CPUすべて ユーザーレビュー

 >  >  > すべて

ユーザーレビュー > パソコン > CPU > すべて

CPU のユーザーレビュー

(6008件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェショナルレビュー
CPU > インテル > Pentium Dual-Core G4560 BOX

オリエントブルーさん

  • レビュー投稿数:777件
  • 累計支持数:4741人
  • ファン数:188人

よく投稿するカテゴリ

SSD
22件
2303件
グラフィックボード・ビデオカード
18件
2010件
CPU
35件
1788件
もっと見る
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5
満足度5

再生する

製品紹介・使用例
省エネです

H270ATXマザーでサブ機を構築しました。
PCケースを間違えてマイクロATX用のが来たので
急きょに古いケースに入れ替えました。

これも基盤が薄いですね。

【処理速度】
Office等には問題なし。
4スレッドはなかなかにGood!
しかしベンチ数値はとっても悲しい(^^;

【安定性】
H270環境では挙動不審なく安定はしてる。
起動終了も速い。

【省電力性】
TDP54Wで画像のようにまさに省電力であります。

【互換性】
これからですが特に問題なし。

【総評】
省電力でキビキビしていて文句なし。
我が家の泥棒君に一台持って帰られたので構築ですが
満足しています。

*********************************************
  (構築システム)

■CPU:Pentium DualCore G4560 3.5GHz TDP 54W
■マザー:MSI H270 PC MATE ATXマザー
■メモリー:Corsair Vengeance LPX DDR4 8GB

■SSD:Sandisk ウルトラII SDSSDHII-240G 240GB
■電源:Corsair:CX430M 430W

■ケース:Enermax OSTROG
■ドライブ:LG GH24NSD1

**********************************************

とりあえず満足しました 寝室用であります。
これも永く付き合えたらうれしいですね。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1700 BOX

grayfox01さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
11件
薄型テレビ
0件
12件
AVアンプ
1件
5件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
満足度5

発売日に購入。
セカンドマシンとなった6700Kと比較レビュー。

Ryzen 7マシン
CPU:Ryzen7 1700(OC 4G)→疑似1800Xとして
CPU Cooler::ETS-N31-02(空冷)→付属の純正品は3.6Gが限界。
MB: ASUS PRIME X370-PRO
MEM:DDR4-2666 8GB×2 16GB
GPU:MSI GTX 1080 ARMOR 8G OC
SSD:MX300 CT525MX300SSD1
HDD:WD40EZRX
BD:BH-16NS48

6700kマシン
CPU : 6700k(OC 4.7G)→疑似7700Kとして
CPU Cooler: SCKTT-1000(虎徹)
MB: Asus Z170 Pro Gaming
MEM:DDR4-2133 8GB×4 32GB
GPU:Asus GTX 970
SSD:PX-256M6V
HDD1:WD30EZRZ
BD:BH-16NS48

ともに、OSはWin10-x64
Cinebench R15

CPU Single Core
6700K 198
1700 159
周波数あたりのスコア
6700K 198/4.7=42
1700 159/4=39.5
1GHzあたりのシングルスコアは、やや6700Kに分があるが
ちなみにFX-8シリーズはせいぜい100/4=25程度で前世代FXから比較すると、
コアあたりの性能は劇的に進歩した。

CPU All Core
6700K 980〜1010
1700 1580〜1630
やはり8コア16スレッド
1GHzあたりのスレッドスコア
6700K 1000/8/4.7=26.5
1700 1600/16/4=25
スレッドあたりのスコアも6700Kに分があるが、ほぼ同格。
コアとスレッド数を考慮すると、完全に勝負にならない。
ほぼクロック×コア数にスコアが比例している。

この感じ、以前、経験したことがあった。
win98のころ、
k6でPen2とPen3に太刀打ちできなかった時代。
その後、アスロン登場当時のPen3との周波数勝負。
AMDの周波数あたりの性能の高さに
インテルは太刀打ちできなかったことを記憶している。
その後、Pen4はパイプライン増、周波数至上主義にシフト。
AMDは周波数あたりの性能を追求し、
結果、性能電力比でAthlonX2にPenDはかなわず、インテルの負け
→Core2へシフト。

