自動車すべて ユーザーレビュー

 >  > すべて

ユーザーレビュー > 自動車 > すべて

自動車 のユーザーレビュー

(55457件)
RSS

レビュー表示
表示切替
すべて表示
動画付き
プロフェショナルレビュー
タイヤ > MICHELIN > Pilot Sport 4 225/45ZR18 (95Y) XL

でぃぐんさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
33件
タブレットPC
1件
10件
ゲーム周辺機器
0件
5件
もっと見る
走行性能4
乗り心地3
グリップ性能4
静粛性3
満足度4

中古でミシュランのスタッドレスを買ったらドライ性能と耐久性が結構良くて(スノー性能は及第点w)ECOSも残り3分でひび割れ発生で寿命が来たのでミシュランのタイヤが気になり買ってみた次第です。

【走行性能】
高速カーブで+10kmでも怖くはなくなった。
ブレーキも前より手前で止まってる気がする。
まぁ新品のタイヤなんでプラシーボありかも知れないけどw


【乗り心地】
特に何か変わった感じはないですね。

【グリップ性能】
アンダーステアって言うほどでは無かった車だけどECOSよりはハンドルのキレ角は少なくなった気がする。

ちなみに停止状態からのハイパワー加速比べ(280psのアテーサ4WDトラコン無し)
17インチスタッドレスで雪ーー車体が斜めになり前後空転しながら加速
17インチスタッドレスで雨ーー後輪空転後チョイよれて一気に加速
18インチECOSで雨ーー後輪少し空転で加速
18インチPS4で雨ーーフルパワー加速で空転もよれもなし
グリップは悪くないと思う。。


【静粛性】
ECOSより少し静かだが、けっして静粛に優れてるタイヤではない。
ロードノイズは普通にする。

【総評】
まだたいして走ってないので性能を引き出してない気もしますが、そこそこパワーある車でも十分使えるタイヤだと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

車載カメラ > データシステム > MVC811 [ブラック]

猫にゃんボーさん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
デザイン4
操作性4
画質5
設定5
拡張性4
視野角5
満足度5

フロントカメラとして、主にサイドビューにて使用。
左右拡大画像ですが違和感は少なく、画質も良好。
コントロールスイッチは小さくて何処でも貼り付けやすく、淡く緑色に光っていて暗い状態でも操作しやすくて良い。(後発品だけあってよく考えられてます)
鏡像正像切り替えはコントロールスイッチ長押し約10秒です。
自分はスバル車のMFDに表示してるため、時速15km以下(徐行時)にてのみ表示される。

車タイプ
SUV

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カースピーカー > アルパイン > X-170S

てらぼん太郎さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カースピーカー
0件
3件
ノートパソコン
1件
0件
薄型テレビ
1件
0件
もっと見る
デザイン5
音質4
設置しやすさ5
音のバランス4
満足度5

【デザイン】
カッコいい。
スピーカー隠れるの勿体無いです。

【音質】
純正スピーカーとは情報量が圧倒的に違います。
ウーファー部は外部アンプの最大ゲインにも耐えてます。

【設置しやすさ】
可もなく不可もなく。
一般的な知識があれば設置できます。

【音のバランス】
ちょっと高音高めかもです。
そこは調整で。

【総評】
DEH-970のバイアンプ接続で利用してます。
ツイーターのネットワークは最初つけてましたが、今は外してます。

このスピーカーは、外部アンプあってこそ活きるんだなと実感しました。

ウーファーからの分岐では宝の持ち腐れです。

車タイプ
コンパクト

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > デミオ 2014年モデル > XD Touring L Package (MT)

ofmineさん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

【エクステリア】購入のきっかけはコレ!後ろからの見た目と前からの見た目のギャップが有り過ぎるのがまた魅力。まぁ嫌いな人も多いみたいですが。

【インテリア】これもいいですね。シンプルな造りだけど運転席はコクピット感満載。ハンドルもドテっとしてなくシャープでスタイリッシュ。あと、USBが付けれるのが高評価。

【エンジン性能】車は全然詳しく無いので細かいことは分かりませんが力強いですね。他のコンパクトカーは知りませんが峠の登り下り街乗り込みで考えると一番力強いのでは?と思います。1000回転ちょいでグイグイ坂道を登るのは感動です。

【走行性能】よく出足がもっさりしてると聞きますが私のはMTなので適正ギアに入れてると全くそのようなことはありません。見切り発進どんとコイ!ってな感じです。さらにMAZDAの目玉商品?て程ではないと思いますがGVC機能は凄いですね、きつめのコーナーリングでも全く横G感じません。ハンドルもやや軽めなので前車の感覚でハンドル切ると切りすぎちゃいます。ついでにいえばブレーキはもう少し効きが良い方がよかったかも。

