『Nikon 新時代の幕開け』 ニコン Z 6 ボディ nuova500さんのレビュー・評価

Z 6 ボディ

  • 大口径の新マウントを採用したフルサイズミラーレスカメラのオールラウンドモデル。像面位相差AF画素搭載の「裏面照射型CMOSセンサー」を備える。
  • 有効画素数2450万画素、ISO 100〜51200の広い常用感度域を実現。273点のフォーカスポイントが撮像範囲の約90%をカバーする「ハイブリッドAFシステム」搭載。
  • 画像処理エンジン「EXPEED 6」が解像感の高い画作りを、「電子ビューファインダー」がクリアーで自然な見えを提供する。フルフレーム4K UHD動画撮影も可能。
Z 6 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥212,685 (前週比:-2,315円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年11月23日

店頭参考価格帯:¥212,696 〜 ¥272,700 (全国711店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2528万画素(総画素)/2450万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 連写撮影/秒:5.5コマ 重量:585g Z 6 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

Z 6 ボディニコン

最安価格(税込):¥212,685 (前週比:-2,315円↓) 発売日:2018年11月23日

  • Z 6 ボディの価格比較
  • Z 6 ボディの中古価格比較
  • Z 6 ボディの買取価格
  • Z 6 ボディの店頭購入
  • Z 6 ボディのスペック・仕様
  • Z 6 ボディの純正オプション
  • Z 6 ボディのレビュー
  • Z 6 ボディのクチコミ
  • Z 6 ボディの画像・動画
  • Z 6 ボディのピックアップリスト
  • Z 6 ボディのオークション

『Nikon 新時代の幕開け』 nuova500さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:259人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
39件
ビデオカメラ
1件
6件
レンズ
6件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
Nikon 新時代の幕開け
当機種濡れた路面の質感が素晴らしい
当機種
当機種

濡れた路面の質感が素晴らしい

当機種ブレてるようにも見えますが。
   

ブレてるようにも見えますが。

   

これまでNikonのカメラは、
コンデジ時代から、E5000、P5100と使用し、
D90で一眼レフデビューしました。
その後、Nikon1 V1、J4、CoolpixA、D3400と続き、
今回、一気に高価格帯のフルサイズカメラの購入となりました。

できるだけコンパクトなカメラが好きなため、
フルサイズデビューは、ミラーレスかDfと考えていましたが、
レビューに上がるZレンズの圧倒的な描写力に惹かれて、
ここでZマウントを試したくなりました。
ちなみに、所有のレンズは、
D3400のダブルズームと、非Aiのオールドレンズ(50mm、35mm、24mm)しかありません。

購入して何日か使用した感想をレビューしたいと思います。

ボディのデザインは、
ボディが薄く、ファインダーが大きいため、
大変無骨な印象で、これにまず惹かれました。
また、マグネシウムボディと、
ダイヤル、ボタン類は、写真で見るより質感が高く、
DfやCoolpixAなどの国産品と同等です。
何より、持った時の堅牢感が凄まじく、
カーボンモノコックに慣れていると、カメラとはこうあるべきと、
改めて実感します。
左肩のモードダイヤルは四つ葉型ではないですが、
中級一眼レフ機のそれとは、明らかに質感が異なり、
ZシリーズがD750などとは一線を画す系統なのではないかと推測されました。
シャッターフィーリングも気に入りました。

カメラとしての機能は、
そもそもフルサイズ機が初めてなため、
全てにおいてその多機能さに圧倒されます。
AFについては、オートエリアAFが便利で、
通常は自動的にフォーカスポイントが設定されますが、
OKボタンを押すと、ターゲット追尾モードになります。
これにAFーCを併用すると、
AF-P 70-300mm DX という廉価レンズでも、
時速20km弱で迫ってくる駅伝ランナーも、
ピントを外すことなく連射することができました(12コマ)。
ただし、周囲が暗いと外れることが多いので、
感度を上げて撮影しました。
ここでZ 6の高感度耐性がものをいいます。
DXモードでも、画素数の多いD3400よりも、
明らかに精細な絵が撮れました。(肖像権の問題で画像は上げられません)

XQDは、事実上、デジカメ版SSDと考えていて、
アマチュアの当方にとってはシングルで十分です。
撮った画像は、すべてWi-Fiでスマホにオリジナルサイズで転送していますが、
ものの数分で100枚程度を転送してしまうので、
カードとして取り外す必要性がないのです。
iPhoneに転送されれば、自動的にiPadとMacに同期されます。