その当時、開発者ジム・ケラーの名は知る人ぞ知る程度の人物。
しかし、業績はすさまじく
Alpha(サーバ)→
Athlon(K7)→
AND64(インテルはIA-64を開発・失敗し、その後、パクリINTEL64、x86-64)→
Apple A→
Mac Book air→
RYZEN(K12)→
自動運転開発(テスラ…現在)
とんでもない仕事人。

インテルさん、メインストリームはSandy以降の数年前から8C16Tの時代のはずなのに、
ケチって4C8Tのままの殿様商売でぼろ儲け。
「6C12T以上はハイエンドとかサーバー用途限定〜」
「時代はGPUだ!」
とかにうつつ抜かしてる場合じゃなかったんだよ。
GeForceとRADEONに新参インテルが勝てるわけ無い〜。

これから数年は間違いなくAMDとインテルはコスパ競争が始まる。

まあ、お高く停まってたインテル様にはいいカンフル剤になりそうだ。

インテル、焦ってる?

サーバー用途も32C64T-Naplesとか、とんでもない製品も控えている。
初期型でこの性能ならば、おそらく、次世代ZEN(RYZEN 7 2XXX)の設計に関しても、
高周波数化・最適化・省電力、何らかの置き土産を絶対している。アスロンの時もそうだったし。
次世代ZENは4.5GHz10C20T・6万とか平気で出そうだし。今後のIntel VS AMDの対決がどうなるか、楽しみでならない。

ジムケラーを引き抜きとか、ダーク・メイヤーの人事とんでもなさすぎ。
ジム・ケラーとそれを支えたエンジニア、どんだけ天才ですか!!
本物の仕事人ってこういう人のことを言うんだろうな。

追記:
あまり意識していなかったが、どうやら、1700の4Gには壁がある様子。
冷却環境の記載が抜けていたので追記しました。
水冷環境ならばもう少し狙えたかもしれないですが。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった37人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Celeron Dual-Core G3900 BOX

elleeeさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

無線LANアダプタ
2件
0件
有線LANアダプタ
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性4
満足度5

【処理速度】celeronとは思えないcore i3 530と比べて体感では速い

【安定性】安定していると思う

【省電力性】TDP51wなのでいいと思う

【互換性】自分の環境下では問題ない

【総評】コスパが良くて高性能

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1700 BOX

マルチメディアマスターさん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:482人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
12件
46件
デジタル一眼カメラ
7件
27件
レンズ
8件
17件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性4
満足度5

インテルにうんざりしてて、それでも仕方がなくインテルを使ってました。Ryzen待ってましたー。バトルフィールド1もHitman2016もよく動きます。特にHitmanのモロッコステージのような大人数シーンとか、今まで使ってたcore i7 4700、gefoce1070だと大きくフレームレート落ちてましたのが、Ryzenだと50前後キープ出来てます。満足です。インテル6000番台にしょうかと迷ってて値段の高さに閉口して、待ってて良かったです。

インテルさようなら〜

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Pentium Dual-Core G4500 BOX

ぴくせる@GA2海苔さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

DVDドライブ
1件
0件
マウス
0件
1件
CPU
1件
0件
もっと見る
処理速度4
安定性5
省電力性3
互換性4
満足度3

 自作XPマシンのマザーボードリソースが一部死んだので、これを機に、継承できるリソース以外を総取っ替え。
M/B、CPU、メモリーまでを交換することにして、HDD/光学デバイス等は前マシンより引き継ぎ。
さらに、OSもXP −> Win10 にスイッチ。

M/B:ASUS H170-Pro
CPU:本機
メモリー:crucial W4U2400BMS-4G/R [DDR4 PC4-19200 4GB 2枚組]
OS : Win10

購入タイミング的にはよくなかった.....シリコンデバイス(SSD、メモリ)高騰の時期だった、というのは痛かったかも(^^;


【処理速度】
 WEBブラウジングやテキスト生成、たまのビデオエンコーディングや音楽データ変換程度にしか今のところ使っていないので、必要にして十分。 
ただ、そのうちすることになる、HD画質のビデオ編集や変換には、少し力不足かも。
そのときまでには、Kabylake系CPUへ交換することになるとは思うのですが(^^; 


【安定性】
 とりあえず「王道」のIntel、それに評価が高いASUSのH170−Pro 、それも2XX系のコントロールチップセット登場直前の"枯れた"タイミングでの導入で、不安定要素はほぼ払拭されていることもあり、安定性に問題なし。