【乗り心地】いいですね。今までの車がぎゅ〜〜っていう感じ曲がったけどデミオはスッスッと曲がるからそこに違和感をおぼえるだけであとは非常に快適です。ハンドルの位置調整が出来るのでとても楽な姿勢で運転が出来るしシートも形状のせいなのか大変疲れにくいです。

【燃費】今のところは通勤買い物だけの街乗り燃費ですが大体25qくらいです。つい先日DPF再生があって、約4q下がって現在リッター21qという感じです。欲を言えばDPF再生込みで25以上欲しい気分かな。まぁ21でも十分満足ですが。

【価格】純粋に金額だけだと高く感じます。私のデミオはXDツーリングLパケでしたので乗り出し価格が250万近くで、ややお高めでした。しかし、いざ乗ると色々な機能や運転のしやすさ、力強さなどを体感すると適正価格だと思うようになります。

【総評】コンパクトカーというクラスでここまで作り込んだMAZDAには感心しました。一つ一つを見れば上位クラスの車には及ばないものの、Bセグメントカーでは間違いなくトップ!は言い過ぎかな、荷室の狭さがやや難点だし けど個人的にはトップです。そんなMAZDAに星五つです。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
青森県

新車価格
204万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

デミオの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 日産 > ノート e-POWER 2016年モデル > MEDALIST

gifu_2785さん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
満足度5



(購入して乗っている車)
・NOTE e-power MEDALIST
・2017年5月納車。
・これまで、2代目プリウス(NHW20型,2004年式)→ 3代目プリウス(ZVW30型,2010年式)と乗り継いできて、今回、初めてe-power車に乗り換えました。

(この車を購入した動機)
・3代目プリウスは7年間で12万キロ乗りましたが、大きなトラブルもなく、良い車でした。

・今回の乗り換えに当たり、普通のハイブリッド車は13年間も乗って飽きたこと。そして、何よりも、地元トヨタ系販社の殿様商売的な対応に少し頭に来ていたこともあり、今回は新しく出た、日産の e-power 車を選びました。

(乗り味)
・現行アクアや現行フィットハイブリッド、私が乗っていた3代目プリウスをよく研究し、それらを、少しずつ上回るように作られています。

・この車に出会うまで、モータだけで走る車(電気自動車)が実用になるなんて、全く思っていませんでしたが、この車に乗って、考えが変わりました。

・e-power車は、とにかく走りが素晴らしい、運転が楽しい。どうのこうのと、いろんな議論をしている人がいますが、これは、疑いのない事実だと思います。

・特に、強力なモーター(電気自動車)の走りが強調されるSモードで、カーブが多い道を走ったときなど、ワンペダル(アクセルペダルだけで)速度を自在に、コントロールできるので、面白いようにコーナリングしていくことができます。(これならば、スポーツカーはいらないかも。)

・これは、極低回転から最大トルクを出す強力なモーター、CVTなどが入っていないモータ直結のダイレクト感。さらには、減速時の強力な回生(減速のエネルギーを最大限電気に変え、多量の発電により強力な減速作用を発生させる)によります。

・また、この車には似合いませんが、本気になれば、背中が押し付けられるような、加速感を味わうことができます。感覚的には、時速0km〜時速80kmまでの加速感は、私が乗っていた3代目プリウスの倍以上といった感じでしょうか。

・走行中、前方の信号が赤になったとき、アクセルペダルを少しづつ戻していくだけで、ブレーキペダルを踏むことなく、慣れると、停止線上にピタリと、止めることもできます。感覚としては、電車(新幹線)の運転のような感覚で、面白いです。さらには、十分なパワーと、アクセルペダルだけで車の動きが制御できるワンペダル走行ができるため、運転が疲れません。これらも、疑いのない事実です。

・ブレーキペダルを踏んでなくても、減速中は、車両後部のブレーキランプが、ちゃんと自動的に点灯します。
 
・初めてプリウスを買ったときと同じくらいの感動が、この車にはあります。

・熟成された普通のハイブリッド車には、ハイブリッドならではの良い点がありますが、この車は、普通のハイブリッド車にはない運転感覚を楽しめる利点があります。

・極低回転から最大トルクを発揮するモーターによる走行(つまり中低速重視のセッティング)とのことで、高速道路での走行性能を心配しましたが、時速100km程度までなら、全く問題ありません。

・燃費は、私が乗っていた旧型(3代目)プリウスと同じくらいで、燃費計の写真が入った下の方の人の書き込みと同様に、往復50km程度の市街地と郊外混在の通勤にて、Sモードで、27km/L程度、燃費重視のECOモードなら、30km/L程度と、とりあえず、十分すぎる値です。

