、移行後のトラブルシュートの一環でAvisynth+がr2172 → r2455に、masktoolsがv2.2.4→v2.2.6へと上がったので厳密にいうと同一の比較ではありません
しかし本体の更新で劇的に早くなることとはいと思われることと、masktoolsの更新履歴的に速度に影響はないはずなので肩の力を抜いて参考程度に見てもらえればと思います

とりあえず最初はavisynthでメジャーなプラグインをavs2pipeのbenchmarkモードで計測したもの(実際のエンコードは行ってないので注意)


旧PC: AMD A8-6600k@定格3.9GHz/デュアル・チャンネル DDR3 1333
新PC: AMD Ryzen7 1700X@定格3.4GHz/デュアル・チャンネル DDR4 2400

【yadifmod2 / single】
6600k = 18.135fps[47.147sec]
1700X = 29.140fps[29.341sec]

【yadifmod2 / MT】
6600k = 20.180fps[42.369sec]
1700X = 44.727.180fps[19.116sec]


【TDeint + TMM2 / single】
6600k = 2.641fps[172sec]*遅いので53%で中止
1700X = 5.857fps[145.984sec]

【TDeint + TMM2 / MT】
6600k = 5.584fps[151.721sec]
1700X = 18.400fps[46.468sec]


【QTGMC / MT】
"Very Fast"
6600k = 12.229fps [69.915sec]
1700X = 31.809fps [26.879sec]

"Fast"
660k = 8.631fps[99.057sec]
1700X = 21.030fps[60.309sec]

"medium"
6600k = 2.853fps[299.723sec]
1700X = 7.193fps[118.865sec]


【srestore関数 / single】
6600k = 9.258fps [529sec]
1700k = 14.383fps [328.862sec]

【TDecimate / single】
6600k = 17.642fps [82.075sec]
1700X = 27.588fps [52.632sec]

【AutoYUY2で色変換をするだけ / single】
6600k = 104.673fps [17.332sec]
ryzen = 150.251fps [12.078sec]


Pileriverからの性能向上率に関しては目を見張るものがありIPC 52%アップと主張するのも納得の結果に
特に、重いとされているTDeint + TMM2、QTGMCでの性能向上は目覚ましく、コア性能の向上・CMTと違う物理コアである利点がよく現れていると思います

*比較対象がPiledriverと言っても2モジュール/4スレッドなAPUなのは少し可哀そうなんですがスレッド的に"4"指定なので、条件的にはおあいこかなと思ってます
*サンプルはsrestore以外すべて1440x1080
*すべてのテストでautoYUY2による色空間変換が後工程に入ってます
*テストに使ったファイル、avs(処理工程などを記したテキストファイル)などはすべて同一
*細かいプラグインのバージョンは省略、記録を取り始めた3/5時点で最新のもの(環境報告のダメなテンプレですが)


次に上のavsファイルをaviutlで読み込んでx265/x264 guiEXで実際にエンコードしたもの
x265はcrf 22固定でプリセットだけ変更、x264はslowerとcrf23だけ指定(旧環境では記録をとってないので新環境のみ)

yadifmod2 (MT) x265 slow   9.36fps(720pリサイズ = 12.91fps)
yadifmod2 (MT) x265 medium 19.04fps(720pリサイズ = 25.26fps)

yadifmod2 (MT) x264 sloewer 19.85fps (720pリサイズ = 26.65fps)


TDecimate x265 slow  8.76fps
TDecimate x265 medim 16.82fps

TDecimate x264 slower 14.92fps (720pリサイズ = 19.06fps)

*TDecimateはシングル動作なのでそこで律速してる可能性大

TDecimateと同じ素材をaviutlの自動フィールドシフト(簡易高速解析を有効)でエンコードしたもの
x265_slow   8.80fps(720pリサイズ = 11.76fps)
x265_medium 19.23fps(720pリサイズ = 25.55fps)*リサイズありの誤植を修正

x264 slower  21.35fps(720pリサイズ = 28.49fps)

x264、x265ともに画質を妥協せずにこの速度を出せたら凄いのではないでしょうか
あとサンプルがちょっと重めなので速度は控えめですが、一般的なソースでは〜10%ほど多いfpsであることが多いみたいです *誤植を参考にして書いた一文を修正(本当に申し訳ない)*

==========

そして最初に書いたものより、ほんの少し詳しいPC構成

CPU :AMD Ryzen 7 1700X
マザーボード: Gigabyte GA-AB350M Gaming3
メモリー:CFD販売 PC4-21300(DDR4-2666/*2400で駆動) 4GBx2枚 (Ballistix by Micron) D4U2666BMT-4G、数量:2
ビデオカード:SAPPHIRE NITRO RX 460 4GD5 [PCIExp 4GB]

誤植を修正 x265_medium 19.23fps(720pリサイズ = 18.64fps) → x265_medium 19.23fps(720pリサイズ = 25.55fps)

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意