【省電力性】
 実計測は出来ていないので不明。 ただし前がAMDのAM2ソケット/デュアルコアCPUということもあり、対演算比での消費電力は落ちてるはず(^^;


【互換性】
 前述の通り、「LGA1151ソケット次期モデル」狙いで、且つ 「i系CPUと同一GPU内蔵」モデル狙いで購入したこともあり、とりあえず4つ星。


【総評】
 i5が「マルチスレッド無しi7」とすれば、ペンティアムデュアルコアは「マルチスレッド無しi3」とでも言えるもの。

敢えて、4500系を狙ったのは上記の通り 「i系のものと同一GPUが採用されている」 という1点で、ユーザーレビューでも高評価だったので使用を決定。


なのですが。


 たしかに、旧来のポリゴンを使わない系のゲーム、DVDやBD視聴には全く問題はなし。 高解像度の画像表示には何ら問題はありませんでした。
ただ、フラッシュを使ったオンライン系ゲーム、 具体的にはAMEBAの「ピグxxx」では、おそろしく表示に問題が発生します。

まだ動いてるXP/SP3 のノートパソコンでの環境とと比較して、

・ 突如、ブラウザ内の表示が巨大化する
・ ゲーム表示がモノカラーの状態になる(ピンク一色とかグレー一色とか)
・ 上記に伴い、フリーズが発生したりする

甚だしくは「表示がコマ飛びする」という現象も起こっています。
OSの版の変化に伴うAPIの変化によるものなのか、ブラウザーに起因するものなのかは不明です。
ただ、GPUのドライバーを新旧入れ替える、Win10を32/64bitで入れ替える、ブラウザを変更するといったことを一通りやってみて状況に変化なし。 あとはM/B、あるいはCPUを変えるしか手は残っていない、という状況です。

ということで。

 とりあえずGPUに関しては「使用目的に関しては及第点を取れないユーザもいる可能性あり」 で、場合によっては「GPUを考慮せず、ビデオカードを別途購入して使う」 ことを前提として、本機内蔵GPUの機能はビデオカードが破損した際の保険としてしか考えない」 という方がいいのかな、とも思ったりします。

 と考えると。
実はこのCPU、 Kabylakeへのつなぎ役としてなら、積極的に選ぶ必要もないのかなー、とも思ったり(^^;
まぁ、中身を使ってみたからこそ敢えて言えるという話ではありますが

今なら、このモデルは、買わないw

と言いきれるかも(^^;

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1700X BOX

CherryBlossom1225さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
31件
CPUクーラー
1件
30件
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
0件
10件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
満足度5

【処理速度】
文句なしですね
CINEBENCHでは今までのi7 2600が600前後だったことを考えるとものすごい進化ですね

【安定性】
問題なし
メモリの相性が出ると聞いていたので心配でしたが杞憂に終わりました

【省電力性】
問題なし

【互換性】
AM4がどこまでサポートしてくれるかわからないですが、期待を込めて


【総評】

i7 2600からの乗り換えでしたが大満足です
Skylakeが出たあたりでそろそろ組みなおしたいと思い、でもいまいちパッとしないIntel
しばらく使っていたのですが、AMDから新しいCPUが出るとのうわさが・・・
ベンチ結果のリークなどを見つつ、発売日を迎えて実際のベンチを見てみたところ嘘偽りない結果を出してくれていました

これにしようと思って、発売日にポチりましたw

画像のCINEBENCHの1720cbは4GHZ/1.35Vでの結果です

構成
OS Windows 10 Pro 64bit
CPU AMD Ryzen 7 1700X @4GHz/1.35V
CPUクーラー Thermalright Le GRAND MACHO RT
M/B ASUS PRIME X370-PRO
メモリ UMAX DCDDR4-2400-16GB HS 16GB
GPU ZOTAC GeForce GTX 1070 AMP Extreme 8GB
    (Core Base 1,632MHz,Boost 1,835MHz,Memory 8,208MHz)
SSD CFD CSSD-S6T128NHG5Q 128GB
電源  Thermaltake Toughpower Grand 650W
ケース BitFenix Ronin