・高速道路でも、時速80km〜時速100kmでのECOモードでの巡航ならば、30km/L超えが実現できます。

・ただし、時速100kmを超えると、急速に燃費が悪化し、時速120km程度になると、23km/L程度になってしまいます。

・つまり、この車は、速度無制限のアウトバーンを走るような用途には不向きですが、市街地や郊外が主で、時々、法定速度が時速100kmまでの高速道路を走る日本のほとんどのユーザーには最適であると思います。

・燃費だけならば、アクアや現行(4代目)プリウスの方が優れているのかもしれませんが、私は、この車に試乗して、その走りの良さと、電気自動車ライクなフィーリングに感激し、これはすごいと感じ、購入を決断しました。

・開発時にテストを相当やったようで、不具合やトラブルは、今のところ、皆無です。

・販社(ディーラー)の対応も、これまで付き合いのあった(3代目プリウスを買った)地元のカローラ店より、ずっと親切です。

・プリウスの熟成された複雑な制御には、いつも感動していましたが、e-powerは、エンジンは発電、走行はモーター(EV)と割り切ったシンプルな構成です。それで、ここまで凄いものができるとは。今後の展開が楽しみなシステムです。

・普通のハイブリッドと、このe-powerを比較して、優劣を論じている人がいますが、そもそもシステムの構成が違うわけですし、目指すものものが違うわけですので、比較は無意味だと思います。

・走りはモッサリでもいいので、とにかく燃費を重視する人は、アクアを買えばいいと思いますし、燃費はソコソコでいいので、時には走りも楽しみたい人は、e-power車を買えばいいと思います。

・この車のオーナー(実際に購入して乗っている人)は、ほぼ5の最良の評価をしている人が、ほとんどです。誰もがこのような気持ちをもって評価しているのだと思います。

・以下の記事に書かれている内容が、実際のオーナにも、評価されているということでしょうか。
http://toyokeizai.net/articles/-/162411

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
岐阜県

新車価格
224万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > アウディ > Q2(Audi) 2017年モデル > 1.0 TFSI Sport

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:232件
  • 累計支持数:3423人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
63件
1件
デジタルカメラ
43件
21件
自動車(本体)
59件
3件
もっと見る
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格1
満足度2

【エクステリア】
全長4.2mのボディにアウディとしては珍しく、実用性能を確保するため、ヒトとモノにそれなりに充分な空間をマジメに確保した為、ズングリとしたスクエアなデザインは斬新なサイドのラインはなかなかですが、全体的にはデザインは好みはあるものの、かなり微妙な感じのデザインです。

フランスやイタリアなどのラテン系のクルマのように、実用性を徹底追求した上で、お洒落なエクステリアに仕上げるといったデザイン力はアウディには少し難しいようですね。

もっと型破りなエクステリアがほしいところですが、これまでになく実用性能をクラス並にきちんと確保した点がアウディとしては型破りなのかもしれません。

【インテリア】
フロントシートに175cm程度の男性が座り、後席に同じ男性が座った場合は足元と頭上共に、ほとんどゆとりはありませんが、長時間でもなんとか耐えられそうです。後席はSUV的な開放感はなく、座面の位置が低くて、前席のヘッドレストが目障りで普通のセダンに近い閉所感があります。

トランクルームは意外に広く、サブトランクも込みで幅100奥行き80高さ60ほど最上部の奥行きは30センチ程度となりますが、途中まではほぼ垂直に立ち上がる為、トノボード下の実測容量は360L程度と意外にもQ3より広い空間があり、実用的な感じです。
カタログ表記された405Lはトノボード上も含む容量です。

インテリアは良く言えばシンプルでクリーンなデザインで、アルミ部品を使っているのは高級感がありますが、1.4Lの限定車ではこのアルミ部分が微妙な質感のパーツとなり、逆に全体的に安っぽい感じです。

あと、スポーツというグレード名なのにパドルシフトも未装備なのは気になりますね。

このインテリアもオーソドックスで、型破り感はありません。


【エンジン性能】
1.0のターボは全体的にトルクはスペック以下な感じでダウンサイジングターボの場合、一般的には回転を上げなくともスムーズに速度がのりますが、このQ2では回転を上げてパワーを得る感じがあります。

たとえば、通常の加速で他の1.2〜1.6Lあたりのダウンサイジングターボが1500〜2500回転で加速するのと同じ加速感を得るのに、このQ2の1.0モデルはは2000〜3000回転くらいをつかって加速します。この500回転の差が実燃費に影響します。

1、2速でフル加速を試すと、ドラマはなくて淡々と加速し、5000回転を超えるとかなりのエンジンノイズが室内に入ってきます。
その割にはそれほどの速度は出ていません。
しかも音質はかなり安っぽくて、もう少しエンジンの遮音性を上げた方が、高級感が出ると感じます。400万超クラスのクルマとしてはQ3も同じですが、結構高回転で煩いクルマです。