画質は、レンズ性能に依るところが大きいので、
一概にこのセンサーだけの性能とは言い切れませんが、
吐き出される絵の艶やかさや質感、
フルサイズセンサーならではの、ダイナミックレンジの広さは圧倒的です。
ローパスフィルターの差は、
正直、アマチュアの私くらいでは判別できないレベルだと思われます。


購入して数日ですが、
毎日のように触れたくなる、
不思議な魅力のあるカメラです。
ボディの質感とコンパクトさ、
そして標準ズームレンズのコンパクトさが、
そうさせるのだと思います。
これだけ気軽に持ち運べるフルサイズミラーレスでありながら、
単焦点レンズ並みの描写力を持つズームレンズで、
大抵の被写体を高画質で撮影可能です。


このZ 6とZ nikkor レンズは、
Nikon新時代の幕開けを予感させる、
想像以上に魅力的な製品でした。


追記

小雨の降る中、
横浜で全て手持ちで撮りました。
こんな天気でもいい写りをしますね。
さらに、防塵防滴があるので安心して撮れます。
手ぶれ補正が恐ろしく効きます。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
室内
スポーツ
その他

参考になった64人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
Nikon 新時代の幕開け

これまでNikonのカメラは、
コンデジ時代から、E5000、P5100と使用し、
D90で一眼レフデビューしました。
その後、Nikon1 V1、J4、CoolpixA、D3400と続き、
今回、一気に高価格帯のフルサイズカメラの購入となりました。

できるだけコンパクトなカメラが好きなため、
フルサイズデビューは、ミラーレスかDfと考えていましたが、
レビューに上がるZレンズの圧倒的な描写力に惹かれて、
ここでZマウントを試したくなりました。
ちなみに、所有のレンズは、
D3400のダブルズームと、非Aiのオールドレンズ(50mm、35mm、24mm)しかありません。

購入して何日か使用した感想をレビューしたいと思います。

ボディのデザインは、
ボディが薄く、ファインダーが大きいため、
大変無骨な印象で、これにまず惹かれました。
また、マグネシウムボディと、
ダイヤル、ボタン類は、写真で見るより質感が高く、
DfやCoolpixAなどの国産品と同等です。
何より、持った時の堅牢感が凄まじく、
カーボンモノコックに慣れていると、カメラとはこうあるべきと、
改めて実感します。
左肩のモードダイヤルは四つ葉型ではないですが、
中級一眼レフ機のそれとは、明らかに質感が異なり、
ZシリーズがD750などとは一線を画す系統なのではないかと推測されました。
シャッターフィーリングも気に入りました。

カメラとしての機能は、
そもそもフルサイズ機が初めてなため、
全てにおいてその多機能さに圧倒されます。
AFについては、オートエリアAFが便利で、
通常は自動的にフォーカスポイントが設定されますが、
OKボタンを押すと、ターゲット追尾モードになります。
これにAFーCを併用すると、
AF-P 70-300mm DX という廉価レンズでも、
時速20km弱で迫ってくる駅伝ランナーも、
ピントを外すことなく連射することができました(12コマ)。
ただし、周囲が暗いと外れることが多いので、
感度を上げて撮影しました。
ここでZ 6の高感度耐性がものをいいます。
DXモードでも、画素数の多いD3400よりも、
明らかに精細な絵が撮れました。(肖像権の問題で画像は上げられません)

XQDは、事実上、デジカメ版SSDと考えていて、
アマチュアの当方にとってはシングルで十分です。
撮った画像は、すべてWi-Fiでスマホにオリジナルサイズで転送していますが、
ものの数分で100枚程度を転送してしまうので、
カードとして取り外す必要性がないのです。
iPhoneに転送されれば、自動的にiPadとMacに同期されます。

画質は、レンズ性能に依るところが大きいので、
一概にこのセンサーだけの性能とは言い切れませんが、
吐き出される絵の艶やかさや質感、
フルサイズセンサーならではの、ダイナミックレンジの広さは圧倒的です。
ローパスフィルターの差は、
正直、アマチュアの私くらいでは判別できないレベルだと思われます。


購入して数日ですが、
毎日のように触れたくなる、
不思議な魅力のあるカメラです。
ボディの質感とコンパクトさ、
そして標準ズームレンズのコンパクトさが、
そうさせるのだと思います。
これだけ気軽に持ち運べるフルサイズミラーレスでありながら、
単焦点レンズ並みの描写力を持つズームレンズで、
大抵の被写体を高画質で撮影可能です。