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > A10-7860K BOX

KINESTHESIAさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
6件
PCケース
1件
6件
コンポ
1件
5件
もっと見る
処理速度4
安定性5
省電力性4
互換性1
満足度5

ご臨終寸前のC2D機から乗り換え。A12はまだまだ先になりそうなので。
とても安定しています。

用途はお絵かき、映画&音楽鑑賞、ゲーム、ネット巡回など。
どれもほぼストレスを感じることなく機敏にこなしてくれています。
Fluid Motionオンにしていろいろシェーダ重ねても全くカクつくことがありません。
ゲームも、最新AAAタイトルとかは厳しいんですが、インディーズタイトルやPS3&360時代の作品ならほぼ動きます。
今はOUTLASTプレイ中。設定ALL「高」だとちょっとFPS落ちますが「中」だと安定です。

消費電力もなかなか低め。電源プラン「バランス」でアイドル時28w。ゲーム時は40〜70wあたりを上下しています。(グラボ無しSSD使用)

他の方も書かれていますが、クーラーの性能はちょっと心配ですね。(ただ、デザインは最高)
ケースファンも回しているんですが、室温15度で今38度です。夏にゲームできるんだろうか・・・。

購入時の11000円っていう価格を考えたら十分な満足感を得られました。
AM4APUが今年中には出ますし、メモリ高騰続いているので、このタイミングで一式揃えるのはちょっとお奨めできませんが。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1700X BOX

Kaomoji-w-さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性3
省電力性4
互換性3
満足度5
   

スコア

   

PU :AMD Ryzen 7 1700X 定格
マザーボード:ROG CROSSHAIR VI HERO BIOS0902
メモリー:CMK16GX4M2A2666C16
ビデオカード:ROG STRIX-RX480-O8G-GAMING + MSI N750 TI TF 2GD5/OC
SSD:MX300 CT525MX300SSD1
HDD:WD30EZRZ-RT [3TB SATA600 5400]
OS:Windows10 Pro 64Bit

マザーが悪名高いROG CROSSHAIR VI HEROを使用していますが、CPUに関しては全く問題はありません。
元々、10年以上のIntelCPUのオーバークロッカーで今回初めてのAMDになります。

今のところRyzenは定格で使用するつもりです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1800X BOX

じあびすさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

OSソフト
1件
0件
CPU
1件
0件
SSD
1件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性無評価
満足度5

AMD CPUで初めて組みました。
当方環境
■CPU:1800X
■CPUクーラー:本格水冷(EK-Supremacy EVO)
■ラジエター:Black Ice SR-1 560 + FAN×4
■ポンプ+リザーバー:EK-XRES 140 Revo D5 PWM
  4.0GHz 1.3v〜1.33vでOCCT1時間完走。LINPACKではまだ試してません。
  (室温20℃程度。CPU温度は最大で71℃でしたので、20℃差し引いて51℃?なのでしょうか。)
■M/B:ASUS ROG CROSSHAIR VI HERO
■メモリ:F4-3200C16Q-32GVKB(8×4ですが2枚のみ使用。)
  メモリクロック:2666MHz
  メモリタイミング:16-18-18-18-38
 DRAM電圧:1.35
■グラボ:980ti
■SSD:その辺の適当な256GBのヤツ
モニタリングソフトはHWiNFOを使用しています。
CINEBENCH:1745cb

互換性についてですが、このCPUを乗せるマザボのソケットがAM4なので対応しているクーラーが少ないです。
CPUクーラーのメーカーにより購入証明を添付してくれれば、AM4用のリテンションキットを無料で(送料は自己負担)送ってくれるところ(CRYORIG、Noctua)があるのでそこのクーラーを使っているなら申請した方がお得です。ただし、時間はかかると思われます。私の場合3月上旬に申請しましたが、入荷が下旬ごろになると言っていたので…
またASUS ROG CROSSHAIR VI HEROならAM3用の穴がついているのでAM4用のクーラーを用意しなくても行けます。ただし、勝手にbios更新を始めた挙句biosアップデートに失敗してマザボが死ぬという自爆機能がついていたのであまりお勧めは出来ません。(bios0902にアップデートされているモデルなら大丈夫)

メモリとの相性が結構厳しいとの情報があり、正直身構えていたんですが意外とすんなり動作しました。
それでも3200Mhzでの動作は無理なようで2666で動かしています。
Intel CPUだとメモリのOCはさほど効果が見られないようですが、どうもRyzenについてはそうではないらしく、明らかな効果がみられるとのことです。上を目指される方はガッツリOCしてるメモリを買うのが良いかも?