これでは、いざパワーが欲しい時には、同クラスのminiクロスオーバーDやベンツGLA、レクサスNXなどのように余裕もなければ早さもなく誰でも感じる明確な動力性能の差を感じます。

これでは格下モデルのルノーキャプチャーやプジョ-2008あたりにも体感的な動力性能では劣るのではと感じるレベルです。

このクルマを手にしようとする方は、これらのクルマとパワー感の差は比べて体感してみることをおススメします。

【走行性能】
走行性能は直線中心の試乗のため、コーナリング性能は十分確認出来ませんでしたが、並以上の性能はありそうです。

ロードノイズは目立ちますが、エンジンの静粛性は高回転まで回さなければ、まずまずでした。

【乗り心地】
ボディ剛性は高く、タイヤサイズも適切なためか、しなやかでバタつきもなく、良好な乗り心地ですが、価格なりのレベルです。

【燃費】
六キロほどの試乗で燃費計の表示は7.5km/lと二度踏み込んだとはいえ、カタログ値19.8km/lと比べると非常に悪い数値で、実用燃費性能が気になる方は十分確認した方が良さそうです。

ここまで悪い数値だと、国産車のようにカタログ値は簡単に越える燃費は出せない可能性も高いので、燃費を期待して購入を検討される方は、十分に実燃費をチェックしたほうが良いでしょう。

いずれにせよ、おなじ価格帯でディーゼルの選べるライバルのminiクロスオーバーDあたりと比べると燃費は全く期待出来そうもありません。

【価格】
またまたアウディのお約束、299万のモデルは当たり前に必要な装備が、無い無いづくしの軽自動車かコンパクトカーのスタンダードグレードのようなクルマで、しかも299万の車はそもそも日本には在庫がまず無いアウディ一流の見せかけグレードです。

こういう見せかけだけの低価格政策がこのメーカーのコストパフォーマンスに対する自信のなさを表しています。
例えばベンツやBMWと実際にコストパフォーマンスを比較すれば、何故なのかは明らかになるでしょう。

【総評】
またも繰り返される299万からという姑息な価格設定。

排ガス不正で平然と顧客を騙して社会問題となった会社のクルマでブランドイメージが失墜していることも気になります。

ドイツ車ならベンツやBMWがいろいろな面で安心なのに、なぜQ2を選ぶのか?どうしてQ2でなければならないのか?

その辺りが明確でないならば、他の選択肢もよく検討して見た方が良いでしょう。
これだけ予算があれば良いクルマは沢山ありますよ。

そして、この車の何処が片破りなのか??的外れ感の強い広告も残念ですね。
せめて299万〜などと、今回こそ姑息な価格設定の型破りくらいはしてほしいものでしたね。

もちろん個人的にはオススメは到底できません。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった49人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > スズキ > ソリオ ハイブリッド 2016年モデル > HYBRID SZ

原jinさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:147人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
4件
カーナビ
3件
1件
プリンタ
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

【エクステリア】
バンディットを多く見るので世間的にはそちらの方がいいのかな?とおもいますが、私はソリオのほうが好みです。シンプルで飽きのこないデザインですね。
ただ、ボディカラーが無難な色やソリッドの青や赤しかなく、ハスラーみたいなカラフルな色が欲しい所です。

ぱっと見普通にミニバンに見えますが、ノアとかアルファードの横に並んで見ると、ちっさ!と思います。

【インテリア】
三列目をぶった切ったミニバンみたいで、とても広くて機能的です。質感は値段なりですが。
リアドアのサンシェードや電動スライドドア、座席後ろに取り付けられたテーブルなど、今時のミニバンの装備がバッチリ網羅されていて快適です。
全長3710mmとかなり小さいですが、後部座席の可動域は広くて、一番前まで座席を移動すれば600mmほど荷室も確保できますし、その状態でも後部座席はスイスポの後部座席よりゆったりです。


【エンジン性能】
エンジン自体はそんなにパワーは無いように見えます。特に走り出しや坂道発進はAGSの特製やモーターの非力さもあってもたつきます。そして1速でやたらと引っ張るので大きなエンジン音がします。
シフトが変わる時のトルク抜けが発生する時はモーターが頑張ってアシストしてくれますが、上り坂や急加速している時はパワーが足りずもたつきます。

それ以外ではスムーズに加速してくれますしエンジン音も非常に静かです。


【走行性能】
これだけの高さがありながら安定して曲がってくれます。車体の軽さもあってかコンパクトカーみたいな乗り味です。


【乗り心地】
今まで乗っていたのが2代前のスイスポで、かなりの距離を走っていた為か、とても上質な乗り心地に感じました。あまり参考になりませんね。


【燃費】
現在250キロ走ってますが、平均燃費は26位です。
信号の少ない所を走ってますので他の方よりは良いですが、もう少し伸びてほしいですね。
今まで乗ってきた車は全部カタログ燃費以上は走れたので。