このZ 6とZ nikkor レンズは、
Nikon新時代の幕開けを予感させる、
想像以上に魅力的な製品でした。


追記

レンズの方に同じ題名のレビューがありました。
申し訳ありません。
たまたま同じ題名になってしまいました。



レベル
アマチュア
主な被写体
風景
室内
スポーツ
その他

参考になった34

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
Nikon 新時代の幕開け
当機種葉の質感が肉眼で見える以上です
当機種葉脈までしっかりと解像しています
当機種あえて太陽を入れてみました

葉の質感が肉眼で見える以上です

葉脈までしっかりと解像しています

あえて太陽を入れてみました

当機種露出アンダー気味で
当機種曇り空でしたが鮮やかに撮れました
当機種下の方にABARTHがありましたので

露出アンダー気味で

曇り空でしたが鮮やかに撮れました

下の方にABARTHがありましたので

これまでNikonのカメラは、
コンデジ時代から、E5000、P5100と使用し、
D90で一眼レフデビューしました。
その後、Nikon1 V1、J4、CoolpixA、D3400と続き、
今回、一気に高価格帯のフルサイズカメラの購入となりました。

できるだけコンパクトなカメラが好きなため、
フルサイズデビューは、ミラーレスかDfと考えていましたが、
レビューに上がるZレンズの圧倒的な描写力に惹かれて、
ここでZマウントを試したくなりました。
ちなみに、所有のレンズは、
D3400のダブルズームと、非Aiのオールドレンズ(50mm、35mm、24mm)しかありません。

購入して何日か使用した感想をレビューしたいと思います。

ボディのデザインは、
ボディが薄く、ファインダーが大きいため、
大変無骨な印象で、これにまず惹かれました。
また、マグネシウムボディと、
ダイヤル、ボタン類は、写真で見るより質感が高く、
DfやCoolpixAなどの国産品と同等です。
何より、持った時の堅牢感が凄まじく、
カーボンモノコックに慣れていると、カメラとはこうあるべきと、
改めて実感します。
左肩のモードダイヤルは四つ葉型ではないですが、
中級一眼レフ機のそれとは、明らかに質感が異なり、
ZシリーズがD750などとは一線を画す系統なのではないかと推測されました。
シャッターフィーリングも気に入りました。

カメラとしての機能は、
そもそもフルサイズ機が初めてなため、
全てにおいてその多機能さに圧倒されます。
AFについては、オートエリアAFが便利で、
通常は自動的にフォーカスポイントが設定されますが、
OKボタンを押すと、ターゲット追尾モードになります。
これにAFーCを併用すると、
AF-P 70-300mm DX という廉価レンズでも、
時速20km弱で迫ってくる駅伝ランナーも、
ピントを外すことなく連射することができました(12コマ)。
ただし、周囲が暗いと外れることが多いので、
感度を上げて撮影しました。
ここでZ 6の高感度耐性がものをいいます。
DXモードでも、画素数の多いD3400よりも、
明らかに精細な絵が撮れました。(肖像権の問題で画像は上げられません)

XQDは、事実上、デジカメ版SSDと考えていて、
アマチュアの当方にとってはシングルで十分です。
撮った画像は、すべてWi-Fiでスマホにオリジナルサイズで転送していますが、
ものの数分で100枚程度を転送してしまうので、
カードとして取り外す必要性がないのです。
iPhoneに転送されれば、自動的にiPadとMacに同期されます。

画質は、レンズ性能に依るところが大きいので、
一概にこのセンサーだけの性能とは言い切れませんが、
吐き出される絵の艶やかさや質感、
フルサイズセンサーならではの、ダイナミックレンジの広さは圧倒的です。
ローパスフィルターの差は、
正直、アマチュアの私くらいでは判別できないレベルだと思われます。


購入して数日ですが、
毎日のように触れたくなる、
不思議な魅力のあるカメラです。
ボディの質感とコンパクトさ、
そして標準ズームレンズのコンパクトさが、
そうさせるのだと思います。
これだけ気軽に持ち運べるフルサイズミラーレスでありながら、
単焦点レンズ並みの描写力を持つズームレンズで、
大抵の被写体を高画質で撮影可能です。


このZ 6とZ nikkor レンズは、
Nikon新時代の幕開けを予感させる、
想像以上に魅力的な製品でした。




レベル
アマチュア
主な被写体
風景
室内
スポーツ
その他

参考になった13

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Z 6 ボディ
ニコン

Z 6 ボディ

最安価格(税込):¥212,685発売日:2018年11月23日 価格.comの安さの理由は?

Z 6 ボディをお気に入り製品に追加する <693

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意