それから1800X、1700Xは1700とCPU温度の表示が違うらしく、XつきのCPUはCPU温度に−20℃が正確な値だそうです。
なのでXつきのCPUを買った方はマザボ読みの温度やOS起動後のアイドル時の温度が高すぎることに面食らうと思いますが、-20℃が正確な値なので焦らないでください。

結論ですが、1800Xは8コア16スレッドのCPUが6万5千円で買えて、エンコ等については12万円クラスのintelの6900Xと同等に戦え、ゲーム性能もそれなりにあるので買う価値はあると思います。
しかし単純にゲーム性能で考えれば現状においては7700kを買った方が2万円以上安く、しかも高性能です。またショップによってはintel CPUのセット割引をしていたりするので、ゲーム性能を求める方はそちらを買った方が良いと思います。
それからOCして安く済ましてしまいたい人は1700(無印)を買って、OCしてしまえば少なくとも定格の1800Xには並ぶ程度の周波数まで上げられるようですし、個体差はあるようですが3.8GHz程度までは結構楽にあげられるとの報告も多数情報が上がっているようです。XFRという自動OC機能はついていませんが、現状1800Xを使っていてもその恩恵を感じませんし、XFRが機能しても全コアがOCされるわけではないので今後はわかりませんが現状はいらないです。
ただしOCする場合は自己責任ですのでよく考えてお使いください。




レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Pentium Dual-Core G4560 BOX

第47区画1232層東第27地区さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
6件
0件
外付け ハードディスク
3件
0件
タブレットPC
2件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性4
満足度5

【処理速度】値段のわりに仕事します。H110M-A/M.2に乗せてM.2にシステム用のSSD刺して某4チューナーで視聴しつつ録画とかやって10〜15%の使用率でした。6100Tマシンと比べても同等性能なうえ2C4Tなので、もうCorei3名乗っていいんじゃないかなんて思ってます。

【安定性】現在ド安定(私はここ最近不安定な構成にあったことがないですが・・・)

【省電力性】アイドル放置で20Wくらいでした(色々刺してこれです)。世代が世代なので休止でもほぼ消費無し

【互換性】経験上全世代のM/Bに乗せるときはBiosの更新はしておいた方が吉です。

【総評】

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i7 7700K BOX

dsamsada2さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

au携帯電話
1件
35件
スマートフォン
1件
13件
SSD
1件
9件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性無評価
満足度5

5.0GHzベンチ結果

4.8GHzベンチ結果

windowsスコア

   

エアーフロー変更

   

AMD Ryzenが出た、今更ながらで、申し訳ない。Σ(:_:)
先に知人のPCでi7-7700Kを組んで、私も欲しくなりましたので。。。

使用して約10日が経ったので再レビューです。

【処理速度】5
  流石に、2.8GHz → 4.2GHz 更にOC 5.0GHz(今回だけ)
 少し、使って見て、かなり快適で、メインで行きます。笑笑
  i7-4790と比較は、体感面は少し薄いかも知れませんが、
 windows 7→10に 変えたこともあり、今後の慣れが
 必要ですね。

  追加で、ベンチ測定した画像を貼っておきました。(5.0GHz/4.8GHz)
 5.0GHzでも動きますが、殻割り前で空冷では、流石に温度が高すぎる
 少し、不安定な為、現在は、空冷で4.8GHz常用です。
  またファンの向きや配置を見直し、CPUの温度が3〜5℃落ちました。
 4.8GHzも常用可能なレベルに安定を成りました。

  CINEBENCH 数値面では、約35%の性能アップ。
 i7-860と3D-CADでの比較すると作業がかなり、快適になりました。
 正直に嬉しく感じます。
  また、5.0GHz:1075cb/4.8GHz:1030cb/4.2GHz:966cbでした。
 5.0GHzは100℃超えますので怖いですね。4.8GHzは80℃付近で
 良い感じです。
 
  windowsスコアでもかなり、ベースアップとなり、快適です。
 7.2(i7-860)/7.8(i7-4790)@win7-64bit→8.7(i7-7700K)win10-64bit
 (他のベンチも実施し軒並み数値向上は、凄いな〜笑)
 ※SATA2→SATA3へのSSD接続を替えたので爆速です。笑
   後で、M.2への交換も検討中ですが、値段が下がらないと・・・