【価格】
これだけの装備がついて200万円ちょいならかなり安いと思います。


【総評】
今回スイスポからの乗換えでルーミーも試乗してみました。
室内の広さや機能性ではルーミー、発進時のスムーズさではルーミーのターボかソリオのマイルドHVでしたが、やはり圧倒的な燃費とEV走行可能なフルHV、何よりメーターの格好良さでソリオSZを選択しました。

結果、この選択は正しかったと思います。
ミニバンほど大きな車は必要ないけどコンパクトカーでは小さすぎる、という方にはちょうど良いと思います。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
岐阜県

新車価格
206万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

ソリオ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 日産 > デイズ 2013年モデル

こくうたさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:211人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
22件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格無評価
満足度3

【エクステリア】

軽自動車のなかでは日産が一番女性向き。

【インテリア】

及第点。タッチパネルのエアコンは見なければ操作しづらいのが難点。慣れればブラインドでも使える。
【エンジン性能】

残念のひとこと。まだ距離を乗ってないからかもしれませんが、低速域で一度、減速後、再加速したいときにエンジンが唸るだけで、加速がかなり遅い。

12年前のムーヴや、マイチェン前のエヌワゴンも普段運転するが、おそらく最下位。どれもターボなしの車。

【走行性能】

語るほどの車でないが、加速場面以外では不満なし。
スペックや車の能力を理解して走れば安全に走れる。

【乗り心地】

これは12年前のムーヴよりはいいが、頻繁に唸るエンジン音で少し萎える。

【燃費】
無評価
【価格】
無評価
【総評】

マイチェン後の車でしたが、車はやはり所有しないとなんとも言えなそう。

所持してる車も1万キロと3万キロでは乗り心地や、こなれ感も違います。

ターボなしでは、右左折後の再加速でも不満を感じる可能性があるのだけは覚悟してください。

速度域の高いバイパスの合流がある使い方なら、安全な合流を考えてターボつけましょう。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
頻度
月数回以下
重視項目
快適性
レビュー対象車
試乗

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > 日産 > ノート e-POWER 2016年モデル > X

つぼろじんさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
2483件
趣味総合
0件
1073件
ニュース総合
0件
453件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格3
満足度4

2016/12納車され 今日2017/6/25現在 走行距離12000kmを超えました  以下 ラクティスと比べての感想です

1 ハンドルがトヨタ車より軽いので もう1台のラクティスより ハンドルさばきが楽です

2 アクセルを離せば 回生で充電されるから ブレーキが掛かったような感覚に慣れてしまい ラクティスと比較しても
  運転がかなり楽です 発進もラクティスは かったるいし

  ホント ワンペダルの運転に慣れてしまいます  自分は昔からタイヤショベルに乗っていたりしたので それと同じ
  感覚で運転できるので 当初から 気に入っています   楽〜

3 6/1から6/25までの平均燃費が 表示では26km/lなので 実燃費は24km/lほどでしょう
  ラクティスは13.5km/lの表示ですから 実燃費は 12.4km/lくらいでしょうから 十分満足です

4 前回も書いていますが やはり EVモードが欲しいですな   そのうち追加されるか モデルチェンジの時には
  装備されるでしょう

5 今のところ 次に買う車も ノートを1候補にしています  アクアより室内が広いですし  運転楽です


  ではまた・・・・


乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年12月
購入地域
鹿児島県

新車価格
195万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった56人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > デミオ 2014年モデル > 13S

pomachikaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:83人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費無評価
価格4
満足度5