【安定性】5
  色々と調整した結果、4.8GHzで温度も80℃前後で安定したので、常用予定。
 Windows10Proも今後、長期使用して評価したいと思います。
 (以前は、windows7pro 64bit) ただし、夏場は、冷却性能UPを計画中。

【省電力性】無評価
i7-860/i7-4790も測定してないので無評価。評価としても、どうでも良い。

【互換性】無評価
 第5,6世代(第2,3も)を素通りしてますので、互換性は有りません。

  私の個人的に購入する場合は、大体、規格が変わるまで
買わない為、CPUで、互換性がある事自体が無い。笑

【総評】5
  現状、安定して使えています。OKでは無いでしょう。
 最少は、空冷であっさり、5.0GHz出来たのは、凄いです。
  3D-CADの操作を主とする私ですが、動きがi7-860に比べ
 サクサク動きのに快感を覚えます。
  夏には、空冷から簡易水冷や殻割りをして、十分な対策を
 取る必要はあるかともいますが、この快適性を失わないように
 したいですね。

■PCシステム構成■
 CPU:i7 7700K
 M/B:Z270M-Exretrem4
 クーラー:upHereブルーLEDファン
 メモリ:Kingston DDR4-2400-8GB×4=32GB
 SSD:Samsuing 850EVO 256GB+SK500GB
 HDD:TOUSHIBA 1TB 5400rpm
 GPU:ZOTAC GTX970 4GB OC
 OS:Windows10 Pro 64bit
 PCケース:シャークMA-W1000
 ファン :サイズ「光る風!PWM」×3
      +シャークMA-W1000付き140oファン

※今までの私購入のCPU履歴※
  初代 :AMD Aソケット 266MHz 1コア
  二代目:intel celeron 866MHz 1コア
  三代目:intel Pen4HT 2.8GHz 1コア2スレッド
  四代目:intel i7-860 2.8GHz 4コア8スレッド
  五代目:intel i7-4790 3.6GHz 同上
  六代目:intel i7-7700K 4.2GHz 同上

以上

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > インテル > Core i5 3550 BOX

Takesi_38さん

  • レビュー投稿数:1073件
  • 累計支持数:2207人
  • ファン数:14人

よく投稿するカテゴリ

CPU
91件
0件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
80件
1件
メモリー
76件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性3
満足度5

OPTIPLEX9010搭載のCPU TBが効いている

内臓GPUでGL:2ケタスコアは立派

比較用にOPTIPLEX790(i5-2500)ベンチ結果

処理速度】
高性能コアが4つ。TurboBoost時は3.7GHzまでクロックアップし処理対応してくれます。※1
Sandy世代比(i5-2500)でも順当な延びとなっています。特に内臓GPU部の処理能力が大きく向上しています。(画像ご参考まで)

※1:高負荷時の動向みていると4Core揃っては3.6GHz止まりでした。単発コアだと3.7GHzまで到達している動き。

安定性】
DELLのオリジナルCPUクーラーがなかなか優秀で発熱も非常に大人しいです。HWMoniter読でベンチを連続で掛けても60℃を超える事はありませんでした。安定感高いです。(画像)

省電力性】
アイドル/負荷時:26/78W(ベンチ中の瞬間最高は81W)、電力性能はすこぶる良好です。HDDをSSDへ換装したら気持ち分下がりそう。。。

互換性】
Sandy/Ivy環境に限定されます。決して高い互換性ではありませんがSandy単発状態よりはマシ。

総評】
なによりグッと上がった省電力性能が魅力ですね。少ない発熱=電力ロス小 となり熱対策が重要なPCにとってはメリットが大きいです。
Sandy世代(32nmプロセス)からIvy(22nm)となった一番の恩恵だと思います。

さらに大きな違いとなるのが、内臓グラフィック性能の向上です。Sandy:HD2000→Ivy:HD2500だと約25%の性能向上が見られ大きな差となっています。それでいて省電力性は上がっているのが素晴らしい。

比較製品
インテル > Core i5 2500 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1800X BOX

益荒雄さん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
6件
24件
スピーカー
20件
6件
AVアンプ
10件
15件
もっと見る
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性5
満足度5

久しぶりに私の中の自作熱が燃え上がりました。
12万のインテル6900K以上の性能が手に入り、満足しています。
ただ安定性や互換性に苦労する点があるので、まだ初心者には進めにくいかな?

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1800X BOX

今日の名無しさんさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
3件
0件
プレイステーション2(PS2) ソフト
3件
0件
CPUクーラー
2件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
満足度5

CPU-Z

CINEBENCHR15による定格とOCの性能比較

PassMarkによる定格とOCの性能比較

CrystalMarkによる定格とOCの性能比較

CPU-Z Benchによる定格とOCの性能比較

OCCT(LINPACK+AVX)による1時間負荷テスト

「Ryazn 7」の発売から約半月。
「Ryzen」を取り巻く環境にも様々な状況変化がありましたので再評価します。

3月3日の深夜販売にてAMDの次世代CPU「Ryzen 7 1800X」を購入しました。「Sandy Bridge」こと「Core i7 2600K」を4.5GHzの常用OCで誤魔化しながら運用して数年。そろそろサンデー難民の生活(PCライフ)にも保守的な観点で限界を感じておりましたので、この度の「Ryzen(雷禅)祭り」を期に構成を一新しました。


それでは再レビューを開始。


◇構成
CPU:Ryzen 7 1800X BOX
CPUクーラー:虎徹 SCKTT-1000
マザーボード:AORUS GA-AX370-Gaming 5 [Rev.1.0]
メモリー:CMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]
PCケース:Super Flower SF-1000RR/NPS


◇用途
動画/音楽編集、エンコード、オーサリング、3Dオン/オフラインゲーム、2D/3DCGなどなど。



◇処理速度
評判通りの処理性能です。お値段が倍以上する「Core i7 6900K」とほぼ同等の処理性能を有しており、お値段は約半額という冗談みたいなコストパフォーマンスのCPU。この性能でこの値段であれば☆は文句無しの5つです。余談ですが、このCPUの恩恵は"最低FPSが底上げされる"ことです。何を言っているのかわからない方には申し訳ありません。この情報だけでCPUやグラボを変更する"猛者"だけに通用する情報なので気にしないでください。(例えばガンオンとかで恩恵あるんよこの石)



◇安定性 ※再レビュー
定格動作でOCCT(LINPACK+AVX)の設定で1時間通過しているので機械的には安定していると評価します。また再レビュー時は常用OC設定として4GHZ(OC)でOCCT(LINPACK+AVX)を通過した直後。上記に加え、さらに安定した動作を裏打ちする結果を得ました。

また、3月18日の時点で、様々な不具合が報告されています。例えばメモリーの相性問題、USB3.0関連の不具合、BISO自動アップデート後の突然死、APLの最適化不足による云々などなど。これらは全て"マザーボードやAPL側による"最適化か不具合が要因と考えるのが妥当な為、現段階ではCPUの評価からは除外します。よって、☆は5つの評価で変更はしません。

■情報ソース:http://www.4gamer.net/games/300/G030061/20170314023/



◇省電力性 ※再レビュー
TDP140Wの「Core i7 6900K」と発熱量を比較対象として並べた場合、TDP95Wの「Ryzen 7 1800X」の発熱量が随分と高い傾向にあります。実際、アイドル時46℃(C6)、高負荷時(OCCT)74℃という計測結果で、虎徹であることを踏まえても定格とは思えない発熱量でした。


北米時間で2017年3月13日にAMDから上記の温度表記について公式見解がありました。
■情報ソース:https://community.amd.com/community/gaming/blog/2017/03/13/amd-ryzen-community-update

要約すると「Ryzen 7 1800X、1700X」は、ジャンクション温度よりtCTLの温度のほうが20℃高いということで、簡単に言えば上記温度表記から-20℃した温度が我々自作ユーザーの言う「CPU温度」の"それ"に近いとのことです。

定格運用で上記を気にする必要は皆無であることは前述の通り。公式に"-20℃"の見解があったにせよ、常用4GHz以上でOCが前提の運用を検討しているのであれば、選択するCPUクーラーの性能、VRM温度まで網羅したエアフローまでをトータルで考慮しなければならないのは昔も今も変わりません。これぞ自作PC、これぞオンリーワン。勿論、再レビュー後の☆は5つです。