愛車プレマシーの車検時に、代車として借りました。
街乗りしかしていないが、ヒュンヒュンよく走り、とても楽しい。ミニバンの中で最も走りがいいはずのプレマシーがもっさり感じるほどです。
【エクステリア】
乗っていて恥ずかしくなるようなかわいらしいデザインでなく、かといって男臭すぎず。しかもなかなかの高質感。グッと構えた面構え。なかなか好みです。
【インテリア】
もちろん高級ではないけれど、ひと昔前のコンパクトカーに比べれば雲泥の差でしょう。買って嬉しくなるくらいの質感は充分に備えています。
フロントドアはがっしり造られていて、閉めた時の音質もボンッ、と質感の高さを感じます。対するリアドアはそれに比べるとパンッ、と…この車格からすると仕方ないのでしょうか。
室内は狭い、暗い…荷物も積めない。リアシートを倒しても大きな段差があるので、積みにくい。完全にセカンドカーか2人乗りとして使う車。セカンドカーにしても、子育て中の女性にも使いにくい。
【エンジン性能】
今回乗ったのは1300ガソリンエンジン。決して速いわけではないけれど、ヒュンヒュンよく走る!低速から充分なトルクがあり、車体を軽快に引っ張ります。音質もいい。ひと昔前のコンパクトカーの、振動が車体全体に響き渡るような、がさつでパワーもない安エンジンとは違います。
街中のみの運転だったので、高回転域や高速での追い越し、上り勾配での性能はよくは分かりませんが、街中のストップ&ゴーがとても楽しくなります。
これはディーゼルに対して全く引けをとらないでしょう。むしろ、コスパや前後重量バランス、騒音やDPF再生といった気を使う部分を考慮すると、ガソリン車を積極的に選ぶ価値があります。
【走行性能】
走り出した瞬間、これはいい!と思いました。走りの質感がものすごく高い。コンパクトカーに乗ってる気にさせません。ずっと大きい車を運転してるようなどっしり感があり、かつ滑らかなハンドルの回転。ピタっと路面に吸い付くような直進安定性、レスポンスよく向きを変えるノーズ。かといって過敏過ぎない、滑らかな動き。
それから、トランスミッションが秀逸です。プレマシーでも感じたのですが、それ以上!車体が軽いのでダイレクト感がずっと上。マニュアルモードでは短いフロアシフトに左手を添え、手首の操作でスコスコ変速でき、元MT乗りにとっても、とても楽しい。レスポンスもとてもいい。プレマシー、その後乗ったCX-3だと、車速・エンジン回転が上がってからでないと変速できない部分がずっと大きいのです。
【乗り心地】
良くないです。終始ゴツゴツした感じは、CX-3(前期型)と同じ。自分で運転してる分にはいいけれど、助手席には座りたくない感じ。ですが、それでもコンパクトカーレベルは越えています。どしっとした感じは、もっと大きな車なのではないかと感じさせます。
【燃費】
燃費計では12キロ弱。プレマシーと大差ない。まあ、街中低速専用の試乗車だから仕方ない。
【価格】
広さ=価格とすると、コスパは良くないです。走り・性能=価格とすると、コスパはとてもいいと言えるでしょう。
価格表を見ましたが、ディーゼルはコスパ悪いかなと思いました。最上級グレードでオプションをつけると、下手をすると300万超も??
【総評】
コンパクトカーの中で、初めて運転が楽しいと感じました。ズバリ欲しい。事情が許せば、プレマシーを妻に譲り、僕がデミオを乗り回す。または子どもが巣立ったら、乗り換える。
が、自転車やスキーなど、アウトドアスポーツを愛する自分としては、ルーフキャリア等を活用するしかないな…車中泊も無理。とすると、プレマシーのバランスとコスパは秀逸というところに落ち着きます。

レビュー対象車
試乗

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > マツダ > CX-3 2015年モデル > XD Noble Brown

pomachikaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:83人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
エクステリア2
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格1
満足度4

愛車プレマシーの車検の代車として、後期型を試乗することができました。
【エクステリア】
かっこいいのですが、ノーズが長くリアが短いパッケージングは、スタイル優先です。そんな割り切ったところがこの車の良さなのでしょうが、実用性を求める僕としては、イマイチと思ってしまいます。
【インテリア】
そんな印象は乗ってみてもその通り、狭く実用性は低い。カップホルダーも使いにくければ、サイフやスマホを置く場所にも迷います。
ブラウンレザーの革張りの内装は、以前乗ったホワイトレザーに比べるとずっとシックで好感が持てます。でもこのかっこよさは、服装を選びますね。おしゃれに乗りたい人向けですね。僕みたいに、アロハシャツに短パンなんてダメです(笑)
【エンジン性能】
前期型に乗った時はターボラグが大きいドッカンターボだな、と思ったのですが、気のせいかマイルドな出力特性になったようです。音も静かになったし、振動もガソリンエンジンと同等レベル。とてもパワフルで、吹け上がりもいい。
とはいえ、やはりガソリンエンジンの方が静かなのは確かで、吹け上がりの気持ち良さもずっと上。このディーゼルは低回転・大トルクで走らせるクルージング向けのエンジンかな。高回転も使いながら積極的に走らせたい場合は、ガソリンエンジンを選びたい。
音質はガラガラした感じ。ブリッピング時のガララン、という音は、高速バスに乗ってるとこんな音がするな、という感じ(笑)でもメカメカしいディーゼル音は嫌いではありません。
【走行性能】
Gベクタリングコントロールなるものが装備されているらしい。僕は素人なので気のせいかもしれませんが…
コーナーでハンドルの切り始めのヌルッとした感触。挙動が穏やかになるようにするハンドル操作の気遣いを車側でやってくれる感じ。なので、プレマシーの感覚で運転してると肩透かしを食らう感じです。コーナーが終わり直線に入った時の車体の揺り戻しも少なく、同乗者には快適でしょう。一般向けにはいいですが、運転が本当に好きな人には物足りなさを感じる可能性があるのかな。まあ、素人の自分としては歓迎です。
マニュアルモードをよく使いますが、街乗りでもスコスコシフトチェンジできて、いちばん楽しいのはデミオ。クルージング向けなのか街乗りではなかなかシフトアップできず、楽しくないのはCX-3、その中間がプレマシーといったところ。
【乗り心地】
前期型に比べずいぶん良くなった気がします。前期型はデミオと同等レベルでしたが、現行型は明らかに上回っています。硬めではあるものの、プレマシーより静かなロードノイズと相まって、とても快適です。シートも大きくなった??前期型で感じた腰・肩周りの窮屈さはありません。
【価格】
プレマシー乗りにはコスパは低いかな…
【総評】
前期型に比べ、マイルドな性格になったと思います。前期型のバラバラの方向を向いていた各部の特徴が揃いつつあり、熟成を感じました。刺激的な前期型、大人の後期型。
シンプルな車好きとしては、装備が過剰かな。フロア部のスイッチ、ハンドルにベタベタついたスイッチ、Gベクタリングコントロールもそうだし、車間センサー…10年後10万キロ走行後、これらの電子デバイスは果たしてしっかり働いてくれているのだろうか…もし壊れたら車全体のバランスはどうなるのか。以前日本の中古車がたくさん走っているニュージーランドを旅した時、元気に走っていたのはパワーウィンドウもないシンプルな車。重装備の車はそれより新しくてもガタガタでした。