◇互換性
未だ発売して間もないCPUですが、すでにベンダー各社それなりのラインナップを発表しています。性能面で圧倒的に同価格帯の競合製品に勝っている事実からも、将来的にはLGA1151と同等まで豊富なラインナップが揃うことは予想に難しくありませんので、先んじて☆を5つと評価しておきます。



◇総評 ※再レビュー
総評として、明らかに性能に対して価格設定が"良い意味"でおかしい製品です。お値段が倍以上する「Core i7 6900K」とほぼ同等の処理性能が約半額で購入可能という衝撃のコストパフォーマンスが最大の魅力と捉えて間違いないでしょう。発売して間もないということもあり、様々な不具合やAPL側の最適化不足が懸念されていますが、それを補って余りある性能と衝撃のコストパフォーマンスを持ち合わせたCPUだと評価して筆を置きたいと思います。



◇おまけ
※OCは自己責任です。
※LINPACKを1時間通せる電圧設定=安定


■CPU : Ryzen 7 1800X
■CPU冷却装置 : 虎徹 SCKTT
■[設定値] 動作クロック / VCore : 4.0GHz / 1.39375V
■[実測値] 動作クロック / VCore : 3.992GHz / 1.416〜1.452V
■Loadline Calibration : Extreme
■AMD Cool&Quiet function : Enabled
■BCLK(計測値) / CPU倍率 / 100MHz(99.8MHz) × 40倍
■コア温度(下限値〜上限値) / 室温 : 74 〜 86度 / 24度
■メモリクロック 2666MHz
■マザーボード : GIGABYTE AORUS GA-AX370-Gaming 5 [Rev.1.0/F3]
■温度計測方法 :HWMonitor
■負荷テスト : OCCT LINPACK 1時間
■SS : 添付参照

余談ですが、私の場合は省電力機能ONが前提。さらにLoadline設定で石や板の特性を把握して、ざーっくりと調整した後にVCoreで細かく微調整という手法で常用設定を探ります。素人の老婆心ですが、限界まで探る方はマザー側のVRM(MOS)温度にご注意下さい。LINPACK中でHWMonitor読みで"110℃"と、若干無視できない高温を確認しています。

最後に、省電力機能ON、Loadline設定、電圧共にデフォルトで3.925GHzまでのOCが可能でした。個体差がありますので保証はできませんが、昇圧OCに躊躇を覚える方でも、手軽にOCを楽しめるのは個人的に好印象です。さらに玄人を唸らせる発熱。CPU、周辺回路とトータルで冷却を構築する作業が実に楽しい。自作PCの醍醐味ここに極まれり。



お帰りなさいAMD。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった9人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CPU > AMD > Ryzen 7 1700 BOX

Hidedreamさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
スピードテスト(モバイル)
0件
1件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性3
満足度5

不具合もまったく無く、とても満足していましたが
この Ryzen というCPUは、ゼロから設計された完全な
新アーキテクチャということで、ちょうど5年ぶりに
Ryzen 7 1700 に合わせてPCを新調しました。

結論から申しますと、前PC以上の満足度に驚いています。

 @無理をせず、3.6GHz OC にて使用していますが、
  とても安定していますし、エンコードしてもCPUファンが
  静かなままです。(CPUファンは前回からの流用品で、
  以前はOCもしていませんでしたが、エンコード中は
  ファンが高回転で回り、うるさかったです。
 Aアイドル中は、CPU使用率が0〜1% 1.33GHz で稼働しているので
  超省エネでとても静かです。OCしていても安心です。
 Bエンコード時間は、OCのおかげもあり約半分くらいで済みます。
  Core i7 3770 も感動するくらい速かったのですが、
  8コアってほんとうに凄いですね。感動から感激に変わりました。

長らくメインストリーム品は、Intelによる4コアがふつうでしたが
アイドル中の超省エネ稼働から動画編集エンコードなどのパワフルな
稼働まで、様々な顧客ニーズに応えられるこの8コアCPUは、
これからのメインストリーム品になるのだろうと心から実感しました。

ふつうにオススメできるCPUだと思います。
ご参考になれば幸いです。

比較製品
インテル > Core i7 3770 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザーレビュートピックス
ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意