レビュー対象車
試乗

参考になった35人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タイヤ > ダンロップ > LE MANS V 185/60R15 84H

テクテクタクさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
13件
ビデオカメラ
0件
2件
薄型テレビ
0件
2件
もっと見る
走行性能3
乗り心地3
グリップ性能3
静粛性3
満足度3

6Rポロに185・60R15インチのルマンVに変えました
評判通りの性能かと期待していましたが、
正直、タイヤ屋さんの帰り道がっかりしながら
帰ってしまいました。

走行性能。
エナジーセイバー+では感じなかった、
出足の重さや、エンジンの回転数が上がりすぎる
傾向が出てきて正直、ピリッとしない。

乗り心地
全体的に固め、エナジーセイバーよりも
ゴツゴツ感が出て、乗り心地は明らかに
落ちた気がします。
空気圧が落ちてきたら若干まろやかになるかな

グリップ性能
わずか15キロほどしかまだ乗っていませんが
悪くはないです。
ウェットの路面は試せていませんが
良くも悪くも値段なりだと思います。

静粛性
正直、静かかと聞かれた
普通かなと思います。
シノビテクノロジー?
残念ながら期待ほどではないと思われます。

満足度
工賃込で48000円と安価に引かれましたが、
正直あと8000円近く出して
レグノにしておけばと後悔しきりです。
次は履き替えないですね

車タイプ
コンパクト

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > ホンダ > オデッセイ 2008年モデル > MX エアロパッケージ

@善良な消費者さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CDプレーヤー
1件
0件
洗濯機
1件
0件
電子レンジ・オーブンレンジ
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格無評価
満足度4
   

茶系色です!

   

【エクステリア】
・ミニバンながらワイド&ローなデザインです。カーブでの横揺れが抑えられ、高速走行では空力的なメリットが感じられます。他方、前面に石はねを受け易い、乗り降りがミニバンの割に窮屈な点はデメリットです。
【インテリア】
・ステアリングは革巻きで質感高いです(○)間欠ワイパーのスイッチは悲しくなる品質(×)
・フロントシートはホールド感があり長時間の走行でも疲れ難い(◎)2列目シートは座面が大きく(○)他方、ヘッドレストの形状が頭に沿ってないのでフィットしない(×)3列目シートは使用に耐える居住性を有し(○)、荷物スペースもたっぷり確保できる(○)
・メーター回りはホンダ車らしいデザインで照明色は青色。ヘッドライトは照明範囲が横に広く明るい(◎)フォグはやや暗く感じる(△)
【エンジン性能】
・信号待ち時のアイドリング音は静か(◎)他方、エアコン使用時のベルト駆動音が騒がしい(×)
・エコモードオフで動力性能は豹変(◎)ロングストロークエンジンでも中回転域までストレスなし。流石はホンダ(○)
【走行性能】
・フロントサスは初動が柔らかく、徐々に粘りが出てくる味付けです。リア側は柔らかい印象です。4輪ダブルウィッシュボーンを誇ります(◎)
・ハンドリングはきれ角が増すに連れて旋回性が高まる味付けでワインディングに振った印象(ミニバンに求める要素か否か判断が分かれるところ)。ミニバンが苦手な後退時にも意外に小回りが効く(○)
・中立付近のハンドリングがにぶく、高速道路での直進安定性に不満を感じましたが、「横滑り防止装置オフ」で違和感や不満は解消しました。ハンドルの戻りが鋭くなり、中立付近のレスポンスも改善し良いことずくしです(◎)
・CVTは街乗りでのアクセルオフ時の減速感がやや強く感じますが動作に違和感はありません。峠の上り坂や高速道路の追い越し時を除いて「エコモード」で充分な出力が得られます(○)Sモードを選択すると出足が鋭くなり、きびきび走ります(◎)
【乗り心地】
・セダン同様の乗車姿勢で長距離の移動も苦になりません(○)
・扁平タイヤを履きますが乗り心地に固さは感じられません(○)
・高速走行時のノイズが大きく(床やリアハッチから伝わる)、路面の状況次第ではラジオやCDが聞き取り難くなります。最大のマイナス評価項目です(××)
【燃費】
・平均して13キロ/gです。走りの良さを考慮すれば納得できます(○)
【総評】
・(日頃は4人乗りですが)季節に一回程度は6人乗り、荷物満載で旅行にでます。人荷満載で六甲の山を越えましたが快適でした(◎)ただし、「エコモード」ではゴム臭がでた
・高速道路での音対策が採られていれば「五つ星」評価でした。惜しい!
・前車プレサージュがお気に入りで後継車選びに3年以上を要しました。プレのオーナーは参考にしてください!

乗車人数
6〜7人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
中古車

参考になった3人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > スバル > レヴォーグ 2014年モデル > 2.0STI Sport EyeSight

レオル821さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

【エクステリア】
パフォーマンスパッケージ装着で大満足
【インテリア】
小物入れ少ないのはちょっと困ります。インパネ周りはシンプルで使いやすい。
【エンジン性能】
不満があるわけないです!
【走行性能】
高速走行に安定感があってそして静か。S#モードは恐ろしい程の加速を体験できます。←これが一番の決め手!
【乗り心地】
ダンプマチックサスがあるおかげでゴツゴツしてない。
【燃費】
常識の範囲内で走行する分にはリッター15も超えます。2000回転を超えないように走れば余裕でメーカー値超えます。
【価格】
総額450万くらいですかね

【総評】
ファミリーカーにもスポーツカーとしても使えて大満足!レギュラーの1.6かハイオクの2.0か維持費で悩むなら2.0がいいと思います。以外と低燃費!

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
新潟県

新車価格
394万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
40万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

自動車(本体) > トヨタ > エスクァイア 2014年モデル

まー(っ ´-` c)マーさん

  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能4
走行性能無評価
乗り心地5
燃費3
価格3
満足度4

アクアからMC後のハイブリッドGIに変える予定です。

【エクステリア】
正直、フロントグリルが気に入りませんでしたが、ライトの部分がキリッとなってたのでまだマシかなあと思いました。
中にコンソールが付くので、その点も良かったです。

【インテリア】
まだ実車が発表前なので中身はみれませんが、今のBLACKテイラードのような黒基調でシートは合皮でした。

【エンジン性能】
エンジン等は変わってないとのことで、BLACKテイラードを乗った感じ、横に乗ってる分はアクアと変わらないくらい静かでした。(街乗り)


【走行性能】
運転はしてないので省略。

【乗り心地】
箱型ミニバンは車は初めてでしたが、アクアと変わらず。

【燃費】
カタログで23だったので−10で、街乗りは13くらいだと思ってます。

【価格】
ノアとヴォクシーと比べると高いけど、20代後半で子供もまだいないので、ヴォクシーの20代前半が乗るようなヤンチャ系でも30代の子育て世代が乗ってそうなノアでもないなーと思ってたので、シックで高級感があるこれにしましたが、ちょっと高いかなーと。
ノアヴォクと違う高級思考なら、ハリアーについてる自動で前車についていく機能かセーフPが付いてくれてたらいいなあって思いました。
ずっとトヨタでしたが日産やホンダはオプションが、アクアみたいな車でもいい機能あるなとディーラーに行って思いました。

【総評】
ヴォクシーやノアと変わらないってよく聞きますが、ノアヴォク見てないので比較すればよかったなーと思いました。
外から中を見るとアルファード級を想像してたので、しょぼい感じがしましたが、実際に後ろに座ってみると、脚も伸ばせて快適です。
遠出してもしっかり休めて疲れなさそう。
交代で運転するので、アクアよりもハンドルが軽いって言われたから風があるところは気をつけなきゃいけなそう(´・ω・`)

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ページの先頭へ

動画付きユーザーレビュー
電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザーレビュートピックス
プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車)

ご注意